[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Hot Neon ホットネオン]



 

NGC 346。クレジット: ESO
ーーーーー 
Mar 01, 2010
NGC 346 (上の画像) は、輝くプラズマのフィラメントに浸された恒星達の集まりです。 プレスリリースでは、新しい画像に「光、風、熱」を放出した「大質量星」が見られ、「輝くガスが分散」しています。

もう一度、天文学者は彼らが信じていることを見て、熱風を吹き飛ばすことについて話します。
 プレスリリースでは、次のように詳しく説明しています:
 「[星雲]内のガスは、電気店の看板で使用されているネオンガスのように、ガスが独自の光を発するまで恒星によって加熱されています。」

ESOの専門家がネオンサインの仕組みを知っているかどうか疑問に思う必要があります。

彼らは、長年にわたる重力とガスの教化によって巧妙に調整されており、電気が自然現象であることを認識していないのでしょうか?

有名な天文学者が次のように宣言した会議を思い出す人も居るでしょう
 「もちろん、宇宙には電気があります。
 それは何もしません。」

ネオンサインは、高圧電源によって外部から電力を供給されます。

それが「電器屋の看板」と呼ばれる理由だと思う人も多いだろう。

チューブの両端にある電極間の強い電界がネオンをイオン化し、電子とイオンの連続的な再結合と再イオン化によって光が生成されます。

「ガス」を「加熱」した内部熱源ではなく、(外部からの)電流が光にエネルギーを供給します。

熱エネルギーは、原子と分子のランダムな動きによるものです:
電流では、電子は一方の電極に向かって移動し、イオンはもう一方の電極に向かって移動し、ランダムな動きは最小限に抑えられます。

したがって、クールな「ガス」
 —実際にはプラズマは
 —放射線を放出することができます。

その放射のエネルギーを、あたかも熱源から放出されたかのように「温度」に変換することは、根本的に誤解を招きます。

専門家が、そこにないものを見て、あるものを見ないという彼らの信念によって誤解される可能性があるのは、このレベルの認識論的認識 (または無認識!) です。

宇宙のネオン灯と店舗のネオン灯の違いは、ニュートンの法則またはマクスウェルの法則を適用する熱意(の違い)です。

現象を説明するために適用する法則の選択は、真実の基準よりも、政治的に支配的な利益への適合によって決定されます。

特に深宇宙での現象では、説明への影響はほとんどありません:
虚偽は真実と同じくらい良いものであり、同僚と仲良くすることが重要な唯一の基準になります。

科学的真実とは、科学的政治というカップケーキに塗られた薄い層です。

店内にワイヤーを張っている電気技師は、ワイヤーが装飾的なものであると聞いて驚くでしょう:
ネオンサインは明らかに、高温で高密度のコアにある小さな核炉によって動力を与えられています;
ワイヤーの電気は「何もしません」。

しかし、店内のワイヤーを装飾的なものと見なすのは、NGC 346 のフィラメントを「何もしていない」と見なすのと「まったく同じ」です。

プラズマ現象に、気付いている天文学者達は、この画像でバークランド電流が銀河の「電気店のサイン」に電力を供給しているのを見るでしょう。

Mel Acheson
メル・アチソン


ーーーーー 
Mar 01, 2010
NGC 346 (image above) is a cluster of stars immersed in glowing filaments of plasma. The press release sees in the new image “massive stars” that have thrown off “light, wind and heat,” which has “dispersed the glowing gas.”
NGC 346 (上の画像) は、輝くプラズマのフィラメントに浸された恒星達の集まりです。 プレスリリースでは、新しい画像に「光、風、熱」を放出した「大質量星」が見られ、「輝くガスが分散」しています。

Once again, astronomers see what they believe and talk about blowing hot air
The press release elaborates: 
“gas within [the nebula] has been heated up by stars until the gas emits its own light, just like the neon gas used in electric store signs.”
もう一度、天文学者は彼らが信じていることを見て、熱風を吹き飛ばすことについて話します。
 プレスリリースでは、次のように詳しく説明しています:
 「[星雲]内のガスは、電気店の看板で使用されているネオンガスのように、ガスが独自の光を発するまで恒星によって加熱されています。」

One must wonder if the experts at ESO know how neon signs operate. 
ESOの専門家がネオンサインの仕組みを知っているかどうか疑問に思う必要があります。

Have they been so expertly conditioned by their years of indoctrination with gravity and gas that they are unaware of electricity as a natural phenomenon? 
彼らは、長年にわたる重力とガスの教化によって巧妙に調整されており、電気が自然現象であることを認識していないのでしょうか?

One recalls the conference at which a well-known astronomer declared,
 “Of course there’s electricity in space; 
it just doesn’t do anything.”
有名な天文学者が次のように宣言した会議を思い出す人も居るでしょう
 「もちろん、宇宙には電気があります。
 それは何もしません。

Neon signs are powered externally by a high-voltage source of electricity. 
ネオンサインは、高圧電源によって外部から電力を供給されます。

Most people would guess that’s why they’re called “electric store signs.” 
それが「電器屋の看板」と呼ばれる理由だと思う人も多いだろう。

The strong electric field between the electrodes at each end of the tube ionizes the neon, and the continuous recombination and re-ionization of electrons and ions produces the light.
チューブの両端にある電極間の強い電界がネオンをイオン化し、電子とイオンの連続的な再結合と再イオン化によって光が生成されます。

The electric current supplies the energy for the light, not some internal thermal source that has “heated up” the “gas.” 
「ガス」を「加熱」した内部熱源ではなく、(外部からの)電流が光にエネルギーを供給します。

Thermal energy is due to random motions of atoms and molecules; 
in an electric current, electrons move toward one electrode, ions toward the other, and random motion is minimized. 
熱エネルギーは、原子と分子のランダムな動きによるものです:
電流では、電子は一方の電極に向かって移動し、イオンはもう一方の電極に向かって移動し、ランダムな動きは最小限に抑えられます。

Hence, a cool “gas”
—actually a plasma
—can emit radiation. 
したがって、クールな「ガス」
 —実際にはプラズマは
 —放射線を放出することができます。

Converting the energy of that radiation into a “temperature” as though it were emitted by a thermal source is fundamentally misleading.
その放射のエネルギーを、あたかも熱源から放出されたかのように「温度」に変換することは、根本的に誤解を招きます。

It is at this level of epistemic awareness (or unawareness!) that experts can be misled by what they believe into seeing what isn’t there and not seeing what is. 
専門家が、そこにないものを見て、あるものを見ないという彼らの信念によって誤解される可能性があるのは、このレベルの認識論的認識 (または無認識!) です。

The difference between a neon light in space and a neon light in a store is the fervency of belief in applying Newton’s Laws or Maxwell’s Laws.
宇宙のネオン灯と店舗のネオン灯の違いは、ニュートンの法則またはマクスウェルの法則を適用する熱意(の違い)です。

The choice of laws to apply to explain a phenomenon is determined more by conformity with politically dominant interests than by criteria of truth. 
現象を説明するために適用する法則の選択は、真実の基準よりも、政治的に支配的な利益への適合によって決定されます。

Especially with phenomena in deep space, there are few if any consequences to explanations: 
a fib is as good as a truth, and getting along with one’s colleagues becomes the only criterion that matters. 
特に深宇宙での現象では、説明への影響はほとんどありません:
虚偽は真実と同じくらい良いものであり、同僚と仲良くすることが重要な唯一の基準になります。

Scientific truth is a thin layer of frosting on the cupcake of scientific politics.
科学的真実とは、科学的政治というカップケーキに塗られた薄い層です。

The electricians who string wires through the store would be surprised to hear that the wires are only decorative: 
the neon signs are obviously powered by tiny nuclear furnaces in their hot, dense cores; 
the electricity in the wires doesn’t “do anything.”
店内にワイヤーを張っている電気技師は、ワイヤーが装飾的なものであると聞いて驚くでしょう:
ネオンサインは明らかに、高温で高密度のコアにある小さな核炉によって動力を与えられています;
ワイヤーの電気は「何もしません」。

But seeing wires in stores as decorative is “just like” seeing the filaments in NGC 346 as not “doing anything.” 
しかし、店内のワイヤーを装飾的なものと見なすのは、NGC 346 のフィラメントを「何もしていない」と見なすのと「まったく同じ」です。

An astronomer who is aware of plasma phenomena will see in this image Birkeland currents powering an “electric store sign” of the galaxy.
プラズマ現象に、気付いている天文学者達は、この画像でバークランド電流が銀河の「電気店のサイン」に電力を供給しているのを見るでしょう。

Mel Acheson
メル・アチソン

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Primitive Stars and Galactic Eggs 原始恒星と銀河の卵]

 

 


 The Fornax dwarf galaxy.
Credit: ESO/Digitized Sky Survey 2
円座矮小銀河。
 クレジット: ESO/デジタル化されたスカイ サーベイ 2
――――――― 
Feb 24, 2010
恒星のスペクトルをコンピューター モデルと比較する新しい方法により、天文学者は原始恒星—ビッグバンの直後に形成されたものと
—同様の組成を持つ若い恒星からのものを、区別できるようになります。
https://www.eso.org/public/news/eso1007/

重力的宇宙では、原始的な水素の雲が自らの重力で崩縮して恒星になります。

これらの恒星達のコアでの熱核反応は、水素をより重い元素に調理します。

恒星達は爆発して重い元素を宇宙に飛ばし、近くの水素雲に重い元素をまき散らします。

 それらの雲が崩縮すると、それらの恒星達はスペクトル内の重い元素の量
天文学者が金属性と呼ぶもの、が増加することを示します。

原始恒星 (通常は矮小銀河) の原始的な集合体が合体して、より大きな銀河になります。

らせん状の腕は、矮星超新星によって種付けされたガス雲から発達し、2 つの星の集団を生み出します:
より赤く金属性が低い種族 II の恒星は銀河の中心部にあり、より青く金属性が高い種族 I の恒星は腕にあります。

大まかに一般的に言えば、金属性はビッグバン以降の年齢を示します:
金属度が高いほど、材料は最初に作成されてから「加工」されています。

電気的宇宙では、恒星間バークランド電流のピンチで恒星達が形成されます。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=x49g6gsf&keywords=red%20giant#dest

恒星の「表面」の性質
 —恒星の放射線のほとんどを生成する領域は
—電気的ストレスや電流密度などの要因に依存します:
太陽のような恒星は、一種の電気的竜巻である、高温の陽極房の光球圏を持ちます。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=s9ke93mf&keywords=anode%20tuft#dest

赤色巨星は、より低温の陽極グロー放電の拡張された彩層を持っています。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=jdjcab6s&keywords=red%20giant#dest

いわゆる白色矮星は、拡散X線生成領域ほど多くの表面を持っていません:
それらは、太陽がコロナだけで構成されている場合に現れるように見えます。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=b8zgwr0h&keywords=white%20dwarf#dest

ピンチは周囲の物質を引き込み、同様のイオン化ポテンシャルを持つ元素のシェルに分類する傾向があります:
外側がヘリウム、真ん中が水素と酸素、中心に向かって鉄とシリコン。

恒星の「表面」が形成される領域は、この選別の効果を示します。

さらに、表面の高い電位は、実験室で線形加速器が行うのと同じように、元素合成のポイントまでイオンを加速します。

より重い元素は、恒星の中心ではなく、恒星の表面で調理されます。

メタリシティは、エレクトリック ユニバースでは意味を持たない概念である「原始性」ではなく、1つの恒星が調理されている期間を示すものです。

電気的銀河と電気的恒星の関係は、重力の関係のちょうど逆です。

エレクトリック ユニバースでは、銀河が最初に出現し、そこから恒星達が「孵化」します。

銀河は、2 つ (またはそれ以上) の銀河間バークランド電流の間の相互作用から始まります。
http://www.holoscience.com/news/img/Galactic%20plasma%20evolution.jpg

離れていると、流れは互いに引き合います;
近づくと反発します。

それらは、ある平衡距離で一定の速度で共通の軸の周りを渦巻く傾向があります。
  
最接近時の変動により、各電流に「ホット スポット」ピンチが生成され、周囲の物質がその方向に引き寄せられます。
 

二次ピンチは、物質をさらに恒星達に凝縮します。
(バークランド電流は、より小さな電流フィラメントのチューブで構成される傾向があり、そのそれぞれはさらに小さな電流スレッドのチューブです。)

より重い元素は、ホット スポットに向かって蓄積する傾向があります。

ホットスポットから逃れたり放出されたりしたガス、ちり、星が後ろをたどり、らせん状の腕を形成します。 

この増加した金属量とより高い電流密度の組み合わせにより、種族 I の恒星、星雲、塵、および恒星形成領域の典型的なスパイラル アーム構成が生成されます。

回転はバークランド電流の電気力によって駆動されるため、アーム内の恒星は、回転するホット スポットのほぼ一定の速度を共有します。

これは、重力宇宙で目に見える銀河よりも数倍重い暗黒物質のハローを必要とするフラットな回転曲線の観察を説明しています.

ホットスポットの間の、物質
—主に水素は
—「サンプ(穴や窪み)」に蓄積し、銀河の核バルジになります。

このサンプ内の電気的ストレスはアーム内よりも低いため、恒星達はより冷たく、その光はより赤くなります。

これらの条件
—豊富な水素と低電流密度は
—種族IIの恒星達を生み出すものです。

外側にある矮小銀河は、一次放電によって放出された火花または漏れ電流である可能性が高いか、伴性銀河に進化している放出されたクエーサーの中間段階である可能性があります。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/06/08/214127

――――――― 

Feb 24, 2010
A new method of comparing stellar spectra with computer models enables astronomers to distinguish primitive stars
—ones that formed shortly after the Big Bang
—from younger stars with similar compositions. 
In the Electric Universe, the distinction is irrelevant. 
恒星のスペクトルをコンピューター モデルと比較する新しい方法により、天文学者は原始恒星—ビッグバンの直後に形成されたものと
—同様の組成を持つ若い恒星からのものを、区別できるようになります。
In the Gravity Universe, primitive clouds of hydrogen collapse under their own gravity into stars.
重力的宇宙では、原始的な水素の雲が自らの重力で崩縮して恒星になります。

Thermonuclear reactions in the cores of the stars cook the hydrogen into heavier elements. 
これらの恒星達のコアでの熱核反応は、水素をより重い元素に調理します。

The stars explode and fling the heavier elements into space, seeding nearby hydrogen clouds with the heavier elements. 
恒星達は爆発して重い元素を宇宙に飛ばし、近くの水素雲に重い元素をまき散らします。

When those clouds collapse, their stars will show increased amounts of heavier elements in their spectra
—what astronomers call metallicity.
 それらの雲が崩縮すると、それらの恒星達はスペクトル内の重い元素の量
天文学者が金属性と呼ぶもの、が増加することを示します。

Primitive aggregations of primitive stars (generally dwarf galaxies) merge into larger galaxies. 
原始恒星 (通常は矮小銀河) の原始的な集合体が合体して、より大きな銀河になります。

Spiral arms develop from gas clouds seeded by supernovae in the dwarfs, producing the two populations of stars: 
redder lower-metallicity Population II stars in the galactic centers and bluer higher-metallicity Population I stars in the arms. 
らせん状の腕は、矮星超新星によって種付けされたガス雲から発達し、2 つの星の集団を生み出します:
より赤く金属性が低い種族 II の恒星は銀河の中心部にあり、より青く金属性が高い種族 I の恒星は腕にあります。

Roughly and generally speaking, metallicity indicates age since the Big Bang: 
the higher the metallicity, the more the material has been “processed” since it was first created. 
大まかに一般的に言えば、金属性はビッグバン以降の年齢を示します:
金属度が高いほど、材料は最初に作成されてから「加工」されています。

In the Electric Universe, a star forms in a pinch in an interstellar Birkeland current. 
電気的宇宙では、恒星間バークランド電流のピンチで恒星達が形成されます。

The nature of the stellar “surface
—the region that generates most of the star’s radiation
—will depend on such factors as the electrical stress and the current density: 
stars like the Sun will have a photosphere of hot anode tufts, a kind of electrical tornado. 
恒星の「表面」の性質
 —恒星の放射線のほとんどを生成する領域は
—電気的ストレスや電流密度などの要因に依存します:
太陽のような恒星は、一種の電気的竜巻である、高温の陽極房の光球圏を持ちます。

Red giants will have an extended chromosphere of cooler anode glow discharge. 
赤色巨星は、より低温の陽極グロー放電の拡張された彩層を持っています。

So-called white dwarfs will have not so much a surface as a diffuse x-ray producing region: 
they will appear rather like the Sun would appear if it consisted solely of its corona. 
いわゆる白色矮星は、拡散X線生成領域ほど多くの表面を持っていません:
それらは、太陽がコロナだけで構成されている場合に現れるように見えます。

A pinch pulls in surrounding matter and tends to sort it into shells of elements with similar ionization potentials: 
Helium on the outside, hydrogen and oxygen in the middle, iron and silicon toward the center. 
ピンチは周囲の物質を引き込み、同様のイオン化ポテンシャルを持つ元素のシェルに分類する傾向があります:
外側がヘリウム、真ん中が水素と酸素、中心に向かって鉄とシリコン。

The region in which the stellar “surface” forms will show the effects of this sorting. 
恒星の「表面」が形成される領域は、この選別の効果を示します。

Furthermore, the high electrical potentials of the surfaces accelerate ions to the point of nucleosynthesis, much as a linear accelerator does in a lab. 
さらに、表面の高い電位は、実験室で線形加速器が行うのと同じように、元素合成のポイントまでイオンを加速します。

Heavier elements are cooked at the star’s surface, not in its core. 
より重い元素は、恒星の中心ではなく、恒星の表面で調理されます。

Metallicity is more an indication of how long a star has been cooking rather than “primitiveness,” a notion that has no meaning in an Electric Universe
メタリシティは、エレクトリック ユニバースでは意味を持たない概念である「原始性」ではなく、1つの恒星が調理されている期間を示すものです。

The relationship of electric galaxies to electric stars is just the reverse of the gravity relationship. 
電気的銀河と電気的恒星の関係は、重力の関係のちょうど逆です。

In the Electric Universe, galaxies come first and stars “hatch” from them. 
エレクトリック ユニバースでは、銀河が最初に出現し、そこから恒星達が「孵化」します。

A galaxy begins with an interaction between two (or more) intergalactic Birkeland currents. 
銀河は、2 つ (またはそれ以上) の銀河間バークランド電流の間の相互作用から始まります。

When far apart, the currents attract each other; 
when close, they repel. 
離れていると、流れは互いに引き合います;
近づくと反発します。

They tend to spiral around a common axis with a constant speed at some equilibrium distance.
それらは、ある平衡距離で一定の速度で共通の軸の周りを渦巻く傾向があります。
  
Fluctuations at some closest approach will generate a “hot spot” pinch in each current, which will pull surrounding matter toward it. 
最接近時の変動により、各電流に「ホット スポット」ピンチが生成され、周囲の物質がその方向に引き寄せられます。
 

Secondary pinches will further condense the matter into stars. (Birkeland currents tend to be composed of tubes of smaller-scale current filaments, each of which is a tube of still smaller current threads.)
二次ピンチは、物質をさらに恒星達に凝縮します。
(バークランド電流は、より小さな電流フィラメントのチューブで構成される傾向があり、そのそれぞれはさらに小さな電流スレッドのチューブです。)

Heavier elements tend to accumulate toward the hot spots. 
より重い元素は、ホット スポットに向かって蓄積する傾向があります。

Gas, dust, and stars that escape from or are ejected by the hot spots trail behind, forming the spiral arms.
ホットスポットから逃れたり放出されたりしたガス、ちり、星が後ろをたどり、らせん状の腕を形成します。 

This combination of increased metallicity and higher current densities produces the typical spiral arm composition of Population I stars, nebulae, dust, and star-forming regions. 
この増加した金属量とより高い電流密度の組み合わせにより、種族 I の恒星、星雲、塵、および恒星形成領域の典型的なスパイラル アーム構成が生成されます。

Because the rotation is driven by the electrical forces in the Birkeland currents, the stars in the arms share in the nearly constant speed of the rotating hot spots. 
回転はバークランド電流の電気力によって駆動されるため、アーム内の恒星は、回転するホット スポットのほぼ一定の速度を共有します。

This explains the observation of flat rotation curves that in the Gravity Universe require halos of dark matter several times more massive than the visible galaxies.
これは、重力宇宙で目に見える銀河よりも数倍重い暗黒物質のハローを必要とするフラットな回転曲線の観察を説明しています.
Between the hot spots, matter
—largely hydrogen
—accumulates in a “sump,” which becomes the galaxy’s nuclear bulge
ホットスポットの間の、物質
—主に水素は
—「サンプ(穴や窪み)」に蓄積し、銀河の核バルジになります。

The electrical stress is lower in this sump than in the arms, and so the stars are cooler and their light is redder. 
このサンプ内の電気的ストレスはアーム内よりも低いため、恒星達はより冷たく、その光はより赤くなります。

These conditions
—abundance of hydrogen and low current density
—are what produce the Population II stars. 
これらの条件
—豊富な水素と低電流密度は
—種族IIの恒星達を生み出すものです。

Outlying dwarf galaxies are likely to be sparks, or leakage currents, thrown off by the primary discharge, or they may be intermediate stages of ejected quasars that are evolving into companion galaxies.
外側にある矮小銀河は、一次放電によって放出された火花または漏れ電流である可能性が高いか、伴性銀河に進化している放出されたクエーサーの中間段階である可能性があります。

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Upheaval Dome 激動のドーム]

 

 


ユタ州の激動ドームの空撮。 
クレジット: マイケル・スタインバッハー。
http://www.thunderbolts.info/steve/IMG_4102.jpg

――――――― 
Feb 22, 2010
塩のドーム、隕石の衝突、またはどちらでもない?

今日のいくつかの以前の写真では、世界中の地層の壊滅的な性質が、浸食、隆起、および断層の段階的なプロセスに基づく従来の分析と比較されました。

ほぼすべてのケースで、遅い形成仮説が願望である事が見つかりました。
特に、アメリカ南西部の構造物は、驚くほど短期間で作成された可能性があるという兆候を示しています。

石の断崖には、垂直な側壁、平らな頂上、そしてその間に広く深い谷があります。
http://www.thunderbolts.info/steve/IMG_3970.jpg

山頂があるところはしばしば鋭く、多くのとがった隆起が頂上から突き出ています。

これらのスパイクは、融合した岩の積み重ねや柱の茂みのように見える、エキゾチックな形をしている場合があります。

多くの場合、数千平方キロメートルにわたる規則的で反復的なパターンで彫刻された複数の交互の岩の層があります。
http://www.thunderbolts.info/steve/IMG_3861.jpg
http://www.thunderbolts.info/steve/IMG_4202.jpg

空気と水の分子の動きは予測できないため、風と水による侵食は混沌としたプロセスです。

確かに侵食は世界のいたるところで起きており、現在も起きています。

しかし、侵食は景観をぼやけさせたり柔らかくしたりしますが、決してナイフのように切り開いたり、ポストホールディガーのように掘削したりするわけではありません。
http://www.thunderbolts.info/steve/IMG_3848.jpg

激動のドームは、標準的な理論では説明が難しい地理的形成の1つです。

縁から縁までの幅は 2 キロ以上あり、深さは 0.5 キロ近くあります。

キャニオンランズ国立公園地域には多くの塩のドームがあるため、かつては塩のドームが崩壊したと考えられていました。

理論によると、約3億年前、広大な内海が米国の中央部を覆っていた。

時間が経つにつれて、海は蒸発し、溶解した塩が厚い地殻に残りました.

何百万年にもわたって堆積物が堆積し、その後圧縮されて厚い岩の層になりました
— 激動ドームの場合は砂岩層。

表土の重さは、塩を徐々に地中に深く押し込みました。

塩は砂岩ほど密度が高くないため、圧力によって浮力が生じ、弱い層を通って上昇し、上にある地層を押してドーム状にしました。

砂岩が浸食されると、塩が露出し、何百万年もの間、簡単に溶ける鉱物に穴が開き、内部から崩壊するのと同じ腐食効果にさらされました。

しかし、激動のドームの下に塩の蓄積が存在するという決定的な証拠はありません。
http://www.thunderbolts.info/steve/IMG_4080.jpg

最近、別の理論は、6000 万年前に流星が地球に衝突したときの、いわゆる「リバウンド」イベントでドームが形成されたことを示唆しています。

元の衝突体は風化のために長い間消えていましたが、中央マウンド周辺の砂岩層で故ジーン・シューメーカー (シューメーカー・レヴィ 9 彗星の名前が付けられた) によって発見されたシャッターコーンの出現は、ほとんどの地質学者にそれがアストロブリュームであると確信させました、または「星の傷」。

衝撃力が岩を介して伝達されるとシャッター・コーンが形成され、V 字型の溝が切り込まれたさまざまなサイズの円錐形が作成されます。

ペレットガンが出窓に円錐形の穴を残すのとほぼ同じように、爆発的な衝撃波がシャッターコーンを打ち抜くと理論付けられています。

巨大なシャッター・コーンは、南アフリカヨハネスブルグの南西 100 キロメートルにあるフレデフォールト・ドームと呼ばれる同様の円形の地層とその周辺で発見されています。

実際、フレデフォールトと 激動のドームは多くの類似した特徴を共有しています。

それらは両方とも、隆起した中央のピークを持つマルチリングクレーターです。

それらは両方とも、内部に溶けていない岩の塊を含む溶けた岩の巨大な流れの証拠を示しています。

どちらも「ショック・クォーツ」粒子を含んでいます:
おそらく衝撃波の伝達が原因で、内部で割れた水晶。

過去に、電気的宇宙の理論家は、電気アークがクレーターの壁を切断し、電気力によって大量の物質を輸送することを示唆していました。

火山からの火砕流のように、岩石層を流れる電流が岩石を粉砕します。

この流れが止まると、材料は固まり、高く険しい面を持つ岩のように固いマウンドになります。

両方のドームの縁に見られるタキライトによって示されるように、電気アークは地下爆発を引き起こします。
https://www.answers.com/redirectSearch?query=tachylite-2&filter=all

同心円状の環は、地球の他の地域や他の惑星や衛星で発見された同様の多環構造を連想させます。

おそらく、宇宙からの大きな岩は、崩壊した塩のドームよりも決定的な理論ではありません。

Stephen Smith 
ティーブン・スミス


――――――― 
Feb 22, 2010
Salt dome, meteor impact, or neither? 
塩のドーム、隕石の衝突、またはどちらでもない?
In several previous Pictures of the Day, the catastrophic nature of geological formations around the world were compared to the conventional analysis based on gradual processes of erosion, uplift, and faulting. 
今日のいくつかの以前の写真では、世界中の地層の壊滅的な性質が、浸食、隆起、および断層の段階的なプロセスに基づく従来の分析と比較されました。

In nearly every case, the slow formation hypothesis was found wanting.
ほぼすべてのケースで、遅い形成仮説が願望である事が見つかりました。
In particular, structures in the American Southwest exhibit signs that they could have been created in an amazingly short time. 

特に、アメリカ南西部の構造物は、驚くほど短期間で作成された可能性があるという兆候を示しています。

The stone escarpments have vertical sidewalls, flat tops, and valleys wide and deep between them. 
石の断崖には、垂直な側壁、平らな頂上、そしてその間に広く深い谷があります。

Where there are peaks they are often sharp, with many spiky protuberances sticking up from their summits. 
山頂があるところはしばしば鋭く、多くのとがった隆起が頂上から突き出ています。

These spikes are sometimes exotically shaped, looking like stacks of fused boulders or a thicket of pillars.
これらのスパイクは、融合した岩の積み重ねや柱の茂みのように見える、エキゾチックな形をしている場合があります。

There are often multiple, alternating layers of rock that have been sculpted in regular, repetitive patterns covering thousands of square kilometers. 
多くの場合、数千平方キロメートルにわたる規則的で反復的なパターンで彫刻された複数の交互の岩の層があります。

Erosion through wind and water is a chaotic process because the movement of air and water molecules aren't predictable. 
空気と水の分子の動きは予測できないため、風と水による侵食は混沌としたプロセスです。

It is certainly the case that erosion has and is taking place everywhere in the world. 
確かに侵食は世界のいたるところで起きており、現在も起きています。

However, erosion causes blurring and softening of the landscape, by no means does it cut like a knife, or excavate like a posthole digger.
しかし、侵食は景観をぼやけさせたり柔らかくしたりしますが、決してナイフのように切り開いたり、ポストホールディガーのように掘削したりするわけではありません。

Upheaval Dome is one such geographical formation that is difficult to account for with standard theories. 
激動のドームは、標準的な理論では説明が難しい地理的形成の1つです。

It is more than two kilometers wide from rim to rim and is nearly half a kilometer deep. 
縁から縁までの幅は 2 キロ以上あり、深さは 0.5 キロ近くあります。

It was once thought to be a collapsed salt dome because there are many salt domes in the Canyonlands National Park region.
キャニオンランズ国立公園地域には多くの塩のドームがあるため、かつては塩のドームが崩壊したと考えられていました。

According to the theory, a vast inland sea once covered the central portion of the United States approximately 300 million years ago. 
理論によると、約3億年前、広大な内海が米国の中央部を覆っていた。

As time passed, the sea evaporated, leaving the dissolved salts behind in a thick crust.
時間が経つにつれて、海は蒸発し、溶解した塩が厚い地殻に残りました.

Over millions of years sediments were deposited that subsequently compressed into thick layers of rock
—sandstone layers in the case of Upheaval Dome. 
何百万年にもわたって堆積物が堆積し、その後圧縮されて厚い岩の層になりました
— 激動ドームの場合は砂岩層。

The weight of the overburden gradually pushed the salt deeper into the earth. 
表土の重さは、塩を徐々に地中に深く押し込みました。

Since salt is not as dense as sandstone, the pressure caused it to become buoyant, whereupon it rose through weaker layers until it pushed, or "heaved" the overlying strata into a dome. 
塩は砂岩ほど密度が高くないため、圧力によって浮力が生じ、弱い層を通って上昇し、上にある地層を押してドーム状にしました。

As the sandstone eroded, it uncovered the salt and exposed it to the same corroding effects that, over more millions of years bored into the easily dissolved mineral, causing it to collapse from within.
砂岩が浸食されると、塩が露出し、何百万年もの間、簡単に溶ける鉱物に穴が開き、内部から崩壊するのと同じ腐食効果にさらされました。

However, there is no definitive evidence that an accumulation of salt exists beneath Upheaval Dome.
しかし、激動のドームの下に塩の蓄積が存在するという決定的な証拠はありません。

Recently, another theory has suggested that the Dome was formed in a so-called "rebound" event when a meteor crashed to Earth 60 million years ago. 
最近、別の理論は、6000 万年前に流星が地球に衝突したときの、いわゆる「リバウンド」イベントでドームが形成されたことを示唆しています。

The original impactor is long gone because of weathering, but the appearance of shattercones discovered by the late Gene Shoemaker (for whom the comet Shoemaker-Levy 9 was named) in the sandstone layers around the central mound has convinced most geologists that it is an astrobleme, or "star wound."
元の衝突体は風化のために長い間消えていましたが、中央マウンド周辺の砂岩層で故ジーン・シューメーカー (シューメーカー・レヴィ 9 彗星の名前が付けられた) によって発見されたシャッターコーンの出現は、ほとんどの地質学者にそれがアストロブリュームであると確信させました、または「星の傷」。

Shattercones form when impact forces are transmitted through the rocks, creating conical shapes of varying size that have v-shaped grooves cut into them. 
衝撃力が岩を介して伝達されるとシャッター・コーンが形成され、V 字型の溝が切り込まれたさまざまなサイズの円錐形が作成されます。

It is theorized that explosive shock waves punch out shattercones in much the same way that a pellet gun will leave a conical hole in your bay window.
ペレットガンが出窓に円錐形の穴を残すのとほぼ同じように、爆発的な衝撃波がシャッターコーンを打ち抜くと理論付けられています。

Shattercones of enormous size are found in and around a similar circular formation called Vredefort Dome, 100 kilometers southwest of Johannesburg, South Africa. 
巨大なシャッター・コーンは、南アフリカヨハネスブルグの南西 100 キロメートルにあるフレデフォールト・ドームと呼ばれる同様の円形の地層とその周辺で発見されています。

In fact, Vredefort and Upheaval Domes share many similar characteristics. 
実際、フレデフォールトと 激動のドームは多くの類似した特徴を共有しています。

They are both multi-ringed craters with uplifted central peaks. 
それらは両方とも、隆起した中央のピークを持つマルチリングクレーターです。

They both display evidence for immense flows of melted rock that contain chunks of unmelted rock within. 
それらは両方とも、内部に溶けていない岩の塊を含む溶けた岩の巨大な流れの証拠を示しています。

Both contain "shocked quartz" grains: 
quartz crystals that are internally fractured, again supposedly due to shock wave transmission.
どちらも「ショッククォーツ」粒子を含んでいます:
おそらく衝撃波の伝達が原因で、内部で割れた水晶。

Electric Universe theorists have suggested in the past that electric arcs cut crater walls and transport large volumes of material through electrodynamic forces. 
過去に、電気的宇宙の理論家は、電気アークがクレーターの壁を切断し、電気力によって大量の物質を輸送することを示唆していました。

Electric currents flowing through the rock strata cause the rock to pulverize, much like a pyroclastic flow from a volcano. 
火山からの火砕流のように、岩石層を流れる電流が岩石を粉砕します。

Once the current stops, the material consolidates into rock-hard mounds with high, steep faces.
この流れが止まると、材料は固まり、高く険しい面を持つ岩のように固いマウンドになります。

Electric arcs cause subsurface blasts, as demonstrated by tachylites found in the rims of both domes. 
両方のドームの縁に見られるタキライトによって示されるように、電気アークは地下爆発を引き起こします。

The concentric rings are reminiscent of similar multi-ringed formations discovered in other regions around our planet, as well as on other planets and moons. 
同心円状の環は、地球の他の地域や他の惑星や衛星で発見された同様の多環構造を連想させます。

Perhaps a big rock from space is no more conclusive a theory than a collapsed salt dome.
おそらく、宇宙からの大きな岩は、崩壊した塩のドームよりも決定的な理論ではありません。

Stephen Smith 
ティーブン・スミス

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Orion’s Thunderbolt オリオンのサンダーボルト]

 

 


クレジット: ESO/J. エマーソン/ビスタ & R. ジェンドラー。
 謝辞: ケンブリッジ天文調査ユニット
―――――――――― 
Feb 17, 2010
ヨーロッパ南天天文台の最新の望遠鏡である VISTA (天文学のための可視および赤外線サーベイ望遠鏡) は、見ることと見ることの違いを強調しています。 赤外線波長を見る望遠鏡の能力は、天文学者がイメージをおなじみの理論以外のものとして見ることができないことによって打ち消されます。

オリオン大星雲の最近の観測を発表したプレス リリース (上: 左が光学、右が赤外線) では、画像に「雲」と「ガス」の「クリアリング」が見られます:
「ガスの雲」「塵の雲に深く埋め込まれている」「奇妙な赤い特徴」「ガス流が周囲のガスと衝突する」、「高温の若い星が激しい紫外線放射を送り出し、周囲の領域をクリアしてガスを輝かせています。」
https://www.eso.org/public/news/eso1006/

電気的宇宙はフィラメントを見る
— 平行フィラメント、ねじれフィラメント、編組フィラメント、あらゆる場所のフィラメント
—プレスリリースでは気付かなかった特徴であり、ましてや「興味深い」とは思われませんでした。

特に興味深いのは、上部と下部の「気泡」またはプラズマのセル (「クリアリング」) の間のチリの多いプラズマの中央列に沿って垂直に等間隔に配置された冠状の「髪の毛」です。

これらは、中央の放電チャネルと周囲の領域との間の電位が高いことを示しています。

中心電流の z ピンチ力は、中心電流を柱状に収縮させるだけでなく、周囲の塵、イオン、および中性物質を引き込みます。

密度が高くなるため、この領域は光学的に不透明になります。

柱状電流を構成する電流の二次フィラメントに沿ったピンチ不安定性は、プラズマを「興味深い赤い特徴」にさらに収縮させます
—エレクトリックスター(電気的恒星)の始まりです。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=x49g6gsf&keywords=electric%20star#dest

チリの多い柱の両端にあるプラズマの「泡」は、惑星状星雲を生成するピンチの両端にある「じょうご」内のプラズマのセルに似た、二重層のさやのようなエンクロージャです。
https://www.ucl.ac.uk/astrophysics

コンセンサス天文学者は、彼らが利用できる唯一のメカニズムが光からの圧力であるため、「クリアリング(晴れ渡り)」を見ます。

プラズマ理論は、電場のより強力でより異種化されたメカニズムを持っています。

たとえば、検電器によって示される光の力と、電気モーターによって示される電磁場の力を比較してください。

柱の両端に泡がついた形は、プラズマ放電現象に精通している人にはペトログリフのしゃがんだ(スクワットした)姿を思い起こさせるでしょう。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/arch05/050506plasma-rock-art.htm

また、世界中の美術品や工芸品に見られる神話の落雷の特徴的な形も示しています。

神話上の落雷は惑星サイズで、地球上に石と鉄の塊を落としたと言われています。

オリオン星雲は、恒星達を落としている超恒星サイズの落雷です。

コンセンサス理論は、オリオン星雲の気象学的比喩、理論的推論、および時代遅れの推定に注目しています。

エレクトリック ユニバースは、いわゆる「ガス放電」管で発生し、実験室でテストできる同じ現象をオリオン星雲で見ています。

読者の次のステップは、自分が見ているものをどのように見たいかを決めることです。

Mel Acheson
メル・アチソン


――――――――――
Feb 17, 2010
The European Southern Observatory’s newest telescope, VISTA (Visible and Infrared Survey Telescope for Astronomy), highlights the distinction between looking and seeing. The telescope’s ability to look in infrared wavelengths is counteracted by astronomers’ inability to see the images as anything but familiar theory.
ヨーロッパ南天天文台の最新の望遠鏡である VISTA (天文学のための可視および赤外線サーベイ望遠鏡) は、見ることと見ることの違いを強調しています。 赤外線波長を見る望遠鏡の能力は、天文学者がイメージをおなじみの理論以外のものとして見ることができないことによって打ち消されます。

The press release announcing the recent observation of the Orion Nebula (above: optical on left, infrared on right) sees in the image “clouds” and “clearings” in a “gas”: 
“a cloud of gas,” “deeply embedded in dust clouds,” “curious red features,” “gas streams collide with the surrounding gas,” “hot young stars pumping out fierce ultraviolet radiation that is clearing the surrounding region and making the gas glow.”
オリオン大星雲の最近の観測を発表したプレス リリース (上: 左が光学、右が赤外線) では、画像に「雲」と「ガス」の「クリアリング」が見られます:
「ガスの雲」「塵の雲に深く埋め込まれている」「奇妙な赤い特徴」「ガス流が周囲のガスと衝突する」、「高温の若い星が激しい紫外線放射を送り出し、周囲の領域をクリアしてガスを輝かせています。」
https://www.eso.org/public/news/eso1006/

The Electric Universe sees filaments
—parallel filaments, twisting filaments, braided filaments, filaments everywhere
—a feature that the press release didn’t even notice, much less find “curious.” 
電気的宇宙はフィラメントを見る
— 平行フィラメント、ねじれフィラメント、編組フィラメント、あらゆる場所のフィラメント
—プレスリリースでは気付かなかった特徴であり、ましてや「興味深い」とは思われませんでした。

Of special interest are the evenly spaced coronal “hairs” along and perpendicular to the central column of dusty plasma between the upper and lower “bubbles” or cells of plasma (the “clearings”). 
特に興味深いのは、上部と下部の「気泡」またはプラズマのセル (「クリアリング」) の間のチリの多いプラズマの中央列に沿って垂直に等間隔に配置された冠状の「髪の毛」です。

These are indications of a high electrical potential between the central discharge channel and the surrounding region.
これらは、中央の放電チャネルと周囲の領域との間の電位が高いことを示しています。

The z-pinch forces of the central current not only constrict it into its columnar form but also pull in surrounding dust, ions, and neutral matter. 
中心電流の z ピンチ力は、中心電流を柱状に収縮させるだけでなく、周囲の塵、イオン、および中性物質を引き込みます。

The increased density is why the region is optically opaque. 
密度が高くなるため、この領域は光学的に不透明になります。

Pinch instabilities along the secondary filaments of current that make up the columnar current further constrict the plasma into the “curious red features”
—the beginnings of electric stars.
柱状電流を構成する電流の二次フィラメントに沿ったピンチ不安定性は、プラズマを「興味深い赤い特徴」にさらに収縮させます
—エレクトリックスター(電気的恒星)の始まりです。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=x49g6gsf&keywords=electric%20star#dest

The plasma “bubbles” at each end of the dusty column are sheath-like enclosures of double layers, similar to the cells of plasma within the “funnels” at each end of the pinches that generate planetary nebulas. 
チリの多い柱の両端にあるプラズマの「泡」は、惑星状星雲を生成するピンチの両端にある「じょうご」内のプラズマのセルに似た、二重層のさやのようなエンクロージャです。
https://www.ucl.ac.uk/astrophysics

Consensus astronomers see a “clearing” because the only mechanism available to them is the pressure from light. 
コンセンサス天文学者は、彼らが利用できる唯一のメカニズムが光からの圧力であるため、「クリアリング(晴れ渡り)」を見ます。

Plasma theory has the much stronger and more differentiated mechanisms of electric fields. 
プラズマ理論は、電場のより強力でより異種化されたメカニズムを持っています。

Compare, for example, the force of light as demonstrated by an electroscope with the force of electromagnetic fields as demonstrated by an electric motor.
たとえば、検電器によって示される光の力と、電気モーターによって示される電磁場の力を比較してください。

The form of a column with a bubble at each end will remind those who are familiar with plasma discharge phenomena of the squatter figures in petroglyphs. 
柱の両端に泡がついた形は、プラズマ放電現象に精通している人にはペトログリフのしゃがんだ(スクワットした)姿を思い起こさせるでしょう。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/arch05/050506plasma-rock-art.htm

It also shows the characteristic form of the thunderbolt of myth as represented in art and artifacts around the world. 
また、世界中の美術品や工芸品に見られる神話の落雷の特徴的な形も示しています。

The mythical thunderbolt was planet-size and reputedly dropped lumps of stone and iron on the Earth. 
神話上の落雷は惑星サイズで、地球上に石と鉄の塊を落としたと言われています。

The Orion Nebula is a super-stellar-size thunderbolt that is dropping stars.
オリオン星雲は、恒星達を落としている超恒星サイズの落雷です。

The consensus theory sees in the Orion Nebula meteorological metaphors, theoretical deductions, and obsolete presumptions. 
コンセンサス理論は、オリオン星雲の気象学的比喩、理論的推論、および時代遅れの推定に注目しています。

The Electric Universe sees in the Orion Nebula the same phenomena that occur in a so-called “gas discharge” tube and that can be tested in a laboratory.
エレクトリック ユニバースは、いわゆる「ガス放電」管で発生し、実験室でテストできる同じ現象をオリオン星雲で見ています。

The next step for the reader is to decide how he wants to see what he’s looking at.
読者の次のステップは、自分が見ているものをどのように見たいかを決めることです。

Mel Acheson
メル・アチソン

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Buddy James・・ Doughnuts ・・ Thunderbolts  バディ・ジェームス・・ドーナツ・・サンダーボルツ] 

(あらゆるスケールで、宇宙は『TORUS』の形で、 持続可能なシステムの青写真を見せています。 ― フォスター・ギャンブル)


(うーん...ドーナツ ― ホーマー・シンプソン)

 


私たちは皆、私が、 何を言おうとしているのかを知っていると思います:


ドーナツ、別名トーラス、 数学的にはホップ振動または渦輪としても知られている。


トロイダル渦とも呼ばれる渦輪は、 流体内のトーラス状の渦、


つまり、流体が主に、 閉ループを形成する仮想軸線の、 周りを回転する領域です。


渦輪の支配的な流れはトロイダルと言われています; より正確には、ポロイダル。

8


音階のルートノート(基音)としての 「Do」から始めましょう。


《それは私たちを「Do」に戻すことです!》

10


それは「Do」で始まり、 それはすべて「dough(生地)」に戻ります。

11


さて、パン種の酵母を、 撒いたパンが膨らむように、 このトピックの上に拡大しましょう。

12


「ドーナツを作る時間です。」

13


一般的に「dough(生地)」を作るには3つのことが必要です、 液体、媒体、および、エキスパンダー(拡張剤)。

14


液体は水であろう、 磁気流体力学として。

15


小麦粉は媒体になります: 生命、物質、生物。

16


そして酵母はエキスパンダーになるでしょう: 太陽、恒星エネルギー、または、そう、恒星。

17


さて、なぜ私たちは、 これについて話しているのですか? これがどのように 組み合わさるのかを考えてみましょう。

18


あなたは「Do」、 音楽スケールのベースを持っています。

19


あなたはドーナツ、 「トーラス」を持っています。

20


ドハティ集合、トーラスの森、 または磁気流体力学の基本第一原理幾何学があります。

21


そして、あなたは、 テオドヘルティアンのルーツ(根源)を持っています、 局所恒星系におけるスペクトルの自己組織化足場。

22


それはすべてドーナツが自分自身の中にネストされたことから始まります、 あるいは科学のために私たちはそれらを「トーラス達」と呼ぶでしょう。

23


ここでやろうとしていることは、 ドーナツやトーラスをあらゆるスケールで記述しながら、 同時に無数の学問分野のドーナツを探索することです。

24


天文学と宇宙のトーラスから始めます。

25


バークランド電流は、 どのように形成されるのですか?

26


同心円のネスティングは、 太陽から最初のベッセル関数を放つものです、

27


そして、このベッセル関数の繰り返しは、 私たちが現実に観察するフラクタルパターンの再帰、 または再帰的な性質を構築するものです。

28


これらの拡張ネストされたトーラスの再帰は、 バークランド電流の本体を構成するダブルレイヤー(二重層)・シースの、 その後のサイズと比率を構築するものです。

29


したがって、バークランド電流のコリメート(収束)構造は、 文字通り逆対向回転するトーラスによって構成されています。

30


さらに、これが恒星形成の至る所で観察される、 らせん性と、二重らせんフィラメントを、得る方法です。

31


これらのヘリカルフィラメントは、射影幾何学を介して、 徐々に膨張する、拡張トロイダル節の副産物である。

32


それはすべてうまく聞こえますが、 物質はどのようにしてイオン化されたガスから (構成された)太陽から生まれるのでしょうか?

33


このための 自己組織化の原則は何ですか? 主流の科学は、物質は創造も破壊もできないとあなたに信じさせるでしょう、 しかし、実際には物質は創造され、特定の経路で自己組織化されます。

34


実際、Dougherty set(ドハティ集合)は、 物質がMarklund(マークランド)対流と呼ばれるプロセスの スケーラブルなメトリックに従って組織化されることを証明しています。

35


エネルギーは文字通り太陽から来て、 これらのコリメートされた鞘の中で自己組織化され、 それはすべて入れ子になったドーナツによって支えられています。

36


リムとスポークを備えたホイール内のホイール、 高いものと低いもの、内側と外側。 したがって、トーラスとヘリックスで、すべてが構成されている場合、 または構成されているように見える場合、それは理にかなっています、

37


この現実を、説明するアーティスト、哲学者、科学者達が居ます、 ドン・スコット、クリスティアン・バークランド、ロジャー・ペンローズ、 ドハティ・セット、ゴラン・マークランドが私たちの前に提示している。 そして確かに、あります。

38

 

39

 

40


[物理学におけるドーナツ] 例えば、ケルビン卿として知られるようになった ウィリアム・トムソンを例にとってみましょう。

41


ケルビンは最初に、原子は空間に浸透する エーテルの渦であるかもしれないと推測した。

42


惑星スケールのヴァンアレンベルトを含む、 宇宙のドーナツの例は他にもたくさんあります。

43


太陽スケールでは、オールトの雲、 またはカイパーベルトがあります。

44


銀河スケールでは、 リング銀河があります。

45


銀河間スケールでは、 キャビテーションをはっきりと示す、 Herbig-Haro(ハービック‐ハロー)・オブジェクトがあります。

46


キャビテーションは、 トロイダル誘導時に足場の役割さえもする。

47


[数学のドーナツ] それから、ロジャー・ペンローズと、 彼の「ツイスター理論」もあります。

48


数学のドーナツの中には、 ホップ振動と呼ばれるものがあります。

49


ドハティ・セットによると、すべての全体は、 階層的および「下位階層的」ネストされたトーラスで構成されています。

50


私の発見と一致する、 科学的理論はありますか?

51


はい、あります、 そして、それはすべてケルビン卿が提案していたことと一致します。 今日、私たちには、 ウラジーミル・ギンズバーグ博士のような 信じられないほどの知性があります。

52


彼の一連の本は驚異的であり、他の誰も持っていないような、 私達の宇宙のらせん状でトロイダルな構造の数学を敷き詰めています。

53


ここにギンズバーグからの引用があります、 彼の作品のいくつかをパンする(=俯瞰する)とき、

54


トーラスとヘリックスのユニークな特性は、 自然の主要な要素となる能力を提供し、 その能力、自然界における潜在的な役割は、 1953年にジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックによって発見された、 DNA二重螺旋の役割に匹敵するでしょう。

55


DNA二重らせんには、有機体と生物の 両方の特性を定義する遺伝暗号が含まれています、 一方、トーラスとヘリックス(螺旋)の両方には、 宇宙の物質と放射線エンティティの 性質を定義する遺伝暗号が含まれています。

56


また、似たような事は、 これらのコードの場所です。

57


DNAの遺伝コードは、すべての有機体と生物の細胞内にあり、 一方、トーラスとヘリックスの遺伝コードは、 宇宙の構成要素である、すべての基本的な物質と放射線粒子の中にあります。

58


[生物学におけるドーナツ;] ダイナミックな拡張トーラスは、 私たちの魂の中で基本的な役割さえ果たしています。

59


「目は魂(こころ)への窓である」 という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 さて、目の形は何ですか? トーラス。

60


ですから、トーラスは、 技術的には私たちの魂への門です。

61


実際、私たちの口から出る、 すべての音はトーラスです。

62


赤ちゃん言葉でさえトーラスを行使している、 その喉頭は、それ自体がトロイダル筋である、 3つの括約筋のシリーズであるためです。

63


唇もトーラスです。

64


舌は、トーラスのコーラスの音をアレンジする、 トーラスの中心と考えることができます。

65


ヘブライ語アルファベットの文字はすべて、 MERUの基礎が示すように、 回転するトーラスから派生しています。

66

 

67

 

68


鳥、水蜘蛛、魚、 すべて渦輪を使用します。

69

 

70

 

71


私たちはガブリエル・ケレメン博士に 時間を費やさなければなりません。

72


私は今、私の最後のサンダーボルトのビデオ、 磁気流体力学に完全に翻訳される彼の作品のいくつかを見ながら、 彼の引用を読みます。

73


元の同心円と正多角形の変換と、循環スパイラル、求心、遠心電流の出現は、

74


振動を受ける流体中で伝播する対称波のダイナミクスに付随して、 周期的な時分割と幾何学的空間構造との間の密接な関係を実証する。

75


したがって、流体物質は定在波になり、 結果として、アニメーション・ジオメトリ(映像化された幾何学)になります。

76


振動は、時間と空間の揺らぎとして、 弾性媒体中で永久に伝播された刺激であり、

77


引き継ぐ液体コーパス(集成)への浸透とともに一旦見えるようになり、 驚くべき定在幾何学で自分自身を構造化する。

78


物質である液体、または液体物質は、 圧力降下の空間的時間的変動の許容容器であり、

79


流体質量の高調波干渉を建設的に変調し、 振動によってアニメーション(映像化)された対称構造になります。

80


そして、これは「サイマティクス」について話しています。

81


結果として得られる幾何学は、 驚くほど先祖伝来の象徴的源に干渉する複雑な振動言語のように、 異なる上昇、下降周波数のスケールで形成される。

82


したがって、円は平面多角形連続系列の共通の源となり、 3次元流体球のように放射状スポークで終わりやすく、 三角形、正方形、五角形の対称性は原始行列になり、

83


振動する正多面体と立方八面体、二十面体、 十二面体、多面体相補体などを生じさせる。

84


したがって、定在同心円は、 ノイズ強度の増加から多角形になり、 球体は多面体の交互振動を提供します。

85


振動によって刺激された流体球体は、 多面体対掌体間の不溶性リンク(=結合)を統一する、 多面体構造の中間形態学的段階(=カップル)として。

86


より正確には、液体球は立方体になり、立方体は八面体になり、 音響刺激周波数によって交互に変動する。

87


[人間工学におけるドーナツ] トーラスはダンスでも一般的です。

88


ムドラで踊る私たちの指は、多くの異なる方向とモダリティで、 ドーナツや竜巻、エーテルとエネルギーを操舵し、遊んでいます。

89


ドーナツまたはドーナツの中心は、 ジェダイの柱としてのジェドの柱であり、 その副次的なトーリ(円柱状)は、 ちょうどドルジェとヴァジュラのように 常に柱に見える事が明らかであると思います。

90

 

 

91


私たちは、トーラスやドーナツがすべてのスケールで、 どれほど普及しているかの表面をざっと見てきました。

92


私たちは、水素原子の軌道に飛び込むことができます、 そして、更にもっと他にも、

93


しかし、今のところはこれで十分だと思います、 双方向の、生きている、脈動する、 渦に基づく宇宙を、深く消化し、統合する事で、 シミュレーションのパラダイムから脱出します。

94


ドハティ・セットとエレクトリック・ユニバースが手を携えて、 歴史を通してどんなに輝かしい心を持っているかを 説明していることが明白に思えることを願っています、

95


芸術、サイマティクス、科学、数学、宗教、哲学、 そして、はい、ペィストリー(=ドーナツ)のような シンプルで楽しいものを通しても巧みに描いています。 (^_^)

96

 

97


――――――― 

(At every scale the Universe is showing us a blueprint for sustainable systems in the form of a TORUS. ― FOSTER  GAMBLE)

(あらゆるスケールで、宇宙は『TORUS』の形で、 持続可能なシステムの青写真を見せています。 ― フォスター・ギャンブル) 1

 

(Mmm...Donuts ― HOMER SIMPSON) (うーん...ドーナツ ― ホーマー・シンプソン)

 

I think we all know what I'm getting at: the donut, aka the torus, also known mathematically as Hopf vibrations or vortex rings.

私たちは皆、私が、 何を言おうとしているのかを知っていると思います: 4

 

ドーナツ、別名トーラス、 数学的にはホップ振動または渦輪としても知られている。

 

A vortex ring, also called a toroidal vortex, is a torus-shaped vortex in a fluid that is, a region where the fluid mostly spins around an imaginary axis line that forms a closed loop.

トロイダル渦とも呼ばれる渦輪は、 流体内のトーラス状の渦、

つまり、流体が主に、 閉ループを形成する仮想軸線の、 周りを回転する領域です。

 

The dominant flow in a vortex ring is said to be toroidal;

more precisely, poloidal.

渦輪の支配的な流れはトロイダルと言われています;

より正確には、ポロイダル。

 

Let's start with ‘Do’ as the root note in a musical scale.

音階のルートノート(基音)としての 「Do」から始めましょう。

 

That‘s bring us back to "Do"!

 

《それは私たちを 「Do」に戻すことです!》

10

 

It starts with ‘Do’ , and It all leads back to dough.

それは「Do」で始まり、 それはすべて「dough(生地)」に戻ります。

11

 

Now, just like leavened bread, acting like yeast rising, let's expand on the topic.

さて、パン種の酵母を、 撒いたパンが膨らむように、 このトピックの上に拡大しましょう。

12

 

”Time to make the donuts.”

「ドーナツを作る時間です。」

13

 

Generally, it takes three things to make dough, liquid, medium, and expander.

一般的に「dough(生地)」を作るには3つのことが必要です、 液体、媒体、および、エキスパンダー(拡張剤)。

14

 

The liquid would be the water, as magnetohydrodynamics.

液体は水であろう、 磁気流体力学として。

15

 

The flour would be the medium: life, matter, organisms.

小麦粉は媒体になります:

生命、物質、生物。

16

 

And the yeast would be the expander: the Sun, stellar energy, or the source star.(or the so, star.)

そして酵母はエキスパンダーになるでしょう:

太陽、恒星エネルギー、または、そう、恒星。

17

 

Now, why are we talking about this?

さて、なぜ私たちは、 これについて話しているのですか?

 

Let's figure out how this all goes together.

これがどのように 組み合わさるのかを考えてみましょう。

18

 

You have Do, the base of the music scale.

あなたは「Do」、 音楽スケールのベースを持っています。

19

 

You have donut, the torus.

あなたはドーナツ、 「トーラス」を持っています。

20

 

You have Doherty set, a forest of toruses or the fundamental first principle geometries of magnetohydrodynamics.

ドハティ集合、トーラスの森、 または磁気流体力学の基本第一原理幾何学があります。

21

 

And you have Theodohertian roots, self-organizing scaffolding of spectra in local star systems.

そして、あなたは、 テオドヘルティアンのルーツ(根源)を持っています、 局所恒星系におけるスペクトルの自己組織化足場。

22

 

It all starts with donuts nested inside of themselves, or for the sake of science we will call them toruses.

それはすべてドーナツが自分自身の中にネストされたことから始まります、 あるいは科学のために私たちはそれらを「トーラス達」と呼ぶでしょう。

23

 

What we're going to attempt to do here is describe donuts or toruses on all scales whilst we explore donuts in myriad academic fields at the same time.

ここでやろうとしていることは、 ドーナツやトーラスをあらゆるスケールで記述しながら、 同時に無数の学問分野のドーナツを探索することです。

24

 

We'll start with toruses in astronomy and space.

天文学と宇宙のトーラスから始めます。

25

 

How are Birkeland currents formed?

バークランド電流は、 どのように形成されるのですか?

26

 

Concentric circles nesting is what gives off the initial Bessel function from the Sun and this Bessel function repeating is what builds up the recursions, or recursive nature, of fractal patterns that we observe in reality.

同心円のネスティングは、 太陽から最初のベッセル関数を放つものです、

27

 

そして、このベッセル関数の繰り返しは、 私たちが現実に観察するフラクタルパターンの再帰、 または再帰的な性質を構築するものです。

28

 

The recursions of these dilating nested toruses is what builds up the subsequent size and ratios of the double-layered sheaths that make up the body of Birkeland currents.

これらの拡張ネストされたトーラスの再帰は、 バークランド電流の本体を構成するダブルレイヤー(二重層)・シースの、 その後のサイズと比率を構築するものです。

29

 

So, the collimated structure of Birkeland currents is literally composed by counter-rotating toruses.

したがって、バークランド電流のコリメート(収束)構造は、 文字通り逆対向回転するトーラスによって構成されています。

30

 

What's more is that this is how you get the helicity and double helical filaments that are observed everywhere in stellar formations.

さらに、これが恒星形成の至る所で観察される、 らせん性と、二重らせんフィラメントを、得る方法です。

31

 

The helical filaments are a by- product of the dilating toroidal nodes progressively expanding via projective geometry.

これらのヘリカルフィラメントは、射影幾何学を介して、 徐々に膨張する、拡張トロイダル節の副産物である。

32

 

That all sounds well and good, but how is matter birthed out of the Sun from ionized gases?

それはすべてうまく聞こえますが、 物質はどのようにしてイオン化されたガスから (構成された)太陽から生まれるのでしょうか?

33

 

What is the self-organizing principle for this?

このための 自己組織化の原則は何ですか?

 

Mainstream science will have you believe that matter cannot be created nor destroyed, but indeed matter is created and self-organizes in specific pathways.

主流の科学は、物質は創造も破壊もできないとあなたに信じさせるでしょう、 しかし、実際には物質は創造され、特定の経路で自己組織化されます。

34

 

In fact, the Dougherty set proves that matter organizes according to a scalable metric of a process called Marklund convection.

実際、Dougherty set(ドハティ集合)は、 物質がMarklund(マークランド)対流と呼ばれるプロセスの スケーラブルなメトリックに従って組織化されることを証明しています。

35

 

Energy literally comes from the Sun and self-organizes in these collimated sheaths and it is all being held up by nested donuts.

エネルギーは文字通り太陽から来て、 これらのコリメートされた鞘の中で自己組織化され、 それはすべて入れ子になったドーナツによって支えられています。

36

 

A wheel within a wheel, with rims and spokes, high and low, inside and out.

リムとスポークを備えたホイール内のホイール、 高いものと低いもの、内側と外側。

 

So, if everything is composed, or seems to be composed of toruses and helices, it makes sense that there would be artists, philosophers and scientists describing this reality that Don Scott, Kristian Birkeland, Roger Penrose, the Doherty set and Goran Marklund are presenting before us. And indeed, there is.

したがって、トーラスとヘリックスで、すべてが構成されている場合、 または構成されているように見える場合、それは理にかなっています、

37

 

この現実を、説明するアーティスト、哲学者、科学者達が居ます、 ドン・スコット、クリスティアン・バークランド、ロジャー・ペンローズ、 ドハティ・セット、ゴラン・マークランドが私たちの前に提示している。 そして確かに、あります。

38

39

40

 

[Donuts in physics]

[物理学におけるドーナツ]

 

Take for example William Thomson who became better known as Lord Kelvin.

例えば、ケルビン卿として知られるようになった ウィリアム・トムソンを例にとってみましょう。

41

 

Kelvin first conjectured that atoms might be vortices in the ether that pervade space.

ケルビンは最初に、原子は空間に浸透する エーテルの渦であるかもしれないと推測した。

42

 

There are many more examples of donuts in space including the Van Allen belts at the planetary scale.

惑星スケールのヴァンアレンベルトを含む、 宇宙のドーナツの例は他にもたくさんあります。

43

 

At the solar scale we have the Oort cloud or Kuiper belt.

太陽スケールでは、オールトの雲、 またはカイパーベルトがあります。

44

 

At the galactic scale we have ring galaxies.

銀河スケールでは、 リング銀河があります。

45

 

At the Intergalactic scale we have Herbig-Haro objects which clearly demonstrate cavitation.

銀河間スケールでは、 キャビテーションをはっきりと示す、 Herbig-Haro(ハービック‐ハロー)・オブジェクトがあります。

46

 

Cavitations even scaffold upon toroidal induction.

キャビテーションは、 トロイダル誘導時に足場の役割さえもする。

47

 

[Donuts in Math]

[数学のドーナツ]

 

Then you also have Roger Penrose with his twister theories.

それから、ロジャー・ペンローズと、 彼の「ツイスター理論」もあります。

48

 

Some donuts in math are referred to as Hopf vibrations.

数学のドーナツの中には、 ホップ振動と呼ばれるものがあります。

49

 

According to the Dougherty set the entirety of everything is composed of hierarchical and “lowerarchical” nested toruses.

ドハティ・セットによると、すべての全体は、 階層的および「下位階層的」ネストされたトーラスで構成されています。

50

 

Is there a scientific theory proposed that matches my findings?

私の発見と一致する、 科学的理論はありますか?

51

 

Yes, there is, and it all matches up with what Lord Kelvin was proposing.

はい、あります、 そして、それはすべてケルビン卿が提案していたことと一致します。

 

Today, we have incredible intellects like Dr. Vladimir Ginsburg.

今日、私たちには、 ウラジーミル・ギンズバーグ博士のような 信じられないほどの知性があります。

52

 

His series of books is phenomenal, and lays down the math of a helical and toroidal construction of our universe like no one else ever has.

彼の一連の本は驚異的であり、他の誰も持っていないような、 私達の宇宙のらせん状でトロイダルな構造の数学を敷き詰めています。

53

 

Here is a quote from Ginsburg as we pan through some of his work, The torus’ and the helix’s unique properties provide them with a capability to be the prime elements of nature and that capacity, their potential role in nature, would be comparable with the role of the DNA double helices discovered by James Watson and Francis Crick in 1953.

ここにギンズバーグからの引用があります、 彼の作品のいくつかをパンする(=俯瞰する)とき、

54

 

トーラスとヘリックスのユニークな特性は、 自然の主要な要素となる能力を提供し、 その能力、自然界における潜在的な役割は、 1953年にジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックによって発見された、 DNA二重螺旋の役割に匹敵するでしょう。

55

 

The DNA double helices contain genetic codes defining the properties of both organic entities and living organisms, whereas both the torus and helix contain genetic codes defining the properties of matter and radiation entities of the universe.

DNA二重らせんには、有機体と生物の 両方の特性を定義する遺伝暗号が含まれています、 一方、トーラスとヘリックスの両方には、 宇宙の物質と放射線エンティティの 性質を定義する遺伝暗号が含まれています。

56

 

Also similar, are the locations of these codes.

また、似たような事は、 これらのコードの場所です。

57

 

The genetic codes of DNA are located inside the cells of all organic entities and the living organisms, whereas the genetic codes of toruses and helices reside inside all elementary matter and radiation particles, the building blocks of the universe.

DNAの遺伝コードは、すべての有機体と生物の細胞内にあり、 一方、トーラスとヘリックスの遺伝コードは、 宇宙の構成要素である、すべての基本的な物質と放射線粒子の中にあります。

58

 

The donut in biology; the dynamic dilating torus even plays a fundamental role in our soul.

[生物学におけるドーナツ;]

ダイナミックな拡張トーラスは、 私たちの魂の中で基本的な役割さえ果たしています。

59

 

You might have heard the saying ‘the eyes are the window to the soul’.

「目は魂(こころ)への窓である」 という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

Now what is the shape of an eye? The torus.

さて、目の形は何ですか? トーラス。

60

 

So the torus is technically the gate to our soul.

ですから、トーラスは、 技術的には私たちの魂への門です。

61

 

In fact every sound that comes out of our mouths is a torus.

実際、私たちの口から出る、 すべての音はトーラスです。

62

 

Even baby babble is exercising the torus because the larynx is a series of three sphincters which are themselves toroidal muscles.

赤ちゃん言葉でさえトーラスを行使している、 その喉頭は、それ自体がトロイダル筋である、 3つの括約筋のシリーズであるためです。

63

 

The lips are also a torus.

唇もトーラスです。

64

 

The tongue can be thought of as the center of the torus arranging the sounds of the chorus of the toruses.

舌は、トーラスのコーラスの音をアレンジする、 トーラスの中心と考えることができます。

65

 

Letters in the Hebrew alphabet are all derived from a rotating torus as the MERU foundation shows.

ヘブライ語アルファベットの文字はすべて、 MERUの基礎が示すように、 回転するトーラスから派生しています。

66

67

68

 

Birds, water spiders, fish, all use the vortex ring.

鳥、水蜘蛛、魚、 すべて渦輪を使用します。

69

70

71

 

We have to spend some time on Dr. Gabriel Kelemen.

私たちはガブリエル・ケレメン博士に 時間を費やさなければなりません。

72

 

I will now read a quote by him while we look at some of his work which happens to translate perfectly to my last Thunderbolts video, Magnetohydrodynamics.

私は今、私の最後のサンダーボルトのビデオ、 磁気流体力学に完全に翻訳される彼の作品のいくつかを見ながら、 彼の引用を読みます。

73

 

The transformation of the original concentric circles and regular polygons, along with the emergence of cyclospiraling, centripetal, and centrifugal currents accompanying the dynamics of symmetrical waves, propagated in the fluids subject to vibration, demonstrates the close connection between the periodic time division and the geometric space structuring.

元の同心円と正多角形の変換と、循環スパイラル、求心、遠心電流の出現は、

74

 

振動を受ける流体中で伝播する対称波のダイナミクスに付随して、 周期的な時分割と幾何学的空間構造との間の密接な関係を実証する。

75

 

Fluid matter thus becomes standing wave and therefore animated geometry.

したがって、流体物質は定在波になり、 結果として、アニメーション・ジオメトリ(映像化された幾何学)になります。

76

 

Vibrations, as the fluctuation in time and space, perpetually propagated stimulus in the elastic medium becomes visible once with the penetration into the liquid corpus which takes over, structuring itself in surprising standing geometry.

振動は、時間と空間の揺らぎとして、 弾性媒体中で永久に伝播された刺激であり、 77 引き継ぐ液体コーパス(集成)への浸透とともに一旦見えるようになり、 驚くべき立位幾何学で自分自身を構造化する。

78

 

Matter liquid or liquid matter, a permissive receptacle of spatial temporal fluctuations of pressure depression, constructively modulates the harmonic interferences in the fluid mass which thus becomes a symmetric structure animated by vibration.

物質である液体、または液体物質は、 圧力降下の空間的時間的変動の許容容器であり、

79

 

流体質量の高調波干渉を建設的に変調し、 振動によってアニメーション(映像化)された対称構造になります。

80

 

And this is talking about cymatics.

そして、これは「サイマティクス」について話しています。

81

 

The resulting geometries are formed on the scale of different ascending, descending frequencies, like a complex vibrational language that surprisingly interferes with ancestral symbolic sources.

結果として得られる幾何学は、 驚くほど先祖伝来の象徴的源に干渉する複雑な振動言語のように、 異なる上昇、下降周波数のスケールで形成される。

82

 

Therefore, the circle becomes the common source of planar polygonal successive series, the triangular, square, pentagonal symmetry which tends to end radial spokes, just as in the three-dimensional the fluid sphere becomes the primordial matrix giving rise to regular polyhedra that oscillate and the cuboctahedron, icosahedron, dodecahedron, polyhedral complementaries, etc.

したがって、円は平面多角形連続系列の共通の源となり、 3次元流体球のように放射状スポークで終わりやすく、 三角形、正方形、五角形の対称性は原始行列になり、

83

 

振動する正多面体と立方八面体、二十面体、 十二面体、多面体相補体などを生じさせる。

84

 

Therefore, standing concentric circles become polygons from increasing noise intensity, while the sphere delivers polyhedral alternating oscillations.

したがって、定在同心円は、 ノイズ強度の増加から多角形になり、 球体は多面体の交互振動を提供します。

85

 

Vibrationally stimulated fluid spheres unify the indissoluble link between polyhedral antipodes as intermediate morphological stages of polyhedral structures, couples.

振動によって刺激された流体球体は、 多面体対掌体間の不溶性リンク(=結合)を統一する、 多面体構造の中間形態学的段階(=カップル)として。

86

 

More precisely, the liquid sphere becomes a cube and the cube becomes an octahedron, the alternation fluctuating with the acoustic stimulus frequency.

より正確には、液体球は立方体になり、立方体は八面体になり、 音響刺激周波数によって交互に変動する。

87

 

[The donut in Ergonomics]

[人間工学におけるドーナツ]

 

The torus is even prevalent in dancing.

トーラスはダンスでも一般的です。

88

 

Our fingers dancing with mudras is steering and playing with donuts and tornadoes, steering ether and energy in many different directions and modalities.

ムドラで踊る私たちの指は、多くの異なる方向とモダリティで、 ドーナツや竜巻、エーテルとエネルギーを操舵し、遊んでいます。

89

 

I hope it is clear that the donut or the center of a donut is the pillar of the Jed as the Jedi pillar, and the subsequent tori are always seen on the pillars just as the dorje and the vajra.

ドーナツまたはドーナツの中心は、 ジェダイの柱としてのジェドの柱であり、 その副次的なトーリ(円柱状)は、 ちょうどドルジェとヴァジュラのように 常に柱に見える事が明らかであると思います。

90

91

 

We've just skimmed the surface of how prevalent the torus or donut is on all scales.

私たちは、トーラスやドーナツがすべてのスケールで、 どれほど普及しているかの表面をざっと見てきました。

92

 

We could dive into the orbitals of hydrogen atoms and so much more, but for now I think this is sufficient to digest and integrate deeper into the two-way, living, pulsating, vortex-based universe and out of the paradigm of the simulation.

私たちは、水素原子の軌道に飛び込むことができます、 そして、更にもっと他にも、

93

 

しかし、今のところはこれで十分だと思います、 双方向の、生きている、脈動する、 渦に基づく宇宙を、深く消化し、統合する事で、 シミュレーションのパラダイムから脱出します。

94

 

I hope it seems apparent that the Dougherty set and the Electric Universe go hand in hand, describing what brilliant minds, all throughout history, have been masterfully depicting through art, cymatics, science, math, religion, philosophy, and yes, even something as simple and delightful as pastry.

ドハティ・セットとエレクトリック・ユニバースが手を携えて、 歴史を通してどんなに輝かしい心を持っているかを 説明していることが明白に思えることを願っています、

95

 

芸術、サイマティクス、科学、数学、宗教、哲学、 そして、はい、ペィストリー(=ドーナツ)のような シンプルで楽しいものを通しても巧みに描いています。 (^_^)

96

97

 

ザ・サンダーボルツ勝手連  [Donald E. Scott・・ Quintessence of Solar Winds ・・ Thunderbolts ドナルド・E・スコット・・太陽風の真髄・サンダーボルト]

2022 年 6 月、私はダークマターが、 存在しない理由を説明しました。

1


この一連の推論は、 エレクトリック・サン(電気的太陽)・モデルの 特性の適用から直接得られたものです。

2


主流で受け入れられているモデルには、 暗黒物質を記述または説明する方法がありません。

3


その議論は、私の最新の著書 「The Interconnected Cosmos(相互接続された宇宙)」で発表しました、

4


そしてまた、エレクトリック・サン(電気的太陽)・モデルの プロパティを参照することによってのみ 理解できる他のいくつかの現象の説明もあります。

5


その一つが、いわゆる「太陽風」です。

6


現在、それらの荷電粒子の巨大な流れは、 より正確には「電流」と呼ばれています。

7


しかし、天文学者たちは、分離した電荷が惑星間空間を 移動する可能性はないと完全に確信していました、

8


1962年に金星に向かう途中だった マリナー2宇宙探査機が、それを検出したとき。

9

 

10


天文学者たちは、 これをどう解釈すればよいかわかりませんでした。 このような電気的小体が実際に発見されるだろうという、 クリスチャン・バークランドによる 1908 年以前の予測を無視して、

11


ユージーン・パーカーはこの流れを「太陽風」と名付け、 バークランドから、今検証された予測に、 彼の、とても豊かに値する認識を効果的に奪いました。

12


また、それを「風」と名付け、 その真の電気的性質をうまくカモフラージュしました。

13


ともあれ、後に、ユリシーズ・ソーラー・プローブは、 この風には 2つの種類があることを発見しました、

14


風速は秒速 400 km に達する不規則で比較的遅いタイプです、 これは遅くはありませんが、最大でその 2 倍の、 毎秒800キロメートルの速いものもあります。

15


つまり、これら 2つの異なる太陽風には 2つの異なるタイプ、2つの異なる速度があります。

16


遅いものは通常、太陽の赤道に位置する、 いわゆる「ストリーマー・ベルト(吹き流し帯)」から来ます。

17


速いタイプは、滑らかな光球の通常の表面で、 コロナホールを通して見下ろしたときに見える 比較的平和な表面から来ています。

18


私の本の中で、私は指摘しています、 「...一部の懐疑論者は、電子が正イオンとともに、 高速太陽風と低速太陽風の両方に見られるという考えを重視しています。

19


はい。 それは本当だ。 しかし、それは電荷の正味の流れが ゼロであることを意味しません。 プラズマでは、 電子とイオンが分離されます。

20


そうでなければ、プラズマは発生せず、 単純な中性ガスの流れが発生します。」 しかし、惑星間空間ではそれらは分離されています;

21


負の電子は通常、正に帯電した太陽に向かって引き寄せられ、

22


正のイオンはその太陽によって反発されます。

23


これらの力は、 一般的に比較的弱いです。 1キロメートルあたりわずか数ボルト、 またはマイクロボルトの惑星間電場でさえ十分です

24


- これらの太陽風イオンを秒速 400 キロメートル、 および、秒速 800 キロメートルの速度に加速するために、 数百万キロメートルにわたって広がっていることを考えると。

25


しかし、太陽に向かって移動している電子が、 太陽から離れて移動しているイオンに近づくと 何が起こるか考えてみてください。

26


これらのイオンと電子が近づくと、 それらの間の引力が大きくなります。 正イオンにかかる引力の強さは、 電子にかかる力とまったく同じです。

27


これらは純粋に引力であり、 両方の粒子が、まったく同じ量の電荷を持ち、 (符号が反対であるため、)等しくなります。 しかし、イオンの質量は、 電子の約 1800 倍です。 それは、一方向に走っているマウスと 他の方向に向かっている象との間の綱引きのようなものです。

28


それらは両方とも、それらの間の 伸びるバネを同じ量の力で引っ張っています。

29

 

でもゾウ-プラスイオンは -ただ彼の軌跡をたどり続け、 かわいそうなネズミ- 電子を -大まかに彼の方向に連れて行きます。

30


再結合によってプラズマが消滅(枯渇)するため、 イオンは電子を捕捉しません。

31


そのため、電子はしばしばイオンに引きずられてしまいますが、 「プラズマ周波数」と呼ばれるものでイオンの周りを激しく振動します。 それでは、電気的太陽モデルは 2つの異なる太陽風をどのように説明していますか?

32


エレクトリック・サン(電気的太陽)の 本質は、この画像に示されています。

33


この図では、各プロットの横軸は、 太陽の光球面のすぐ下の点から外側への半径距離です。 その表面は不透明です; 私たちはそれを通して見ることができません。

34


そのため、 それを表面だと考える人もいます。 上のプロットは、表面から出るときに 電圧がどのように変化するかを示しています。

35


これは実際には、 サーフェス(表面)ではなく、1つのレイヤー(層)です。 しかし、これは、水をためている貯水池の端にある ダムの断面図をプロットした場合に得られる結果と似ています。 中央のプロットは、その電圧分布を作成する、 3つの異なる電荷層を示しています。

36


それらは、太陽を囲む、 3つの非常に薄い同心球状の殻です。 ご覧の三角形の領域の高さは、陽イオンが、 さまざまな半径距離で受ける単位電荷あたりの力を示しています。

37


その正の値は外向きの力です。 したがって、彩層のある点 (点 b と点 d の間) に到達できるイオンは、 ボールが丘を転がり落ちるように、電圧の丘を下っていきます。 電圧の丘を下ると、 イオンはどんどん速くなります。 つまり、加速します。

38


その速度は、 下の曲線にプロットされています。

39


この次の画像は、太陽の本体内の最もエネルギーの高いイオンのレベルが、 電圧ダムの上部に漏れるのに十分なエネルギーを持っているときに、 通常何が起こるかを示しています。

40


紫は水で、光球の房より少しだけ高く、 そこから漏れているのがわかります。

41


ダムの有効な高さを変えることができる場合、 体積 - これは密度流と呼ばれます;

42


そこにどれだけのものが流れているか –は、変化する可能性があります。

43


この流れは、画像から、 右下に向かって通過するときに、「乱流」を経験します。

44


これは、イオン流の温度として測定されます; これにより、下部コロナの異常な超高温が発生し、 ここから 200 万ケルビンといった温度が発生します。

45


明らかに、太陽のダムは電気的です; 液体を保持する鋼とセメントでは、できていません。

46


それは、天文学者達が 「光球圏粒子(光球圏顆粒)」と呼ぶものから作られています。

47


しかし、プラズマ科学者達は、 それらを「陽極タフト(陽極房)」と呼んでいます。

48


右にずれていく、 この流れを「高速太陽風」といいます。

49


その速度はダムの高さにのみ起因します - イオンが落下する電圧降下の高さです。 その密度、つまり、それに含まれるアンペア数、 または毎分何ガロンが流れているかは、

50


水門の高さ、上部の小さな水門、および その水門の非常にわずかな動きによって制御され、 実際に流れの量を変更できます。 太陽風は、実際に数年前に 1 日か 2 日停止しました。 どうやって?なんで?

51


誰かが水門を上げて 水の流れを止めましたか? 言うまでもなく、 標準モデルにはこの現象の説明がありませんが、 エレクトリック・サン(電気的太陽)には説明があります。

52


ダムの面が高いほど、 水が底に達するときの速度が速くなります。 それはとても簡単です。

53


しかし、ある地域でダムが 撤去されたらどうなるでしょうか?

54


誰かが、ダムに穴を開けたり 堤防が壊れたりするのを視覚化してください。 そうすると、水、または私たちの場合はイオンが、 貯水池から溢れ出します。 洪水の密度はより大きくなり、 1 秒あたりのガロン数、アンペア数が増加します。

55


しかし、物体=スタッフ達は、 より低い高さから落下するため、速度は遅くなります。

56


はるかに高い、 ダムの壁の上からではありません。 実際の場合の、より電圧が低い状態は、 水のアナロジー(類推)からは低い高さです。 本当の説明は この図から明らかです。

57


これは先ほど見たのと同じ断面ですが、 黒点はダムを作る光球タフト(房)がない場所です。

58


したがって、黒い線を取り除くと、 太陽の内部だけが残ります。

59


縦軸に電圧 V1があり、

60


イオンは、- 赤い曲線で見える様に- そこから下部のコロナに向かって外側にあふれます。 それらは、粒子を通過するイオンの経路として、 いかなる方法でも拘束されていませんが、 上部にあるイオンは、より高い電圧 V2 を超えなければなりません。

61


そして、彼らは高くから落ちます - それはより急です - 彼らが乱流を作り出した場所へ、ドロップダウンします。

62


しかし、とにかく太陽黒点は、 ダムと太陽の内部エネルギーを作り出すための 光球圏のタフト(房)がない場所であり、その電圧はV1です、

63


ダム自体のエネルギー準位はV2ですが、 黒点では内部のイオンは拘束されないので、 レベルV1から落ちるだけで太陽から出ることができます。

64


だから彼らは、 レベル V2 からずっと下がっているものとして、 落ちるので、それほど速くは進んでいかない。 そして、これが太陽黒点から ゆっくりとした太陽風が作られる仕組みです。

65


ゆっくりとした太陽風のイオンは、 大量ではあるが比較的動きが遅く、 黒点から容易に上昇し、外に出ます。

66


だから我々はここで、 3つの画像すべてで太陽の同じ地域を見ています。

67


一番上の写真は、太陽の中心に 最も近い最も内側の層である光球です、

68


あなたがそのように考えたいのであれば、 それは、最も低い太陽高度にあるもので、 明らかに美しい大きな黒点グループを含んでいます。 真ん中の写真は、 上の写真より少し高い位置から撮ったクロモスフィア(彩層)です。

69


実際には、 それはもちろん光球の上にあります。 そして下の写真はさらに高度が高く、

70


コロナの下部の写真で、 その点から太陽の半径の数倍まで外側に伸びています。 したがって、太陽の最も低い高度にある層、 光球は、この画像の最上部にある層で、

71


太陽高度が最も高い下部コロナにある層が、 画像の最下部に表示されます。

72


黒点から注ぎ込まれるイオンの 影響を見ることができます。

73


それらは彩層に入るときに 高レベルの乱流を生み出し、

74


そして、彼らが下部のコロナに当たったとき、さらに乱流がおき、 あなたは彼らが白であるのを見ることができます。

75


光球は「造粒」で覆われています。

76


それは密集した プラズマ・タフト(房)で構成されています。 彩層は、光球の約 250 マイル上から始まる層で、 厚さは約 1,000 マイルです。

77


下部コロナは彩層のすぐ上から始まり、 太陽半径の数倍の距離に外側に伸びています。

78


この画像の左下にある暗い領域は、 コロナル・ホール(冠状穴)です。

79


それは単に、黒点やその他の不規則性がない、 通常の静止光球領域の上に位置する太陽のコロナ内の領域です。 これらの穴は、 静かな太陽に関連付けられています。 経験の浅い人や、インターネット上の、一部の、怖がらせ屋には、 コロナ ホールが恐れられたり心配されたりするものと思われるかもしれません。 そうではありません。

80


それらは、コロナ質量放出やその他の物質の 激しい放出が通常発生する乱れた領域ではありません。

81


それらは、ストリーマー・ベルト(吹き流し帯)などの、 どの地域よりも平和な地域です。

82


これは、光球が滑らかな外観を持ち、 タフティングが比較的均一で阻害されていない、太陽の通常の領域です。

83


そして、そこから 高速の太陽風が発生します。 いわゆる太陽風の 重要な性質をまとめさせてください。

84


第一に、2つの風の 最大速度には、2 倍の差があります。

85


第二に、遅い風の密度は、 速い風の密度をはるかに上回っています。

86


ゆっくりとした風での物質の量は、 より制御された速い風よりも 85 パーセント多くなります。 開いた穴からゆっくりと風が吹き出すので、 穴の中に材料(=物質)が多く入っています。

87


第三に、温度は、 プラズマ中の粒子のランダムな励起運動の尺度です。

88


速い風では、このレベルは、 遅い風よりも 6 倍大きくなります。

89


速い風の中では、 イオンは大滝の底に勢いよく衝突します。

90


遅い風のイオンは、大きな電圧降下を起こさずに 簡単に逃げるため、速い太陽風ほど乱れません。

91


第 4 に、2つの風における電子のランダムな動きは、 相対的に同じオーダーの大きさであり、 遅い風の電子は、速い風の電子よりも余分に約30%しか励起されません。

92

 

93


しかし、この観測は、 太陽からほぼ地球の距離で行われました。

94


その時点での両方の風にある電子は、 太陽系の外側の領域から太陽に向かって 入ってくることに気付くかもしれません。

95


そして、彼らはまだ、 タフトの電圧が光球のすぐ上で低下する ミキシング効果、スクランブル効果を経ていません。

96


それは彼らが、より近づいたときの 彼らの未来に待ち受けています。

97


第 5 に、エレクトリック・サン(電気的太陽)モデルでは、 高速の風のイオンの乱流は、この高電圧降下を 通って落下することによって引き起こされます。

98


そしてそれは、 何十年もの間天文学者達を困惑させてきた 下部コロナの極端な温度を説明しています。

99


6番目で最後は、 エレクトリック・サン(電気的太陽)・モデルは、 高速の太陽風における体積、つまり物質の量の変動と、

100


それがかつて 1 日以上遮断されていたことを説明しています。 さて、観測されたこれら6つの事実のどれも、 宇宙論の標準モデルでは説明されていません。

101


それらはすべて、 イオンが経験する電気力に起因します。

102


それらは、全体的なエレクトリック ・ユニバース(電気的宇宙)仮説、 または宇宙論のエレクトリック・ユニバース モデルの 主要な構成要素であるエレクトリック・サン モデルの有効性の主要な証拠です。

103

 

104


標準モデルでは、彼らの目は、 宇宙の明らかな電気の存在に(対して) 大きく見開いたまま、遮蔽されています。

105


しかし、常識を働かせて自分で考える人は、 私たちの真のエレクトリック・ユニバースの素晴らしさを見ることができます。

106


天文学者達が宇宙で実際に起こっていることに 目を向けるまでにどれくらいかかると思いますか?

107


従来の科学は現在も、王、貴族、聖職者からなる 特権階級があった中世の時代の生まれ変わりに住んでいるのですか?

108

 

109


彼らは、すべての権力を握り、 一般の人々は貴族が彼らに言ったことを何でも信じていました。

110


そして、真の実証科学の台頭は、 皇帝が服を着ていないことに十分な数の人々が気づくまで、 何世紀にもわたって現れないでしょう。 (^_^)

111

 

112


―――――――― 

In June of 2022, I offered an explanation of why dark matter doesn't exist.

2022 年 6 月、私はダークマターが、 存在しない理由を説明しました。

 

That line of reasoning came directly from an application of the properties of the Electric Sun model.

この一連の推論は、 エレクトリック・サン(電気的太陽)・モデルの 特性の適用から直接得られたものです。

 

The mainstream, accepted model has no way to describe or explain dark matter.

主流で受け入れられているモデルには、 暗黒物質を記述または説明する方法がありません。

 

I presented that discussion in my latest book “The Interconnected Cosmos”, and also in there are explanations of several other phenomena that can only be understood by referencing the properties of the Electric Sun model.

その議論は、私の最新の著書 「The Interconnected Cosmos(相互接続された宇宙)」で発表しました、 そしてまた、エレクトリック・サン(電気的太陽)・モデルの プロパティを参照することによってのみ 理解できる他のいくつかの現象の説明もあります。

 

One of these is the so-called solar wind.

その一つが、いわゆる「太陽風」です。

 

Now, a gigantic flow of electrically charged particles is more accurately called an electric current.

現在、それらの荷電粒子の巨大な流れは、 より正確には「電流」と呼ばれています。

 

But astronomers had already completely convinced themselves that there was no possibility of separated charges moving through interplanetary space, when in 1962 the Mariner-2 space probe that was on its way to Venus, detected it.

しかし、天文学者たちは、すでに分離した電荷が惑星間空間を 移動する可能性はないと完全に確信していました、 1962年に金星に向かう途中だった マリナー2宇宙探査機が、それを検出したとき。

 

Astronomers didn't know what to make of this.

天文学者たちは、 これをどう解釈すればよいかわかりませんでした。

 

Ignoring the earlier 1908 prediction by Kristian Birkeland that electric corpuscles such as this would indeed be discovered, Eugene Parker named the flow the solar wind, effectively robbing from Birkeland the recognition he so richly deserved for his now validated prediction.

このような電気的小体が実際に発見されるだろうという、 クリスチャン・バークランドによる 1908 年以前の予測を無視して、 ユージーン・パーカーはこの流れを「太陽風」と名付け、 バークランドから、今検証された予測に、 彼の、とても豊かに値する認識を効果的に奪いました。

 

Also naming it a wind, successfully camouflaged its true electrical nature.

また、それを「風」と名付け、 その真の電気的性質をうまくカモフラージュしました。

 

Anyway, later the Ulysses Solar Probe discovered that this wind came in two varieties, an irregular, relatively slow type of flow with speeds of up to 400 kilometers per second - that's not slow - but there's also a fast one with speeds up to twice that, 800 kilometers per second.

ともあれ、後に、ユリシーズ・ソーラー・プローブは、 この風には 2つの種類があることを発見しました、 風速は秒速 400 km に達する不規則で比較的遅いタイプです、 これは遅くはありませんが、最大でその 2 倍の、 毎秒800キロメートルの速いものもあります。

 

So there are two different types, two different speeds of these two different solar winds.

つまり、これら 2つの異なる太陽風には 2つの異なるタイプ、2つの異なる速度があります。

 

The slow one typically comes from the Sun's equatorially-located so-called ’streamer belt’.

遅いものは通常、太陽の赤道に位置する、 いわゆる「ストリーマー・ベルト(吹き流し帯)」から来ます。

 

The fast type comes from the relatively peaceful surface that we see when we look down through coronal holes at the normal surface of the smooth photosphere.

速いタイプは、滑らかな光球の通常の表面で、 コロナホールを通して見下ろしたときに見える 比較的平和な表面から来ています。

 

In my book, I point out “...that some skeptics have made much of the idea that electrons are found in both the fast and slow solar winds along with positive ions.

私の本の中で、私は指摘しています、 「...一部の懐疑論者は、電子が正イオンとともに、 高速太陽風と低速太陽風の両方に見られるという考えを重視しています。

 

Yes. That's true. But that doesn't mean that the net flow of charge is zero.

はい。 それは本当だ。 しかし、それは電荷の正味の流れが ゼロであることを意味しません。

 

In a plasma, electrons and ions are separated.

プラズマでは、 電子とイオンが分離されます。

 

If they weren't, we wouldn't have a plasma, we would have a simple neutral gas flow.”

そうでなければ、プラズマは発生せず、 単純な中性ガスの流れが発生します。」

 

But in interplanetary space they are separated; negative electrons are generally attracted toward the positively charged Sun, and positive ions are repelled by that Sun.

しかし、惑星間空間ではそれらは分離されています;

負の電子は通常、正に帯電した太陽に向かって引き寄せられ、 正のイオンはその太陽によって反発されます。

 

These forces are generally relatively weak.

これらの力は、 一般的に比較的弱いです。

 

An interplanetary electric field of only a few volts or even microvolts per kilometer is sufficient - given that it extends over millions of kilometers to accelerate those solar wind ions to speeds of 400 kilometers per second and 800 kilometers per second.

1キロメートルあたりわずか数ボルト、 またはマイクロボルトの惑星間電場でさえ十分です

- これらの太陽風イオンを秒速 400 キロメートル、 および、秒速 800 キロメートルの速度に加速するために、 数百万キロメートルにわたって広がっていることを考えると。

 

But consider what occurs when an electron, moving in toward the Sun approaches an ion that is moving outward away from the Sun.

しかし、太陽に向かって移動している電子が、 太陽から離れて移動しているイオンに近づくと 何が起こるか考えてみてください。

 

As the ion and the electron get closer to each other, the attractive force between them increases.

これらのイオンと電子が近づくと、 それらの間の引力が大きくなります。

 

The strength of the attractive force applied to the positive ion is exactly equal to the force applied to the electron.

正イオンにかかる引力の強さは、 電子にかかる力とまったく同じです。

 

These are purely attractive electrical forces and they're equal because both particles have exactly the same amount of electric charge and they are of opposite sign.

これらは純粋に引力であり、 両方の粒子が、まったく同じ量の電荷を持ち、 (符号が反対であるため、)等しくなります。

 

But the ion has about 1800 times the mass of the electron.

しかし、イオンの質量は、 電子の約 1800 倍です。

 

It's sort of like a tug-of-war between a mouse running in one direction and an elephant going in the other direction.

それは、一方向に走っているマウスと 他の方向に向かっている象との間の綱引きのようなものです。

 

They're both pulling with the same amount of force on the stretched spring between them.

それらは両方とも、それらの間の 伸びるバネを同じ量の力で引っ張っています。

 

But the elephant- the plus ion - continues merely on his trajectory carrying the poor mouse - the electron - roughly in his direction.

でもゾウ-プラスイオンは -ただ彼の軌跡をたどり続け、 かわいそうなネズミ- 電子を -大まかに彼の方向に連れて行きます。

 

The ion does not capture the electron, because recombination would quench the plasma.

再結合によってプラズマが消滅(枯渇)するため、 イオンは電子を捕捉しません。

 

So the electron often ends up being dragged along by the ion but wildly oscillating around the ion at what is called the “plasma frequency.”

そのため、電子はしばしばイオンに引きずられてしまいますが、 「プラズマ周波数」と呼ばれるものでイオンの周りを激しく振動します。

 

So how does the Electric Sun model explain the two different solar winds?

それでは、電気的太陽モデルは 2つの異なる太陽風をどのように説明していますか?

 

The essence of the Electric Sun is shown in this image.

エレクトリック・サン(電気的太陽)の 本質は、この画像に示されています。

 

In this diagram the horizontal axis of each plot is the radial distance outward from a point just below the Sun's photospheric surface.

この図では、各プロットの横軸は、 太陽の光球面のすぐ下の点から外側への半径距離です。

 

That surface is opaque; we can't see down through it.

その表面は不透明です;

私たちはそれを通して見ることができません。

 

That's why some people think that is a surface.

そのため、 それを表面だと考える人もいます。

 

The top plot shows how the voltage changes as we go out from the surface.

上のプロットは、表面から出るときに 電圧がどのように変化するかを示しています。

 

It isn't really a surface, it's a layer.

これは実際には、 サーフェス(表面)ではなく、1つのレイヤー(層)です。

 

But it's analogous to what we would get if we plotted a cross section of the dam at the end of a reservoir that holds back water.

しかし、これは、水をためている貯水池の端にある ダムの断面図をプロットした場合に得られる結果と似ています。

 

The middle plot shows three different charge layers that create that voltage distribution.

中央のプロットは、その電圧分布を作成する、 3つの異なる電荷層を示しています。

 

They are three very thin concentric spherical shells that surround the Sun.

それらは、太陽を囲む、 3つの非常に薄い同心球状の殻です。

 

The height of those triangular regions that you see, shows the force per unit charge that a positive ion would experience at those various radial distances.

ご覧の三角形の領域の高さは、陽イオンが、 さまざまな半径距離で受ける単位電荷あたりの力を示しています。

 

A positive value of that is an outward force.

その正の値は外向きの力です。

 

So, any ion that can get to a point in the chromosphere (this would be between points b and d), will fall down the voltage hill just like a ball rolls down a hill.

したがって、彩層のある点 (点 b と点 d の間) に到達できるイオンは、 ボールが丘を転がり落ちるように、電圧の丘を下っていきます。

 

Dropping down the voltage hill makes the ion go faster and faster.

電圧の丘を下ると、 イオンはどんどん速くなります。

 

In other words, it accelerates.

つまり、加速します。

 

Its velocity is plotted in the bottom curve.

その速度は、 下の曲線にプロットされています。

 

This next image shows what happens normally, when the level of the most energetic ions within the body of the Sun have just enough energy to leak over the top of the voltage dam.

この次の画像は、太陽の本体内の最もエネルギーの高いイオンのレベルが、 電圧ダムの上部に漏れるのに十分なエネルギーを持っているときに、 通常何が起こるかを示しています。

 

The purple is the water and you can see it just being a little higher than the photospheric tuft and it's leaking over the top there.

紫は水で、光球の房より少しだけ高く、 そこから漏れているのがわかります。

 

If the effective height of the dam can be varied, the volume - that's called the density flow; how much stuff is flowing there – can be varied.

ダムの有効な高さを変えることができる場合、 体積 - これは密度流と呼ばれます;

そこにどれだけのものが流れているか –は、変化する可能性があります。

 

This flow, as it passes out of the image toward the lower right, experiences turbulence.

この流れは、画像から、 右下に向かって通過するときに、「乱流」を経験します。

 

This is measured as the temperature of the ion flow; this creates the anomalous extremely high temperature of the lower corona that begins here something like two million Kelvin.

これは、イオン流の温度として測定されます;

これにより、下部コロナの異常な超高温が発生し、 ここから 200 万ケルビンといった温度が発生します。

 

Clearly our dam on the Sun is electrical; Not made of steel and cement that holds back a fluid.

明らかに、太陽のダムは電気的です; 液体を保持する鋼とセメントでは、できていません。

 

It's made from what astronomers call photospheric granules.

それは、天文学者達が 「光球圏粒子(光球圏顆粒)」と呼ぶものから作られています。

 

But plasma scientists call them anode tufts.

しかし、プラズマ科学者達は、 それらを「陽極タフト(陽極房)」と呼んでいます。

 

The flow, as it moves off to the right is called the fast solar wind.

右にずれていく、 この流れを「高速太陽風」といいます。

 

Its velocity is due solely to the height of the dam - the height of the voltage drop through which the ions fall.

その速度はダムの高さにのみ起因します

- イオンが落下する電圧降下の高さです。

 

Its density, that is how many amperes it contains or how many gallons per minute are flowing, is controlled by the height of the floodgate, the little floodgate at the top and a very minor movement of that floodgate can really change the amount of the flow.

その密度、つまり、それに含まれるアンペア数、 または毎分何ガロンが流れているかは、 水門の高さ、上部の小さな水門、および その水門の非常にわずかな動きによって制御され、 実際に流れの量を変更できます。

 

The solar wind actually stopped for a day or two a few years ago. How?Why?

太陽風は、実際に数年前に 1 日か 2 日停止しました。 どうやって?なんで?

 

Did somebody raise the floodgate and cut the water flow?

誰かが水門を上げて 水の流れを止めましたか?

Needless to say the Standard Model has no explanation for this phenomenon, but the Electric Sun does.

言うまでもなく、 標準モデルにはこの現象の説明がありませんが、 エレクトリック・サン(電気的太陽)には説明があります。

 

The higher the face of the dam, the greater the velocity of the water when it gets to the bottom. It's just that simple.

ダムの面が高いほど、 水が底に達するときの速度が速くなります。 それはとても簡単です。

But what happens if in some region the dam is taken away?

しかし、ある地域でダムが 撤去されたらどうなるでしょうか?

 

You visualize, somebody blows a hole in the dam, or the dike breaks.

誰かが、ダムに穴を開けたり 堤防が壊れたりするのを視覚化してください。

 

Then water, or ions in our case, would flood out from the reservoir.

そうすると、水、または私たちの場合はイオンが、 貯水池から溢れ出します。

 

The density of the flood would be greater, more gallons per second, more amperes.

洪水の密度はより大きくなり、 1 秒あたりのガロン数、アンペア数が増加します。

 

But the velocity would be lower because the stuff would be falling from a lower height.

しかし、物体=スタッフ達は、 より低い高さから落下するため、速度は遅くなります。

 

Not over the top of the dam wall which is way up high.

はるかに高い、 ダムの壁の上からではありません。

 

The lower voltage in the real case, a lower height from the water analogy.

実際の場合の、より電圧が低い状態は、 水のアナロジー(類推)からは低い高さです。

 

The real explanation is obvious from this diagram.

本当の説明は この図から明らかです。

 

This is the same cross section we saw earlier, but a sunspot is a place where there is no photospheric tuft to create a dam.

これは先ほど見たのと同じ断面ですが、 黒点はダムを作る光球タフト(房)がない場所です。

So, if you remove the black line, all you're left with is the interior of the Sun.

したがって、黒い線を取り除くと、 太陽の内部だけが残ります。

 

There is at voltage V1 on the vertical axis and the ions - you can see the red curve – just flood outward from that out toward the lower corona.

縦軸に電圧 V1があり イオンは、- 赤い曲線で見える様に

– そこから下部のコロナに向かって外側にあふれます。

 

They're not restrained in any way as the path of the ions coming through the granules, the ones on the top, they have to get up over that higher voltage V2.

それらは、粒子を通過するイオンの経路として、 いかなる方法でも拘束されていません、 上部にあるイオンは、より高い電圧 V2 を超えなければなりません。

 

And then they fall higher - it's steeper - drop down to where they created some turbulence.

そして、彼らは高くから落ちます - それはより急です - 彼らが乱流を作り出した場所へ、ドロップダウンします。

 

But anyway, a Sunspot is a place where there are no photospheric tufts to create the dam and the Sun's internal energy, being that voltage V1 and the energy level of the dam itself is V2, so in a Sunspot the internal ions are unrestrained and are able to get out of the Sun by just falling from level V1.

しかし、とにかく太陽黒点は、 ダムと太陽の内部エネルギーを作り出すための 光球圏のタフト(房)がない場所であり、その電圧はV1です、 ダム自体のエネルギー準位はV2ですが、 黒点では内部のイオンは拘束されないので、 レベルV1から落ちるだけで太陽から出ることができます。

 

So they aren't going as fast as those that fall all the way down from level V2.

だから彼らは、 レベル V2 からずっと下がっているものとして、 落ちるので、それほど速くは進んでいかない。

 

And this is how the slow solar wind is created from sunspots.

そして、これが太陽黒点から ゆっくりとした太陽風が作られる仕組みです。

 

The voluminous but relatively slow moving ions of the slow solar wind flow easily up and out of a sunspot.

ゆっくりとした太陽風のイオンは、 大量ではあるが比較的動きが遅く、 黒点から容易に上昇し、外に出ます。

 

So we see here the same region of the Sun in all three images.

だから我々はここで、 3つの画像すべてで太陽の同じ地域を見ています。

The top picture is the photosphere which is the innermost layer that is closest to the center of the Sun, the one that's at lowest solar altitude, if you want to think of it that way, and it obviously includes a beautiful big sunspot group.

一番上の写真は、太陽の中心に 最も近い最も内側の層である光球です、 あなたがそのように考えたいのであれば、 それは、最も低い太陽高度にあるもので、 明らかに美しい大きな黒点グループを含んでいます。

The middle picture is taken at a slightly higher level than the one at the top, and it's of the chromo-sphere.

真ん中の写真は、 上の写真より少し高い位置から撮ったクロモスフィア(彩層)です。

 

In reality that's of course above the photosphere.

実際には、 それはもちろん光球の上にあります。

 

And the bottom picture is higher still in altitude, and it's a picture of the lower part of the corona which extends outward from that point out to those several radiuses of the values of the Sun.

そして下の写真はさらに高度が高く、 コロナの下部の写真で、 その点から太陽の半径の数倍まで外側に伸びています。

 

So the layer that's at the lowest altitude on the Sun, the photosphere at the top in this image, and the layer that's located at the highest solar altitude, the lower corona, appears in the bottom of the image.

したがって、太陽の最も低い高度にある層、 光球は、この画像の最上部にある層で、 太陽高度が最も高い下部コロナにある層が、 画像の最下部に表示されます。

You can see the effect of ions that pour up from the sunspots.

黒点から注ぎ込まれるイオンの 影響を見ることができます。

 

They create a high level of turbulence when they enter the chromosphere and even more when they hit the lower corona, so you can see they're white.

それらは彩層に入るときに 高レベルの乱流を生み出し、 そして、彼らが下部のコロナに当たったとき、さらに乱流がおき、 あなたは彼らが白であるのを見ることができます。

 

The photosphere is covered by granulation. 光球は「造粒」で覆われています。

 

It consists of closely packed plasma tufts.

それは密集した プラズマ・タフト(房)で構成されています。

 

The chromosphere is a layer that begins about 250 miles above the photosphere and it's about a thousand miles thick.

彩層は、光球の約 250 マイル上から始まる層で、 厚さは約 1,000 マイルです。

 

The lower corona begins just above the chromosphere and it extends outward a distance of several solar radii.

下部コロナは彩層のすぐ上から始まり、 太陽半径の数倍の距離に外側に伸びています。

The dark region at the bottom left of this image is a coronal hole.

この画像の左下にある暗い領域は、 コロナル・ホール(冠状穴)です。

 

It's simply an area in the Sun's corona that's located above a nice normal quiescent photospheric region that is devoid of any sunspots or other irregularities.

それは単に、黒点やその他の不規則性がない、 通常の静止光球領域の上に位置する太陽のコロナ内の領域です。

These holes are associated with quiet Sun.

 

これらの穴は、 静かな太陽に関連付けられています。

 

It may seem to an inexperienced person and to some scaremongers on the internet that coronal holes are something to be feared or worried about. they aren't.

経験の浅い人や、インターネット上の一部の、怖がらせ屋には、 コロナ ホールは、恐れられたり、心配されたり、するものと思われるかもしれません。 そうではありません。

 

They're just not disturbed regions from which coronal mass ejections or any other violent ejections of matter usually emanate.

それらは、コロナ質量放出やその他の物質の 激しい放出が通常発生する乱れた領域ではありません。

 

They're peaceful regions more than any other area such as the streamer belt.

それらは、ストリーマー・ベルト(吹き流し帯)などの、 どの地域よりも平和な地域です。

 

It's a normal region on the Sun where the photosphere has a smooth appearance and tufting is relatively uniform and undisturbed.

これは、光球が滑らかな外観を持ち、 タフティングが比較的均一で阻害されていない、太陽の通常の領域です。

 

And that's where the fast solar wind comes from.

 

そして、そこから 高速の太陽風が発生します。

 

Please summarize the important properties of the so-called solar wind.

いわゆる太陽風の 重要な性質をまとめさせてください。

 

First, there's a factor of two difference between the maximum velocities of the two winds.

第一に、2つの風の 最大速度には、2 倍の差があります。

 

Secondly, the density of the slow wind is well over that of the fast wind.

第二に、遅い風の密度は、 速い風の密度をはるかに上回っています。

 

The amount of matter, the amount of stuff, in the slow wind is 85 percent greater than in the more controlled fast wind.

ゆっくりとした風での物質の量、=スタッフの量は、 より制御された速い風よりも 85 パーセント多くなります。

 

Slow wind just pours out of an open hole, so that's why there's more material in it.

開いた穴からゆっくりと風が注ぎ出すので、 穴の中に材料(=物質)が多く入っています。

 

Thirdly, temperature is a measure of the random excitement motion of the particles in a plasma.

第三に、温度は、 プラズマ中の粒子のランダムな励起運動の尺度です。

 

In the fast wind this level is six times greater than in the slow wind.

速い風では、このレベルは、 遅い風よりも 6 倍大きくなります。

 

In the fast wind, ions collide forcefully with the bottom of their great fall.

速い風の中では、 イオンは大滝の底に勢いよく衝突します。

 

Slow wind ions easily escape without falling through a great voltage drop, so they're not as turbulent as the as the fast solar wind.

遅い風のイオンは、大きな電圧降下を起こさずに 簡単に逃げるため、速い太陽風ほど乱れません。

 

Fourth, the random motions of electrons in the two winds are relatively in the same order of magnitude, the slow wind electrons being only about 30 percent more excited than those in the fast wind.

第 4 に、2つの風における電子のランダムな動きは、 相対的に同じオーダーの大きさであり、 遅い風の電子は、速い風の電子よりも余分に約30%しか励起されません。

 

But this observation was made at roughly Earth's distance from the Sun.

しかし、この観測は、 太陽からほぼ地球の距離で行われました。

If you realize that the electrons in both winds at that point are coming in toward the Sun from the outer regions of the solar system.

その時点での両方の風にある電子は、 太陽系の外側の領域から太陽に向かって 入ってくることに気付くかもしれません。

And so, they have not yet been through the mixing effects, the scrambling effects of the tuft voltage drops just above the photosphere.

そして、彼らはまだ、 タフトの電圧が光球のすぐ上で低下する ミキシング効果、スクランブル効果を経ていません。

That lies in their future when they get closer in.

それは彼らが、より近づいたときの 彼らの未来に待ち受けています。

Fifth, in the Electric Sun model the turbulence of the fast wind ions is caused by their falling through this high voltage drop.

第 5 に、エレクトリック・サン(電気的太陽)モデルでは、 高速の風のイオンの乱流は、この高電圧降下を 通って落下することによって引き起こされます。

 

And that explains the extreme temperature of the lower corona which has baffled astronomers for decades.

そしてそれは、 何十年もの間天文学者達を困惑させてきた 下部コロナの極端な温度を説明しています。

Sixth and final, the Electric Sun model explains the fluctuations in the volume, that is to say the quantity of material, in the fast solar wind and how it once was cut off for more than a day.

6番目で最後は、 エレクトリック・サン(電気的太陽)・モデルは、 高速の太陽風における体積、つまり物質の量の変動と、 それがかつて 1 日以上遮断されていたことを説明しています。

 

Now, none of these six observed facts are explained by the Standard Model of cosmology.

さて、観測されたこれら6つの事実のどれも、 宇宙論の標準モデルでは説明されていません。

 

They all result from electrical forces that the ions experience.

それらはすべて、 このイオン達が経験する電気力に起因します。

 

They're prime pieces of evidence of the validity of the Electric Sun model which is a major component of the overall Electric Universe hypothesis or the Electric Universe model of cosmology.

それらは、全体的なエレクトリック ・ユニバース(電気的宇宙)仮説、 または宇宙論のエレクトリック・ユニバース モデルの 主要な構成要素であるエレクトリック・サン モデルの有効性の主要な証拠です。

 

In the Standard Model their eyes are wide shut to the obvious presence of electricity in the cosmos.

標準モデルでは、彼らの目は、 宇宙の明らかな電気の存在に(対して) 大きく見開いたまま、遮蔽されています。

 

But those that use common sense and think for themselves can see the magnificence of our truly Electric Universe.

しかし、常識を働かせて自分で考える人は、 私たちの真のエレクトリック・ユニバースの素晴らしさを見ることができます。

 

How long do you think it'll be before astronomers open their eyes to what is actually going on in the cosmos?

天文学者達が宇宙で実際に起こっていることに 目を向けるまでにどれくらいかかると思いますか?

 

Is conventional science presently living in a reincarnation of the middle ages, where there was a privileged class, consisting of the king, the nobles and the clergy who held all the power and the general population believed whatever nobility told them?

従来の科学は現在も、王、貴族、聖職者からなる 特権階級があった中世の時代の生まれ変わりに住んでいるのですか? 彼らは、すべての権力を握り、 一般の人々は貴族が彼らに言ったことを何でも信じていました。

 

And the ascendance of real empirical science would not emerge for many centuries to come, until enough people caught on that the emperor had no clothes.

そして、真の実証科学の台頭は、 皇帝が服を着ていないことに十分な数の人々が気づくまで、 何世紀にもわたって現れないでしょう。 (^_^)

00:16:17,590 --> 00:16:37,250

――――――― 

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Mel Acheson・・ Playing with Time Thinking ・・ Thunderbolts メル・アチソン・・時間思考で遊ぶ・サンダーボルツ]

プラズマの挙動を認識することで、 すべての答えが変わります。

1


このストーリー・アークの以前のエピソードで、 ガスと重力の概念よりも大きなサイズと力と複雑さの領域に 説明の機会がどのように拡大されるかについて概説しました。

2


ますます大きなイベントが、より速く、 不連続な変化と個々の要素には存在しない 創発的な特性で、起こる可能性があります。

3

 

それは私たちの何を考えるかにともなう、 私たちの考える方法を変えます。

4


考え方の変化は、 物理科学の根底にある形而上学的な仮定だけでなく、 歴史などの他の思想分野の仮定にも影響を与えます。

5


それは、過去の考え方だけでなく、 現代の考え方にも影響を与えます。

6


このエピソードでは、 最近の数世紀の考え方を、いじります(遊びます)。

7


高速化の1つの意味は、 歴史の短縮です。

8


私たちが現在語る物語である古代史は、 主に支配者によって、支配者のために書かれた テキストの現在の解釈に基づいています。

9


彼らの目的が出来事を客観的かつ冷静に説明することではなく、 王を正当化し、称賛することであったことは周知の事実です。

10


記録よりもプロパガンダと呼ぶ方が正確です。

11


それらに多くのパラドックスが 含まれていることは驚くべきことではありません。 これらのパラドックスは、 層序に基づく大変動のベンチマーク(基準となるものの)の改訂 によって部分的に解決される可能性があります。

12


たとえば、歴史 - 私は歴史群と言うべきです、 いくつかの相反する歴史があるものだからです、 - ローマ帝国は、主にお互いの繰り返しである 3つのエピソードを説明しているようです。

13


名前は似ているが、場所や時代が異なり、 同様の活動に従事し、同様の順序で互いに成功しました。

14


遺跡の層序は常に混乱しています; それはあたかも地層が、未知の暗黒時代、 歴史家にとって、天文学者暗黒物質に相当する その時代の後にも繰り返されたかのようです。

15

 

16


そして、各エピソードの終わりには、 壊滅的な破壊と、彗星、血まみれのオーロラ、 疫病、地震の物語が記されていました。

17


各エピソードは 異なる地域にありました。

18


東方の初期帝国は、西暦3世紀に崩壊しました。

19


ヨーロッパ中部帝国は6世紀に崩壊し、 イタリア周辺の後期帝国は10世紀に崩壊しました。

20

 

21


Q-mag.org で見られる1つの改訂では、 3つのエピソードが、3つの地域で同時に発生し、 地域の特徴と習慣とともに記録されたことが提案されています。

22


その後、歴史家達は、それらを一連の、 通時的につなぎ合わせました。

23


このベンチマーク(基準となるもの)は崩壊です、 世界的ではないにしても単一の地域的な大変動でした。

24


樹木の年輪やその他の物理的異常が、 それらの年代に関連付けられていることを示唆しており、 崩壊が環境的であると同時に文明的なものでもあったことを示しています。

25


修正主義者の提案は、西暦の最初の千年紀は実際には、 3世紀から4世紀しか続かなかったというものです。

26


他の修正主義者は、2千年紀の最初の3世紀に、 同様のことが起こったと主張している。

27


これらすべての改訂が維持されれば、 共通の時代の期間は半分に短縮されるでしょう。

28


さらに、同様の壊滅的な ベンチマークを念頭に置いた他の層序調査は、 BCE(紀元前)の歴史を改訂する必要性を示唆しています。

29

 

30


さまざまな地域でさまざまな時期に割り当てられた、 同様のイベントや同様の名前のインスタンス(=例)が多数あります。

31

 

32


多くの文明は、火事や地震による、 すべてを焼き尽くす荒廃の中で、 突然崩壊し、同様の地層を残しました。

33


繰り返しになりますが、 すべての改訂が維持されると、 その時代の約 3,000年は崩壊して、 1,000 年程度の何かになります。

34

 


全体として、従来の 5000 年の西洋の歴史は、 実際には 2000 年しか続かなかったでしょう。

35


繰り返しますが、私が言いたいのは、 これらの驚くほど極端な修正を主張することではなく、 プラズマの振る舞いと、より大きく、より速い世界観によって、 暗示された、より広い感性のより広範な可能性を示唆することです。

36


宇宙プラズマ現象のエネルギー分布が、べき乗則に従うならば、 低エネルギーのイベントが、高エネルギーのイベントよりも一般的になり、 壊滅的なエピソードは、より穏やかで破壊的なイベントよりも散在することになります。

37


たとえば、 1859年の、キャリントン・イベントは、 太陽フレアに起因するとされています。

38


フレアは磁気嵐を引き起こし、他の影響の中でも特に、 最近建設された電信網に異常な電流を引き起こしました。

39

 

40


ワイヤーとサポートの間で火花が飛びました; オペレーターは感電ショックを受け、 一部の人は電源から切断した後にもメッセージを送信できました。

41


2012年の、同程度の規模のフレアは、 9日間のズレで地球に届かなかった。

42


キャリントンのイベントと同じ強度でヒットしていたら、 電力網と配電所をノックアウトしていたでしょう、 そして、おそらく多くの電子機器を傷つけました。

43


それは破壊的だったでしょうが、 帝国を終わらせるほど壊滅的なものではありませんでした。

44


1871 年のシカゴ大火は、 無視された報告がほぼ正確であるとすれば、 さらに北のペシュティゴ火事と同時刻に発生しました。

45

 

46


ほぼ同時に、大草原で大規模な火災が発生したという話が、 平原のワナ猟師や入植者達から少しずつ戻ってきました。

47


全体として、これらの報告は、 ウィスコンシンからロッキー山脈に至る 北部の平原を覆う大火の発生を示唆しています。

48


サンフランシスコから 奇妙な火災の報告がいくつかありました。

49


一部の目撃者は、火の竜巻が空から降りてきて、 木造と石造りの建物が同様に焼失したと主張しました。

50


一部の犠牲者達は、 焼けていない畑で死亡しました。

51


また、何人かの死体には、ポケットに、 刻印の無い、溶けた硬貨が入っていた。 これのどの程度が、 火災によって誘発された空想であり、 そして、宇宙からの領域全体のプラズマ放電の、 これまで認識されていなかった影響はどれくらいあるのでしょうか?

52

 

53


故意の信念と不信を脇に置いて、 これらの物語はどのようにテストされるでしょうか?

54


1871 年には、シカゴを除いて、 そのようなレポートは娯楽でした。

55


国の大部分がシカゴになった、今日、 そのような出来事は壊滅的なものになるでしょう。

56


世界的な壊滅的な出来事が起こると、 誰もが否定、記憶喪失、強迫的な反復や行動など、 トラウマによって引き起こされる典型的な行動で反応するようになります。

57


トラウマにより固定された、 心理的な結び目は、無意識で長続きします。

58


それは、伝統と文化によって伝えられる、 世界中の同様のイメージと民間伝承を生み出します。 おそらく、何らかの遺伝的メカニズムによるものでしょう。

59


多くの心理学者の中でも、カール・ユングは、 彼の患者の何人かは、彼らが日常生活では、 おそらく見たことのない古代や神話からの画像を 再現していることを発見しました。

60

 

61


神話の時代からの、 抑圧されたグローバルトラウマの神経症的行動の出現は、 健忘症と否認、および対照的な行動の欠如によって隠されます。

62

 

63


誰もがそれをします。

64


しかし、それは神々の戦争についての 古い魅力的な物語を模倣することになります。

65


なぜ彼らは、 グリップする(魅惑される)のですか? 狂ったように私たちを襲う、人類の現在の行動の多く - 戦争、多くの政治、多くの宗教、さらには多くの科学でさえ - それらは、それほど遠くない過去に起きた トラウマ的な世界的大惨事の神経症的結果かもしれません。

66

 

67

 

68


その一例が、 中央集権化とヒエラルキーという、 神話的なテーマの遍在性かもしれません。

69


中心から力を放つ神々の天都。

70


神話の強迫観念は、「上の如く、下にも。」です。 私たちは神々に倣わなければなりません。

71


そのため、人々は、市の中心部は塔が支配し、 郊外に囲まれている中心に配置された都市を建設します。

72

 

73


彼らは社会を一元的に組織します、 1人のルールを決める者に命令された州(くに) - 国王、大統領、さらには1人の官僚でさえも- 頂点にして。

74


彼らは軍の指揮系統に連隊を組みます。

75


彼らの家族構成は、家父長制、父の支配のパターンに従います。

76


強迫観念は、接尾辞 ‐archy、rule、他者に対する力の行使、 に封じ込められています、神々が私たちの祖先に対してしたように、 内発的発達または相互協力または共生とは区別されるものとして。

77


人々は、それは、全く自然な事だと言う; 他の動物種もそれらをします。

78

 

79


しかし、それは全球的なトラウマの意味です。 すべての種は、心に傷を負っているでしょう。

80


階層の外では、厳密に言えば、 生命のほとんどの組織はネットワーキングです。

81


誰かが電力を供給したものだ、と人々は言うが、 誰が、花を咲かせるように命じたのでしょうか?

82

 

83


私たちは、そのような出来事を認識できたとしても、 遠く離れた場所や遠い昔に起因するものだと考えたいと思っています。

84


私たちの世界は安定しており、 そのような大変動はありえないと信じたいのです。

85


しかし、プラズマ宇宙では、 それらは私たちに影響を与えます。 トラウマ的な出来事は最近のものであり、 繰り返される可能性が高くなります。 私たちの PTSD は、 私たちが認めているよりも、 強力で、より蔓延しています。

86


この恐怖は、より切実です。

87


抑圧された記憶は、 迫り来る終末への不安の中で漏れ出します。 気候変動、パンデミック、核戦争、飢饉、文明の崩壊。

88


同時に、ガスと重力の宇宙論からの移行は、 その理解における私たちの誤った確信を揺るがします。

89


プラズマと電気的宇宙論の成り立ちにおける 斬新でより大きな理解には、不確実性があふれています。

90


私たちはまだ始まったばかりであり、 プラズマについて私たちが知っていると思っていることは、 現時点ではほんの一部にすぎません。

91


私たちの世界は、 もはや以前ほど意味がありません。

92


そうは言っても、人間性神経症かもしれませんが、 物議を醸す論争の的となっている精神科医である トーマス・サーズが書いたことを思い出さなければなりません、 「精神科医にとっては神経症が問題ですが、 患者にとっては神経症が解決策です。」

93

 

94

 

95


神経症は最適ではありませんが、 対処または適応メカニズムです、生存を助けます。

96


人類の問題が何であるかを理解するには、 表面的な類似点よりもはるかに深く掘り下げる必要があります。

97


起こった可能性のある全球的なトラウマを考えると、 私たちは自分自身に厳しすぎるべきではありません。

98


私たちはかなりうまくやっています。 私たちは、答え、を切望していますが、 現時点で必要なのは、幾らかの、質問です。

99


私たちに必要なのは、 観察力を高めてきた様に、 考える機会を広げることです。 

100


例えば、ビッグバン思考に伴ったパロマー望遠鏡は、 ジェームズ・ウェッブ望遠鏡に拡張されました。

102


しかし、そのイメージはまだ ビッグバンの考え方で解釈されています。

103


私たちは、願望の行為によってのみ得られる確実性を切望し、 そして、信念に飛び込み、その結果、思考の機会が制限されます。

104


私たちが必要としているのは、疑いです、 特に現代科学の信念によって強化されたドグマに関して。

105

 

106


私たちが必要としているのは、 これを、あまり真剣に考えすぎないことです。

107


私たちは思考で遊ぶ必要があります。(^_^)

108


―――― 

Awareness of plasma behavior changes everything.

プラズマの挙動を認識することで、 すべての答えが変わります。

 

I've outlined in the previous episodes of this story arc how it expands explanatory opportunities into domains of greater size and power and intricacy than is possible with ideas of gas and gravity.

このストーリー・アークの以前のエピソードで、 ガスと重力の概念よりも大きなサイズと力と複雑さの領域に 説明の機会がどのように拡大されるかについて概説しました。

More and bigger events can happen faster and with discontinuous changes and emergent properties not present in individual elements.

ますます大きなイベントが、より速く、 不連続な変化と個々の要素には存在しない 創発的な特性で、起こる可能性があります。

It changes how we think along with what we think.

それは私たちの何を考えるかにともなう、 私たちの考える方法を変えます。

The change in thinking will affect not only the underlying metaphysical assumptions of the physical sciences, but also those of other areas of thought such as history.

考え方の変化は、 物理科学の根底にある形而上学的な仮定だけでなく、 歴史などの他の思想分野の仮定にも影響を与えます。 5

It affects not only past thinking, but also modern thinking.

それは、過去の考え方だけでなく、 現代の考え方にも影響を与えます。

In this episode we'll be playing with the recent centuries’ thinking.

このエピソードでは、 最近の数世紀の考え方を、いじります(遊びます)。

One implication of faster is a shortening of history.

高速化の1つの意味は、 歴史の短縮です。

Ancient history, which is stories we tell in the present, is based largely on our present interpretations of texts, which were written by and for the rulers.

私たちが現在語る物語である古代史は、 主に支配者によって、支配者のために書かれた テキストの現在の解釈に基づいています。

It's no secret that their purpose was not to produce an objective and dispassionate account of events, but to justify and to glorify the king.

彼らの目的が出来事を客観的かつ冷静に説明することではなく、 王を正当化し、称賛することであったことは周知の事実です。

10

It's more accurate to call them propaganda than records. 記録よりもプロパガンダと呼ぶ方が正確です。

11

It's not surprising that they contain many paradoxes.

それらに多くのパラドックスが 含まれていることは驚くべきことではありません。

Those paradoxes may be partly resolved with stratigraphy-based and cataclysm benchmark revisions.

これらのパラドックスは、 層序に基づく大変動のベンチマークの改訂 によって部分的に解決される可能性があります。

12

For example, the history - I should say histories, because there are several conflicting ones - of the roman empire seems to describe three episodes that are largely repeats of each other.

たとえば、歴史 - 私は歴史群と言うべきです、 いくつかの相反する歴史があるものだからです、 - ローマ帝国は、主にお互いの繰り返しである 3つのエピソードを説明しているようです。

13

Emperors with similar names, but in different locations, and assigned to different times, engaged in similar activities and succeeded each other in similar sequences.

名前は似ているが、場所や時代が異なり、 同様の活動に従事し、同様の順序で互いに成功しました。

14

The stratigraphy of the ruins has always been confusing; it's as if strata also repeated themselves after an unknown dark age, the historian's equivalent of the astronomer’s dark matter.

遺跡の層序は常に混乱しています;

それはあたかも地層が、未知の暗黒時代、 歴史家にとって、天文学者暗黒物質に相当する その時代の後にも繰り返されたかのようです。

15

16

And the end of each episode was marked by catastrophic destruction and tales of comets, bloody auroras, plagues and earthquakes.

そして、各エピソードの終わりには、 壊滅的な破壊と、彗星、血まみれのオーロラ、 疫病、地震の物語が記されていました。

17

Each episode was located in a different region.

各エピソードは 異なる地域にありました。

18

The Early Empire in the East collapsed in the 3rd century CE. 東方の初期帝国は、西暦3世紀に崩壊しました。

19

The Middle Empire in Europe collapsed in the 6th century CE, and the Late Empire, around Italy, collapsed in the 10th century CE.

ヨーロッパ中部帝国は6世紀に崩壊し、 イタリア周辺の後期帝国は10世紀に崩壊しました。

20

21

One revision, to be found at Q-mag.org, proposes that the three episodes occurred simultaneously in the three regions and were recorded with the regional characteristics and customs.

Q-mag.org で見られる1つの改訂では、 3つのエピソードが、3つの地域で同時に発生し、 地域の特徴と習慣とともに記録されたことが提案されています。

22

Afterward, historians stitched them together diachronically in a sequence.

その後、歴史家達は、それらを一連の、 通時的につなぎ合わせました。

23

The benchmarks are collapses, which were a single, regional if not global, cataclysm.

このベンチマークは崩壊です、 世界的ではないにしても単一の地域的な大変動でした。

24

Suggestively, tree ring and other physical anomalies have been associated with those dates, indicating that the collapse was environmental, as well as civilizational.

樹木の年輪やその他の物理的異常が、 それらの年代に関連付けられていることを示唆しており、 崩壊が環境的であると同時に文明的なものでもあったことを示しています。

25

The revisionist proposal is that the first millennium of the common era actually had a duration of only three to four centuries.

修正主義者の提案は、西暦の最初の千年紀は実際には、 3世紀から4世紀しか続かなかったというものです。

26

Other revisionists contend that something similar happened with the first three centuries of the second millennium.

他の修正主義者は、2千年紀の最初の3世紀に、 同様のことが起こったと主張している。

27

If all these revisions hold up, the duration of the common era would be cut in half.

これらすべての改訂が維持されれば、 共通の時代の期間は半分に短縮されるでしょう。

28

Furthermore, other stratigraphic investigations with similar catastrophic benchmarks in mind, suggest the necessity of revising BCE history.

さらに、同様の壊滅的な ベンチマークを念頭に置いた他の層序調査は、 BCE(紀元前)の歴史を改訂する必要性を示唆しています。

29

30

There are many instances of similar events, and similar names, in different regions and assigned to different times.

さまざまな地域でさまざまな時期に割り当てられた、 同様のイベントや同様の名前のインスタンス(=例)が多数あります。

31

32

Many civilizations collapsed suddenly in all-consuming devastations of fire and earthquake and they left similar strata.

多くの文明は、火事や地震による、 すべてを焼き尽くす荒廃の中で、 突然崩壊し、同様の地層を残しました。

33

Again, if all revisions hold up, the three millennia or so of that era would collapse into something on the order of one millennium.

繰り返しになりますが、 すべての改訂が維持されると、 その時代の約 3,000年は崩壊して、 1,000 年程度の何かになります。

34

In total, the conventional five millennia of western history actually would have lasted only two millennia.

全体として、従来の 5000 年の西洋の歴史は、 実際には 2000 年しか続かなかったでしょう。

35

Again, my point is not to argue for these shockingly extreme revisions, but to suggest the more extensive possibilities of the wider sensibilities implied by plasma behavior and a larger and faster world- view.

繰り返しますが、私が言いたいのは、 これらの驚くほど極端な修正を主張することではなく、 プラズマの振る舞いと、より大きく、より速い世界観によって、 暗示された、より広い感性のより広範な可能性を示唆することです。

36

If the energy distribution of space plasma phenomena follows a power law, lower-energy events would be more common than higher-energy ones, and the catastrophic episodes would be interspersed with more moderate disruptive events.

宇宙プラズマ現象のエネルギー分布が、べき乗則に従うならば、 低エネルギーのイベントが、高エネルギーのイベントよりも一般的になり、 壊滅的なエピソードは、より穏やかで破壊的なイベントよりも散在することになります。

37

For example, the Carrington event of 1859 has been attributed to a solar flare.

たとえば、 1859年の、キャリントン・イベントは、 太陽フレアに起因するとされています。

38

The flare caused a magnetic storm that, among other effects, induced anomalous currents in the recently erected telegraph network.

フレアは磁気嵐を引き起こし、他の影響の中でも特に、 最近建設された電信網に異常な電流を引き起こしました。

39

40

Sparks flew between the wires and supports; operators were shocked and some were able to send messages after disconnecting from the power sources.

ワイヤーとサポートの間で火花が飛びました;

オペレーターは感電ショックを受け、 一部の人は電源から切断した後にもメッセージを送信できました。

41

In 2012 a flare of similar magnitude missed the earth by nine days.

2012年の、同程度の規模のフレアは、 9日間のズレで地球に届かなかった。

42

If it had hit with the same intensity as the Carrington event, it would have knocked out power grids and distribution stations and perhaps have damaged many electronics.

キャリントンのイベントと同じ強度でヒットしていたら、 電力網と配電所をノックアウトしていたでしょう、 そして、おそらく多くの電子機器を傷つけました。

43

That would have been disruptive, but not empire-ending catastrophic.

それは破壊的だったでしょうが、 帝国を終わらせるほど壊滅的なものではありませんでした。

44

The Great Chicago Fire of 1871, if neglected reports are anywhere close to accurate, occurred at the same time to the hour as the Peshtigo Fire, farther to the north.

1871 年のシカゴ大火は、 無視された報告がほぼ正確であるとすれば、 さらに北のペシュティゴ火事と同時刻に発生しました。

45

46

Stories of widespread prairie fires at about the same time trickled back from trappers and homesteaders on the plains.

ほぼ同時に、大草原で大規模な火災が発生したという話が、 平原のワナ猟師や入植者達から少しずつ戻ってきました。

47

Altogether, the reports suggest the occurrence of a conflagration that covered the northern plains from Wisconsin to the Rockies.

全体として、これらの報告は、 ウィスコンシンからロッキー山脈に至る 北部の平原を覆う大火の発生を示唆しています。

48

A few reports of strange fires came from San Francisco.

サンフランシスコから 奇妙な火災の報告がいくつかありました。

49

Some eyewitnesses claimed that tornadoes of fire descended from the sky, and that wood and stone buildings alike were consumed.

一部の目撃者は、火の竜巻が空から降りてきて、 木造と石造りの建物が同様に焼失したと主張しました。

50

Some victims fell dead in unburned fields.

一部の犠牲者達は、 焼けていない畑で死亡しました。

51

And some bodies were unmarked, but had coins in their pockets that were melted.

また、何人かの死体には、ポケットに、 刻印の無い、溶けた硬貨が入っていた。

How much of this might be fire-induced fantasy, and how much might be the previously unrecognized effects of a region-wide plasma discharge from space?

これのどの程度が、 火災によって誘発された空想であり、 そして、宇宙からの領域全体のプラズマ放電の、 これまで認識されていなかった影響はどれくらいあるのでしょうか?

52

53

Setting willful belief and disbelief aside, how might these stories be tested?

故意の信念と不信を脇に置いて、 これらの物語はどのようにテストされるでしょうか?

54

In 1871 such reports were entertainment, except in Chicago.

1871 年には、シカゴを除いて、 そのようなレポートは娯楽でした。

55

Today, when much of the country has become Chicago, such an event would be catastrophic.

国の大部分がシカゴになった、今日、 そのような出来事は壊滅的なものになるでしょう。

56

A global catastrophic event would cause everyone to respond with typical trauma-induced behavior such as denial, amnesia and compulsive repetition or acting out.

世界的な壊滅的な出来事が起こると、 誰もが否定、記憶喪失、強迫的な反復や行動など、 トラウマによって引き起こされる典型的な行動で反応するようになります。

57

The psychological knot of fixation from the trauma would be unconscious and long- lasting.

トラウマにより固定された、 心理的な結び目は、無意識で長続きします。

58

It would produce similar images and folklore around the globe, transmitted by traditions and culture.

それは、伝統と文化によって伝えられる、 世界中の同様のイメージと民間伝承を生み出します。

Perhaps also by some genetic mechanism.

おそらく、何らかの遺伝的メカニズムによるものでしょう。

59

Carl Jung, among many psychologists, discovered that some of his patients reproduced images from antiquity or myth that they would not likely have seen in their daily lives.

多くの心理学者の中でも、カール・ユングは、 彼の患者の何人かは、彼らが日常生活では、 おそらく見たことのない古代や神話からの画像を 再現していることを発見しました。

60

61

The neurotic behavioral emergence of repressed global trauma from the age of myth would be masked by amnesia and denial, as well as by the absence of contrasting behavior.

神話の時代からの、 抑圧されたグローバルトラウマの神経症的行動の出現は、 健忘症と否認、および対照的な行動の欠如によって隠されます。

62

63

Everybody does it.

誰もがそれをします。

64

But it would result in imitating the old gripping stories about a war of the gods.

しかし、それは神々の戦争についての 古い魅力的な物語を模倣することになります。

65

One should ask, why do they grip?

なぜ彼らは、 グリップする(魅惑される)のですか?

Much of humanity's present behavior that strikes us as crazy - wars, much of politics, much of religion, even much of science - may be the neurotic consequences of traumatic global catastrophes in a not so distant past.

狂ったように私たちを襲う、人類の現在の行動の多く

- 戦争、多くの政治、多くの宗教、さらには多くの科学でさえ

- それらは、それほど遠くない過去に起きた トラウマ的な世界的大惨事の神経症的結果かもしれません。

66

67

68

One example may be the ubiquity of a mythic theme of centralization and hierarchy.

その一例が、 中央集権化とヒエラルキーという、 神話的なテーマの遍在性かもしれません。

69

The heavenly city of the gods, with power radiating from the center. 中心から力を放つ神々の天都。

70

The mythic compulsion is, ‘as above, so below’.

神話の強迫観念は、「上の如く、下にも。」です。

We must imitate the gods.

私たちは神々に倣わなければなりません。

71

So people build centrally arranged cities with city centers dominated by towers and ringed with suburbs.

そのため、人々は、市の中心部は塔が支配し、 郊外に囲まれている中心に配置された都市を建設します。

72

73

They organize societies into centrally commanded states with a ruler - king, president, or even bureaucracy - at the top.

彼らは社会を一元的に組織します、 1人のルールを決める者に命令された州(くに) - 国王、大統領、さらには1人の官僚でさえも- 頂点にして。

74

They regiment themselves into military chains- of-command.

彼らは軍の指揮系統に連隊を組みます。

75

Their family structures follow the pattern of patriarchy, father rule.

彼らの家族構成は、家父長制、父の支配のパターンに従います。

76

The compulsion is contained in the suffix ‐archy, rule, exerting power over others as the gods did over our ancestors, as distinguished from intrinsic development or mutual cooperation or symbiosis.

強迫観念は、接尾辞 ‐archy、rule、他者に対する力の行使、 に封じ込められています、神々が私たちの祖先に対してしたように、 内発的発達または相互協力または共生とは区別されるものとして。

77

People say that's just natural; that other animal species do those things too.

人々は、それは、全く自然な事だと言う;

他の動物種もそれらをします。

78

79

But that would be the meaning of global trauma.

しかし、それは全球的なトラウマの意味です。

All species would be traumatized.

すべての種は、心に傷を負っているでしょう。

80

Outside of hierarchy, strictly speaking, most organization in life is networking.

階層の外では、厳密に言えば、 生命のほとんどの組織はネットワーキングです。

81

Someone must be in charge, people say, but who commands the flowers to bloom?

誰かが電力を供給したものだ、と人々は言うが、 誰が、花を咲かせるように命じたのでしょうか?

82

83

We want to attribute such events, if we even recognize them, to far-away places or to long-ago times.

私たちは、そのような出来事を認識できたとしても、 遠く離れた場所や遠い昔に起因するものだと考えたいと思っています。

84

We want to believe that our world is stable, and that such cataclysms are impossible.

私たちの世界は安定しており、 そのような大変動はありえないと信じたいのです。

85

But in a plasma universe they impinge on us.

しかし、プラズマ宇宙では、 それらは私たちに影響を与えます。

The traumatic events are more recent and more likely to repeat.

トラウマ的な出来事は最近のものであり、 繰り返される可能性が高くなります。

Our PTSD is stronger and more pervasive than we would like to admit.

私たちの PTSD は、 私たちが認めているよりも、 強力で、より蔓延しています。

86

The terror is closer to hand.

この恐怖は、より切実です。

87

The repressed memories leak out in anxieties of a looming doomsday.

抑圧された記憶は、 迫り来る終末への不安の中で漏れ出します。

Climate change, pandemic, nuclear war, famine, civilizational collapse.

気候変動、パンデミック、核戦争、飢饉、文明の崩壊。

88

At the same time, the shift from a gas- and gravity cosmology, unsettles our mistaken certainty in that understanding.

同時に、ガスと重力の宇宙論からの移行は、 その理解における私たちの誤った確信を揺るがします。

89

The novel and bigger understanding in the makings of a plasma and electricity cosmology, is flooded with uncertainty.

プラズマと電気的宇宙論の成り立ちにおける 斬新でより大きな理解には、不確実性があふれています。

90

We're at the beginning, and what we think we know about plasma is surely little more than a glimpse at this time.

私たちはまだ始まったばかりであり、 プラズマについて私たちが知っていると思っていることは、 現時点ではほんの一部にすぎません。

91

Our world no longer makes as much sense as it did.

私たちの世界は、 もはや以前ほど意味がありません。

92

Having said that, that humanity may be neurotic, I must remind myself of what Thomas Szasz, a controversial psychiatrist wrote, ”To the psychiatrist the neurosis is the problem, but to the patient the neurosis is the solution.”

そうは言っても、人間性神経症かもしれませんが、 物議を醸す論争の的となっている精神科医である トーマス・サーズが書いたことを思い出さなければなりません、 「精神科医にとっては神経症が問題ですが、 患者にとっては神経症が解決策です。」

93

94

95

A neurosis is a coping or adapting mechanism, however sub-optimal, that aids survival.

神経症は最適ではありませんが、 対処または適応メカニズムです、生存を助けます。

96

You have to dig a lot deeper than superficial similarities to understand what humanity's problem is.

人類の問題が何であるかを理解するには、 表面的な類似点よりもはるかに深く掘り下げる必要があります。

97

In view of the global trauma that may have happened, we shouldn't be too hard on ourselves.

起こった可能性のある全球的なトラウマを考えると、 私たちは自分自身に厳しすぎるべきではありません。

98

We're doing pretty well.

私たちはかなりうまくやっています。

We crave answers, but at this time what we need are questions.

私たちは、答え、を切望していますが、 現時点で必要なのは、幾らかの、質問です。

99

What we need is to expand opportunity of thinking as we've expanded our observational ability.

私たちに必要なのは、 観察力を高めてきた様に、 考える機会を広げることです。

100

For example, the Palomar telescope, which accompanied Big Bang thinking, has been expanded into the James Webb Telescope.

例えば、ビッグバン思考に伴ったパロマー望遠鏡は、 ジェームズ・ウェッブ望遠鏡に拡張されました。

101

102

But its images are still being interpreted with Big Bang thinking.

しかし、そのイメージはまだ ビッグバンの考え方で解釈されています。

103

We crave certainty, which can only be had with an act of will, and a leap into belief, with the consequent restriction of opportunity of thinking.

私たちは、願望の行為によってのみ得られる確実性を切望し、 そして、信念に飛び込み、その結果、思考の機会が制限されます。

104

What we need is doubt, especially with regard to the belief-fortified dogmas of modern science.

私たちが必要としているのは、疑いです、 特に現代科学の信念によって強化されたドグマに関して。

105

106

What we need is not to take any of this too seriously.

私たちが必要としているのは、 これを、あまり真剣に考えすぎないことです。

107

We need to be playing with thinking.

私たちは思考で遊ぶ必要があります。(^_^)

108

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Another Fogged Image of Stephan’s Quintet ステファンのクインテットの別の曇ったイメージ]


ステファンのクインテットの5つの銀河。

ーーーーー
Feb 16, 2010
ステファンのクインテットのこの新しい画像は、以前の画像と同じ様に、時代遅れの解説で覆われています:
前景の銀河、衝突、衝撃波、熱。

前景の銀河 (左下) が前景にあると考えられているのは、赤方偏移が距離の尺度であるというコンセンサスの信念のためだけです:
前景の銀河の赤方偏移は z=0.0026 で;
他の範囲は z=0.019 から z=0.0225 です。

合意に基づく結論は、前景の銀河は他の銀河よりも 2 億 5000 万光年近いということです。

宇宙のメータースティック(測定棒)としての赤方偏移に対するこの信念は、1960 年代から反証されてきましたが、事実が制度化された信念体系に影響を与えることはめったにありません。

目立たないのは、背景の銀河の赤方偏移の違いが、前景の銀河が天の川から離れているよりも、(コンセンサスの信念の下では)それらを互いに遠くに配置するという、その事実です。

それは前景の銀河を私たちのローカルグループのメンバーにしますか?

どうやら、距離を短縮するという錯覚は、信念にも作用するようです。

常に見落とされがちなもう 1 つの事実は、背景の銀河の明るい HII (電離水素) 領域が、前景の銀河とほぼ同じサイズであるということです。

HII 領域は同様のサイズになる傾向があることも (コンセンサスに基づいて) 信じられているため、コンセンサスはその事実を単純に無視しています。

おそらく、前景の銀河の暗黒物質は、重力レンズ効果を介してその先の HII 領域を拡大する為に、正確に配置されています。

前景の銀河とそのすぐ上にある銀河の両方にある長い尾は言及されましたが、その後、「過去の複雑な相互作用」によるものとして却下されました。

前景の銀河に影響を与えるには、相互作用が極端に複雑であったに違いありません。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2006/arch06/060419stephansquintet.htm

コンセンサス天文学の特徴は、トンネル ビジョンへ飛び込む事です:
注意は単一のオブジェクトまたはオブジェクトの一部にまで狭められ、より大きな接続は無視されます。
だから、長い尾を持ちます。

深い画像では、両方の尾が並行して離れて、遠く離れた大きな活動銀河 NGC 7331 に向かっています。

ラジオ波(電波)観測は、尾の経路をたどり、ステファンのクインテットを活動銀河と接続する放射の橋を明らかにします。

橋は NGC 7331 の反対側でクエーサークラスターに続いており、クエーサークラスターは偶然にもクインテットの高 z メンバーと同様の赤方偏移を持っています。

これは明らかに、活発な銀河からの一対の放出の別の例です。

もちろん、目は自分が信じているものを見る傾向があるため、一方の目には明らかなことは別の目にはわかりません。

コンセンサスの目が排出対の事実を知らないことは驚くべきことではありません。

別の合意に基づく盲点は、左上の銀河の前にある高 z クエーサーを覆っています。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2004/arch/040921galaxy.htm

その赤方偏移によると、クエーサーは銀河系から数十億光年後方にあるはずであり、暗黒物質と同じように見えません。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/arch05/050222ulastronomy2.htm

銀河はチリでいっぱいで、完全に不透明で、クェーサーに至るエネルギーを与えられた領域を示しています。

この銀河をスキャンするとき、コンセンサス天文学者は一斉にまばたきをします。

ステファンのクインテットの中心部にある X 線放射の尾根は、衝突する銀河からの衝撃波によって加熱されたガスに起因すると考えられています。

7000 万ケルビンで、この加熱は本当に衝撃的です。

見落とされているのは、そのような温度に達するずっと前に、ガスが電気力と磁力が支配するプラズマに完全にイオン化されているという事実です。

7000 万という数字は、固体に関する理論から暴走した外挿の成果物です。

実際には、このX 線は、高速の電子 (電流) が磁場内を螺旋状に回転することによるシンクロトロン放射です。

温度はランダムな動きに基づいており、電子は磁場内で整列しているため、温度の概念は関係ありません。

前に言及されていないように見える最後の観察は、この X 線のリッジ(稜線)に関するものです。

ステファンのクインテットは、数千個が知られている「コンパクトクラスター」と見なされています。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2008/arch08/080915abell.htm

ジョージ・エイベルは、X線観測が可能になる前にそれらの多くをカタログ化しました.

それらのいくつかのレビューは、それらのコア (およびこことここ) を横切る X 線放射の同様の尾根を示しています。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/arch05/050428cluster.htm
http://www.thunderbolts.info/tpod/2006/arch06/060904bulletcluster.htm
http://www.thunderbolts.info/tpod/2008/arch08/081006magnets.htm

他のものは単にスポットを示しています。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2008/arch08/080829constants.htm

これらのコンパクトなクラスターがクエーサーを断片化して、それらが放出された元の活動銀河の周りで伴性銀河になる場合、X 線は親の放出回路の中心ピンチを描写します。

放射線の尾根は、軸が視線に対して傾いているクラスターで表示されます;
これらの斑点は、放電の「バレルを見下ろす」ことから生じます。

Mel Acheson
メル・アチソン


ーーーーー
Feb 16, 2010
This new image of Stephan’s Quintet is befogged with the same obsolete commentary as previous images:
the foreground galaxy, collisions, shock waves, and heat.
ステファンのクインテットのこの新しい画像は、以前の画像と同じ様に、時代遅れの解説で覆われています:
前景の銀河、衝突、衝撃波、熱。

The foreground galaxy (bottom left) is believed to be in the foreground solely because of the consensus belief that redshift is a measure of distance:
前景の銀河 (左下) が前景にあると考えられているのは、赤方偏移が距離の尺度であるというコンセンサスの信念のためだけです:
The foreground galaxy has a redshift of z=0.0026; the others range from z=0.019 to z=0.0225.
前景の銀河の赤方偏移は z=0.0026 で;
他の範囲は z=0.019 から z=0.0225 です。

The consensual conclusion is that the foreground galaxy is 250 million light-years closer than the others.
合意に基づく結論は、前景の銀河は他の銀河よりも 2 億 5000 万光年近いということです。

This belief in redshift as a cosmic meterstick has been disproved since the 1960s, but facts seldom affect institutionalized belief systems.
宇宙のメータースティック(測定棒)としての赤方偏移に対するこの信念は、1960 年代から反証されてきましたが、事実が制度化された信念体系に影響を与えることはめったにありません。

Unremarked is the fact that the differences in redshift of the background galaxies place them (under consensus belief) farther from each other than the foreground galaxy is from the Milky Way.
目立たないのは、背景の銀河の赤方偏移の違いが、前景の銀河が天の川から離れているよりも、(コンセンサスの信念の下では)それらを互いに遠くに配置するという、その事実です。

Does that make the foreground galaxy a member of our Local Group?
それは前景の銀河を私たちのローカルグループのメンバーにしますか?

Apparently, the illusion of foreshortening with distance works on beliefs as well.
どうやら、距離を短縮するという錯覚は、信念にも作用するようです。

Another fact that’s consistently overlooked is that the bright HII (ionized hydrogen) regions in the background galaxies are about the same size as those in the foreground galaxy.
常に見落とされがちなもう 1 つの事実は、背景の銀河の明るい HII (電離水素) 領域が、前景の銀河とほぼ同じサイズであるということです。

Since it’s also believed (consensually) that HII regions tend to be of similar size, the consensus has simply ignored the fact.
HII 領域は同様のサイズになる傾向があることも (コンセンサスに基づいて) 信じられているため、コンセンサスはその事実を単純に無視しています。

Perhaps the dark matter in the foreground galaxy is positioned exactly right to magnify the HII regions beyond through gravitational lensing.
おそらく、前景の銀河の暗黒物質は、重力レンズ効果を介してその先の HII 領域を拡大する為に、正確に配置されています。

The long tails on both the foreground galaxy and the one immediately above it are mentioned and then dismissed as due to “complex interactions in the past.”
前景の銀河とそのすぐ上にある銀河の両方にある長い尾は言及されましたが、その後、「過去の複雑な相互作用」によるものとして却下されました。

The interactions must have been complex in the extreme to have affected the foreground galaxy.
前景の銀河に影響を与えるには、相互作用が極端に複雑であったに違いありません。

A characteristic of consensus astronomy is a flight into tunnel vision:
attention is narrowed to single objects or even to parts of objects and larger connections are disregarded.
So with the long tails.
コンセンサス天文学の特徴は、トンネル ビジョンへ飛び込む事です:
注意は単一のオブジェクトまたはオブジェクトの一部にまで狭められ、より大きな接続は無視されます。
だから、長い尾を持ちます。

On deep images, both tails trail off, in parallel, far toward a large active galaxy, NGC 7331.
深い画像では、両方の尾が並行して離れて、遠く離れた大きな活動銀河 NGC 7331 に向かっています。

Radio observations reveal a bridge of radiation that follows the path of the tails and connects Stephan’s Quintet with the active galaxy.
ラジオ波(電波)観測は、尾の経路をたどり、ステファンのクインテットを活動銀河と接続する放射の橋を明らかにします。

The bridge continues on the opposite side of NGC 7331 to a cluster of quasars, which coincidentally have similar redshifts to the high-z members of the Quintet.
橋は NGC 7331 の反対側でクエーサークラスターに続いており、クエーサークラスターは偶然にもクインテットの高 z メンバーと同様の赤方偏移を持っています。

This is obviously another instance of paired ejection from an active galaxy.
これは明らかに、活発な銀河からの一対の放出の別の例です。

Of course, what’s obvious to one eye is not to another because eyes tend to see what they believe.
もちろん、目は自分が信じているものを見る傾向があるため、一方の目には明らかなことは別の目にはわかりません。

It’s no shock that consensus eyes are blind to the facts of ejection pairs.
コンセンサスの目が排出対の事実を知らないことは驚くべきことではありません。

Another consensual blind spot covers a high-z quasar that lies in front of the upper left galaxy.
別の合意に基づく盲点は、左上の銀河の前にある高 z クエーサーを覆っています。

According to its redshift, the quasar should be billions of light-years behind the galaxy and therefore as invisible as dark matter.
その赤方偏移によると、クエーサーは銀河系から数十億光年後方にあるはずであり、暗黒物質と同じように見えません。

The galaxy is full of dust, completely opaque, and displays an energized region leading right up to the quasar.
銀河はチリでいっぱいで、完全に不透明で、クェーサーに至るエネルギーを与えられた領域を示しています。

When scanning this galaxy, consensus astronomers blink in unison.
この銀河をスキャンするとき、コンセンサス天文学者は一斉にまばたきをします。

The ridge of x-ray radiation in the core of Stephan’s Quintet is consensually ascribed to gas heated by shock waves from colliding galaxies.
ステファンのクインテットの中心部にある X 線放射の尾根は、衝突する銀河からの衝撃波によって加熱されたガスに起因すると考えられています。

At 70 million Kelvin, the heating is truly shocking.
7000 万ケルビンで、この加熱は本当に衝撃的です。

Overlooked is the fact that long before such a temperature is reached, the gas has been fully ionized into a plasma in which electrical and magnetic forces dominate.
見落とされているのは、そのような温度に達するずっと前に、ガスが電気力と磁力が支配するプラズマに完全にイオン化されているという事実です。

The 70-million figure is an artifact of runaway extrapolation from a theory about solids.
7000 万という数字は、固体に関する理論から暴走した外挿の成果物です。

In reality, the x-rays are synchrotron radiation from high-speed electrons (an electric current) spiraling in a magnetic field.
実際には、このX 線は、高速の電子 (電流) が磁場内を螺旋状に回転することによるシンクロトロン放射です。

Since temperature is based on random motions and the electrons are aligned in the magnetic field, the concept of temperature is not even relevant.
温度はランダムな動きに基づいており、電子は磁場内で整列しているため、温度の概念は関係ありません。

A final observation that appears not to have been mentioned before concerns this x-ray ridge.
前に言及されていないように見える最後の観察は、この X 線のリッジ(稜線)に関するものです。

Stephan’s Quintet is considered to be a “compact cluster,” of which several thousand are known.
ステファンのクインテットは、数千個が知られている「コンパクトクラスター」と見なされています。

George Abell catalogued many of them before x-ray observations were possible.
ジョージ・エイベルは、X線観測が可能になる前にそれらの多くをカタログ化しました.

A review of several of them shows similar ridges of x-ray radiation across their cores (and here and here).
それらのいくつかのレビューは、それらのコア (およびこことここ) を横切る X 線放射の同様の尾根を示しています。

Others show simply a spot.
他のものは単にスポットを示しています。

If these compact clusters are fragmenting quasars on their way to becoming companion galaxies around the parent active galaxy from which they were ejected, the x-rays delineate the central pinch in the parents’ ejection circuit.
これらのコンパクトなクラスターがクエーサーを断片化して、それらが放出された元の活動銀河の周りで伴性銀河になる場合、X 線は親の放出回路の中心ピンチを描写します。

Ridges of radiation show up in clusters whose axis is inclined to our line of sight; the spots result from our looking “down the barrel” of the discharge.
放射線の尾根は、軸が視線に対して傾いているクラスターで表示されます;
これらの斑点は、放電の「バレルを見下ろす」ことから生じます。

Mel Acheson
メル・アチソン

ザ・サンダーボルツ勝手連  [Wal Thornhill・・JWST – Twisted Pairs and Braids Everywhere ・・Thunderbolts  ウォル・ソーンヒル・・JWST –至る所どこにもツイストペアと編み込みが・・サンダーボルツ]

ウェッブ宇宙望遠鏡の開発と配備の 目覚ましい成功に責任を持つ すべての技術者におめでとうございます。

1


特に、それは関係する科学者からの 成功した予測と一致していません。

2


ウェッブ宇宙望遠鏡の最初の深視野画像の鮮明な画像は、 スコッツマンのウォルター・スコット卿の格言を思い出させました:

3


「ああ、なんてもつれたウェッブを織るのだろう、 最初にあざむく練習をするとき!」

4


現代科学の実践や訓練は、 私たちの工業化された教育システムによって推進されています。

5


軍、政府、企業から大学への、 お金の消火ホースをたどるだけです。

6


私たちは、広く教育を受けた自然哲学者ではなく、 専門の技術者を養成します。 そしてレナード・ペイコフは、 この様に書いている、 「『難しい』科学者に、 科学的になる方法を教えるのは、哲学の帰納科学です。

7


当然のことながら、私たちの「上手く動けばよい」技術は、 急速に進歩し、この惑星上の生命に損害を与えています。

8

 

9


そして、一部のトップ科学者は現在、素粒子物理学宇宙論が、 彼らの新しい技術からの発見に基づくと危機に瀕していると宣言しています。

10

 

11


言い換えれば、 電気的宇宙科学の多くの成功は 彼らの注意を要求しています。

12


テクノクラートによる 「科学に従う」という要求には実体がない。

13


2021年、私はウェッブ宇宙望遠鏡の打ち上げ前に 3つのエピソードを捧げました、 その中で私は、電気的宇宙論の文脈における ウェッブの重要性を議論し、ウェッブ宇宙望遠鏡が 明らかにするものについていくつかの予測をしました。

14

 

15


この動画は、これらの予測に関連して成功を報告する いくつかのエピソードの最初のものです。

16


2021年9月、私は言いました、 ジェームズ・ウェッブ望遠鏡が、うまく展開されれば、 恒星やガス巨大惑星が生まれる高密度分子雲のスターダスト領域で、 より細かく、よりかすかなディテールを見ることができる。

17

 

18

 

19

 

20

 

21


ねじれたり曲がったりして、一定の幅の赤く光るフィラメントは、 目新しい贈り物のプラズマボールのフィラメントのようなものです。

22


それらは、バークランド電流を回転させ、 それらの雲の中にゲストとして招いた恒星達を、ひもに通しています。

23


これらの恒星達は、フィラメントがねじれて、 スリングショット(パチンコ効果)によって 生まれるまで質量が大きくなります。

24


恒星質量の上限の謎は、 単純に答えられます。

25


ジェームズ・ウェッブ望遠鏡は、 この説明を疑いの余地なく採用するべきです、 重力だけではこのような、ねじれ、曲がりくねった、 フィラメント構造を作り出すことができないので。

26


螺旋状にねじれたフィラメントペアと 編組の証拠の重要性を誇張し過ぎる事はありません。

27


エレクトリック・ユニバースの立ち位置は常に、 宇宙は、螺旋状にねじれた対と編組のフィラメンツとして流れ、 あらゆるスケールでその形態を現す回転電流の巨大なウェブです。

28


それらの恒星達は、 銀河のバークランド電流の 強烈な磁気挟み込みの中で生まれます。

29


そのすべての恒星は、 同軸のバークランド電流によって銀河回路に接続されています。

30


そのすべての銀河は、 同軸の銀河間バークランド電流によって、 より大きな銀河間回路に接続されています。

31


拡散した惑星間、恒星間、または銀河間媒体を通過する プラズマダークモードの電流を遠隔観測することは、しばしば非常に困難です。

32


例えば、惑星間電流の発見は、宇宙探査機が 予期せぬその場での測定を行ったときにのみ起こった。

33


それにもかかわらず、このような電流を 遠隔観察することがしばしば可能であるのは、 例えば、ダストがマークルンド対流を介して電流に凝集するため、 または、局所プラズマ中の中性原子の密度および電流密度が 電磁スペクトルの異なる部分における電磁放射の発生に対して十分に高いためである。

34


私はしばしば指摘してきました、 「バークランド電流は、通常、電波スペクトルで、 シンクロトロン放射光を放射するため、電波天文学は特に重要です。」 引用終了。

35

 

36

 

37


移動するプラズマのシートは、 平行なフィラメント達に分離する傾向があります。 これは、プラズマシートが、 平面、円筒形、または回転楕円体のいずれであっても起こり得ます。

38


これらの平行フィラメント達は電流です。

39


このような並列電流達は、 一本の自己収縮磁場を発生させる。

40


それらは長距離の引力と短距離の反発を示し、 フィラメントのペアが一緒になり、互いにらせん状にねじれます。

41


要するに、それらはらせん状にねじれた フィラメント対と編組を形成する傾向があります。

42


エリック・ラーナーは、 彼の著書「The Big Bang Never Happened」で、 このプロセスについてアクセス可能な物理的説明を提供しています。

43


ウィンストン・ボスティックは、 20世紀の傑出したプラズマ物理学者の一人でした。

44


彼は、高密度プラズマに焦点を当てたデバイスの 物理学の体系的な調査を行った最初の科学者でした、 そして、それらが作り出す並外れたプラズマ構造のために、 彼は「プラズモイド」という用語を作り出しました。

45

 

46


1986年に書いたボスティックはこう述べている、 「...過去36年間のプラズマ物理学における私の実験研究は、 多くの異なる状況下で、非相対論的または相対論的な電子を含むプラズマが、 ベルトラミ形態の、フォースフリー、最小自由エネルギー渦フィラメントに 自発的に組織化できることを示しました。」

47

 

48


エウジェニオ・ベルトラミ(Eugenio Beltrami)は、18世紀のイタリアの数学者で、 彼は、らせん状にねじれたフィラメント対の形態を 数学的に記述するために使用できる偏微分方程式を開発しました、 DNAのそれのように; バークランド電流のそれのような。

49


これは、ハンネス・アルヴェーンやアンソニー・ペラットなどの プラズマ研究者によって繰り返し確認されている問題です。

50

 

51


低密度プラズマに電流が流れる際に、 らせん状にねじれたフィラメントが形成される傾向の一例は、 国際宇宙ステーションのプラズマ結晶実験の画像によって得られます。

52


主流のプラズマ研究者達はまた、 惑星間、恒星間、銀河間空間に浸透する プラズマのような低密度プラズマに流れる電流が、 らせん状にねじれたペアを形成する傾向を確認しました。

53


例えば、2012年にUCLAのウォルター・ゲケルマン教授は、 18メートルの大型プラズマ装置を設計・運用したチームを率いた彼は、 バート・ヴァン・コンペルノールとともにアメリ物理学会に論文を発表し、 低密度プラズマ中で磁束ロープを作成した実験について報告しました。

54


要約には記されています、(引用) 「磁束ロープはらせん状の電流によるもので、 太陽の表面にアーチの密集した絨毯を形成します。 時折、コロナの質量放出として涙の様にこぼれ落ち、 そのロープ構造が地球に近い人工衛星によって検出されます。

55


電流シートはフィラメントに引き裂かれることがあり、 これらはフラックスロープに他なりません。

56


ロープは静的ではありません; それらは相互の電磁力(J x B)を及ぼし、 互いにねじれて合体させる。」引用終了。

57


2014年、「プラズマ物理学と制御核融合」誌は、 「磁束ロープにおける自己組織化」に関する、 学際的な特集号を発行しました。

58


ゲスト編集者のV・S・ルーキン(当時はアメリカ海軍天文台に所属し、 後にアメリカ国立科学財団のプログラム責任者)は、次のように書いている。 引用すると、

59


「...すべての磁束ロープに共通する成分は、 磁束ロープに沿って1つの場所で近くのプラズマ素子を通す磁力線は、 通常のロープのように見えるほど十分に長い距離にわたって互いに発散し、 巻き戻さなければならないということです。 ある意味では、それは乱気流に似ています – あなたはそれを見るとき、それが分かります。」 引用終了。

60


ルーキンはそこにいて、 らせん状にねじれたフィラメントと三つ編みを描いていました、 あなたはそれを見ればわかります。正確に。

61


要するに、螺旋状にねじれたフィラメント対と 編組が画像を横切る形態を見る事は、 これは電流を見ているという言外の証拠です。

62


2021年9月、私は、 具体的な予測をしました、引用します、 「感度と解像度が大幅に向上したジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、 らせん状にねじれたフィラメントペアと編組の接続ネットワークの存在を さらに明確に明らかにすると予測しています。 螺旋状にねじれたフィラメントのペアと三つ編みは、 私たちが見る至る所で発見するでしょう。」引用終了。

63

 

64


その予測は、2022年7月11日に行われた 最初のウェッブ宇宙望遠鏡の深視野科学画像で見事に確認されました。

65


カリーナ星雲の、 いわゆる「宇宙の崖」から始めましょう。

66


これは、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した 「宇宙の崖」の画像です。

67


その画像のいくつかの場所には、螺旋状にねじれた形態の 魅惑的なヒントがありますが、視覚的な証拠は説得力がありません。

68


確かに、広範なねじれた フィラメント対と編組形態の明確な証拠はない。 さて、ここにウェッブ宇宙望遠鏡の画像の一部があり、 ハッブルの画像に描かれているのと同じ領域を示しています。

69


これは、この領域が、螺旋状にねじれたフィラメント対、 および編組によって支配されていることを示しています。

70


そして、ここに「宇宙の崖」の、 ウェッブ宇宙望遠鏡全体の画像があります。

71


画像全体をパンすると、 螺旋状にねじれたフィラメントのペアと編組が、 私たちが見るほとんどすべての場所で見られます。

72


この画像は、宇宙の崖の画像における構造全体が、 らせん状にねじれたフィラメント対と 編組によって支配されていることを示している。 全体の構造は、電流の相互接続されたウェッブです。

73


そして、これらは数光年のスケールの電流です。 宇宙の崖の高さは約7光年です。

74


次は、 「ステファンの五重奏団 (ステファンの五つ子銀河)」です。

75


以下は、NGC 7319を示す 「ステファンの五つ子銀河」のハッブル画像の一部です。

76


銀河本体の左端に沿った暗い塵の雲の中に、 らせん状にねじれたフィラメントの示唆があります。

77


繰り返しますが、 視覚的な証拠は議論の価値があります。 さて、ウェッブ宇宙望遠鏡の MIRIとNERCAMのステファン五重奏団(五つ子銀河)の 合成画像からの同等の領域があります。

78


これは、銀河NGC 7319の全体が、 同じ銀河のハッブルの画像では、 そのように識別できなかった螺旋状にねじれた フィラメントによって支配されていることを示しています。

79


それらの違いは、 画像を並べて比較すると明らかです。

80


ウェッブ宇宙望遠鏡のステファン五重奏団(五つ子銀河)の画像は、 電流が銀河全体に50,000光年のオーダーのスケールで流れ、 生物学的倍音を持つ全体的な形態を持つことを証明しています。

81


銀河の中心である、 軸の様な臍にねじ込まれています。

82


それだけでなく、ウェッブ宇宙望遠鏡の画像でパンダウンすると、 NGC 7319がNGC 7318 aとbに、 らせん状にねじれたフィラメントで接続されていることがわかります。

83

 

84


これは、これらの銀河達が、巨大な電流によって 互いに接続されているという説得力のある証拠です。

85


コンパス画像の光年スケールを見てください。 これらの銀河をつなぐ電流は、10万光年のオーダーです。

86


繰り返しますが、 これらはハッブルの画像では事実上見えませんでした。

87


要するに、私が予測したように、 ウェッブ宇宙望遠鏡ステファンの 五重奏団(五つ子銀河)画像は、 (引用、) 「...螺旋状にねじれたフィラメンタリーペアと編組の 接続ネットワークの存在を明らかにする...」(引用を終了。)

88

 

89


ステファンの五重奏団(五つ子銀河)の、 銀河の内部と銀河間の両方で、 以前の画像では明らかではありませんでした。

90


2021年9月、私はそのことを強調し、引用します、 「らせん状にねじれたフィラメントのペアと編組の証拠の重要性を 誇張しすぎる事はありません。」引用を終了します。

91

 

92


もう少し詳しく説明しましょう。

93


米国国立研究評議会の1986年の 重力、宇宙科学、宇宙線物理学に関するパネル の報告書は、次の事実を記録しています、(引用) 「...電子と陽子の間の重力に対する静電の比は、 1対約10の39乗である。」(引用を終了。)

94

 

95


電気力が重力の、 10の39乗倍であることは議論の余地がありません。

96


それは1の後に39のゼロ、 つまり1000に、×10億、×10億、×10億、×10億倍、より強力です。

97


電気力が重力を圧倒する前に、 多くの電荷分離が起こる必要はありません。

98


標準模型天体物理学と宇宙論は、 電気力にマクロスケールでの組織化の役割を与えない。

99


標準模型天体物理学や宇宙論では、 重力はマクロスケールで宇宙の基本的な組織化力です。

100


これらの画像に示されたスケールで、 宇宙空間に電流が流れているとすれば、 標準模型の重力が支配する世界観は正しくありません。

101


宇宙の基本的な特徴は、 無視されてきました。

102

 

103


第一に、重力は天体物理学者にとって謎のままであり、 第二に、重力は電流、磁気ピンチ、二重層、 および様々なプラズマ不安定性に後部座席を取るということです。

104

 

105

 

106


ハンス・アルヴェーンは、 この様に言った、「重力系は以前の電気システムの灰である」。

107


電気的宇宙は重力に基本的な役割を割り当て、 それはすべての物質の慣性質量と重力質量に現れます。

108


アイザック・ニュートンは、 正しかった。

109


すでに述べたように、 惑星間、恒星間空間や銀河間空間の低密度プラズマには電流が流れ、 日常的に螺旋状にねじれた対や編組として自己組織化しています。

110

 

111


2021年に述べたように、そして私が引用したように、 「"...標準模型ツールキットには、磁束管の物理学の開発以外に、 らせん状にねじれたフィラメントのペアと編組を生成できる、 ツール、またはツールの組み合わせはありません、 結局のところ、それは単に電流の影響です。(引用終了。)

112


ウェッブ宇宙望遠鏡の「宇宙の崖」と「ステファンの五重奏団(ステファンの五つ子)」の 画像によって提供された種類のらせん状にねじれたフィラメントと編組の証拠は、 マクロスケールで宇宙空間に流れる電流のポジティブな証明であり、 したがって標準模型の天体物理学と宇宙論は、根本的に欠陥があることを証明します。

113

114

 


それは、さらに別の検証があり、そして、私は、電気的宇宙論の照明力と予測力の ウェッブ宇宙望遠鏡からの、多くのもののうちの最初のものと確信しています。(^-^)

115

 

116

 


―――――  

Congratulations to all the technologists who are responsible for the spectacular success of the development and deployment of the Webb Space Telescope. 

ウェッブ宇宙望遠鏡の開発と配備の 目覚ましい成功に責任を持つ すべての技術者におめでとうございます。 

Notably it has not been matched by successful predictions from the scientists involved. 

特に、それは関係する科学者からの 成功した予測と一致していません。 

The sharp images of the Webb Space Telescope’s first deep-field image reminded me of the aphorism of the Scottsman, Sir Walter Scott: 

ウェッブ宇宙望遠鏡の最初の深視野画像の鮮明な画像は、 スコッツマンのウォルター・スコット卿の格言を思い出させました: 

”Oh what a tangled Webb we weave, when first we practice to deceive!” 

「ああ、なんてもつれたウェッブを織るのだろう、 最初にあざむく練習をするとき!」 

Modern science practice or training is driven by our industrialized education systems. 現代科学の実践や訓練は、 私たちの工業化された教育システムによって推進されています。 Simply follow the fire hose of money to universities from the military, governments, and corporations. 軍、政府、企業から大学への、 お金の消火ホースをたどるだけです。 We train specialist technologists, not broadly educated natural philosophers. 私たちは、広く教育を受けた自然哲学者ではなく、 専門の技術者を養成します。 And as Leonard Peikoff wrote, “It is the inductive science of philosophy that teaches the ‘hard’ scientists how to be scientific.” そしてレナード・ペイコフは、 この様に書いている、 「『難しい』科学者に、 科学的になる方法を教えるのは、哲学の帰納科学です。 Unsurprisingly, our “whatever works” technology has rapidly advanced, to the detriment of life on this planet. 当然のことながら、私たちの「上手く動けばよい」技術は、 急速に進歩し、この惑星上の生命に損害を与えています。 And some top scientists are now declaring particle physics and cosmology to be in crisis based on discoveries from their new technology. そして、一部のトップ科学者は現在、素粒子物理学宇宙論が、 彼らの新しい技術からの発見に基づくと危機に瀕していると宣言しています。 Otherwise, the many successes of Electric Universe science would demand their attention. 言い換えれば、 電気的宇宙科学の多くの成功は 彼らの注意を要求しています。 The demand by technocrats to ‘follow the science’ has no substance. テクノクラートによる 「科学に従う」という要求には実体がない。 In 2021 I devoted three episodes to the Webb Space Telescope prior to its launch, in which I discussed Webb's significance in the context of Electric Universe cosmology issues, and made several predictions of what the Webb Space Telescope would reveal. 2021年、私はウェッブ宇宙望遠鏡の打ち上げ前に 3つのエピソードを捧げました、 その中で私は、電気的宇宙論の文脈における ウェッブの重要性を議論し、ウェッブ宇宙望遠鏡が 明らかにするものについていくつかの予測をしました。 This is the first of several episodes that will report on success in relation to those predictions. この動画は、これらの予測に関連して成功を報告する いくつかのエピソードの最初のものです。 In September 2021, I said the James Webb telescope, when successfully deployed, will allow us to see finer and fainter detail in the stardust regions of dense molecular clouds, where stars and Gas Giant planets are born. 2021年9月、私は言いました、 ジェームズ・ウェッブ望遠鏡が、うまく展開されれば、 恒星やガス巨大惑星が生まれる高密度分子雲のスターダスト領域で、 より細かく、よりかすかなディテールを見ることができる。 The twisting and turning, glowing red filaments of constant width are like those in a novelty plasma ball. ねじれたり曲がったりして、一定の幅の赤く光るフィラメントは、 目新しい贈り物のプラズマボールのフィラメントのようなものです。 They are rotating Birkeland Currents, threading the gestating stars in those clouds. それらは、バークランド電流を回転させ、 それらの雲の中にゲストとして招いた恒星達を、ひもに通しています。 The stars grow in mass until they are born by a slingshot effect as the filament twists away. これらの恒星達は、フィラメントがねじれて、 スリングショット(パチンコ効果)によって 生まれるまで質量が大きくなります。 The mystery of the upper limit of star mass is simply answered. 恒星質量の上限の謎は、 単純に答えられます。 The James Webb Telescope should put this explanation beyond any doubt, because gravity alone cannot produce such twisting and turning filamentary structures. ジェームズ・ウェッブ望遠鏡は、 この説明を疑いの余地なく採用するべきです、 重力だけではこのような、ねじれ、曲がりくねった、 フィラメント構造を作り出すことができないので。 It is hard to overstate the importance of evidence of helically twisted filament pairs and braids. 螺旋状にねじれたフィラメントペアと 編組の証拠の重要性を誇張し過ぎる事はありません。 The Electric Universe position has always been that the Universe is one giant web of rotating electric currents that flow as filaments of helically twisted pairs and braids and manifesting that morphology at all scales. エレクトリック・ユニバースの立ち位置は常に、 宇宙は、螺旋状にねじれた対と編組のフィラメンツとして流れ、 あらゆるスケールでその形態を現す回転電流の巨大なウェブです。 That stars are born in an intense magnetic pinching of a galactic Birkeland Current. それらの恒星達は、 銀河のバークランド電流の 強烈な磁気挟み込みの中で生まれます。 That every star is connected to the galactic circuit by a coaxial Birkeland Current. そのすべての恒星は、 同軸のバークランド電流によって銀河回路に接続されています。 That every galaxy is connected to a larger intergalactic circuit by coaxial intergalactic Birkeland Currents. そのすべての銀河は、 同軸の銀河間バークランド電流によって、 より大きな銀河間回路に接続されています。 It is often very difficult to remotely observe an electric current in plasma dark mode, passing through the diffuse interplanetary, interstellar or intergalactic medium. 拡散した惑星間、恒星間、または銀河間媒体を通過する プラズマダークモードの電流を遠隔観測することは、しばしば非常に困難です。 For example, the discovery of interplanetary electric currents has only occurred when space probes have made unexpected in-situ measurements. 例えば、惑星間電流の発見は、宇宙探査機が 予期せぬその場での測定を行ったときにのみ起こった。 Nevertheless, it is often possible to remotely observe such electric currents because for example, dust is aggregated to the current via Marklund convection, or because the density of neutral atoms in the local plasma and the current density is sufficiently high for the generation of electromagnetic radiation in different parts of the electromagnetic spectrum. それにもかかわらず、このような電流を 遠隔観察することがしばしば可能であるのは、 例えば、ダストがマークルンド対流を介して電流に凝集するため、 または、局所プラズマ中の中性原子の密度および電流密度が 電磁スペクトルの異なる部分における電磁放射の発生に対して十分に高いためである。 As, I have often noted, “Radio astronomy is of particular importance because Birkeland Currents typically emit synchrotron radiation in the radio spectrum.” End of quote. 私はしばしば指摘してきました、 「バークランド電流は、通常、電波スペクトルで、 シンクロトロン放射光を放射するため、電波天文学は特に重要です。」 引用終了。 Sheets of moving plasma tend to break into parallel filaments. 移動するプラズマのシートは、 平行なフィラメント達に分離する傾向があります。 This can occur whether the plasma sheets are planar, cylindrical, or spheroidal in shape. これは、プラズマシートが、 平面、円筒形、または回転楕円体のいずれであっても起こり得ます。 The parallel filaments are electric currents. これらの平行フィラメント達は電流です。 Such parallel electric currents generate a self-constricting magnetic field. このような並列電流達は、 一本の自己収縮磁場を発生させる。 They exhibit long-range attraction and short-range repulsion that causes pairs of filaments to come together and twist about one another helically. それらは長距離の引力と短距離の反発を示し、 フィラメントのペアが一緒になり、互いにらせん状にねじれます。 In short, they tend to form helically twisted filament pairs and braids. 要するに、それらはらせん状にねじれた フィラメント対と編組を形成する傾向があります。 Eric Lerner has provided an accessible physical explanation for this process in his book, “The Big Bang Never Happened”. エリック・ラーナーは、 彼の著書「The Big Bang Never Happened」で、 このプロセスについてアクセス可能な物理的説明を提供しています。 Winston Bostick was one of the preeminent plasma physicists of the 20th century. ウィンストン・ボスティックは、 20世紀の傑出したプラズマ物理学者の一人でした。 He was the first scientist to conduct a systematic investigation of the physics of the dense plasma-focused device and the extraordinary plasma structures they produce, for which he coined the term ”plasmoid”. 彼は、高密度プラズマに焦点を当てたデバイスの 物理学の体系的な調査を行った最初の科学者でした、 そして、それらが作り出す並外れたプラズマ構造のために、 彼は「プラズモイド」という用語を作り出しました。 Writing in 1986, Bostick stated, ”...my experimental work in plasma physics for the last 36 years has shown that under many different circumstances plasmas containing non-relativistic or relativistic electrons can spontaneously organize themselves into force-free, minimum-free-energy vortex filaments of a Beltrami morphology.” 1986年に書いたボスティックはこう述べている、 「...過去36年間のプラズマ物理学における私の実験研究は、 多くの異なる状況下で、非相対論的または相対論的な電子を含むプラズマが、 ベルトラミ形態の、フォースフリー、最小自由エネルギー渦フィラメントに 自発的に組織化できることを示しました。」 Eugenio Beltrami was an 18th century Italian mathematician who developed a partial differential equation that could be used to mathematically describe the morphology of helically twisted filament pairs, like that in DNA; like that in Birkeland Currents. エウジェニオ・ベルトラミ(Eugenio Beltrami)は、18世紀のイタリアの数学者で、 彼は、らせん状にねじれたフィラメント対の形態を 数学的に記述するために使用できる偏微分方程式を開発しました、 DNAのそれのように; バークランド電流のそれのような。 It is a matter that has been confirmed repeatedly by plasma researchers including Hannes Alfven and Anthony Peratt. これは、ハンネス・アルフヴェンやアンソニー・ペラットなどの プラズマ研究者によって繰り返し確認されている問題です。 An example of the tendency for helically twisted filaments to form when a current passes through a low density plasma is afforded by images from the Plasma Crystal Experiment aboard the International Space Station. 低密度プラズマに電流が流れる際に、 らせん状にねじれたフィラメントが形成される傾向の一例は、 国際宇宙ステーションのプラズマ結晶実験の画像によって得られます。 Mainstream plasma researchers also confirmed the tendency for electric currents flowing in low-density plasmas, like the plasmas that pervade interplanetary, interstellar and intergalactic space, to form helically twisted pairs. 主流のプラズマ研究者達はまた、 惑星間、恒星間、銀河間空間に浸透する プラズマのような低密度プラズマに流れる電流が、 らせん状にねじれたペアを形成する傾向を確認しました。 For example, in 2012 UCLA's professor Walter Gekelman, who headed the team that designed and operated the 18-meter large plasma device, presented a paper with Bart Van Compernolle to the American Physical Society, reporting on experiments that created magnetic flux ropes in a low density plasma. 例えば、2012年にUCLAのウォルター・ゲケルマン教授は、 18メートルの大型プラズマ装置を設計・運用したチームを率いた彼は、 バート・ヴァン・コンペルノールとともにアメリ物理学会に論文を発表し、 低密度プラズマ中で磁束ロープを作成した実験について報告しました。 With the abstract recording and I quote, ”Magnetic flux ropes are due to helical currents and form a dense carpet of arches on the surface of the Sun. Occasionally one tears loose as a coronal mass ejection and its rope structure is detected by satellites close to the earth. 要約には記されています、(引用) 「磁束ロープはらせん状の電流によるもので、 太陽の表面にアーチの密集した絨毯を形成します。 時折、コロナの質量放出として涙の様にこぼれ落ち、 そのロープ構造が地球に近い人工衛星によって検出されます。 Current sheets can tear into filaments, and these are nothing other than flux ropes. 電流シートはフィラメントに引き裂かれることがあり、 これらはフラックスロープに他なりません。 Ropes are not static; they exert mutual electromagnetic (J x B) forces causing them to twist about each other and merge.” End of quote. ロープは静的ではありません; それらは相互の電磁力(J x B)を及ぼし、 互いにねじれて合体させる。」引用終了。 In 2014, the journal Plasma Physics and Controlled Fusion, published a cross-disciplinary special issue on ”Self-organization in magnetic flux ropes.” 2014年、「プラズマ物理学と制御核融合」誌は、 「磁束ロープにおける自己組織化」に関する、 学際的な特集号を発行しました。 The guest editor, V. S. Lukin, then of the U.S. Naval Observatory and subsequently a program head at the National Science Foundation wrote and I quote, ”...the ingredient common to all magnetic flux ropes is that the magnetic field lines that thread nearby plasma elements at one location along the flux rope must wind around and not diverge away from each other over a sufficiently long distance to look like a piece of ordinary rope. In a way, it is similar to turbulence - you know it when you see it.” End of quote. ゲスト編集者のV・S・ルーキン(当時はアメリカ海軍天文台に所属し、 後にアメリカ国立科学財団のプログラム責任者)は、次のように書いている。 引用すると、 「...すべての磁束ロープに共通する成分は、 磁束ロープに沿って1つの場所で近くのプラズマ素子を通す磁力線は、 通常のロープのように見えるほど十分に長い距離にわたって互いに発散し、 巻き戻さなければならないということです。 ある意味では、それは乱気流に似ています – あなたはそれを見るとき、それが分かります。」 引用終了。 Lukin was there describing helically twisted filaments and braids, you know it when you see it. Precisely. ルーキンはそこにいて、 らせん状にねじれたフィラメントと三つ編みを描いていました、 あなたはそれを見ればわかります。正確に。 In short, if we see the morphology of helically twisted filament pairs and braids traversing images, this is unanswerable evidence that we are looking at electric currents. 要するに、螺旋状にねじれたフィラメント対と 編組が画像を横切る形態を見る事は、 これは電流を見ているという言外の証拠です。 In September 2021, I made a specific prediction, and I quote, “I predict that the James Webb Space Telescope with its vast improvement in sensitivity and resolution, will reveal the existence of the connecting network of helically twisted filament pairs and braids even more clearly. We will discover helically twisted filament pairs and braids everywhere we look.” End of quote. 2021年9月、私は、 具体的な予測をしました、引用します、 「感度と解像度が大幅に向上したジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、 らせん状にねじれたフィラメントペアと編組の接続ネットワークの存在を さらに明確に明らかにすると予測しています。 螺旋状にねじれたフィラメントのペアと三つ編みは、 私たちが見る至る所で発見するでしょう。」引用終了。 That prediction was spectacularly confirmed in the first Webb Space Telescope deep-field science images on July 11, 2022. その予測は、2022年7月11日に行われた 最初のウェッブ宇宙望遠鏡の深視野科学画像で見事に確認されました。 We start with the so-called ‘cosmic cliffs’ in the Carina Nebula. カリーナ星雲の、 いわゆる「宇宙の崖」から始めましょう。 Here's an image of the cosmic cliffs taken by the Hubble Space Telescope. これは、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した 「宇宙の崖」の画像です。 There are tantalizing hints of helically twisted morphology at several places in that image, but the visual evidence is not compelling. その画像のいくつかの場所には、螺旋状にねじれた形態の 魅惑的なヒントがありますが、視覚的な証拠は説得力がありません。 Certainly, there is no clear evidence of widespread twisted filament pair and braid morphology. 確かに、広範なねじれた フィラメント対と編組形態の明確な証拠はない。 Now here is part of the Webb Space Telescope image, showing the same region depicted in the Hubble image. さて、ここにウェッブ宇宙望遠鏡の画像の一部があり、 ハッブルの画像に描かれているのと同じ領域を示しています。 It shows that this region is dominated by helically twisted filament pairs and braids. これは、この領域が、螺旋状にねじれたフィラメント対、 および編組によって支配されていることを示しています。 And here is the whole Webb Space Telescope image of the cosmic cliffs. そして、ここに「宇宙の崖」の、 ウェッブ宇宙望遠鏡全体の画像があります。 If we pan over the whole of the image, we see helically twisted filament pairs and braids almost everywhere we look. 画像全体をパンすると、 螺旋状にねじれたフィラメントのペアと編組が、 私たちが見るほとんどすべての場所で見られます。 This image shows that the entire structure in the cosmic cliffs image is dominated by helically twisted filament pairs and braids. The whole structure is an interconnected Webb of electric currents. この画像は、宇宙の崖の画像における構造全体が、 らせん状にねじれたフィラメント対と 編組によって支配されていることを示している。 全体の構造は、電流の相互接続されたウェッブです。 And these are electric currents on the scale of light years. The cosmic cliffs are some seven light years in height. そして、これらは数光年のスケールの電流です。 宇宙の崖の高さは約7光年です。 Next is Stephan’s Quintet. 次は、 「ステファンの五重奏団 (ステファンの五つ子銀河)」です。 Here's a portion of a Hubble image of Stephan’s Quintet showing NGC 7319. 以下は、NGC 7319を示す 「ステファンの五つ子銀河」のハッブル画像の一部です。 There's a suggestion of helically twisted filaments in the dark dust clouds along the left-hand edge of the main body of the galaxy. 銀河本体の左端に沿った暗い塵の雲の中に、 らせん状にねじれたフィラメントの示唆があります。 Again, the visual evidence is debatable. 繰り返しますが、 視覚的な証拠は議論の価値があります。 Now, here's the equivalent region from the Webb Space Telescope's MIRI and NEARCAM composite image of Stephan’s Quintet. さて、ウェッブ宇宙望遠鏡の MIRIとNERCAMのステファン五重奏団(五つ子銀河)の 合成画像からの同等の領域があります。 It shows the entire body of the galaxy NGC 7319 is dominated by helically twisted filaments that were not discernible as such in Hubble's images of the same galaxy. これは、銀河NGC 7319の全体が、 同じ銀河のハッブルの画像では、 そのように識別できなかった螺旋状にねじれた フィラメントによって支配されていることを示しています。 The differences are apparent when the images are compared side by side. それらの違いは、 画像を並べて比較すると明らかです。 The Webb Space Telescope image of Stephan’s Quintet is proof that electric currents flow throughout the galaxy on a scale in the order of 50,000 light years, and with an overall morphology that has biological overtones. ウェッブ宇宙望遠鏡のステファン五重奏団(五つ子銀河)の画像は、 電流が銀河全体に50,000光年のオーダーのスケールで流れ、 生物学的倍音を持つ全体的な形態を持つことを証明しています。 The galaxy center, threaded by an axial umbilicus. 銀河の中心である、 軸の様な臍にねじ込まれています。 Not only that, as we pan down in the Webb Space Telescope image, it shows that NGC 7319 is connected to NGC 7318 a and b by helically twisted filaments. それだけでなく、ウェッブ宇宙望遠鏡の画像でパンダウンすると、 NGC 7319がNGC 7318 aとbに、 らせん状にねじれたフィラメントで接続されていることがわかります。 This is compelling evidence that these galaxies are connected to each other by vast electric currents. これは、これらの銀河達が、巨大な電流によって 互いに接続されているという説得力のある証拠です。 Look at the light year scale on the compass image. These electric currents connecting the galaxies are in the order of one hundred thousand light years. コンパス画像の光年スケールを見てください。 これらの銀河をつなぐ電流は、10万光年のオーダーです。 Again, these were effectively invisible in the Hubble image. 繰り返しますが、 これらはハッブルの画像では事実上見えませんでした。 In short, as I predicted, the Webb Space Telescope Stephan’s Quintet images, and I quote, “... reveal the existence of the connecting network of helically twisted filamentary pairs and braids...” End quote. 要するに、私が予測したように、 ウェッブ宇宙望遠鏡ステファンの 五重奏団(五つ子銀河)画像は、 (引用、) 「...螺旋状にねじれたフィラメンタリーペアと編組の 接続ネットワークの存在を明らかにする...」(引用を終了。) Both within, and between galaxies, in Stephan’s Quintet, that were not evident in previous images. ステファンの五重奏団(五つ子銀河)の、 銀河の内部と銀河間の両方で、 以前の画像では明らかではありませんでした。 In September 2021, I emphasized that and I quote, ”It is hard to overstate the importance of evidence of helically twisted filament pairs and braids.” End quote. 2021年9月、私はそのことを強調し、引用します、 「らせん状にねじれたフィラメントのペアと編組の証拠の重要性を 誇張しすぎる事はありません。」引用を終了します。 Let me explain that a little further. もう少し詳しく説明しましょう。 The US National Research Council's 1986 report of the Panel on Gravitation, Cosmology, and Cosmic-Ray Physics records the fact that, and I quote, ”...the ratio of the electrostatic to the gravitational force between an electron and a proton is about 10 to the 39th power.” End quote. 米国国立研究評議会の1986年の 重力、宇宙科学、宇宙線物理学に関するパネル の報告書は、次の事実を記録しています、(引用) 「...電子と陽子の間の重力に対する静電の比は、 1対約10の39乗である。」(引用を終了。) It's uncontroversial that the electric force is 39 powers of 10 times more powerful than the gravitational force. 電気力が重力の、 10の39乗倍であることは議論の余地がありません。 That is a 1 followed by 39 zeros or 1,000 billion, billion, billion, billion, times more powerful. それは1の後に39のゼロ、 つまり1000に、×10億、×10億、×10億、×10億倍、より強力です。 You don't need much charge separation to occur before the electrical force will overwhelm the force of gravity. 電気力が重力を圧倒する前に、 多くの電荷分離が起こる必要はありません。 Standard Model astrophysics and cosmology gives the electric force no organizing role at the macro scale. 標準模型天体物理学と宇宙論は、 電気力にマクロスケールでの組織化の役割を与えない。 In Standard Model astrophysics and cosmology, gravity is the fundamental organizing force in the universe at the macro scale. 標準模型天体物理学や宇宙論では、 重力はマクロスケールで宇宙の基本的な組織化力です。 If there are electric currents flowing in space on the scale indicated in these images, then the Standard Model's gravity- dominated worldview simply cannot be correct. これらの画像に示されたスケールで、 宇宙空間に電流が流れているとすれば、 標準模型の重力が支配する世界観は正しくありません。 A fundamental feature of the universe has been ignored. 宇宙の基本的な特徴は、 無視されてきました。 What's contended is first, that the force of gravity remains a mystery to astrophysicists and secondly, that gravity takes a backseat to electric currents, magnetic pinches, double layers and various plasma instabilities. 第一に、重力は天体物理学者にとって謎のままであり、 第二に、重力は電流、磁気ピンチ、二重層、 および様々なプラズマ不安定性に後部座席を取るということです。 It is, as Hannes Alfven put it, “Gravitational systems are the ashes of prior electrical systems.” ハンス・アルヴェーンは、 この様に言った、「重力系は以前の電気システムの灰である」。 The Electric Universe assigns a fundamental role to gravity, which manifests in the inertial and gravitational mass of all matter. 電気的宇宙は重力に基本的な役割を割り当て、 それはすべての物質の慣性質量と重力質量に現れます。 Isaac Newton was right. アイザック・ニュートンは、 正しかった。 As I have noted, electric currents flow in the low density plasma of interplanetary interstellar and intergalactic space, routinely self-organize as helically twisted pairs and braids. すでに述べたように、 惑星間、恒星間空間や銀河間空間の低密度プラズマには電流が流れ、 日常的に螺旋状にねじれた対や編組として自己組織化しています。 As I stated in 2021 and I quote, “...there is no tool, or combination of tools in the Standard Model toolkit that can produce helically twisted filament pairs and braids, other than by development of the physics of magnetic flux tubes which are, after all, merely an effect of electric currents.” End of quote. 2021年に述べたように、そして私が引用したように、 「"...標準模型ツールキットには、磁束管の物理学の開発以外に、 らせん状にねじれたフィラメントのペアと編組を生成できる、 ツール、またはツールの組み合わせはありません、 結局のところ、それは単に電流の影響です。(引用終了。) Evidence of helically twisted filaments and braids of the kind provided by the Webb Space Telescope's images of the cosmic cliffs and Stephan’s Quintet is proof positive of electric currents flowing in space at the macro scale, and thus proof that Standard Model astrophysics and cosmology is fundamentally flawed. ウェッブ宇宙望遠鏡の「宇宙の崖」と「ステファンの五重奏団(ステファンの五つ子)」の 画像によって提供された種類のらせん状にねじれたフィラメントと編組の証拠は、 マクロスケールで宇宙空間に流れる電流のポジティブな証明であり、 したがって標準模型の天体物理学と宇宙論は、根本的に欠陥があることを証明します。 It is yet another verification, and I'm confident the first of many from the Webb Space Telescope, of the illuminating and predictive power of Electric Universe cosmology. それは、さらに別の検証があり、そして、私は、電気的宇宙論の照明力と予測力の ウェッブ宇宙望遠鏡からの、多くのもののうちの最初のものと確信しています。(^-^)

ザ・サンダーボルツ勝手連  [Stuart Talbott Lightning-Scarred Mars – the Evidence Mounts Thunderboltsスチュアート・タルボット 稲妻の傷跡を負った火星 – 証拠の山 ・・サンダーボルツ]

数年前、火星で、 NASA のローバー、キュリオシティは、 非常に奇妙なものを発見したため、 惑星科学者達は、火星の歴史を書き直し始めました、 このプロセスは現在も続いています。

 


この異常は、 いわゆる「衝突盆地」と呼ばれる、 幅 150 キロメートル以上の ゲイル・クレーターで発見されました。


クレーターの中心には、 約 18,000 フィートの高さに達する中央のピークである シャープ山とも呼ばれるアイオロス・モンスがあります。


この地形の層状鉱物の中で、ローバーが発見した すべての中で、最も興味深いのはトライドマイトです、 これは超高温でのみ形成され、 地球の火山活動に関連する非常にまれな鉱物です。

 


2016 年に発見されたとき、 NASA の科学者リチャード・モリスは次のように述べています、 「これは、私たちが期待していた最後の鉱物でした。 これが時の試練に耐えられるなら、 火星がどのように進化したかについての多くの意味があります。 私達は、いくつかのことを再考する必要があるかもしれません。」


NASA の科学者が、 火星で最後に発見すると予想していた鉱物が、 トライドマイトであった理由は単純です。


火星には、火山活動を生み出すのに 必要だと常に考えられてきた 動的な地下プレートが存在するとは考えられていません。

 

10


火星に重大な地震活動が、 あることが最近発見されたとき、 同様のジレンマが提示されました; 惑星科学者達にとっては、全くの驚きです。

11


実際、両方の難問は、 プレートテクトニクス理論を含む、 惑星科学における標準的な理論的ツールキットの 顕著な限界を明らかにしています。

12


今日でも、火星での トライドマイトの発見は問題のままです。

13


最近の「科学アラート(科学警告)」の記事は 次のように述べています、 「火星は、いくつかの地域で過去の玄武岩質の 火山活動の広範な証拠を示していますが、 かつて水で満たされたと推定されていた ゲイル・クレーターは、それらの地域の 1 つ、ではなく、 科学者は鉱物がどのようにしてそこに来たのかについて困惑しています。」

14


「地球惑星科学レター」に掲載された、 新しい論文は、パズルの解決を試みています。

15


調査チームは、数十億年前、クレーターに、 かなりの湖が含まれていたと考えられていた時期に、 ゲイル・クレーターの下にマグマ溜まりが存在した、 というアドホック(場当たり的)な仮説を提案しました。

16

 

17


論文によると、このチェンバー(部屋)は、 異常に長い間休眠状態にあり、 最終的には大規模な爆発を起こし、 トライドマイトの形でシリカが豊富な灰を放出し、 ゲイル・クレーターの水に落ちました。

18


科学者がこの憶測のために引用した根拠の 1 つは、 異常なトライドマイトの非常に集中した場所です。

19


火星地質学者 キルステン・ジーバッハは 次のように述べています、 「我々は主張する、この鉱物は一度しか見られず、 単一の層に非常に集中していたため、 湖がそこにあったのと同時に火山が噴火した可能性が高い。

20


私たちが分析した特定のサンプルは 火山灰だけではありませんでしたが、 風化して水で選別された灰でした。」

21


もちろん、研究者たちは、火星や太陽系の他の岩石惑星が、 高エネルギーの放電によって破壊されたという仮説を含む、 エレクトリック・ユニバース理論を認識していません。

22

 

23


長編ドキュメンタリー映画 「The Lightning-Scarred Planet Mars」で説明されているように、 この仮説は、何十もの奇妙な地層を含む、 火星の無数の異常を説明できます。

24

 

25


例えば、頻繁に現れる、奇妙なクレーター; 長い間説明されていない半球の二分法; リルとトレンチの奇妙なネットワーク; そして、そして途方もないマリネリス峡谷、 火星の表面を 3,000 マイルにわたって横切る広大なキャニオン。

26

 

27

 

28

 

29


この問題は、非常に強力な雷が、 トライドマイトを生成できるか?ということです。

30


トライドマイトは、非常に高い温度の 低圧下で形成される水晶の結晶形です。

31


トライドマイトと、落雷の特徴に見られる シリカガラスの一種であるレシャテリエライト と呼ばれる別の高温ケイ酸塩との関係を考えてみましょう。

32


実際、トライドマイトは、 雷の産物として発見されています。

33


本「地球化学のデータ」では、 トライドマイトは屋根材スレートへの 落雷の産物であると報告されています。

34

 

35


火山活動は必要ありません。 トライドマイトが、巨大な稲妻によって生成された場合、 ゲイル・クレーターの中央ピークでのトライドマイトの 存在の非常に集中的で限られた範囲が予想されます。

36


また、固体表面への放電の実験では、 中央のピークを持つクレーターが何十年にもわたって 一般的に観察されてきたことにも言及する必要があります。

37


パーコレイト(過塩素酸塩)として知られる 火星の別の種類の鉱物を考慮することも重要です。

38


この鉱物は火星に豊富に存在するため、 将来の宇宙飛行士の健康を害する 可能性があると考える人もいます。

39


様々なパーコレイト(過塩素酸塩)は、 電気化学的プロセスによって、 または電気分解によって形成することが知られており、 そして、稲妻が亜塩素酸塩の存在下で パーコレイト(過塩素酸塩)を産生できることが発見されています。

40

 

41


驚くべきことに、パーコレイト(過塩素酸塩)は、 (通常の)砂や土よりも火星では、10,000倍豊富です。

42


繰り返しになりますが、大きな驚きが、 コンセンサス理論の真の再評価を強制出来ないなら、 天文学とすべての理論科学における 有意義な進歩の可能性に疑問を投げかけることになります。

43

 

44


制度化された科学は、 確かにその場しのぎの理論の規定を通じて歴史を書き換えますが、 常に根底にあるパラダイムに挑戦することのない方法で行ないます。

45


火星のトライドマイトの謎と見事に一致するものは、 彗星科学での果てしないパズルの 1 つに見つけることが出来ます。

46


エレクトリック・ユニバースは、 太陽系の彗星、小惑星、隕石が、 岩石惑星の劇的な地質学を生み出した、 惑星不安定の同じ時代に形成されたと常に述べてきました。

47

 

48


もちろん、この観点からすれば、 彗星は標準理論の原始的な汚れた雪玉ではありません。

49


彗星の核(芯)は、撮影されたすべての例と まったく同じように表示されるはずです: 岩が多く、乾燥し、極端な惑星の地質を示しています。

50


これらの物体が実際に惑星の表面から電気的に吹き飛ばされた場合、 もちろん、超高温で形成される鉱物が見つかると予想されます。

51


この予測は、NASA のスターダスト・ミッションが、 ワイルド 2 彗星からのダスト・サンプルを 持ち帰った 15 年以上前に確認されました。

52


地球上の科学者がこの物質をテストしたとき、 彼らが発見したことは非常に予想外であり、 最初は初期のサンプルが宇宙船によって 汚染された可能性があると考えていました。

53


予想された、古代の恒星間粒子ではなく、 ワイルド-2ダスト粒子は予想よりもはるかに大きく、 数千度の温度を必要とするアノーサイトや ディオプサイドなどの鉱物を含んでいました。

54

 

55

 

56

 

57


NASA のキュレーター(学芸員)である マイケル・ゾレンスキーは、 この発見について次のように述べています、 「それは大きな驚きです。 人々は、彗星は形成された場所での 冷たいものだと思っていました... そこは物事が非常に寒い場所です... これらが1つだけでなく、いくつかを見つけることは、一種のショックでした、 これは、それらが彗星でかなり一般的であることを意味します。」

58


前述の火星トライドマイトの謎を、 太陽系の 45 億年の歴史の従来の枠組みに 当てはめようとする取り組みと同様に、 彗星科学者達は、ワイルド-2の発見での衝撃的な結果に 同様のアドホックな推測によって反応しました。

59

 

60


彗星が太陽の非常に近くで形成され、 その後、太陽系外縁部に投げ出されるこれらの期間は、 初期の太陽系での爆発的な衝突の期間、 そして皮肉なことに、原始星雲での稲妻の期間にまで及びます。

61

 

62

 

63


繰り返しになりますが、 原因とされる出来事は何十億年も前の過去に設定されており、 そして、それらは標準的な理論的ツールキットの 証明されていない非常に限られたプロセスに常に制限されています。

64

 

65


私が何年にもわたって繰り返してきた声明は、 エレクトリック・ユニバース・コミュニティは、 科学的調査の法廷の中で、公平かつ徹底的な 審理が行われる為の唯一の期待であるということです。

66


制度化された科学が実際に、 エレクトリック・ユニバースの 予測理論をテストしない限り、またはそれまでは、 この公聴会が行われたと主張することはできません。

67


なぜ、その公聴会が持たれるのに、 そんなに時間がかかったのか、 それ自体が、将来の世代が熟考する謎である ことが判明するかもしれません。 (^-^)

68


―― Several years ago, on the planet Mars, NASA's rover Curiosity discovered something so strange it forced planetary scientists to begin rewriting Martian history, a process that continues today. 数年前、火星で、 NASA のローバー、キュリオシティは、 非常に奇妙なものを発見したため、 惑星科学者達は、火星の歴史を書き直し始めました、 このプロセスは現在も続いています。 1 2 The anomaly was found in Gale crater, a more than 150 kilometer wide so-called impact basin. この異常は、 いわゆる「衝突盆地」と呼ばれる、 幅 150 キロメートル以上の ゲイル・クレーターで発見されました。 3 At the center of the crater is Aeolus Mons, also called Mount Sharp, a central peak reaching Heights of about 18,000 feet. クレーターの中心には、 約 18,000 フィートの高さに達する中央のピークである シャープ山とも呼ばれるアイオロス・モンスがあります。 4 Among the layered minerals in this terrain the most curious of all the Rover discovered is Tridymite, an extremely rare mineral which only forms at super-hot temperatures and which is linked to volcanism on Earth. この地形の層状鉱物の中で、ローバーが発見した すべての中で、最も興味深いのはトライドマイトです、 これは超高温でのみ形成され、 地球の火山活動に関連する非常にまれな鉱物です。 5 6 At the time of the discovery in 2016, NASA scientist Richard Morris stated, 2016 年に発見されたとき、 NASA の科学者リチャード・モリスは次のように述べています、 “It was the last mineral we expected to see. If this stands the test of time, it has a lot of implications for how Mars evolved. We may have to rethink a few things.” 「これは、私たちが期待していた最後の鉱物でした。 これが時の試練に耐えられるなら、 火星がどのように進化したかについての多くの意味があります。 私達は、いくつかのことを再考する必要があるかもしれません。」 7 The reason tridymite was the last mineral NASA scientists expected to find on Mars is simple. NASA の科学者が、 火星で最後に発見すると予想していた鉱物が、 トライドマイトであった理由は単純です。 8 The red planet is not believed to have the kind of dynamic subsurface plates that have always been thought necessary to create volcanic activity. 火星には、火山活動を生み出すのに 必要だと常に考えられてきた 動的な地下プレートが存在するとは考えられていません。 9 10 A similar dilemma was presented when Mars was recently found to have significant seismic activity; a complete surprise to planetary scientists. 火星に重大な地震活動が、 あることが最近発見されたとき、 同様のジレンマが提示されました; 惑星科学者達にとっては、全くの驚きです。 11 Indeed both conundrums reveal the striking limitations of the standard theoretical toolkit in planetary science, including plate tectonic theory. 実際、両方の難問は、 プレートテクトニクス理論を含む、 惑星科学における標準的な理論的ツールキットの 顕著な限界を明らかにしています。 12 Today, the discovery of tridymite on Mars remains problematic. 今日でも、火星での トライドマイトの発見は問題のままです。 13 A recent science-alert article noted, “Although Mars shows extensive evidence of past basaltic volcanic activity in some regions, the once putatively water-filled Gale crater is not one of those regions, leading scientists to puzzle about how the mineral came to be there.” 最近の「科学アラート(科学警告)」の記事は 次のように述べています、 「火星は、いくつかの地域で過去の玄武岩質の 火山活動の広範な証拠を示していますが、 かつて水で満たされたと推定されていた ゲイル・クレーターは、それらの地域の 1 つ、ではなく、 科学者は鉱物がどのようにしてそこに来たのかについて困惑しています。」 14 A new paper published in Earth and Planetary Science Letters attempts to resolve the puzzle. 「地球惑星科学レター」に掲載された、 新しい論文は、パズルの解決を試みています。 15 A team of investigators has proposed the ad hoc hypothesis that billions of years ago, a magmatic chamber existed underneath Gale crater at a time when the crater is believed to have contained a substantial lake. 調査チームは、数十億年前、クレーターに、 かなりの湖が含まれていたと考えられていた時期に、 ゲイル・クレーターの下にマグマ溜まりが存在した、 というアドホック(場当たり的)な仮説を提案しました。 16 17 This chamber, the paper suggests, remained dormant for an unusually long time, eventually exploding massively, releasing silica-rich ash in the form of tridymite which then fell back down into the waters of Gale crater. 論文によると、このチェンバー(部屋)は、 異常に長い間休眠状態にあり、 最終的には大規模な爆発を起こし、 トライドマイトの形でシリカが豊富な灰を放出し、 ゲイル・クレーターの水に落ちました。 18 One basis the scientists cite for this speculation is the extremely focused location of the anomalous tridymite. 科学者がこの憶測のために引用した根拠の 1 つは、 異常なトライドマイトの非常に集中した場所です。 19 Mars geologist Kirsten Siebach states, “We argue that because we only saw this mineral once, and it was highly concentrated in a single layer, the volcano probably erupted at the same time the lake was there. 火星地質学者 キルステン・ジーバッハは 次のように述べています、 「我々は主張する、この鉱物は一度しか見られず、 単一の層に非常に集中していたため、 湖がそこにあったのと同時に火山が噴火した可能性が高い。 20 Although the specific sample we analyzed was not exclusively volcanic ash, it was ash that had been weathered and sorted by water.” 私たちが分析した特定のサンプルは 火山灰だけではありませんでしたが、 風化して水で選別された灰でした。」 21 Of course the investigators have no awareness of Electric Universe theory, including the hypothesis that Mars and other rocky planets in the solar system were ravaged by high energy electrical discharge. もちろん、研究者たちは、火星や太陽系の他の岩石惑星が、 高エネルギーの放電によって破壊されたという仮説を含む、 エレクトリック・ユニバース理論を認識していません。 22 23 As explained in the feature length documentary film “The Lightning-Scarred Planet Mars,” this hypothesis can explain countless Martian anomalies, including its dozens of weird geologic formations. 長編ドキュメンタリー映画 「The Lightning-Scarred Planet Mars」で説明されているように、 この仮説は、何十もの奇妙な地層を含む、 火星の無数の異常を説明できます。 24 25 Such as frequently bizarre cratering; it's long unexplained hemispheric dichotomy; its weird networks of rills and trenches; and the stupendous Valles Marineris, a vast Canyon which stretches over 3,000 miles across the Martian surface. 例えば、頻繁に現れる、奇妙なクレーター; 長い間説明されていない半球の二分法; リルとトレンチの奇妙なネットワーク; そして、そして途方もないマリネリス峡谷、 火星の表面を 3,000 マイルにわたって横切る広大なキャニオン。 26 27 28 29 The question is, can very powerful lightning produce tridymite? この問題は、非常に強力な雷が、 トライドマイトを生成できるか?ということです。 30 Tridymite is a crystalline form of quartz which forms under low pressures at extremely high temperatures. トライドマイトは、非常に高い温度の 低圧下で形成される水晶の結晶形です。 31 Consider the relationship between tridymite and another high temperature silicate called lechatelierite which is a form of silica glass found in lightning strike features. トライドマイトと、落雷の特徴に見られる シリカガラスの一種であるレシャテリエライト と呼ばれる別の高温ケイ酸塩との関係を考えてみましょう。 32 In fact tridymite has indeed been found as a product of lightning. 実際、トライドマイトは、 雷の産物として発見されています。 33 In the book “The Data of Geochemistry” tridymite was reported as the product of lightning on a roofing slate. 本「地球化学のデータ」では、 トライドマイトは屋根材スレートへの 落雷の産物であると報告されています。 34 35 No volcanism required. 火山活動は必要ありません。 The very focused and limited range of tridymite's presence at Gale crater's central peak should be expected if it was produced by a stupendous lightning bolt. トライドマイトが、巨大な稲妻によって生成された場合、 ゲイル・クレーターの中央ピークでのトライドマイトの 存在の非常に集中的で限られた範囲が予想されます。 36 It must also be mentioned that craters with central peaks have been commonly observed for many decades in experiments with electrical discharge to solid surfaces. また、固体表面への放電の実験では、 中央のピークを持つクレーターが何十年にもわたって 一般的に観察されてきたことにも言及する必要があります。 37 It's also important to consider another type of mineral on Mars known as perchlorate. パーコレイト(過塩素酸塩)として知られる 火星の別の種類の鉱物を考慮することも重要です。 38 The mineral is found in such abundance on Mars that some have considered its potential as a health hazard to future astronauts. この鉱物は火星に豊富に存在するため、 将来の宇宙飛行士の健康を害する 可能性があると考える人もいます。 39 Various perchlorates are known to form by electrochemical processes or by electrolysis, and it's been discovered that lightning strikes can produce perchlorate in the presence of chlorite. 様々なパーコレイト(過塩素酸塩)は、 電気化学的プロセスによって、 または電気分解によって形成することが知られており、 そして、稲妻が亜塩素酸塩の存在下で パーコレイト(過塩素酸塩)を産生できることが発見されています。 40 41 Amazingly, perchlorates are 10,000 times more abundant on Mars than sands or soils. 驚くべきことに、パーコレイト(過塩素酸塩)は、 (通常の)砂や土よりも火星では、10,000倍豊富です。 42 Again, we're left to question the potential for meaningful progress in astronomy and all of the theoretical sciences when the major surprises fail to force any real reassessment of consensus theory. 繰り返しになりますが、大きな驚きが、 コンセンサス理論の真の再評価を強制出来ないなら、 天文学とすべての理論科学における 有意義な進歩の可能性に疑問を投げかけることになります。 43 44 Institutionalized science does indeed rewrite history through ad hoc provisions of theory, but always in a fashion that never challenges the underlying paradigms. 制度化された科学は、 確かにその場しのぎの理論の規定を通じて歴史を書き換えますが、 常に根底にあるパラダイムに挑戦することのない方法で行ないます。 45 A beautiful parallel to the Martian tridymite mystery can be found in just one of the endless puzzles in comet science. 火星のトライドマイトの謎と見事に一致するものは、 彗星科学での果てしないパズルの 1 つに見つけることが出来ます。 46 The Electric Universe has always stated that our solar system's comets, asteroids and meteoroids were formed in the same epoch of planetary instability that produced the dramatic geology of the rocky planets. エレクトリック・ユニバースは、 太陽系の彗星、小惑星、隕石が、 岩石惑星の劇的な地質学を生み出した、 惑星不安定の同じ時代に形成されたと常に述べてきました。 47 48 Of course from this perspective, comets are not the primordial dirty snowballs of standard theory. もちろん、この観点からすれば、 彗星は標準理論の原始的な汚れた雪玉ではありません。 49 Comet nuclei should appear exactly as they have in every instance they've been photographed: rocky, desiccated and displaying extreme planetary geology. 彗星の核(芯)は、撮影されたすべての例と まったく同じように表示されるはずです: 岩が多く、乾燥し、極端な惑星の地質を示しています。 50 If these bodies were indeed electrically blasted from the surfaces of planets, then of course we expect to find minerals that form at super-hot temperatures. これらの物体が実際に惑星の表面から電気的に吹き飛ばされた場合、 もちろん、超高温で形成される鉱物が見つかると予想されます。 51 This prediction was confirmed over a decade and a half ago when NASA's Stardust Mission returned dust samples from the comet Wild-2. この予測は、NASA のスターダスト・ミッションが、 ワイルド 2 彗星からのダスト・サンプルを 持ち帰った 15 年以上前に確認されました。 52 When scientists on Earth tested the material, what they found was so unexpected, they initially thought that the early sample may have been contaminated by the spacecraft. 地球上の科学者がこの物質をテストしたとき、 彼らが発見したことは非常に予想外であり、 最初は初期のサンプルが宇宙船によって 汚染された可能性があると考えていました。 53 Rather than the expected ancient interstellar grains, the Wild-2 dust grains were much larger than expected and contained minerals such as anorthite and diopside which require temperatures of thousands of degrees. 予想された、古代の恒星間粒子ではなく、 ワイルド-2ダスト粒子は予想よりもはるかに大きく、 数千度の温度を必要とするアノーサイトや ディオプサイドなどの鉱物を含んでいました。 54 55 56 57 NASA curator Michael Zolensky said of the discovery, NASA のキュレーター(学芸員)である マイケル・ゾレンスキーは、 この発見について次のように述べています、 “That's a big surprise. People thought comets would just be cold stuff that formed out...where things are very cold...It was kind of a shock to not just find one but several of these, which implies they are pretty common in the comet.” 「それは大きな驚きです。 人々は、彗星は形成された場所での 冷たいものだと思っていました... そこは物事が非常に寒い場所です... これらが1つだけでなく、いくつかを見つけることは、一種のショックでした、 これは、それらが彗星でかなり一般的であることを意味します。」 58 Like the aforementioned efforts to fit the Martian tridymite enigma into the conventional framework of our solar system's four and a half billion year history, comet scientists responded to the shocking Wild-2 discoveries with similar ad hoc speculations. 前述の火星トライドマイトの謎を、 太陽系の 45 億年の歴史の従来の枠組みに 当てはめようとする取り組みと同様に、 彗星科学者達は、ワイルド-2の発見での衝撃的な結果に 同様のアドホックな推測によって反応しました。 59 60 These range from the comet forming very close to the Sun, then being hurled into the outer solar system, to explosive collisions in the early solar system and ironically, even lightning in the primordial nebular cloud. 彗星が太陽の非常に近くで形成され、 その後、太陽系外縁部に投げ出されるこれらの期間は、 初期の太陽系での爆発的な衝突の期間、 そして皮肉なことに、原始星雲での稲妻の期間にまで及びます。 61 62 63 Again, the alleged causative events are placed billions of years in the past and are always restricted to the unproven and very limited processes in the standard theoretical toolkit. 繰り返しになりますが、 原因とされる出来事は何十億年も前の過去に設定されており、 そして、それらは標準的な理論的ツールキットの 証明されていない非常に限られたプロセスに常に制限されています。 64 65 A recurring statement I've made over many years is that the Electric Universe Community can only hope for a fair and thorough hearing in the court of scientific investigation. 私が何年にもわたって繰り返してきた声明は、 エレクトリック・ユニバース・コミュニティは、 科学的調査の法廷の中で、公平かつ徹底的な 審理が行われる為の唯一の期待であるということです。 66 One cannot claim that this hearing has occurred unless, or until, institutionalized science actually tests the predictive theories of the Electric Universe. 制度化された科学が実際に、 エレクトリック・ユニバースの 予測理論をテストしない限り、またはそれまでは、 この公聴会が行われたと主張することはできません。 67 Why this has taken so long to happen, may itself prove to be a mystery for future generations to ponder. なぜ、その公聴会が持たれるのに、 そんなに時間がかかったのか、 それ自体が、将来の世代の熟考によって、 謎であることが判明するかもしれません。 (^-^) 68

ザ・サンダーボルツ勝手連  [Mel Acheson・・ Playing w/Key Thinking ・・ Thunderbolts メル・アチソン・・キー思考で遊ぶ・・ サンダーボルツ] 

この物語の一連の弧の、最初のエピソード「新しい思考で遊ぶ」で説明したように、 科学活動は一般的に考えられているように観察から始まるものではありません。

1


それは、特定の一般的な推測や世界観で 選択された観察を理解するという期待から始まります。

 


私はこれらの推測を、現在が過去への鍵であるという ジェームズ・ハットンによる18世紀の提案にちなんで 「鍵となる推定」と呼ぶことにします。


伝統的に、これらの理解できるという期待は メタフィジックス(形而上学)と呼ばれてきました。


メタは物理学の批判的評価に関係しているので、 「物理学を超えて」、または「物理学の後に」を意味します。 メタフィジカル形而上学(超物理学)的鍵は、 観察を選択し、それらの可能な解釈についての思考を 制限する認知的枠組みを管理可能なサイズに設定します。

 


この選択された観察は 証拠とみなされます。


異なる推定、異なる形而上学(超物理学)的鍵があれば、 観察のための可能な解釈のセットは異なるでしょう。


この証拠は、 キーごとに異なります。

10


異なる鍵の可能性は、 トーマス・クーンの一般的な議論を踏まえると、 パラダイムシフトと呼ばれるものを可能にするものです。

11


このエピソードでは、 鍵と成る思考で遊びます。 プラズマの振る舞いに気づくと、 ハットンの鍵は時間的な局所主義であることが明らかになる。

12

 

13


期間の長さは、 現在を区切ります。

14


プラズマイベントは、 べき乗則分布に従っているように見えます。

15

 

16


頻繁に起こる多くの小さな、より低いエネルギーのイベントと、 めったに起こらないいくつかの大きな高エネルギーのイベント。 地球規模の出来事、例えば、1000年に一度しか起こらない 壊滅的な結果を伴う超高エネルギーの太陽フレアは、 現在の単なる1世紀にわたる定義には含まれません。

17

 

18

 

19


その時間的局所主義は、横暴な組織や、 現在に表現を持たない神話で自分自身を正当化する伝統を保存したり、 反抗したりする政治的および心理的インセンティブがある場合に特に強調されます。

20


稀な高エネルギープロセスを含む現在は、 観測の受け入れられた解釈に疑問を投げかけるでしょう。

21


受け入れられている理論、理論の根底にある世界観の拡大は、 より大きく、より速く、より複雑な可能性を含むように、それらを覆すでしょう。

22


地質学的記録、そうでなければ曖昧な観測の重要な解釈は、 原子崩壊速度を混乱させるプロセスによって細断され、 一度に複数の歪んだ層に地層が堆積する可能性があります。

23

 

24


鍵による解釈に関連する、長い時間の崩縮は、 高速で段階的な種分化のようなアイデアに 進化的思考の場所を開くでしょう。

25


高エネルギープラズマイベントを含む現在は、 これまで理解できないものとして却下されてきた 先史時代からの大量の証拠に対する自然主義的解釈も提供します。

26


たとえば、世界中のペトログリフは、 80数個のいくつかの同様の形を描いています。

27


もし彼らが日の出や狩猟や雷雨嵐を描いたら、 それらは私たちの現在の理論によって説明され、 私たちはそれらについてこれ以上考えないでしょう。

28


しかし、彼らは異星のものを描いています: スクワット動作のフィギュア、 アヒル頭のヒューマノイドフィギュア、 奇妙な幾何学的フィギュアなど。

29

 

30

 

31

 

32


彼らの起源に関する一般的な推測は、 古代の芸術家が幻覚を見ていたということです。

33


しかし、なぜ世界中の古代の芸術家が同様の幻覚を持ち、 先史時代の同様の時代にのみ起こるのでしょうか?

34

 

35


ペトログリフが表す形が何であれ、 それ以来見られていません。今日まで。

36


それらはプラズマ実験室で 不安定性とパルスパワー放電として現れます。

37


不安定性の写真が同様のサイズに拡大されると、 ペトログリフのイメージがほぼ正確に重なります。

38

 

39


私たちの新しい機器では、地球や他の惑星の磁気圏、 プラズマ用語でのシース(さや)が、電気回路の ひもで縛られていることを知っています。

40


多くは太陽とつながっています。

41


フレアは、磁気嵐やオーロラ、 電力網の停電を引き起こすために、 それらの中の電力をバンプアップすることができます。

42


他の太陽に似た恒星で観測された1桁以上のパワーを持つまれなフレアは、 実験室のパルスパワー放電に似た破壊放電を引き起こす可能性がありますが、 惑星規模のスケールで発生します。

43


不安定さは空に現れ、 何日も続くでしょう。

44


惑星とその生き物への付随的な損傷は、 アーティストがテキストや絵画で出来事を記録するのを妨げ、 画像を岩に彫り込む、より永続的なテクニックを示唆しています。

45


しかし、ハットンの鍵はそのような可能性を許さないので、 証拠は観察の許容可能な選択から除外されます。 別の例を次に示します。 世界中の神話は、似たようなテーマや キャラクターで似たような物語を語っています。

46


もし彼らが日の出や狩猟や雷雨嵐について語れば、 それらは現在の理論によって説明され、 私たちはそれらについてこれ以上考えないでしょう。

47


しかし、彼らは エイリアン(異星)の物語を語ります。

48

 

49

 

50


戦争を繰り広げる空の神々、 戦士の英雄、投げる雷電、ドラゴン。 彼らの起源に関する一般的な推測は、 古代のストーリーテラーが幻覚を見ていたということですが、 なぜ世界中の古代のストーリーテラーは同様の幻覚を持ち、 先史時代の同様の時代にのみ起こったのでしょうか?

51


物語が語っている出来事が何であれ、 それ以来見られていません。今日まで。

52


それらは、プラズマ実験室における パルス電力放電の不安定性として現れます。

53


実験室規模ではわずか数ナノ秒しか続かない ねじれと脈動のプラズマ放電は、惑星規模では 数日または数週間続く可能性があります。

54

 

55


進化する形は、人間のような 小さな柔らかい生き物が それらに巻き込まれたために劇的です。

56


もし目撃者たちが、自分たちの経験を描写するための 科学的な言説的な散文を持たず、擬人化された劇的な詩だけを持っていたら、 彼らはその出来事を追悼するために神話的な詩を作るだろう。

57


アーヴィング・ラングミュアが プラズマの実験を始める前は、 プラズマは放射物質と呼ばれていました。

58


ラングミュアが「プラズマ」という言葉を借りたのは、 その放射物質の振る舞いが生き物のプロセスを思い出させたからです。

59


オーロラの次元にスケールアップされたプラズマ放電は、 巨大な発光生物として現れ、空でドラゴンと互いに戦う。

60


空の神々の間での出来事は、 地面に投げつけられた雷電と 地球の激動を伴うならば、特に印象的です。 しかし、ハットンの鍵はそのような可能性を許さないので、 証拠は観察の許容可能な選択から除外されます。

61


ペトログリフのイメージと神話の テーマの間には多くの類似点があります: 軸ムンディの人物や神話、 柱状の形や天国へのはしご、同心円状の車輪など。

62

 

63

 

64

 

65


画像の類似性は、 現象の類似性を示唆しています。 プラズマ放電の不安定性です。

66


これは、神話作りの時代の先史時代の人々が 地球の激変を経験したかもしれないという考えに 過去の可能性を開きます。

67


町全体が天からの爆風によって破壊されたかもしれません; 古代の人々が証言したように、プラズマは宇宙から放出されます。

68


彼らは蝋のように溶ける山々を目撃したかもしれません; そして火の川は、谷を彫る; そして海は地域全体に溢れています。

69


それは古代の書物が 彼らが目撃したと言っているものです。 私たちは、たとえ私たちがそれを理解していなくても、 人々が彼らの起源について言うことを尊重するべきです。

70


プラズマ挙動の鍵により、 許容される証拠の範囲は、 より大きく、より包括的になります。

71


ペトログリフと神話は、 物理現象の現れとして説明可能になります: 惑星規模のプラズマ放電。

72


しかし、注意が必要です。 私たちは、経験間の類似性に気づき、 ソースの経験の論理を同様の経験に 引き継ぐことによって、比喩で考えます。

73

 

74

 

75


しかし、比喩は 類似点を強調するだけでなく、非類似点も隠します。

76


それは、非類似点を見落としたり、 類似点をアイデンティティと間違えたり、 私たちがそれをすべて知っていると結論付けたりする事を簡単にさせます。

77


This applies not only to myth and plasma, but also to gravity and planets. これは神話やプラズマだけでなく、 重力や惑星にも当てはまります。

78


類似と同一の比喩におけるこのギャップは、 私たちが知識と呼ぶものにおいて 本質的な認識論的不確実性を構成する。 その不確実性が トラウマに誘発された恐怖に染み込んでいると、 私たちがもっと知っているか、知らないか、 そして正当化されるよりも大きな自信を持って 信じるか、信じないかという衝動を引き起こします。

79

 

80


私たちは、本質的な不確実性と、 しばしば無意識の形而上学的鍵で、 どのように知っているかという問題から注意をそらし、 私たちが知っていると主張するものに 疑問の余地のない信念を置く傾向があります。

81

 

82


普遍性と絶対性の意味を持つ真理よりも 比喩のより適切な基準は、適性です。

83


類似点をテストし、 適性の領域を発見する必要があります。

84


例えば、ニュートンが、リンゴが落下したとされる経験から 引き継がれた重力理論の比喩は、 銀河の動きを説明するのに使われると不適切になります。

85


一方、プラズマの不安定性の比喩は、 ペトログリフと神話の間のこれまで説明できなかった 共通点を説明するのに適しているかもしれません。

86

 

87


プラズマの振る舞いに気づくことは、 今日の出来事について私たちが知っていると思うことを 再構成するだけでなく、私たちの以前の 信念と盲点の慣性に覆われてきた先史時代を照らします。

88


これは一様主義的形而上学を その頭の上にひっくり返します: 過去が現在への鍵なのかもしれません。

89


古代のグリフや神話は、 プレゼンティスト(現在主義)の 偏見を解き放つ鍵となるかもしれない。 科学の適性の基準は、真理ではなく、 その暫定性を認識し、理論をあたかも 宗教的教義であるかのように信じる傾向を打ち消します。

90


ここでの私の関心は、ペトログリフや神話に 追悼されたこれらの出来事が何であったか、 あるいはどのように説明されるかということではなく、 私たちがそれらについてどのように考えるかにあります。

91


私たちは、明瞭さの可能性、 それらを理解する首尾一貫した物語を構成する 可能性を示唆する秩序あるパターンを認識します。

92


これらの証拠のパターンは、 できるだけ多くの他の観察に適合するように、 または修正するようにどのように解釈できますか?

93


他の観察のうち、いくつが異なる形而上学的鍵で再選択され、 再解釈される可能性があるか、またはそうあるべきでしょうか?

94


新しい解釈は、私たちが物事をすることを可能にするだろうか; 新しいプロセスを発明し、新しいガジェット(道具)を構築する; そして、私たちの生活を向上させる新しい価値を創造するために?

95


次回の最後となるエピソードでは、 この物語の弧全体を、 今日の私たちの日常生活に結びつけます。

96


私たちは、最終的な考えにたどり着いた、 とは決して考えてはいけません。

97


私たちは「他に何ができるだろうか」と 尋ねるのを決してやめてはなりません。 私たちは自分自身と自分の考えを、 あまりにも真剣に受け止めてはなりません。

98


私たちは決して思考で遊ぶのをやめるべきではありません。(^-^)

99


――――――――  As I explained in the first episode of this story arc “Playing with New Thinking”, scientific activity doesn't begin with observation, as commonly thought. この物語の一連の弧の、最初のエピソード「新しい思考で遊ぶ」で説明したように、 科学活動は一般的に考えられているように観察から始まるものではありません。 It begins with expectations of making sense of selected observations with particular general presumptions or world- views. それは、特定の一般的な推測や世界観で 選択された観察を理解するという期待から始まります。 I'll call these presumptions ‘Key Presumptions’ after James Hutton's 18th century proposal that the present is the key to the past. 私はこれらの推測を、現在が過去への鍵であるという ジェームズ・ハットンによる18世紀の提案にちなんで 「鍵となる推定」と呼ぶことにします。 Traditionally these expectations of making sense have been called metaphysics. 伝統的に、これらの理解できるという期待は メタフィジックス(形而上学)と呼ばれてきました。 Meta meaning beyond, or after physics, because it's concerned with a critical evaluation of physics. メタは物理学の批判的評価に関係しているので、 「物理学を超えて」、または「物理学の後に」を意味します。 Metaphysical keys set the cognitive framing which selects observations, and constrains one's thinking about the possible interpretations of them, to a manageable size. メタフィジカル形而上学(超物理学)的鍵は、 観察を選択し、それらの可能な解釈についての思考を 制限する認知的枠組みを管理可能なサイズに設定します。 The selected observations are then considered to be evidence. この選択された観察は 証拠とみなされます。 With a different presumption, a different metaphysical key, the set of possible interpretations for observations will be different. 異なる推定、異なる形而上学(超物理学)的鍵があれば、 観察のための可能な解釈のセットは異なるでしょう。 The evidence will be different with each key. この証拠は、 キーごとに異なります。 The possibility of different keys is what allows for what is called, in popular discussions after Thomas Kuhn, paradigm shifts. 異なる鍵の可能性は、 トーマス・クーンの一般的な議論を踏まえると、 パラダイムシフトと呼ばれるものを可能にするものです。 In this episode we'll be playing with Key Thinking. このエピソードでは、 鍵と成る思考で遊びます。 An awareness of plasma behavior reveals Hutton's Key to be temporal provincialism. プラズマの振る舞いに気づくと、 ハットンの鍵は時間的な局所主義であることが明らかになる。 How long a time span will demarcate the present. 期間の長さは、 現在を区切ります。 Plasma events appear to follow a power law distribution. プラズマイベントは、 べき乗則分布に従っているように見えます。 Many small, lower energy events that happen often, and a few large higher energy events that happen rarely. 頻繁に起こる多くの小さな、より低いエネルギーのイベントと、 めったに起こらないいくつかの大きな高エネルギーのイベント。 A global event, say an ultra-energetic solar flare with catastrophic consequences that occurs only once in a thousand years, will not be included in a mere century-long definition of the present. 地球規模の出来事、例えば、1000年に一度しか起こらない 壊滅的な結果を伴う超高エネルギーの太陽フレアは、 現在の単なる1世紀にわたる定義には含まれません。 That temporal provincialism will be especially emphasized if there are political and psychological incentives to preserve, or to rebel against a domineering organization, or a tradition that justifies itself with myths that have no representations in the present. その時間的局所主義は、横暴な組織や、 現在に表現を持たない神話で自分自身を正当化する伝統を保存したり、 反抗したりする政治的および心理的インセンティブがある場合に特に強調されます。 A present that includes rare high energy processes will raise doubts about the accepted interpretations of observations. 稀な高エネルギープロセスを含む現在は、 観測の受け入れられた解釈に疑問を投げかけるでしょう。 The accepted theories, the expansion of the worldview that underlies the theories to include larger, faster and more intricate possibilities, will overturn them. 受け入れられている理論、理論の根底にある世界観の拡大は、 より大きく、より速く、より複雑な可能性を含むように、それらを覆すでしょう。 The geological record, a key interpretation of otherwise ambiguous observations, will be shredded by processes that disrupt atomic decay rates, and that may deposit geological strata in multiple distorted layers at once. 地質学的記録、そうでなければ曖昧な観測の重要な解釈は、 原子崩壊速度を混乱させるプロセスによって細断され、 一度に複数の歪んだ層に地層が堆積する可能性があります。 The collapse of long time, a related key interpretation will open up evolutionary thinking to such ideas as fast, stepwise speciation. 鍵による解釈に関連する、長い時間の崩縮は、 高速で段階的な種分化のようなアイデアに 進化的思考の場所を開くでしょう。 A present that includes high energy plasma events, will also provide naturalist interpretations for a large quantity of evidence from prehistory that heretofore has been dismissed as unintelligible. 高エネルギープラズマイベントを含む現在は、 これまで理解できないものとして却下されてきた 先史時代からの大量の証拠に対する自然主義的解釈も提供します。 For example, petroglyphs around the world depict 80 some similar forms. たとえば、世界中のペトログリフは、 80数個のいくつかの同様の形を描いています。 If they depicted sunrises and hunting and thunderstorms, they would be explained by our present theories and we would think no more about them. もし彼らが日の出や狩猟や雷雨嵐を描いたら、 それらは私たちの現在の理論によって説明され、 私たちはそれらについてこれ以上考えないでしょう。 But they depict alien things: squatter figures, duck-headed humanoid figures, strange geometric figures, and so on. しかし、彼らは異星のものを描いています: スクワット動作のフィギュア、 アヒル頭のヒューマノイドフィギュア、 奇妙な幾何学的フィギュアなど。 A common speculation for their origin is that the ancient artists were hallucinating. 彼らの起源に関する一般的な推測は、 古代の芸術家が幻覚を見ていたということです。 But why would ancient artists around the world have similar hallucinations, and only during a similar era of prehistory? しかし、なぜ世界中の古代の芸術家が同様の幻覚を持ち、 先史時代の同様の時代にのみ起こるのでしょうか? Whatever forms the petroglyphs represent haven't been seen since. Until today. ペトログリフが表す形が何であれ、 それ以来見られていません。今日まで。 They appear as instabilities and pulse power discharges in plasma laboratories. それらはプラズマ実験室で 不安定性とパルスパワー放電として現れます。 When the photographs of the instabilities are enlarged to a similar size, they overlay the petroglyph image almost exactly. 不安定性の写真が同様のサイズに拡大されると、 ペトログリフのイメージがほぼ正確に重なります。 With our new instruments we know that the magnetospheres, sheaths in plasma terms, of Earth and the other planets are laced with electrical circuits. 私たちの新しい機器では、地球や他の惑星の磁気圏、 プラズマ用語でのシース(さや)が、電気回路の ひもで縛られていることを知っています。 Many are connected to the Sun. 多くは太陽とつながっています。 Flares can bump up the power in them to cause magnetic storms and auroras and power grid blackouts. フレアは、磁気嵐やオーロラ、 電力網の停電を引き起こすために、 それらの中の電力をバンプアップすることができます。 Infrequent flares with an order or more greater magnitude of power, which have been observed on other Sun-like stars, could cause breakdown discharges similar to the pulse power ones in labs, but on a planet- sized scale. 他の太陽に似た恒星で観測された1桁以上のパワーを持つまれなフレアは、 実験室のパルスパワー放電に似た破壊放電を引き起こす可能性がありますが、 惑星規模のスケールで発生します。 The instabilities would appear in the sky and last for days. 不安定さは空に現れ、 何日も続くでしょう。 The collateral damage to the planet and its creatures would discourage artists from documenting the events with texts or paintings, and suggests the more permanent technique of pecking the images into rocks. 惑星とその生き物への付随的な損傷は、 アーティストがテキストや絵画で出来事を記録するのを妨げ、 画像を岩に彫り込む、より永続的なテクニックを示唆しています。 But Hutton's key doesn't allow such possibilities, so the evidence is excluded from allowable selections of observations. しかし、ハットンの鍵はそのような可能性を許さないので、 証拠は観察の許容可能な選択から除外されます。 Here's another example. 別の例を次に示します。 Myths around the world tell similar stories with similar themes and characters. 世界中の神話は、似たようなテーマや キャラクターで似たような物語を語っています。 If they told of sunrises and hunting and thunderstorms, they would be explained by our present theories and we would think no more about them. もし彼らが日の出や狩猟や雷雨嵐について語れば、 それらは現在の理論によって説明され、 私たちはそれらについてこれ以上考えないでしょう。 But they tell alien stories. しかし、彼らは エイリアン(異星)の物語を語ります。 Sky gods waging wars, warrior heroes, hurling thunderbolts, dragons. 戦争を繰り広げる空の神々、 戦士の英雄、投げる雷電、ドラゴン。 A common speculation for their origin is that the ancient storytellers were hallucinating, but why would ancient storytellers around the world have similar hallucinations, and only during a similar era of prehistory? 彼らの起源に関する一般的な推測は、 古代のストーリーテラーが幻覚を見ていたということですが、 なぜ世界中の古代のストーリーテラーは同様の幻覚を持ち、 先史時代の同様の時代にのみ起こったのでしょうか? Whatever events the stories are telling haven't been seen since. Until today. 物語が語っている出来事が何であれ、 それ以来見られていません。今日まで。 They appear as instabilities in pulse power discharges in plasma laboratories. それらは、プラズマ実験室における パルス電力放電の不安定性として現れます。 The twisting and pulsing plasma discharges that last only several nanoseconds at a laboratory scale, could last for days or weeks at a planetary scale. 実験室規模ではわずか数ナノ秒しか続かない ねじれと脈動のプラズマ放電は、惑星規模では 数日または数週間続く可能性があります。 The evolving forms would be dramatic for small soft creatures like humans caught up in them. 進化する形は、人間のような 小さな柔らかい生き物が それらに巻き込まれたために劇的です。 If the witnesses had no scientific discursive prose with which to describe their experiences, but only anthropomorphic, dramatic poetry, they would make mythic poems to memorialize the events. もし目撃者たちが、自分たちの経験を描写するための 科学的な言説的な散文を持たず、擬人化された劇的な詩だけを持っていたら、 彼らはその出来事を追悼するために神話的な詩を作るだろう。 Before Irving Langmuir began experimenting with plasma, it was called radiant matter. アーヴィング・ラングミュアが プラズマの実験を始める前は、 プラズマは放射物質と呼ばれていました。 Langmuir borrowed the term ‘plasma’ because the behavior of radiant matter reminded him of living processes. ラングミュアが「プラズマ」という言葉を借りたのは、 放射物質の振る舞いが生きたプロセスを思い出させたからです。 Scaled up to auroral dimensions, plasma discharges would appear as giant luminous living creatures, fighting dragons and each other in the sky. オーロラの次元にスケールアップされたプラズマ放電は、 巨大な発光生物として現れ、空でドラゴンと互いに戦う。 The events among the sky gods would be especially impressive if they were accompanied by thunderbolts hurled to the ground, and by upheavals in the earth. 空の神々の間での出来事は、 地面に投げつけられた雷電と 地球の激動を伴うならば、特に印象的です。 But Hutton’s key doesn't allow such possibilities, so the evidence is excluded from allowable selections of observations. しかし、ハットンの鍵はそのような可能性を許さないので、 証拠は観察の許容可能な選択から除外されます。 There are many similarities between petroglyph images and mythic themes: Axis Mundi figures and myths, columnar forms and ladders to heaven, concentric wheels and so on. ペトログリフのイメージと神話の テーマの間には多くの類似点があります: 軸ムンディの人物や神話、 柱状の形や天国へのはしご、同心円状の車輪など。 The similarities of images suggest a similarity of phenomena. 画像の類似性は、 現象の類似性を示唆しています。 Plasma discharge instabilities. プラズマ放電の不安定性です。 This opens the possibilities of the past to the idea that prehistoric people in the age of myth-making, may have experienced upheavals of the earth. これは、神話作りの時代の先史時代の人々が 地球の激変を経験したかもしれないという考えに 過去の可能性を開きます。 Entire cities may have been destroyed by blasts from heaven; plasma discharges from space, as the ancient people testified. 町全体が天からの爆風によって破壊されたかもしれません; 古代の人々が証言したように、プラズマは宇宙から放出されます。 They may have witnessed mountains, melting like wax; and rivers of fire, carving valleys; and seas overflowing entire regions. 彼らは蝋のように溶ける山々を目撃したかもしれません; そして火の川は、谷を彫る; そして海は地域全体に溢れています。 That's what the ancient writings say they witnessed. それは古代の書物が 彼らが目撃したと言っているものです。 We should respect what people say about their origins, even if we don't understand it. 私たちは、たとえ私たちがそれを理解していなくても、 人々が彼らの起源について言うことを尊重するべきです。 With the key of plasma behavior, the range of allowable evidence is larger and more inclusive. プラズマ挙動の鍵により、 許容される証拠の範囲は、 より大きく、より包括的になります。 Petroglyphs and myths become explainable as manifestations of a physical phenomenon: planetary scale plasma discharges. ペトログリフと神話は、 物理現象の現れとして説明可能になります: 惑星規模のプラズマ放電。 But caution is warranted. しかし、注意が必要です。 We think in metaphors by noticing similarities among experiences, and carrying the logic of the source experiences over to the similar experiences. 私たちは、経験間の類似性に気づき、 ソースの経験の論理を同様の経験に 引き継ぐことによって、比喩で考えます。 However, metaphors not only highlight similarities, they also hide dissimilarities. しかし、比喩は 類似点を強調するだけでなく、非類似点も隠します。 It's easy to overlook the dissimilarities, to mistake the similarities for identities, and to conclude that we know it all. それは、非類似点を見落としたり、 類似点をアイデンティティと間違えたり、 私たちがそれをすべて知っていると結論付けたりする事を簡単にさせます。 This applies not only to myth and plasma, but also to gravity and planets. これは神話やプラズマだけでなく、 重力や惑星にも当てはまります。 That gap in the metaphor between similar and identical, constitutes an essential epistemic uncertainty in what we call knowledge. 類似と同一の比喩におけるこのギャップは、 私たちが知識と呼ぶものにおいて 本質的な認識論的不確実性を構成する。 If that uncertainty is imbued with trauma-induced terror, it will generate a compulsion to believe, or to disbelieve, that we know more, or don't, and with greater confidence than is justified. その不確実性が トラウマに誘発された恐怖に染み込んでいると、 私たちがもっと知っているか、知らないか、 そして正当化されるよりも大きな自信を持って 信じるか、信じないかという衝動を引き起こします。 We tend to turn our attention away from the question of how we know, with its essential uncertainty and often unconscious metaphysical keys, and to place an unquestioning belief in what we claim to know. 私たちは、本質的な不確実性と、 しばしば無意識の形而上学的鍵で、 どのように知っているかという問題から注意をそらし、 私たちが知っていると主張するものに 疑問の余地のない信念を置く傾向があります。 A more appropriate criterion for metaphors than truth with its implication of universality and absoluteness, is aptness. 普遍性と絶対性の意味を持つ真理よりも 比喩のより適切な基準は、適性です。 The similarities must be tested and the domains of aptness discovered. 類似点をテストし、 適性の領域を発見する必要があります。 For example, the metaphor of gravity theory, carried over from Newton's alleged experience of a falling apple, becomes inapt when used to explain galactic motions. 例えば、ニュートンが、リンゴが落下したとされる経験から 引き継がれた重力理論の比喩は、 銀河の動きを説明するのに使われると不適切になります。 On the other hand, the metaphor of plasma instabilities may be apt for explaining hitherto unexplainable commonalities between petroglyphs and myths. 一方、プラズマの不安定性の比喩は、 ペトログリフと神話の間のこれまで説明できなかった 共通点を説明するのに適しているかもしれません。 Awareness of plasma behavior not only reconfigures what we think we know about today's events, but also illuminates a prehistory that has been shrouded by the inertia of our prior beliefs and blind spots. プラズマの振る舞いに気づくことは、 今日の出来事について私たちが知っていると思うことを 再構成するだけでなく、私たちの以前の 信念と盲点の慣性に覆われてきた先史時代を照らします。 This turns the uniformitarian metaphysics on its head: the past may be the key to the present. これは一様主義的形而上学を その頭の上にひっくり返します: 過去が現在への鍵なのかもしれません。 Ancient glyphs and myths may be a key to unlocking a presentist prejudice. 古代のグリフや神話は、 プレゼンティスト(現在主義)の 偏見を解き放つ鍵となるかもしれない。 A criterion of aptness for science, instead of truth, recognizes its provisionality and counteracts the tendency to believe in theories as if they were religious dogmas. 科学の適性の基準は、真理ではなく、 その暫定性を認識し、理論をあたかも 宗教的教義であるかのように信じる傾向を打ち消します。 My interest here is not so much in what those events, memorialized in petroglyphs and myths, might have been or on how they might be explained, but in how we think about them. ここでの私の関心は、ペトログリフや神話に 追悼されたこれらの出来事が何であったか、 あるいはどのように説明されるかということではなく、 私たちがそれらについてどのように考えるかにあります。 We perceive orderly patterns that suggest the possibility of intelligibility, of composing a coherent narrative that will make sense of them. 私たちは、明瞭さの可能性、 それらを理解する首尾一貫した物語を構成する 可能性を示唆する秩序あるパターンを認識します。 How could those patterns of evidence be interpreted so as to fit in with, or modify, as many of other observations as possible? これらの証拠のパターンは、 できるだけ多くの他の観察に適合するように、 または修正するようにどのように解釈できますか? How many of the other observations could be, or should be, re-selected and reinterpreted with different metaphysical keys? 他の観察のうち、いくつが異なる形而上学的鍵で再選択され、 再解釈される可能性があるか、またはそうあるべきでしょうか? Could the new interpretations enable us to do things; to invent new processes and to build new gadgets; and to create new values that would improve our lives? 新しい解釈は、私たちが物事をすることを可能にするだろうか; 新しいプロセスを発明し、新しいガジェット(道具)を構築する; そして、私たちの生活を向上させる新しい価値を創造するために? The next and final episode will bring this entire story arc to bear on our daily lives today. 次回の最後となるエピソードでは、 この物語の弧全体を、 今日の私たちの日常生活に結びつけます。 We should never think that we've arrived at a final thought. 私たちは、最終的な考えにたどり着いた、 とは決して考えてはいけません。 We should never stop asking, ‘what else could it be?’ 私たちは「他に何ができるだろうか」と 尋ねるのを決してやめてはなりません。 We should never take ourselves and our thinking too seriously. 私たちは自分自身と自分の考えを、 あまりにも真剣に受け止めてはなりません。 We should never stop playing with thinking. (^-^) 私たちは決して思考で遊ぶのをやめるべきではありません。(^-^)

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Ev Cochrane・・ Thor – Love and Thunderbolt ・・ Thunderboltsエヴ・コクラン・・(北欧の雷神)トール – 愛とサンダーボルト ・・サンダーボルツ]


www.youtube.com

約40年前に初めて共同で発表された記事では、 デイブ・タルボットは、異常な神話のモチーフの 理論的科学的重要性を強調した。


(引用)、 「初歩的な経験や論理と矛盾しているように見える 古代の記述は、発見の鍵です。 (引用終了。) 神の雷鳴を取り巻く古代の証言と芸術作品は、 AからZまで異常であり、現在の現実に 四角四面に当てはめることは不可能です。


地上の雷雨嵐の私たちの祖先の経験から派生したおとぎ話であるどころか、 サンダーボルトは畏敬の念を起こさせる素晴らしさと驚異的な力の天にまたがる構造であり、 おそらく何世代にもわたって持ちこたえ、すべての古代神話において重要な役割を果たしました。

 


この出来事に関する数多くの伝統的な記述によると、 創造そのものは、雷電と母なる女神の原始的な結合にさかのぼります。


この世界的に証明された神話テーマの 数多くのバリエーションのおかげで、 問題の壊滅的な出来事は非常に詳細に再構築され、 極地構成の歴史的進化と雷電の多様な形態に 多くの光を当てることができます。

 


おそらく、この原型的な神話のテーマの最も有名な例は、 バッカエの冒頭の行でエウリピデスによって語られた滑稽な物語では、 ゼウスはセメレと燃えるような雷電の形で結合する。

 


(引用)、 「セメレは稲妻の ―火でベッドに運ばれた。」 (引用終了。) ギリシャの伝統によると、雷は乙女に孕ませて、 ディオニュソスを生んだだけでなく、彼女を即座に殺した。

10


さて、ここに最も独特で奇妙な考えがありますが、 どのような意味で雷を含浸力または 受精力として理解することが可能ですか?

11


この古風なテーマの痕跡の残骸は、 アレキサンダー大王の周りで育まれた 伝説的な物語に明らかです。

12


プルタルコスの「アレクサンドロスの生涯」では、 伝説のマケドニアの将軍である、オリンピアは、母親が、 結婚式の夜の前夜に雷電によって授かったと言われています。

13

 

14


(引用、) 「二人の結婚生活が終わる前夜、彼女は、 夢でお告げを見ていました、雷が鳴り響き、子宮が雷に打たれ、 盲目的な閃光が続き、そこから大きな炎が燃え上がり、 ついには消え去る前に遠くまで広がったことを。 現代の読者には奇妙に思えるかもしれませんが、 類似の伝統は世界中で見られるでしょう。

15


北欧の雷神トールは、ゼウスとよく似ており、 その驚異的な豊穣の力で称賛されました。

16


したがって、トールの雷電ミョルニルが厄災のお守りとして機能したため、 エディックの詩「Thrym's Song(スリムの歌)」の有名な一節では、 次のように述べられています、

17

 

18


(引用)、 「結婚する花嫁にハンマーを持って来て、 ミョルニルを乙女の膝の上に置きなさい。」 ヒルダ・デビッドソンは、北欧の伝承の大要で、 そのような考えを、この様に記録した、 雷電を、インプレグナーまたは繁殖者としての 古代の概念に遡り、その生存者は現代までよく存続しています。

19

 

20


トール自身は結婚式で頻繁に引用され、 神々の雷電は多くの花婿の服装の おなじみのアクセサリーを形成しました。

21


(引用)、 「ノルウェースウェーデンの特定の地域では、 花婿が結婚式で斧を背負う習慣であり続けた。 トールが忘れ去られてからずっと後も; この武器は彼に熟達を与え、 また実りある結合を保証するためと言われていた。」 トールの雷は、ここではハンマーではなく斧として 概念化されていたことに注意する必要があります。

22


非常によく似た考えが古代リトアニア語でも証明されており、 ペルクナスの雷の斧は一般に、 生殖能力を促進するエージェントと見なされていました。

23


(引用、) 「リトアニアでは、人生を刺激するシンボルとしての斧は、 性交中の女性のベッドの下に置かれています; または新婚夫婦が渡る敷居に... 播種中、斧は畑に投げ込まれました。」 (引用終了。) ここでも、彼の正直な心情として、燃えるような雷電を 人生を刺激するお守りとして見ない農家は居ないことは明らかです。

24


したがって、この深遠なパズルは、 これらの広範な信念体系によって提示されます。

25


類似の概念は、 古代インドですでに発見されています。

26


雷神パルジャーニャに捧げられた リグ・ヴェーダの次の賛美歌を見てください。

27


(引用、) 「風が吹く。 稲妻が飛ぶ。 植物は飛び上がる。 太陽がうねる。 すべての被造物に爽快感が生まれ、パルジャーニャが精液で地球を助けるとき... (パルジャーニャ)は、この雷鳴と共に近くに来て、私たちの父である主として水を注ぎます。 咆哮!雷!胚をセットしろ!」 ここで雷神は母なる地球に授精し、 彼女の子宮に胚を移植するよう懇願されています。

28


おそらく、この原型的なモチーフの最も初期の証明された例は、 紀元前2000年頃のエジプトの「棺のテキスト」からの記述文148にあります。

29


そこでは、雷電や流星が天から落ちてきて、 イシスに染み込ませたと報告されています。

30


落雷の落下により、 ホルスは母親の子宮に移植されました。

31


(引用、) 「イシスは、彼女の兄、オシリスの種を妊娠して目を覚ます。」 (引用終了。) すなわち、ホルス自身が、 まもなく神々の王になる者です。

32


この調査の冒頭で提起された質問に戻ると、 雷電の古代の伝統をインプレグナーまたは施肥剤として 理解することはどのように可能ですか?

33


古代の神話に捧げられた世界の学術書コーパスを検索することはできますが、 この質問に対する答えの最初のかすかな光さえ見つけることはできません。

34


ホレス(=ホルス)と火星との同一化は、 最も重要な手がかりを提供します。

35


私が他の場所で文書化したように、火星は至る所で、 天から落ちた隕石のような天体として識別されています。

36


例えば、赤い惑星と明確に同一視されているバビロニアの神ネルガルは、 天からの「火の落下」を示す「ミキット・イサトゥ」として呼び出されました。

37


同様に語っているのは、「稲妻」や「流星」を説明するのに 同じフレーズが使われているという事実です。 類似の概念は、新世界の火星と関連していた、 そこでは、スキディ・ポーニーは モーニングスターを落下する流星に明示的に例えました。

38


(引用、) 「今、彼らはモーニングスター自体の起源を歌った、彼らは流星から来たと思った。」 (引用終了。) 同じ基本的な考え方は、スキディの信念でも明らかです、 (引用、) 「明けの明星の力は、火が―突き刺さった石です。」 スキディ・モーニング・スターが 火星と明確に同一視されていたことは分かっています。

39


火星が実際に世界中の先住民族によって、 隕石のような天体として概念化されていたことを考えると、 この発見は、雷電流星が金星に染み込み、それによって創造を引き起こした 古風で一見普遍的な信念体系を理解するのにどのように役立ちますか?

40


ここで提供された歴史的再建によると、 問題の神話は、極軸整列の最も壮観な段階の1つの期間の、 火星から金星への接近をコード化しています。

41


金星の一般的な付近の外側から移動すると、 赤い惑星は金星の中心に流星のように落ちるように見えました。

42

 

43


実際には、火星は金星と地球の間の軌道上にあり、 金星の腹に小さなオーブのように見えました。

44


地球から見上げると、 火星は金星の体内に潜んでいるように見えました。

45


赤い惑星が、はるかに大きな金星の視覚的な輪郭に入るように見えたので、 それ(火星)は、それ(金星)を、妊娠させるものとして概念化されました。

46


あるいは、母なる女神(金星)の、 子宮内に胚を移植することとして。 したがって、私たちは、イシス・ヴィーナスを含浸させる 天から送られた雷撃のエジプトの伝統を理解するでしょう。

47


雷神パルジャーニャが母なる女神の腹に 胚を埋め込むというヴェーダの伝統は、 同様の説明を見いだします。

48


トールの雷鳴が受精力として、 あるいは母なる女神の腹の中に位置するという 神話的な役割も理解できます。

49


そのような伝統は、火星と金星の並外れた結合、 創造の火付け役となった神聖な結婚をコード化しています。

50


言うまでもなく、デイブ・タルボットと私が概説した惑星のシナリオは、 火星が正式に金星の前に現れたことを要求しますが、現在の空では不可能であり、 赤い惑星は常に金星から遠く離れた外側の軌道上を移動します。

51

 

52


しかし、この一連のビデオを通して 何度も何度も強調してきたように、 いわゆる「不可能な状況」が発見の鍵であり、 ここで再構築された自然現象によってもたらされる刺激なしには、 世界中の地上のスカイウォッチャーには決して起こり得ないからです。

53

 

54


そして、火星が金星内に配置されているという事実は、 太陽系の現在の配置を考えると不可能であり、 実際、再構築された惑星構成を、正統派科学によって仮定されたものに対して 現在の歴史的再構成の予測力を評価する上で決定的なテストケースにするのに役立ちます。

55

 

56


私たちは、最近の地球の歴史に対する私たちの理解が 今後数十年で証明されると確信して、 私たちのケースを休ませています。(^-^) ――――――――――  In our very first jointly published article some 40 years ago, Dave Talbott emphasized the theoretical scientific importance of anomalous mythological motifs. 約40年前に初めて共同で発表された記事では、 デイブ・タルボットは、異常な神話のモチーフの 理論的科学的重要性を強調した。 Quote “Ancient statements appearing to contradict elementary experience or logic are key to discovery.” End of quote. (引用)、 「初歩的な経験や論理と矛盾しているように見える 古代の記述は、発見の鍵です。 (引用終了。) The ancient testimony and artwork surrounding the divine thunderbolt is anomalous from A to Z and impossible to square with present reality. 神の雷鳴を取り巻く古代の証言と芸術作品は、 AからZまで異常であり、現在の現実に 四角四面に当てはめることは不可能です。 Far from being a fairy tale deriving from our ancestors experience of a terrestrial thunderstorm, the Thunderbolt was a heaven-spanning structure of awe-inspiring splendor and stupendous power, one which likely endured for generations and played a pivotal role in all ancient mythologies. 地上の雷雨嵐の私たちの祖先の経験から派生したおとぎ話であるどころか、 サンダーボルトは畏敬の念を起こさせる素晴らしさと驚異的な力の天にまたがる構造であり、 おそらく何世代にもわたって持ちこたえ、すべての古代神話において重要な役割を果たしました。 Creation itself, according to numerous traditional accounts of the event, traced to the primordial coupling of a thunderbolt and the mother goddess. この出来事に関する数多くの伝統的な記述によると、 創造そのものは、雷電と母なる女神の原始的な結合にさかのぼります。 Thanks to numerous variations upon this globally attested mytheme, the catastrophic events in question can be reconstructed in great detail shedding much light on the historical evolution of the polar configuration and the thunderbolt's manifold forms. この世界的に証明された神話テーマの 数多くのバリエーションのおかげで、 問題の壊滅的な出来事は非常に詳細に再構築され、 極地構成の歴史的進化と雷電の多様な形態に 多くの光を当てることができます。 Perhaps the most famous example of this archetypal mythological theme is the lurid tale told by Euripides in the opening lines of the Bacchae, wherein Zeus couples with Semele in the form of a fiery thunderbolt. おそらく、この原型的な神話のテーマの最も有名な例は、 バッカエの冒頭の行でエウリピデスによって語られた滑稽な物語では、 ゼウスはセメレと燃えるような雷電の形で結合する。 Quote, “Semele brought to bed by the lightning- fire.” End of quote. (引用)、 「セメレは稲妻の ―火でベッドに運ばれた。」 (引用終了。) According to Greek tradition, the thunderbolt not only impregnated the maiden thereby producing Dionysus, it killed her instantly. ギリシャの伝統によると、雷は乙女に孕ませて、 ディオニュソスを生んだだけでなく、彼女を即座に殺した。 Now here is a most peculiar idea, in what sense is it possible to understand a thunderbolt as an impregnating or fertilizing force? さて、ここに最も独特で奇妙な考えがありますが、 どのような意味で雷を含浸力または 受精力として理解することが可能ですか? A vestigial remnant of this archaic theme is evident in the legendary stories that grew up around Alexander the Great. この古風なテーマの痕跡の残骸は、 アレキサンダー大王の周りで育まれた 伝説的な物語に明らかです。 In Plutarch's life of Alexander the conniving Olympias, the Macedonian general's mother, is said to have been visited by a thunderbolt on the eve of her wedding night. プルタルコスの「アレクサンドロスの生涯」では、 伝説のマケドニアの将軍である、オリンピアは、母親が、 結婚式の夜の前夜に雷電によって授かったと言われています。 Quote, “The night before the consummation of their marriage, she dreamed that there was a crash of thunder, that her womb was struck by a thunderbolt, and that there followed a blinding flash from which a great sheet of flame blazed up and spread far and wide before it finally died away.” (引用、) 「二人の結婚生活が終わる前夜、彼女は、 夢でお告げを見ていました、雷が鳴り響き、子宮が雷に打たれ、 盲目的な閃光が続き、そこから大きな炎が燃え上がり、 ついには消え去る前に遠くまで広がったことを。 Strange as it must seem to modern readers, analogous traditions will be found around the globe. 現代の読者には奇妙に思えるかもしれませんが、 類似の伝統は世界中で見られるでしょう。 The Norse thunder god Thor, much like Zeus, was celebrated for his prodigious powers of fertility. 北欧の雷神トールは、ゼウスとよく似ており、 その驚異的な豊穣の力で称賛されました。 Thus it is that Thor's thunderbolt Mjolnir served as a fructifying talisman, hence the famous passage in the Eddic poem, Thrym's Song, wherein it is stated, したがって、トールの雷電ミョルニルが厄災のお守りとして機能したため、 エディックの詩「Thrym's Song(スリムの歌)」の有名な一節では、 次のように述べられています、 quote, “Bring the hammer the bride to wed, place Mjolnir in the maiden's lap.” (引用)、 「結婚する花嫁にハンマーを持って来て、 ミョルニルを乙女の膝の上に置きなさい。」 As Hilda Davidson documented in her compendium of Norse lore, such ideas hark back to ancient conceptions of the thunderbolt as an impregnor or fecundator, survivors of which persist well into modern times. ヒルダ・デビッドソンは、北欧の伝承の大要で、 そのような考えを、この様に記録した、 雷電を、インプレグナーまたは繁殖者としての 古代の概念に遡り、その生存者は現代までよく存続しています。 Thor himself was frequently invoked at weddings, the gods thunderbolt forming a familiar accouterment of many a bridegroom's attire. トール自身は結婚式で頻繁に引用され、 神々の雷電は多くの花婿の服装の おなじみのアクセサリーを形成しました。 Quote, “In certain parts of Norway and Sweden, it continued to be the custom for a bridegroom to bear an ax at the wedding (引用)、 「ノルウェースウェーデンの特定の地域では、 花婿が結婚式で斧を背負う習慣であり続けた。 long after Thor was forgotten; the weapon was said to give him mastery, and also to ensure a fruitful union.” トールが忘れ去られてからずっと後も; この武器は彼に熟達を与え、 また実りある結合を保証するためと言われていた。」 It will be noted that Thor's thunderbolt was here conceptualized as an ax rather than a hammer. トールの雷は、ここではハンマーではなく斧として 概念化されていたことに注意する必要があります。 Very similar ideas are attested in ancient Lithuanian where Perkunas's thunderbolt axes were commonly regarded as agents promoting fertility. 非常によく似た考えが古代リトアニア語でも証明されており、 ペルクナスの雷の斧は一般に、 生殖能力を促進するエージェントと見なされていました。 Quote, “In Lithuania, the ax as a life-stimulating symbol, is laid under the bed of a woman in labor; or the sill to be crossed by the newlywed couple... (引用、) 「リトアニアでは、人生を刺激するシンボルとしての斧は、 性交中の女性のベッドの下に置かれています; または新婚夫婦が渡る敷居に... During sowing, axes were thrown into the field.” End of quote. 播種中、斧は畑に投げ込まれました。」 (引用終了。) Here too, it is obvious that no farmer in his right mind would ever view the fiery thunderbolt as a life-stimulating talisman. ここでも、彼の正直な心情として、燃えるような雷電を 人生を刺激するお守りとして見ない農家は居ないことは明らかです。 Hence the profound puzzle, presented by these widespread belief systems. したがって、この深遠なパズルは、 これらの広範な信念体系によって提示されます。 Analogous conceptions are found already in ancient India. 類似の概念は、 古代インドですでに発見されています。 Witness the following hymn from the Rig Veda dedicated to the thunder god Parjanya. 雷神パルジャニャに捧げられた リグ・ヴェーダの次の賛美歌を見てください。 Quote, “The winds blow forth; the lightning bolts fly. The plants shoot up; the sun swells. Refreshment arises for all creation, when Parjanya aids the earth with his semen... (Parjanya) come nearby with this thundering, pouring down the waters as the lord, our father. (引用、) 「風が吹く。 稲妻が飛ぶ。 植物は飛び上がる。 太陽がうねる。 すべての被造物に爽快感が生まれ、パルジャーニャが精液で地球を助けるとき... (パルジャーニャ)は、この雷鳴と共に近くに来て、私たちの父である主として水を注ぎます。 Roar! Thunder! Set an embryo!” 咆哮!雷!胚をセットしろ!」 Here the thunder god is implored to inseminate mother Earth and implant an embryo in her womb. ここで雷神は母なる地球に授精し、 彼女の子宮に胚を移植するよう懇願されています。 Perhaps the earliest attested example of this archetypal motif is to be found in Spell 148 from the Egyptian Coffin Texts, circa 2000 BC. おそらく、この原型的なモチーフの最も初期の証明された例は、 紀元前2000年頃のエジプトの「棺のテキスト」からの記述文148にあります。 There it is reported that a thunderbolt or meteor fell from heaven and impregnated Isis. そこでは、雷電や流星が天から落ちてきて、 イシスを染み込ませたと報告されています。 The fall of the thunderbolt resulted in Horus being implanted within its mother's womb. 落雷の落下により、 ホルスは母親の子宮に移植されました。 Quote, ”Isis wakes pregnant with the seed of her brother Osiris.” End of quote. (引用、) 「イシスは、彼女の兄、オシリスの種を妊娠して目を覚ます。」 (引用終了。) I.e., Horus himself, the soon to be king of the gods. すなわち、ホルス自身が、 まもなく神々の王になる者です。 To return to the question posed at the outset of this inquiry, how is it possible to understand the ancient tradition of the thunderbolt as impregnor or fertilizing agent? この調査の冒頭で提起された質問に戻ると、 雷電の古代の伝統をインプレグナーまたは施肥剤として 理解することはどのように可能ですか? One can search the world's corpus of scholarly books devoted to ancient myth, and never find even the first glimmerings of an answer to this question. 古代の神話に捧げられた世界の学術書コーパスを検索することはできますが、 この質問に対する答えの最初のかすかな光さえ見つけることはできません。 Horace's identification with the planet Mars provides the all- important clue. ホレス(=ホルス)と火星との同一化は、 最も重要な手がかりを提供します。 As I have documented elsewhere, Mars is everywhere identified as a meteor-like object that fell from heaven. 私が他の場所で文書化したように、火星は至る所で、 天から落ちた隕石のような天体として識別されています。 The Babylonian God Nergal for example, expressly identified with the red planet, was invoked as “miqit isatu”, denoting the ”fall of fire” from heaven. 例えば、赤い惑星と明確に同一視されているバビロニアの神ネルガルは、 天からの「火の落下」を示す「ミキット・イサトゥ」として呼び出されました。 Equally telling is the fact that the same phrase is employed to describe ”lightning” or “meteor.” 同様に語っているのは、「稲妻」や「流星」を説明するのに 同じフレーズが使われているという事実です。 Analogous conceptions were associated with the planet Mars in the New World where the Skiddy Pawnee explicitly likened the Morning Star to a falling meteor. 類似の概念は、新世界の火星と関連していた、 そこでは、スキディ・ポーニーは モーニングスターを落下する流星に明示的に例えました。 Quote, “Now they sang of the origin of the Morning Star itself that they thought had come from a meteor.” End of quote. (引用、) 「今、彼らはモーニングスター自体の起源を歌った、彼らは流星から来たと思った。」 (引用終了。) The same basic idea is evident in the Skiddy belief that, quote “The power of the Morning Star is the fire- impelling stone.” 同じ基本的な考え方は、スキディの信念でも明らかです、 (引用、) 「明けの明星の力は、火が―突き刺さった石です。」 We know the Skiddy Morning Star was explicitly identified with the planet Mars. スキディ・モーニング・スターが 火星と明確に同一視されていたことは分かっています。 Granted that Mars was indeed conceptualized as a meteor-like celestial body by indigenous peoples around the globe, how does this finding help us understand the archaic and seemingly universal belief system, whereby a thunderbolt meteor impregnated Venus, and thereby sparked creation? 火星が実際に世界中の先住民族によって、 隕石のような天体として概念化されていたことを考えると、 この発見は、雷電流星が金星に染み込み、それによって創造を引き起こした 古風で一見普遍的な信念体系を理解するのにどのように役立ちますか? According to the historical reconstruction offered here, the myth in question encodes the close approach of the planet Mars to Venus during one of the most spectacular phases of the polar configuration. ここで提供された歴史的再建によると、 問題の神話は、極軸整列の最も壮観な段階の1つの期間の、 火星から金星への接近をコード化しています。 Moving from outside the general vicinity of Venus, the red planet seemed to fall like a meteor into the center of Venus. 金星の一般的な付近の外側から移動すると、 赤い惑星は金星の中心に流星のように落ちるように見えました。 In reality, Mars was then on an orbit between Venus and the Earth and appeared like a tiny orb at Venus's belly. 実際には、火星は金星と地球の間の軌道上にあり、 金星の腹に小さなオーブのように見えました。 Looking up from Earth, Mars appeared to be nestled within the body of Venus. 地球から見上げると、 火星は金星の体内に潜んでいるように見えました。 As the red planet appeared to enter the visual outlines of the much larger Venus, it was conceptualized as impregnating it. 赤い惑星が、はるかに大きな金星の視覚的な輪郭に入るように見えたので、 それ(火星)は、それ(金星)を、妊娠させるものとして概念化されました。 Or alternatively as implanting an embryo within the mother goddess's womb. あるいは、母なる女神(金星)の、 子宮内に胚を移植することとして。 Hence, we would understand the Egyptian tradition of a heaven-sent thunderbolt impregnating Isis-Venus. したがって、私たちは、イシス・ヴィーナスを含浸させる 天から送られた雷撃のエジプトの伝統を理解するでしょう。 The Vedic tradition of the thunder god Parjanya implanting an embryo in the belly of the mother goddess, finds a similar explanation. 雷神パルジャーニャが母なる女神の腹に 胚を埋め込むというヴェーダの伝統は、 同様の説明を見いだします。 So too we would understand the mythological role of Thor's thunderbolt as fertilizing force or as located within the mother goddess's belly. トールの雷鳴が受精力として、 あるいは母なる女神の腹の中に位置するという 神話的な役割も理解できます。 Such traditions encode the extraordinary conjunction of Mars and Venus, the sacred marriage that sparked creation. そのような伝統は、火星と金星の並外れた結合、 創造の火付け役となった神聖な結婚をコード化しています。 It goes without saying that the planetary scenario outlined by Dave Talbott and myself requires that Mars formally appeared in front of Venus, an impossibility in the present sky, whereupon the red planet always moves on an outer orbit far removed from Venus. 言うまでもなく、デイブ・タルボットと私が概説した惑星のシナリオは、 火星が正式に金星の前に現れたことを要求しますが、現在の空では不可能であり、 赤い惑星は常に金星から遠く離れた外側の軌道上を移動します。 Yet, as we have emphasized again and again throughout this series of videos, it is the so-called “impossible situations” that are the key to discovery, as they would never occur to terrestrial sky watchers around the globe, without the stimulus provided by the natural events reconstructed here. しかし、この一連のビデオを通して 何度も何度も強調してきたように、 いわゆる「不可能な状況」が発見の鍵であり、 ここで再構築された自然現象によってもたらされる刺激なしには、 世界中の地上のスカイウォッチャーには決して起こり得ないからです。 And the fact that Mars's placement within Venus is impossible given the current arrangement of the solar system, actually serves to make the reconstructed planetary configuration the decisive test case in evaluating the predictive power of the present historical reconstruction against that postulated by orthodox science. そして、火星が金星内に配置されているという事実は、 太陽系の現在の配置を考えると不可能であり、 実際、再構築された惑星構成を、正統派科学によって仮定されたものに対して 現在の歴史的再構成の予測力を評価する上で決定的なテストケースにするのに役立ちます。 We rest our case, confident that our understanding of recent Earth history will be vindicated in the coming decades. 私たちは、最近の地球の歴史に対する私たちの理解が 今後数十年で証明されると確信して、 私たちのケースを休ませています。(^-^)

ザ・サンダーボルツ勝手連  [Eye of the Storm, Part 6 嵐の目、パート6]

『The Great Red Spot 大赤斑』 by Andrew Hall アンドリューホール

 

In Part Five of this series, we looked at “bootprint” craters and found there are cyclones raging on Jupiter right now that can explain them. 
 このシリーズのパート5では、「ブートプリント」クレーターを調べましたが、現在、木星で荒れ狂うサイクロンがそれらを説明していることがわかりました。 

 Shock wave patterns in the crater rims provided confirming evidence. 
 クレーターの縁の衝撃波パターンは確認の証拠を提供しました。 

 We also looked at California’s mountain and valley structures and correlated those with a storm on Jupiter that displays in great detail the very same features. 
 また、カリフォルニアの山と谷の構造を調べて、それらを木星の嵐と非常に詳細に表示する非常に似た特徴を関連付けました。 

 The examples we’ve looked at point to one significant observation: 
 that fractal forms associated with the processes of charge diffusion can be found in both geology and weather. 
私たちが見てきた例は、1つの重要な観察を示しています: 
 電荷拡散のプロセスに関連するフラクタル形態は、地質学と気象の両方で見られます。 

 Why geology and weather should match really isn’t hard to understand. 
 地質学と天候が一致する必要がある理由を理解するのは難しいことではありません。

 Capacitance between Earth and sky are responsible for that, forcing charge to diffuse through each layer in mirror image. 
 地球と空の間のキャパシタンス(静電容量)が原因で、電荷が鏡像の各層を通って拡散します。 

 And that should suffice for an answer if our atmosphere were considered a plasma; charged particles responding to Earth’s spherical capacitance would make sense. 
 そして、もし私たちの大気がプラズマであると考えられていたなら、それで答えは十分でしょう; 
 地球の球状キャパシタンス(静電容量)に反応する荷電粒子は理にかなっています。 

 But Earth’s atmosphere isn’t considered a plasma. 
 しかし、地球の大気はプラズマとは見なされていません。

 Neither is Jupiter’s for that matter. 
 そのことについては、木星もそうではありません。 

 Where are all the charge carriers? 
すべての電荷担体はどこにありますか? 

 The answer isn’t in particle physics. 
 答えは素粒子物理学ではありません。 

 It’s in the molecule of water. 
 それは水の分子の中にあります。 

 Water is the charge carrier 
 — the electric wires of the circuit. 
 水は電荷キャリアです 
―つまり回路の電線です。

 Water is bi-polar, and so adopts polarity in an electric field. 
 水は双極性であるため、そして、電界の中で極性を加えます。 

 This produces something called “bound current”. 
 これにより、「束縛電流」と呼ばれるものが生成されます。

 Unlike a current of free electrons and ions, a bound current is carried by a bulk material that can be polarized or magnetized. 
 自由電子とイオンの電流とは異なり、束縛電流は分極または磁化できるバルク物質によって運ばれます。 

 An example is a ferro-magnetic fluid that takes structural form in response to magnetic fields. 
 一例は、磁場に応答して構造的な形をとる強磁性流体です。

 Water is an example of bound current due to polarization of the water molecule. 
水は、水分子の分極による束縛電流の例です。 

 Water also changes phase: 
 from vapor to droplet to ice crystal, all in the course of a weather cycle, which changes its electrical properties. 
 水はまた、相を変えます: 
電気特性を変化させる気象サイクルの過程で、蒸気から液滴、氷結晶まで。 

 And it’s self ionizing, readily shedding electrons to generate plasma. 
また、自己電離(イオン化)し、容易に電子を放出してプラズマを生成します。 

 A cold plasma is only partly ionized, a few free electrons and ions floating about. 
 冷たいプラズマは、部分的にしかイオン化されておらず、少数の自由電子とイオンが浮遊しています。 

 However, magnetic fields are created with any moving charge and magnetic fields influence their motion. 
 しかしながら、磁場は移動電荷によって生成され、磁場はその動きに影響を与えます。 

 Water follows because it polarizes and acts like a big-fat charged particle, making clouds into conduits of current generating a stronger magnetic field. 
 水は、分極して大きな脂肪の荷電粒子のように作用し、雲を電流の導管にしてより強い磁場を生成するために繋がります。

 Star-like filaments and concentric rings form in thin cirrus of the upper atmosphere. 
 星状のフィラメントと同心円状のリングが上層大気の薄い巻雲に形成されます。 

 Condensate filaments make turns and shoot tendrils at 90 degrees, crossing other filament paths and interfering in herringbone patterns. 
 凝縮フィラメントは曲がりくねり、90度で巻きひげを発し、他のフィラメントパスを横切り、ヘリンボーンパターンを妨害します。 
 These are drift currents, responding to the pull of far-field potential within that layer of strata. 
これらはドリフト電流であり、その層の層内の遠距離電位の引き出しに対応します。







Closer to the ground, fat water clouds form cellular structures, often in tetrahedron shapes, which amplifies waters polarity to a macro-scale. 
 地面に近づくと、太った水の雲が細胞構造を形成し、多くの場合、四面体の形で、水の極性をマクロスケールに増幅します。 

 Watch puffy cumulus gather for a storm, ultimately knotting into a torus around up-welling winds to birth a mesocyclone, and you are seeing a fractal, electromagnetic structure of Nature at work. 
ふくらんでいる積雲が嵐のために集まり、最終的にアップウェル風(湧昇風)の周りのトーラスに結んでメソサイクロンが誕生するのを見てください、あなたは、作業中の自然のフラクタル、電磁気構造を見ています。

 


Airborne dust, pollen, aerosols and dander cloud the air close to the ground and react between surface and sky to form a charged sheath, polar-opposite to the water clouds in the sky. 
 浮遊粉塵、花粉、エアロゾル、ダンダー(鱗)は、地面近くの空気を曇らせ、地表と空の間で反応して、空の水雲とは反対に帯電したシース(さや)を形成します。 

 Higher up, where ice forms, wispy cirrus change polarity again. 
 より上に上がると、そこでは氷が形成される、そして、うっすらした巻雲が再び極性を変えます。 

 The result is multiple layers of charged, cold plasma between the ionosphere and Earth’s surface
その結果、電離層と地球の表面との間に、帯電した冷たいプラズマの複数の層ができます。 

 The sky is electric though consensus science doesn’t seem to recognize that. 
 空は電気的です、けれども、コンセンサス科学はそれを認識していないようです。 

 They will say there is no evidence of charge densities high enough for plasma. 
 彼らは、プラズマのために十分に高い電荷密度の証拠がないと言うでしょう。 

 That distances are too large to create double layers and develop capacitance. 
 その距離は、2層を作成してキャパシタンス(静電容量)を発生するには大きすぎます。 

 What they don’t recognize is water’s role. 
彼らが認識していないのは水の役割です。 

 Just look at the clouds and what you see is an electric-field writ large across the sky: 
ちょっと、雲を見てください、そしてあなたが見るものは空を横切る大きな電場召喚状です:

 


10

11

12

Take a look at Google Earth and compare to NASA’s images of Jupiter. 
 グーグルアースを見て、NASAのジュピター(木星)の画像と比較してください。 

 You will see all the patterns of Jupiter’s storm clouds reflected in Earth’s geology. 
地球の地質に、反映された木星の嵐の雲のすべてのパターンが表示されます。 

 Mountain ranges and desert dunes carry the shape of the winds that formed them. 
 山脈と砂漠の砂丘は、それらを形成した風の形をしています。 

 Rising columns, violent down-bursts, precipitation, whirlwinds, and lightning brushed the land like a painter and left indelible brush stokes. 
上昇する柱、激しいダウンバースト、降水、旋風、および稲妻は、画家のように土地をブラシ掛けし、消えない筆を残しました。

 

13

14

15

16

The similarity of shapes and weather comes from internal circuitry of the planets. 
 形状と天候の類似性は、惑星達の内部回路に由来します。 
 
This means that Jupiter and Earth are very similar in that regard. 
 つまり、木星と地球はその点で非常に似ています。 

 Repeating forms at different scales is one proof of a fractal process. 
異なるスケールで同じフォームを繰り返すことは、フラクタルプロセスの1つの証拠です。 

 Fractals emerge naturally in chemistry, fluid dynamics and biology, but the process that defines them all 
 — the common denominator 
 — is the process of charge diffusion in an electromagnetic field. 
 フラクタルは、化学、流体力学、生物学で自然に現れますが、それらすべてを定義するプロセス 
― 共通点は、 
 ―電磁場における電荷拡散のプロセスです。 

 It manifests not only at the particle scale, but the atomic, molecular, and cellular scale, and produces fractal forms at the macro-scale because they are made coherent with electromagnetic fields. 
それは、粒子スケールだけでなく、原子、分子、および細胞スケールで現れ、マクロスケールでもフラクタル形態を生成します、何故なら、それらは、それらは電磁界でコヒーレントに作られているからです。
 
 『The Eye of the Storm 嵐の目』 

 Now let’s raise the voltage a bit and see what happens. 
 では、電圧を少し上げて、何が起こるか見てみましょう。

 A correlation between the Colorado Plateau and the Great Red Spot (GRS) has similarities of such complexity and detail that it seems absolutely surreal. 
 コロラド高原とグレート・レッド・スポット(GRS)の相関関係には、非常に現実的であるような複雑さと詳細さの類似点があります。 

 Inflow to the GRS appears in two sinuous lanes of rolling winds that correlate with the mountain ranges in the Pacific Northwest. 
GRSへの流入は、太平洋岸北西部の山脈と相関する2つの曲がりくねった風の線に現れます。

17

18

『The Great Basin Vortex グレート・ベイスンの渦』 

 These snaking flows of wind feed a giant thunderhead that occupies the lower third (in the image shown) of the GRS, where white anvil clouds obscure what’s below. 
 これらの蛇行する風の流れは、白いアンビル雲が下にあるものをあいまいにするGRSの下の3分の1(画像)を占める巨大な雷頭を供給します。 

 Such a mesocyclone careened over the Great Basin, extending its entire rotating wall-cloud clear to the ground. 
 このようなメソサイクロンはグレート・ベイスンの上空を行き来し、回転する壁雲全体を地面にまで広げました。 

 The Great Basin was formed by rippling waves of dust laden winds spun beneath a 100 mile-wide funnel, lashed by torrents of rain. 
グレート・ベイスンは、100マイル幅の漏斗の下で回転するチリを積んだ風の波によって形成され、激しい雨に襲われました。

 

19

The parallel rows of basin and range mountains that march like rippling dunes across Nevada were laid transverse to the wind. 
 ネバダ州を横切る波打つ砂丘のように行進する流域と山脈の平行な列は、風に横たわっていました。 

 In the annotated image, wind-fronts are denoted by the dark blue lines. 
 注記付きの画像では、風前線は濃い青色の線で示されます。

 There is an “S” shaped range at the inflection point where the in-flow winds bent to the rotating updraft. 
変流点には「S」字型の範囲があり、流入風が回転する上昇気流に曲がっています。

 

20

『Inflow, rotation, rain curtain and down-drafts portray the exact footprint of a thunderstorm 
流入、回転、雨のカーテン、ダウンドラフトは、雷雨嵐の正確な足跡を描いています、』 

 The blue and violet lines denote the wind direction, exiting right (east) at high altitude over Provo, Utah where it made no mark on the land 
— until it water-fell on the other side of the shear zone that formed the Wasatch Range, spilling a violent downdraft into the Uinta Basin. 
青と紫の線は風向きを示し、ユタ州プロボ上空の高地で右(東)を出て、土地に何の印も付けなかった
—ワサッチ山脈を形成した剪断帯の反対側で水が落ちるまで、激しい下降流をウインタ盆地にこぼします。 

 Another, larger flanking downdraft flows south over the Wasatch shear zone and spills down to form the Mogollon Rim, the southern extension of the Colorado Plateau arcing south-east from, roughly, the Kaibab rim of the Grand Canyon to the Gila River in New Mexico. 
 ワサッチの剪断帯の上を南に流れるもう1つの大きな側流は、グランドキャニオンのカイバブリムからニューメキシコのギラ川まで南東に弧を描くコロラド高原の南側の延長であるモゴロンリムを形成します。 

 The wind formed rim is intermixed with volcanoes. 
風で形成されたリムは火山と混ざっています。 

 Curiously, Nevada’s mountains display wind-formed tetrahedrons in the opposite direction than expected, given the counter-clockwise rotation of the GRS. 
 不思議なことに、GRSの反時計回りの回転を考えると、ネバダの山々は予想とは逆の方向に風の形をした四面体を示しています。 

 I drove through Nevada (twice) to confirm what Google Earth showed because this was a case where landforms disagreed with my expectation. 
 ネバダ州を2回運転して、グーグルアースが何を示しているかを確認しました、これは、地形が私の予想と一致しなかったためです。 

 The best explanation for this, given everything in context, is that ground-level eddy winds rolled beneath the mesocyclone rotation like roller-bearings under a spindle. 
この最良の説明は、文脈のすべてを考えると、地上レベルの渦風がスピンドルの下でローラーベアリングのようにメソサイクロン回転の下で転がったということです。

21

This was a wet, rotating mesocyclone, carrying considerable moisture which precipitated out and evaporated forming salt basins behind ranges and culminating in a rain curtain over what is now the Great Salt Lake and Bonneville Salt Flats. 
これは、湿った回転メソサイクロンで、かなりの水分を運び、範囲の後ろに塩盆地を形成し、現在のグレートソルトレークボンネビルソルトフラッツの上に雨のカーテンで最高潮に達しました。 

 The long, linear mountain ranges of the Great Basin are in many cases windswept dirt. 
 グレートベイスンの長く直線的な山脈は、多くの場合、吹きさらしの泥土です。 

 Hard rock, which indicates heat and recombination of ionic matter is absent, or minimal in many cases which indicates low-density lightning in this region. 
 ハードロック、これは、イオン性物質の熱と再結合が存在しない、または、この領域で低密度の雷を示す多くの場合は最小限に抑えられます。 

 The triangular faces of shock wave reflections earmark wind direction. 
 衝撃波反射の三角形の面は、風向きを示します。 

 Often, no triangular shock features are present, indicating subsonic flow, so many hills take a recognizable sand-dune shape. 多くの場合、三角形の衝撃特徴は存在せず、亜音速の流れを示すため、多くの丘陵地帯が認識可能な砂丘の形状を取ります。

 

22

23

24

25

26

27

28

『The Wyoming Vortexワイオミングの渦』 

 Where the thunderstorm down-drafted to the northeast, it landed in the Uinta Valley and joined the ground winds of another rotation. 
 雷雨嵐が北東に下降した場所で、それはウインタ渓谷に着陸し、別のローテーションの地上風に加わりました。 

 Actually, it’s two primary rotations that suck wind from the north to form enormous pressure ridges perpendicular to the wind direction: the Wind River and Uinta Mountains. 
実際、北から風を吸い込んで風向に垂直な巨大な尾根を形成するのは、主に2つの回転です: ウインドリバーとユニタ山脈です。 

 The mountain ranges formed as lightning arced to ground and charge diffused across the land in channeled currents, which formed dikes. 
 稲妻として形成された山脈は、地面に稲妻のアーク、そして、チャネル電流で土地全体に電荷を拡散し、それらはダイクを形成しました。 

 Dikes are walls of rock formed from the country-rock fused together, and often display troughs alongside where material sucked to the current. 
ダイクは、カントリーロックが融合した岩の壁であり、そして、物質が、この流れ(電流)に吸い込まれた場所の横に谷を表示することがよくあります。

 

29

『Wind River Range displays shock-wave tetrahedrons on its northern flank ウインドリバーレンジは、その北側に衝撃波四面体を表示し、』

30

『Tetrahedrons make clear the direction of the wind 四面体は風の方向を明確にする、』 

 An example is the Teton’s, where Grand Teton itself is a lightning generated fulgurite surrounded by smaller fulgurites blanketed with wind-driven dunes. 
 1つの例はティトンです、グランドティトン自体が雷で生成されたフルグライトです、風で動く砂丘で覆われた、より小さなフルグライトに囲まれています。 

 The Teton fulgurite extended a dike to the south which collected dust against it, which drew more lightning to it, creating a mountain lobe. 
ティトン・フルグライトはダイク(堤防)を南に拡張しました、そこで塵を集め、雷を引き寄せ、山のローブ(葉状)を作りました。

31

『Grand Teton shrouded in lenticular cloud グランドティトンは、レンチキュラー雲に包まれ、』

32

『Dikes formed by channeled charge diffusing away from fulgurites provides anchor for windblown dunes to form Wind piled material against dikes to build a mountain lobe and leave one flank patterned with the sonic shock of the wind. 
フルグライトから拡散するチャネリングされた電荷によって形成されたダイク(堤防)は、風に吹かれた砂丘が山のローブを構築し、風のソニックショックでパターン化された1つの側面を残すために、堤防に対して、風の積み重ねられた材料を形成するためのアンカーを提供します。』 


 Winds deflecting horizontal to vertical left ruler-straight ridgelines of tetrahedrons where shock reflections patterned diamond-shaped regions of expansion and compression. 
四面体の水平から垂直の左定規からまっすぐな稜線に偏向する風、ここで、衝撃反射は、拡張と圧縮のパターンのひし形の領域をパターン化しました。

33

『Wind River lobe with shock-front and wind direction ショックフロントと風向のあるウインドリバーローブ』 

 The wind was pulled by twin whirlwinds created by a grounded current loop. 
 風は、接地された電流ループによって作成された2つの旋風によって引っ張られました。 

 Its footprint is a dome and crater pair. 
 その足跡は、ドームとクレーターのペアです。 

 Dome and crater pairs are created by what I call a coronal loop because electrically it’s the same as a prominence on the Sun. 
 ドームとクレーターのペアは、私が冠状ループと呼ぶものによって作成されます、電気的には太陽のプロミネンス(突出輝き)と同じだからです。 

It’s a ring current coupled to the land, and wind sucks up one side in a mesocyclone that leaves a dome, walled by inward-pointing shock-wave tetrahedrons. 
 それは陸に結合した環状電流であり、風はメソサイクロンの片側を吸い上げ、ドームを残し、内向きの衝撃波四面体で囲まれます。

The wind loops from the thunderhead anvil to feed the center of a down-drafting cyclone, the footprint of which is a crater with outward-pointing tetrahedrons. 
風は落雷アンビル(金床雲)からループして、下降気流のサイクロンの中心に供給し、その足跡は、外向きの四面体を持つクレーターです。 

 This pair is squished into almost polygonal shapes because it’s pressed between larger rotations. 
 このペアは、より大きな回転の間で押されるため、ほぼ多角形の形状に圧縮されます。 

 The Wyoming Vortex is the smallest of three primary vortexes of the larger multi-vortex storm in the GRS. 
 ワイオミング渦は、GRS内の大きなマルチボーテックスストームの3つの主要な渦のうち最小のものです。 

 It isn’t apparent in Jupiter’s clouds, but I suspect it’s there under the anvils. 
それは、木星の雲には見えませんが、私は、それはアンビルの下にあるのではないかと思います。
 

34

35

『The jet-stream wraps over and under itself in three dimensions like a rope in a knot, forming a dome on the land, and then a crater. It is a dome and crater pair created by a tight coronal loop 
ジェットストリームは、結び目のロープのようにそれ自体の上と下を3次元で包み込み、土地にドームを形成し、次にクレーターを形成します。 それはタイトな冠状ループによって作成されたドームとクレーターのペアです、』

 

36

From the south, hot dry winds scorched across Mexico and the American southwest with counter-flowing winds
 南からは、メキシコとアメリカ南西部を横切って、逆流する風で熱く乾いた風が吹き荒れました。 

『Kinky Mexico メキシコの捻れ』 

 Along the turbulent shear zone between, kinks appear in the Sierra Madre Oriental, where north-flowing jet streams mixed with a south-flowing stream that formed the Sierra Occidental and the alto-Plano in between. 
その間の乱流せん断帯に沿って、シエラマドレオリエンタルにキンク(捻れ)が発生します、そこでは、北に流れるジェットストリームが南に流れるストリームと混ざり合い、その間にシエラオクシデンタルとアルトプラノが形成されました。 

 The kinks in Mexico’s cordilleras match remarkably well the kinks of turbulence where inflow and outflow winds mix adjacent to the GRS. 
 メキシコのコルディエラのねじれは、流入と流出の風がGRSに隣接して混ざり合う乱流のねじれと非常によく一致しています。 

 That’s probably an understatement. 
 それはおそらく控えめな表現です。 

 There are details here to fill a book, but take a close look on Google Earth at these kinks to see some amazing wind and shock wave features. 
ここに本を埋めるための詳細がありますが、これらのねじれをグーグルアースで詳しく見て、驚くべき風と衝撃波の特徴をいくつか見てください。

37

38

『Colorado Plateau and the Eye of the Storm コロラド高原と嵐の目』 

 We looked in an earlier episode at the overall morphology of winds in the very eye of the GRS and the Colorado Plateau. 
 以前のエピソードで、GRSとコロラド高原の目で見た風の全体的な形態について調べました。 

Let’s take an even closer look. 
さらに詳しく見てみましょう。

39

The ‘eye’ is a multiple vortex cyclone, which displays a complex system of coronal loops that twist the wind into a crocheted doily pattern. 
「目」は複数の渦のサイクロンであり、風がねじれたドイリーパターンにねじれるコロナルループの複雑なシステムを示します。 

 There are several paired updraft domes and downdraft craters centered on the Colorado Plateau and Rocky Mountains. 
 コロラド高原とロッキー山脈を中心に、対になった上昇気流ドームと下降気流クレーターがいくつかあります。 

 The most distinctive is the San Rafael Swell in central Utah. 
最も特徴的なのは、ユタ州中央部のサンラファエル・スウェルです。 

 The Swell is ringed by the explosively charged, dense region of recombination and magnetic pinch known as the San Rafael Reef, where rows of dragon’s teeth 
— tetrahedral monoliths of hard, fused sandstone 
— provide evidence of a shock wave at the boundary of the u 
スウェルは爆発的に帯電した密集した再結合の領域と、サンラファエル・リーフと呼ばれる磁気ピンチで囲まれています 
—硬い溶融砂岩の四面体モノリス 
— uの境界で衝撃波の証拠を提供する

40

『The Reef is the rim of an updraft dome formed beneath an intense coronal-loop that raged electrical havoc on the land at the sharp end of the storm. 
 リーフは、嵐の鋭い端にある土地で電気的大混乱を引き起こした強烈なコロナルループの下に形成された上昇気流のドームの縁です。』 

 『The dome behind is shaped like one lens of an eyeglass, the other lens an inverse copy made by the downdraft of the same loop. 
後ろのドームは眼鏡の一方のレンズのような形をしており、もう一方のレンズは同じループの下降流によって作成された反転コピーです。』

 

41

『San Rafael Dome is electrically etched, or sputtered by an intense electric field in the eye of the storm above it. 
 サンラファエルドームは、その上にある嵐の目で電気的にエッチングされるか、強電界によってスパッタされます。』

 『Purple indicates wind-front of the San Rafael Reef. 
 紫は、サンラファエルリーフの風前線を示します。 
 Green outlines a shock-front of updraft exhibited by triangular buttresses. Red indicates major lightning. 
グリーンは、三角形のバットレスが示す上昇気流の衝撃波面を概説しています。 赤は主要な雷を示します。』

 

42

Google Earth — San Rafael Swell is northern lobe. Downdraft crater is mirror image outlined by a tributary of the Green River — all a consequence of electrical circuits. 
グーグルアース 
—サンラファエルスウェルは北葉です。 
ダウンドラフトクレーターは、グリーンリバーの支流によって概説された鏡像です
—全ては、電気回路の結果です。』

 

43

『The downdraft crater has a central peak of lightning struck mountains where material drew up in winds generated by the return stroke of the lightning. 
 下降気流のクレーターには、落雷した山の中央ピークがあり、そこには落雷の戻りストロークによって生成された風の中で物質が集まりました。』 

 『The rim of the crater forms Capitol Reef, where more monolithic tetrahedrons display wind direction and Mach angles pointing outwards. 
 クレーターの縁はキャピトルリーフを形成します、ここでは、より一体的な四面体が風向とマッハ角が外側を向いています。』

 

44

『Capitol Reef is the shock front of down-burst winds surrounding a crater. 
 キャピトルリーフは、クレーターを取り巻くダウンバースト風の衝撃波フロントです。』

 

45

『Monstrous, multi-layered tetrahedral buttresses splay outward from the crater to form Capitol Reef. 
 巨大な多層の四面体バットレスがクレーターから外側に広がり、キャピトルリーフを形成しています。』 

 Another example of an updraft dome is Monument Valley, Arizona. 
 上昇気流ドームの別の例は、アリゾナ州のモニュメントバレーです。 

 It’s shark’s teeth rim is formed by inflow winds, expressed in the triangular sandstone layers of Comb Ridge. 
サメの歯の縁は流入風によって形成され、コームリッジの三角形の砂岩層で表現されます。

 『Comb Ridge コーム・リッジ』


46

『Complex super-sonic wave-forms 
 — Comb Ridge, Arizona 
複雑な超音波波形を形成する
アリゾナ州コームリッジ』

 

47

『Complex super-sonic wave-forms 
 — laboratory 
複雑な超音波波形を形成する 
—実験室』 

 The interior of the dome is the sputtered remnants of lightning diffused mesas and pinnacles, preferentially left behind as the landscape around lifted away in the most intense electric-field in the eye of the storm. 
ドームの内部は、稲妻の拡散したメサとピナクルの噴出した残骸です、嵐の目の中で最も強い電場で周囲の風景が持ち上がるので、優先的に置き去りにされました。

 

48

『Monument Valley モニュメントバレー』 

 The downdraft leg of the Monument Valley ring current lies in the bend of the San Juan River, as it passes through the Four Corners region. 
モニュメントバレーリング電流の下降流は、四隅の領域を通過するので、サンファン川の屈曲部にあります。

 

49

Annotated to distinguish the features, the same eye-glass shape is evident where this coronal loop connects with Earth, but the shape is skewed to the ambient counter-clockwise rotation of the entire storm system. 
 特徴を区別するために注釈が付けられた様に、同じコロナルループが、このコロナルループが地球に接続しているところに明らかです、しかし、形状は嵐システム全体の周囲の反時計回りの回転に歪んでいます。

 The downdraft lies at 90 degrees to the updraft because of fractal symmetry 
 — something we’ll discuss more 
 — and the ambient rotation of the eye. 
 フラクタル対称性、
—そして、目のすぐ近くの周囲の回転があるため、下降気流は上昇気流に対して90度です 
—詳細については後で説明します 。 

 Once again, the crater has a central peak of lightning fused mountains, but its crater rim has largely been swept away and its face flattened by the press of rotating winds
 またもや、クレーターには山が溶け込んだ雷の中央のピークがあります、しかし、そのクレーターの縁は大部分が流され、その表面は回転する風の圧迫によって平らになりました。 

 This is “ground zero” for the eye of the storm. 
これは嵐の目にとって「グラウンド・ゼロ」です。

50

The frame is broken, but the lenses are intact. Downdraft at 90 degrees to the updraft. In the broader perspective, one can see the circular rotation imprint continues along Black Mesa and defines the eye of the storm. 『(メガネの)フレームは壊れていますが、レンズは無傷です。 上昇気流に対して90度の下降気流。 広い視点では、円形の回転の痕跡がブラック・メサに沿って続き、嵐の目を定義しているのがわかります。』 

 Note, the San Juan River arcs around the downdraft after it passes through the center of the updraft, just as the tributary of the Green River wrapped around the Capitol Reef downdraft crater and then shot through the heart of the San Rafael Dome. 
 注意してください、サンファン川は、グリーン川の支流がキャピトル・リーフの下降気流のクレーターを包み込み、サンラファエル・ドームの中心を通り抜けたように、上昇気流の中心を通過した後、下降気流の周りを弧を描いています。 

 These are the fractal forms of surface conductive discharges, or “arc blast”, and the rivers are part of it, which will be discussed in future articles. 
これらは表面導電性放電、つまり「アーク・ブラスト」のフラクタル形態であり、川はその一部であり、今後の記事で説明します。 
 
『Fractal Elementsフラクタル要素』

 

51

52

Here we see one of the wonders of fractal forms. 
 ここには、フラクタルフォームの不思議の1つが表示されます。 

 The “oxbow” on Jupiter is a distorted image of the “oxbow” on Earth, with the bows curving in opposite arcs. 
 木星の「牛弓」は、地球の「牛弓」の歪んだ画像であり、弓は反対の弧を描いて曲がっています。 

 Seems odd, but Nature is kind of dyslexic. 
 奇妙に見えますが、自然は失読症のようなものです。 

 Fractals display rotational and translational symmetries, meaning a shape can be in any of several orientations 
— rotated at 90, or 180 degrees, or flipped about one axis in mirror image, or translated back-assward. 
 フラクタルは回転と並進の対称性を表示します、つまり、形状はいくつかの方向のいずれかになります 
— 90度または180度で回転、または鏡像で1つの軸を中心に反転、または後方に平行移動しています。 

 When this happens it doesn’t change the overall structure it’s a part of, and the energy balance remains the same. 
これが発生しても、それが含まれる全体的な構造は変更されず、エネルギーバランスは同じままです。 

 Harmonic repetitions also appear. 
 調和のとれた繰り返しも現れます。 

 The most striking example lies between the updraft dome and downdraft crater of the San Rafael coronal storm loop. 
最も顕著な例は、サンラファエルのコロナストームループの上昇気流ドームと下降気流クレーターの間にあります。

 

53

『This butterfly pattern is from an intense loop of current that created an updraft dome (right lobe) and a downdraft crater (left lobe) complete with stratified triangular buttresses to point wind direction; inward and up, or downward and out; respectively. 
 この蝶のパターンは、風の方向を指す層状の三角形のバットレスを備えた上昇気流ドーム(右葉)と下降気流クレーター(左葉)を作成した、電流の激しいループからのものです; 
内向きと上向き、または下向きと外向き、 それぞれに。 

 Each lobe is about seven miles across, whereas the San Rafael Dome is about seventy miles across. 
 各葉の直径は約7マイルですが、サンラファエルドームの直径は約70マイルです。』 

 Watch this fractal expression expand in scale. 
 このフラクタル表現が拡大していく様子をご覧ください。

 Images are taken along a “z” axis in space from a single point on the ground, at varying altitudes. 
画像は、さまざまな高度で、地上の1点から空間の「Z」軸に沿って撮影されます。


54

55

56

The fractal repeats with the center point of each fractal expression staying in place. 
 フラクタルは、各フラクタル表現の中心点を維持したまま繰り返されます。 

 It morphs in form with emergent effects but the fundamental circuit relationships remain solidly displayed. 
 それは創発的な効果を伴う形に変化しますが、基本的な回路の関係はしっかりと表示されたままです。 

 They are the same weather patterns we have today but of super-Olympian scale, as told in countless ancient accounts. 
 それらは、今日の天候パターンと同じですが、数え切れないほどの古代の説明で語られているように、超オリンピアン規模のものです。 

 We need to start listening to the ancients because they knew things we don’t. 
古代人は私たちが知らないことを知っていたので、私たちは古代人の話を始める必要があります。

 

57

Eye of the Storm has presented an aerial view of the coupling of Earth’s atmosphere to its surface, so far. 
 「嵐の目」は、これまでのところ、地球の大気とその表面とを結合した航空写真を提示しています。 

 Next episode, it’s time to switch and talk about the other side of the mirror 
 — the dark side of the mirror. 
 次のエピソードでは、切り替えて鏡の向こう側について話す時が来ました 
—鏡のダークサイドについて。 

 Below Earth’s crust lie dragons and demons. 
地球の地殻の下にはドラゴン(龍)と悪魔がいます。 

 Additional Resources by Andrew Hall: 
アンドリューホールの追加リソース: 

Surface Conductive Faults | Thunderblog Arc Blast — Part One | Thunderblog Arc Blast — Part Two | Thunderblog Arc Blast — Part Three | Thunderblog The Monocline | Thunderblog The Maars of Pinacate, Part One | Thunderblog The Maars of Pinacate, Part Two | Thunderblog Nature’s Electrode | Thunderblog The Summer Thermopile | Thunderblog Tornado — The Electric Model | Thunderblog Lightning-Scarred Earth, Part 1 | Thunderblog Lightning-Scarred Earth, Part 2 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 1 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 2 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 3 | Thunderblog Eye of the Storm, Part 1 | Thunderblog Eye of the Storm, Part 2 | Thunderblog Eye of the Storm, Part 3 | Thunderblog Eye of the Storm, Part 4 | Thunderblog Eye of the Storm, Part 5 | Thunderblog

58

Andrew Hall is a natural philosopher, engineer, and writer. アンドリューホールは、自然哲学者、エンジニア、作家です。 

A graduate of the University of Arizona’s Aerospace and Mechanical Engineering College, he spent thirty years in the energy industry. 
 アリゾナ大学航空宇宙機械工学部を卒業し、エネルギー業界で30年間過ごしました。 

He has designed, consulted, managed, and directed the construction and operation of over two and a half gigawatts of power generation and transmission, including solar, gasification, and natural gas power systems. 
 彼は、太陽光、ガス化、天然ガスの電力システムを含む、2.5ギガワットを超える発電と送電の建設と運用の設計、コンサルティング、管理、および指導を行ってきました。 

From his home in Arizona, he explores the mountains, canyons, volcanoes, and deserts of the American Southwest to understand and rewrite an interpretation of Earth’s form in its proper electrical context. 
 アリゾナ州の自宅から、アメリカ南西部の山々、峡谷、火山、砂漠を探索し、適切な電気的コンテキストで地球の形の解釈を理解して書き換えます。 

Andrew was a speaker at EU2016, EU2017 and the EUUK2019 conferences. 
 アンドリューは、EU2016、EU2017、EUUK2019の会議で講演を行いました。 

 He can be reached at hallad1257@gmail.com or thedailyplasma.blog 
彼はhallad1257@gmail.comまたはthedailyplasma.blogで連絡することができます

 Disclosure: 
 The proposed theories are the sole ideas of the author, as a result of observation, experience in shock and hydrodynamic effects, and deductive reasoning. 
 開示: 
提案された理論は、観察、衝撃および流体力学的効果の経験、演繹的推論の結果として、著者の唯一のアイデアです。 

 The author makes no claims that this method is the only way mountains or other geological features are created. 
 著者は、この方法が山または他の地質学的特徴が作成される唯一の方法であることを主張しません。 

 The ideas expressed in Thunderblogs do not necessarily express the views of T-Bolts Group Inc. or The Thunderbolts Project. 
 Thunderblogsで表現されたアイデアは、必ずしもT-Bolts Group Inc.またはThunderbolts Projectの見解を表すものではありません。

ザ・サンダーボルツ勝手連  [Eye of the Storm – Part 7嵐の目–パート7]



And Then Came Dragons 

そして、後に、ドラゴンが来た


 Dragons are real, folks

皆さん、ドラゴンは本物だ。


 This chapter may be hard to get your head around, because we’ve been taught dragons are myth.

 ドラゴンは神話であると教えられてきたので、この章を理解するのは難しいかもしれません。


 But they are not figments of imagination; they come from the laws of physics. 

しかし、それらは想像力の産物ではありません; 

それらは物理法則から来ています。 


They also come from the bowels of the Earth. 

彼らはまた、地球の腸から来ています。 


You see, rivers flow where dragons once crawled. 

ほら、川は竜がかつて這ったところを流れてる。 


As told in countless tales, they are said to come from the sea, and the underworld labyrinths. 

無数の物語で語られたように、彼らは海と地下世界の迷路から来たと言われています。 


There are so many examples I don’t think I need to quote more than one 

– but I’ll save that for later. 

複数の例を引用する必要はないと思う、決め手になる例がたくさんあります 

―しかし、後で使用するために保存します。 


Go discover for yourself. 

自分で発見してください。 


After this article you will recognize the physics of dragons in the stories of myth. 

この記事を読めば、神話の物語の中でドラゴンの物理学を理解できます。 


Our ancestors were doing their best to warn us. 

私たちの祖先は私たちに警告するために最善を尽くしていました。 


And yes, dragons are still around. 

そして、ええ、ドラゴンはまだその辺にいます。 


They are just sleeping. 

彼らは、ただ眠っているだけです。 


This is a concept some may struggle with, even in the EU, because so much of our theories focus on celestial chaos and the electrical havoc wrought by planets in close proximity. 

これは、EUのグループの中でさへ、いくつかの人々が苦労するかもしれない概念です、私たちの理論の多くは、天界のカオスと、近接する惑星によってもたらされた電気的破壊に焦点を合わせているためです。 


We imagine sparks flying, drilling craters into the surface of planets and moons. 

私たちは、火花が飛んで、惑星や月の表面にクレーターを掘るのを想像します。 


And there is overwhelming evidence of that, but that is what happens to rocky planets without an active magnetosphere. 

そして、それについては圧倒的な証拠がありますが、それは活発な磁気圏のない岩石惑星に起こることです。



Mars, Mercury and many pock-marked moons display significant magnetism, but it is mostly remanent, a static artifact of the past electrical activity that scarred them with craters. 

火星、水星、および多くのあばたマークの付いた月は、大きな磁気を示しますが、それはほとんどが残留性であり、クレーターでそれらを傷つけた過去の電気活動の静的なアーティファクト(骨董品)です。 


Planets with dynamic magneto-spheres, atmospheres and weather like Earth and the gas giants, and even some of the moons, have internal electric circuitry. 

ダイナミックな磁気圏、大気、地球やガス巨星のような天候を持つ惑星、そして、一部の月衛星でさえも、内部電気回路があります。 


Stars and planets are circuits. 

恒星達と惑星達は、複数の回路です。 


Three dimensional, standing waves of current and magnetism living in the winds of their parent stars and galaxies. 

電流と磁性の3次元定在波は、彼らの親恒星達や銀河達の風の中で生きています。 


They are a product of inductance and capacitance, potentials and currents, and the magnetic fields current generates. 

それらは、インダクタンス(コイル誘電性)と静電容量(キャパシタンス=蓄電性)、電位と電流、および電流が生成する磁場の積です。 


The matter trapped in these 3-D whirlwinds – gas, liquids and dust, and yes that includes us, is 100% organized by the circuitry. 

これらの3D旋風に閉じ込められた物質 –ガス、液体、塵、そして、もちろん、私たちも含めて、回路によって100%整理されています。



Circuits are cyclic processes. 

回路は循環プロセスです。 


They produce resonant frequencies where signals are amplified and dampened in patterns of constructive and destructive interference. 

それらは、建設的および破壊的(集合的および離散的)な干渉のパターンで信号が増幅および減衰される共振周波数を生成します。 


The atmosphere and crust of the planet are essential parts of the circuitry because they provide capacitance 

– energy storage and regulated energy flow. 

惑星の大気と地殻は、静電容量性を提供するため、回路の重要な部分です 

–エネルギー貯蔵と規制されたエネルギーの流れ。 


What follows comes from simply understanding that the circuit flows inside the planet as well as in the atmosphere, plasma-sphere and magnetosphere, but it is all one circuit, and that is why “things” are so interconnected. 

以下のことは、回路が惑星内だけでなく、大気、プラズマ圏、磁気圏内を流れることを単に理解することから生じますが、それはすべて1つの回路であり、それが「事柄」が相互に関連している理由です。 


There are feedback loops, oscillations, and high-order harmonic responses that bring order out of chaos, concentrating energy into identifiable, coherent forms. 

カオスを脱し秩序をもたらす、識別可能なコヒーレントな形にエネルギーを集中させるフィードバックループ、振動、高次高調波応答があります。 


The forms appear all over the place in geology and weather due to the role capacitance plays in the circuit. 

回路内で静電容量が果たす役割のため、地質学や天候のあらゆる場所で、このフォームが表示されます。 


In the situation that Earth’s potential is raised (or lowered) in response to some significant celestial event, the crust of the Earth can become saturated with charge. 

地球のポテンシャルが何らかの重要な天体イベントに応じて上昇(または低下)する状況では、地球の地殻が電荷で飽和する可能性があります。 


And based on applied science, the most violent discharges in a circuit can be expected through the capacitor. 

そして、応用科学に基づいて、回路内で最も激しい放電はキャパシタ(=コンデンサー)を介して期待できます。 


That is because a capacitor builds charge, and a voltage across it that is the maximum of the circuit. 

これは、キャパシタ(=コンデンサ)が電荷を生成し、その両端の電圧が回路の最大値になるためです。 


And when a capacitor blows, it’s the biggest bang of them all. 

そして、キャパシタ(=コンデンサ)が弾け飛んだとき、それはそれらすべての最大の強打です。 


Hence, we have dragons. 

したがって、私たちはドラゴンに出会います。 


A dragon is a type of discharge event from inside the Earth. 

ドラゴンは地球の内部からの放出イベントの一種です。 


It’s a short circuit around the continental plates generated by ground currents beneath the plate boundaries. 

これは、プレート境界の下の地電流によって生成される大陸プレートの周りの短絡です。 


The discharge is reaching for the other side of the plate – the top of the continental ‘mound’ that is forming around the ‘eye of the storm’, where it’s raining rock, dust and water in a positive ionic mix relative to the current beneath the continental shelf. 

放電はそのプレートの反対側に達しています –「嵐の目」の周りに形成されている大陸の「マウンド」の上部、そこは、大陸棚の下の電流と比較して、陽(ポジティブな)イオンの混合状態で岩、塵、水の雨が降っています。 


Once again, rinse and repeat, this is due to Capacitance. 

もう一度、おさらいし、繰り返しますが、これは静電容量(キャパシタ性)によるものです。 


In Nature, capacitors aren’t insulated the way we make capacitors. 

自然界では、キャパシタコンデンサー)は、私たちがキャパシタコンデンサー)を製造する方法で絶縁されていません。 


When we make capacitors for electric circuits, we want their actions to be predictable. 

私達が、電気回路用のキャパシタコンデンサー)を製造する場合、その動作を予測可能にする必要があります。 


The last thing we want is a short circuit

最後に必要なのは短絡です。 


So we insulate the edges of capacitor plates to prevent short circuits from plate-to-plate around the dielectric medium. 

したがって、誘電体の周囲でプレート間が短絡するのを防ぐために、コンデンサプレートのエッジを絶縁します。 


Nature doesn’t do this. 

自然はこれをしません。 


In fact, Nature builds a continental plate as a big dielectric that is thicker in the middle and thinnest at the edge, sandwiched between a deep ground charge and an opposing surface charge. 

実際、自然は、大地プレートを大きな誘電体として構築します、この誘電体は、中央が厚く、端が最も薄く、深い地面電荷と反対側の表面電荷の間に挟まれています。 


The edge effect at the periphery of a capacitor plate is called the fringing field. 

コンデンサプレートの周囲のエッジ効果は、フリンジ・フィールドと呼ばれます。

 

Think of it as a leakage of charge around the edges. 

エッジ周辺の電荷のリークと考えてください。


 It makes it the most likely place to have a discharge. 

それは、放電する可能性が最も高い場所です。 


And if current leakage occurs, it will make it’s way directly to the opposite plate and short circuit the capacitor. 

そして、漏れ電流が発生すると、それは反対側のプレートに直接向かい、キャパシタコンデンサー)を短絡させます。 


Man-made capacitors are insulated around the edges specifically to prevent short circuits in the fringing field. 

人工キャパシタコンデンサー)は、特にフリンジ電界(漏れ磁場)での短絡を防ぐために、エッジの周りを絶縁されています。



The continental plates aren’t insulated. 

大陸プレートは絶縁されていません。 


In fact, the Earth’s crust at the continental boundary 

– the sea floor 

– is much thinner, and it lies over the ground current paths. 

実際、大陸境界での地球の地殻 ― 海床は ―はるかに薄く、地電流経路上にあります。 


Telluric currents beneath the crust are rivers of current that create the plate boundaries and their magnetic fields create high stress. 

地殻の下のテルル電流は、プレート境界を作成する電流の川であり、それらの磁場は高い応力を作成します。 


So the continental plates are structured not to mitigate the fringing effect, but to encourage short circuits – like a relief valve for the energy building below. 

したがって、大陸プレートはフリンジング効果を軽減するのではなく、短絡を促進するように構成されています –地下のエネルギー・ビルディングのリリーフ(解放)・バルブのように。 


Dragons are short circuit discharges from the fringing field of the continental plates, discharging through magnetically stressed regions of the sea floor 

– fracture zones and volcanoes. 

ドラゴンは、大陸プレートのフリンジフィールドからの短絡放電であり、海底の磁気的にストレスを受けた領域 

–破砕帯と火山、 を通って放電します。 


There you go. 

「その通り。」 


That is what a dragon is. 

それがドラゴンです。 


No “magic puff”, but a ground-to-ground lightning discharge. 

「魔法の煙り」はありません、地面から地面への雷放電です。 


Energy building beneath the crust tries to release through volcanoes, belching hot molten matter, heat, lightning and clouds of ash. 

地殻の下のエネルギー・ビルディングは、火山を通して放出しようとし、熱い溶融物、熱、稲妻、灰の雲を吹き飛ばします。 


But every lava flow adds layers of matter to to the capacitor plate. 

しかし、すべての溶岩流は、キャパシタコンデンサー)プレートに物質の層を追加します。


 The plate gets wider and thicker, and is dancing with surface charge from falling ash, rock, rain, and cooling lava. 

プレートはより広く厚くなり、落下する灰、岩、雨、そして、冷却溶岩からの表面電荷で踊っています。


 It’s chemical soup. 

それは、ケミカルスープです。 


Every charged cloud of ash and water vapor forms another chemical soup rising to a stratosphere already charged with plasma. 

灰と水蒸気のすべての帯電した雲は、すでにプラズマが帯電した成層圏に上昇する別の化学スープを形成します。 


The reaction is plasma storms, of higher ion content than today’s little chubascoes. 

反応はプラズマストームで、今日の小さなチュバスコ(南米雨季の雷と稲妻の激しいスコール)よりもイオン含有量が高くなっています。 


These storms build surface charge beneath them, on a surface already dancing with energy released from the cooling lava. 

これらの嵐は、その下に、冷却溶岩から放出されたエネルギーですでに踊っている表面上に表面電荷を構築します。 


And so it goes, charge keeps building across the plate until it short circuits in the fringing field. 

そうなると、フリンジ電界で短絡するまで、電荷がプレート全体に蓄積され続けます。


 Essentially the same thing happens in a cloud-to-cloud discharge, where the lightning streaks across the surface of the clouds rather than jumping to ground. 

基本的に同じことが雲から雲への放電でも起こります、雷は地面にジャンプするのではなく、雲の表面を横切ってストリーク(遊走)します。


 Just think about it, the electric field of the storm is between the ground and clouds. 

考えてみてください、嵐の電場は地面と雲の間にあります。 


It’s a potential of hundreds of MV, yet much more lightning goes sideways from cloud-to-cloud than from cloud-to-ground. 

それは、何百MVもの電位ですが、雲から地面に移動するよりも、雲から雲に横に移動する方がはるかに多くの雷が発生します。 


There is a local voltage difference between clouds that is stronger than the ‘prevailing’ electric field of the storm between cloud and ground. 

雲と地面の間の嵐の「一般的な」電界よりも強い局所的な雲間の電圧差があります。


 Of course, it’s all one field, but the direction of it’s potential shifts. 

もちろん、それはすべて1つのフィールドですが、その電位の方向性は変化します。 


The field becomes stronger between clouds due to phasing. 

フェーズ(段階)により、雲の間のフィールドが強くなります。 


As clouds discharge lightning, they discharge energy and then rebuild it from the in-flowing winds

雲が稲妻を放出すると、それらはエネルギーを放出し、流入する風からそれを再構築します。 


This sets up cycles with hysteresis, and two parts of a cloud, or two storm cells get out-of-phase with each other, which creates a huge potential. 

これにより、ヒステリシス(履歴現象)のあるサイクルが設定され、雲の2つの部分、または2つのストームセルが互いに位相がずれて、大きな電位が生まれます。 


The arc closes this voltage gap. 

アークはこの電圧ギャップを閉じます。 


The path the arc takes predominately follows a surface conductive path at the cloud’s edge, where the condensate boundary forms a layer of charged particles where droplets form. 

アークがたどる経路は主に、雲の端にある表面の導電経路をたどります、そこでは、凝縮物の境界が、液滴が形成される荷電粒子の層を形成します。


 The same thing happens in ground-to-ground discharge. 

同じことが地対地放電でも起こります。 


The subsurface and surface potential difference is oscillating. 

地下と表面の電位差は振動しています。 


This especially occurs if the normal path of conductance is blocked, as volcanoes evolve gas chambers of vapor that choke current flow. 

これは、火山が電流の流れを妨げる蒸気のガス室を発生させるため、コンダクタンス(電導性)の通常の経路がブロックされている場合に特に発生します。 


These oscillations can spike voltage between sub-surface and surface – amplifying ground-to-ground potential, and draw short circuiting arcs from one side of the continental plate to the other, just like any capacitor would if you stripped the insulation from it’s edges. 

これらの振動は、サブサーフェス(2次表面)とサーフェス(表面)の間で電圧をスパイク(急騰)する可能性があります ―大地間電位を増幅し、大陸プレートの片側から反対側に短絡アークを描きます。これは、キャパシタコンデンサー)の端から絶縁体を剥がした場合と同じです。


 How can we know this is true? これが真実であることをどうやって確認できますか? 


Because charge diffusion and discharge takes fractal form, and we can identify fractal forms and understand what patterns them – electricity and magnetism. 

電荷の拡散と放電はフラクタル形式であるため、 

–電気と磁気が、 フラクタル形式を識別し、それらがどのようなパターンであるかを理解できます。 


There is no question rivers take fractal form. 

川がフラクタルの形をとるのは間違いありません。


 Perhaps not every stream of water, because you’ll notice if you pour water downhill, it generally flows straight down whenever it can, and rarely produces a lightning-bolt shaped fractal unless you place rocks strategically in the path of the water the way hydrologists do. 

おそらくすべてが水流ではない、下り坂に水を注ぐと気が付くので、できる限り真っ直ぐに流れます、そして、水文学者のように戦略的に岩石を水の経路に配置しない限り、稲妻型のフラクタルはほとんど生成されません。


 

 


Various man-made mountains fail to show water do anything but obey gravity. 

さまざまな人工山は、水が重力以外のことをすることを示さない。 


Examine a man-made mountain where natural water erosion is allowed to occur, like the mine-tailings pictured. 

写真の鉱山の尾鉱のように、自然の水の浸食が発生する可能性のある人工の山を調べてください。 


The water erodes straight channels. 

水はまっすぐな水路を侵食します。 


But natural rivers, like the Amazon, the Congo and the Colorado River take on the same class of fractal form, called Lichtenberg figures, after Georg Christoph Lichtenberg who first studied them. 

しかし、アマゾン川コンゴ川コロラド川のような自然の川は、最初にそれらを研究したゲオルク・クリストフ・リッチェンバーグ(リヒテンベルク)にちなんで、リッチェンバーグ(リヒテンベルク)形状と呼ばれる同じクラスのフラクタル形をとります。 


It is the form that arcing electric discharge takes during dielectric breakdown. 

絶縁破壊時にアーク放電が発生する形態です。 


Dielectric breakdown is another way of saying “short circuit” in a capacitor. 

絶縁破壊は、キャパシタコンデンサー)の「短絡」の別の言い方です。 


Dielectric breakdown occurs as current paths form in continuously branching, self similar filaments in a process called Diffusion Limited Aggregation (DLA). 

誘電破壊は、拡散制限凝集(DLA)と呼ばれるプロセスで連続的に分岐する自己類似フィラメントに電流パスが形成されるときに発生します。 


Brownian motion in a diffusing plasma results in a random walk, where charged particles cluster and grow in dendrite trees, called Brownian Trees. 

拡散プラズマでのブラウン運動ランダムウォークを引き起こし、そこでは荷電粒子が集まり、ブラウン・ツリーと呼ばれる樹状突起ツリーで成長します。 


And rivers, in fine and large structure, from head-water to delta, consistently match the variety of branching dendrite forms seen with electric arcs, branching, in multiple self-similar repetitions. 

そして川は、細かく、そして、大きな構造で、源流からデルタまで、複数の自己相似の繰り返しにおいて、電気アークで見られる分岐樹枝状形態の、多様性に、一貫して一致します。 


The process is self-similar over time scales as well as dimensions. 

プロセスは、時間スケールだけでなく次元に関しても自己相似です。


 A dielectric breakdown may occur over years, or nano-seconds and produce the same dendrite form. 

1つの絶縁破壊は、何年にもわたって、またはナノ秒で発生し、同じ樹状突起の形態を生成することがあります。


 Lightning bolts occur in seconds, flashing several times through a channel created by a cascade of electrons reaching for positive ion tendrils growing from the ground. 

稲妻は数秒で発生し、地面から成長している陽イオン巻きひげに到達する電子のカスケードによって作成されたチャネルを通して数回点滅します。 


But filaments of discharge in a high voltage insulator grow over months in the manner a crystal grows. 

しかし、高電圧絶縁体の放電フィラメントは、結晶が成長するように数ヶ月にわたって成長します。 


The dendrites expand from a point in ever smaller self-similarities, spread out in ever greater area, or volume over time. 

樹状突起は、これまでよりも小さな自己相似のポイントから拡大し、より大きな領域、または、時間の経過とともに拡大します。 


They grow in pulses, lightning bolt flashes, as energy pumps into the filament again and again. 

エネルギーが何度もフィラメントに送り込まれると、それらはパルス状に成長し、稲妻が点滅します。 


Until it breaks-through, and establishes continuous current flow, charge advances by combining with, and drawing electrons from it’s surroundings, which alters the surroundings thermally and chemically, creating channels. 

それが突破し、継続的な電流の流れを確立するまで、電荷は、周囲と結合し、周囲から電子を引き寄せることで前進し、それらは、周囲を熱的および化学的に変化させ、チャネルを作成します。 


Each new pulse follows the channels, wave-guided to the old paths, and extending them forward in self-similar steps until it breaks through. 

新しいパルスはそれぞれチャネルをたどり、古いパスに導波され、それが破綻するまで自己相似のステップでそれらを前方に延長します。 


So a dragon may repeat it’s route, over and over again, in pulses that may be separated by moments, or millennia. 

したがって、ドラゴンはその経路を何度も何度も繰り返します、瞬間や千年単位で隔てられている可能性があります。


 It’s the Dragon’s Fault. 

それはドラゴンの、けもの道(断層)です。


 In these select images of the Colorado River, note how much the river follows long straight line segments. 

コロラド川のこれらの選択された画像で、川が長い直線セグメントにどれだけ続いているかに注意してください。 


Most people are led to believe that rivers are the result of water simply flowing downhill to the ocean, following the path of least resistance. 

ほとんどの人は、河川は単に抵抗が最も少ない経路をたどって海に向かって下り坂を流れる水の結果であると信じさせられています。 


But it is “accepted” scientific consensus that rivers follow faults, and these straight line segments are the visual evidence of it. 

しかし、川が断層に従うということは、「受け入れられた」科学的合意であり、これらの直線セグメントは、それを視覚的に示しています。 


So water doesn’t “just go downhill”, it follows faults. 

つまり、水は「下り坂になるだけ」ではなく、断層に追随します。 


The obvious question is what causes faults? 

明らかな質問は、何が断層の原因ですか?


 

10

 

11


Several examples of the Colorado and it’s tributaries following long straight-line segments along fault lines. 

コロラドとその支流のいくつかの例は、断層線に沿った長い直線セグメントをたどっています。 


Faults are the dragon’s footprint. 

断層はドラゴンの足跡です。 


Faults are the path of a ground-to-ground discharge. 

断層は、地面から地面への放電の経路です。 


The solid bedrock below is the fused earth from it’s heat, shock-pressure, diffusing charge and magnetic field. 

下の固体の岩盤は、熱、衝撃圧力、拡散電荷、および、磁場、からの融合した地球です。 


It’s faults, valleys and canyons are what I call the “arc-blasted” zone. 

その断層である、谷と峡谷は私が「アーク・ブラスト」ゾーンと呼んでいるものです。 


‘Arc blast’ is a term from applied science, whereas ‘dragon’ sounds a bit whimsical. 

「アークブラスト」は応用科学の用語ですが、一方で、「ドラゴン」は少し風変わりに聞こえます。 


But they are one and the same. 

しかし、それらは同じものです。 


The path of the water flow meanders, but the channel it travels in defines the fault line. 

水の流れの経路は曲がりくねっていますが、それが通る水路は断層線が定義します。


 Water flows flood and recede, build sandbars, islands and can change course within the channel. 

水の流れは氾濫し、後退し、砂州、島を作り、水路内の進路を変えることができます。


12


Note the sharp edged canyon rim on the right indicates faulting, whereas the river meanders. 

川の曲がりくねっているのに対し、右側の鋭い縁の峡谷の縁は断層を示しています。 


A magnetic footprint accompanies the dragon – as countless magnetic dipole measurements surveyed on rivers around the world attest. 

磁気の足跡はドラゴンに伴う –世界中の河川で調査された無数の磁気双極子測定がそれを証明しています。 


River channels have a magnetic signature transverse to the direction of the channel, which is what one should expect from a lightning arc. 

川の水路には、水路の方向を横切る磁気特性があります。これは、稲妻アークから予想されるものです。 


Shores blackened with magnetite is another testament to a past event when electric current flowed in that channel, wrapped in a magnetic sheath. 

磁鉄鉱で黒くされた岸辺は、電流がそのチャネルを流れ、磁気シースに包まれた過去の出来事の別の証拠です。 


It’s path is the jagged step-leader shape of a lightning bolt, jumping in straight lines and arcs from point to point, like connecting dots. 

そのパスは、稲妻のギザギザのステップリーダーの形です、点を結ぶように、点から点へ直線と円弧でジャンプします。 


The path often splits to form tributaries. 

そのパスはしばしば分岐して支流を形成します。 


The angle between the channels provides hints of their cause. 

そのチャンネル間の角度は、それらの原因のヒントを提供します。


13


AC/DC – Dragons Go Both Ways AC/DC –ドラゴン達は両方向に行く』 


There are several junctions and other features along the Colorado and its tributaries highlighted in the next image. 

次の画像で強調表示されているコロラドとその支流には、いくつかの分岐点やその他の特徴があります。 


We’re going to explain each feature. 

各特徴について説明します。


14


But first, some explanation of what kind of current flows in the Earth. 

しかし、最初に、地球にどのような電流が流れるかについての説明をします。 


It’s alternating current and direct current both. 

それは、交流と直流の両方です。 


Alternating current is super-positioned on a direct current carrier wave. 

交流電流は、直流搬送波に重ね合わされます。 


Voltage difference is relative, with no absolute positive or negative. 

電圧差は相対的であり、絶対的な正または負はありません。 


This is true of the mineral water, plasma and solid state matter that conducts electricity throughout the system, too. 

これは、システム全体に電気を伝導するミネラルウォーター、プラズマ、および固体物質にも当てはまります。


15


It’s important to understand because Nature doesn’t work with the kind of tidy insulated circuitry and constant voltage, battery operated predictability that your cell-phone uses. 

自然は、携帯電話で使用されているような整然とした絶縁回路や定電圧、電池式の予測可能性では機能しないと、理解することが重要です。 


AC circuits oscillate in voltage, current and impedance as the frequency changes. 

AC回路は、周波数が変化すると、電圧、電流、インピーダンスが振動します。 


Everything is dynamic, with feedback and noise adding complexity. 

すべてが動的であり、フィードバックとノイズが複雑さを増しています。 


But Nature manages to make order from the chaos. 

しかし、自然は混沌から秩序を作ることができます。 


The reason is resonance. 

その理由は共鳴です。 


The beauty of Nature is that it allows malleability in it’s shape to find the path of least resistance and therefore balance itself out, like water filling a lake. 

自然の美しさは、その形の可鍛性により、抵抗が最も少ない経路を見つけて、湖を水で満たすようにバランスをとることができることです。 


When balance is reached there is resonance. 

バランスが、そこに到達すると、共振が発生します。 


『Dragon Rules ドラゴンのルールを決めます。』 


Dragons have rules. 

ドラゴンにはルールがあります。 


They have to play their part in the circuit. 

彼らはサーキット(回路)の中で自分の役割を果たす必要があります。 


And the type of circuit they are part of is what defines the rules. 

そして、それらが含まれる回路のタイプは、ルールを定義するものです。 


The type of circuit the Colorado River follows is called an RLC circuit. 

コロラド川がたどる回路のタイプは、RLC回路と呼ばれます。 


An RLC circuit combines the fundamental elements of resistor (R), inductor (L) and capacitor (C) connected across a voltage supply. 

RLC回路は、電源に接続された抵抗(R)、インダクタ(コイル)(L)、キャパシタコンデンサ)(C)の基本要素を組み合わせます。 


Nature has to comply with physics, so logic leads to choosing an RLC circuit model since Nature has all three fundamental elements in it’s makeup. 

ネイチャー(自然)は物理学に準拠する必要があるため、ネイチャーの構成には3つの基本的な要素がすべて含まれているため、ロジックはRLC回路モデルの選択につながります。 


There are parallel and series RLC circuits, and hybrid combinations of those. 

並列と直列のRLC回路、およびそれらのハイブリッドの組み合わせがあります。 


In the case of the dragon that carved the Colorado River, a parallel circuit is required. 

コロラド川を彫ったドラゴンの場合、並列回路が必要です。 


The full explanation for why that is will take us into another chapter in Eye of the Storm, but we’ll start with discussing the geometry of junctions. 

それがなぜであるかについての完全な説明は、「Eye of the Storm」の別の章に私たちを連れて行きますが、ジャンクションの幾何学について議論することから始めます。


16


『Parallel RLC Circuit 並列RLC回路』 


The image highlights nine junctions in green where the Colorado joins it’s major tributaries. 

この画像は、コロラド州が主要な支流に合流している緑色の9つのジャンクションを強調しています。 


You’ll note they all have a distinctive shape. 

どれも独特の形をしている事に注目して下さい。


17


『Highlighted symbols mark “T” shaped junctions on the Colorado and its tributaries. 

強調表示されたシンボルは、コロラドとその支流の「T」字型のジャンクションを示しています。』


18


『The Colorado – Gila River Junction. コロラド―ギラ・リバー・ジャンクション。』 


Power in an RLC is not consumed by line resistance alone, but impedance, which has reactive, vector components. 

RLCの電力は、ライン抵抗だけで消費されるのではなく、無効なベクトル成分を持つインピーダンスによって消費されます。 


The inductor and capacitor elements of the circuit have reactance, which opposes current flow like a resistor, but occurs 90 degrees out of phase with resistance. 

回路のインダクター(コイル)要素とキャパシタコンデンサー)要素にはリアクタンスがあり、これは抵抗器のように電流の流れに対抗しますが、抵抗とは位相が90度ずれています。 


Inductive current (IL) is at a vector rotated 90 degrees counter-clockwise to the supply line current (IR). 

誘導電流=コイル電流(IL)は、電源ライン電流(IR)に対して反時計回りに90度回転したベクトルにあります。 


Capacitive current (IC) is at a 90 degree rotation clockwise to the line current. 

容量性(キャパシタ性)電流(IC)は、ライン電流に対して時計回りに90度回転しています。 


The resultant current is not the arithmetic sum of currents, but the vector sum, which produces current at a resultant angle from the original line current. 

結果として生じる電流は、電流の算術合計ではなく、元の線電流から合成角度で電流を生成するベクトル合計です。


19


Yes, I made a mistake. 

はい、私は、間違えました。 


Capacitive current is rotated clockwise from the source current. 

(この図の)容量(キャパシタ)性電流はソース電流から時計回りに回転します。 


In a parallel RLC circuit, the voltage across each element remains the same and current gets divided. 

並列RLC回路では、各要素間の電圧は同じままで、電流は分割されます。 


Current shifts vector in a parallel RLC circuit, which is what we see: the river channel splits in two directions, at, or near 180 degrees apart. 

並列RLC回路の電流シフトベクトルは、次のようになります: 河道は2つの方向に分かれるか、または180度近くに分かれます。 


Keep in mind, rivers flow downhill, but the dragon travels upstream, so a junction is a bifurcation, not a confluence. 

念頭に置いて下さい、川は下り坂を流れます、しかし、ドラゴンは上流に移動するため、ジャンクションは合流点ではなく分岐点です。


20


『Lake Roosevelt on the Salt River, a Gila tributary in Arizona. アリゾナ州のヒラ支流、ソルトリバーのルーズベルト湖。』


 This indicates the current bifurcated because line current went to zero, while capacitive and inductive currents – the reactive currents – initiated current flow along the new vectors. 

これは、ライン電流がゼロになったために分岐した電流を示しています、容量(キャパシタ)性および誘導(インダクティブ=コイル)性電流は 

–無効電流であり 

–新しいベクトルに沿って電流フローが開始されました。 


The new vectors are 180 degrees opposed to each other, with the inductive current angled 90 degrees counter-clockwise from the supply line current, and the capacitive current at 90 degrees clockwise from the supply line current, creating a junction shaped like a “T”. 

新しいベクトルは互いに180度反対であり、誘導(インダクティブ=コイル)性電流は電源ライン電流から反時計回りに90度傾いています、そして、電源ライン電流から時計回りに90度の容量(キャパシタ)性電流、それらは、「T」のような形の接合を作成します。 


This is precisely what happens when a parallel RLC circuit achieves resonant frequency. 

これは並列RLC回路が共振周波数を達成する場合、まさに起こることです。 


Supply line resistance goes up with frequency. 

電源ライン抵抗は周波数を上げます。 


As resistance goes up, line current is restricted and reactive current increases. 

抵抗が上がると、ライン電流が制限され、無効(反応性)電流が増加します。 


You can visualize reactive current as leakage from a perforated pipe, where more and more fluid (current) escapes through the perforations, shooting out perpendicular to the direction of supply flow if pressure is allowed to build (resistance) inside the pipe. 

穿孔されたパイプからのリークとして無効電流を視覚化することができ、より多くの流体(電流)が穿孔を通して逃げることができ、パイプ内部の圧力増加を(抵抗)を供給すると、供給流の方向に垂直に打ち出します。 


Resonant frequency causes line resistance to go to infinity. 

共振周波数は無限に抵抗を引き起こします。 


Well, it doesn’t actually go to infinity, but it goes just as high as it needs to stop the line current. 

まあ、それは実際には無限大に行くことはありませんが、しかし、ライン電流を停止する必要があるほど高く成ります。


 When line current goes to zero, reactive current shoots out, like fluid under pressure, perpendicular to the conductor. 

ライン電流がゼロになると、無効電流は、導電体の下で、流体の直径、導体に垂直に排出されます。 


This is because of Kirchhoff’s Current Law that says the sum of all currents entering a junction is equal to the sum of all currents leaving that junction. 

これは、ジャンクションに入るすべての電流の合計が、接合部を残すすべての電流の合計に等しいというKirchhoffの電流の法則のためです。 


Therefore, when resonant frequency is reached, line current cannot overcome resistance and goes to zero. 

したがって、共振周波数に達すると、ライン電流は抵抗を克服できず、ゼロになります。 


All the current then shoots out as reactive current at vectors 90 degrees from the line current. 

すべての電流がライン電流から90度のベクトルでの無効電流として撃ち出されます。 


That is what causes the river to bifurcate in a “T” shape. 

これにより、川が「T」字型に分岐します。


21


Lake Meade results from two successive resonant reactive discharges (note: west is top of page in this image). 

Lake Meadeは、2つの連続した共鳴反応性放電の結果です(注:この画像では、西がページの上部にあります)。


 Reactive power is commonly considered to be stored power in transmission systems. 

無効電力は、一般に、送電システムに蓄積された電力と見なされます。 


Inductive reactance stores in a magnetic field and capacitive reactance stores in an electric field. 

誘導(コイル)性リアクタンス(無効電流)は磁場に蓄えられ、容量(キャパシタ)性リアクタンス(無効電流)は電場に蓄えられます。 


In power grids, we use capacitors and generators to provide these fields to capture the energy and return it to the system. 

電力網では、コンデンサと発電機を使用してこれらのフィールドを提供し、エネルギーを取得してシステムに戻します。


 Nature doesn’t have ready made devices to store energy, so reactive power simply squirts out, at new current vectors, it’s energy consumed by impedance. 

自然にはエネルギーを蓄えるための既製のデバイスがないため、無効電力は、新しい電流ベクトルで、インピーダンスによって消費されるエネルギーを単に噴出します。


22

 

23


Resonant discharge junctions occur pretty often in river systems. 

共鳴放電ジャンクションは河川系でかなり頻繁に発生します。 


Reactive power is much more complex than water in a pipe. 

無効電力は、パイプ内の水よりもはるかに複雑です。 


The comparison is meant to illustrate for those who aren’t familiar with the concept. 

比較は、概念に慣れていない人のために説明するためのものです。 


This isn’t the place to review equations, but the basics of RLC circuits and the geometry of reactive power can be found in any circuit fundamentals textbook. 

これは方程式を確認する場所ではありません、RLC回路の基本と無効電力の形状は、回路の基本的な教科書に記載されています。


24


『Bill Williams and tributaries near Lake Havasu. ビルウィリアムズとハバス湖近くの支流。』 


There are a couple of other things to note about the shapes of these junctions. 

これらのジャンクションの形状については、他にも注意すべき点がいくつかあります。 


First, they rarely make perfect “T” junctions. 

まず第1に、完全な「T」接合を作ることはめったにありません。 


Most reactive discharge appears at less than 90 degree rotation from the line voltage, producing a “Y” shape instead of a “T”. 

ほとんどの無効放電は、ライン電圧から90度未満の回転で現れ、「T」の代わりに「Y」字形を生成します。 


This is most likely due to the DC bias in the current. 

これは、おそらく電流のDCバイアスが原因です。 


Resonance causes AC line current to go to zero, but not DC. 

共振により、ACライン電流はゼロになりますが、DCはなりません。 


So the resultant current vectors are the vector sum of the total reactive current with the remaining DC line voltage, producing a “Y” instead of a “T”. 

したがって、結果として生じる電流ベクトルは、総無効電流と残りのDCライン電圧のベクトル合計であり、「T」ではなく「Y」を生成します。


25


The second thing to note is that the inductive current path (the branch rotated counter-clockwise, or north in the case of the Colorado) continues in that direction more-or-less straight to the next junction, following the north pointing magnetic field. 

2番目に注意する点は、誘導電流経路(枝が反時計回りに回転、またはコロラド州の場合は北)は、北向きの磁場に続いて、次の接合部までほぼ真っ直ぐその方向に続きます。 


The capacitive current does something completely different, however, and it does this consistently at every “T” junction: it shoots south a short distance and abruptly curls east, back to the original supply line vector

容量性電流は、まったく異なるものであり、これは一貫して "t"接合部に一貫して行われます: 

南に向けて短距離に打ち出し、東に突然曲がり、元の供給線ベクトルに戻ります。


26


While the Colorado turns north, an inductive reactance that follows the magnetic field, the Gila is capacitive reactance that briefly turns south and then immediately returns to the source vector

コロラドが磁場に追従する誘導性リアクタンスである北を向いている間、ギラは一時的に南を向いてすぐにソースベクトルに戻る容量性リアクタンスです。 


Capacitive current discharges clockwise, to the south of the line current, in a direction 90 degrees from the prevailing electric field in response to a far-field charge build-up. 

容量(コンデンサ)性電流は、遠方界電荷の蓄積に応答して、支配的な電界から90度の方向に、ライン電流の南に時計回りに放電します。 


The far-field charge builds in a capacitance response (reactance) to the charge building in the supply line as frequency rises and chokes off supply-line current. 

遠方界の電荷は、周波数が上昇して電源ラインの電流を遮断すると、電源ラインの電荷の増加に対する容量(キャパシタ)性応答(リアクタンス)を増加させます。 


But once it discharges, it equalizes charge differentials and the far-field voltage it is responding to disappears. 

しかし、いったん放電すると、電荷の差が均等化され、応答している遠方界電圧が消えます。 


The current immediately turns back to align with the prevailing field – the original supply line current vector

電流はすぐに元のフィールド(元の供給ライン電流ベクトル)に合わせて戻ります。


 That is why the southern branch always makes an immediate sharp turn eastward and realigns, at least briefly, with the supply current. 

そのため、南側ブランチは常にすぐに東向きに急に曲がり、少なくとも一時的には供給電流に再調整します。 


This is really important because Nature following precisely a form expected from electrical discharge, and repeating it over and over again, is hard to call coincidence. 

自然が放電から予想される形に正確に従い、それを何度も繰り返すことは偶然とは言いがたいので、これは本当に重要です。


27


Lake Powell consists of five sequential, resonant bifurcations. 

パウエル湖は、5つの連続した共振分岐から構成されています。 


Parallel lines are following electric and magnetic fields, skewed somewhat by DC carrier current. 

平行線は電界と磁界をたどっており、DCキャリア電流によって多少歪んでいます。 


If we look at the big picture, and we draw lines to represent the prevailing electric field aligned with the supply line current, it’s easy to see that the Colorado River and it’s tributaries, or more precisely, the dragon that carved the river, is a discharge that follows the electric field in a step-wise manner, with resonant reactive surges that bifurcate into inductive current branches that moves the discharge north into the strongest voltage lane (C), which aims it to the Eye of the Storm in the four corners region of Northern Arizona and Utah. 

全体像を見て、電源ラインの電流に合わせて支配的な電界を表す線を引くと、コロラド川とそれは支配的な軍隊であることを簡単に見えることが簡単です、より正確には、川を彫刻したドラゴンは、段階的な方法で電場に従う放電であり、誘導電流の分岐に逆流し、共通の影響を受けた抵抗反応電流を偏らせ、北アリゾナ州北部のフォーコーナーの四隅に嵐の目を目指している。


28


General direction of electric field is a dipolar alignment between the San Andreas Fault and the Colorado Plateau. Lane “C” has the highest potential. 

電界の一般的な方向は、サン・アンドレアスの断層とコロラドプラトーとの間の双極性アラインメントです。 レーン "C"は最も高い電位を持っています。 


The electric field is between the accumulating material on the Colorado Plateau, and the San Andreas Fault (marked in red). 

電場は、コロラドプラトー上の蓄積物質、そして、サン・アンドレアス断層(赤色でマークされている)の間にあります。 


Why this is will be discussed in the next chapter, but it’s the reason the Colorado is a parallel RLC circuit. 

これが次の章で説明されている、コロラドがパラレルRLC回路である理由です。 


The capacitive current branches all make a brief step to the south, then abruptly turn back east to re-align with the prevailing electric field, first producing the Gila tributary (A), and then the Bill Williams tributary (B). 

容量(キャパシタ)性電流分岐はすべて、南への短いステップを作成します、次に、突然東に向きを変えて、一般的な電場に合わせます、そして、最初にギラ支流(A)、次にビル・ウィリアムズ支流(B)を作成します。 


When it reaches the resonant RLC discharge at Lake Meade, it finally found the lane of maximum electric field potential (C), and thereafter shoots east to the Eye of the Storm, centered at Monument Valley, carving some amazing canyons and other features along its way. 

ミード湖で共鳴RLC放電に達すると、最終的に、最大電界ポテンシャル(C)のレーンが見つかりました、そして、その後、モニュメント・バレーを中心とする嵐の目から東に向かって打ち出し、途中で素晴らしい峡谷やその他の特徴を彫刻しました。 


In the next chapter of Eye of the Storm, we’ll discuss these canyons, other types of branching, other features, and their likely causes. 

「嵐の目」の次の章では、これらの峡谷、他の種類の分岐、他の特徴、およびそれらの考えられる原因について説明します。 


But before we close this chapter, let’s consider what a dragon looks like. 

ただし、この章を閉じる前に、ドラゴンの外観について考えてみましょう。 


In myth, references to dragons can be confusing, because sometimes they boil the sea, sometimes they ravage the land, and sometimes they take wing. 

神話では、ドラゴンへの言及は混乱を招く可能性があります、それは、時々彼らが海を沸騰させ、時々彼らが土地を破壊し、時々彼らが翼を持つからです。 


The discharge that scraped the land in surface conductive arcing also created it’s own weather and induced following jet-stream winds

地表の導電性アーク放電で土地を削った放電は、それ自体の天候を生み出し、ジェット気流の風を引き起こしました。 


Depending on perspective, one might describe a dragon as submarine, serpent or flying demon. 

見方によっては、ドラゴンを潜水艦、蛇、空飛ぶ悪魔と表現することもできます。 


Following jet stream winds choked with dust, swirling from cyclone to cyclone, had to look like animate serpent bodies glowing with internal lightning. 

ジェット気流に続いて、サイクロンからサイクロンへと渦巻く塵で窒息した風は、内部の稲妻で輝く生きている蛇の体のように見えなければなりませんでした。


29


『From a distance a dragon might resemble a dust storm like this one over Phoenix

遠くから見ると、ドラゴンはこのようなフェニックスを覆う砂嵐に似ているかもしれません。』 


In it’s early path, it scraped the surface, following surface water laid down by storm and tsunami

初期の経路では、嵐と津波によって地表水が堆積した後、地表を削り取りました。 


Water is it’s conductor. 

水はその伝導体です。 


Just as in the atmosphere, water is the conductor. 

大気と同様に、水は、伝導体です。 


Like it is in our bodies, and plants, and pretty much all of Nature. 

それは私たちの体、植物、そしてほとんどすべての自然にあるように。 


Water is di-polar, and in the field of a strong electric potential, the polarity of its molecules will align coherently and facilitate current. 

水は双極性であり、強い電位の場では、その分子の極性がコヒーレントに整列し、電流を促進します。 


It’s liquid, so flows through pores in rock and soil providing electrical continuity across vast stretches of Earth. 

それは、液体であるため、岩や土壌の細孔を通って流れ、広大な地球に電気的導通を提供します。 


Earth’s crust is saturated with water, even deserts, but for the very shallow top layers of sand and mountain. 

地球の地殻は砂漠でさえも水で飽和していますが、砂と山の非常に浅い最上層のためです。 


Water provides the “surface conductance” for the ground-to-ground discharge. 

水は、地面から地面への放電の「表面コンダクタンス(電導性)」を提供します。 


So that’s another rule of the dragon, to follow water. 

それが水に従うというドラゴンの別のルールです。 


But it doesn’t always follow surface water. 

しかし、それは常に地表水を追跡するわけではありません。 


The storm that drew forth the Colorado, the storm over the Colorado Plateau, was laying down layer upon layer of dry sediments, burying the lakes, inland seas and their drainage. 

コロラドを引く嵐、コロラド高原の嵐は、乾燥した堆積物の層の上に層をなして、湖、内海、およびそれらの排水路を埋めていました。 


The dragon burrowed into the ground beneath these dry deposits, and followed the water like a tree root. 

竜はこれらの乾燥した堆積物の下の地面に潜り、木の根のように水を追った。 


All along it’s jagged path, on either side the land was pummeled. 

ギザギザの小道に沿って、どちらの側でも土地は荒廃していました。 


A dense magnetic field surrounded the current as it pulsed and sparked. 

電流が脈動してスパークすると、高密度の磁場が電流を取り囲みました。 


And this drew lightning from the raging plasma clouds above, inducing a following storm system of winds, whirlwinds and meso-cyclones that conflicted with the ambient winds, creating shock waves all around. 

そして、これは上にある荒れ狂うプラズマ雲から稲妻を引き出し、周囲の風と衝突する風、旋風、メソサイクロンの嵐システムを引き起こし、周囲に衝撃波を作り出しました。


30


Lightning storms would flank a dragons path. 

雷雨嵐はドラゴンの道に隣接します。 


On the ground, whirlwinds at the maw of the beast sucked tons of billowing dust to wrap around the plasma at the core of the arc, filling it’s body within the confines of a magnetic sheath. 

地上では、獣の鳴き声で旋風が吹き、大量のうねる塵を吸い込んで、アークの中心にあるプラズマを包み込み、磁気シースの範囲内でプラズマの本体を満たします。 


It formed a lions mane, or feathered appearance at it’s head as it drew in streamers of dust. 

チリのストリーマーを引き込むと、ライオンのたてがみ、または頭に羽毛のような外観が形成されました。 


The arc advanced in explosive, staccato bangs, jumping from node to node, connecting dots across the landscape. 

アークは爆発的なスタッカートの強打で前進し、ノードからノードにジャンプし、風景全体にドットを接続しました。 


But heavy ionic matter moved more slowly, being either pulled with, or drawn against the current, as dictated by charge polarity. 

しかし、重いイオン性物質は、電荷の極性によって示されるように、電流で引っ張られるか、電流に逆らって引き寄せられ、よりゆっくりと移動しました。 


These horizontal whirlwinds might have looked like ultra-high speed trains racing across the land. 

これらの水平旋風は、地上を走る超高速列車のように見えたかもしれません。


31


『Supersonic flow creates triangular shock wave patterns. 超音速流は三角形の衝撃波パターンを作成します。』 


It likely wore an inner vest of elemental conductors, and molten silica around a super-heated plasma core. 

それはおそらく元素の導体の内部ベストと、過熱したプラズマコアの周りに溶融シリカを着ていた。 


An outer coat of ragged dust, drawn to it’s maw as it advanced, wrapped tight to it’s body by ferrous material caught in the magnetic field. 

不規則な塵の外側のコートは、それが進むにつれて口に吸い込まれ、磁場に捕らえられた鉄の物質によって体にしっかりと巻き付けられます。 


Shock waves patterned this cloak into diamond shaped scales that pulsed with light and x-rays. 

衝撃波がこのクロークをダイヤモンドのような鱗にパターン化し、光とX線でパルスを発しました。 


It spit lightning and flames in seventy mile arcs, while shock waves boomed from it’s flanks. 

それは70マイルの弧で稲妻と炎を吐き出しながら、その側面から衝撃波が急上昇しました。 


Sounds just like a dragon, huh? 

ドラゴンのように聞こえますよね、どうです? 


But why take my word for it? 

しかし、なぜ私の言葉をそれのために取るのですか? 


Listen to an eyewitness account: 目撃者のアカウントを聞いてください: 

Job 41, verses 12 – 21: ヨブ41、12-21節: 

“I will not conceal his limbs, His mighty power, or his graceful proportions. 

「私は彼の手足、彼の強力な力、または彼の優雅なプロポーションを隠しません。 


Who can remove his outer coat? 

誰が彼の外皮を取り除くことができますか? 


Who can approach him with a double bridle? 

誰が(馬の)大勒ハミを携えて彼に近づくことができますか? 


Who can open the doors of his face, With his terrible teeth all around? 

誰が彼の顔のドアを開けることができるでしょう、彼のひどい歯がいたるところにあるのに? 


His rows of scales are his pride, Shut up tightly as with a seal; One is so near another, That no air can come between them; They are joined one to another, They stick together and cannot be parted. 

彼の鱗の列は彼の誇りです、アザラシのようにしっかりと閉じて居ます; 

あるものが別のものにとても近いので、それらの間に空気が入ることはできません; 

それらは互いに結合されています、それらは一緒にくっつき、別れることはできません。 


His sneezings flash forth light, And his eyes are like the eyelids of the morning. 

彼のくしゃみは光を放ち、彼の目は朝のまぶたのようです。 


Out of his mouth go burning lights; 

Sparks of fire shoot out. 

彼の口から燃える光が出て; 

火の粉が飛び出します。 


Smoke goes out of his nostrils, As from a boiling pot and burning rushes. 

沸騰した鍋と燃えるラッシュからのように、煙が彼の鼻孔から出てきます。 


His breath kindles coals, And a flame goes out of his mouth. 

彼の息は石炭を燃やし、そして炎が彼の口から出ます。 


Job 41, verses 30 – 34: 

ヨブ41、30-34節: 

His undersides are like sharp potsherds; 

He spreads pointed marks in the mire. 

彼の下側は鋭い陶器のようなものです; 

彼は泥沼に先のとがったマークを広げます。 


He makes the deep boil like a pot; 

He makes the sea like a pot of ointment. 

彼は鍋のように深い沸騰を作ります; 

彼は海を鍋の油性軟膏のようにします。 


He leaves a shining wake behind him; 

One would think the deep had white hair. 

彼は彼の後ろに輝く目覚めを残します; 

深いところは白い髪だったと思うでしょう。 


On earth there is nothing like him, Which is made without fear. 

地球上には彼のようなものはありません、それは恐れを伴うことなく作られています。 


He beholds every high thing; He is king over all the children of pride.” 

彼はすべての高いものを見ています;

彼はすべての王で子供たちのプライドです。」 


That’s the bible folks

それが聖書の人々です。 


And it’s not talking about a fish, or a whale. 

そして、それは魚やクジラについて話しているのではありません。 


Leviathan in the Bible is a dragon, much like the other demigods from the sea in every ancient tradition. 

聖書のリヴァイアサンはドラゴンであり、すべての古代の伝統における海の他の半神とよく似ています。


32


I committed to Thunderbolts ten chapters for the Eye of the Storm series. 

私はThunderboltsに「Eye of the Storm」シリーズの10章をコミットしました。 


This is chapter seven. 

これは第7章です。 


Chapter Eight will discuss more about dragons and the rules they live by. 

第8章では、ドラゴンとドラゴンが生きるルールについて詳しく説明します。 


Chapter Nine will delve under the crust of the Earth to see what’s there. 

第9章は、地球の地殻を掘り下げて、そこに何があるかを確認します。 


And Chapter Ten will summarize all that we have discussed and conclude this examination of the Colorado Plateau. 

そして、第10章では、私たちが話し合ったすべてのことを要約し、コロラド高原のこの調査を締めくくります。 


In the end, if you read and comprehend all ten chapters and study-up on circuit theory, you will have the tool; wisdom that is, to evaluate your part of the world on your own. 

結局、10章すべてを読んで理解し、回路理論を研究すれば、ツールを手に入れることができます; つまり、自分自身で世界の自分の部分を評価するという知恵です。 


Come join the club. 

クラブに参加してください。 


Thank you. 

ありがとうございました。 


Oh BTW, if what I just described makes resonant frequency with your brain, and capacitive and inductive sparks shoot out your ears, please tap the “like” button, or even leave a tip. 

ところで、私が今説明したことがあなたの脳と共鳴周波数を作り、容量(キャパシタ)性および誘導(コイル)性の火花があなたの耳を撃ち抜いた場合は、「いいね」ボタンをタップするか、チップを残してください。


33


PLEASE, DON’T FORGET TO TIP.

 チップを忘れないでください。


ザ・サンダーボルツ勝手連   [Buddy James・・ Magnetohydrodynamics ・・ Thunderbolts  バディ・ジェームス・・磁気流体力・・サンダーボルツ]


1

 

2

 

3

 

4

 

5


 

この概念は非常に重要ですが、

 

6


ドハティ集合が構築されます。

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

 

おそらく他のエピソードで、 これらの流れに深く入り込むでしょうが、 今のところは音響浮上における単純な水滴から始めます。

 

19

20

21

22

23

24

25


周波数が上がっても、各高調波が、 ドハティ集合の枠組みの中で、 ネストされて、どのように収まるかを見てください。

 

26

27

28

29

 

これらの形状は自然な 3Dサイマティクスです。

 

30

 

これらのプラズマ管、または電流は、確かに存在する、 そしてこれらは、ヘリコン波と呼ばれています。

 

波は存在し、多くの場合、 電流または流れの構造全体のジオメトリを構成します。

 

31

 

文字通りの『天の音』です。

 

ですから、オーロラを見ているときは、それらが文字通り 3Dサイマティクスであることを知っておくだけで、 次のタイプの電流であるバークランド電流に私たちを連れて行きます。

 

複雑な幾何学模様は、 ガウス・ベッセル・フィラメント、 またはバークランド電流フィラメント内、 およびそれに沿って持続します。

 

32

33

34

35

 

さて、バークランド電流を示す、 この波の中に入れ子になった波動の振る舞いは、 電荷を効率的に分配することを可能にする基本的な形状を持ち、 このカデュゥシアスのような編組は、 雷のフィラメントまでずっと働き、実際に機能します。

 

36

37

これは、これまで説明した

他のすべてのフロー(流れ)に似ています。

 

38

 

この多角形クレーターの幾何学的形状の証拠は、 (我々の)月を含む惑星の至る所で見つけることができます。

 

このプロセスは、 「電気的瘢痕化」としても知られています。

 

電荷電荷分離のこの幾何学的過程のさらなる証拠は、 テオドヘルティアンのルーツに見出すことができます。

 

39

 

第一に、電荷の中立性は、 今稲妻で見たようにエッジを求めています。

 

40

 

次に、私達は、ポリゴンを互いの中に均等にネストし、 逆三角形、逆正方形、逆六角形などのジオメトリを与えます。

 

次に、ポリゴンをバインドまたは外接し、 これがベッセル関数を与えるものです。

 

41

42

 

フィラメントを形成するのは、 この射影幾何学的構造です。

 

43

 

それは、 すべてキャビテーションしています。

 

44

45

 

これらの波は、 打ち消されます。

 

46

47

48

 

まず、私達の 極渦と磁気圏を観察します。

 

49

50

 

文字通り 「ボーケストラ(渦の交響楽団)」のようなものです。

 

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

 

これらの渦は、銀河からマイクロスパイアの キャビテーション(空洞化)まで、あらゆるスケールで形成されます。

 

次の例では、 前述のフローのいくつかを組み合わせます。

 

2016年、研究者は新しいタイプの火 - 『青い渦巻き 』- を発見しました。

 

『青い渦巻き 』は、混沌とした火の渦から進化し、 ほぼ、ススのない燃焼で燃える渦巻く炎現象です。

 

62

63

64

65

66

67

68

 

このヘテロダイン、相共役スタッキングは、 私に何か他のものを思い出させます。

 

位相共役は、 黄金平均(黄金律)の倍数です。

 

69

70

71

72

73

 

これは、 最初の 10 個の連結です。

 

74

75

 

そして、私はそれを強調します、私がトロイダルノードと言うのは、 らせん状のフィラメントがネストされた[toriトロイド]の中心にあり、 これらのネストされた[toriトロイド]は、任意のソーススター(供給源恒星)が、 放つ繰り返しの宇宙ベッセル関数でもあるからです。

 

この最後の例では、 木の根、宇宙における物質の分布、 リッテンバーグ(リヒテンベルク)の流れ、 樹枝状の樹木化など、分岐系があります。

 

それは、 多くの異なる事柄と呼ばれてきました。

 

76

77

 

私たちのシナプス脳活動、私たちの静脈、私たちの器官、 そして実際にはバークランド電流多相ウェブである仮説上の暗黒物質さえも。

 

78

79

80

81

82

 

そしてもう一度言うと、 ドハティ・セットとEUモデル自体が、

 

83

84

--------------

To understand more of the predictive analytics of the Doherty set and how it applies to the Electric Universe model, I will now proceed to show off 10 real-world applications and examples of magneto- hydrodynamic currents, flows and patterns.

ドハティ集合の予測分析の詳細と、

それが電気的宇宙モデルにどのように適用されるかを、

もっと理解するために、

これから、10の実世界のアプリケーションと、

磁気流体力学的電流、流れ、パターンの例を紹介します。

 1


But first, I will simplify our understanding of what exactly the Doherty set is.

しかし、まず、ドハティ集合が

正確に何であるかについての理解を単純化します。

 

 

The set is simply the next iteration of the fruit-of-life and flower-of-life sequences that so many of us are already familiar with. 

このセットは、私たちの多くがすでに慣れ親しんでいる、

生命の果実と生命の花のシーケンスの次の反復にすぎません。

 

 

The flower-of-life is an ancient motif found all over in temples and other holy places throughout the world.

いのちの花は、世界中の寺院や、

その他の神聖な場所で見られる古代のモチーフです。

 

 

This concept is very important, but if you just take it one step further and take the fruit-of-life seen here and rotate it on top of itself, one layer after another layer, using the inverse square Bessel function as a parameter, it constructs the Doherty set.

この概念は非常に重要ですが、

一歩進んで、ここで見た生命の果実を、

逆二乗ベッセル関数をパラメータとして使用して、

それをその上に、レイヤー(層)を次々に回転させると、

ドハティ集合が構築されます。

 

 

We will get more into this later in this episode when we explore Theodohertian roots.

これについては、このエピソードの後半で、

テオドヘルティアンのルーツを探るときに詳しく説明します。

 

 

So that's how you construct the Doherty set. 

これが、

ドハティ集合の構築方法です。

 

 

It's all one over r, just as Don Scott reiterated so eloquently in his latest video. 

それは、すべてrの上に1(rの逆数)です、

ドン・スコットが最新のビデオで雄弁に繰り返したように。

 

 

Perhaps this geometry provides the rotation and origin of spin, as Birkeland Currents that professor Don Scott just hypothesized as well. 

おそらく、この幾何学は、

ドン・スコット教授が仮説を立てた

バークランド電流のような、

スピンの回転と起源を提供します。

 

10

 

It certainly does make sense that this emergent dynamic geometry is fundamental in the construction of Birkeland Currents.

この創発的な動的幾何学

バークランド電流の構築の

基本であることは、確かに理にかなっています。

 

11

 

Since this show is all about magnetohydrodynamic flows, let's define what magnetohydrodynamics is.

このショーは、

磁気流体力学の流れに関するものなので、

磁気流体力学とは何かを定義しましょう。

 

12

 

Magnetohydrodynamics is the study of the flow of electrically conducting fluids in the presence of magnetic fields. 

磁気流体力学は、

磁場の存在下での

導電性流体の流れの研究です。

 

13

 

Models in which plasma is treated as a perfectly conducting fluid, are the most successful models for describing the equilibrium and large scale stability properties of magnetized plasmas.

モデルの中では、

プラズマは完全に伝導する流体として扱われ、

それらは、磁化プラズマの平衡と大規模安定性特性を

記述するための最も成功したモデルです。

 

14

 

 

15

 

Examples of such magnetofluids include plasmas, liquid metals, salt water and electrolytes, among others.

このような磁気流体の例には、

プラズマ、液体金属、塩水、

および電解質などが含まれます。

 

16

 

 

17

 

 

18

 

We will probably get deeper into these flows in other episodes, but for now we will begin with a simple water droplet in acoustic levitation. 

おそらく他のエピソードで、

これらの流れに深く入り込むでしょうが、

今のところは音響浮上における単純な水滴から始めます。

 

19

 

 

20

 

 

21

 

 

22

 

 

23

 

 

24

 

 

25

 

Have a look-see how each of the harmonics fit nested within the framework of the Doherty set, even as the frequency increases.

周波数が上がっても、各高調波が、

ドハティ集合の枠組みの中で、

ネストされて、どのように収まるかを見てください。

 

 

26

 

 

27

 

 

28

 

 

29

 

These shapes are natural 3D cymatics. 

これらの形状は自然な

3Dサイマティクスです。

 

Now, let's imagine these shapes moving through tunnels.

さて、これらの形が

トンネルを通って移動することを想像してみましょう。

 

30

 

Not just any tunnels, but tunnels in space, connected directly to the universal electric circuit.

トンネルだけでなく、

宇宙のトンネルも、

普遍的な電気回路に直接接続されています。

 

 

31

 

These plasma tubes, or currents, do indeed exist and are called helicon waves

これらのプラズマ管、または電流は、確かに存在する、

そしてこれらは、ヘリコン波と呼ばれています。

 

Waves exist, and oftentimes make up the geometry of the entire structure of the current or flow.

波は存在し、多くの場合、

電流または流れの構造全体のジオメトリを構成します。

 

Helicon waves are what we see as the auroras and yes, they have a sound.

ヘリコン波は、

私たちがオーロラとして見るものであり、

はい、彼らは音を持っています。

 

32

 

The literal sounds of the heavens. 

文字通りの『天の音』です。

 

So, when we're viewing the auroras, just know that they are literally 3D cymatics, which brings us to the next type of current, Birkeland Currents. 

ですから、オーロラを見ているときは、それらが文字通り

3Dサイマティクスであることを知っておくだけで、

次のタイプの電流であるバークランド電流に私たちを連れて行きます。

 

Intricate geometric patterns persist in and along Gaussian Bessel filaments or Birkeland filaments. 

複雑な幾何学模様は、

ガウス・ベッセル・フィラメント、

またはバークランド電流フィラメント内、

およびそれに沿って持続します。

 

Like, for example, look at Saturn's north pole. 

例えば、

土星の北極を見てください。

 

33

 

This hexagonal geometry was created by, and persist due to Birkeland Currents coming from the Electric Sun. 

この六角形の幾何学は、電気的太陽から来る

バークランド電流によって作成され、持続します。

 

34

 

Look at the similarities all the way down to the petals that propel the counter rotation. 

カウンター(逆対向)回転を推進す

る花びらに至るまでの類似点を見てください。

 

 

35

 

Let's bring it back down to Earth and talk about the geometry of lightning. 

それを地球に持ち帰り、

稲妻の幾何学について話しましょう。

 

 

36

 

Now, we would assume that this wave-nested-within-wave behavior that is indicative of Birkeland Currents, would have a fundamental geometry that would allow it to efficiently distribute charge and that this caduceus-like braiding would work all the way down into the filament of lightning and indeed, it does. 

さて、バークランド電流を示す、

この波の中に入れ子になった波動の振る舞いは、

電荷を効率的に分配することを可能にする基本的な形状を持ち、

このカデュゥシアスのような編組は、

雷のフィラメントまでずっと働き、実際に機能します。

 

In a paper written by Wayne Burn titled “Polygonal Crater Formation By Electrical Discharges”, he shows that charge flows through lightning in hexagonal tubes, or sheaths, each layer in counter-rotation. 

ウェイン・バーンが書いた論文

「放電による多角形クレーター形成」では、

彼は、電荷が六角形の管、またはシース(さや)内の

稲妻を通って、各層を逆対向回転で流れることを示している。

 

37

 

 

38

 

This is similar to all the other flows that we've talked about thus far. 

これは、これまで説明した

他のすべてのフロー(流れ)に似ています。

 

 

39

 

Evidence of this geometry of polygonal cratering can be found all over the planets, including the moon.

この多角形クレーターの幾何学的形状の証拠は、

(我々の)月を含む惑星の至る所で見つけることができます。

 

This process is also known as “electrical scarrification”. 

このプロセスは、

「電気的瘢痕化」としても知られています。

 

Further proof of this geometrical process of charge and charge separation can be found in Theodohertian roots.

電荷電荷分離のこの幾何学的過程のさらなる証拠は、

テオドヘルティアンのルーツに見出すことができます。

 

Theodohertian roots are extremely easy to understand, and just like the water droplet, they increase the [number] of sides, incrementally along with the harmonics.

テオドヘルティアンの根は非常に理解しやすく、

水滴のように、高調波とともに側面の[数]を徐々に増やします。

 

40

 

First, charge neutrality seeks edges as we just saw in lightning. 

第一に、電荷の中立性は、

今稲妻で見たようにエッジを求めています。

 

Knowing that, we begin using regular polygons. 

それを知る事で、私達は、

通常のポリゴンの使用を開始します。

 

41

 

Then we nest the polygons equally inside each other, giving us the inverse triangular, inverse square, inverse hexagonal, etc. geometries. 

次に、私達は、ポリゴンを互いの中に均等にネストし、

逆三角形、逆正方形、逆六角形などのジオメトリを与えます。

 

We then bound, or circumscribe the polygons, and this is what gives us the Bessel function. 

次に、ポリゴンをバインドまたは外接し、

これがベッセル関数を与えるものです。

 

Each one of these Bessel functions is unique, just like our fingerprints, and atomic uniqueness. 

これらのベッセル関数のそれぞれは、

私たちの指紋のようにユニークであり、原子のユニークさです。

 

42

 

From there, we iteratively repeat the Bessel function, cascading outward from the initial Bessel function.

そこから、ベッセル関数を繰り返し、繰り返し、

最初のベッセル関数から外側にカスケードし(連鎖させ)ます。

 

43

 

It is this projective geometric construction that forms the filament.

フィラメントを形成するのは、

この射影幾何学的構造です。

 

44

 

This is how to build the Doherty set and the first principal geometries of Birkeland Current formation.

これがドハティ集合とバークランド電流形成の

最初の主要形状を構築する方法です。

 

It is all cavitating. 

それは、

すべてキャビテーションしています。

 

Along these filaments, constructive and destructive wave interference also occurs, which is largely responsible for the reality we experience. 

これらのフィラメントに沿って、

建設的と破壊的な波の干渉も起こり、

これは私たちが経験する現実に大きく関係があります。

 

 

45

 

Destructive interference is when two waves traveling in the same direction, are aligned at the crest of one wave and the trough of the other.

破壊的干渉は、同じ方向に進行する2つの波が、

一方の波の頂上と他方の波の谷に整列しているときである。

 

46

 

The waves cancel out. 

これらの波は、

打ち消されます。

 

Constructive interference is when two waves traveling in the same direction, overlap and their crests combine to produce a larger wave. 

建設的干渉は、同じ方向に進む2つの波が重なり合い、

それらの頂上が結合してより大きな波を生成することです。

 

47

 

For the next flow we have vortices, chirality and cavitation. 

次の流れのために、

渦、キラリティー(非対称性)、キャビテーション(空洞化)があります。

 

 

48

 

 

49

 

First, observe our polar vortices and the magnetosphere.

まず、私達の

極渦と磁気圏を観察します。

 

50

 

Now, observe the “vortexture” of the Doherty set overlaid. 

では、ドハティのセットの

「渦」が重なっているのを観察してください。

 

 

51

 

It's literally like a “vorchestra”.

文字通り

「ボーケストラ(渦の交響楽団)」のようなものです。

 

The “vorchestra” can be thought of like the fascia - the sheath of stringy connective tissue that surrounds every part of your body. 

この「vorchestraボーケストラ(渦の交響楽団)」は、

筋膜のように考えることができます 

- あなたの体のあらゆる部分を囲む糸状の結合組織の鞘です。

 

52

 

 

53

 

It's electric and moves all of our thoughts through our body, along this entire organ, at the speed of light. 

それは電気的であり、私たちの思考のすべてを、

私たちの体を通して、この器官全体に沿って、光の速度で動かします。

 

54

 

But this “vorchestra” is on all scales, connecting everything in the cosmos.

しかし、この「vorchestraボーケストラ(渦の交響楽団)」は、

あらゆるスケールで、宇宙のあらゆるものをつなぐものです。

 

55

 

Another term for this is also the “cosmic connectome”. 

これに対する別の用語はまた、

「宇宙のコネクトーム(結合体)」です。

 

 

56

 

We can see the electromagnetic field creates the form, and the shape has power. 

この電磁場が形を作り、

この形が力を持っているのがわかります。

 

 

57

 

The chirality of the vortex spinning clockwise or counterclockwise, is another electromagnetic force, often controlled by the Coriolis effect. 

時計回りまたは反時計回りに回転する

渦のキラリティー(非対称性)は、

しばしばコリオリ効果によって制御される別の電磁気力です。

 

58

 

 

59

 

 

60

 

 

61

 

These vortices form on all scales, from the galactic to the cavitation of microspires. 

これらの渦は、銀河からマイクロスパイアの

キャビテーション(空洞化)まで、あらゆるスケールで形成されます。

 

For this next example, we will combine a few of the previously mentioned flows.

次の例では、

前述のフローのいくつかを組み合わせます。

 

In 2016, researchers discovered a new type of fire - blue whirls. 

2016年、研究者は新しいタイプの火

 - 『青い渦巻き 』- を発見しました。

 

Blue whirls are a swirling flame phenomenon that evolves from a chaotic fire whirl and burns with nearly soot-free combustion.

『青い渦巻き 』は、混沌とした火の渦から進化し、

ほぼすすのない燃焼で燃える渦巻く炎現象です。

 

 

62

 

Supercomputer simulations have revealed the flame structure and flow structure of the blue whirl.

スーパーコンピュータのシミュレーションにより、

この『青い渦巻き 』の炎の構造と流れの構造が明らかになりました。

 

63

 

At this point, I had already been sketching this shape for years, and I knew of its importance in the grand scheme of things. 

この時点で、私はすでに何年もこの形をスケッチしていました、

そして私は物事の壮大な計画の中でそれが重要であることを知っていました。

 

64

 

So in 2017, I published a paper exposing the taxonomy of opposed spiral vortices of the blue whirl to be composed of a set of six opposed spiral vortices.

そこで2017年、私は青い渦の対向する渦巻き渦の分類法を、

6つの対向する渦巻き渦のセットで構成することを暴露する論文を発表しました。

 

65

 

In 2019, a paper published by Cornell University shows that the vortexes of the blue whirl are composed of three different flames. 

2019年、コーネル大学が発表した論文によると、

青い渦巻きの渦は3つの異なる炎で構成されています。

 

66

 

And so we're getting somewhere with the predictive power of the set. 

そして、私たちはセットの予測力で

どこかにたどり着いています。

 

67

 

Speaking of prediction, this geometry predicts that the base of Birkeland Currents or how a Birkeland Current nests and stacks on the poles, is similar to the shape of a blue whirl. 

予測といえば、この幾何学は、バークランド電流の基底、

またはバークランド電流が両極に巣を作り、積み重ねる様子が、

青い渦の形に似ていると予測しています。

 

68

 

This heterodyning, phase-conjugate stacking reminds me of something else. 

このヘテロダイン、相共役スタッキングは、

私に何か他のものを思い出させます。

 

Phase conjugation is multiples of the Golden Mean.

位相共役は、

黄金平均(黄金律)の倍数です。

 

Surprisingly, another current that this shape shows up in, is in Elon Musk's SpaceX Raptor engine test. 

驚くべきことに、この形状が現れる別の電流は、

イーロンマスクのSpaceX Raptorエンジンテストにあります。

 

69

 

This particular shape is indicative of minimal energy configurations and also shows up prominently in lens flares, as well. 

この特定の形状は、

最小限のエネルギー構成を示しており、

レンズ(状)フレアにも顕著に現れます。

 

70

 

A kink instability is a current-driven plasma instability, characterized by transverse displacements of a plasma column's cross-section from its center of mass, without any change in the characteristics of the plasma.

キンク(捩じれ)の不安定性は、

プラズマの特性に変化を伴わずに、

プラズマカラムの断面が質量中心から横方向に変位する

ことを特徴とする電流駆動プラズマの不安定性です。

 

71

 

 

72

 

So basically, it's extremely similar to the braiding of the caduceus, as seen here in the Doherty set. 

だから基本的には、

ドハティのセットに見られるような、

カデュケウスの編組と非常によく似ています。

 

73

 

This is the first 10 concatenations. 

これは、

最初の 10 個の連結です。

 

Concatenations are just a series of interconnected things or events. 

連結とは、相互接続された

一連のモノやイベントにすぎません。

 

Currently, there is an unknown amount of pairing and nesting of different sizes of kink instability on all scales.

現在、すべてのスケールで、

異なるサイズのキンク不安定性の

ペアリングとネスティングの不明な量があります。

 

74

 

There's so much work that still needs to be done on mapping out the infinite amount of toroidal node, helical, coaxial coils. 

無限の量のトロイダルノード、ヘリカル、同軸コイルの

マッピングには、まだ多くの作業が必要です。

 

75

 

And I stress that I say toroidal node, because the helical filaments are centered by nested [tori] and these nested [tori] are also the repeating cosmic Bessel function that any source star gives off.

そして、私はそれを強調します、私がトロイダルノードと言うのは、

らせん状のフィラメントがネストされた[toriトロイド]の中心にあり、

これらのネストされた[toriトロイド]は、任意のソーススター(供給源恒星)が、

放つ繰り返しの宇宙ベッセル関数でもあるからです。

 

For this last example, we have branching systems - roots trees, distribution of matter in the universe, Lichtenberg flow, or dendritic arborization. 

この最後の例では、

木の根、宇宙における物質の分布、

リッテンバーグ(リヒテンベルク)の流れ、

樹枝状の樹木化など、分岐系があります。

 

It's been called many different things.

それは、

多くの異なる事柄と呼ばれてきました。

 

This shape takes place in many living things throughout the Universe

この形は、宇宙中の、

多くの生命の事柄で起こります。

 

76

 

It's one of the shapes that remind us that everything is electric. 

それは、すべてが電気であることを

私たちに思い出させる形の1つです。

 

77

 

Our synaptic brain activity, our veins, our organs and even the hypothesized dark matter that is actually a Birkeland polyphase web.

私たちのシナプス脳活動、私たちの静脈、私たちの器官、

そして実際にはバークランド電流多相ウェブである仮説上の暗黒物質さえも。

 

So many things take on this beautiful shape in nature. 

自然界では、実に多くのものが、

この美しい形をとっています。

 

 

78

 

 

79

 

Lichtenberg flows are often a sign of living systems, or a vestige that living systems were once there. 

リッテンバーグ(リヒテンベルク)の流れは、

しばしば生命システムの兆候、

または生命システムがかつてそこにあったという痕跡です。

 

80

 

 

81

 

All in all, cosmology is gorgeous and filled with myriad flows. 

全体として、宇宙科学は、

豪華で、無数の流れに満ちています。

 

82

 

And once again, it is self- evident that the Doherty set and the EU model itself, provide a framework to help us understand the intricate dynamic geometries of magnetohydrodynamics on all scales, from the micro to the macro.

そしてもう一度言うと、

ドハティ・セットとEUモデル自体が、

ミクロからマクロまで、あらゆるスケールで

磁気流体力学の複雑な動的形状を

理解するのに役立つフレームワークを提供します。(^-^)

 

83

 

 

84