[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Stardust Shatters Comet Theory (2) Mythic “Oort Cloud” Finds No Support in Comet Dust スターダストは彗星理論を粉砕する(2) 神話の「オールトの雲」は、彗星の塵でサポートを見つけません]

[Stardust Shatters Comet Theory (2)
Mythic “Oort Cloud” Finds No Support in Comet Dust
スターダストは彗星理論を粉砕する(2)
神話の「オールトの雲」は、彗星の塵でサポートを見つけません]

f:id:TakaakiFukatsu:20210820070417p:plain
When dust particles from Comet Wild 2 struck a sponge-like "aerogel" collector in the Stardust spacecraft, they left carrot-shaped imprints about a centimeter long.
コメットワイルド2からの塵の粒子がスターダスト宇宙船のスポンジのような「エアロゲル」コレクターに当たったとき、それらは長さ約1センチメートルのニンジン形の痕跡を残しました。

―――――――
Mar 20, 2006
現在の公式発表です。 コメットワイルド2ダスト粒子に含まれる鉱物は高温でのみ形成され、隕石や岩石惑星に含まれる鉱物と区別することはできません。

ヴィルト第2彗星によって放出された塵の粒子は、別の驚きを引き起こし、一般的な彗星理論の根底にある仮定と矛盾しています。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/08/19/172303

スターダストミッションがコメットワイルド2から「元の彗星物質」を返したとき、プロジェクトの科学者たちは
—華氏数千度に達する、
高温でしか形成できない鉱物を発見して驚いた。

そして、塵(チリ)の粒子は、彗星学者が期待した水の兆候を明らかにしません。

標準的な理論によると、彗星は、冥王星の軌道をはるかに超えた、太陽の領域の端にある想像上の氷のような「オールトの雲」で数十億年前に形成されました。

しかし、新しい発見にはまったく異なる歴史が必要です。

2006年3月13日のNASAニュースリリースは、この控えめな表現の問題を要約しています―
「科学者たちは長い間、彗星を、太陽系の端に形成された氷、塵、ガスの冷たく渦巻く雲と考えてきました。

しかし、彗星はそれほど単純でも類似でもないかもしれません。

彼らは複雑な歴史を持つ多様な天体であることがわかるかもしれません。

ヴィルト第2彗星は、思ったよりも複雑な歴史を持っていたようです。」

不穏な発見は、少なくとも30年間、事実として述べられたアイデアを救うための創造的な試みのバーストを引き起こしました。

ヒューストンにあるNASAのジョンソンスペースセンターのスターダストキュレーター兼共同研究者であるマイケル・ゾレンスキーは、すぐに理解された斬新な解釈を提案しました。

「彗星は完全に揮発性の豊富な物質で構成されているのではなく、初期の太陽に非常に近い場所とそれから非常に遠い場所で、すべての温度範囲で形成された物質の混合物であるようです。」

あるサイエンスライターは、ゾレンスキーのコメントを次のように解釈しました:
「調査結果は、太陽系の中心からの物質が彗星が形成された外側の範囲に移動した可能性があることを示唆しています」。

したがって、否定できない事実にもかかわらず、時代遅れの理論的推測は人間の想像力に残っています:
―長年にわたる深い発見は
―想定されるリモート領域の原点を指します。

合理的な反応は、新しいデータによって叫ばれた質問を排除するものではありません。

彗星形成の領域についての以前の仮定に何か問題がある可能性があります—
宇宙時代の過程で成功した予測を決して生み出さなかった仮定に?

水(氷)は、彗星の主成分とされていました。

しかし、ヴィルト2の核に予想される水のマーカーはありません。

彗星の粒子に含まれる鉱物の1つは、鉄-マグネシウムケイ酸塩であるかんらん石です。

水と適度な熱の存在下で、かんらん石は別のミネラル、蛇紋岩に変換されます。

かんらん石をその形成に示された温度の水(蒸気?)の存在下に置くと、ほぼ瞬時に蛇紋岩に変換されます。

スターダストの主任研究員であるドナルド・ブラウンリーによれば、「粒子中に水の証拠は検出されていません」。

たとえば、水の兆候の1つは、ケイ酸塩水和物の存在です、「しかし、これまでのところ、スターダストのサンプルではこれらのいずれも見つかりませんでした」とブラウンリー氏は述べています。

では、彗星の塵に水の痕跡がないことと、彗星のコマがしばしば豊富な水(または少なくともハイドロキシル・ラジカルOH)をしみ出させるという事実とをどのように調和させるのでしょうか。

その質問には、3部構成のシリーズ「ディープインパクト」で回答しました
—水はどこ?」 (最初の記事はこちら)
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/08/11/224335

OHとコマに存在する可能性のある実際の水はすべてコマで製造されました
―認められた「化学工場」。

このプロセスの手段はすでに観察されています―
コマプラズマ中の酸素イオンと太陽風中の水素イオンの間の反応。

電荷交換が発生することがわかっています。

今日私たちが言えることは、ほとんどの彗星には感知できるレベルの水が含まれていないということです(つまり、ほとんどの彗星は「汚れた雪玉」でも「氷のような雪玉」でもありません)、さらに、スターダストとディープインパクトのデータ間に競合がないことを強調する必要があります。

理論的な意味を誇張する傾向がないブラウンリーは、スターダストがジェットで表面から直接放出された塵を集めたと指摘します。

「(コメットワイルド2の)出てくるものは入ったものと同じであると私たちは確信している」と彼はスペースドットコムに語った。

これは、物質がコマの化学工場によって処理されていないことを意味します。

「私たちは、彗星の最も手付かずのサンプルを集めたと信じています」と彼は言いました。

したがって、彗星の塵の中に水の痕跡が見つからないことは、以前の議論で提示したすべての事実と一致しています。

したがって、1つの彗星モデルだけが他の方法では絶望的に混乱している絵を理解できると示唆することは不合理ではありません。

このモデルは電気です。

そして、宇宙時代の技術的成功のおかげで、電気的彗星に合理的に期待されるすべてのマーカーが見つかりました。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/07/11/170458
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/07/23/080332

もちろん、電気的モデルの意味は、彗星の起源とダイナミクスだけにとどまりません。

それらは事実上すべての理論科学にまで及び、遠隔空間での電気の問題から、恒星達の性質や太陽系の暴力的な歴史にまで及びます。

さらに、私たちが明らかにしようとしているように、彗星と惑星の大惨事の人間の記憶はこの調査から除外することはできません。

3月21日:クレーターとリルのパートナーシップ

3月23日:彗星と惑星の大惨事

―――――――
Mar 20, 2006
It’s now official. Minerals found in Comet Wild 2 dust particles can form only at high temperatures, and they cannot be distinguished from minerals found in meteorites and on rocky planets.
現在の公式発表です。 コメットワイルド2ダスト粒子に含まれる鉱物は高温でのみ形成され、隕石や岩石惑星に含まれる鉱物と区別することはできません。

Dust particles ejected by Comet Wild 2 have provoked another surprise, contradicting the underlying assumptions of popular comet theory.
ヴィルト第2彗星によって放出された塵の粒子は、別の驚きを引き起こし、一般的な彗星理論の根底にある仮定と矛盾しています。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/08/19/172303

When the Stardust mission returned “pristine comet material” from Comet Wild 2, project scientists were astonished to discover minerals that can only form at high temperatures
—up to thousands of degrees Fahrenheit.
スターダストミッションがコメットワイルド2から「元の彗星物質」を返したとき、プロジェクトの科学者たちは
—華氏数千度に達する、
高温でしか形成できない鉱物を発見して驚いた。

And the dust particles reveal no indications of the water that cometologists expected.
そして、塵(チリ)の粒子は、彗星学者が期待した水の兆候を明らかにしません。

Standard theory states that comets formed billions of years ago in an imagined icy “Oort cloud” at the very fringe of the Sun’s domain, far beyond the orbit of Pluto.
標準的な理論によると、彗星は、冥王星の軌道をはるかに超えた、太陽の領域の端にある想像上の氷のような「オールトの雲」で数十億年前に形成されました。

But the new findings require a quite different history.
しかし、新しい発見にはまったく異なる歴史が必要です。

A NASA news release on March 13, 2006 summarized the problem with this understatement—
“Scientists have long thought of comets as cold, billowing clouds of ice, dust and gases formed on the edges of the solar system.
2006年3月13日のNASAニュースリリースは、この控えめな表現の問題を要約しています―
「科学者たちは長い間、彗星を、太陽系の端に形成された氷、塵、ガスの冷たく渦巻く雲と考えてきました。

But comets may not be so simple or similar.
しかし、彗星はそれほど単純でも類似でもないかもしれません。

They may prove to be diverse bodies with complex histories.
彼らは複雑な歴史を持つ多様な天体であることがわかるかもしれません。

Comet Wild 2 seems to have had a more complex history than thought”.
ヴィルト第2彗星は、思ったよりも複雑な歴史を持っていたようです。」

The disturbing discovery provoked a burst of creative attempts to rescue ideas stated as fact for at least thirty years.
不穏な発見は、少なくとも30年間、事実として述べられたアイデアを救うための創造的な試みのバーストを引き起こしました。

Michael Zolensky, Stardust curator and co-investigator at NASA's Johnson Space Center, Houston, suggested a novel interpretation that quickly caught on.
ヒューストンにあるNASAのジョンソンスペースセンターのスターダストキュレーター兼共同研究者であるマイケル・ゾレンスキーは、すぐに理解された斬新な解釈を提案しました。

"It seems that comets are not composed entirely of volatile rich materials but rather are a mixture of materials formed at all temperature ranges, at places very near the early sun and at places very remote from it."
「彗星は完全に揮発性の豊富な物質で構成されているのではなく、初期の太陽に非常に近い場所とそれから非常に遠い場所で、すべての温度範囲で形成された物質の混合物であるようです。」

One science writer interpreted Zolensky’s comment this way:
“The findings suggest materials from the center of the solar system could have traveled to the outer reaches where comets formed”.
あるサイエンスライターは、ゾレンスキーのコメントを次のように解釈しました:
「調査結果は、太陽系の中心からの物質が彗星が形成された外側の範囲に移動した可能性があることを示唆しています」。

So an obsolete theoretical conjecture persists in human imagination, despite an undeniable fact:
Nothing discovered about comets
—over many years of profound discovery
— points to an origin in the remote region assumed.
したがって、否定できない事実にもかかわらず、時代遅れの理論的推測は人間の想像力に残っています:
―長年にわたる深い発見は
―想定されるリモート領域の原点を指します。

A rational response will not exclude the question shouted by the new data.
合理的な反応は、新しいデータによって叫ばれた質問を排除するものではありません。

Could something be wrong with earlier suppositions about the region of comet formation—suppositions that never produced a successful prediction in the course of the space age?
彗星形成の領域についての以前の仮定に何か問題がある可能性があります—
宇宙時代の過程で成功した予測を決して生み出さなかった仮定に?

As for the water (ice), that was supposed to be the primary constituent of comets.
水(氷)は、彗星の主成分とされていました。

But the anticipated markers of water on the nucleus of Wild 2 are absent.
しかし、ヴィルト2の核に予想される水のマーカーはありません。

One mineral present in the comet particles is olivine, an iron-magnesium silicate.
彗星の粒子に含まれる鉱物の1つは、鉄-マグネシウムケイ酸塩であるかんらん石です。

In the presence of water and even modest heat, olivine will be converted to another mineral, serpentine.
水と適度な熱の存在下で、かんらん石は別のミネラル、蛇紋岩に変換されます。

Place olivine in the presence of water (steam?) at the temperatures indicated for its formation, and it would be almost instantly converted to serpentine.
かんらん石をその形成に示された温度の水(蒸気?)の存在下に置くと、ほぼ瞬時に蛇紋岩に変換されます。

According to Stardust principal investigator Donald Brownlee, “no evidence of water has been detected in the particles”.
スターダストの主任研究員であるドナルド・ブラウンリーによれば、「粒子中に水の証拠は検出されていません」。

One sign of water, for example, would be the presence of hydrate silicates, Brownlee said, “but so far none of these have been found in the Stardust samples”.
たとえば、水の兆候の1つは、ケイ酸塩水和物の存在です、「しかし、これまでのところ、スターダストのサンプルではこれらのいずれも見つかりませんでした」とブラウンリー氏は述べています。

How, then, are we to reconcile the absence of water signatures in the comet dust with the fact that cometary comas often exude an abundance of water (or at least the hydroxyl radical OH).
では、彗星の塵に水の痕跡がないことと、彗星のコマがしばしば豊富な水(または少なくともハイドロキシル・ラジカルOH)をしみ出させるという事実とをどのように調和させるのでしょうか。

We answered that question in a three-part series, “Deep Impact
—Where’s the Water?” (first article here)
その質問には、3部構成のシリーズ「ディープインパクト」で回答しました
—水はどこ?」 (最初の記事はこちら)
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/08/11/224335

The OH and whatever actual water may have been present in the coma were manufactured in the coma
—an acknowledged “chemical factory”.
OHとコマに存在する可能性のある実際の水はすべてコマで製造されました
―認められた「化学工場」。

The vehicle for this process has already been observed—reactions between the oxygen ions in the coma plasma and the hydrogen ions in the solar wind.
このプロセスの手段はすでに観察されています―
コマプラズマ中の酸素イオンと太陽風中の水素イオンの間の反応。

Charge exchange is now known to occur.
電荷交換が発生することがわかっています。

The least we can say today is that most comets contain no appreciable levels of water (i.e., most comets are neither “dirty snowballs” nor “icy dirtballs”), Additionally, it needs to be emphasized that there is no conflict between Stardust and Deep Impact data.
今日私たちが言えることは、ほとんどの彗星には感知できるレベルの水が含まれていないということです(つまり、ほとんどの彗星は「汚れた雪玉」でも「氷のような雪玉」でもありません)、さらに、スターダストとディープインパクトのデータ間に競合がないことを強調する必要があります。

Brownlee, who is not prone to overstate theoretical implications, points out that Stardust collected dust that was released directly from the surface in jets.
理論的な意味を誇張する傾向がないブラウンリーは、スターダストがジェットで表面から直接放出された塵を集めたと指摘します。

"We're confident that the things coming out [of Comet Wild 2] are the same as those that went in”, he told Space.com.
「(コメットワイルド2の)出てくるものは入ったものと同じであると私たちは確信している」と彼はスペースドットコムに語った。

That means the material has not been processed by the chemical factory of the coma.
これは、物質がコマの化学工場によって処理されていないことを意味します。

"We believe that we collected the most pristine samples of a comet”, he said.
「私たちは、彗星の最も手付かずのサンプルを集めたと信じています」と彼は言いました。

Hence, the failure to find a signature of water in the comet dust is consistent with all of the facts we have presented in previous discussion.
したがって、彗星の塵の中に水の痕跡が見つからないことは、以前の議論で提示したすべての事実と一致しています。

It is not unreasonable to suggest, therefore, that only one comet model can make sense of what is otherwise a hopelessly confused picture.
したがって、1つの彗星モデルだけが他の方法では絶望的に混乱している絵を理解できると示唆することは不合理ではありません。

This model is electric.
このモデルは電気です。

And thanks to the technological successes of the space age, all of the markers reasonably expected of an electric comet have been found.
そして、宇宙時代の技術的成功のおかげで、電気的彗星に合理的に期待されるすべてのマーカーが見つかりました。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/07/11/170458
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/07/23/080332

Of course the implications of the electric model do not end with the origin and dynamics of comets.
もちろん、電気的モデルの意味は、彗星の起源とダイナミクスだけにとどまりません。

They extend to virtually all of the theoretical sciences, and range from questions of electricity in remote space, to the nature of stars and the violent history of the solar system.
それらは事実上すべての理論科学にまで及び、遠隔空間での電気の問題から、恒星達の性質や太陽系の暴力的な歴史にまで及びます。

Additionally, as we intend to make clear, human memories of cometary and planetary catastrophe cannot be excluded from this investigation.
さらに、私たちが明らかにしようとしているように、彗星と惑星の大惨事の人間の記憶はこの調査から除外することはできません。

Coming March 21: A Partnership of Craters and Rilles
3月21日:クレーターとリルのパートナーシップ

Coming March 23: Of Comets and Planetary Catastrophe
3月23日:彗星と惑星の大惨事