[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連   [Donald E. Scott・・ Dark Matter Debunked ・・ Thunderboltsドナルド・E・スコット・・暴露されたダークマター・・サンダーボルツ]

[Donald E. Scott・・ Dark Matter Debunked ・・ Thunderboltsドナルド・E・スコット・・暴露されたダークマター・・サンダーボルツ]

 ―――――――― 

It's time to put to bed the fairy tale of dark matter, something so dark, of course it's invisible, and so mysterious that it remains undetected after decades of searching for it with sophisticated instruments, scanning all the known cosmos and the entire electromagnetic spectrum. 暗黒物質のおとぎ話を 寝かしつける時が来ました、 とても暗いもの、もちろんそれは目に見えない、 そして、とても神秘的です、 何十年もの間、洗練された機器でそれを探し、 既知のすべての宇宙と電磁スペクトル全体を スキャンした後でも、それは検出されないままです。




But how can something be falsified that's this imperceptible? しかし、これほど知覚できない何かが、 偽造、ねつ造されるのはなぜでしょうか?


Of course, there are many other invisible non-existent astrophysical entities, such as dark energy and neutron stars that have been invented and disseminated using disingenuous methods of measurement and interpretation onto a naive unsuspecting public. もちろん、暗黒エネルギーや中性子星など、 目に見えない天体物理学的実体は他にもたくさんあります、 それらは、不誠実な測定方法と解釈を用いて発明され、 無防備な一般大衆に広められてきました。



But those are battles for another day. しかし、これらについては 別の日のための戦いです。 Being a scientist is like being an explorer who's attempting to hack a pathway through a dense jungle, snarl of weeds, vines, trees and undergrowth. 科学者であることは、 密集したジャングル、うっそうとした雑草、ブドウ、木々、下草を通って 経路をハッキングしよう(=探し出そう)としている探検家のようです。


But the scientist’s jungle consists of natural ignorance and also a lack of knowledge and grown false beliefs which may be long time officially accepted mis- conceptions. しかし、科学者のジャングルは、 自然の無知と、知識の欠如と、成長した誤った信念から、成り立っており、 長い間公式に受け入れられた誤った概念である可能性があります。


Real scientists try to produce hypotheses, that is to say logical descriptions of real things and how they interact. 本物の科学者は、仮説、つまり、 実際のものとその相互作用の 論理的な記述、を立てようとします。


All scientific hypotheses of course have to be testable. もちろん、すべての科学的仮説は 検証可能でなければならない。

10

If it can't be actively tested, a hypothesis at least must pass the so-called test of time. それが積極的にテストできない場合、 仮説は少なくともいわゆる 時間のテストに合格しなければなりません。 Incoming new data has to fit comfortably into any proposed hypothesis or model without too much tinkering with it, or massive back-to-the-drawing board modifications, and certainly without inventing imaginary ecological, non-measurable forces and non-observable entities, such as strange matter to explain the new data. 入ってくる新しいデータは、 提案された仮説やモデルに対して、あまり、いじくりまわし回したり、 頻繫に図面に戻ったり、することなく、快適にフィットして、 そして確かに、新しいデータを説明するための 「ストレンジマター」などのような、想像上の生態学的、測定不可能な力、 観察不可能な実体、を【発明】することがない様にする必要があります。

11

12

13

13

In the past few years, I’ve been studying Birkeland Currents. ここ数年、私は、 バークランド電流を研究してきました。 Those are the strong, stable flows of electrically charged particles that connect from one place in the cosmos to another. これらは、宇宙のある場所から、 別の場所へとつながっている、 荷電粒子の強くて安定した流れです。

14

What their form and structure is and how they affect objects they connect with. それらの形式と構造が何であるか、 そして、それらが、 接続するオブジェクトにどのように影響するか。 Originally discovered by Kristian Birkeland early in the 1900s, coming from the Sun to the earth. もともとは1900年代初頭にクリスティアン・バークランド (ビルケランド)によって発見され、太陽から地球に来ています。

14

They deliver the electric power that lights up our auroras and I wanted to develop an accurate, realistic model of their structure. それらは私たちの オーロラを照らす電力を届けます、 そして、私はそれらの構造の 正確で現実的なモデルを開発したかったのです。

15

A complete description of what I did is thoroughly detailed in chapters 10 and 11 of my latest book “The Interconnected Cosmos,” published by Stickman on Stone, and I urge you to pick up a copy. 私がしたことの完全な説明は、 「Stickman on Stone」によって出版された 私の最新刊「相互接続された宇宙」の、 第10章と第11章で徹底的に詳述されています、 そして、私はあなたにコピーを拾うことを強く勧めます。

16

Anyway, here's a brief description of what I did. とにかく、ここに 私がしたことの簡単な説明があります。 My starting point was at the edge of the scientific jungle, astrophysics and cosmology, which supposedly is the scientific study of cosmic space and those things that inhabit it, but it really is a jungle of contradictions and warped, bizarre, impossible processes and imaginary forces. 私の出発点は、科学的なジャングル、 天体物理学、宇宙論の端にあり、 それは、おそらく宇宙空間とそこに生息するものの 科学的研究ですが、実際には矛盾と歪んだ、奇妙な、不可能な プロセスと想像上の力のジャングルです。

17

But I had to begin somewhere. しかし、私は どこかで始めなければなりませんでした。 At that time, I had completed the derivation and interpretation of a mathematical model that had been started by Stig Lundquist in 1950. 当時、(既に)私は、 1950年にスティグ・ルンドクゥイストによって始められた 数学的モデルの導出と解釈を完了していました。

18

He had determined two equations that describe the basic shape of the magnetic field that is inside a Birkeland Current, but that's where he stopped. 彼は2つの方程式を決定しました、 それはバークランド(ビルケランド)電流の 内側にある磁場の基本的な形を説明していますが、 しかし、そこで彼は立ち止まった。

19

I completed his model to include five major equations and also interpreted what they implied about the physical shape of the Birkeland Currents and their behavior and that was not explained fully by Lundquist. 私は5つの主要な方程式を 含むように彼のモデルを完成させました、 また、バークランド電流の物理的形状とその行動について 彼らが暗示していたことを解釈しましたが、 それは、ルンドクゥイストによって 完全には説明されませんでした。

20

My model predicted that Birkeland Currents uniquely produce coaxial counter-rotational motion of their internal plasma and are able to carry electric current in both directions at the same time. 私のモデルは、バークランド電流が、 内部プラズマの同軸逆回転運動を一意に生成し、 同時に両方向に電流を運ぶことができると予測しました。

21

Let me emphasize, this is a unique behavior. 強調しておきたいのは、 これはユニークな行動です。 A coaxial cable here on Earth cannot simultaneously carry current in both directions. 地球上の同軸ケーブルは、 両方向に同時に電流を運ぶことはできません。

22

As far as we know, true coaxial counter-rotation is created in nature only by field aligned, that is to say, Birkeland Currents. 私たちが知る限り、真の同軸対向回転は、 自然界で整列したフィールド、つまり、 バークランド電流によってのみ作成されます。 For example, a pair of tornadoes, located near each other, rotating in opposite directions, is not an example of coaxial counter-rotation simply because they're not coaxial, they're not inside one another. 例えば、一対の竜巻は、 互いに近くに位置し、 反対方向に回転しますが、 同軸の逆対向回転の例ではありません、 理由は単に、彼らは同軸ではない、 彼らはお互いの中にいないからです。

23

So, when NASA recorded those coaxial counter-rotating cloud bands on both Jupiter and Saturn, my model had passed its first test. NASA木星土星の両方で、 同軸の逆対向回転雲帯を記録したとき、 私のモデルは最初のテストに合格していました。

24

25

That was the extent of my first foray into this cosmological jungle and at that point I figured we’d pitch camp for a rest. それがこの宇宙論的なジャングルへの 私の最初の進出の範囲であり、 その時点で私は休息のために キャンプを張ろうと考えました。 But then the announcement of the discovery of counter-rotating stars in the faces of several spiral galaxies, was even stronger evidence that was headed in the right direction. しかし、その後、 いくつかの渦巻銀河の顔(表面)に 逆対向回転恒星達の発見の発表が有り、 それらは、正しい方向に向かっていたさらに強力な証拠でした。

26

In 2014, it was reported that a vast network of plasma filaments, Birkeland Currents really, had been discovered that connect many, if not all, the galaxies in the Universe in what has been called the Intergalactic Web, abbreviation IGW. 2014年には、 プラズマフィラメントの広大なネットワーク、 実際にはバークランド電流ですが、 発見されたことが報告されました、

27

それはすべてではないにしても、 宇宙の多くの銀河を銀河間ウェブ、 略語IGWと呼ばれるものでつなぎます。

28

The discovery was quickly confirmed, and a rush of scientific papers followed. この発見はすぐに確認され、 科学論文のラッシュが続いた。

29

All this strongly suggested that Birkeland Currents not only connect objects within our solar system, but there are much larger and stronger Birkeland Currents arching across the vast distances between galaxies. これらすべては、 バークランド電流が太陽系内の物体をつなぐだけでなく、 銀河間の広大な距離を横切ってアーチ状に弓なりになっている はるかに大きくて強いバークランド電流があることを強く示唆しています。

30

I assume that those galaxies within the Intergalactic Web must be sending and receiving electric currents via the plasma filaments to which they are connected. 銀河間ウェブ内のこれらの銀河は、 それらが接続されているプラズマフィラメントを 介して電流を送受信しているに違いないと思います。

31

Also, I thought if galaxies actually form on those Birkeland Current filaments in the web, they probably inherit their rotational profiles from those filaments. また、もし銀河が実際にウェブ上の バークランド電流フィラメント上に形成されているのなら、 おそらくそれらのフィラメントから 回転プロファイルを受け継いでいるのだろうと思いました。

32

If that happens, then the stellar velocity profiles ought to be the same as the velocity profiles of the Birkeland Currents on which they form. もしそうであれば、 恒星の速度プロファイルは、 それらが形成するバークランド電流の 速度プロファイルと同じであるはずです。

33

Remember that the typical stellar velocity profile in a galaxy, a plot of the star's velocity as a function of its radius r, how far out it is from the galaxy's center, has been totally baffling to astrophysicists. 銀河の典型的な恒星速度プロファイルである、 半径rの関数としての恒星の速度のプロット、 銀河の中心からどれだけ離れているかは、 天体物理学者にとって 完全に困惑させられていることを忘れないでください。

34

Actually, they typically look like a plot of the function the square root of r. 実際には、それらは通常、 rの平方根(√r)の関数のプロットのように見えます。

35

This shape cannot be explained by Newtonian physics and almost all astrophysicists deny that electrical effects could possibly produce any of what we see in the cosmos. この形状はニュートン物理学では説明できないし、 ほとんどすべての天体物理学者は、 電気的効果が宇宙で見られるものの いずれかを生成する可能性を否定しています。 So, that's why astronomers like Vera Rubin and her colleagues postulated the existence of dark missing matter in the 1940s. だからこそ、ヴェラ・ルービンや 彼女の同僚のような天文学者達は、 1940年代に暗黒の行方不明物質の存在を仮定したのです。

36

Their repeated unsuccessful attempts to explain this rotation of those stars is what set astronomers off on their decades-old quest to find dark matter. これらの恒星達の、この回転を説明しようとする彼らの繰り返しの試みの失敗は、 天文学者暗黒物質を見つけるための数十年にわたる探求に出発した理由です。

37

So, I wondered if the plot of the rotation speed of the plasma in my model Birkeland Current, might be similar to the ones that baffled those astronomers. そこで私は、私のモデルである バークランド電流のプラズマの回転速度のプロットは、 天文学者を困惑させたものと似ているのではないかと疑問に思いました。

38

I set out to determine what that velocity profile might be. 私は、その速度プロファイルが 何であるかを決定するために出発しました。 My model yields information about the magnetic field strength and the current density in a Birkeland Current, but it doesn't directly yield any information about the velocity of the charges that make up those currents. 私のモデルは、バークランド電流における 磁界強度と電流密度に関する情報を生成します、 しかし、これらの電流を構成する 電荷の速度に関する情報は直接得られません。

39

The key to determining the velocity of the stream of charged particles in a Birkeland Current was the realization that the current density in any plasma has two components, the charge density and the velocity of those charges. バークランド電流における荷電粒子の流れの速度を決定する鍵は、 どのプラズマの電流密度にも、電荷密度と電荷の速度、 という2つの要素があるという認識でした。

40

The charge density is how much charge you have per cubic meter and the velocity of course is how many meters per second does that box of charges travel with. 電荷密度は、立方メートルあたりの電荷の量であり、 速度はもちろん、その電荷の箱が毎秒何メートル移動するかです。 Therefore, if we know any two of these three quantities j, rho and v, we can find the third one. したがって、これら3つの量 j、rho、vの、いずれか2つを知っていれば、 3番目の量を見つけることができます。

41

We obviously know from historical astronomical observations what the typical velocity profile of stars within the galaxy looks like, and it's approximately the square root of r. 私たちは明らかに歴史的な天文観測から知っています、 銀河内の恒星達の典型的な速度プロファイルは、 ほぼrの平方根(√r)のように見えます。

42

And we know from the equations of my model that the current density j, varies with radial distance r, out from the BC's, that is the Birkeland Current's central axis, as one over the square root of r. そして、私たちのモデルの方程式から知る事ができます、 電流密度jは、半径方向の距離rによって変化し、 BCの外、つまりバークランド電流の中心軸 から出て、rの平方根の逆数(1/√r)として変化する。

43

So, I was able to solve for the third quantity, not very hard, the charge density rho that must exist inside my model BC, using all this data, the data from galaxy NGC1620, it turns out to be a simple inverse relationship, one over r. というわけで、それほど難しくなく、 3番目の量を解くことができたのですが、 私のモデルBC内に存在しなければならない電荷密度ρは、 このすべてのデータ、銀河NGC1620からのデータを使用して、 単純な逆数関係、r上の1(rの逆数、1/r)であることが判明しました。 This clearly demonstrates that an electrical process exists, that can produce the heretofore inexplicable stellar velocities, that prompted astronomers to search for dark matter in the first place. これは、これまで不可解な恒星速度を生み出すことができる 電気的プロセスが存在することを明らかに示しており、 それが、そもそも天文学者達が暗黒物質を探索するよう促しました。

44

In other words, the refusal to accept the existence and effects of electrical charges in space, is what began, and maintains to this day, the dark matter wild goose chase. 言い換えれば、 宇宙における電荷の存在と影響を受け入れることの拒否は、 ダークマターの野生のガチョウの追跡が 始まり、今日まで維持されているものです。

45

But is there any evidence that this particular distribution, this one over r shape, is the way charge really is distributed inside an actual BC? しかし、この特定の分布、 このrの逆数(1/r)形状の分布が、 電荷が実際に実際のBC内で 分布している方法であるという証拠はありますか?

46

47

I took a short side trip off the logical journey we had been on, to find that out. 私はそれを見つけるために、 私たちが歩んできた論理的な旅から 短い別の旅をしました。

48

Did the velocity profiles of other galaxies also require this same charge density in the BC’s they connected with? 他の銀河の速度プロファイルも、 それらが接続したBCのこの同じ電荷密度を必要としましたか? That was the question. それが問題でした。 Other galaxies may have slightly different velocity profiles. 他の銀河は、わずかに異なる 速度プロファイルを有する可能性がある。

49

Using any of those other velocity profiles with the same expression for current density from my model, yielded slightly different charge density curves. 私のモデルの電流密度に、 同じ式を持つ他の速度プロファイルのいずれかを使用すると、 わずかに異なる電荷密度曲線が生成されました。 But the main point is that there is always some charge density curve, that will exactly reproduce any arbitrary velocity profile. しかし、主なポイントは、 任意の速度プロファイルを正確に再現する 電荷密度曲線が常に存在するということです。

50

51

So, I repeat myself. だから、 私は自問自答しました。 We have now shown, and as I said recently, presented in a greater detail in my new book, that a purely electrical process does indeed exist that can produce a hitherto inexplicable stellar velocity [distribution] that prompted astronomers to search for dark matter. 私たちは今、私が最近言ったように、 私の新しい本でより詳細に提示されました、 天文学者達に暗黒物質の探索を促した、 これまで不可解な恒星速度[分布]を生み出すことができる 純粋に電気的なプロセスが実際に存在するということです。

52

And that's the end of the story. そして、 これでその物語は終わりです。 The charge densities may be slightly different from that one over r-shaped distribution in different galaxies but the BC curve, that Birkeland Current velocity curve will always match the actual one. 電荷密度は、異なる銀河で、 rの逆数(1/r)型分布のものとわずかに異なるかもしれないが、 BC曲線、すなわち、 バークランド電流速度曲線は常に実際のものと一致する。 By the way we know that BCs often show coaxial counter-rotation. ところで、BCはしばしば同軸の 逆対向回転を示すことを知っています。 So, when we observe coaxial rotation of the stars in a galaxy that is connected to a BC, that's additional evidence that we're correct that it is the Birkeland Current that's producing the velocity of those stars in those galaxies. そこで、BCとつながっている 銀河の恒星達の同軸回転を観察すると、 これは、これらの銀河の恒星達の速度を生み出しているのは バークランド電流であるというのが正しいという追加の証拠です。

53

54

The twisting motions of the galaxy's Birkeland current are what produces the velocities of those stars. この銀河のバークランド電流のねじれ運動は、 これらの恒星達の速度を生み出すものです。 If we assume that the charge density distribution that exists within a typical Birkeland Current filament is, as a function of radial distance r, the distance out from the Z-axis of the Birkeland Current, is proportional to one over r, as it is for the one particular galaxy I show there, NGC1620, we can solve mathematically for the electric field that particular charge density plot creates. 典型的なバークランド電流フィラメント内に 存在する電荷密度分布が、半径方向距離rの関数として、 バークランド電流のZ軸からの距離であると仮定すると、 r 分の 1 (1/r)に比例し、私がそこに示す 1つの特定の銀河NGC1620の場合と同様に、 特定の電荷密度プロットが作り出す電場を数学的に解くことができます。

55

In other words, we know what the charges are, where they are, we can solve for the electrical field that results. 言い換えれば、電荷が何であるか、 それらがどこにあるかがわかり、 その結果生じる電界を解くことができます。

56

57

In turn, knowing the properties of that electric field, allows us to find the voltage that will occur at every point within the Birkeland Current's cross-section as a function of the radius value of that point. 次に、その電界の性質を知ることで、 バークランド電流の断面内のすべての点で 発生する電圧を、その点の半径値の関数として見つけることができます。

58

It turns out that under this assumption about the charge density, that the maximum voltage occurs exactly at the center of the Birkeland Current, that r equals 0, the central Z-axis. 電荷密度に関するこの仮定の下では、最大電圧は、 バークランド電流の中心で正確に発生し、 rは0、つまり中心Z軸に等しいことがわかります。

59

Out from there, the points of increasing radius, the voltage plot is a simple linearly decreasing function of r. そこから半径を増す点、電圧プロットは、 rの単純な直線的減少関数(1/r)である。

60

This voltage distribution is exactly what's needed to produce Marklund convection. この電圧分布は、まさに マークルンド対流を生成するために必要なものです。

61

Okay, but so what? さて、 しかし、それで何? What's Marklund convection? マークルンド対流 とは何ですか? Well, in Marklund convection, it's a process that occurs in a Birkeland Current, atoms of the various elements present are sorted according to their so-called ionization potential. さて、マークルンド対流では、 それはバークランド電流で起こる過程ですが、 存在する様々な元素の原子は、それらの いわゆるイオン化ポテンシャルに従って分類されます。

62

This results in the easily ionized, that is to say the heavier atomic weight elements such as iron, being found at the center of the filament, and the lighter elements such as hydrogen and helium, being found in its outer regions. これは、イオン化されやすい、すなわち鉄のような、 より重い原子量の元素がフィラメントの中心に見出される結果となり、 水素やヘリウムなどのより軽い元素が、その外側の領域に見出される。 This process works, because positive ions accelerate down the voltage drop that starts at the center of the Birkeland current, and ends at its outer edge. このプロセスはうまくいきます、 正イオンは、バークランド電流の中心から始まり、 その外縁で終わる電圧降下を加速するからです。 They go faster and faster, until they collide out at the edge of the Birkeland Current with any matter, atoms, ions, dust, any other stuff, and this releases heat. それらはバークランド電流の端で、 あらゆる物質、原子、イオン、チリ、 その他のものと衝突するまで、 ますます速く進み、これが熱を放出します。 Those collisions release heat. これらの衝突は 熱を放出します。 The temperature is hottest at the collision site, just at the Birkeland Current's edge. この気温は衝突地点で最も暑く、 バークランド電流の端にあります。

63

And that's why the elements that are the most difficult from which to strip off an electron, such as hydrogen and helium, are found out there. だからこそ、水素やヘリウムなど、 電子を取り除くのが最も難しい元素がそこで発見されています。

64

So, the center of the Birkeland Current is its coolest region and contains the heavy elements such as iron, and its outer edge is the hottest region containing elements such as hydrogen. したがって、バークランド電流の中心は、 その最も冷たい領域であり、鉄などの重元素を含み、 その外縁は、水素などの元素を含む最も熱い領域である。

65

This is intriguingly the same sorting arrangement found in stars including our Sun, which are formed in Z-pinches in Birkeland Currents. これは興味深いことに、バークランド電流の Zピンチで形成された太陽を含む 恒星達に見られるのと同じソート配置です。

66

67

Our Sun has a heavy concentration of hydrogen at its outer surface. 私たちの太陽は、その外表面に 水素の濃い濃度を持っています。

68

Therefore, if the Sun was created at the center of a pinch, such as a Birkeland Current, then its center ought to be relatively cool and its outer surface, the photosphere should be quite hot and it is. したがって、太陽が バークランド電流のような ピンチの中心に作られた場合、 その中心は比較的涼しく、 その外面は光球が非常に熱いはずです。

69

We know that the dark center of a Sunspot, the umbra, is much cooler than the surrounding photosphere and it's a window into the inside of the Sun. 太陽黒点の暗い中心である傘は、 周囲の光球よりもはるかに涼しく、 太陽の内部への窓であることを知っています。 But the question still remained. しかし、 疑問はまだ残っていました。 Was my assumption that the distribution of electric charges, the charge density rho, one over r, correct? 電荷の分布、電荷密度rhoが、 r上の1(1/r)という私の仮定は正しかったのでしょうか?

70

71

Does it really occur? それは本当に起こりますか? The answer came when a noted astronomer, professor Michael Merrifield of the University of Nottingham, reported that the outer rim of a galaxy, this one was NGC4550, mysteriously had a collection of counter- rotating, hydrogen-rich stars at its periphery, at the edge of it. その答えは、著名な天文学者ノッティンガム大学の マイケル・メリフィールド教授がもたらしました、 銀河の外縁、これはNGC4550であり、 不思議なことに、その周辺、その端に、逆回転する 水素が豊富な恒星達の集まりを持っていたと報告した。

72

73

He complained that there was no known way for this to ever occur. 彼は、これが起こるための 既知の方法がないと不平を言った。 His announcement unintentionally provided supporting evidence that I considered strong evidence, for my claim that a Birkeland Current had been, or was connected to this galaxy. 彼の発表は、意図せずに、バークランド電流がこの銀河にいた、 またはこの銀河とつながっていた、という私の主張のために、 私が強力な証拠と見なした裏付けとなる証拠を提供しました。 This might easily have been the cause, not only of the hydrogen-rich collection of stars along its edge, but also why that band was counter-rotating with respect to the other stars in NGC4550. これは、その縁に沿って 水素が豊富な恒星達の集まりだけでなく、 NGC4550の他の恒星達に対して そのバンドが逆回転していた理由でもあったかもしれません。

74

I assert that my assumption was thus shown to be valid, at least in this particular case. 私は、少なくともこの特定のケースでは、 私の仮定がこのように有効であることが示されたと主張します。

75

And once again, we see that an electrical process is the explanation that eludes all these expert astrophysicists that still say yes, yes, we know electricity exists in the cosmos, but it doesn't do anything. そしてもう一度、この1つの電気的なプロセスは、 はい、はい、電気が宇宙に存在することはわかっているが、何もしないと言う これらの専門家の天体物理学者達全員から逃れる説明であることがわかります。

76

Well, the Sun's heliosphere is a node, a pinch in a Birkeland Current. さて、太陽の太陽圏は、 1つのノード(接点)であり、 バークランド電流の1つのピンチ(収束部)です。

77

According to our model, the only place in a Birkeland Current that involves energy loss, would be the outer edge of the Birkeland Current where positive ions falling radially down that linearly decreasing voltage profile, recombine with electrons just outside. 私たちのモデルによると、 エネルギー損失を伴うバークランド電流の唯一の場所は、 バークランド電流の外縁であり、 正イオンは直線的に減少する電圧プロファイルを 放射状に下って落下し、すぐ外の電子と再結合する。

78

This recombination process will emit a low level of visible light. この再結合プロセスは、 低レベルの可視光を放出するでしょう。

79

It releases energy in the form of light. それは光の形で エネルギーを放出します。

80

The newly formed energetic neutral atoms called ENAs, energetic neutral atoms, then diffuse back into the Birkeland Current. 新たに形成されたエネルギー中性原子を ENAsと呼び、エネルギー中性原子は、 その後、バークランド電流に拡散します。

81

82

Being neutral, they're unaffected by any of the electromagnetic effects there. 電気的中性に成るため、 そこにある電磁効果の影響を受けません。

83

This visible light was discovered by the NASA Lockheed Martin IBEX mission. この可視光線NASAロッキード・マーティンIBEXミッションで発見されました。

84

The announcement said in part, IBEX's all-sky map of energetic neutral atom emission reveals a bright ring of ENAs that encircles the entire heliosphere. この発表を、部分的に抜き出すと、 IBEXの全天地図は、太陽圏全体を囲む ENAの明るいリングを明らかにしています。

85

David J. McComas, IBEX principal investigator and assistant vice president of the Space Science and Engineering division at Southwest Research Institute, said quote, IBEXの主任研究者であり、 サウスウェスト研究所の宇宙科学・工学部門の 副部長補佐であるDavid J. McComas氏は、 次のように述べています、(引用) ”The IBEX results are truly remarkable, with a narrow ribbon of bright details. This is a shocking new result. We had no idea this ribbon existed, or what has created it. Our previous ideas about the outer heliosphere are going to have to be revised.” 「IBEXの結果は、明るいディテールの 細いリボンで、本当に驚くべきものです。 これは衝撃的な新しい結果です。 私たちはこのリボンが存在するのか、 何がそれを作ったのかを知りませんでした。 外側の太陽圏に関する私たちの以前の考えは、 改訂されなければならないでしょう。 」

86

87

But if history is any guide, it will not be revised. しかし、歴史が何らかの 指針であるならば、それは改訂されません。

88

NASA and the astrophysics power structure never admit they were wrong about anything. NASAと天体物理学の権力構造は、 彼らが何かについて間違っていたことを決して認めない。

89

We'll see what they do in this case. 私達は、この場合に、彼らが 何をするかを見守っていきます。 In any event the Marklund convection process may well be occurring all along the vast length of the Birkeland Current that extends on either side of our Sun's heliosphere. いずれにせよ、マークルンド対流過程は、 太陽の太陽圏の両側に広がるバークランド電流の 広大な長さに沿って起こっている可能性があります。

90

91

And that Birkeland Current is not visible from Earth, probably because it's an aging normal Birkeland Current that has a weaker charge density along its length than will be found at the Z-pinch, the heliopause, the heliosphere. そして、そのバークランド電流が地球から見えないのは、 おそらくそれがZピンチ、ヘリオポーズ、太陽圏で 見られるよりも、その経路に沿って弱い電荷密度を有する 老化した通常のバークランド電流だからです。

92

The current density will be weaker, the plasma will therefore be in dark mode quite likely, and I think it is, from observation, and any light generated by recombination along its periphery will be even weaker than that observed by the IBEX mission. この電流密度はより弱くなり、 そのプラズマは、観察から、 ダークモードになる可能性がかなり高く、 そして、その周辺に沿った再結合によって生成された光は、 IBEXミッションによって観察されたものよりもさらに弱くなります。

93

94

But the Marklund convection process, in which the positive ions inside a Birkeland Current are accelerated outward, directed by an E-field from a high-voltage central axis, is exactly the same process that we now know occurs just above the edge of the Sun's heliosphere, when the solar wind positive ions coming from the Sun recombine with incoming electrons to produce the light seen by IBEX. しかし、バークランド電流内の陽イオンが高圧中心軸からの E場によって導かれて外側に加速されるマークルンド対流過程は、 私たちが今知っているのとまったく同じプロセスが、 太陽から来る太陽風陽イオンが入ってくる電子と再結合して IBEXが見る光を生成するとき、太陽の太陽圏の端のすぐ上で起こります。

95

It's also similar to what happens just above the Sun's photosphere, where accelerating positive ions, escaping from inside the Sun, collide with other matter, which creates the high temperatures of the Sun's coronal temperature anomaly. それはまた、太陽の光球のすぐ上で起こることと 似ていますが、そこでは加速する陽イオンが 太陽の内部から逃げ出し、他の物質と衝突します、 これは太陽のコロナ温度異常の高温を作り出します。

96

It's the same process, just with higher current density at the pinch than along the BC's length, and highest of all just above the Sun's photosphere. これは、BCの経路(軸)に沿ったものよりもピンチでの電流密度が高いこと、 そして、太陽の光球のすぐ上が他の全てよりも最も高い事とは、まさに同じプロセスです。

97

So, the evidence strongly indicates that stars are connected to their planets and to other stars. したがって、この証拠は、恒星達が彼らの惑星達や 他の恒星達とつながっていることを強く示しています。 All galaxies are connected. すべての銀河はつながっています。 The more we look carefully, the entire Universe is interconnected by plasma Birkeland Current filaments. 注意深く見れば見るほど、 宇宙全体がプラズマバークランド電流 フィラメントによって相互につながっています。 And the electrical interactions at all locations are fairly similar, just with differing strengths and sizes. また、すべての場所での電気的相互作用は かなり似ていますが、強度とサイズが異なります。 The process seems to be scalable. このプロセスはスケーラブルなようです。 I have long wondered why cosmologists, who claim the Universe is created by a Big Bang explosion, never try to explain where all the rotation comes from. 私は長い間、宇宙はビッグバンの爆発によって創造されたと主張する宇宙論者達が、 なぜすべての回転がどこから来たのか説明しようとしないのか疑問に思っていました。 Just about everything we see in the cosmos rotates, or twists, or spins. 私たちが宇宙で見るほとんどすべてのものが 周回回転したり、ねじれたり、自転したりします。 Why? なぜでしょうか? How did it get that way from a Big Bang explosion? ビッグバンの爆発から どのようにそのようになったのですか? Birkeland Currents rotate and they counter- rotate. バークランド電流は、 回転し、逆対向回転します。 Is that the source of all the rotation? それはすべての 回転の源ですか? I claim yes, it is. 私は、はい、 そうであると主張します。 At least until I hear of another natural process that can cause the rotation and coaxial counter-rotation we see everywhere we look in the sky. 少なくとも、回転と同軸の逆対向回転を引き起こす 別の自然なプロセスを聞くまでは、 私達は、空を見るあらゆる場所で見ます。 We all have to realize that no one can ever disprove the existence of something that doesn't exist. 私たちは皆、存在しないものの存在を 誰も反証できないことを認識しなければなりません。 In order to maintain or renew the sources of their grant funding, astrophysicists who now refuse to put an end to their fruitless and wildly expensive dark matter quest, are challenging us to do just that. 助成金の財源を維持または更新するために、 今や無益で非常に高価なダークマターの探求に 終止符を打つことを拒否している天体物理学者達は、 まさにそれを行うようにと私たちに挑戦しています。 In maintaining their assertion that dark matter still exists, they're saying something like, ”There's a big vicious dog under this table. He's invisible, untouchable, unsmellable and makes no sounds, but he ate my homework last night. Prove to me he doesn't exist.” 暗黒物質が、「まだ存在する!」という 彼らの主張を維持するにあたって、 彼らは次のようなことを言っている、 「このテーブルの下には大きな凶暴な犬がいます。 彼は目に見えない、触れることができない、 匂いがしない、音を立てないが、彼は昨夜私の宿題を食べた。 彼が存在しないことを私に証明してください。」 Now, this is a dishonest, illogical unreasonable, childish challenge. さて、これは不正直で、 非論理的で、不合理で、幼稚な挑戦です。 Anyone seriously making such a demand is a shyster, a snake oil salesman who is intentionally trying to swindle his audience, or perhaps he's an intellectually lazy astrophysicist fearing misinformation. 真剣にそのような要求をしている人は誰でも、 恥ずかしがり屋で、意図的に聴衆をだまそうとしている ヘビ油のセールスマン、あるいはおそらく彼は 誤った情報を恐れる知的に怠惰な天体物理学者です。 Either way, the evidence is indisputable. いずれにせよ、 この証拠は疑う余地がない。 The theory and most importantly, the rationale for the existence of dark matter has now been systematically debunked. この理論、そして最も重要なのは、 暗黒物質の存在の理論的根拠が、 今や体系的に暴かれていることだ。

98

An accurate understanding of the cosmos is impossible in the conventional science of astrophysics, simply because they refuse to expand their tool set. 宇宙の正確な理解は、 単に彼らが彼らのツールセットを 拡張することを拒否するという理由だけで、 天体物理学の従来の科学では不可能です。 Limited to the force of gravity in either its Newtonian or Einsteinian format, gravity only attracts. ニュートン形式またはアインシュタイン形式のいずれかの 重力に限定されると、重力は引き付けるだけです。 Magnetic forces can attract, but they can also repel. 磁力は引き寄せることができますが、 反発することもできます。 Electrical forces can also attract, and they can repel. 電気的な力も引き寄せることができ、 反発することができます。 And then there's the Lorentz force that exists between electrical charges moving through a magnetic field. したがって、磁場を通って移動する電荷の間に 存在するローレンツ力があります。 Including all of these essential forces of nature when cracking the secrets of the Universe, then the concept and necessity of dark matter is outright ridiculous. 宇宙の秘密を解き明かすときに、 これらの本質的な自然の力のすべてを含めると、 ダークマターの概念と必要性はまったくばかげています。

99

Another key difference between the Standard Model and the Electric Universe model of cosmology. もう一つの宇宙論標準模型と 電気的宇宙モデルの重要な違いです。

100

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Gareth Samuel・・ Electrically Stressed Stars ・・ Thunderbolts ガレス・サミュエル・・電気ストレスを受けた恒星・・サンダーボルツ]



――――
宇宙で最も大きな恒星のいくつかは、最も奇妙な恒星のいくつかでもあります。

従来の科学は、これらの恒星達は寿命の終わりに近づいていると私たちに信じさせています。

それでも、彼らは、私たちに、若い恒星にも見られるいくつかの特徴を示しています。

彼らは、これらの恒星達が大量の物質を放出し、最終的に惑星状星雲を形成すると主張しています。

そして今、彼らはこの方法で物質を放出するだけでなく、膨張するリングシステム(=環系)を放出し、プラズマの大きな塊を放出する1つの恒星を発見しました。

電気的宇宙では、これらの恒星達は電子を奪われており、それによって外側のプラズマシースが膨張します。

惑星状星雲は、死にゆく恒星の残骸ではなく、恒星が(電気的に)接続されている構造物であり、恒星自体の周りで発生しているピンチベント(絞られた通過口)のためにグローモードで点灯しています。

若い恒星と呼ばれるものは、ジェットから大量の物質を放出する可能性があることを私たちは知っています。

しかし、このプロセスは、引用符で囲まれたより大きな「死にゆく恒星達」でも発生するようです。

同時に、新しい恒星達の周りにリングシステム(=環系)が形成されることもわかります、これは、惑星が形成される可能性のある降着円盤として解釈されることがよくあります。

同じことがこれらの想定される古い恒星達でも起こるように見えるかもしれませんが、今では彼らはそれをダスト・トーラスと呼んでいます。

電気的宇宙では、恒星達は電気的にストレスを受けるプロセスを経ます。

入ってくるチャージ(帯電)と流れ出るチャージ(帯電)の間には不均衡があります。

これに対処するために、その帯電物質の一部を排出することができます。

これはCMEとして発生する可能性があり、極端な場合には、惑星サイズの大きなプラズマの塊が放出される可能性があります。

最も極端なケースでは、その恒星自体が2つの等しい部分に分割され、時には不均等な部分に分割されます。

これらの後者のケースが、突然のフレアまたはブライトニング・イベントの直後に発生することを示す多くの観測証拠があります。

V-ハイドレー(うみへび座V星)は、いわゆる炭素恒星と呼ばれるものです。

これらは明るい赤色巨星です。

これらの恒星達には、酸素よりも炭素が多い大気が含まれています。

2つの元素は、この恒星の上層で結合し、一酸化炭素を形成します。

これにより、炭素原子が自由に他の炭素化合物を形成し、その恒星にすすけた大気と驚くほどルビーレッドの外観を与えます。

矮星達は炭素星としても知られているため、この特徴は巨大な恒星に限定されません。

天文学者達が炭素恒星達のスペクトル分類を開発したとき、スペクトルをそれらの恒星達の有効温度に相関させようとしたので、彼らはかなりの困難を抱えていました。

問題は、大気中の炭素が、通常はそれらの恒星達の温度指標として使用されるはずの吸収線を隠していたことでした。

遡ること1981年に、天文学者達はこの恒星からの非常に速い流出を検出しました。

最近、彼らはジェットのような流れだけでなく、この流れが高速で放出されたコンパクトなプラズマの塊だけでもなく、ゆっくりと拡大する6つのリングのセットで構成されていることを検出しました。

彼らが非常に定期的にプラズマの巨大な塊を放出するそれらの恒星達を観察するという事実は、主流のモデルでは簡単に説明できず、恒星達の外側のエンベロープを通過し、それを外側に排出する、恒星から物質を引き離すコンパニオンスターを必要とします。

その恒星は、私たちから約2,000光年離れています。

それは炭素恒星であるだけでなく、半規則型変光恒星でもあります。

それは530日の周期で脈動し、その明るさは、約1から2等級差の大きさで変化します。

これに加えて、6,160日ごとに発生し、明るさが12等級を下回る別の調光サイクルもあります。

この周期性は、倍音を伴う周期的な共振回路効果があることを示唆している可能性があります。

目に見える観察を通して、彼らはそれがコンパニオン(伴性恒星)を持っているかもしれないと判断することができましたが、
コンポーネント間の大きな分離のために、このペアの物理的な接続は、十分な放射性速度と適切なモーションデータが利用可能になるまで、依然として暫定的であると見なされています。

このコンパニオンはまた、プラズマ・ブロブの排出についても役割を担っていません。

それが事実であるには遠すぎます。

最近のデータによると、この恒星には、もっと内側に、さらに別の仲間がいる可能性があります。

これらのタイプの恒星達では、直接的な観測の証拠を得るのは困難です。

それらは、ほこりっぽい外套(包み)に囲まれた大きくて非常に明るい恒星達です。

これにより、近くの恒星の仲間を検出することが非常に困難になります。

一部のバイナリは、放射状速度測定によって推測されています。

この方法では、共通の重心の周りの恒星達の動きのぐらつきを探します。

これにより、その恒星は時々私たちに向かって少し移動し、時には私たちから離れて移動し、それによって放射状速度が変化します。

これらの大きな恒星の問題は、それらが脈動する大気に固有の強い変動性を持っていると信じられていることです。

代わりに、彼らは深紫外線観測と呼ばれる技術に目を向けます。

炭素恒星達は、涼しい天体達だと考えられています。

そのコンパニオンはおそらくより普通の恒星達であり、したがってより暑いです。

彼らの分析では、彼らはV-ハイドレー( V-うみへび座)が最も高い遠紫外線フラックスを持っていると確定しました。

彼らはこれを仲間の証拠としてとらえ、それからこれを彼らが見た噴火と結びつけて、それが8年半の周期性を持っていると決定しました。

これは、6,160日の調光サイクルの約半分です。

したがって、排出メカニズムは、
周期的共振回路効果からの
電流の変化に関連している可能性が高くなります。

紫外線の過剰が実際には恒星自体で
何か他のことが起こっている証拠だったとしたらどうでしょうか?

このプロセスが物質の排出を引き起こし、
最終的には周囲全体の変化につながるということではないですか?

赤色巨星の場合、
私達は電子不足の1つの恒星があるということです:
それは、その外側のエンベロープ(外套、包み)を拡大して、電子捕獲のための表面積を増やします。

私たちが見るUV過剰は、プラズマシースが十分に膨張し、電場が増加し、したがって、電子に加速期間が長くなり、他の中性原子と衝突してイオン化し、より多くの衝突で、より多くのアバランチ・プロセスが発生するという事実に関連している可能性があります。

これらのタイプの恒星達は突然の電気的ストレスに対処するのに苦労しており、これに対処するための最も簡単な方法は物質を放出することです。

流出とリングシステムを持つ1つの若い恒星の例に戻ります。

それらを若い恒星と見なすよりも、おそらく、より良い分類は、極端な電気的ストレスを受けている恒星です。

同じメカニズムが、V-ハイドレー(うみへび座V星)のこれらすべての観測を引き起こしているものです。

これらの恒星が、電気入力の突然の変化を管理する方法は、帯電した物質を放電放出することです。

これは最初、トーラスまたは一連のリングを形成する赤道領域で始まります。

トロイダル磁化が増加すると、臨界点に到達し、その後、不安定性が起こる可能性があります。

これにより、動作が切り替わり、代わりに極域からのマテリアル(物質)の放電排出が強制的に開始されます。

これらは、これらのタイプの恒星達から見たジェットと放出された物質であり、活動銀河からの放出を駆動するのと同じメカニズムでもあります。

これらのリングを調べると、興味深いものに気付くかもしれません。

リングは等しく間隔を置いていません、むしろ、リングはさらに離れたものよりもずっと離れています。

これらのリングが単に、その恒星から放出された物質である場合、この物質は恒星から遠ざかるにつれて遅くなるはずであり、リングが遠ざかるにつれて互いに近づくと予想されます。

それらがさらに離れる唯一の理由は、それらがこの恒星から離れて加速されているかどうかです。

これは、この恒星に放射状の電場があり、プラズマを追い払うなら理にかなっています。

この恒星によって噴射されたプラズマのブロブでも同様のものが観察されます。

彼らは、最初は一定の速度で動いているように見えましたが、その後突然加速しました。

この恒星は、恒星が入射電流の急激な変化を受け、同時に電子の供給不足に陥ったときに起こるプロセスを理解するための手がかりを握っているかもしれません。

リングとジェットの両方の形成は、その電気的負荷に大きな変化を受ける、1つの恒星の表示(兆候)です。(^-^)

――――
Some of the largest stars in the Universe are also some of the strangest.
宇宙で最も大きな恒星のいくつかは、
最も奇妙な恒星のいくつかでもあります。

Conventional science would have us believe that these stars are near the end of their life.
従来の科学は、これらの恒星達は
寿命の終わりに近づいていると私たちに信じさせています。

And yet they show some features that we also find in young stars.
それでも、彼らは、私たちに、
若い恒星にも見られるいくつかの特徴を示しています。

They claim that these stars will expel vast amounts of material which will eventually form a planetary nebula.
彼らは、これらの恒星達が大量の物質を放出し、
最終的に惑星状星雲を形成すると主張しています。

And now they have discovered a star which is not only ejecting material in this manner, but also an expanding ring system and also ejecting large blobs of plasma.
そして今、彼らはこの方法で物質を放出するだけでなく、
膨張するリングシステム(=環系)を放出し、
プラズマの大きな塊を放出する1つの恒星を発見しました。

In the Electric Universe, these stars are deprived of electrons, which forces the outer plasma sheath to expand.
電気的宇宙では、
これらの恒星達は電子を奪われており、
それによって外側のプラズマシースが膨張します。

A planetary nebula is not the remnants of a dying star, but instead are the structures that the star is connected to, which are being lit up in glow mode due to a pinching vent which is taking place around the star itself.
惑星状星雲は、死にゆく恒星の残骸ではなく、
恒星が(電気的に)接続されている構造物であり、
恒星自体の周りで発生しているピンチベント
(絞られた通過口)のためにグローモードで点灯しています。

We know that what is termed as a young star can eject vast amounts of material from the jets.
若い恒星と呼ばれるものは、
ジェットから大量の物質を放出する
可能性があることを私たちは知っています。

But this process also seems to happen with the larger, in quotes, ‘dying stars’.
しかし、このプロセスは、引用符で囲まれた、
より大きな「死にゆく恒星達」でも発生するようです。

At the same time, we also see the formation of a ring system around new stars, which is often interpreted as an accretion disk from which planets may form.
同時に、新しい恒星達の周りに
リングシステム(=環系)が形成されることもわかります、
これは、惑星が形成される可能性のある
降着円盤として解釈されることがよくあります。

The same may also appear to happen with these supposed older stars, but now they call it a dust torus.
同じことがこれらの想定される古い恒星達でも
起こるように見えるかもしれませんが、
今では彼らはそれをダスト・トーラスと呼んでいます。

In the Electric Universe, stars undergo a process whereby they become electrically stressed.
電気的宇宙では、
恒星達は電気的にストレスを受けるプロセスを経ます。

There is an imbalance between the incoming charges and those flowing away.
入ってくるチャージ(帯電)と
流れ出るチャージ(帯電)の間には不均衡があります。

In order to deal with this, some of its charge material can be ejected.
これに対処するために、
その帯電物質の一部を排出することができます。

This can happen as a CME or in extreme cases, large planet-sized chunks of plasma can be ejected.
これはCMEとして発生する可能性があり、
極端な場合には、
惑星サイズの大きなプラズマの塊が放出される可能性があります。

In the most extreme case, the star itself will split into two equal, and sometimes unequal, parts.
最も極端なケースでは、
その恒星自体が2つの等しい部分に分割され、
時には不均等な部分に分割されます。

There is much observational evidence to show that those latter cases occur right after a sudden flaring or brightening event.
これらの後者のケースが、
突然のフレアまたはブライトニング・イベントの、
直後に発生することを示す多くの観測証拠があります。

V-Hydrae is what is called a carbon star.
V-ハイドレー(うみへび座V星)は、
いわゆる炭素恒星と呼ばれるものです。

These are luminous red giant stars.
これらは明るい赤色巨星です。

These stars contain atmospheres where there is more carbon than oxygen.
これらの恒星達には、
酸素よりも炭素が多い大気が含まれています。

The two elements combine in the upper layers of the star, forming carbon monoxide.
2つの元素は、
この恒星の上層で結合し、一酸化炭素を形成します。

This leaves the carbon atoms free to form other carbon compounds, giving the star a sooty atmosphere and a strikingly ruby red appearance.
これにより、炭素原子が自由に他の炭素化合物を形成し、
その恒星にすすけた大気と驚くほどルビーレッドの外観を与えます。

This characteristic is not limited to massive stars, as dwarf stars are also known to be carbon stars.
矮星達は炭素星としても知られているため、
この特徴は巨大な恒星に限定されません。

When astronomers developed the spectral classification of carbon stars, they had considerable difficulty when trying to correlate the spectra to the stars’ effective temperatures.
天文学者達が炭素恒星達のスペクトル分類を開発したとき、
スペクトルをそれらの恒星達の有効温度に相関させようとしたので、
彼らはかなりの困難を抱えていました。

The trouble was that the atmospheric carbon was hiding the absorption lines normally used as temperature indicators for the stars.
問題は、大気中の炭素が、
通常はそれらの恒星達の温度指標として
使用されるはずの吸収線を隠していたことでした。

Back in 1981, astronomers detected very fast outflows from this star.
遡ること1981年に、天文学者達は
この恒星からの非常に速い流出を検出しました。

Recently they have detected not just the jet-like flow, but that this flow consisted of compact plasma blobs ejected at high speeds, but also a slowly expanding set of six rings.
最近、彼らはジェットのような流れだけでなく、
この流れが高速で放出されたコンパクトなプラズマの塊だけでもなく、
ゆっくりと拡大する6つのリングのセットで構成されていることを検出しました。

The fact that they observe the star ejecting huge blobs of plasma on a very regular basis, is not easily explained in the mainstream model, and would require a companion star which passed through the outer envelope of the star, pulling away material from the star and ejecting it outwards.
彼らが非常に定期的にプラズマの巨大な塊を放出する
それらの恒星達を観察するという事実は、
主流のモデルでは簡単に説明できず、
恒星達の外側のエンベロープを通過し、それを外側に排出する、
恒星から物質を引き離すコンパニオンスターを必要とします。

The star is around 2,000 light years away from us.
その恒星は、
私たちから約2,000光年離れています。

Not only is it a carbon star, but it is a semi-regular variable star.
それは炭素恒星であるだけでなく、
半規則型変光恒星でもあります。

It pulsates with a period of 530 days and its brightness varies by about one to two magnitudes.
それは530日の周期で脈動し、その明るさは、
約1から2等級差の大きさで変化します。

On top of this, it also has another dimming cycle which occurs every 6,160 days and causes its brightness to drop below magnitude 12.
これに加えて、6,160日ごとに発生し、
明るさが12等級を下回る別の調光サイクルもあります。

This periodicity might suggest that there is a cyclic resonant circuit effect, complete with overtones.
この周期性は、倍音を伴う
周期的な共振回路効果が
あることを示唆している可能性があります。

Through visible observations, they were able to determine that it might have a companion, but due to the large separation between the components, the physical connection of this pair is still considered provisional, until sufficient radial velocity and proper motion data are available.
目に見える観察を通して、彼らは
それがコンパニオン(伴性恒星)を
持っているかもしれないと判断することができましたが、
コンポーネント間の大きな分離のために、
このペアの物理的な接続は、十分な放射性速度と適切なモーションデータが
利用可能になるまで、依然として暫定的であると見なされています。

This companion is also not responsible for the ejection of the plasma blobs.
このコンパニオンはまた、
プラズマ・ブロブの排出についても役割を担っていません。

It is too far away for that to be the case.
それが事実であるには遠すぎます。

Recent data has suggested that the star might have yet another companion, much closer in.
最近のデータによると、
この恒星には、もっと内側に、
さらに別の仲間がいる可能性があります。

Direct observational evidence is hard to come by in these types of stars.
これらのタイプの恒星達では、
直接的な観測の証拠を得るのは困難です。

They are large, very luminous stars which are surrounded by a dusty envelope.
それらは、ほこりっぽい外套(包み)に
囲まれた大きくて非常に明るい恒星達です。

This makes it very difficult to detect nearby stellar companions.
これにより、近くの恒星の仲間を
検出することが非常に困難になります。

Some binaries have been inferred by radial velocity measurements.
一部のバイナリ(伴性恒星)は、
放射状速度測定によって推測されています。

This method looks for a wobble in the motion of stars around a common center of mass.
この方法では、共通の重心の周りの
恒星達の動きのぐらつきを探します。

This causes the star to sometimes move a little towards us, and sometimes away from us, thereby altering its radial velocity.
これにより、その恒星は、
時々私たちに向かって少し移動し、
時には私たちから離れて移動し、
それによって放射状速度が変化します。

The problem with these larger stars is that they are believed to have strong variability intrinsic to their pulsating atmosphere.
これらの大きな恒星の問題は、
それらが脈動する大気に固有の強い変動性を
持っていると信じられていることです。

Instead, they turn to a technique called deep ultraviolet observations.
代わりに、彼らは深紫外線観測と
呼ばれる技術に目を向けています。

Carbon stars are thought to be cool objects.
炭素恒星達は、
涼しい天体達だと考えられています。

The companions are likely a more normal star and therefore hotter.
そのコンパニオンは
おそらくより普通の恒星達であり、したがってより暑いです。

In their analysis, they determined that V-Hydrae had the highest far ultraviolet flux.
彼らの分析では、彼らは
V-ハイドレー( V-うみへび座)が
最も高い遠紫外線フラックスを持っていると確定しました。

This they took as evidence of a companion and they then linked this with the eruptions they saw to determine it had a periodicity of eight and a half years.
彼らはこれを仲間の証拠としてとらえ、
それからこれを彼らが見た噴火と結びつけて、
それが8年半の周期性を持っていると決定しました。

This is around half of the 6,160 day dimming cycle.
これは、6,160日の調光サイクルの約半分です。

So, more likely the ejection mechanism is connected to the changes in the current from the cyclic resonance circuit effect.
したがって、排出メカニズムは、
周期的共振回路効果からの電流の変化に
関連している可能性が高くなります。

What if the UV excess was in fact evidence of something else going on in the star itself?
紫外線の過剰が実際には恒星自体で
何か他のことが起こっている証拠だったとしたらどうでしょうか?

That this process is what is causing the ejection of material and will eventually lead to the transformation of the entire surroundings?
このプロセスが物質の排出を引き起こし、
最終的には周囲全体の変化につながるということではないですか?

In the case of a super red giant, we have a star which is electron deficient;
it expands its outer envelope to increase the surface area for electron capture.
赤色巨星の場合、私達は電子不足の1つの恒星があるということです:
それは、その外側のエンベロープ(外套、包み)を拡大して、
電子捕獲のための表面積を増やします。

The UV excess we see may be associated with the fact that the plasma sheath has expanded far enough, causing an increase in the electric field and hence giving the electrons a longer period of acceleration whereby they collide with other neutral atoms, ionizing them, creating an avalanche process through more and more collisions.
私たちが見るUV過剰は、
プラズマシースが十分に膨張し、電場が増加し、
したがって、電子の加速期間が長くなり、
他の中性原子と衝突してイオン化し、
より多くの衝突で、より多くのアバランチ・プロセスが
発生するという事実に関連している可能性があります。

These types of stars struggle to deal with sudden electrical stressing and the simplest way for them to deal with this is to discharge matter.
これらのタイプの恒星達は
突然の電気的ストレスに対処するのに苦労しており、
これに対処するための最も簡単な方法は物質を放出することです。

Going back to our example of a young star with its outflows and the ring system.
流出とリングシステムを持つ
1つの若い恒星の例に戻ります。

Rather than considering them as young stars, maybe a better classification is a star undergoing extreme electrical stress.
それらを若い恒星と見なすよりも、
おそらく、より良い分類は、
極端な電気的ストレスを受けている恒星です。

The same mechanism is what is causing all of these observations of V-Hydrae.
同じメカニズムが、
V-ハイドレー(うみへび座V星)の
これらすべての観測を引き起こしているものです。

The way these stars manage sudden changes in electrical input, is to discharge charged matter.
これらの恒星が、
電気入力の突然の変化を管理する方法は、
帯電した物質を放電放出することです。

This initially starts in the equatorial region forming a torus, or series of rings.
これは最初、
トーラスまたは一連のリングを形成する赤道領域で始まります。

As the toroidal magnetization builds, it may reach a critical point after which an instability occurs.
トロイダル磁化が増加すると、臨界点に到達し、
その後、不安定性が起こる可能性があります。

This switches its behavior to force it to start ejecting material out of the polar regions instead.
これにより、動作が切り替わり、代わりに極域からの
マテリアル(物質)の放電排出が強制的に開始されます。

These are the jets and the ejected material we see from these types of stars, and are also the same mechanism that drives the ejection from active galaxies.
これらは、これらのタイプの星から見たジェットと放出された物質であり、活動銀河からの放出を駆動するのと同じメカニズムでもあります。

If we examine the rings, you might notice something rather interesting.
これらのリングを調べると、
興味深いものに気付くかもしれません。

The rings are not equally spaced, but it would appear that the rings further out, are much further apart than those close by.
リングは等しく間隔を置いていません、
むしろ、リングはさらに離れたものよりもずっと離れています。

If these rings were simply ejected material from the star, this material should slow down as it moves away from the star, and we would expect to see the rings get closer together as they move further away.
これらのリングが単に、
その恒星から放出された物質である場合、
この物質は恒星から遠ざかるにつれて遅くなるはずであり、
リングが遠ざかるにつれて互いに近づくと予想されます。

The only reason that they will be getting further apart, is if they are being accelerated away from the star.
それらがさらに離れる唯一の理由は、
それらがこの恒星から離れて加速されているかどうかです。

This would make sense if the star had a radial electric field, driving away the plasma.
これは、この恒星に放射状の電場があり、
プラズマを追い払うなら理にかなっています。

A similar thing is also observed with the blobs of plasma ejected by the star.
この恒星によって噴射された
プラズマのブロブでも同様のものが観察されます。

They initially appeared to move at a steady speed, then suddenly underwent an acceleration.
彼らは、
最初は一定の速度で動いているように見えましたが、
その後突然加速しました。

This star may well hold the clues to understanding the process that occurs when a star undergoes a sudden change in its incoming current, while at the same time being starved of a ready supply of electrons.
この恒星は、恒星が入射電流の急激な変化を受け、
同時に電子の供給不足に陥ったときに起こるプロセスを
理解するための手がかりを握っているかもしれません。

The formation of both rings and jets is an indication of a star that is undergoing a significant change to its electrical load.
リングとジェットの両方の形成は、
その電気的負荷に大きな変化を受ける、
1つの恒星の表示(兆候)です。(^-^)

――――

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Mel Acheson・・ Playing w/Power Thinking ・・ Thunderboltsメル・アチソン・・パワー思考と遊ぶ・・サンダーボルツ]



―――――
このアークの物語の前のエピソードでは、いくつかの歴史的革命と、人々が宇宙についてどのように考えたかを説明しました。

革命が受け入れられる前には、確立されたアイデアに対する疑問が高まり、それらに対する信念の慣性が固まる時期がありました。

しかし、新しい観察と新しいアイデアが、古い仮定と疑う余地のない世界観を、説明の助けというよりも厄介なものとする時が来ました。

古いアイデアは、パッチ(あて布)を適用せずに新しい観察結果を説明することはできず、パッチはますますアドホック(ツギハギ)で不適合になりました。

可能だと考えられていたものの限界を広げる必要があり、それは古い考え方の枠組みを別の世界観に置き換えることを意味しました。

それは現実であると考えられていたものの変更を必要としました。

それは別の端で知識の棒を拾う必要がありました。

今日も同じような状態になっているようです。

宇宙での出来事の現代の観測は、重力とガスの思考の受け入れられたメカニズムの可能性を超えています。

しかし、電気的に活性なプラズマの新たな理解は、十分に拡張された可能性を提供します。

それらの1つは、プラズマシステムで利用可能なより大きな(電)力です。

物理学では、力はエネルギーの変化率です。

より大きなパワーを提供するメカニズムにより、より大きなイベントがより速く発生する可能性があります。

それらに精通し、それらを発展するには、より大きく、より速い思考で遊ぶ必要があります、言い換えれば、次のようなものを使って:
パワー・シンキング。

宇宙論の標準モデルに代表される重力とガスの思考と、電気的宇宙モデルのような電気とプラズマの思考との際立った違いの1つは、力の問題です。

プラズマシステムは重力システムよりも多くのエネルギーを持っているだけでなく、より多くの力を持っています。

平衡状態に必要な量を超える過剰なエネルギーがそれらを通って流れます。

一連のライトへの電気の流れが、個々のライトで消費されるものよりも大きいのと似ています。

短絡などで、条件が突然変化した場合、予想外に短い時間でシステムにはるかに多くのエネルギーが現れる可能性があります。

たとえば、高電圧スイッチアーキングなどの電気アークです。

恒星のスケールでは、結果はフレアまたは新星になります。

宇宙時代の観測により、計算された質量に対してエネルギーが高すぎる宇宙が明らかになったと前述しました。

それはまた、強力すぎます。

たとえば、銀河の赤方偏移のドップラー解釈から計算された宇宙の年齢は、重力とガスのプロセスが観測された構造を形成するには短すぎます。

天文学者達は、そこになければならない暗い観測不可能なプロセスを想像することによってそれらのプロセスを増強しました、そうしないと、重力とガスの理論が偽証とされるからです。

一方、電気とプラズマのプロセスは、重力やガスのプロセスよりも何桁も強力になる可能性があります。

そして、彼らははるかに短い時間で、はるかに大きなボリュームにわたって、物質を集約することができました。

さらに、これらのプロセスは実験室での、想像上のものではなく、観察可能であるだけでなく、経験的なものとして調査することもできます。

しかし、これらのエッセイに対する私の主な関心は、これらの発見が示唆する新しい考え方にあります。

認知の枠組みまたは仮定に対するより大きくより速いことの意味は、特定の説明的なアイデア、または理論の根底に有ります。

現在の枠組みは、プラズマが発見される前の19世紀と20世紀に確立されました。

自然界の変化は、徐々に均一に機能する比較的弱い機械的カニズムによってのみであると想定されていました。

新しい発見は、そのフレームワークを拡張して、突然で一時的な可能性のある、より強力な電気的原因を含めます。

天文現象とプラズマの振る舞いは、最も注目されていますが、他の科学やプロセスも影響を受けています。

たとえば、地質学における従来の考え方は、弱くて遅いプロセスが私たちが見るフォーメーションを作成したと仮定します:
侵食、堆積、時折の局地的な地震または噴火、忍び寄る大陸プレート。

大きな変化が起こるには何百万年も必要です。

しかし、従来は磁気圏と呼ばれていた、地球の鞘のプラズマ・ダイナミクスの不安定性は、表面または地下への放電を引き起こす可能性があります。

それは、太陽からの異常に大きなフレアによって引き起こされる可能性があります。

そのフレアの力は、他の太陽のような恒星達で観察されています。

強力な放電は、クレーター、峡谷、山を伴い表面を傷つけます。

十分に強力なものは、数百万年ではなく、数日で大陸と海を再形成し、再配置することができます。

それは重力では不可能です。

また、私達は、今日的なフレアが引き起こしている回転の小さな乱れを経験しました。

フレアが当たると、回転が急変します。

通過後、回転は、純粋に慣性ではなく、モーターのようなもので駆動されたかのように、徐々に前の速度に戻ります。

エネルギーとパワーが1〜2桁大きいものは、突然かつ大幅に回転速度を変化させ、海が大陸を洗い流してしまう可能性があります:
1つのグローバル(全球的)なスロッシュ(水跳ね)。

結果として生じる超津波は、世界中に分布している堆積物をかき立てるでしょう。

スラリーが盆地に向かって逆流するにつれて、それは同様の組成の層に分類され、おそらく電気的に、歪んだ岩の層にセメントで固められます。

堆積学の実験は、流れる堆積物への堆積が、非水平の、さらにはねじれた地層に複数の層を置く可能性があることを示しています。

堆積物は堆積するにつれて分類され、地層のグループを通時的に下流に拡張します。

時間の経過は、従来の理論で想定されているように、一度に1つの層である層に対して垂直に進むのではなく、いくつかの層が一緒になっている層と平行に進みます。

地球の自転を十分に速く乱す大きなフレアは、水平方向の堆積と構造的なゆがみのために長い時間を必要とせずに、私たちが見る位置に、私たちが見る地層を作り出すことができます。

効果は標準モデルが想像するよりも大きくなります

  • ローカルではなくグローバル、数百万年ではなく数日で。

また、大きなフレアの電磁場は、原子の崩壊率を変える可能性があります。

原子崩壊率は、かつては自然の定数であると考えられていましたが、いくつかの天文周期と共鳴して変化することがわかっています。

それは、それらが彼らの環境に関係していることを意味します。

テレラ実験と落雷の観測は、放電中のプラズマの振る舞いによって、原子が一斉に他の種に核変換される可能性があることを示しています。

地球全体に影響を与える放電は、世界中の瓦礫の中の元素を変換します。

その後、これらの資料は、超津波の余波で層状に分類され、放射性年代測定は、その破壊的な出来事を経過すると、それらの年齢を誤って計算します。

地質時計はグローバルにリセットされ、従来の地質記録をスクランブリング(ごちゃ混ぜに)する可能性があります。

私はこのような破壊的な出来事にラベルを付けるために「壊滅的」という用語を使用してきましたが、それについては不安があります。

地質学で、より大きく、より速くなるということは、突然の地球規模の変化を意味します。

しかし、突然の地球変動の電気とプラズマのアイデアは、多くの証拠、解釈されていない観測が同じであるにもかかわらず、過去の破局的なアイデアとは明らかに異なります。

新しいアイデアと新しい理論では、事実、解釈された証拠は異なります。

証拠と事実の違いは、このシリーズの最初のエピソード、「Playing with New Thinking」で説明されています。

おそらく最大の違いは、過去の多くの天変地異説は、神々がそれをしたと仮定していたという、神の天変地異説です。

彼らは、科学的および自然主義的な基準の外にあるいくつかの超自然的なメカニズムの介入を想定しましたが、その現象は感覚的でなければならず、感知することができます。

彼らは感覚と実験を跳び超えて、存在するに違いない、そして、それでできることはこれ以上無い、という魔法の国に入り込みました。

エピステミック(認識論)的に、そして、皮肉なことに、これは、今日の天文学における暗黒物質と暗黒エネルギーの役割と同じです。

それは機械の中の幽霊です。

もう1つの違いは、天変地異説が運ぶ人間中心主義の手荷物です。

過去に、斉一説が従来の推定になる前は、そのような変化は人間の価値観、規模、期待に関連してカタストロフィ(壊滅的)と呼ばれていました。

それが人間の生活を大きく混乱させた場合、その出来事は壊滅的でした。

しかし、電気とプラズマの壊滅的な出来事は、非壊滅的な出来事を超えるエネルギーと電力のステップ・アップにすぎません。

送電網を焼き尽くすフレアは破壊的であり、シース(さや)から地面への放電を生成するフレアは壊滅的なクレーターを残します。

それは、エネルギーまたはパワーの、スケールの上限のみを指し、人間中心主義の意味を呼び起こさない用語を使用する方がよいでしょう。

「より大きく、より速く」は、私たちが世界の経験を理解するための枠組みを変えます。

それは世界がどのように機能するかについての私たちの理解を変えます。

私たちが構成する物語や理論、それは、私たちにとって意味のある選択された曖昧な働きを意味し、私たちの特定の限られた神経の配置と認知能力を備えています。

私たちがたくさん話す物語は、特に、ガジェット(小道具)やプロセスを毎日、発明して実行するのを助けるならば、馴染みのあるものに成ります。

私たちは、よく知っている(馴染みのある)ことを究極の真実と間違える傾向があります。

私達は、馴染みのない話に出会うと、馴染みのある話との違いに気づき、馴染みのない話を無理だと却下します。

それは、習慣的になります。

たとえば、何十年もの間、従来の天文学者は、宇宙で電荷を分離することはできないと言うので、電気のアイデアを却下しました。

前世紀の終わり頃に電荷の分離が観察された後、彼らは確かに宇宙に電気があったことを認めました、しかし、それは何もしませんでした!

私たちの観察の曖昧さが不可能な習慣を打ち破るとき、私たちは新しい思考で新しい世界のように見えるものに足を踏み入れる機会を得ます。

電気的宇宙が、示唆する1つの可能性は、現在のプロセスが、桁違いに大きく高速なプロセスに取って代わられる事です。

これは、地層が1日で作成される可能性を示唆しています。

それは、世界的な大変動の古代の物語が実際に起こった可能性を示唆しています。

重要な問題は何が起こったのかではなく、私達が、起こった事を、どう思うか(考えられるか)、ということです。

―――――
Previous episodes of this story arc describe some historical revolutions and how people thought about the cosmos.
このアークの物語の前のエピソードでは、
いくつかの歴史的革命と、
人々が宇宙についてどのように考えたかを説明しました。

Before the revolution became accepted, there was a time of growing doubt about the established ideas, along with the hardening of the inertia of belief in them.
革命が受け入れられる前には、
確立されたアイデアに対する疑問が高まり、
それらに対する信念の慣性が固まる時期がありました。

But there came a time when new observations and new ideas made the old assumptions and unquestioned world views, more of a nuisance than an aid for explanations.
しかし、新しい観察と新しいアイデアが、
古い仮定と疑う余地のない世界観を、
説明の助けというよりも厄介なものとする時が来ました。

The old ideas couldn't explain the new observations without patching them and the patches became increasingly ad-hoc and ill-fitting.
古いアイデアは、パッチ(あて布)を適用せずに
新しい観察結果を説明することはできず、
パッチはますますアドホック(ツギハギ)で不適合になりました。

The limits of what was thought to be possible needed to be expanded, and that meant replacing the framework of the old way of thinking with a different worldview.
可能だと考えられていたものの限界を広げる必要があり、
それは古い考え方の枠組みを
別の世界観に置き換えることを意味しました。

It required a change in what was considered to be reality.
それは現実であると考えられていたものの
変更を必要としました。

It required picking up the stick of knowledge by another end.
それは別の端で
知識の棒を拾う必要がありました。

We seem to be in a similar condition today.
今日も、
同じような状態になっているようです。

Modern observations of events in space exceed the possibilities of accepted mechanisms of gravity-and-gas-thinking.
宇宙での出来事の現代の観測は、
重力とガスの思考の受け入れられた
カニズムの可能性を超えています。

But the emerging understanding of electrically active plasma does provide sufficiently expanded possibilities.
しかし、電気的に活性なプラズマの
新たな理解は、十分に拡張された可能性を提供します。

One of them is the greater power available in plasma systems.
それらの1つは、プラズマシステムで
利用可能な、より大きな(電)力です。

In physics, power is the rate of change of energy.
物理学では、力は
エネルギーの変化率です。

With mechanisms that provide greater power, larger events can happen faster.
より大きなパワーを提供するメカニズムにより、
より大きなイベントが、より速く発生する可能性があります。

To become familiar with them, and to develop them, we need to be playing with larger and faster thinking, or in other words:
with power thinking.
それらに精通し、それらを発展するには、
より大きく、より速い思考で遊ぶ必要があります、
言い換えれば、次のようなものを使って:
パワー・シンキング。

One distinguishing difference between gravity-and-gas-thinking, typified by the Standard Model of cosmology, and electricity-and-plasma thinking, such as the Electric Universe model, is the matter of power.
宇宙論の標準モデルに代表される重力とガスの思考と、
電気的宇宙モデルのような電気とプラズマの思考との
際立った違いの1つは、力の問題です。

Plasma systems not only have more energy than gravity systems, they have more power.
プラズマシステムは重力システムよりも、
多くのエネルギーを持っているだけでなく、
より多くの力を持っています。

An excess of energy, beyond what would be required for an equilibrium condition, flows through them.
平衡状態に必要な量を超える
過剰なエネルギーがそれらを通って流れます。

Similar to the flow of electricity in a string of lights being greater than what's dissipated in an individual light.
一連のライトへの電気の流れが、
個々のライトで消費されるものよりも
大きいのと似ています。

If conditions suddenly change, for example a short circuit, much more energy can appear in the system in an unexpectedly short time.
短絡などで、条件が突然変化した場合、
予想外に短い時間でシステムには、
はるかに多くのエネルギーが現れる可能性があります。

For example an electric arc, such as high voltage switch-arcing.
たとえば、
高電圧スイッチアーキングなどの電気アークです。

At a stellar scale, the result would be a flare or a nova.
恒星のスケールでは、
結果はフレアまたは新星になります。

I mentioned previously that space age observations have revealed a Universe that is too energetic for its calculated mass.
宇宙時代の観測により、計算された質量に対して、
エネルギーが高すぎる宇宙が明らかになったと前述しました。

It's also too powerful.
それはまた、
強力すぎます。

For example, the age of the Universe, as calculated from a Doppler interpretation of galaxies’ redshifts is too short for the processes of gravity and gas to form its observed structure.
たとえば、
銀河の赤方偏移のドップラー解釈から計算された宇宙の年齢は、
重力とガスのプロセスが観測された構造を形成するには短すぎます。

Astronomers augmented those processes by imagining dark unobservable processes that must be there, because otherwise the theories of gravity and gas are falsified.
天文学者達は、そこになければならない暗い観測不可能なプロセスを
想像することによってそれらのプロセスを増強しました、
そうしないと、重力とガスの理論が偽証とされるからです。

Electricity and plasma processes on the other hand, can be many orders of magnitude more powerful than those of gravity and gas.
一方、電気とプラズマのプロセスは、
重力やガスのプロセスよりも
何桁も強力になる可能性があります。

And they could aggregate matter over a much larger volume in a much shorter time.
そして、彼らははるかに短い時間で、
はるかに大きなボリュームにわたって、
物質を集約することができました。

Furthermore, those processes are not only observable, but also can be investigated in a laboratory, empirical rather than imaginary.
さらに、これらのプロセスは
実験室での、想像上のものではなく、
観察可能であるだけでなく、
経験的なものとして調査することもできます。

My primary interest in these essays however, is in the new thinking that these discoveries suggest.
しかし、これらのエッセイに対する私の主な関心は、
これらの発見が示唆する新しい考え方にあります。

The implications of larger and faster for the cognitive framework or assumptions, underlying particular explanatory ideas, or theories.
認知の枠組みまたは仮定に対する、
より大きくより速いことの意味は、
特定の説明的なアイデア、または理論の根底に有ります。

The present framework was established in the 19th and 20th centuries, before plasma was discovered.
現在の枠組みは、プラズマが発見される前の
19世紀と20世紀に確立されました。

It assumed that change in the natural world was only by relatively weak mechanical mechanisms that worked gradually and uniformly.
自然界の変化は、徐々に均一に機能する
比較的弱い機械的カニズムによって
のみであると想定されていました。

The new discoveries expand that framework to include more powerful electrical causes that can be sudden and transient.
新しい発見は、そのフレームワークを拡張して、
突然で一時的な可能性のある、より強力な電気的原因を含めます。

Astronomical phenomena and plasma behavior have received the most attention, but other sciences and processes are also affected.
天文現象とプラズマの振る舞いは、
最も注目されていますが、
他の科学やプロセスも影響を受けています。

For example, conventional thinking in geology assumes that weak and slow processes created the formations we see:
erosion, sedimentation, an occasional local earthquake or eruption, creeping continental plates.
たとえば、地質学における従来の考え方は、
弱くて遅いプロセスが、私たちが見る
フォーメーションを作成したと仮定します:
侵食、堆積、時折の局地的な地震または噴火、忍び寄る大陸プレート。

Millions of years are required for significant changes to occur.
大きな変化が起こるには
何百万年も必要です。

But an instability in the plasma dynamics of the Earth's sheath, conventionally called a magnetosphere, could trigger an electrical discharge to the surface or below.
しかし、従来は磁気圏と呼ばれていた、
地球の鞘のプラズマ・ダイナミクスの不安定性は、
表面または地下への放電を引き起こす可能性があります。

It might be triggered by an unusually large flare from the Sun.
それは、太陽からの
異常に大きなフレアによって
引き起こされる可能性があります。

Flares of that power have been observed on other Sun-like stars.
そのフレア力は、
他の太陽のような恒星達で観察されています。

A powerful discharge would scar the surface with craters, canyons and mountains.
強力な放電は、
クレーター、峡谷、山を伴い表面を傷つけます。

A sufficiently powerful one could reshape and relocate continents and oceans in days, rather than in millions of years.
十分に強力なものは、数百万年ではなく、数日で
大陸と海を再形成し、再配置することができます。

That would be impossible with gravity.
それは
重力では不可能です。

Also, we have experienced the small disturbances in rotation that present-day flares have caused.
また、私達は、今日的なフレアが
引き起こしている回転の小さな乱れを経験しました。

When the flare strikes, rotation suddenly changes.
フレアが当たると、
回転が急変します。

After it passes, rotation gradually returns to its previous rate, as if the rotation were driven, like a motor, rather than being purely inertial.
通過後、回転は、純粋に慣性ではなく、
モーターのようなもので駆動されたかのように、
徐々に前の速度に戻ります。

One with an order or two of magnitude greater energy and power, could suddenly and significantly change the rotation rate, and cause oceans to wash over continents:
A global slosh.
エネルギーとパワーが1〜2桁大きいものは、
突然かつ大幅に回転速度を変化させ、
海が大陸を洗い流してしまう可能性があります:
1つのグローバル(全球的)なスロッシュ(水跳ね)。

The resulting super tsunami would stir up the sediment that's distributed around the globe.
結果として生じる超津波は、
世界中に分布している堆積物をかき立てるでしょう。

As the slurry flowed back toward the basins, it would be sorted into strata of like composition and be cemented, perhaps electrically, into distorted layers of rock.
スラリーが盆地に向かって逆流するにつれて、
それは同様の組成の層に分類され、
おそらく電気的に、歪んだ岩の層にセメントで固められます。

Sedimentology experiments have shown that deposition in flowing sediment can lay down multiple strata in non-horizontal, and even twisted formations.
堆積学の実験は、流れる堆積物への堆積が、
非水平の、さらにはねじれた地層に
複数の層を置く可能性があることを示しています。

The sediment is sorted as it's deposited extending the group of strata downstream diachronically.
堆積物は堆積するにつれて分類され、
地層のグループを通時的に下流に拡張します。

Time advances not perpendicularly to the strata, one stratum at a time, as assumed by conventional theories, but parallel with the strata, several strata together.
時間の経過は、従来の理論で想定されているように、
一度に1つの層である層に対して垂直に進むのではなく、
いくつかの層が一緒になっている層と平行に進みます。

A large flare, that disrupts the Earth's rotation fast enough, could produce the strata we see, in the positions we see, without needing long times for horizontal deposition and tectonic warping.
地球の自転を十分に速く乱す大きなフレアは、
水平方向の堆積と構造的なゆがみのために長い時間を必要とせずに、
私たちが見る位置に、私たちが見る地層を作り出すことができます。

The effects would be larger than the Standard Model imagines

  • global instead of local, and faster, days instead of millions of years.

効果は標準モデルが想像するよりも大きくなります

  • ローカルではなくグローバル、数百万年ではなく数日で。

Also, the electromagnetic fields in a large flare could alter atomic decay rates.
また、大きなフレアの電磁場は、
原子の崩壊率を変える可能性があります。

Decay rates were once thought to be constants of nature, but they have been found to vary in resonance with several astronomical cycles.
原子崩壊率は、
かつては自然の定数であると考えられていましたが、
いくつかの天文周期と共鳴して変化することがわかっています。

That means that they're related to their environment.
それは、それらが彼らの環境に
関係していることを意味します。

Observations of terrella experiments and lightning strikes have indicated that atoms may be transmuted en masse and to other species by the plasma behavior in a discharge.
テレラ実験と落雷の観測は、
放電中のプラズマの振る舞いによって、
原子が一斉に他の種に核変換される可能性があることを示しています。

A discharge that affects the entire globe would transmute elements in the debris around the globe.
地球全体に影響を与える放電は、
世界中の瓦礫の中の元素を変換します。

Those materials would then be sorted into like strata in the aftermath of a super tsunami, and radio dating would calculate their age erroneously past the disruptive event.
その後、これらの物質は、超津波の余波で層状に分類され、
放射性年代測定は、その破壊的な出来事を経過すると、
それらの年齢を誤って計算します。

The geological clocks could be reset globally, scrambling the conventional geological record.
地質時計はグローバルにリセットされ、
従来の地質記録をスクランブリング
(ごちゃ混ぜに)する可能性があります。

I've used the term ‘catastrophic’ to label such a disruptive event, but I have misgivings about that.
私はこのような破壊的な出来事にラベルを付けるために
「壊滅的」という用語を使用してきましたが、
それについては不安があります。

Larger and faster in geology means sudden global change.
地質学で、より大きく、より速くなる
ということは、突然の地球規模の変化を意味します。

But electricity and plasma ideas of sudden global change are distinctly different from past catastrophist ideas, even though much of the evidence, uninterpreted observations, is the same.
しかし、突然の地球変動の電気とプラズマのアイデアは、
多くの証拠、解釈されていない観測が同じであるにもかかわらず、
過去の破局的なアイデアとは明らかに異なります。

With new ideas and a new theory, the facts, interpreted evidence, are different.
新しいアイデアと新しい理論では、
事実、解釈された証拠は異なります。

The difference between evidence and facts was described in the first episode of this series, Playing with New Thinking.
証拠と事実の違いは、
このシリーズの最初のエピソード、
「Playing with New Thinking」で説明されています。

Perhaps the biggest difference is that many past catastrophist ideas assumed that the gods did it, divine catastrophism.
おそらく最大の違いは、過去の多くの天変地異説は、
神々がそれをしたと仮定していたという、神の天変地異説です。

They assumed the intervention of some supernatural mechanism that lies outside the scientific and naturalist criterion, that phenomena must be sensible, that is able to be sensed.
彼らは、科学的および自然主義的な基準の外にある、
いくつかの超自然的なメカニズムの介入を想定しましたが、
その現象は感覚的でなければならず、感知することができます。

They stepped beyond sensation and experimentation, into the magic land of must-be and there's nothing more we can do with it.
彼らは感覚と実験を跳び超えて、
存在するに違いない、そして、それでできることはこれ以上無い、
という魔法の国に入り込みました。

Epistemically, and ironically, this is not unlike the role of dark matter and dark energy in astronomy today.
エピステミック(認識論)的に、そして、皮肉なことに、
これは、今日の天文学における暗黒物質と暗黒エネルギーの役割と同じです。

It's a ghost in the machine.
それは、
機械の中の幽霊です。

Another difference is the anthropocentric baggage that catastrophism carries.
もう1つの違いは、
天変地異説が運ぶ人間中心主義の手荷物です。

In the past, before uniformitarianism became the conventional presumption, such change was called catastrophic in relation to human values, scale, and expectations.
過去に、斉一説が従来の推定になる前は、
そのような変化は人間の価値観、規模、期待に
関連してカタストロフィ(壊滅的)と呼ばれていました。

An event was catastrophic if it greatly disrupted human life.
それが人間の生活を大きく混乱させた場合、
その出来事は壊滅的でした。

But an electricity and plasma catastrophic event is only a step up in energy and power above non-catastrophic events.
しかし、電気とプラズマの壊滅的な出来事は、
非壊滅的な出来事を超えるエネルギーと電力の
ステップ・アップにすぎません。

A flare that browns out a power grid is disruptive, one that produces a sheath-to-ground discharge leaves a catastrophic crater.
送電網を焼き尽くすフレアは破壊的であり、
シース(さや)から地面への放電を生成する
フレアは壊滅的なクレーターを残します。

It would be better to have a term that only refers to the upper end of an energy or power scale and that does not evoke the anthropocentric connotations.
それは、エネルギーまたはパワーの、
スケールの上限のみを指し、人間中心主義の意味を
呼び起こさない用語を使用する方がよいでしょう。

Larger and faster changes the framework with which we understand our experiences of the world.
「より大きく、より速く」は、
私たちが世界の経験を理解するための枠組みを変えます。

It changes our understanding of how the world works.
それは世界がどのように機能するか
についての私たちの理解を変えます。

The stories or theories we compose that make sense of selected ambiguous workings that make sense to us, with our particular and limited nerve arrangements and cognitive faculties.
私たちが構成する物語や理論、
それは、私たちにとって意味のある選択された曖昧な働きを意味し、
私たちの特定の限られた神経の配置と認知能力を備えています。

Stories that we tell a lot, especially if they help us invent and run gadgets and processes every day, become familiar.
私たちがたくさん話す物語は、
特に、ガジェット(小道具)やプロセスを、
毎日、発明して実行するのを助けるならば、
馴染みのあるものに成ります。

We tend to mistake familiar for ultimate truth.
私たちは、よく知っている(馴染みのある)ことを
究極の真実と間違える傾向があります。

When we encounter an unfamiliar story, we notice the differences from the familiar one and dismiss the unfamiliar one as impossible.
私達は、馴染みのない話に出会うと、
馴染みのある話との違いに気づき、
馴染みのない話を無理だと却下します。

It becomes habitual.
それは、
習慣的になります。

For instance, conventional astronomers for decades, dismissed electrical ideas because they would say, you can't get charge separation in space.
たとえば、何十年もの間、従来の天文学者は、
宇宙で電荷を分離することはできないと言うので、
電気のアイデアを却下しました。

After charge separations were observed toward the end of the last century, they admitted that, sure there was electricity in space, but it didn't do anything!
前世紀の終わり頃に電荷の分離が観察された後、
彼らは確かに宇宙に電気があったことを認めました、
しかし、それは何もしませんでした!

When the ambiguities of our observations break through the habits of the impossible, we have an opportunity to step into what will seem like a new world with new thinking.
私たちの観察の曖昧さが不可能な習慣を打ち破るとき、
私たちは新しい思考で新しい世界のように見えるものに
足を踏み入れる機会を得ます。

An Electric Universe suggests the possibility that present-day processes could be supplanted by orders of magnitude larger and faster ones.
電気的宇宙が、示唆する1つの可能性は、現在のプロセスが、
桁違いに大きく高速なプロセスに取って代わられる事です。

It suggests the possibility that geological formations could be created in a day.
これは、地層が
1日で作成される可能性を示唆しています。

It suggests the possibility that the ancient stories of worldwide cataclysms, actually happened.
それは、世界的な大変動の古代の物語が、
実際に起こった可能性を示唆しています。

The important question is not what happened, but what will we think, happened.
重要な問題は何が起こったのかではなく、
私達が、起こった事を、
どう思うか(考えられるか)、ということです。
(^-^)

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Mel Acheson・・ Playing w/Power Thinking ・・ Thunderboltsメル・アチソン・・パワー思考と遊ぶ・・サンダーボルツ]



―――――
このアークの物語の前のエピソードでは、いくつかの歴史的革命と、人々が宇宙についてどのように考えたかを説明しました。

革命が受け入れられる前には、確立されたアイデアに対する疑問が高まり、それらに対する信念の慣性が固まる時期がありました。

しかし、新しい観察と新しいアイデアが、古い仮定と疑う余地のない世界観を、説明の助けというよりも厄介なものとする時が来ました。

古いアイデアは、パッチ(あて布)を適用せずに新しい観察結果を説明することはできず、パッチはますますアドホック(ツギハギ)で不適合になりました。

可能だと考えられていたものの限界を広げる必要があり、それは古い考え方の枠組みを別の世界観に置き換えることを意味しました。

それは現実であると考えられていたものの変更を必要としました。

それは別の端で知識の棒を拾う必要がありました。

今日も同じような状態になっているようです。

宇宙での出来事の現代の観測は、重力とガスの思考の受け入れられたメカニズムの可能性を超えています。

しかし、電気的に活性なプラズマの新たな理解は、十分に拡張された可能性を提供します。

それらの1つは、プラズマシステムで利用可能なより大きな(電)力です。

物理学では、力はエネルギーの変化率です。

より大きなパワーを提供するメカニズムにより、より大きなイベントがより速く発生する可能性があります。

それらに精通し、それらを発展するには、より大きく、より速い思考で遊ぶ必要があります、言い換えれば、次のようなものを使って:
パワー・シンキング。

宇宙論の標準モデルに代表される重力とガスの思考と、電気的宇宙モデルのような電気とプラズマの思考との際立った違いの1つは、力の問題です。

プラズマシステムは重力システムよりも多くのエネルギーを持っているだけでなく、より多くの力を持っています。

平衡状態に必要な量を超える過剰なエネルギーがそれらを通って流れます。

一連のライトへの電気の流れが、個々のライトで消費されるものよりも大きいのと似ています。

短絡などで、条件が突然変化した場合、予想外に短い時間でシステムにはるかに多くのエネルギーが現れる可能性があります。

たとえば、高電圧スイッチアーキングなどの電気アークです。

恒星のスケールでは、結果はフレアまたは新星になります。

宇宙時代の観測により、計算された質量に対してエネルギーが高すぎる宇宙が明らかになったと前述しました。

それはまた、強力すぎます。

たとえば、銀河の赤方偏移のドップラー解釈から計算された宇宙の年齢は、重力とガスのプロセスが観測された構造を形成するには短すぎます。

天文学者達は、そこになければならない暗い観測不可能なプロセスを想像することによってそれらのプロセスを増強しました、そうしないと、重力とガスの理論が偽証とされるからです。

一方、電気とプラズマのプロセスは、重力やガスのプロセスよりも何桁も強力になる可能性があります。

そして、彼らははるかに短い時間で、はるかに大きなボリュームにわたって、物質を集約することができました。

さらに、これらのプロセスは実験室での、想像上のものではなく、観察可能であるだけでなく、経験的なものとして調査することもできます。

しかし、これらのエッセイに対する私の主な関心は、これらの発見が示唆する新しい考え方にあります。

認知の枠組みまたは仮定に対するより大きくより速いことの意味は、特定の説明的なアイデア、または理論の根底に有ります。

現在の枠組みは、プラズマが発見される前の19世紀と20世紀に確立されました。

自然界の変化は、徐々に均一に機能する比較的弱い機械的カニズムによってのみであると想定されていました。

新しい発見は、そのフレームワークを拡張して、突然で一時的な可能性のある、より強力な電気的原因を含めます。

天文現象とプラズマの振る舞いは、最も注目されていますが、他の科学やプロセスも影響を受けています。

たとえば、地質学における従来の考え方は、弱くて遅いプロセスが私たちが見るフォーメーションを作成したと仮定します:
侵食、堆積、時折の局地的な地震または噴火、忍び寄る大陸プレート。

大きな変化が起こるには何百万年も必要です。

しかし、従来は磁気圏と呼ばれていた、地球の鞘のプラズマ・ダイナミクスの不安定性は、表面または地下への放電を引き起こす可能性があります。

それは、太陽からの異常に大きなフレアによって引き起こされる可能性があります。

そのフレアの力は、他の太陽のような恒星達で観察されています。

強力な放電は、クレーター、峡谷、山を伴い表面を傷つけます。

十分に強力なものは、数百万年ではなく、数日で大陸と海を再形成し、再配置することができます。

それは重力では不可能です。

また、私達は、今日的なフレアが引き起こしている回転の小さな乱れを経験しました。

フレアが当たると、回転が急変します。

通過後、回転は、純粋に慣性ではなく、モーターのようなもので駆動されたかのように、徐々に前の速度に戻ります。

エネルギーとパワーが1〜2桁大きいものは、突然かつ大幅に回転速度を変化させ、海が大陸を洗い流してしまう可能性があります:
1つのグローバル(全球的)なスロッシュ(水跳ね)。

結果として生じる超津波は、世界中に分布している堆積物をかき立てるでしょう。

スラリーが盆地に向かって逆流するにつれて、それは同様の組成の層に分類され、おそらく電気的に、歪んだ岩の層にセメントで固められます。

堆積学の実験は、流れる堆積物への堆積が、非水平の、さらにはねじれた地層に複数の層を置く可能性があることを示しています。

堆積物は堆積するにつれて分類され、地層のグループを通時的に下流に拡張します。

時間の経過は、従来の理論で想定されているように、一度に1つの層である層に対して垂直に進むのではなく、いくつかの層が一緒になっている層と平行に進みます。

地球の自転を十分に速く乱す大きなフレアは、水平方向の堆積と構造的なゆがみのために長い時間を必要とせずに、私たちが見る位置に、私たちが見る地層を作り出すことができます。

効果は標準モデルが想像するよりも大きくなります

  • ローカルではなくグローバル、数百万年ではなく数日で。

また、大きなフレアの電磁場は、原子の崩壊率を変える可能性があります。

原子崩壊率は、かつては自然の定数であると考えられていましたが、いくつかの天文周期と共鳴して変化することがわかっています。

それは、それらが彼らの環境に関係していることを意味します。

テレラ実験と落雷の観測は、放電中のプラズマの振る舞いによって、原子が一斉に他の種に核変換される可能性があることを示しています。

地球全体に影響を与える放電は、世界中の瓦礫の中の元素を変換します。

その後、これらの資料は、超津波の余波で層状に分類され、放射性年代測定は、その破壊的な出来事を経過すると、それらの年齢を誤って計算します。

地質時計はグローバルにリセットされ、従来の地質記録をスクランブリング(ごちゃ混ぜに)する可能性があります。

私はこのような破壊的な出来事にラベルを付けるために「壊滅的」という用語を使用してきましたが、それについては不安があります。

地質学で、より大きく、より速くなるということは、突然の地球規模の変化を意味します。

しかし、突然の地球変動の電気とプラズマのアイデアは、多くの証拠、解釈されていない観測が同じであるにもかかわらず、過去の破局的なアイデアとは明らかに異なります。

新しいアイデアと新しい理論では、事実、解釈された証拠は異なります。

証拠と事実の違いは、このシリーズの最初のエピソード、「Playing with New Thinking」で説明されています。

おそらく最大の違いは、過去の多くの天変地異説は、神々がそれをしたと仮定していたという、神の天変地異説です。

彼らは、科学的および自然主義的な基準の外にあるいくつかの超自然的なメカニズムの介入を想定しましたが、その現象は感覚的でなければならず、感知することができます。

彼らは感覚と実験を跳び超えて、存在するに違いない、そして、それでできることはこれ以上無い、という魔法の国に入り込みました。

エピステミック(認識論)的に、そして、皮肉なことに、これは、今日の天文学における暗黒物質と暗黒エネルギーの役割と同じです。

それは機械の中の幽霊です。

もう1つの違いは、天変地異説が運ぶ人間中心主義の手荷物です。

過去に、斉一説が従来の推定になる前は、そのような変化は人間の価値観、規模、期待に関連してカタストロフィ(壊滅的)と呼ばれていました。

それが人間の生活を大きく混乱させた場合、その出来事は壊滅的でした。

しかし、電気とプラズマの壊滅的な出来事は、非壊滅的な出来事を超えるエネルギーと電力のステップ・アップにすぎません。

送電網を焼き尽くすフレアは破壊的であり、シース(さや)から地面への放電を生成するフレアは壊滅的なクレーターを残します。

それは、エネルギーまたはパワーの、スケールの上限のみを指し、人間中心主義の意味を呼び起こさない用語を使用する方がよいでしょう。

「より大きく、より速く」は、私たちが世界の経験を理解するための枠組みを変えます。

それは世界がどのように機能するかについての私たちの理解を変えます。

私たちが構成する物語や理論、それは、私たちにとって意味のある選択された曖昧な働きを意味し、私たちの特定の限られた神経の配置と認知能力を備えています。

私たちがたくさん話す物語は、特に、ガジェット(小道具)やプロセスを毎日、発明して実行するのを助けるならば、馴染みのあるものに成ります。

私たちは、よく知っている(馴染みのある)ことを究極の真実と間違える傾向があります。

私達は、馴染みのない話に出会うと、馴染みのある話との違いに気づき、馴染みのない話を無理だと却下します。

それは、習慣的になります。

たとえば、何十年もの間、従来の天文学者は、宇宙で電荷を分離することはできないと言うので、電気のアイデアを却下しました。

前世紀の終わり頃に電荷の分離が観察された後、彼らは確かに宇宙に電気があったことを認めました、しかし、それは何もしませんでした!

私たちの観察の曖昧さが不可能な習慣を打ち破るとき、私たちは新しい思考で新しい世界のように見えるものに足を踏み入れる機会を得ます。

電気的宇宙が、示唆する1つの可能性は、現在のプロセスが、桁違いに大きく高速なプロセスに取って代わられる事です。

これは、地層が1日で作成される可能性を示唆しています。

それは、世界的な大変動の古代の物語が実際に起こった可能性を示唆しています。

重要な問題は何が起こったのかではなく、私達が、起こった事を、どう思うか(考えられるか)、ということです。

―――――
Previous episodes of this story arc describe some historical revolutions and how people thought about the cosmos.
このアークの物語の前のエピソードでは、
いくつかの歴史的革命と、
人々が宇宙についてどのように考えたかを説明しました。

Before the revolution became accepted, there was a time of growing doubt about the established ideas, along with the hardening of the inertia of belief in them.
革命が受け入れられる前には、
確立されたアイデアに対する疑問が高まり、
それらに対する信念の慣性が固まる時期がありました。

But there came a time when new observations and new ideas made the old assumptions and unquestioned world views, more of a nuisance than an aid for explanations.
しかし、新しい観察と新しいアイデアが、
古い仮定と疑う余地のない世界観を、
説明の助けというよりも厄介なものとする時が来ました。

The old ideas couldn't explain the new observations without patching them and the patches became increasingly ad-hoc and ill-fitting.
古いアイデアは、パッチ(あて布)を適用せずに
新しい観察結果を説明することはできず、
パッチはますますアドホック(ツギハギ)で不適合になりました。

The limits of what was thought to be possible needed to be expanded, and that meant replacing the framework of the old way of thinking with a different worldview.
可能だと考えられていたものの限界を広げる必要があり、
それは古い考え方の枠組みを
別の世界観に置き換えることを意味しました。

It required a change in what was considered to be reality.
それは現実であると考えられていたものの
変更を必要としました。

It required picking up the stick of knowledge by another end.
それは別の端で
知識の棒を拾う必要がありました。

We seem to be in a similar condition today.
今日も、
同じような状態になっているようです。

Modern observations of events in space exceed the possibilities of accepted mechanisms of gravity-and-gas-thinking.
宇宙での出来事の現代の観測は、
重力とガスの思考の受け入れられた
カニズムの可能性を超えています。

But the emerging understanding of electrically active plasma does provide sufficiently expanded possibilities.
しかし、電気的に活性なプラズマの
新たな理解は、十分に拡張された可能性を提供します。

One of them is the greater power available in plasma systems.
それらの1つは、プラズマシステムで
利用可能な、より大きな(電)力です。

In physics, power is the rate of change of energy.
物理学では、力は
エネルギーの変化率です。

With mechanisms that provide greater power, larger events can happen faster.
より大きなパワーを提供するメカニズムにより、
より大きなイベントが、より速く発生する可能性があります。

To become familiar with them, and to develop them, we need to be playing with larger and faster thinking, or in other words:
with power thinking.
それらに精通し、それらを発展するには、
より大きく、より速い思考で遊ぶ必要があります、
言い換えれば、次のようなものを使って:
パワー・シンキング。

One distinguishing difference between gravity-and-gas-thinking, typified by the Standard Model of cosmology, and electricity-and-plasma thinking, such as the Electric Universe model, is the matter of power.
宇宙論の標準モデルに代表される重力とガスの思考と、
電気的宇宙モデルのような電気とプラズマの思考との
際立った違いの1つは、力の問題です。

Plasma systems not only have more energy than gravity systems, they have more power.
プラズマシステムは重力システムよりも、
多くのエネルギーを持っているだけでなく、
より多くの力を持っています。

An excess of energy, beyond what would be required for an equilibrium condition, flows through them.
平衡状態に必要な量を超える
過剰なエネルギーがそれらを通って流れます。

Similar to the flow of electricity in a string of lights being greater than what's dissipated in an individual light.
一連のライトへの電気の流れが、
個々のライトで消費されるものよりも
大きいのと似ています。

If conditions suddenly change, for example a short circuit, much more energy can appear in the system in an unexpectedly short time.
短絡などで、条件が突然変化した場合、
予想外に短い時間でシステムには、
はるかに多くのエネルギーが現れる可能性があります。

For example an electric arc, such as high voltage switch-arcing.
たとえば、
高電圧スイッチアーキングなどの電気アークです。

At a stellar scale, the result would be a flare or a nova.
恒星のスケールでは、
結果はフレアまたは新星になります。

I mentioned previously that space age observations have revealed a Universe that is too energetic for its calculated mass.
宇宙時代の観測により、計算された質量に対して、
エネルギーが高すぎる宇宙が明らかになったと前述しました。

It's also too powerful.
それはまた、
強力すぎます。

For example, the age of the Universe, as calculated from a Doppler interpretation of galaxies’ redshifts is too short for the processes of gravity and gas to form its observed structure.
たとえば、
銀河の赤方偏移のドップラー解釈から計算された宇宙の年齢は、
重力とガスのプロセスが観測された構造を形成するには短すぎます。

Astronomers augmented those processes by imagining dark unobservable processes that must be there, because otherwise the theories of gravity and gas are falsified.
天文学者達は、そこになければならない暗い観測不可能なプロセスを
想像することによってそれらのプロセスを増強しました、
そうしないと、重力とガスの理論が偽証とされるからです。

Electricity and plasma processes on the other hand, can be many orders of magnitude more powerful than those of gravity and gas.
一方、電気とプラズマのプロセスは、
重力やガスのプロセスよりも
何桁も強力になる可能性があります。

And they could aggregate matter over a much larger volume in a much shorter time.
そして、彼らははるかに短い時間で、
はるかに大きなボリュームにわたって、
物質を集約することができました。

Furthermore, those processes are not only observable, but also can be investigated in a laboratory, empirical rather than imaginary.
さらに、これらのプロセスは
実験室での、想像上のものではなく、
観察可能であるだけでなく、
経験的なものとして調査することもできます。

My primary interest in these essays however, is in the new thinking that these discoveries suggest.
しかし、これらのエッセイに対する私の主な関心は、
これらの発見が示唆する新しい考え方にあります。

The implications of larger and faster for the cognitive framework or assumptions, underlying particular explanatory ideas, or theories.
認知の枠組みまたは仮定に対する、
より大きくより速いことの意味は、
特定の説明的なアイデア、または理論の根底に有ります。

The present framework was established in the 19th and 20th centuries, before plasma was discovered.
現在の枠組みは、プラズマが発見される前の
19世紀と20世紀に確立されました。

It assumed that change in the natural world was only by relatively weak mechanical mechanisms that worked gradually and uniformly.
自然界の変化は、徐々に均一に機能する
比較的弱い機械的カニズムによって
のみであると想定されていました。

The new discoveries expand that framework to include more powerful electrical causes that can be sudden and transient.
新しい発見は、そのフレームワークを拡張して、
突然で一時的な可能性のある、より強力な電気的原因を含めます。

Astronomical phenomena and plasma behavior have received the most attention, but other sciences and processes are also affected.
天文現象とプラズマの振る舞いは、
最も注目されていますが、
他の科学やプロセスも影響を受けています。

For example, conventional thinking in geology assumes that weak and slow processes created the formations we see:
erosion, sedimentation, an occasional local earthquake or eruption, creeping continental plates.
たとえば、地質学における従来の考え方は、
弱くて遅いプロセスが、私たちが見る
フォーメーションを作成したと仮定します:
侵食、堆積、時折の局地的な地震または噴火、忍び寄る大陸プレート。

Millions of years are required for significant changes to occur.
大きな変化が起こるには
何百万年も必要です。

But an instability in the plasma dynamics of the Earth's sheath, conventionally called a magnetosphere, could trigger an electrical discharge to the surface or below.
しかし、従来は磁気圏と呼ばれていた、
地球の鞘のプラズマ・ダイナミクスの不安定性は、
表面または地下への放電を引き起こす可能性があります。

It might be triggered by an unusually large flare from the Sun.
それは、太陽からの
異常に大きなフレアによって
引き起こされる可能性があります。

Flares of that power have been observed on other Sun-like stars.
そのフレア力は、
他の太陽のような恒星達で観察されています。

A powerful discharge would scar the surface with craters, canyons and mountains.
強力な放電は、
クレーター、峡谷、山を伴い表面を傷つけます。

A sufficiently powerful one could reshape and relocate continents and oceans in days, rather than in millions of years.
十分に強力なものは、数百万年ではなく、数日で
大陸と海を再形成し、再配置することができます。

That would be impossible with gravity.
それは
重力では不可能です。

Also, we have experienced the small disturbances in rotation that present-day flares have caused.
また、私達は、今日的なフレアが
引き起こしている回転の小さな乱れを経験しました。

When the flare strikes, rotation suddenly changes.
フレアが当たると、
回転が急変します。

After it passes, rotation gradually returns to its previous rate, as if the rotation were driven, like a motor, rather than being purely inertial.
通過後、回転は、純粋に慣性ではなく、
モーターのようなもので駆動されたかのように、
徐々に前の速度に戻ります。

One with an order or two of magnitude greater energy and power, could suddenly and significantly change the rotation rate, and cause oceans to wash over continents:
A global slosh.
エネルギーとパワーが1〜2桁大きいものは、
突然かつ大幅に回転速度を変化させ、
海が大陸を洗い流してしまう可能性があります:
1つのグローバル(全球的)なスロッシュ(水跳ね)。

The resulting super tsunami would stir up the sediment that's distributed around the globe.
結果として生じる超津波は、
世界中に分布している堆積物をかき立てるでしょう。

As the slurry flowed back toward the basins, it would be sorted into strata of like composition and be cemented, perhaps electrically, into distorted layers of rock.
スラリーが盆地に向かって逆流するにつれて、
それは同様の組成の層に分類され、
おそらく電気的に、歪んだ岩の層にセメントで固められます。

Sedimentology experiments have shown that deposition in flowing sediment can lay down multiple strata in non-horizontal, and even twisted formations.
堆積学の実験は、流れる堆積物への堆積が、
非水平の、さらにはねじれた地層に
複数の層を置く可能性があることを示しています。

The sediment is sorted as it's deposited extending the group of strata downstream diachronically.
堆積物は堆積するにつれて分類され、
地層のグループを通時的に下流に拡張します。

Time advances not perpendicularly to the strata, one stratum at a time, as assumed by conventional theories, but parallel with the strata, several strata together.
時間の経過は、従来の理論で想定されているように、
一度に1つの層である層に対して垂直に進むのではなく、
いくつかの層が一緒になっている層と平行に進みます。

A large flare, that disrupts the Earth's rotation fast enough, could produce the strata we see, in the positions we see, without needing long times for horizontal deposition and tectonic warping.
地球の自転を十分に速く乱す大きなフレアは、
水平方向の堆積と構造的なゆがみのために長い時間を必要とせずに、
私たちが見る位置に、私たちが見る地層を作り出すことができます。

The effects would be larger than the Standard Model imagines

  • global instead of local, and faster, days instead of millions of years.

効果は標準モデルが想像するよりも大きくなります

  • ローカルではなくグローバル、数百万年ではなく数日で。

Also, the electromagnetic fields in a large flare could alter atomic decay rates.
また、大きなフレアの電磁場は、
原子の崩壊率を変える可能性があります。

Decay rates were once thought to be constants of nature, but they have been found to vary in resonance with several astronomical cycles.
原子崩壊率は、
かつては自然の定数であると考えられていましたが、
いくつかの天文周期と共鳴して変化することがわかっています。

That means that they're related to their environment.
それは、それらが彼らの環境に
関係していることを意味します。

Observations of terrella experiments and lightning strikes have indicated that atoms may be transmuted en masse and to other species by the plasma behavior in a discharge.
テレラ実験と落雷の観測は、
放電中のプラズマの振る舞いによって、
原子が一斉に他の種に核変換される可能性があることを示しています。

A discharge that affects the entire globe would transmute elements in the debris around the globe.
地球全体に影響を与える放電は、
世界中の瓦礫の中の元素を変換します。

Those materials would then be sorted into like strata in the aftermath of a super tsunami, and radio dating would calculate their age erroneously past the disruptive event.
その後、これらの物質は、超津波の余波で層状に分類され、
放射性年代測定は、その破壊的な出来事を経過すると、
それらの年齢を誤って計算します。

The geological clocks could be reset globally, scrambling the conventional geological record.
地質時計はグローバルにリセットされ、
従来の地質記録をスクランブリング
(ごちゃ混ぜに)する可能性があります。

I've used the term ‘catastrophic’ to label such a disruptive event, but I have misgivings about that.
私はこのような破壊的な出来事にラベルを付けるために
「壊滅的」という用語を使用してきましたが、
それについては不安があります。

Larger and faster in geology means sudden global change.
地質学で、より大きく、より速くなる
ということは、突然の地球規模の変化を意味します。

But electricity and plasma ideas of sudden global change are distinctly different from past catastrophist ideas, even though much of the evidence, uninterpreted observations, is the same.
しかし、突然の地球変動の電気とプラズマのアイデアは、
多くの証拠、解釈されていない観測が同じであるにもかかわらず、
過去の破局的なアイデアとは明らかに異なります。

With new ideas and a new theory, the facts, interpreted evidence, are different.
新しいアイデアと新しい理論では、
事実、解釈された証拠は異なります。

The difference between evidence and facts was described in the first episode of this series, Playing with New Thinking.
証拠と事実の違いは、
このシリーズの最初のエピソード、
「Playing with New Thinking」で説明されています。

Perhaps the biggest difference is that many past catastrophist ideas assumed that the gods did it, divine catastrophism.
おそらく最大の違いは、過去の多くの天変地異説は、
神々がそれをしたと仮定していたという、神の天変地異説です。

They assumed the intervention of some supernatural mechanism that lies outside the scientific and naturalist criterion, that phenomena must be sensible, that is able to be sensed.
彼らは、科学的および自然主義的な基準の外にある、
いくつかの超自然的なメカニズムの介入を想定しましたが、
その現象は感覚的でなければならず、感知することができます。

They stepped beyond sensation and experimentation, into the magic land of must-be and there's nothing more we can do with it.
彼らは感覚と実験を跳び超えて、
存在するに違いない、そして、それでできることはこれ以上無い、
という魔法の国に入り込みました。

Epistemically, and ironically, this is not unlike the role of dark matter and dark energy in astronomy today.
エピステミック(認識論)的に、そして、皮肉なことに、
これは、今日の天文学における暗黒物質と暗黒エネルギーの役割と同じです。

It's a ghost in the machine.
それは、
機械の中の幽霊です。

Another difference is the anthropocentric baggage that catastrophism carries.
もう1つの違いは、
天変地異説が運ぶ人間中心主義の手荷物です。

In the past, before uniformitarianism became the conventional presumption, such change was called catastrophic in relation to human values, scale, and expectations.
過去に、斉一説が従来の推定になる前は、
そのような変化は人間の価値観、規模、期待に
関連してカタストロフィ(壊滅的)と呼ばれていました。

An event was catastrophic if it greatly disrupted human life.
それが人間の生活を大きく混乱させた場合、
その出来事は壊滅的でした。

But an electricity and plasma catastrophic event is only a step up in energy and power above non-catastrophic events.
しかし、電気とプラズマの壊滅的な出来事は、
非壊滅的な出来事を超えるエネルギーと電力の
ステップ・アップにすぎません。

A flare that browns out a power grid is disruptive, one that produces a sheath-to-ground discharge leaves a catastrophic crater.
送電網を焼き尽くすフレアは破壊的であり、
シース(さや)から地面への放電を生成する
フレアは壊滅的なクレーターを残します。

It would be better to have a term that only refers to the upper end of an energy or power scale and that does not evoke the anthropocentric connotations.
それは、エネルギーまたはパワーの、
スケールの上限のみを指し、人間中心主義の意味を
呼び起こさない用語を使用する方がよいでしょう。

Larger and faster changes the framework with which we understand our experiences of the world.
「より大きく、より速く」は、
私たちが世界の経験を理解するための枠組みを変えます。

It changes our understanding of how the world works.
それは世界がどのように機能するか
についての私たちの理解を変えます。

The stories or theories we compose that make sense of selected ambiguous workings that make sense to us, with our particular and limited nerve arrangements and cognitive faculties.
私たちが構成する物語や理論、
それは、私たちにとって意味のある選択された曖昧な働きを意味し、
私たちの特定の限られた神経の配置と認知能力を備えています。

Stories that we tell a lot, especially if they help us invent and run gadgets and processes every day, become familiar.
私たちがたくさん話す物語は、
特に、ガジェット(小道具)やプロセスを、
毎日、発明して実行するのを助けるならば、
馴染みのあるものに成ります。

We tend to mistake familiar for ultimate truth.
私たちは、よく知っている(馴染みのある)ことを
究極の真実と間違える傾向があります。

When we encounter an unfamiliar story, we notice the differences from the familiar one and dismiss the unfamiliar one as impossible.
私達は、馴染みのない話に出会うと、
馴染みのある話との違いに気づき、
馴染みのない話を無理だと却下します。

It becomes habitual.
それは、
習慣的になります。

For instance, conventional astronomers for decades, dismissed electrical ideas because they would say, you can't get charge separation in space.
たとえば、何十年もの間、従来の天文学者は、
宇宙で電荷を分離することはできないと言うので、
電気のアイデアを却下しました。

After charge separations were observed toward the end of the last century, they admitted that, sure there was electricity in space, but it didn't do anything!
前世紀の終わり頃に電荷の分離が観察された後、
彼らは確かに宇宙に電気があったことを認めました、
しかし、それは何もしませんでした!

When the ambiguities of our observations break through the habits of the impossible, we have an opportunity to step into what will seem like a new world with new thinking.
私たちの観察の曖昧さが不可能な習慣を打ち破るとき、
私たちは新しい思考で新しい世界のように見えるものに
足を踏み入れる機会を得ます。

An Electric Universe suggests the possibility that present-day processes could be supplanted by orders of magnitude larger and faster ones.
電気的宇宙が、示唆する1つの可能性は、現在のプロセスが、
桁違いに大きく高速なプロセスに取って代わられる事です。

It suggests the possibility that geological formations could be created in a day.
これは、地層が
1日で作成される可能性を示唆しています。

It suggests the possibility that the ancient stories of worldwide cataclysms, actually happened.
それは、世界的な大変動の古代の物語が、
実際に起こった可能性を示唆しています。

The important question is not what happened, but what will we think, happened.
重要な問題は何が起こったのかではなく、
私達が、起こった事を、
どう思うか(考えられるか)、ということです。
(^-^)

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Buddy James・・ Geometry of the Electric Universe ・・ Thunderboltsバディ・ジェームス・・電気的宇宙の幾何学・・サンダーボルツ]



―――――――
―――――――
まず、ジオメトリー(幾何学)の簡単な歴史から始めます。

すべての偉大な哲学者達、天文学者達、または科学者達の中に、偉大な幾何学者達がいるのはなぜですか?

幾何学者が天文学者に変わるか、天文学者幾何学者に変わるか、逆もまた然りです。

幾何学者の古典的な定義は、研究分野が幾何学である数学者です。

今、それについて考えてください。

あなたはプラトンをご存知でしょう、そして、プラトン(固体)正多面体があります;
球体の音、または宇宙の諧調;
そして、第一原理幾何学の理論は、すべての原子と物質が、回転する入れ子になったプラトン固体(正多面体)から形成されると教えられています。

あなたはアルキメデスをご存知でしょう、そして、アルキメデスの立体、およびアルキメデスの螺旋があります。

紀元前467年頃のソクラテス以前の哲学者アナクサゴラスのように、彼の著書「The Nature of Things」で宇宙の渦運動を理論化したものもあります。

ヨハネス・ケプラー幾何学を強く信じており、5つの正多面体が宇宙の構造に関連しているに違いないことを証明しようとしました。

このアイデアは、1596年に公開された彼の「宇宙の謎」で発表されました。

渦の数学的研究は、ジェームズ・クラーク・マクスウェルの電磁場の渦のアナロジーと、原子はすべてに浸透しているエーテルの渦輪であるというカルバン卿の理論につながります。

ピタゴラスユークリッド幾何学の父、ペルガのアポロニウスのように、例は他にもたくさんあります。

らせん状の形が宇宙の構造の中核にあるようです。

ワールプール(渦潮)またはウォーター・スパイラルは、世界的な民間伝承の一部であり、生命とエネルギーの起源を表す魔法の宗教的なシンボルです。

ワールプール(渦潮)は、冥界の世界への門と見なされます。

古代の伝承には、旋風が神、悪魔、魔女に回路を提供するというものがあります。

旧約聖書では、旋風は、私たちただの人間との直接のつながり、として説明されています。

たとえば、「それから、主は旋風からヨブに答えました。」

そして「エリヤは、旋風によって天国に上った。」

1835年には、ここには、ユージニオ・ベルトラミとベルトラミ渦があります。

これは、電気的宇宙で私たちが、バークランド(=ビルケランド)電流と呼んでいるものの幾何学です。

また、ドン・スコットが、フォースフリーの電界整列電流とマルクルンド対流とまったく同じ動作、およびエーテル「ジッター・ヴェーワ・ガン」のドイツの概念の計算を行ったものでもあります。

物理学では、ドイツ語で「ジッター・ヴェーワ・ガン」と呼ばれるジッター(ぎくしゃく)的動きは、素粒子の予測される急速な振動運動です。

電磁気学が円筒形の同軸フィラメントに沿った元素の主要なオーガナイザーであると言えば、アーティストのウォルター・ラッセル博士の仕事に直接飛び込むでしょう。

バークランド・カレント(=電流)と、同じ、または類似したものを、そして竜巻風の複数の渦として、アンディ・ホールが説明している、彼の「Eye of the Storm」シリーズで見ることができます。

ヴィクトル・シャウバーガーの作品もあり、ここでは縦方向の渦を示しています。

さらに、ここでは二重らせん状の縦方向の渦が表示されています。

ここで、二重らせん最小エネルギーフィラメント自体のトロイダル構造に至るまで、ドハティ・セット(=集合)の類似性を観察します。

ドハティ・セット(=集合)とは、正確には何でしょうか?

ドハティ・セット(=集合)は、1つの創発的な第一原理の電磁流体力学幾何学です。

電磁流体力学は、導電性流体の磁気特性と挙動の研究です。

このような磁気流体の例には、プラズマ、液体金属、塩水、電解質が含まれます。

ドハティ・セット(集合)が何であるかをどのように検証できますか?

簡単です、逆二乗の法則を使用することです。

逆二乗の法則は、光、電磁放射、重力、および電気がすべて同じスケーリング規則に従うことを示しています。

ドハティ・セット(=集合)は、とりわけ、一連のカスケード球形圧力勾配です。

射影スーパージオメトリは1つのシンプレックス(単体)です。

しかし、それにもかかわらず、それは、ただ一つのことをしているだけで、これは、最初のベッセル関数を、鼓動するドラムのように反復的に、何度も何度も繰り返し、相互接続されたチェーンに沿ってプログレッシブ(累進的)・ジオメトリを再帰的に構築しています
―いわゆる、「時‐空」、より正確にはプラズマ・フラクタルのように。

はい、バークランド電流はフラクタルです。

フラクタルは、曲線または幾何学的図形であり、その各部分は全体と同じ統計的特性を持っています。

フラクタルは、侵食された海岸線や雪片などの構造物のモデリングに役立ちます、そこでは、同様のパターンが徐々に小さなスケールで繰り返され、結晶成長、流体乱流、銀河形成などの部分的にランダムまたは混沌とした現象を記述する際に繰り返されます。

ドハティ・セット(集合)は、マンデルブロ・セット(集合)のように考えることができますが、このスケーラブルな幾何学は、複雑で想像上のフィールドと分数を探索する代わりに、
プラズマ、エーテル、または主流の宇宙学者がちょうど述べた、「時‐空」と呼ぶものをフラクタルにさらします。

フラクタルと言えば、ミューラー・セット(集合)を見てみましょう。

ミューラー・フラクタルは、ハルトムート・ミュラーによって開発されたグローバル(全球的)・スケーリングの基礎です。

私達は、ここでの類似点と、オクターブと音のハーモニーが同様のスケーリング則を、どのように順守しているかを観察できます。

したがって、基本的に、すべてのスケールで、この波の中にネストされた動作が存在する必要があり、実際、それがまさにドハティ・セット(集合)であると直感的に推測することができます。

電磁誘導の宇宙では、ドハティ・セット(集合)が電磁気学自体のマスターキーである可能性はありますか?

そして全体像では、おそらく電気的宇宙モデルの幾何学

私はサンダーボルトEU2017会議でドナルド・E・スコット教授に会いました、彼に私のカートグラフと幾何学を見せるという根底の目的のために。

ドンは困惑して叫びました、私は彼の前にそれを発見しました、そして、それは私たちが見つけるものだと。

多くの人が私たちの前でこのアイデアに取り組んでいたので、私はそれから私の全体の仕事をレビューのためにドン・スコットに渡しました、そして彼は言いました、
(引用)
「バディ、私はあなたが送ってくれたリンクとYouTubeビデオを調べました(私はすべて見たと信じています)。

バークランドの内部構造(力から自由な、電場整流電流)が、どのように見えるかの野生の複雑さを明確に含むことができるので、それらは非常に印象的です、私たちが1つに入ることができたら。
"よい仕事です。"

なるほど、あなたは、私のモデルがバークランド電流の中にあると言う複雑な構造に気づいています。

しかし、別の意味では、全体的な特性は非常に単純です:
それは、ピッチ角が半径方向の距離とともにスムーズかつ連続的に増加する同心スパイラルのセットです。」

「helixヘリックス」と「vortexボーテックス」という言葉は同じではないことを理解することが重要です。

それらは同義ではありません。

らせんは、円柱に巻き付けられた、ねじれたらせん状の経路です。
(例)
無限に長いパイプに巻かれたロープ。

それがバークランド電流の形です。

一方、渦もねじれたらせん状の経路ですが、円錐に巻かれたロープのようなものです。

それは有限の長さであり、無限に長くはありません。

すべての渦が、1つの点に集まります。

それらは、その多くが光年の長さであるバークランド電流のようではありません。

マークランド対流は、特定のクラスのバークランド電流で進行する物理的なプロセスです。

それは、相互作用するために存在する実際の荷電粒子と電場が存在するかどうかに依存します。

プロセスは形状とは大きく異なりますが、1つの形状は多くのプロセスになることもあります。

それでは、これらすべてを、らせん状の要素周期表と比較してみましょう。

これがウォルター・ラッセルの要素周期表です。

そして、これがドハティの要素周期表です。

見て-理解してください、波の山と波の谷の曲がりくねった蛇行を。

「私たちは皆、この電気的宇宙の電気の海に浮かぶ電気の生き物です。

もっと簡単に言えば、宇宙のすべてのものが他のすべてのものになろうとしていると言えるかもしれません;
そして、全ての、あらゆる状態が他のすべての状態になろうとしています。」

宇宙は確かにすべてのスケールで模倣されているようです、すべてが他のすべてになっています。

ジェームズ・クラーク・マクスウェル自身が素晴らしい幾何学者だったことを忘れないでください。

このカートグラファー(地図製作者)のスキルを見てください。

彼は地図製作者であり、その点で優れています。

私たちは皆、何らかの形でそれをマッピングしています。

そうです、基本的にマクスウェルの方程式を使用するホップ振動スピノールとツイスター理論。
そこに類似点を見てください。

英国の物理学者トニー・スカラミー、または少なくとも球電の構造であると理論付けられているスカラミオンに関する彼の研究について簡単に説明する必要があります。

「これらの物体は幾何学的観点からはかなり複雑である」とスージック博士は言います。

それらはインターロッキング(連動する)・リングの複雑なシステムに似ており、穴が粒子のような構造を形成しています。

特に興味深いのは、スカラミオンのトポロジー特性です、これらは歪んだり、伸びたり、絞られたりする可能性がありますが、ばらばらになることはありません。

この堅牢性は、科学者が利用することに最も関心を持っている特性の1つです。」

これが真実であり、これらの構造がドハティ・セット(集合)に固有である場合、これは、スカラミオンの動作の内部および外部の相互作用、および適用された組み合わせ論の無限の量を示すためのセットの予測力に、より信頼性を与えます。

これらの例が示すのは、正確な形状を示す磁気的および電磁的挙動です。

トロイダルノード(ドーナツ状結節)、フィラメント状の宇宙と考えることもできます。

それはすべて二重らせんですが、そのトロイダル構造のためにらせんであり、この考えはすべてのスケールに当てはまります。

「いわゆる自然の法則のほとんどは、それらの習慣です。」

イデアと記憶は、存在と形とともに、自己記述的な回路内に構築されます。

このフィールドはフォームを作成します。

この統合された情報システムのより高次の大きさは、カスケード形態共鳴、または形態形成場を構築します。

これらは、バリオン物質の構築や細胞の成長、そして生命システムの多様性と同じように、四元数です。

数学では、アーサー・ケイリーとレナードにちなんで名付けられたケーリー・ディクソン構造で、ディクソンは実数の体上に一連の代数を生成します、それぞれの代数は前の2倍の次元です。

フィラメントの内側にネスト(入れ子)され、そのフィラメントの内側にネスト(入れ子)されたフィラメントの数は、ケーリー・ディクソン構造です。

このネスティング(入れ子)の振る舞いは、同軸ケーブルとフィラメントも示しています。

話を戻すと、ブノワ・マンデルブロフラクタル革命があります、これは、フラクタルアンテナの導入により、電気通信とコンピューティングの時代に直接つながりました。

自然はフラクタルで、コミュニケーションはフラクタルで、電気はフラクタルです。

フラクタル、フィラメント、フレクエンシー(周波数)
― f f f.

音楽では、3つのfはフォルティッシモであり、非常に、非常に大きなという意味です。

私はそれが非常に適切だと思う、なぜなら、これはまさに世界への非常に大きなメッセージだからです。

すべてにフラクタリティがあります。私たちは対称性の破綻する存在です。

反復的、建設的、破壊的なフィードバックループは、コヒーレント高調波回路を内蔵しています。

別の言い方をすれば、エーテルの一貫性や意識は幾何学的であり、一連のフラクタル・フィードバック・ループで構成されています。

自己組織化システムとして、私たちの集積情報回路はインター-スケーラー(スケール間共有的)です。

これはゲシュタルト型の思考です―部分は全体に関連しており、全体は部分タイプの観念に関連しています。

幾何学、特にドハティ集合は、私たちの生活の中、日常の現象、そして人間の知識の進歩に学際的な役割を果たしています。

幾何学宇宙論の電気的宇宙モデルの重要な要素であることは自明である。
(^-^)

―――――――
We begin with a brief history of geometry.
まず、ジオメトリー(幾何学)の
簡単な歴史から始めます。

Why is it that within every great philosopher, astronomer, or scientist, there lies a great geometer?
すべての偉大な哲学者達、天文学者達、または科学者達
の中に、偉大な幾何学者達がいるのはなぜですか?

It seems that the geometer turns astronomer, or astronomer turns geometer, and vice versa.
幾何学者が天文学者に変わるか、
天文学者幾何学者に変わるか、
逆もまた然りに思えます。

The classic definition of geometer is a mathematician whose area of study is geometry.
幾何学者の古典的な定義は、
研究分野が幾何学である数学者です。

Now think about it.
今、それについて考えてください。

You have Plato and the Platonic solids;
the sound of the spheres or Musica Universalis;
and the theory of first-principle-geometry being taught that all atoms and material is formed out of nested Platonic solids spinning.
あなたはプラトンをご存知でしょう、
そして、プラトン(固体)正多面体があります;
球体の音、または宇宙の諧調;
そして、幾何学の第一原理の理論は、
すべての原子と物質が、回転する入れ子になった
プラトン固体(正多面体)から形成されると教えられています。

You have Archimedes and Archimedean solids as well as the Archimedean spirals.
あなたはアルキメデスをご存知でしょう、
そして、アルキメデスの立体、
およびアルキメデスの螺旋があります。

There are others, such as the pre-Socratic philosopher Anaxagoras from around 467 BCE who theorized his vortex motion of the Universe in his book, “The Nature of Things”.
他にも、紀元前467年頃のソクラテス以前の
哲学者アナクサゴラスのような者もいます、
彼は、著書「The Nature of Things(物事の本質)」で
宇宙の彼の渦の動きを理論化しました。

Johannes Kepler was a strong believer in geometry and tried to prove the five platonic solids must be related to the structure of the Universe.
ヨハネス・ケプラー幾何学を強く信じており、
5つの正多面体が宇宙の構造に関連しているに
違いないことを証明しようとしました。

This idea was announced in his cosmographic mystery published in 1596.
このアイデアは、1596年に公開された
彼の「宇宙の謎」で発表されました。

The mathematical study of vortices continues with James Clark Maxwell's vortex analogy of the electromagnetic field and Lord Calvin’s theory that atoms were vortex rings in an all-pervading ether.
渦の数学的研究は、
ジェームズ・クラーク・マクスウェルの電磁場の
渦のアナロジーと、原子はすべてに浸透している
エーテルの渦輪であるというカルバン卿の理論につながります。

There are so many more examples like Pythagoras, Euclid and the father of geometry, Apollonius of Perga.
ピタゴラスユークリッド、そして、
幾何学の父、ペルガのアポロニウスのように、
例は他にもたくさんあります。

It seems that the spiral shape is at the core of the structure of the Universe.
らせん状の形が
宇宙の構造の中核にあるようです。

The whirlpool or the water spiral is a part of worldwide folklore and it is a magical and religious symbol for the origins of life and energy.
ワールプール(渦潮)または
ウォーター・スパイラルは、
世界的な民間伝承の一部であり、
生命とエネルギーの起源を表す
魔法の宗教的なシンボルです。

Whirlpools are considered gates to the netherworlds.
ワールプール(渦潮)は、
冥界の世界への門と見なされます。

Ancient lore has it that whirlwinds provide circuitry for gods, demons and witches.
古代の伝承には、
旋風が神、悪魔、魔女に
回路を提供するというものがあります。

In the old testament, whirlwinds are described as a direct connection to us, mere mortals.
旧約聖書では、旋風は、
私たちただの人間との
直接のつながり、として説明されています。



For example, ”Then the Lord answered Job out of the whirlwind.”
たとえば、「それから、主は
旋風からヨブに答えました。」

And “Elijah went up by a whirlwind into heaven.”
そして「エリヤは、
旋風によって天国に上った。」

In 1835, here we have Eugenio Beltrami and the Beltrami vortex.
1835年には、ここには、
ユージニオ・ベルトラミと
ベルトラミ渦があります。

This is the geometry of what we in the Electric Universe refer to as Birkeland Currents.
これは、電気的宇宙で私たちが、
バークランド(=ビルケランド)電流と
呼んでいるものの幾何学です。

Also, what Don Scott did the math of a force-free field-aligned current and the same exact behavior as Marklund convection, as well as the German concept of the ether ”zitterbewegung”.
また、ドン・スコットが、
フォースフリーの(力から自由な)電界整列電流と
まったく同じ動作の、マークランド対流、
およびエーテル「ジッター・ヴェーワ・ガン」の
ドイツの概念の計算を行ったものでもあります。


In physics the zitterbewegung, jittery motion in German, is the predicted rapid oscillatory motion of elementary particles.
物理学では、ドイツ語で
「ジッター・ヴェーワ・ガン」と
呼ばれるジッター(ぎくしゃく)的動きは、
素粒子の予測される急速な振動運動です。

Speaking of electromagnetism being the primal organizer of elements along cylindrical coaxial filaments, will hop directly into artist Dr. Walter Russell’s work.
電磁気学が円筒形の同軸フィラメントに沿った
元素の主要なオーガナイザーであると言えば、
アーティストのウォルター・ラッセル博士の
仕事に直接飛び込むでしょう。

You can see the same, or similar things, as Birkeland Currents, and the multiple vortex of tornadic winds that Andy Hall describes in his “Eye of the Storm” series.
バークランド・カレント(=電流)と、
同じ、または類似したものを、
そして竜巻風の複数の渦として、
アンディ・ホールが説明している、
彼の「Eye of the Storm(嵐の目)」
シリーズで見ることができます。

We also have Viktor Schauberger's work, here showing longitudinal vortexes.
ヴィクトル・シャウバーガーの作品もあり、
ここでは縦方向の渦を示しています。

What's more is it's showing the double spiral longitudinal vortexes here.
さらに、ここでは二重らせん状の
縦方向の渦が表示されています。

Now observe the similarities of the Doherty set, even down to the toroidal construction of the double helical minimal energy filament itself.
ここで、二重らせん最小エネルギーフィラメント
自体のトロイダル構造に至るまで、
ドハティ・セット(=集合)の類似性を観察します。

So, what exactly is the Doherty set?
それでは、
ドハティ・セット(=集合)とは、
正確には何でしょうか?

The Doherty set is an emergent, first principle, magnetohydrodynamic geometry.
ドハティ・セット(=集合)は、1つの創発的な
第一原理の電磁流体力学幾何学です。

Magnetohydrodynamics is the study of the magnetic properties and behavior of electrically conducting fluids.
電磁流体力学は、
導電性流体の磁気特性と挙動の研究です。

Examples of such magnetofluids include plasmas, liquid metals, salt water and electrolytes.
このような磁気流体の例には、
プラズマ、液体金属、塩水、電解質が含まれます。

How can we validate what the Doherty set is?
ドハティ・セット(集合)が
何であるかをどのように検証できますか?

Easy, by using the inverse square law.
簡単です、
逆二乗の法則を使用することです。

The inverse square law shows that light, electromagnetic radiation, gravity, and electricity, all obey the same scaling rule.
逆二乗の法則は、光、電磁放射、重力、および電気が
すべて同じスケーリング規則に従うことを示しています。

The Doherty set is, among other things, a series of cascading spherical pressure gradients.
ドハティ・セット(=集合)は、
とりわけ、一連のカスケード球形圧力勾配です。

The projective super geometry is a simplex.
射影スーパージオメトリは
1つのシンプレックス(単体)です。

But it is nonetheless doing only one thing, which is repeating the initial Bessel function, iteratively, over and over again, like a beating drum, recursively building up progressive geometry, along an interconnected chain
―like so-called space-time or more accurately, a plasma fractal.
しかし、それにもかかわらず、それは、
ただ1つのことをしているだけで、
これは、最初のベッセル関数を、
鼓動するドラムのように反復的に、何度も何度も繰り返し、
相互接続されたチェーンに沿って
プログレッシブ(累進的)・ジオメトリを再帰的に構築しています
―いわゆる、「時‐空」、
より正確にはプラズマ・フラクタルのように。

Yes, Birkeland Currents are fractal.
はい、
バークランド電流はフラクタルです。

A fractal is a curve or geometric figure, each part of which has the same statistical character as the whole.
フラクタルは、
曲線または幾何学的図形であり、
その各部分は
全体と同じ統計的特性を持っています。

Fractals are useful in modeling structures, such as eroded coastlines, or snowflakes in which similar patterns recur at progressively smaller scales, and in describing partly random, or chaotic phenomena, such as crystal growth, fluid turbulence, and galaxy formation.
フラクタルは、侵食された海岸線や
雪片などの構造物のモデリングに役立ちます、
そこでは、同様のパターンが徐々に小さなスケールで繰り返され、
結晶成長、流体乱流、銀河形成などの部分的にランダム
または混沌とした現象を記述する際に繰り返されます。

The Doherty set can be thought of like the Mandelbrot set, but instead of exploring the complex and imaginary fields and fractions, this scalable geometry exposes plasma, or ether, or what mainstream cosmologists refer to as the just mentioned space time, to be fractal.
ドハティ・セット(集合)は、
マンデルブロ・セット(集合)のように
考えることができますが、
複雑で想像上のフィールドと分数を探索する代わりに、
このスケーラブルなジオメトリ(幾何学)は、
プラズマ、エーテル、または主流の宇宙論者達が、
今言及した「時‐空」と呼ぶものは、
フラクタルであることを暴露します。

Speaking of fractals, let's look at the Mueller set.
フラクタルと言えば、
ミューラー・セット(集合)を見てみましょう。

The Mueller fractal is the basis of global scaling developed by Hartmut Mueller.
ミューラー・フラクタルは、
ハルトムート・ミュラーによって開発された
グローバル(全球的)・スケーリングの基礎です。

We can observe the similarities here and how octaves as well as harmonies of sound also abide by similar scaling laws.
私達は、ここでの類似点と、
オクターブと音のハーモニーが
同様のスケーリング則を、
どのように順守しているかを観察できます。

So one might intuitively assume that fundamentally, on every scale there must exist this wave-nested-within-wave behavior and indeed, that is exactly what the Doherty set is.
したがって、基本的に、
すべてのスケールで、この波の中に
ネストされた動作が存在する必要があり、
実際、それがまさにドハティ・セット(集合)であると
直感的に推測することができます。

Is it possible, that in a Universe of electromagnetic induction, the Doherty set is the master key of electromagnetism itself?
電磁誘導の宇宙では、
ドハティ・セット(集合)が電磁気学自体の
マスターキーである可能性はありますか?

And in the big picture, perhaps the geometry of the Electric Universe model?
そして全体像では、おそらく
電気的宇宙モデルの幾何学

I met professor Donald E. Scott at the Thunderbolts EU 2017 conference, for the sole purpose of showing him my cartographs and geometry.
私はサンダーボルトEU2017会議でドナルド・E・スコット教授に会いました、
彼に私のカートグラフ(製作図)と幾何学を見せるという根底の目的のために。

Don was baffled and exclaimed that I discovered it before him, which we will find out.
ドンは困惑して叫びました、
私は彼の前にそれを発見しました、
そして、それは私たちが見つけるものだと。

Many people were on to this idea before us, so I then gave my whole body of work to Don Scott for a review and he said quote,
”Buddy, I have examined (I believe all) the links and YouTube videos you sent me.
多くの人が私たちの前でこのアイデアに取り組んでいたので、
私はそれから私の全体の仕事をレビューのために
ドン・スコットに渡しました、そして彼は言いました、
(引用)
「バディ、私はあなたが送ってくれたリンクと
YouTubeビデオを調べました(私はすべて見たと信じています)。

They are quite impressive because you are clearly able to include the wild complexity of what the interior structure of a Birkeland (force-free, field-aligned current) would look like, if we were able to get inside one.
バークランドの内部構造(力から自由な、電場整流電流)が、
どのように見えるかの野生の複雑さを明確に含むことができるので、
それらは非常に印象的です、
私たちが1つに入ることができたら。

”Nice work.”
"よい仕事です。"

I see that you are aware of the complex structure that my model says is inside a Birkeland Current.
なるほど、あなたは、
私のモデルがバークランド電流の
中にあると言う複雑な構造に気づいています。

But, in another sense the overall property is quite simple:
it is a set of concentric spirals whose pitch angle increases smoothly and continuously with radial distance.”
しかし、別の意味では、全体的な特性は非常に単純です:
それは、ピッチ角が半径方向の距離とともに
スムーズかつ連続的に増加する同心スパイラルのセットです。」

It is important to understand that the words ‘helix’ and ‘vortex’ are not the same.
「helixヘリックス」と「vortexボーテックス」
という言葉は同じではないことを理解することが重要です。

They are not synonymous.
それらは
同義ではありません。

A helix is a twisting spiral path, wrapped around a cylinder.
らせんは、円柱に巻き付けられた、
ねじれたらせん状の経路です。

Example.
A rope wound around an infinitely long pipe.
(例)
無限に長いパイプに巻かれたロープ。

That is the shape of a Birkeland Current.
それが
バークランド電流の形です。

On the other hand, a vortex is also a twisting spiral path, but it is like a rope wound around a cone.
一方、渦もねじれたらせん状の経路ですが、
円錐に巻かれたロープのようなものです。

It is a finite length, not infinitely long.
それは有限の長さであり、
無限に長くはありません。

All vortices come to a point.
すべての渦が、
1つの点に集まります。

They are not like a Birkeland Current, many of which are light years in length.
それらは、その多くが光年の長さである
バークランド電流のようではありません。

Marklund convection is a physical process that goes on in a certain class of Birkeland Current.
マークランド対流は、特定のクラスの
バークランド電流で進行する物理的なプロセスです。

It depends on there being actual charged particles and electric fields present to interact with each other.
それは、相互作用するために存在する実際の
荷電粒子と電場が存在するかどうかに依存します。

A process is very different from a shape, but a shape can also be many processes.
プロセスは形状とは大きく異なりますが、
1つの形状は多くのプロセスになることもあります。

Now, let's compare all of this to the spiral Periodic Table of Elements.
それでは、これらすべてを、
らせん状の要素周期表と比較してみましょう。

Here's Walter Russell's Periodic Table of Elements.
これが
ウォルター・ラッセルの要素周期表です。

And here is the Doherty Periodic Table of Elements.
そして、これが
ドハティの要素周期表です。

Have a look-see at the meandering of the wave crest and wave trough.
見て-理解してください、
波の山と波の谷の曲がりくねった蛇行を。

”We are all electric creatures floating in the electric sea of this electric universe.
「私たちは皆、この電気的宇宙の
電気の海に浮かぶ電気の生き物です。

In more simple words, we might say everything in the Universe is trying to become every other thing;
and every condition of everything is trying to become every other condition.”
もっと簡単に言えば、宇宙のすべてのものが
他のすべてのものになろうとしていると言えるかもしれません;
そして、全ての、あらゆる状態が
他のすべての状態になろうとしています。」

The Universe indeed seems to be mimicry on all scales, everything becoming everything else.
宇宙は確かにすべてのスケールで
模倣されているようです、
すべてが他のすべてになっています。

Lest we forget James Clark Maxwell himself was a great geometer.
ジェームズ・クラーク・マクスウェル自身が
素晴らしい幾何学者だったことを忘れないでください。

Just look at the skills of this cartographer.
このカートグラファー(製図作者)の
スキルを見てください。

He is a map maker and an excellent one at that.
彼は製図作者であり、
その点で優れています。

We are all mapping it out in one way or another.
私たちは皆、何らかの形で
それをマッピングしています。

Ah yes, hop vibrations spinors and twister theory which fundamentally use Maxwell's equations.
Look at the similarities there.
そうです、基本的にマクスウェルの方程式を使用する
ホップ振動スピノールとツイスター理論。
そこに類似点を見てください。

We have to do a brief on British physicist Tony Skyrme, or at least his work on skyrmions which are theorized to be the structure of ball lightning.
英国の物理学者トニー・スカラミー、
または少なくとも球電の構造であると理論付けられている
スカラミオンに関する彼の研究について簡単に説明する必要があります。

”These objects are quite intricate from a geometric point of view,” said Dr. Sugic.
「これらの物体は幾何学的観点からは
かなり複雑である」とスージック博士は言います。

They resemble a complex system of interlocking rings, with the hole forming a particle-like structure.
それらはインターロッキング(連動する)・リングの
複雑なシステムに似ており、
穴が粒子のような構造を形成しています。

What’s particularly interesting is the skyrmion's topological properties they can be distorted, stretched or squeezed, but will not come apart.
特に興味深いのは、スカラミオンのトポロジー特性です、
これらは歪んだり、伸びたり、絞られたりする
可能性がありますが、ばらばらになることはありません。

This robustness is one of the properties that scientists are most interested in exploiting.”
この堅牢性は、科学者が利用することに
最も関心を持っている特性の1つです。」

If this is true, and these structures are inherent in the Doherty set, this gives more credence to the predictive power of the set to show off the inner and outer interactions of skyrmion behavior, and a seemingly infinite amount of applied combinatorics.
これが真実であり、これらの構造が
ドハティ・セット(集合)に固有である場合、
これは、スカラミオンの動作の内部および外部の相互作用、
および適用された組み合わせ論の無限の量を示すための
セットの予測力に、より信頼性を与えます。

What these examples show, is magnetic and electromagnetic behavior exhibiting precise geometries.
これらの例が示すのは、
正確な形状を示す磁気的および電磁的挙動です。

We can even think of it as a toroidal node, a filamental Universe.
トロイダルノード(ドーナツ状結節)、
フィラメント状の宇宙と考えることもできます。

It is all double helical, but it is helical because of its toroidal construction, and this idea is true on all scales.
それはすべて二重らせんですが、
そのトロイダル構造のためにらせんであり、
この考えはすべてのスケールに当てはまります。

Most of the so-called laws of nature are habits.”
「いわゆる自然の法則のほとんどは、
それらの習慣です。」

Idea and memory is constructed within the self-descriptive circuit, along with being and form.
イデアと記憶は、存在と形とともに、
自己記述的な回路内に構築されます。

The field creates the form.
このフィールドは
フォームを作成します。

Higher order magnitudes of this integrated information system build up cascading morphic resonance, or morphogenetic fields.
この統合された情報システムのより高次の大きさは、
カスケード形態共鳴、または形態形成場を構築します。

These are quaternion, just like the construction of baryonic matter and cell growth, as well as multiplicity in living systems.
これらは、バリオン物質の構築や細胞の成長、
そして生命システムの多様性と同じように、四元数です。

In mathematics, the Cayley-Dickson construction named after Arthur Cayley and Leonard, Dixon produces a sequence of algebras over a field of real numbers, each with twice the dimension of the previous one.
数学では、アーサー・ケイリーとレナード(・ユージン)・ディクソンに
ちなんで名付けられたケーリー・ディクソン構造で、
ディクソンは実数の体上に一連の代数を生成します、
それぞれの代数は前の2倍の次元です。

The number of filaments, nested inside of filaments, nested inside of filaments, is a Cayley-Dickson construction.
フィラメントの内側にネスト(入れ子)され、
そのフィラメントの内側にネスト(入れ子)された
多くのフィラメントの数は、ケーリー・ディクソン構造です。

This nesting behavior is indicative of coaxial cables and filaments as well.
このネスティング(入れ子)の振る舞いは、
同軸ケーブルとフィラメントも示しています。

Getting back into it, we have Benoit Mandelbrot and the fractal revolution which directly led to the telecommunication and computing age with the introduction of fractal antennas.
話を戻すと、ブノワ・マンデルブロ
フラクタル革命があります、
これは、フラクタルアンテナの導入により、
電気通信とコンピューティングの時代に直接つながりました。

Nature is fractal, communication is fractal, electricity is fractal.
自然はフラクタルで、
コミュニケーションはフラクタルで、
電気はフラクタルです。

Think fractals, filaments, frequencies
– f f f.
フラクタル、フィラメント、フレクエンシー(周波数)
― f f f.

In music, three f’s is a fortissimo, meaning very, very loud.
音楽では、3つのfはフォルティシシモであり、
非常に、非常に大きなという意味です。

I find it very pertinent, because this is indeed a very loud message to the world.
私はそれが非常に適切だと思う、
なぜなら、これはまさに世界への
非常に大きな音のメッセージだからです。

There is a fractality to everything.
We are the break in the symmetry.
すべてにフラクタリティがあります。
私たちは対称性を破綻する存在です。

Iterative, constructive and destructive feedback loops integrate coherent harmonic circuitry.
反復的、建設的、破壊的なフィードバックループは、
コヒーレント高調波回路を内蔵しています。

Worded differently, coherence or consciousness in the ether is geometric and is composed of a series of fractal feedback loops.
別の言い方をすれば、エーテルの一貫性や意識は幾何学的であり、
一連のフラクタル・フィードバック・ループで構成されています。

As self-organizing systems, our integrated information circuitry is inter-scalar.
自己組織化システムとして、私たちの
集積情報回路はインター-スケーラー(スケール間共有的)です。

This is a gestalt-type of thinking – the parts are related to the whole and the whole is related to the parts type of ideation.
これはゲシュタルト型の思考です
―部分は全体に関連しており、
全体は部分タイプの観念に関連しています。

Geometry, and especially the Doherty set play an interdisciplinary role in our lives, everyday phenomena, and the progression of human knowledge.
幾何学、特にドハティ集合は、
私たちの生活の中、日常の現象、
そして人間の知識の進歩に学際的な役割を果たしています。

It is self-evident that geometry is a critical component of the Electric Universe model of cosmology.
幾何学宇宙論の電気的宇宙モデルの
重要な要素であることは自明である。
(^-^)

―――――――

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Michael Clarage・・ The Light of Life ・・ Thunderbolts マイケル・クララージュ・・いのちの光・・サンダーボルツ]


―――――― 
1920年代初頭、
ロシアのアレクサンドル・グルウィッチは
実験的にこのアイデアを探求していました、
すべての生命が形態形成場を放出し、
その場に埋め込まれていることを。

ある時点で、
彼は根の先端を保つように注意して
地面から2つのタマネギを取り出しました。

根の先端は有糸分裂の割合が最も高いため、
細胞は先端で最も速く分裂しています。

彼は1つの根の先端を
2番目の根の中央部分に向けました。

この2番目の根の中央部分の細胞は、
その後、はるかに速く分裂し始めました。

彼はさらに、
効果を遮断する実験を行い、
2つの間に障壁を置いて、
障壁が紫外線の波長の光を遮断すれば、
効果を止めることができることを発見しました。

これは、生きた細胞が光を発し、
この光が他の細胞の行動を直接変えることが
できることを示した最初の近代的な実験でした。

今日では、浜松光電子増倍管を購入し、
真っ暗な部屋に入り、
光電子増倍管をあなたの目に向けて、
あなたの目が発光していることを確認することができます。

生命系は紫外線から
低周波の電波(=ラジオ波)までを放射します。

異なる組織は、異なる時間、
および、異なる強度で、
異なる波長を放出する。

なぜこれは、
もっと明白ではないのですか?

ええ、私たちは皆、
誰かの目の光に気づいた事が有るので、
明白であると、私は主張します。

あるいは、あなたは、
「彼女の目は、自身で輝いている。」とか、
「あなたの目は、なんて輝いているのだろう。」
などと言った事が有ります。

もし、私たち全員が、
自分の経験をもっと信頼するなら、
科学はもっと早く進歩するでしょう。

生物が放つ光の量は、
毎秒数光子から毎秒数万、
または数十万光子まで、かなり異なります。

それは、本当に暗い夜に
鬱蒼とした森の中を歩く強度の範囲です。

しかし、どういうわけか
多くの夜行性の動物は普通に行動します。

このバイオライト
何をしているのですか?

次に、
いくつかの例を示します。

冬の間、
種は光を発しません。

雨が降り、気温が上昇すると、
土壌の静かな暗闇の中で、種子は緑色の光、
毎秒最大1万光子の光を放ち始めます。

別の例。

誰かを
暗い部屋に入れてください。

頭皮の髪の毛を少し剃り落とし、
視覚野の領域に対して光検出器を置きます。

ベースラインの
読み取り値を取得します。

その人に明るい光を想像してもらいます

あなたが光を想像するとき、
あなたの脳はより多くの光を放ちます。

人体全体からの発光は、
1年間にわたって定期的に記録されました。

夏は全身が明るくなり、
冬は最も暗くなります。

一日のうちでは、
太陽が天頂に達するにつれて
体は明るくなり、
昼が夜に移動するにつれて、
体は徐々に暗くなります。

体の中心から発せられる光は
最も一定に保たれ、
手と頭は最も変化を示します。

放出される色は、
緑を中心としていますが、
青と黄色にもなります。

しかし、手のひらの中心からの光は
もう少し青にシフトしています。

私たちの血液は
常に光を放っています。

より高い免疫応答を有する血液、
この場合、より多くの好中球を運ぶ血液は、
測定可能に高い光子数を有していました。

生物医学の視聴者に私たちの警告:
これはおそらく、
新しい診断技術を探すのに最適な領域です、
なぜならあなたは私たちの血によって放たれる色の複雑な虹が
私たちの有機体の絶え間なく変化する身体的および感情的な状態を
完全に反映していることを絶対に確信することができるからです。

個々の細胞に飛び込むと、
バイオフォトン
ミトコンドリアから微小管を通って移動します。

私が大学院にいた頃、
微小管が細胞によって、
細胞内で必要とされる場所に
物質を積極的に輸送するための高速道路として
使用されていることが観察されました。

そして今、私たちはそれらの細管は
光をも運んでいることを知っています。

また、単一のニューロン
可視光子の導波路として
機能することも発見しました。

ニューロンは電線として振る舞うだけでなく、
光ファイバーケーブルのようにも機能します。

光と電気は、
実は同じコインの両面なので、
私達は、おそらくそのコインが、
1つとして来るのを見るべきだったでしょう。

古い見方では、
生物学的システムに存在する光は、
単なるランダムな熱エネルギーでした。

そして、はい、
それはたくさんあります。

しかし今、私たちは、
特定の生物学的プロセスが、
特定の時間と場所で放出される
特定の周波数の光によって
開始されることがわかります。

光の生物学は、
分子の生物学と同じように
標準化されています。

我々は、
最後の 2つの実験までやってきました。

私の次点のお気に入りは、
あなたが明るい光の中にいるとき、
あなたの脳はより多くの光子を
放出するという事実に基づいています。

人を二人
連れてきます。

彼らを、弱い振動磁場を放射する
アンテナと一緒に同じ部屋に置きます。

その後、1人目は部屋にとどまります、
一方、2人目は真っ暗な2番目の部屋に行きます。

一人目に、
明るい光を当てます。

2人目の人の脳は、直ぐに
より多くのバイオフォトンを放出します。

これは、2人が
最初に同じ振動磁場の中にいるという
経験を共有した場合にのみ機能しました。

私は6ヶ月以上前にこの論文を読んで、
私はまだそれが何を意味するのか疑問に思っています。

私の最も好きな実験を見る前に、
少し議論しましょう。

生命は光を放つ。

場合によっては、
光が有糸分裂を開始するなどの
特定の作業を行っているのがわかります。

もし人間が夜行性の生き物だったら、
これはすべて明らかでしょう、
明るさは、月のない夜の
森の明るさとほぼ同じだからです。

私たちは目から光を放ちます;
私たちの下の地面は、
根の有糸分裂の紫外線で輝いています。

古典的な曲がり(嗜好)を持つ人にとっては、
「またもや、プラトンは正しかった?」
と言うかもしれません。

プラトンは、人間の視覚では、
光は私たちの目から出て、
物体から来る光と混ざり合い、その組み合わせは
私たちが見るものをもたらすと言いました。

今、私たちは、
私たちの目が光を放つ、
という証拠を持っています。

物理学者にとって、
これはすべての受信機も送信機であるため、
常に明白な可能性でした。

ラジオ波(=無線)アンテナは、
信号を送信したり、
同じ信号を受信したりできます。

それは両方の方法で
働かなければなりません。

網膜細胞内のロドプシン分子は
可視光を吸収することができる。

したがって、それらはまた、
同じ可視光を放出することができなければならない。

わたしたちの目から出てくる光が、
入ってくる光と混ざり合うのはなぜでしょうか?

これに答えるために、私たちは
耳がどのように機能するかを見ることができます。

何十年も前、私たちの耳は
音を発することがわかりました。

これは興味深い奇妙さ
として棚上げされました、
誰かがそれには、
何らかの目的もきっと無い、
ということを疑問に思うまで。

その結果、耳は、
信号のキャンセルと信号増強を
積極的に生み出す目的で
音を発することを発見しました。

混雑した部屋で、
1つの会話に集中できるのがどうしてなのか
か疑問に思ったことはありませんか?

数フィート離れている、
他の誰かの会話でさえも?

これは、ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンと
同じ原理ですが、聴覚系は、聞きたい声が、
どこにあるかを何らかの形で知っているため、
(ヘッドフォンよりも)数光年進んでいます。

どのくらい離れているかは;
音があなたの2つの耳の間の距離を
移動するのにどれくらいの時間がかかるか?です。

そしてリアルタイムで、
部屋の音が変化し続けるにつれて、
あなたの鼓膜は他のすべてを減らし、
あなたが聞きたい特定の声を強化する音信号を発します。

同じことが、
あなたのビジョンでも起こっています。

私はまだ研究を見つけていませんが、
それはすぐに来るでしょう。

光の生物学は、
学校で学んだ生物学とどう違うのですか?

100年前、人々は生物学を
化学的なプロセスとして
あまり考えていませんでした。

しかし、この講義を聞いているすべての人は、
生化学のパラダイムの中で教育を受けました。

私達は、生物学は、
化学的なプロセスにすぎないと教えられました。

バイオ・ケミストリー(生化学)とは、
どういう意味でしょうか?

新しいリボソームなど、
その機械の新しいビットを
構築する必要がある細胞の例を考えてみましょう。

リボソームは、
細胞が必要とする他のすべてのタンパク質を
構築するために細胞が使用する主要な機械です。

これには、原料、酵素
エネルギー源が必要です。

新しいリボソームがほぼ完成し、
最後のビットだけを取り付ける
必要があると想像してください。

最後に必要なタンパク質がそこにあり、
ぶら下がっています。

この最終的な付着に必要な
正確な酵素もたまたまそこにあり、
そして、ATP分子もぶら下がっていて、
それからそれらはすべて一緒になります。

エネルギーは、
ATP分子から放出され、
酵素を通って移動し、
リボソームの最後のビットが加えられる。

生化学が素晴らしいのは、
生化学者がこの建設ストーリーのすべてのプレーヤーと、
他の1000人のプレーヤーを解明し、それぞれのケースで、
必要なエネルギー量を測定したからです。

さて、光と電気を加えた話を
もう一度お話ししましょう。

ATPから
「エネルギーが解放される」とは、
どういう意味ですか?

電子軌道が壊れ、
再配置されます。

これは、
電流の変化です。

この電流の変化は、
光を放ちます、
ちょうどラジオ波(=無線)アンテナが
電流の変化に応じて光を発するように。

ATPから放出されたこの光のビットは、
酵素と呼ばれる光伝導体を通過し、
そして、ほぼ完成したリボソーム上の
電流を再調整するために使用されます。

アーク溶接を
考えてみてください。

これらの変化は、
私たちがそれを見る目を持っていたら、
火花と波打つ虹のように見えるでしょう。

光なしに化学変化を
起こすことはできません。

電流が変化すると、
光が生まれます。

光が吸収されると、
電流が変化します。

光電流と電流は同じコインの両面です:
それらは互いに対応するエネルギーと物質です。

有機生命を、よりよく理解するためには、
それを世界の中の世界の階層として見る必要があります。

光のかけらは、
分子と同じではありません。

分子は、
細胞と同じではありません。

細胞は、
人体と同じではありません。

これらはすべて、
サイズと特性が大きく異なる世界です。

しかし、これらすべての世界は、
相互に浸透し、互いに影響し合っています。

細胞や化学物質、光や電気が、
なければ有機生命はあり得ず、
細胞は、生態系や地球全体と
太陽なしでは生きていけません。

この階層は、すべてのレベルが通信し、
エネルギーと情報を交換するため、
一緒に保持されます。

タマネギから始めて、
はしごを降りてみましょう。

タマネギは、
生きています。

生きているタマネギの中では、
根が成長しています。

成長する根の中では、
細胞が分裂しています。

分裂する細胞の中では、
大量の化学変化が起こっています。

それらの化学変化には、
電流があり、
そして、電流を変化させるものからは
紫外光が放射される。

この紫外光が第2の根に吸収されると、
プロセス全体を逆に回転させ、
急速な細胞分裂に必要な、
急速な化学再構成に必要な、
急速に変化する電流を引き起こし、
そして第2のタマネギの根が成長し始めます。

根細胞はあらゆるものの
伝達者と受け手の両方であり、
根は行うことができます。

一般に、
いずれかのレベルで問題が発生した場合、
すべてのレベルに影響します。

私の細胞内の分子プロセスで
何かがうまくいかない場合、
私はそれを病気として経験します。

分子の世界は、
自分自身を人に知らしめる。

あるいは、人全体が、
しつこいネガティブな考えや、
無駄な恐怖などの
不健康な行動をとっているかも知れません、
これは必然的にトリクルダウンして(流れ落ちて行き)、
一部の細胞で分子活性の乱れを引き起こします。

はしごを上下する
相互接続のこの見方で、
私たちは今、視野を広げ、
規模をさらに見上げましょう、
もし多くの人々が
不健康な活動に従事しているなら、
これは、病気を引き起こすために、
それぞれの方法で動作する必要があります、
どんな大きなグループが存在するにせよ、
それが家族であろうと、
ひとつの国であろうと、
あるいはすべて一緒になった
地球上のすべての生命であろうとも。

惑星レベルで何かが間違っているのではないかと、
もし私たちがそれを想像できるなら、
別の道を進んで行きます、
そうすれば、それは人類に
降り注ぐ道を見つけなければなりません。

必ずしも、一人一人を
病気にするわけではありませんが、
世界中で現れたり消えたりする病気の傾向の
変化を引き起こすことは間違いありません。

私たちの、
はしごは今、地球全体から
個々の光子まで伸びています、
そして、DNAのバイオフォトンを含む、
私のナンバーワンの
お気に入りの実験の準備ができています。

ルーク・モンタニエの研究室は、
DNAから放射されるラジオ波(=無線)周波数を研究していました。

本当に気の遠くなるような
一連の実験の最後に、
彼らはDNAの文字列を
水の入ったバイアルに入れ、
バイアルを様々なラジオ波(=無線)周波数で刺激しました。

次に、DNAを
フィルタリングします。

これは水だけを残しますが、
水は現在、ラジオ波(=無線)周波数を放射しています、
それはどういうわけかDNAから得たものです。

水の入ったバイアルの周りにアンテナを置き、
その信号を数マイル離れた別の研究室に送ります。

この別のラボでは、
水とDNAのすべての個々の
ビルディングブロックを含む
2番目の試験管があります。

信号を2番目のバイアルに
ブロードキャストします。

数時間で、元のDNA鎖が
2番目のバイアルに構築されます。

魔法のように聞こえますし、
私もそうだと思いますが、
しかし、それはまた、実験データでもあります。

水は、
ラジオ波(=無線)周波数信号を保持することができ、
これは原料からDNA配列を
再構築するために使用することができる。

これらの結果をさらに探求するために、
まったく新しい研究所が設置される事を願っています。

ルーク・モンタニエには、
多くの崇拝者と、
多くの敵がいます。

人生で多くのことを成し遂げる
人々によく起こるように、
昨年の彼の死の直前に、
彼は世界中で展開されていた新しい治療法の
いくつかの明白な問題をあえて指摘したために
キャンセルされるという仕打ちがありました。

したがって、彼と関係のあるものは、
すべて将来の歴史から消去される可能性があります。

この実験で、
最も効果があった周波数はどれですか?

結果は、最初のストランドが、
7ヘルツ、14ヘルツ、または28ヘルツの
ラジオ波(=無線)信号で通電されたとき、最も明確でした。

もちろん、これらは
シューマン共鳴として知られる
地球の電気体全体の共振周波数です。

それは、
もう一度言う価値があります:
地球の電気体全体が
7、14、28ヘルツで最も大きく振動します。

これらは、実験中のDNAが、
水を通してその情報を最もよく伝えて、
自分自身を再構築することを
可能にするのと同じ周波数です。

これが事故だと
考えるのは馬鹿げている。

地球の電気体と、
私たち一人一人のDNAとの間の、
この明白なつながりは、
私をさせます....静かに。

教会や圧倒的に美しい風景の中で
静かになることがある様に。

この時点で、詩は、
実験科学と出会う。

この両者の架け橋は、
長いように思えるが、否定できない。

アンテナは
両方の方法で機能します。

地球の電気体全体は、
すべてのDNAの中のすべての振動、
すべての生き物、彼女の中で展開された
すべての永遠にわたるすべての振動の
発信者と受信者の両方です。

あなたの内側には、
送信者と受信者の両方である
1兆個のアンテナがあります、
私たちの母なる地球の
長い全体に含まれるすべての愛と知恵の。

これで十分ですが、
まだ終わっていません。

単純な物理学では、アンテナの長さは、
アンテナが吸収して放出する
波の大きさに匹敵します。

あなたの車のAMラジオアンテナは、
ラジオ局から発信されている
AM電波の4分の1の大きさです。

私たちのDNAが吸収と放出の
両方を行うアンテナであることを
すでに実験的に検証しているので、
私たちはDNAの長さはどれくらいか、
その波長を放送する局は
あるのかと尋ねるかもしれません。

あなたの細胞の1つのDNAは、
おおよそあなた自身の身長に展開しますが、
これは注目すべきつながりです、
人間ほどの大きさの生物は、
受胎から死に至るまで、
一生に必要なすべての情報を
適切に送受信するために、
ほぼ同じ大きさのアンテナを必要とします。

しかし、すべての細胞内の、
すべてのDNAの合計の長さ
についてはどうでしょうか?

その合計の長さは、
私たちの太陽系全体のサイズです。

私たちの中に、結合された長さが、
たまたま正しいサイズのアンテナがあります、
太陽の全身、惑星、すべての彗星、
さらにはヘリオポーズ(太陽圏)に共鳴する。

誰がそんなことを
信じることができるでしょうか?

太陽系全体の中で、人の生命が、
どの様にして関係が持てるのでしょうか?

しかし、はしごは壊れていないので、
つながりはそこになければなりません。

私たちの誰かが意識的に、
これらの信号を受け取ることができるかどうか、
または意図的に太陽系全体に
放送することができるかどうか。

それは良い質問です、私はそれが、
非常に重要な質問だとあえて言います。(^-^)
―――――――――― 
In the early 1920s, Alexander Gurwitch in Russia was experimentally exploring the idea that all life emits, and is embedded in, a morphogenic field.
1920年代初頭、
ロシアのアレクサンドル・グルウィッチは
実験的にこのアイデアを探求していました、
すべての生命が形態形成場を放出し、
その場に埋め込まれていることを。

At one point he took two onions out of the ground careful to preserve their root tips.
ある時点で、
彼は根の先端を保つように注意して
地面から2つのタマネギを取り出しました。

Because the root tip has the highest rate of mitosis, the cells are dividing fastest at the tip.
根の先端は有糸分裂の割合が最も高いため、
細胞は先端で最も速く分裂しています。

He pointed the tip of one root at the middle section of a second root.
彼は1つの根の先端を
2番目の根の中央部分に向けました。

The cells in that middle section of the second root then started to divide much faster.
この2番目の根の中央部分の細胞は、
その後、はるかに速く分裂し始めました。

He further experimented with blocking the effect and found that if he put a barrier between the two, he could stop the effect, if the barrier blocked ultraviolet wavelengths of light.
彼はさらに、
効果を遮断する実験を行い、
2つの間に障壁を置いて、
障壁が紫外線の波長の光を遮断すれば、
効果を止めることができることを発見しました。

Here was the first modern experiment, showing that living cells emit light, and that this light can directly change the behavior of other cells.
これは、生きた細胞が光を発し、
この光が他の細胞の行動を直接変えることが
できることを示した最初の近代的な実験でした。

Today you can verify that your eyes emit light, by purchasing a Hamamatsu photo-multiplier and going into a completely dark room and pointing the photomultiplier at your eye.
今日では、浜松光電子増倍管を購入し、
真っ暗な部屋に入り、
光電子増倍管をあなたの目に向けて、
あなたの目が発光していることを確認することができます。

Living systems emit light from ultraviolet to very low frequency radio waves.
生命系は紫外線から
低周波の電波(=ラジオ波)までを放射します。

Different tissues emit different wavelengths at different times and at varying intensities.
異なる組織は、異なる時間、
および、異なる強度で、
異なる波長を放出する。

Why is this not more obvious?
なぜこれは、
もっと明白ではないのですか?

Well, I would argue that it is, since we've all noticed the light in someone's eyes.
ええ、私たちは皆、
誰かの目の光に気づいた事が有るので、
明白であると、私は主張します。

Or have said things like, ‘she has a glow about her’, or ’you were simply radiant’.
あるいは、あなたは、
「彼女の目は、自身で輝いている。」とか、
「あなたの目は、なんて輝いているのだろう。」
などと言った事が有ります。

If we would all trust our own experience more, then science could progress much faster.
もし、私たち全員が、
自分の経験をもっと信頼するなら、
科学はもっと早く進歩するでしょう。

The amount of light given off by creatures varies quite a bit - from a few photons per second to tens of thousands or hundreds of thousands per second.
生物が放つ光の量は、
毎秒数光子から毎秒数万、
または数十万光子まで、かなり異なります。

That places the intensity in the range of walking in a dense forest at night when things are really dark.
それは、本当に暗い夜に
鬱蒼とした森の中を歩く強度の範囲です。

But somehow plenty of nocturnal animals do just fine.
しかし、どういうわけか
多くの夜行性の動物は普通に行動します。

What is this bio light doing?
このバイオライト
何をしているのですか?

Here are a few examples.
次に、
いくつかの例を示します。

Over the winter a seed will not emit any light.
冬の間、
種は光を発しません。

As the rain falls and the temperatures rise, in the quiet darkness of the soil the seeds start emitting light, green light, up to ten thousand photons per second.
雨が降り、気温が上昇すると、
土壌の静かな暗闇の中で、種子は緑色の光、
毎秒最大1万光子の光を放ち始めます。

Another example.
別の例。

Put someone in a dark room.
誰かを
暗い部屋に入れてください。

Shave off a bit of the hair on the scalp, and place a photo detector against the area of the visual cortex.
頭皮の髪の毛を少し剃り落とし、
視覚野の領域に対して光検出器を置きます。

Take a baseline reading.
ベースラインの
読み取り値を取得します。

Ask the person to imagine a bright light

  • the photon count will immediately shoot up.

その人に明るい光を想像してもらいます

Your brain gives off more light, when you imagine light.
あなたが光を想像するとき、
あなたの脳はより多くの光を放ちます。

The light emissions from the entire human body were recorded periodically over the course of a year.
人体全体からの発光は、
1年間にわたって定期的に記録されました。

The entire body brightens in the summer and is darkest in the winter.
夏は全身が明るくなり、
冬は最も暗くなります。

Within a single day the body brightens as the Sun goes to its zenith, then the body gradually dims, as the day moves to night.
一日のうちでは、
太陽が天頂に達するにつれて
体は明るくなり、
昼が夜に移動するにつれて、
体は徐々に暗くなります。

The light emitted from the center of the body stays the most constant, while the hands and the head show the most variation.
体の中心から発せられる光は
最も一定に保たれ、
手と頭は最も変化を示します。

The colors emitted are centered around green, but go to blue and yellow.
放出される色は、
緑を中心としていますが、
青と黄色にもなります。

But the light from the center of the palms is shifted slightly more to the blue.
しかし、手のひらの中心からの光は
もう少し青にシフトしています。

Our blood is constantly emitting light.
私たちの血液は
常に光を放っています。

Blood that had a higher immune response, in this case carrying more neutrophils, had a measurably higher photon count.
より高い免疫応答を有する血液、
この場合、より多くの好中球を運ぶ血液は、
測定可能に高い光子数を有していました。

To our alert biomedical viewers:
this is probably the best area to look for new diagnostic techniques, as you can be absolutely certain that the complex rainbow of colors given off by our blood perfectly reflects the ever-changing physical and emotional state of our organism.
生物医学の視聴者に私たちの警告:
これはおそらく、
新しい診断技術を探すのに最適な領域です、
なぜならあなたは私たちの血によって放たれる色の複雑な虹が
私たちの有機体の絶え間なく変化する身体的および感情的な状態を
完全に反映していることを絶対に確信することができるからです。

Diving into individual cells, biophotons travel from mitochondria through microtubules.
個々の細胞に飛び込むと、
バイオフォトン
ミトコンドリアから微小管を通って移動します。

When I was in graduate school, it was just observed that microtubules were used by cells as highways to actively transport materials to where they were needed in the cell.
私が大学院にいた頃、
微小管が細胞によって、
細胞内で必要とされる場所に
物質を積極的に輸送するための高速道路として
使用されていることが観察されました。

And now we know that those tubules are also carrying light.
そして今、私たちはそれらの細管は
光をも運んでいることを知っています。

We've also found that single neurons act as wave guides for visible light photons.
また、単一のニューロン
可視光子の導波路として
機能することも発見しました。

Neurons not only behave as electrical wires, but also act like fiber optic cables.
ニューロンは電線として振る舞うだけでなく、
光ファイバーケーブルのようにも機能します。

Light and electricity are really two sides of the same coin, so we probably should have seen that one coming.
光と電気は、
実は同じコインの両面なので、
私達は、おそらくそのコインが、
1つとして来るのを見るべきだったでしょう。

In the old picture, any light present in biological systems was just the random thermal energy.
古い見方では、
生物学的システムに存在する光は、
単なるランダムな熱エネルギーでした。

And yes, there's plenty of that.
そして、はい、
それはたくさんあります。

But now we see that specific biological processes are initiated by specific frequencies of light which are emitted at specific times and places.
しかし今、私たちは、
特定の生物学的プロセスが、
特定の時間と場所で放出される
特定の周波数の光によって
開始されることがわかります。

The biology of light is just as regulated as the biology of molecules.
光の生物学は、
分子の生物学と同じように
標準化されています。

We're down to the final two experiments.
我々は、
最後の 2つの実験までやってきました。

My runner-up favorite is based upon the fact that when you are in bright light, your brain emits more photons.
私の次点のお気に入りは、
あなたが明るい光の中にいるとき、
あなたの脳はより多くの光子を
放出するという事実に基づいています。

Take two people.
人を二人
連れてきます。

Place them in the same room along with an antenna which emits a weak oscillating magnetic field.
彼らを、弱い振動磁場を放射する
アンテナと一緒に同じ部屋に置きます。

Person One then stays in the room while Person Two goes to a second room which is completely dark.
その後、1人目は部屋にとどまります、
一方、2人目は真っ暗な2番目の部屋に行きます。

Shine a bright light on the first person.
一人目に、
明るい光を当てます。

The second person's brain will immediately emit more biophotons.
2人目の人の脳は、直ぐに
より多くのバイオフォトンを放出します。

This only worked if the two people first shared the experience of being in the same oscillating magnetic field.
これは、2人が
最初に同じ振動磁場の中にいるという
経験を共有した場合にのみ機能しました。

I read this paper over six months ago and I'm still wondering what it means.
私は6ヶ月以上前にこの論文を読んで、
私はまだそれが何を意味するのか疑問に思っています。

Before looking at my favorite experiment, let's discuss things a little.
私の最も好きな実験を見る前に、
少し議論しましょう。

Life emits light.
生命は光を放つ。

In some cases, we see the light is doing specific work, such as initiating mitosis.
場合によっては、
光が有糸分裂を開始するなどの
特定の作業を行っているのがわかります。

If humans were nocturnal creatures this would all be obvious, as the luminosities are roughly that of a forest on a moonless night.
もし人間が夜行性の生き物だったら、
これはすべて明らかでしょう、
明るさは、月のない夜の
森の明るさとほぼ同じだからです。

We have light shooting out of our eyes; the ground below us is radiant with the ultraviolet light of root mitosis.
私たちは目から光を放ちます;
私たちの下の地面は、
根の有糸分裂の紫外線で輝いています。

For those with a classical bent, you might be saying, ”Plato was right, once again?”
古典的な曲がり(嗜好)を持つ人にとっては、
「またもや、プラトンは正しかった?」
と言うかもしれません。

Plato said that in human vision light goes out from our eyes and blends with the light coming from objects and the combination results in what we see.
プラトンは、人間の視覚では、
光は私たちの目から出て、
物体から来る光と混ざり合い、その組み合わせは
私たちが見るものをもたらすと言いました。

Now we have proof that our eyes emit light.
今、私たちは、
私たちの目が光を放つ、
という証拠を持っています。

To a physicist this was always an obvious possibility since all receivers are also transmitters.
物理学者にとって、
これはすべての受信機も送信機であるため、
常に明白な可能性でした。

A radio antenna can send a signal, or receive the same signal.
ラジオ波(=無線)アンテナは、
信号を送信したり、
同じ信号を受信したりできます。

It has to work both ways.
それは両方の方法で
働かなければなりません。

The rhodopsin molecules in the retinal cells can absorb visible light.
網膜細胞内のロドプシン分子は
可視光を吸収することができる。

Therefore, they must also be able to emit the same visible light.
したがって、それらはまた、
同じ可視光を放出することができなければならない。

Why might the light coming from our eyes blend with the light coming in?
わたしたちの目から出てくる光が、
入ってくる光と混ざり合うのはなぜでしょうか?

To answer this, we can look at how the ears work.
これに答えるために、私たちは
耳がどのように機能するかを見ることができます。

Decades ago, it was found that our ears emit sound.
何十年も前、私たちの耳は
音を発することがわかりました。

This was shelved as an interesting oddity, until someone wondered if there might not be some purpose to it.
これは興味深い奇妙さ
として棚上げされました、
誰かがそれには、
何らかの目的もきっと無い、
ということを疑問に思うまで。

They found that the ears emit sound for the purpose of actively producing signal canceling and signal enhancement.
その結果、耳は、
信号のキャンセルと信号増強を
積極的に生み出す目的で
音を発することを発見しました。

Ever wonder how it is in a crowded room you are capable of focusing in on one conversation?
混雑した部屋で、
1つの会話に集中できるのがどうしてなのか
か疑問に思ったことはありませんか?

Even someone else's conversation, several feet away?
数フィート離れている、
他の誰かの会話でさえも?

It's the same principle as the noise-cancelling headphones but several light years more advanced, as your auditory system somehow knows where is the voice you want to hear.
これは、ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンと
同じ原理ですが、聴覚系は、聞きたい声が、
どこにあるかを何らかの形で知っているため、
(ヘッドフォンよりも)数光年進んでいます。

How far away is it;
how long does it take for the sound to travel the distance between your two ears.
どのくらい離れているかは;
音があなたの2つの耳の間の距離を
移動するのにどれくらいの時間がかかるか?です。

And then in real time, as the sounds in the room keep changing, your eardrums emit a sound signal that will reduce everything else and enhance the particular voice you want to hear.
そしてリアルタイムで、
部屋の音が変化し続けるにつれて、
あなたの鼓膜は他のすべてを減らし、
あなたが聞きたい特定の声を強化する音信号を発します。

The same is happening with your vision.
同じことが、
あなたのビジョンでも起こっています。

I've not found the research yet, but it will come along soon enough.
私はまだ研究を見つけていませんが、
それはすぐに来るでしょう。

How is the biology of light different from the biology we learned in school?
光の生物学は、
学校で学んだ生物学とどう違うのですか?

One hundred years ago, people did not much think of biology as a chemical process.
100年前、人々は生物学を
化学的なプロセスとして
あまり考えていませんでした。

Yet everyone listening to this lecture was educated inside the biochemistry paradigm.
しかし、この講義を聞いているすべての人は、
生化学のパラダイムの中で教育を受けました。

We were taught that biology is only a chemical process.
私達は、生物学は、
化学的なプロセスにすぎないと教えられました。

What do we mean by biochemistry?
バイオ・ケミストリー(生化学)とは、
どういう意味でしょうか?

Take the example of a cell needing to build out some new bits of its machinery, such as a new ribosome.
新しいリボソームなど、
その機械の新しいビットを
構築する必要がある細胞の例を考えてみましょう。

Ribosomes are the primary machinery that cells use to build all the other proteins the cell needs.
リボソームは、
細胞が必要とする他のすべてのタンパク質を
構築するために細胞が使用する主要な機械です。

This requires raw material, enzymes and an energy source.
これには、原料、酵素
エネルギー源が必要です。

Imagine the new ribosome is almost completed and just a final bit needs to be attached.
新しいリボソームがほぼ完成し、
最後のビットだけを取り付ける
必要があると想像してください。

The final required bit of protein is there, hanging around.
最後に必要なタンパク質がそこにあり、
ぶら下がっています。

The precise enzyme needed for just this final attachment also happens to be there, and the ATP molecule is also hanging around, and then they all come together.
この最終的な付着に必要な
正確な酵素もたまたまそこにあり、
そして、ATP分子もぶら下がっていて、
それからそれらはすべて一緒になります。

Energy is released from the ATP molecule, travels through the enzyme and the final bit of ribosome is added.
エネルギーは、
ATP分子から放出され、
酵素を通って移動し、
リボソームの最後のビットが加えられる。

Biochemistry is great because biochemists have worked out all the players in this construction story and a thousand others, and have measured the amount of energy needed in each case.
生化学が素晴らしいのは、
生化学者がこの建設ストーリーのすべてのプレーヤーと、
他の1000人のプレーヤーを解明し、それぞれのケースで、
必要なエネルギー量を測定したからです。

Now, let's retell the story adding light and electricity.
さて、光と電気を加えた話を
もう一度お話ししましょう。

What do we mean by ’energy is released’ from the ATP?
ATPから
「エネルギーが解放される」とは、
どういう意味ですか?

Electron orbits are broken, rearranged.
電子軌道が壊れ、
再配置されます。

This is a change in electric currents.
これは、
電流の変化です。

This change in electric currents emits light, just as the radio antenna emits light as the electric current is changed.
この電流の変化は、
光を放ちます、
ちょうどラジオ波(=無線)アンテナが
電流の変化に応じて光を発するように。

This bit of light emitted by the ATP travels through the optical conductor called enzyme, and is used to rearrange electric currents on the almost finished ribosome.
ATPから放出されたこの光のビットは、
酵素と呼ばれる光伝導体を通過し、
そして、ほぼ完成したリボソーム上の
電流を再調整するために使用されます。

Think arc welding.
アーク溶接を
考えてみてください。

These changes would look like sparks and rippling rainbows, if we had the eyes to see it.
これらの変化は、
私たちがそれを見る目を持っていたら、
火花と波打つ虹のように見えるでしょう。

You cannot have chemical changes without light.
光なしに化学変化を
起こすことはできません。

When electric currents change, light is produced.
電流が変化すると、
光が生まれます。

When light is absorbed, electric currents change.
光が吸収されると、
電流が変化します。

Light and electric currents are two sides of the same coin:
they are the energy and the matter corresponding to each other.
光電流と電流は同じコインの両面です:
それらは互いに対応するエネルギーと物質です。

To better understand organic life, we need to see it as a hierarchy of worlds within worlds.
有機生命を、よりよく理解するためには、
それを世界の中の世界の階層として見る必要があります。

A piece of light is not the same as a molecule.
光のかけらは、
分子と同じではありません。

A molecule is not the same as a cell.
分子は、
細胞と同じではありません。

A cell is not the same as a human body.
細胞は、
人体と同じではありません。

These are all worlds of vastly different sizes and properties.
これらはすべて、
サイズと特性が大きく異なる世界です。

Yet, all these worlds interpenetrate one another and influence each other.
しかし、これらすべての世界は、
相互に浸透し、互いに影響し合っています。

We could not have organic life without cells, or without chemicals, or without light and electricity, nor could cells live without ecosystems, and the whole earth and the Sun.
細胞や化学物質、光や電気が、
なければ有機生命はあり得ず、
細胞は、生態系や地球全体と
太陽なしでは生きていけません。

This hierarchy holds together because all the levels communicate, and exchange energy and information.
この階層は、すべてのレベルが通信し、
エネルギーと情報を交換するため、
一緒に保持されます。

Starting with the onion, let's step our way down the ladder.
タマネギから始めて、
はしごを降りてみましょう。

An onion is living.
タマネギは、
生きています。

Inside the living onion, the root is growing.
生きているタマネギの中では、
根が成長しています。

Inside the growing root, cells are dividing.
成長する根の中では、
細胞が分裂しています。

Inside the dividing cells, loads of chemical changes are happening.
分裂する細胞の中では、
大量の化学変化が起こっています。

In those chemical changes are electric currents, and from those changing electric currents, ultraviolet light is emitted.
それらの化学変化には、
電流があり、
そして、電流を変化させるものからは
紫外光が放射される。

When this ultraviolet light is absorbed by a second root, this initiates the whole process in reverse, causing rapidly changing electric currents, needed for rapid chemical rearrangements, needed for rapid cell division, and the root of the second onion begins to grow.
この紫外光が第2の根に吸収されると、
プロセス全体を逆に回転させ、
急速な細胞分裂に必要な、
急速な化学再構成に必要な、
急速に変化する電流を引き起こし、
そして第2のタマネギの根が成長し始めます。

Root cells are both transmitters and receivers of everything, roots are capable of doing.
根細胞はあらゆるものの
伝達者と受け手の両方であり、
根は行うことができます。

In general, if there's a problem at any one level, it affects all the levels.
一般に、
いずれかのレベルで問題が発生した場合、
すべてのレベルに影響します。

If some- thing goes wrong with a molecular process in my cells, I experience that as ill health.
私の細胞内の分子プロセスで
何かがうまくいかない場合、
私はそれを病気として経験します。

The molecular world makes itself known to a person.
分子の世界は、
自分自身を人に知らしめる。

Or the whole person might engage in unhealthy behavior such as persistent negative thoughts, or useless fears, which will inevitably trickle down to cause disordered molecular activity in some cells.
あるいは、人全体が、
しつこいネガティブな考えや、
無駄な恐怖などの
不健康な行動をとっているかも知れません、
これは必然的にトリクルダウンして(流れ落ちて行き)、
一部の細胞で分子活性の乱れを引き起こします。

With this picture of interconnection up and down the ladder, we now widen our view and look further up the scale, If a large number of people are engaged in unhealthy activity, this must work its way up to cause ill health in whatever larger groupings exist, be they families or countries, or even all life on earth taken all together.
はしごを上下する
相互接続のこの見方で、
私たちは今、視野を広げ、
規模をさらに見上げましょう、
もし多くの人々が
不健康な活動に従事しているなら、
これは、病気を引き起こすために、
それぞれの方法で動作する必要があります、
どんな大きなグループが存在するにせよ、
それが家族であろうと、
ひとつの国であろうと、
あるいはすべて一緒になった
地球上のすべての生命であろうとも。

Going the other way, if we can imagine it, if there were something gone wrong at a planetary level, then this must find its way down to humanity.
惑星レベルで何かが間違っているのではないかと、
もし私たちがそれを想像できるなら、
別の道を進んで行きます、
そうすれば、それは人類に
降り注ぐ道を見つけなければなりません。

Not necessarily to make each person sick, but certainly cause changing trends of illness that appear and disappear across the globe.
必ずしも、一人一人を
病気にするわけではありませんが、
世界中で現れたり消えたりする病気の傾向の
変化を引き起こすことは間違いありません。

Our ladder now stretches from the entire earth down to individual photons, and we are ready for my number one favorite experiment involving the biophotons of DNA.
私たちの、
はしごは今、地球全体から
個々の光子まで伸びています、
そして、DNAのバイオフォトンを含む、
私のナンバーワンの
お気に入りの実験の準備ができています。

The lab of Luke Montagnier was studying radio frequencies emitted by DNA.
ルーク・モンタニエの研究室は、
DNAから放射されるラジオ波(=無線)周波数を研究していました。

In the last of a series of truly boggling experiments, they placed a string of DNA into a vial of water and stimulated the vial with various radio frequencies.
本当に気の遠くなるような
一連の実験の最後に、
彼らはDNAの文字列を
水の入ったバイアルに入れ、
バイアルを様々なラジオ波(=無線)周波数で刺激しました。

Then filter out the DNA.
次に、DNAを
フィルタリングします。

This leaves just water, but the water is now emitting radio frequencies, which it somehow got from the DNA.
これは水だけを残しますが、
水は現在、ラジオ波(=無線)周波数を放射しています、
それはどういうわけかDNAから得たものです。

Place an antenna around the vial of water and send that signal to a second lab, several miles away.
水の入ったバイアルの周りにアンテナを置き、
その信号を数マイル離れた別の研究室に送ります。

In this other lab, you have a second test tube that contains water and all the individual building blocks of DNA.
この別のラボでは、
水とDNAのすべての個々の
ビルディングブロックを含む
2番目の試験管があります。

Broadcast our signal into the second vial.
信号を2番目のバイアルに
ブロードキャストします。

In a few hours, the original DNA strand will be constructed in the second vial.
数時間で、元のDNA鎖が
2番目のバイアルに構築されます。

Sounds like magic and I guess it is, but it is also experimental data.
魔法のように聞こえますし、
私もそうだと思いますが、
しかし、それはまた、実験データでもあります。

Water can hold the radio frequency signal, which can be used to rebuild the DNA sequence from raw materials.
水は、
ラジオ波(=無線)周波数信号を保持することができ、
これは原料からDNA配列を
再構築するために使用することができる。

I would hope that entire new research labs will be set up to further explore these results.
これらの結果をさらに探求するために、
まったく新しい研究所が設置される事を願っています。

Luke Montagnier has many admirers and many enemies.
ルーク・モンタニエには、
多くの崇拝者と、
多くの敵がいます。

As often happens with people who achieve a great deal in life, shortly before his death last year, he had the distinction of being canceled for daring to point out some obvious problems with a novel medical treatment that was being rolled out around the world.
人生で多くのことを成し遂げる
人々によく起こるように、
昨年の彼の死の直前に、
彼は世界中で展開されていた新しい治療法の
いくつかの明白な問題をあえて指摘したために
キャンセルされるという仕打ちがありました。

Hence it is possible that anything connected with him will be erased from future history.
したがって、彼と関係のあるものは、
すべて将来の歴史から消去される可能性があります。

What frequencies worked best in this experiment?
この実験で、
最も効果があった周波数はどれですか?

The results were clearest when the initial strand was energized with 7 Hertz, 14 Hertz, or 28 Hertz radio signals.
結果は、最初のストランドが、
7ヘルツ、14ヘルツ、または28ヘルツの
ラジオ波(=無線)信号で通電されたとき、最も明確でした。

Of course, these are the resonant frequencies of the entire electrical body of the earth known as the Schumann resonances.
もちろん、これらは
シューマン共鳴として知られる
地球の電気体全体の共振周波数です。

That is worth saying a second time:
the entire electrical body of the earth vibrates loudest at 7, 14 and 28 Hertz.
それは、
もう一度言う価値があります:
地球の電気体全体が
7、14、28ヘルツで最も大きく振動します。

These are the same frequencies that allow DNA in the experiment to best convey its information through water to rebuild itself.
これらは、実験中のDNAが、
水を通してその情報を最もよく伝えて、
自分自身を再構築することを
可能にするのと同じ周波数です。

It is absurd to think this is an accident.
これが事故だと
考えるのは馬鹿げている。

This obvious connection between the electrical body of the earth and the DNA in each of us makes me.... quiet.
地球の電気体と、
私たち一人一人のDNAとの間の、
この明白なつながりは、
私をさせます....静かに。

Like, I sometimes get quiet in church, or in an overwhelmingly beautiful landscape.
教会や圧倒的に美しい風景の中で
静かになることがある様に。

At this point poetry meets experimental science.
この時点で、詩は、
実験科学と出会う。

The bridge between the two seems long but is also undeniable.
この両者の架け橋は、
長いように思えるが、否定できない。

Antennas work both ways.
アンテナは
両方の方法で機能します。

The entire electrical body of the earth is both the sender and the receiver of all the vibrations in all the DNA, in all the living creatures, over all the eons that have unfolded within her.
地球の電気体全体は、
すべてのDNAの中のすべての振動、
すべての生き物、彼女の中で展開された
すべての永遠にわたるすべての振動の
発信者と受信者の両方です。


Inside you, are a trillion antennae that are both the senders and receivers of all the love and wisdom contained in the long body of our Mother Earth.
あなたの内側には、
送信者と受信者の両方である
1兆個のアンテナがあります、
私たちの母なる地球の
長い全体に含まれるすべての愛と知恵の。

This would be enough, but we're not done yet.
これで十分ですが、
まだ終わっていません。

In simple physics, the length of an antenna is comparable to the size of the wave it absorbs and emits.
単純な物理学では、アンテナの長さは、
アンテナが吸収して放出する
波の大きさに匹敵します。

The AM radio antenna on your car is one-fourth the size of the AM radio waves that are being sent out from the radio stations.
あなたの車のAMラジオアンテナは、
ラジオ局から発信されている
AM電波の4分の1の大きさです。

Since we have already verified experimentally that our DNA is an antenna that both absorbs and emits, we might ask what is the length of our DNA and is there any station broadcasting that wavelength.
私たちのDNAが吸収と放出の
両方を行うアンテナであることを
すでに実験的に検証しているので、
私たちはDNAの長さはどれくらいか、
その波長を放送する局は
あるのかと尋ねるかもしれません。

The DNA in one of your cells unrolls to roughly your own height that's a notable connection, an organism the size of a person needs an antenna roughly its own size to adequately send and receive all the information required for an entire life, from conception to death.
あなたの細胞の1つのDNAは、
おおよそあなた自身の身長に展開しますが、
これは注目すべきつながりです、
人間ほどの大きさの生物は、
受胎から死に至るまで、
一生に必要なすべての情報を
適切に送受信するために、
ほぼ同じ大きさのアンテナを必要とします。

But what about the combined length of all the DNA in all your cells?
しかし、すべての細胞内の、
すべてのDNAの合計の長さ
についてはどうでしょうか?

That combined length is the size of our entire solar system.
その合計の長さは、
私たちの太陽系全体のサイズです。

We have within us antennas whose combined length happens to be the right size, to resonate with the entire body of the Sun, the planets, all the comets, even out to the heliopause.
私たちの中に、結合された長さが、
たまたま正しいサイズのアンテナがあります、
太陽の全身、惑星、すべての彗星、
さらにはヘリオポーズ(太陽圏)に共鳴する。

Who could believe such a thing?
誰がそんなことを
信じることができるでしょうか?

How could there be a connection with the life of a person, in the entire solar system?
太陽系全体の中で、人の生命が、
どの様にして関係が持てるのでしょうか?

Yet the connection must be there, because the ladder is unbroken.
しかし、はしごは壊れていないので、
つながりはそこになければなりません。

Whether or not any one of us can knowingly receive these signals, or is capable of intentionally broadcasting up to the whole solar system.
私たちの誰かが意識的に、
これらの信号を受け取ることができるかどうか、
または意図的に太陽系全体に
放送することができるかどうか。

It's a good question, I dare say it's a very important question.
それは良い質問です、私はそれが、
非常に重要な質問だとあえて言います。(^-^)
―――――――――――――

ザ・サンダーボルツ勝手連   [Eye of the Storm, Part 2 嵐の目、パート2]



[Jupiter has an enormous electromagnetic field. 

木星には巨大な電磁場があります。 

 If we could see it with the naked eye, it would appear larger than the Moon. 

私達が、それを肉眼で見ることができれば、それは、月より大きく見えるでしょう。] 


 [The Electric Winds of Jupiter 木星の電気的風 

By Andrew Hall ] 


 Jupiter is our largest neighbor and generates the largest electromagnetic field in the Solar System except for the Sun. 

 木星は私たちの最大の隣人であり、太陽を除いて太陽系で最大の電磁場を生成します。 


 It has a thick, turbulent atmosphere with swirling storms producing winds of supersonic speed, and lightning arcs that dwarf the puny sparks we have on Earth. 

それは、超音速の風を生み出す渦巻く嵐と、私たちが地球上に持っている小さな火花を矮小化する稲妻のアーク(弧)を伴う、厚くて乱れた大気を持っています。 


 Thus immediately, we see attributes of electrical processes like the processes we are exploring in Earth’s primordial past. 

 したがって、すぐに、私たちは地球の原始的な過去を探求しているプロセスのような電気プロセスの属性を見ることができます。 


 Nothing exemplifies the electrical nature of Jupiter more than its bands of counter-flowing winds and the giant swirl known as The Great Red Spot. 

木星の電気的性質を例証するものは、逆流する風の帯と大赤斑として知られる巨大な渦巻きです。



Alternate bands of wind circulate the planet in opposite directions, producing amazing transient whirlwinds, and the inexplicably stationary Great Red Spot. 

交互の風の帯が惑星を反対方向に循環させ、驚くべき一時的な旋風と、不可解に静止している大赤斑を生み出します。



[It’s just plain spooky. Notice the winds just above the oval eye split in two directions! 

 それは、ただ不気味です。 楕円形の目の真上にある風が2つの方向に分かれていることに注目してください!]


Electric winds occur when an electric field potential exists that motivates ionic species in the air to move. 
電気的風は、空気中のイオン種が移動する動機となる電界電位が存在する場合に発生します。

Positive ionic species are drawn in one direction, and negative ions and free electrons are drawn in the opposite direction, as dictated by the polarity of the electric field. 
 正のイオン種は一方向に引き寄せられ、負イオンと自由電子は電場の極性によって決まるように反対方向に引き寄せられます。 

 The ions may be only a small percentage of the bulk mass of air, but electrically they form a current 
 — moving charge 
 — that will drag neutral molecules with it. 
イオンは空気のバルク質量のごく一部にすぎないかもしれませんが、電気的には電流を形成します 
—移動する電荷 として
— それは中性分子をそれに引きずり込むでしょう。 

 These opposing motions produce uni-polar winds
 これらの反対の動きは、単極構造の風を生成します。 

 A positive wind from one direction and a negative wind from the other attracted to or pushed away from the “electrodes” in the circuit. 
ある方向からの正の風と、もう一方の方向からの負の風は、回路内の「電極」に引き寄せられるか、または、遠ざかります。

If the wind occurs in the atmosphere surrounding a planet, the winds will circumnavigate the globe in alternating bands in a direction transverse to the magnetic polarity of the planet. 
 風が惑星を取り巻く大気で発生する場合、その風達は惑星の磁気極性を横切る方向に交互のバンド達として地球を周回します。 

This is the effect on display in Jupiter’s atmosphere as well as other planets in our Solar system with strong electric fields. 
これは、木星の大気や、強い電場を持つ太陽系の他の惑星での表示への影響です。


The “electrodes” are nodal regions where current flows through the planet’s atmospheric sheath and crust. 
 この「電極」達は、電流が惑星の大気の鞘と地殻を通って流れる節点領域です。 

 That is why they appear at certain latitudes. 
 そのため、特定の緯度で表示されます。 

Uni-polar winds mix in whirlwinds at these “electrodes.” 
 単極構造風は、これらの「電極」で旋風に混じります。 

 The mixing of ions results in a plasma, where, with much condensation, violent arcing, and swirling, they electrically adhere to form molecular bonds and precipitate. 
 イオンの混合はプラズマをもたらし、そこでは多くの凝縮、激しいアーク放電、および渦巻きを伴い、それらは電気的に付着して分子結合を形成し、沈殿します。 

 This is what is known as a storm. 
これが、1つの嵐として知られているものです。 

 The primary electrodes in a planetary circuit are around the magnetic poles, and the evidence of the electric field strength is in the glow-mode currents called aurora. 
惑星回路の一次電極は磁極の周りにあり、電界強度の証拠はオーロラと呼ばれるグローモード電流にあります。


[Aurora provide visual evidence of electric currents coursing through Earth’s atmosphere. 
 オーロラは、地球の大気を流れる電流の視覚的な証拠を提供します。] 

Another type of “electrode” is an accumulation of charge density from a volcanic eruption, where discharges internal to the crust expel huge volumes of charged pyroclastic dust into the atmosphere and spread hot magma across the land. 
別のタイプの「電極」は、火山噴火による電荷密度の蓄積であり、地殻内の放電により、そこでは、大量の帯電した熱分解ダストが大気中に放出され、高温のマグマが陸地全体に広がります。

 


Another “electrode” is produced where the planet’s electromagnetic field produces regions of high flux from cosmic rays, driven by stellar winds or perhaps some other motivating force. 
 別の「電極」は、惑星の電磁場が恒星風またはおそらく他の動機付けの力によって駆動される宇宙線から高フラックスの領域を生成する場所で生成されます。 

 Charged particles spiral down magnetic lines of flux and charge the crustal surface, creating electrode spots. 
荷電粒子は磁束の磁力線をらせん状に下って、地殻表面を帯電させ、電極スポットを作成します。

 


In every case, discharge follows the geometry of a plasmoid Earth, where the “Blue Marble” we live on is just a bubble, or drop of matter encapsulated in an electric circuit. 
 いずれの場合も、放電はプラズモイド地球の形状に従います、私たちが住んでいる「青い大理石」は、電気回路にカプセル化された単なる泡または物質の滴です。 

 The plasmoid circuit is what matters 
— what controls everything 
— and it flows through the atmosphere and crust to create the capacitance that motivates weather, earthquakes, and volcanoes. 
プラズモイド回路は  
-すべてを制御する何かであり 
-そしてそれは大気と地殻を通って流れ、天候、地震、そして火山を動機付ける静電容量を作り出すものです。 

Uni-polar winds are drawn to the electrode spots like water flows to an open drain. 
 単極構造風は、水が開いた排水口に流れるように電極スポットに引き寄せられます。 

Only a solid crustal surface provides no hole to sink into. 
 固い地殻表面だけが沈む穴を提供する訳では有りません。 

The winds are constrained by the vacuum of space above and the solid crust (or ocean) below. 
 風は、上の空間の真空と下の固い地殻(または海)によって抑制されます。 

They circulate in induced vortex currents to mix in a plasma storm, recombining charged species into neutral matter that rains to the surface
それらは誘導された渦電流を循環してプラズマ嵐の中で混合し、荷電種を表面に雨として降る中性物質に再結合します。


Storms are evidence of currents induced by capacitance in the layers of atmosphere and crust of the planet. 
嵐は、惑星の大気と地殻の層の静電容量によって引き起こされた電流の証拠です。 

It does not matter if it is Earth, Jupiter, or an exo-planet yet to be discovered. 
 それが地球、木星、またはまだ発見されていない太陽系外惑星であるかどうかは関係ありません。 

A planet with an active electromagnetic field will form a spherical layer of capacitance in its atmosphere and crust through which loops of magnetic flux will induce ring currents to flow transversely through the layers. 
アクティブな電磁場を持つ1つの惑星は、磁束のループがリング電流を誘導し、層を横方向に流れる、その大気と地殻に静電容量の球形の層を形成します。

[Earth’s currents have many loops passing through the atmosphere and crust producing ring currents. 地球の電流には、大気と地殻を通過する多くのループがあり、リング(環)電流を生成します。] 

 A ring current is the simplest form of circuit. 
 リング電流は最も単純な回路形式です。 

In Nature, where there are no insulated wires to guide current flow, ring currents form naturally. 電流の流れを導く絶縁電線がない自然界では、リング電流が自然に形成されます。 

 Unlike a Birkeland current in space, where current flows from one body to another along the electric field between them, a ring current simply circulates on itself. 
電流がそれらの間の電界に沿ってある物体から別の物体に流れる宇宙のバークランド電流とは異なり、リング電流は単にそれ自体を循環します。 

 Ring currents rule the universe 
 — not gravity. 
リング(環)電流が宇宙を支配する 
—重力ではありません。 

 It’s because magnetic fields are closed fields 
— they form closed loops between poles, and magnetic flux induces current to flow along these loops 
— the induced current follows to form ring currents. 
 磁場は閉じた場だからです 
—それらは極間に閉ループを形成し、磁束がこれらのループに沿って流れる電流を誘導します 
—誘導電流は、リング電流を形成するために続きます。 

 Nature can’t stop itself forming ring currents. 
 自然はそれ自体がリング(環)電流を形成するのを止めることはできません。 

 They exist at the atomic level, the molecular level, the planetary level, the stellar level, and the galactic level of our cosmos. 
それらは、私たちの宇宙の原子レベル、分子レベル、惑星レベル、恒星レベル、そして銀河レベルで存在します。

 

10

「Model simulation of molecular level ring currents inside a benzene ring. ベンゼン環内の分子レベルの環電流のモデルシミュレーション。」

11

[Current is induced along magnetic field lines. 
電流は磁力線に沿って誘導されます。] 

 Because Earth’s ring currents have no end, they are infinitely long conductors that induce current from the Solar Wind. 
 地球のリング(環)電流には終わりがないため、太陽風から電流を誘導する無限に長い導体です。 

 Because they are infinitely long, there is no limit to the current they can induce. 
 それらは無限に長いので、それらが誘導できる電流に制限はありません。 

 The currents form a winding, that, like a transformer inside the Earth, raises potential in the circuit. 
 電流は巻線を形成し、地球内部の変圧器のように、回路の電位を上昇させます。 

 The result is an internal electric field in opposition to the ambient electric field of the Solar System. 
その結果、太陽系の周囲電場とは反対の内部電場ができます。 

 Earth’s crust and atmosphere is the ‘almost’ neutral boundary 
 — the dielectric plates between the internal and external fields that seek a charge balance. 
地球の地殻と大気は「ほぼ」中立的な境界で 
電荷バランスを求める内部フィールドと外部フィールドの間の誘電体プレートです。 

 Any change in the external electric field causes a response internally, because the internal electric field acts like a mirror, reflecting a feedback response. 
 如何なる外部電界の変化も、内部で応答を引き起こします、内部電界が鏡のように機能し、フィードバック応答を反映しているためです。 

 The mirroring effect is caused by capacitance because if charge builds on one plate of a capacitor, the other plate responds by building an equal and opposite charge. 
 このミラーリング効果は静電容量によって引き起こされます、これは、コンデンサの一方のプレートに電荷が蓄積すると、もう一方のプレートが等しく反対の電荷を蓄積することで応答するためです。 

 So change takes place both internally and externally, and the neutral balance between 
 — where we live 
 — is disrupted, until the internal and external fields come back to equilibrium. 
したがって、変更は内部と外部の両方で行われ、そして、それらの間
—私たちが住んでいる場所の、 ニュートラルバランスは、 
 —内部フィールドと外部フィールドが平衡状態に戻ると、中断されます。 

 Of course, there is never an equilibrium. 
 もちろん、平衡は決してありません。 

Because Earth is a sphere, each capacitor plate of the sphere has a bigger area, as a function of radius, so there can never be two layers with equal charge density across equal areas. 
 地球は球体であるため、球体の各コンデンサプレートは、半径の関数として、より大きな面積を持ちます、したがって、等しい領域にわたって等しい電荷密度を持つ2つの層が存在することはありません。 

 Layers of earth and atmosphere are always building charge and discharging. 
 地球と大気の層は、常に充電と放電を構築します。
 
It is physically impossible not to. 
そうしないことは物理的に不可能です。 

This is the wisdom of the ancients, which today we confuse with mysticism: 
 “As above, so below” has a simple, classical scientific meaning. 
 これは古代人の知恵であり、今日私たちは神秘主義と混同しています: 
「天の如く、地にも」は、単純で古典的な科学的意味を持っています。 

 It refers to the capacitance in Earth’s circuit and the feedback (or reflection) inside the Earth caused by whatever is going on in the Solar System. 
これは、地球の回路の静電容量と、太陽系で起こっていることによって引き起こされる地球内部のフィードバック(または反射)を指します。 

 To see this in action, one need only look at the extremely intense current loops that form on the Sun. 
 これが実際に動作しているのを見るには、太陽に形成される非常に強い電流ループを見るだけで済みます。 

 These are called coronal loops and are produced by the same kind of capacitance in the circuitry that causes weather on Jupiter and Earth. 
 これらはコロナル(環状)ループと呼ばれ、そして、木星と地球に天候を引き起こす回路の同じ種類の静電容量によって生成されます。 

 The difference isn’t in the circuitry, the difference is the plasma state the atmospheres are in. 
 違いは回路にはありません、違いは大気の中のプラズマ状態です。 

 The Sun is almost completely ionized, whereas Earth and Jupiter have partial plasma atmospheres. 
 太陽はほぼ完全にイオン化されていますが、地球と木星は部分的なプラズマ大気を持っています。 

 The ionized atmosphere of the sun produces ray-gun like currents, whereas partial plasma atmospheres like Earth and Jupiter produce more diffuse hydrodynamic currents we see as wind and clouds. 
太陽のイオン化された大気は、光線銃のような電流を生成します、一方、地球や木星のような部分的なプラズマ大気は、風や雲として見られる、より拡散した流体力学的電流を生成します。

12

「Coronal Loops are current discharges along magnetic field lines. 
コロナルループは、磁力線に沿った電流放電です。」 

 The rings are currents of excess charge the solar circuit is shedding. 
 これらのリングは、太陽回路が放出している過剰な電荷の電流です。 

 As in the Sun, the interior Earth layers have less area, so as charge accumulates by induction, it develops greater charge density in the ground and must shed current outward through the atmosphere. 
太陽のように、内部の地球層はより少ない面積を持っているので、電荷は誘導によって蓄積されます、それは地面でより大きな電荷密度を発生させ、大気を通して外向きに電流を流さなければなりません。 

 In a storm on Earth, the ambient electric field reverses, from a 200 kV “clear weather” current flowing outward, to a 500 MV current aimed at the ground. 
 地球上の嵐の中では、周囲の電界が逆転し、外向きに流れる200kVの「晴天」電流から、地面に向けられた500MVの電流に成ります。 

 The Earth beneath a storm becomes positive to a negative sky, as accumulated charge finds a path to discharge. 
蓄積された電荷が放電する経路を見つけると、嵐の下の地球は負の空に対して正になります。 

 Ring currents also produce a magnetic field inside them that is stronger than the magnetic field outside. 
 リング電流はまた、それらの内部に磁場を生成します、それは外の磁場よりも強いです。
 
 The geometry of a ring causes magnetic flux to disperse in a greater area outside of the ring than inside. 
 リングの形状により、磁束はリングの内側よりも外側のより広い領域に分散します。

 Therefore, there is a stronger magnetic flux inside the loop that induces a secondary current flow, perpendicular to the coronal loop. 
 したがって、ループ内にはより強い磁束があり、これは、コロナル(冠状)ループに垂直な二次電流の流れを誘発します。 

 Current flows through the atmosphere and crust both in the vertical columns of the loops and horizontally in current induced by the loops. 
 電流は、ループの垂直柱とループによって誘導された電流の水平方向の両方で大気と地殻を流れます。 

 These currents travel through layers of atmosphere and Earth’s crust. 
これらの電流は、大気と地球の地殻の層を通じて流れます。

 「Magnetic field of an induction coil. 
誘導コイルの磁場。」 

 Another property of ring currents is very strange and counter-intuitive. 
 リング(環)電流のもう1つの特性は、非常に奇妙で直感に反します。 

 When we look at a ring current generated in a looped wire with a battery 
 — generating, say, one amp, any two points in the loop will measure a current of one amp.
 バッテリー付きのループワイヤーで発生するリング電流を見ると 
—たとえば、1アンペアを生成すると、ループ内の任意の2つのポイントで1アンペアの電流が測定されます。 

 But if we generate the same amount of current in the wire by induction, by passing a magnet through the ring, the current at any two points may be different, even though the sum of all current in the wire still adds to one amp. 
 しかし、誘導によってワイヤに同じ量の電流を生成し、磁石をリングに通すことにより、ワイヤのすべての電流の合計が1アンペアになったとしても、任意の2点の電流が異なる可能性があります。 

 The induced current may be different where the wire’s contact with the magnetic field is weaker, but elsewhere in the ring the magnetic field will be diametrically stronger and generate current that makes up the difference. 
ワイヤと磁場との接触が弱い場合、誘導電流は異なる場合があります、しかし、リングの他の場所では、磁場は直径方向に強くなり、違いを構築する電流を生成します。

 The result is that current density may form in one part of the ring and not in another, or one part of the ring may even flow backwards 
 — a current of opposite polarity. 
その結果、電流密度がリングの一部で形成され、別の部分では形成されない場合があり、または、リングの一部が逆流する場合さえあります
-反対の極性の1つの電流。

 Coronal loops on the Sun display this. 
 太陽のコロナル(冠状)ループはこれを表示します。 

 NASA imagery shows plasma bolides shooting through rings at varying speeds and sometimes reversing direction. 
NASAの画像は、プラズマ火球がさまざまな速度でリングを通り抜け、時には方向を逆にすることを示しています。 

 On Earth, current rings formed by the geomagnetic field also display this inductive behavior, developing a severe storm at one leg while doing nothing at the other. 
 地球上では、地磁気によって形成された電流リングもこの誘導的な振る舞いを示し、片方の足で激しい嵐を起こし、一方、もう片方の足では何もしません。 

 It also allows direct current inputs from induction to become alternating currents, as currents in a ring will oscillate as charge stores and discharges in the capacitance of the system. 
また、リング内の電流は、システムの静電容量に電荷が蓄積および放電するときに振動するため、誘導からの直流入力を交流にすることができます。

13

「Ring currents form along Earth’s magnetic field lines. Secondary current is induced through and around loops where they pass through layers of the atmosphere. 
リングカレント(環電流)は、地球の磁力線に沿って形成されます。 二次電流は、ループを通過して大気の層を通過するループの周囲に誘導されます。」

 

14

「Currents in the atmosphere induce currents in the ground along magnetic field lines. 
大気中の電流は、磁力線に沿って地面に電流を誘導します。」

 

15

「Induced current patterns Earth’s surface with regions of varying electric potential. 
誘導電流は、電位が変化する領域で地球の表面をパターン化します。」

 

16

[Ring currents – coronal loops – govern weather patterns across the globe. 
 リングカレント(環電流) 
–コロナル(冠状)ループは、 
–世界中の気象パターンを管理します。]

 Weather forms where currents pass through the atmosphere and crust. 
 気象は、電流が大気と地殻を通過する場所で形成されます。 

 A whirlpool of mixing plasma forms storms where current draws-up channels of air and positively charge ions. 
混合プラズマの渦が嵐を形成し、そこで電流が空気のチャネルを吸い上げ、イオンを正に帯電させます。 

 Coronal loops generate winds as ionic matter follows electric fields, dragging bulk air mass with it. 
 イオン性物質が電場をたどり、大量の気団を引きずりながら、コロナル(冠)状ループが風を発生させます。 

 Ultimately, the winds form jet-streams that must thread in three dimensions through the inflow/outflow, updraft/downdraft regions formed by coronal loops, like rope wound into a knot. 
最終的に、風はジェット気流を形成します、そのジェット気流は、流入/流出を3次元で通過する必要があります、上昇気流/下降気流領域は、結び目に巻かれたロープのように、コロナル(冠)状ループによって形成されます。

 

17

18

If you look at the last image of an electromagnetic wave in a double layer, you can see, first, how a double layer of charge 
— a capacitor 
 — will produce waves of electromagnetic peak and trough, like a rogue wave on the ocean. 
電気二重層の電磁波の最後の画像を見ると、あなたは、最初に、見ることができます どのように電荷の二重層 
—海のローグな(ならず者の)波のように、電磁的な山と谷の波を生成するのか。 

 If one also includes spherical geometry, as in the capacitance of planetary circuits, then it becomes simple deduction that the geometry results in higher charge concentration inside Earth than outside and will produce these kinds of waves
 惑星回路の静電容量のように球面幾何学も含まれている場合、それは、形状により、地球の外側よりも内側の電荷密度が高くなり、これらの種類の波が生成されるという単純な推論になります。 

 It cannot “physics-wise” be otherwise. 
 それ以外の場合は「物理的に」できません。 

 So waves like this form naturally, consistently, and unavoidably. 
したがって、このような波は自然に、一貫して、そして不可避的に形成されます。 

 And that results in ring currents 
 — coronal loops, magnetic field lines inducing current 
 — call it what you like. 
 そしてそれはリングカレント(環電流)をもたらします 
—コロナル(冠状)ループ、電流を誘導する磁力線 
—好きなように呼んでください。 

 It’s electric. 
それは、電気的です。 

 In Part 3 we’ll see how ring currents produce storms on Jupiter and Earth and how they progress in fractal elements from a common thunderstorm to The Great Red Spot on Jupiter. 
パート3では、環電流が木星と地球でどのように嵐を発生させ、一般的な雷雨嵐から木星の大赤斑までフラクタル要素でどのように進行するかを見ていきます。 

 Additional Resources by Andrew Hall: YouTube Playlists through 4-2022: Andrew Hall — EU Geology and Weather Andrew Hall — Eye of the Storm Episodes (13) Surface Conductive Faults | Thunderblog Arc Blast — Part One | Thunderblog Arc Blast — Part Two | Thunderblog Arc Blast — Part Three | Thunderblog The Monocline | Thunderblog The Maars of Pinacate, Part One | Thunderblog The Maars of Pinacate, Part Two | Thunderblog Nature’s Electrode | Thunderblog The Summer Thermopile | Thunderblog Tornado — The Electric Model | Thunderblog Lightning-Scarred Earth, Part 1 | Thunderblog Lightning-Scarred Earth, Part 2 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 1 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 2 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 3 | Thunderblog Eye of the Storm, Part 1 | Thunderblog

19

Andrew Hall is a natural philosopher, engineer, and writer. A graduate of the University of Arizona’s Aerospace and Mechanical Engineering College, he spent thirty years in the energy industry. He has designed, consulted, managed and directed the construction and operation of over two and a half gigawatts of power generation and transmission, including solar, gasification, and natural gas power systems. From his home in Arizona, he explores the mountains, canyons, volcanoes, and deserts of the American Southwest to understand and rewrite an interpretation of Earth’s form in its proper electrical context. Andrew was a speaker at the EU2016 and EU2017 conferences. He can be reached at hallad1257@gmail.com or thedailyplasma.blog 
アンドリュー・ホールは自然哲学者、エンジニア、作家です。アリゾナ大学の航空宇宙機械工学大学を卒業し、エネルギー業界で30年間過ごしました。彼は、太陽光、ガス化、天然ガス発電システムを含む2.5ギガワット以上の発電および送電の建設と運用を設計、コンサルティング、管理、および指揮してきました。アリゾナ州の自宅から、アメリカ南西部の山々、渓谷、火山、砂漠を探索し、地球の形の解釈を適切な電気的文脈で理解し、書き直します。アンドリューは、EU2016年およびEU2017年の会議で講演しました。 彼は hallad1257@gmail.com または thedailyplasma.blog で連絡を取ることができます 

 Disclosure: 
 The proposed theories are the sole ideas of the author, as a result of observation, experience in shock and hydrodynamic effects, and deductive reasoning. The author makes no claims that this method is the only way mountains or other geological features are created. The ideas expressed in Thunderblogs do not necessarily express the views of T-Bolts Group Inc or The Thunderbolts ProjectTM. 


開示: 
提案された理論は、観察、衝撃および流体力学的効果の経験、および演繹的推論の結果として、著者の唯一のアイデアである。著者は、この方法が山やその他の地質学的特徴が作られる唯一の方法であると主張していません。 Thunderblogsで表明されたアイデアは、必ずしもT-Bolts Group IncまたはThe Thunderbolts ProjectTMの見解を表現しているわけではありません。

ザ・サンダーボルツ勝手連   [The Eye of the Storm, Part 1 By Andrew Hall 嵐の目、パート1、アンドリュー・ホール]

1


[The Eye of the Storm, Part 1 By Andrew Hall 嵐の目、パート1、アンドリュー・ホール]

――――――――― Earth’s geology and weather is a result of capacitance in Earth’s electric circuit. 

地球の地質と天気は、地球の電気回路の静電容量の結果です。 


Forget anything you’ve been taught about geology. 

地質学について教えられたことは何でも忘れてください。

 

It’s wrong 

— provably wrong 

— from evidence you will soon see. 

それは間違っています 

—おそらく間違っている 

—それは、あなたがまもなく見る証拠からわかるでしょう。 


We are taught to associate geology with billions of years of “tectonic forces” is actually the result of capacitor discharge across Earth’s crust and atmosphere. 

地質学を何十億年もの「地殻変動力」と関連付けるように教えられていますが、これは実際には地球の地殻と大気を横切るコンデンサ(=キャパシタ)の放電の結果です。 


The Earth’s own electric circuit electroplated, etched, and arced to form the land, patterned by the Earth’s electric field. 

地球独自の電気回路は、電気メッキされ、エッチングされ、弧を描いて土地を形成し、地球の電界によってパターン化されます。 


The first evidence of Earth’s electrical formation is provided by the landscape — all you need do is look at it. 

地球の電気的形成の最初の証拠は、風景によって提供されます 

—あなたがする必要があるのはそれを見ることだけです。 


In this series of articles, you will be shown features created by electric winds

このシリーズの記事では、電気風によって作成された特徴が表示されます。 


The challenge is to believe your eyes and take a serious look at the theory behind it. 

課題は、あなたの目を信じて、その背後にある理論を真剣に検討することです。 


The following images are just teasers. 

次の画像は単なるティーザー(紹介広告)です。 


An explanation and even more dramatic evidence will take some explaining — several articles, in fact. 

説明とさらに劇的な証拠には、幾つかの説明が必要です 

—実際に、いくつかの記事で。


But first, look at these basin and range mountains and contemplate what caused them. しかし、最初に、これらの盆地と山脈を見て、それらを引き起こした原因を考えてください。


They look as if a blowtorch blasted the land, don’t they? 

彼らはまるでトーチランプが土地を爆破したように見えますよね? 


They are coherent flow patterns formed in concentric waves — exactly what a blowtorch would do. 

それらは同心円状の波で形成されたコヒーレントなフローパターン —まさにトーチランプがすることです。 


Just look. 

ただ 、見てください。


2

 

3


This is a visual coincidence according to consensus geology. これは、コンセンサス地質学によると視覚的な偶然です。


According to the accepted scientific explanation for these fluid curves in mountains and basins, the rise and fall in such a coherent fashion require a long sequence of unrelated events. 

山や盆地のこれらの流体曲線について受け入れられている科学的説明によると、そのような首尾一貫した方法での上昇と下降には、無関係なイベントの長いシーケンス(手順)が必要です。 


First, the rocks have to be made at some depth, miles below the surface after millions of years of heat and pressure. 

第一に、何百万年もの熱と圧力の後で、岩は地表から何マイルも下の、ある深さで作られなければなりません。 


Then the ground has to roll in an unproven act called “subduction” that stretches and heaves the land so the rocks come to surface as mountains and deep basins form between. 

次に、地面は「沈み込み」と呼ばれる証明されていない行為で転がる必要があります、その沈み込みは、山と深い盆地が間に形成されるときに岩が表面に現れるように、土地を伸ばして隆起させます。



The rocks have to push up by faulting from an earthquake. 

岩は地震による断層によって押し上げられなければなりません。 


And with this violent upheaval, huge slabs of rock remain largely intact, somehow always ending up in vertical, or horizontal shelves of stratified rock at consistent dip angles. 

そして、この激しい激動により、岩の巨大なスラブはほとんど無傷のままであり、どういうわけか常に一定の傾斜角で層状の岩の垂直または水平の棚になってしまいます。

 

Then much of it has to erode away, sand grain by sand grain, over millions of years of rain and wind, which strangely sharpens the angles of what remains. それから、それの多くは、何百万年もの雨と風によって、砂粒ごとに侵食されなければならず、それは残っているものの角度を奇妙に鋭くします。 


Remarkably, after all these chaotic processes of stretching, lifting, falling, and eroding for millions of years, instead of a pile of rubble, as would be expected, coherent parallel rows of ridge lines and oval, round, and swirling structures of repeating fractal forms emerge. 驚くべきことに、予想されるように瓦礫の山の代わりに、何百万年もの間、伸び、持ち上げ、落下し、侵食するこれらの混沌としたプロセスの後に、一貫した平行な稜線の列と、フラクタルを繰り返す楕円形、円形、および渦巻く構造 フォームが出現します。 


It makes one wonder at the marvellous coincidence of it all. それは、そのすべての素晴らしい偶然の一致で不思議に思わせます。 


How does a mix of ad-hoc “theories” about something never witnessed — guess-work really — add up to anything as coherent as these structures. 

目撃されたことのない何かについてのアドホックな「理論」の組み合わせはどのように行われるのでしょうか 

—まさに推測の-働き

—これらの構造と同じくらい首尾一貫して何でも足し合わせます。 


The answer is they don’t. 

答えは、彼らはそうではないということです。 


Not in the Electric Universe 

電気的宇宙では、そうではありません。 


Coincidence isn’t a scientific explanation in EU Theory. 

偶然の一致は、EU(エレクトリック・ユニバース)理論では科学的な説明ではありません。

 

Earth’s surface form is easily identified as coherent wind-blown features created by winds of primordial times when Earth was in a different solar environment. 

地球の表面の形は、地球が別の太陽環境にあったときの原始時代の風によって作成された、コヒーレントな風に吹かれた特徴として簡単に識別できます。 


The entire process of their formation will be explained. 

それらの形成の全過程を説明します。 


The environment was not unique, and that is why it can be explained. 

環境は独特ではなかった、そして、だからこそ、それを説明することができます。 


It exists today on another planet in this solar system. 

それは今日、この太陽系の別の惑星に存在しています。 


So, we can look at these bizarre features on Earth and see that the same winds that shaped this land are very similar to the winds that we see on Jupiter today. 

したがって、地球上のこれらの奇妙な特徴を見ると、この土地を形作った同じ風が、今日の木星で見られる風と非常に似ていることがわかります。


 

 


Take a close look at all the features in these comparative images, because they aren’t just similar, they are almost identical. 

これらの比較画像のすべての特徴をよく見てください、これらは類似しているだけでなく、ほとんど同じです。 


The cyclones on Jupiter produce violent downdraft winds like hurricanes do on Earth, but Jupiter’s are more ionized, hot, and powerful. 

木星のサイクロンは、地球のハリケーンのように激しい下降気流を発生させますが、木星はよりイオン化され、熱く、強力です。 


The “craters” on Earth are the result of downdraft winds, as would be produced by such powerful cyclones. 

地球上の「クレーター」は、そのような強力なサイクロンによって生成されるような、下降気流の結果です。 


On close inspection, the mountains that form the rim of these “craters” display clear and indisputable sonic shock wave patterns, as described in previous “Arc Blast” articles. 

よく見ると、これらの「クレーター」の縁を形成する山々は、以前の「アークブラスト」の記事で説明されているように、明確で議論の余地のない音波衝撃波パターンを示しています。 


These features were indeed “blow-torched.” 

これらの特徴は確かに「ブロートーチ」されていました。


 


The reason these land-forms on earth and the clouds on Jupiter are similar is no coincidence. 

地球上のこれらの地形と木星の雲が類似している理由は偶然ではありません。 


As will be shown, they trace to the same electrical formation endemic to planetary circuitry. 

示されるように、それらは惑星回路に特有の同じ電気的形成にたどり着きます。 


And that is capacitance. 

そして、それがキャパシタンス(静電容量)です。 


The sustained storm called the “Great Red Spot” (GRS) is electrically analogous to primordial weather here on Earth. 

「大赤斑」(GRS)と呼ばれる持続的な嵐は、ここ地球の原始的な天気に電気的に類似しています。 


In fact, so similar is the Great Red Spot on Jupiter to the storms that once raged on Earth, we can visually correlate features. Why that is so will be explained in the course of the “Eye of the Storm” articles. 

実際、木星の大赤斑は、かつて地球上で猛威を振るった嵐と非常によく似ており、特徴を視覚的に関連付けることができます。 その理由は、「嵐の目」の記事の中で説明されます。


 [The Colorado Plateau コロラド高原] 


Let’s focus now on the Colorado Plateau because this high desert plateau and mountain region in North America has a special structure that makes it very easy to understand. 

コロラド高原に焦点を当てましょう、北米のこの高い砂漠の高原と山岳地帯は、非常に理解しやすい特別な構造になっているためです。 


It’s easy because it was the eye of a storm where specific types of winds occurred that can be identified on the land. 

土地で特定できる特定の種類の風が発生した嵐の目だったので、それは簡単です。 


This will be shown as the result of three simple processes in Earth’s electric circuitry: 

これは、地球の電気回路における3つの単純なプロセスの結果として示されます: 

1. Capacitance 1.キャパシタンス(静電容量) 

2. Inductance 2.インダクタンス(コイル性) 

3. Ring Currents 3.リング(循環)電流 


Electric storms produced the Plateau, the Rocky Mountains, the Great Basin, and the Sierra Mountains. 

雷雨嵐により、高原、ロッキー山脈、グレート・ベースン、シエラ山脈が発生しました。


 Storms like hurricanes and thunderstorms we experience today, but of primordial origin, when Earth’s place in the Solar System was a different environment. 

今日私たちが経験するハリケーンや雷雨のような嵐ですが、太陽 系の地球の場所が別の環境であったときの原始的な起源のものです。 


The electric field in the Solar System affecting Earth was very different, and it caused the voltage potential between ground and sky to go off-the-charts, rising to billions, or perhaps trillions of volts. 

地球に影響を与える太陽系の電界は非常に異なっており、それによって地面と空の間の電位がチャートから外れ、数十億、またはおそらく数兆ボルトに上昇しました。 


It produced storms that covered the Earth with erupting volcanoes, lightning arcs, winds, and tsunami’s that changed the face of the planet. 

それは、噴火する火山、稲妻の弧、風、そして惑星の顔(表面)を変えるほどの津波で地球を覆う嵐を生み出しました。


 Winds screamed at Mach speeds, volcanoes erupted country-sized sheets of magma and shrouded Earth with ionic dust. 

風はマッハ速度で叫び、火山は国サイズのマグマのシートを噴出し、地球をイオン性の塵で覆いました。 


The land became charged with electricity. 

土地は電気で充電(荷電、帯電)されました。 


Arcs erupted from Earth’s interior and scoured its face with bolts of surface conductive lightning. 

アークは地球の内部から噴出し、表面の導電性の稲妻でその表面を洗い流しました。 


Pools of mineral and moisture ionized below deposits and lifted mountains of earth away in drift currents in a powerful electric field, the likes of which we have never experienced in our time. 

鉱床の下でイオン化された鉱物と水分のプールは、強力な電場のドリフト電流で地球の山々を持ち上げました、これは、私たちが今まで経験したことのないようなものです。 


There is evidence of layers upon layers of successive events. 

層の上に層の連続するイベントに証拠があります。 


It’s apparent that storms of varying magnitude recurred over time, just as they do today. 

今日と同じように、さまざまな規模の嵐が時間の経過とともに繰り返されたことは明らかです。 


What formed continents and blew mountains into shape was the culmination of many cycles of creation that left the thin veneer of surface geology we now observe. 

大陸を形成し、山の形に吹き飛ばしたのは、私たちが現在観察している地表地質の薄いベニヤを残した、創造の多くのサイクルの集大成でした。 


The geologic onion must be peeled one layer at a time and looked at with fresh eyes and electricity in the geophysics tool kit. 

地質タマネギは一度に1層ずつ剥がし、地球物理学ツールキットの中に新鮮な目と電気を持って見る必要があります。 


We now look at the outermost layer. 

では、最外層を見てみましょう。 


Evidence that Earth’s geomagnetic field amped-up to ‘electroplate’ this layer is obvious everywhere, so we start with that evidence and follow where it leads. 

この層を「電気めっき」するために増幅された地球の地磁気の証拠はどこでも明らかであるため、その証拠から始めて、それがどこにつながるかを追跡します。


10


[The Great Red Spot is electrically analogous to the Colorado Plateau. 大赤斑は、コロラド高原に電気的に類似しています。] 


Where it leads today is an overlay of the Great Red Spot of Jupiter onto Earth that shows the approximate shape, location, and proportion of the multi-vortex storm that created the mountains and high desert plateaus of North America. 

今日それが導くのは、木星の大赤斑の地球へのオーバーレイであり、北アメリカの山々と高い砂漠の高原を作り出した多渦嵐のおおよその形、場所、および割合を示しています。 


The storm left its imprint on the land: 

it’s vortex outline,it’s internal turbulence, it’s vertical and horizontal jet-stream winds and lightning arcs. 

嵐は土地にその痕跡を残しました: 

それは渦の輪郭であり、内部の乱流であり、垂直および水平のジェット気流の風と稲妻のアーク達です。 


As will be shown, the Great Red Spot is the single most important key we have to understand weather, geology, and our ancient past on Earth. 

示されるように、大赤斑は、私たちが天気、地質学、そして地球上の私たちの古代の過去を理解しなければならない唯一の最も重要な鍵です。 


Before we compare, and explain, the features of the Great Red Spot and the Colorado Plateau, bear in mind the evidence of electricity in geology and weather that we have already looked at. 

大赤斑とコロラド高原の特徴を比較して説明する前に、私たちがすでに見た地質学と気象における電気の証拠を念頭に置いてください。 


Each of these past Thunderblog/Space News articles features an expression of the primordial storms we are discussing now and should be understood in that context. 

これらの過去のThunderblog/Space Newsの記事のそれぞれは、私たちが現在議論している原始的な嵐の表現を特徴としており、その文脈で理解されるべきです。 


In “Arc Blast Parts 1 – 3“ and “The Monocline“, we looked at triangular, harmonic waveforms on mountain flanks created by supersonic winds and reflected shock waves

「アークブラストパート1–3」と「モノクライン(単斜)」では、超音速風と反射衝撃波によって作成された山腹の三角形の調和波形を調べました。 


In “The Maars of Pinacate“, we looked at volcanoes and discussed evidence of their cause being electrical discharges within or beneath Earth’s crust, and how blossoms of violent eruption drew cinder cones to them by in-flowing, rising winds similar to an air-burst nuclear explosion. 

「ピナカテのマール」では、私たちは火山を調べ、その原因が地球の地殻内または地殻の下での放電であるという証拠と、激しい噴火の花が、曳火による核爆発と同様に、流入する上昇する風によって噴石丘をどのように火山に引き寄せたかについて話し合いました。 


In “Lightning Scarred Earth, Parts 1 – 3“, we looked at craters, pinnacles, dikes, and buttes formed by lightning, and how the combination of lightning arcs and ambient winds form mountains. 

「稲妻で傷ついた地球、パート1 – 3」では、稲妻によって形成されたクレーター、ピナクル、岩脈、ビュート、および稲妻のアークと周囲の風の組み合わせがどのように山を形成するかを調べました。 


In “Sputtering Canyons, Parts 1 – 3“, we looked at how dust laden electric winds deposit plateau’s, and how an electric field can diffuse charge through the landscape and cause sputtering to eat away layers of those deposits. 

「スパッタリング・キャニオン、パート 1 – 3」では、チリを含んだ電気的風がどのように高原に堆積するのか、そして電界がどのように電荷を景観全体に拡散させ、スパッタリングによってそれらの堆積物の層を食い(侵食し)尽くすのかを調べました。 


And in “Summer Thermopile“, “Tornado – The Electric Model“, and “Nature’s Electrode“, we looked at electrical models to explain the form and behavior of lightning, thunderstorms, and tornadoes. 

そして、「夏のサーモパイル」、「竜巻– 電気的モデル」、「自然の電極」では、電気的モデルを調べて、雷、雷雨、竜巻の形態と動作を説明しました。 


[The Electric Earth Approach 電気的地球のアプローチ] 


Each essay presents hypotheses for how electricity is the common denominator in every phenomenon. 

これらの各エッセイは、電気がすべての現象の共通の分母である方法についての仮説を提示します。 


The formula is quite simple. 

この式は非常に単純です。 


First, assume electricity is the one true force in Nature. 

まず、電気が自然界の唯一の真の力であると仮定します。 


In other words, accept that acoustics, thermodynamics, fluid dynamics, chemistry — all are emergent properties of electricity acting in different phases of mediums. 

言い換えれば、音響学、熱力学、流体力学、化学 

—すべては媒体のさまざまな段階で作用する電気の創発的な特性である事を受け入れます。


Ignore the emergent effects and identify the underlying electrical process — the wave-forms and circuitry involved. 

創発的な効果(新興の影響)そして、基礎となる電気的プロセスの特定 は—関連する波形と回路を含めて無視されています。


 In every case, an electrical circuit can be found. 

いずれの場合も、電気回路を見つけることができます。 


The emergent effects simply fall into place. 

創発的な効果は単に適切な場所に落ちます。 


In the atmosphere, thermal layers and convection; wind-flow and condensation; high pressure and low; all of these macro-properties follow the thermo-electric properties of air and water vapor in a circuit. 

大気中、熱層と対流; 風の流れと凝縮; 高圧および低圧; これらのマクロ特性はすべて、回路内の空気と水蒸気の熱電気特性に従います。 


They form patterns of plasma currents diffusing as a result of capacitance in the earth and atmosphere. 

それらは、地球と大気のキャパシタンス(静電容量)の結果として拡散するプラズマ電流のパターンを形成します。 


Virtually every field of physical science 

— nuclear physics, geophysics, fluid- and thermodynamics, chemistry, climate models, you name it 

— critically rely on mathematical models based on known electrical processes, such as charge diffusion, harmonics, and feedback. 

物理科学のほぼすべての分野 

原子核物理学、地球物理学、流体および熱力学、化学、気候モデルは 

電荷拡散、高調波、フィードバックなどの既知の電気的プロセスに基づく数学モデルに、あなたはそれに名前を付けたものです。 


These are common denominators found in every large scale, time-dependent, coherent feature of Nature — which consensus science arbitrarily and incomprehensibly attributes to chaos. 

これらは、自然のすべての大規模で時間依存の一貫した機能(特徴)に見られる一般的な分母です 

—これは、一般的合意の科学を恣意的かつ理解できないほど混沌に帰するものです。 


The “chaos” is not random, or arbitrary, and actually presents complex patterns that belie its underlying, non-chaotic electrical make-up. 

「カオス」はランダムでも恣意的でもありません、実際には、その根底にある非カオス的な電気的構成を信じさせる複雑なパターンを示しています。 


Also, to see the underlying, non-chaotic electrical make-up of Nature, one must recognize electricity is a fractal phenomenon. 

また、自然の根底にある、無秩序ではない電気的構成を見るには、電気がフラクタル現象であることを認識しなければなりません。 


How current diffuses in a medium, whether plasma, liquid, or solid, takes form in fractal elements that repeat in harmonic scales. 

プラズマ、液体、固体を問わず、電流が媒体内でどのように拡散するかは、調和スケールで繰り返されるフラクタル要素で形成されます。 


So . . . their form can be identified. 

だから . . . それらのフォーム(形)を識別できます。

 

Charge diffusion, whether a z-pinch discharge lie a lightning bolt, partial plasma discharge like flames and vortices, or solid state diffusion as in semiconductors, takes form in scalable, harmonic, fractal patterns according to the laws of classical physics, until its charge is neutralized in atomic and molecular bonds. 

稲妻のようなzピンチ放電、炎や頂点のような部分プラズマ放電、または半導体のような固体拡散のいずれであっても、電荷拡散は、その電荷が原子および分子結合で中和されるまで、古典物理学の法則に従って、スケーラブルで調和のとれたフラクタルパターンで形成されます。


 The patterns can be seen at every scale, from tiny crystals of silica to continental mountain arcs, and properly identifying them and their cause is the first-level proof of electrical formation. 

パターンは、シリカの小さな結晶から大陸の山の弧まで、あらゆるスケールで見ることができ、それらを適切に特定し、それらの原因は、電気的形成の第1レベルの証拠です。


Geologically, neutralized matter takes form as rock. 

地質学的には、中和された物質は岩のように形を成します。 


Ionized dust deposited by electric wind carries excess charge that must either find a bond, forming crystalline rock, or migrate along the electric field in currents until it finds a place to bond, and neutralize its charge. 電気的風によって堆積したイオン化されたダストは、結合を見つけて結晶質の岩を形成するか、結合する場所を見つけるまで電流の電界に沿って移動し、その電荷を中和する必要がある過剰な電荷を運びます。 


If you need laboratory proof, look at any welding process, crystal fabrication, or electrochemical process where slag is produced. 

実験室での証明が必要な場合は、スラグが生成される溶接プロセス、結晶製造、または電気化学的プロセスを調べてください。 


Rocks are manufactured without millions of years of pressure and temperature if electric current is applied.

電流を流せば、何百万年もの圧力と温度なしで岩石が製造されます。 


Electricity, even in small currents, can produce temperatures and pressures that exceed that of the Sun. 

電気は、たとえ小さな電流であっても、太陽の温度と圧力を超える温度と圧力を生み出す可能性があります。 


Rocky outcrops, boulder fields, quartz veins, gravel beds, sweeping slopes, triangular flat-irons, volcanic fields, canyons and river beds, all display the effects of electrical diffusion and the secondary effects it produced. 

岩だらけの露頭、巨礫のフィールド、石英脈、砂利床、スイープスロープ、三角形のフラットアイアン、火山フィールド、峡谷、川床はすべて、電気拡散の影響とそれが生み出す二次的影響を示しています。


11


[Stone spheres are evidence of electric storms. They were not formed in the ground subject to gravity, nor were they carved by giants. The spheres were formed by dust drawn into lightning channels and fused in the atmosphere like hailstones, which accounts for the spherical shape. Why they appear at or near beaches will be discussed in future articles. 

石球は電気的雷雨嵐の証拠です。 それらは重力の影響を受けて地面に形成されておらず、巨人によって彫られていませんでした。 球体は、稲妻のチャネルに引き込まれた塵によって形成され、球形を説明する雹石のように大気中で融合しました。 なぜそれらがビーチまたはその近くに現れるのかについては、今後の記事で説明します。] 


In the atmosphere, it takes form as clouds. 

大気中では、それは、雲のように形を成します。 


Clouds should be regarded as aerial crystals because electrically, they form identical to crystals with a nucleation, aggregation, and diffusion process that expands condensation in the atmosphere the same way crystals grow. 

電気的に、雲は空中結晶と見なされるべきです、それらは、結晶が成長するのと同じように大気中の凝縮を拡大する核形成、凝集、および拡散プロセスを備えた結晶と同一に形成されます。


12


The liquid crystal growth of clouds will organize into rotating storm systems as a result of capacitance in Earth’s circuitry. 雲の液晶成長は、地球の回路の静電容量の結果として、回転する嵐システムに組織化されます。 


In effect, Earth stores energy as a build-up of charge in its layers of crust and atmosphere. 

事実上、地球は地殻と大気の層に電荷の蓄積としてエネルギーを蓄えます。 


Then it dissipates the built-up charge in violent winds, lightning, and downpours. 

それからそれは激しい風、稲妻、そして、激しい雨で蓄積された電荷を消散させます。 


Storms are predictable phenomena of capacitor charge build-up and discharge across a partial plasma layer. 

ストーム(嵐)は、部分的なプラズマ層を横切るキャパシタコンデンサ)の電荷の蓄積と放電の予測可能な現象です。 


Vortex winds, updraft winds and downburst winds, anvil clouds, mumatus, meso-cyclone, and tornadoes are all displays of energized cold plasma in a capacitor’s electric field. 

渦風、上昇気流とダウンバースト風、アンビル雲、ママントゥス(乳頭雲)、メソサイクロン、竜巻は、すべて、コンデンサの電界内の励起されたコールドプラズマの表示です。


13


[Channels of wind, sputtering and arc mode discharge match channels of coronal discharge. 風、スパッタリング、アークモード放電のチャネルはコロナ放電のチャネルと一致します。]


14

 

[Thunderstorm is patterned on point-to-plane discharge geometry. 雷雨嵐は、ポイントツープレーン(点から面へ)の放電ジオメトリにパターン化されています。]


Because these forms are fractal, they repeat their predictable forms wherever the electrical process that forms them is present. 

これらのフォーム(形)はフラクタルであるため、それらを形成する電気的プロセスが存在する場合は常に、予測可能なフォームを繰り返します。 


What changes from case to case are the elements in the circuitry — impedance, dielectric, voltage, degree of ionization, and polarity of plasma. 

ケースごとに変わるのは、回路の要素 —インピーダンス、誘電体、電圧、イオン化の程度、およびプラズマの極性です。 


Just as no two snowflakes ever match, they still follow identifiable patterns of crystallization which is fundamentally a process of charge diffusion. 

2つの雪の結晶が一致することはないのと同じように、それらは基本的に電荷拡散のプロセスである結晶化の識別可能なパターンに従います。 


Likewise, the variables in the environment create chaos that never produces identical results but the electrical processes, circuits, and fractal patterns they form remain the same and are identifiable. 

同様に、環境内の変数は、同じ結果を生成することのないカオス(混沌)を引き起こします、しかし、それらが形成する電気的プロセス、回路、およびフラクタルパターンは同じままであり、識別可能です。 


Thus, fractal patterns should appear everywhere, including other planets. 


したがって、フラクタルパターンは他の惑星を含むあらゆる場所に現れるはずです。 


And that is exactly the case with the Great Red Spot on Jupiter because it is also a capacitor induced storm. 

木星の大赤斑は、キャパシタ(=コンデンサ)によって引き起こされる嵐でもあるため、まさにその通りです。 


In Part Two of “The Eye of the Storm,” we’ll explore the electric winds of Jupiter and discuss how they work. 

「嵐の目」のパート2では、木星の電気風を調べて、それらがどのように機能するかについて説明します。 


Additional Resources by Andrew Hall: 

YouTube Playlists through 4-2022: Andrew Hall — EU Geology and Weather Andrew Hall — Eye of the Storm Episodes (13) Surface Conductive Faults | Thunderblog Arc Blast — Part One | Thunderblog Arc Blast — Part Two | Thunderblog Arc Blast — Part Three | Thunderblog The Monocline | Thunderblog The Maars of Pinacate, Part One | Thunderblog The Maars of Pinacate, Part Two | Thunderblog Nature’s Electrode | Thunderblog The Summer Thermopile | Thunderblog Tornado — The Electric Model | Thunderblog Lightning-Scarred Earth, Part 1 | Thunderblog Lightning-Scarred Earth, Part 2 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 1 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 2 | Thunderblog Sputtering Canyons, Part 3 | Thunderblog


15


Andrew Hall is a natural philosopher, engineer, and writer. A graduate of the University of Arizona’s Aerospace and Mechanical Engineering College, he spent thirty years in the energy industry. He has designed, consulted, managed and directed the construction and operation of over two and a half gigawatts of power generation and transmission, including solar, gasification, and natural gas power systems. From his home in Arizona, he explores the mountains, canyons, volcanoes, and deserts of the American Southwest to understand and rewrite an interpretation of Earth’s form in its proper electrical context. Andrew was a speaker at the EU2016 and EU2017 conferences. He can be reached at hallad1257@gmail.com or thedailyplasma.blog アンドリュー・ホールは自然哲学者、エンジニア、作家です。アリゾナ大学の航空宇宙機械工学大学を卒業し、エネルギー業界で30年間過ごしました。彼は、太陽光、ガス化、天然ガス発電システムを含む2.5ギガワット以上の発電および送電の建設と運用を設計、コンサルティング、管理、および指揮してきました。アリゾナ州の自宅から、アメリカ南西部の山々、渓谷、火山、砂漠を探索し、地球の形の解釈を適切な電気的文脈で理解し、書き直します。アンドリューは、EU2016年およびEU2017年の会議で講演しました。 彼は hallad1257@gmail.com または thedailyplasma.blog で連絡を取ることができます。 


Disclosure: 

The proposed theories are the sole ideas of the author, as a result of observation, experience in shock and hydrodynamic effects, and deductive reasoning. The author makes no claims that this method is the only way mountains or other geological features are created. The ideas expressed in Thunderblogs do not necessarily express the views of T-Bolts Group Inc or The Thunderbolts ProjectTM. 開示: 提案された理論は、観察、衝撃および流体力学的効果の経験、および演繹的推論の結果として、著者の唯一のアイデアである。著者は、この方法が山やその他の地質学的特徴が作られる唯一の方法であると主張していません。 Thunderblogsで表現されたアイデアは、必ずしもT-Bolts Group IncまたはThe Thunderbolts Projectの見解を表現しているわけではありません。

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Theories on the Rocks – In a Flash (Part One) 岩の理論–閃光の中で(パート1)]

[Theories on the Rocks – In a Flash (Part One) 岩の理論–閃光の中で(パート1)]
Rens van der Sluijs February 28, 2013 - 00:44Picture of the Day

先史時代の火打ち石の矢じりの形をしたサンダーストーン。雷から保護するためのお守りとして銀が取り付けられています。 イタリア(日付不明)
――――――――
Feb 28, 2013
サンダーストーンは、事実上すべての文化の民間伝承でよく知られていますが、しかし、現実的な科学では「役割」を果たしていません。


ほとんどの人々の目には、サンダーボルトが岩を堆積させるという命題は、迷信的な信念の不吉な遺物です
–人間の哺乳類の知的進化における幼児期を象徴する時代遅れのテーマです。

しかし、この一般的な民俗伝統の無視は、そのような迅速な廃棄と共に底を打ったのでしょうか?

稲妻の雹(あられ)の中で石が落ちることは無いという信念は、科学者が隕石の落下を禁止したときと、同じ時期からのものです
– 18世紀、アリストテレスの不変で汚染されていない空のフィクションは、天からの岩の降下を拒否するのに十分な影響力をまだ命じていました。

隕石が認知されて久しいので、サンダーストーンもまた注目に値します。

検査の上では、このように伝統的な社会では5つ以上のカテゴリのオブジェクトにラベルが付けられているため、「サンダーストーン」は混合バッグのように見えます。

これらは以下のものであり、それぞれが例の煙突で示されている。

#1. ordinary stones, especially pebbles
普通の石、特に小石

南部と中央イタリアの農民は、かつて「球形の石、特にすべての黒い石」を雷石として分類しました。

チュクチ(シベリア北東部)は、黒曜石を「空から丸いボールで落ちる雷の石」と見なしていました。

そして、インカの占い師たちは、「このサンダーが彼らに与えた」「小石」を大切にしました。

#2. Fossils
#2。 化石


何世紀にもわたって、シワリク丘陵(インド北部)の地元の人々は化石の骨を集め、それをビジリキハール(「稲妻の骨」)と呼んでいます。

神話の文脈を特定すると、一部のスー族(ダコタス)は、「北の大草原の大きな岩は、稲妻で反撃したサンダーバードに投げつけられたウォーターモンスターの使用済み弾道であると想像しました。」

彼らは何をkangi tameと吹き替えたか、を槍の先のような形をした黒い石に変わった稲妻は、実際には尖ったベレムナイトの化石である可能性があります(ベレムナイト注、文)。

そして、デンマークの一部とイングランド南部では、化石ウニ(ウニ科)が雷石として通用qしました。

#3. Meteorites
#3。 隕石

西暦660年に中国の皇帝に贈られた隕石は、「雷神の石斧」と呼ばれています。

そして、隕石が見つかったときはいつでも、バリャドリッド(メキシコ、ユカタン)の現代のマヤは、それを、雷が鳴り響き、馬を稲妻で打ちつける嵐の神、ユムタコブの矢先として認識します。

#4. Tektites
#4。 テクタイト

初期の中国人は、テクタイトを突然の暴風雨や雷に結びつけることを望んでいませんでした。

海南島の広東語の中で、「星の排泄物」はテクタイトを指す用語でしたが、他のインド・マレーシアのテクタイトは「雷の糞」と呼ばれていました。


これらすべての場合において、テクタイトはオーストラレーシアタイプに属しています。

#5. prehistoric implements
#5。 先史時代の道具

考古学が誕生する前は、ほとんどすべての人間社会が、地面で発見された先史時代の道具を雷石として説明していました。

イタリアでは、火打ち石の鏃は「稲妻の7つのパルミ(つまり、ほぼ7フィート)で地球に沈む」と信じられていました。

ミャンマーインドネシアでも同様に、石器と雷との関連が広まっています。

ヨルバ(ナイジェリア)は、「雷の神」であるシャンゴが「雷石を地球に投げつける」と主張しました:
「彼のサンダーボルト(ẹdunara)は先史時代のケルトの石で、農民が畑を耕していると見つけることがあります…」

ここでは、トーゴやベニンと同様に、「石器時代の火打ち石の道具はサンダーボルツであると信じられています…

建物が落雷した後、ケビオソの司祭たちは…ほとんどの場合、フリントの矢じりまたは斧を生成します、これらはもちろん持ち運びますが、建物の中または近くで見つけたふりをします。」

アシャンティ(ガーナ)にとって、「原始的な石の斧」は「神の斧」として知られるサンダーボルツでした。

シャイアン(北アメリカの平原)は、「サンダーバードの矢の頭(矢じり)であると考える人もいる、古い石の矢の1つ」をときどき見つけました。

また、テワ(アリゾナ州)も同様に、「雲の矢先は…落雷の場所に落ちる」または「雲に捨てられる」と公言しました。


この「サンダーストーン」の類型は、稲妻が岩を生み出すという熱狂的な考えの起源を説明するための理論の賢明な議論を可能にする基盤として役立つ可能性があります。

「サンダーストーン」という用語がこのような多様なオブジェクトに適用されたため、さまざまな論理的根拠が共謀して単一の概念を生み出した可能性があります。

これらについては次に説明します。

Rens Van Der Sluijs
レンス・ファン・デル・スルージス
Mythopedia.info
Books by Rens Van Der Sluijs:
Traditional Cosmology: The Global Mythology of Cosmic Creation and Destruction
Volume One: Preliminaries Formation
Volume Two: Functions
Volume Three: Differentiation
Volume Four: Disintegration
The Mythology of the World Axis
The World Axis as an Atmospheric Phenomenon



――――――――
Feb 28, 2013
The thunderstone is familiar from the folklore of virtually every culture, but plays no ‘roll’ in the serious sciences.
サンダーストーンは、事実上すべての文化の民間伝承でよく知られていますが、しかし、現実的な科学では「役割」を果たしていません。


In the eyes of most, the proposition that thunderbolts deposit rocks is an asinine artefact of superstitious belief
– an antiquated theme that epitomises an infant stage in the intellectual evolution of the human mammal.
ほとんどの人々の目には、サンダーボルトが岩を堆積させるという命題は、迷信的な信念の不吉な遺物です
–人間の哺乳類の知的進化における幼児期を象徴する時代遅れのテーマです。

But has this neglect of common folk traditions hit rock bottom with such swift dismissal?
しかし、この一般的な民俗伝統の無視は、そのような迅速な廃棄と共に底を打ったのでしょうか?

The conviction that no stones come down in the lightning hails from the same period when scientists proscribed the fall of meteorites
– the 18th century, when Aristotle’s fiction of an immutable and unpolluted sky still commanded sufficient clout to veto the descent of any rocks from the heavens at all.
稲妻の雹(あられ)の中で石が落ちることは無いという信念は、科学者が隕石の落下を禁止したときと、同じ時期からのものです
– 18世紀、アリストテレスの不変で汚染されていない空のフィクションは、天からの岩の降下を拒否するのに十分な影響力をまだ命じていました。

As meteorites have long since gained recognition, the thunderstone deserves renewed attention, too.
隕石が認知されて久しいので、サンダーストーンもまた注目に値します。

Upon inspection, the ‘thunderstone’ appears to be a mixed bag, as no less than five categories of objects have been thus labelled in traditional societies.
検査の上では、このように伝統的な社会では5つ以上のカテゴリのオブジェクトにラベルが付けられているため、「サンダーストーン」は混合バッグのように見えます。

These are the following, each illustrated with a smattering of examples.
これらは以下のものであり、それぞれが例の煙突で示されている。

#1. ordinary stones, especially pebbles
普通の石、特に小石


Peasants in southern and central Italy used to class ‘globular stones and especially all black stones’ as thunderstones.
南部と中央イタリアの農民は、かつて「球形の石、特にすべての黒い石」を雷石として分類しました。

The Chukchi (northeastern Siberia) viewed obsidian as ‘the stone of the thunder, which falls from the sky in round balls’.
チュクチ(シベリア北東部)は、黒曜石を「空から丸いボールで落ちる雷の石」と見なしていました。

And Inca diviners treasured ‘pebbles’ which ‘the Thunder gave’ to them.
そして、インカの占い師たちは、「このサンダーが彼らに与えた」「小石」を大切にしました。

#2. Fossils
#2。 化石

For centuries, locals of the Siwalik Hills (northern India) have collected fossil bones, which they dubbed bijli ki har (‘lightning bones’).
何世紀にもわたって、シワリク丘陵(インド北部)の地元の人々は化石の骨を集め、それをビジリキハール(「稲妻の骨」)と呼んでいます。

Specifying a mythological context, some Sioux (Dakotas) ‘imagined that the large boulders on the northern prairies were the spent ballistics of the Water Monsters, hurled up at the Thunder Birds who struck back with lightning.’
神話の文脈を特定すると、一部のスー族(ダコタス)は、「北の大草原の大きな岩は、稲妻で反撃したサンダーバードに投げつけられたウォーターモンスターの使用済み弾道であると想像しました。」

What they dubbed kangi tame, bolts of lightning which have turned into black stones shaped like spear points, may really be pointed belemnite fossils (order Belemnitida).
彼らは何をkangi tameと吹き替えたか、を槍の先のような形をした黒い石に変わった稲妻は、実際には尖ったベレムナイトの化石である可能性があります(ベレムナイト注文)。

And in parts of Denmark and southern England, fossil sea urchins (class Echinoidea) passed as thunderstones.
そして、デンマークの一部とイングランド南部では、化石ウニ(ウニ科)が雷石として通用qしました。

#3. Meteorites
#3。 隕石

A meteorite presented to the Chinese emperor in 660 CE was called the ‘stone axe of the thunder god’.
西暦660年に中国の皇帝に贈られた隕石は、「雷神の石斧」と呼ばれています。

And whenever a meteorite was found, the contemporary Maya at Valladolid (Yucatán, Mexico) would recognise it as the arrow-points of the Yumtšakob, the storm gods who announce their coming in the thunder and lash their horses with the lightning.
そして、隕石が見つかったときはいつでも、バリャドリッド(メキシコ、ユカタン)の現代のマヤは、それを、雷が鳴り響き、馬を稲妻で打ちつける嵐の神、ユムタコブの矢先として認識します。

#4. Tektites
#4。 テクタイト

The early Chinese were wont to connect tektites to sudden rainstorms and thunder.
初期の中国人は、テクタイトを突然の暴風雨や雷に結びつけることを望んでいませんでした。

Among the Cantonese on the island of Hǎinán, ‘star excrements’ was a term that referred to tektites, while other Indo-Malaysian tektites have been called ‘thunder dung’.
海南島の広東語の中で、「星の排泄物」はテクタイトを指す用語でしたが、他のインド・マレーシアのテクタイトは「雷の糞」と呼ばれていました。

In all of these cases, the tektites belong to the Australasian type.

これらすべての場合において、テクタイトはオーストラレーシアタイプに属しています。

#5. prehistoric implements
#5。 先史時代の道具

Before the birth of archaeology, almost every human society would explain prehistoric tools discovered in the ground as thunderstones.
考古学が誕生する前は、ほとんどすべての人間社会が、地面で発見された先史時代の道具を雷石として説明していました。

In Italy, flint arrowheads were believed to ‘sink with the lightning seven palmi (i. e. nearly seven feet) into the earth’.
イタリアでは、火打ち石の鏃は「稲妻の7つのパルミ(つまり、ほぼ7フィート)で地球に沈む」と信じられていました。

In Myanmar and Indonesia alike, the association of stone implements with the thunder is widespread.
ミャンマーインドネシアでも同様に、石器と雷との関連が広まっています。

The Yorùbá (Nigeria) asserted that Shango, the ‘God of Thunder’, ‘hurls thunderstones to earth’:
‘His thunderbolts (ẹdun ara) are prehistoric stone celts which farmers sometimes find while hoeing their fields …’
ヨルバ(ナイジェリア)は、「雷の神」であるシャンゴが「雷石を地球に投げつける」と主張しました:
「彼のサンダーボルト(ẹdunara)は先史時代のケルトの石で、農民が畑を耕していると見つけることがあります…」

Here, as well as in Togo and Benin, ‘flint implements of the Stone Age are believed to be thunderbolts …
ここでは、トーゴやベニンと同様に、「石器時代の火打ち石の道具はサンダーボルツであると信じられています…

After a building has been struck by lightning, the priests of Khebioso … almost invariably produce a flint arrowhead, or axe, which they of course bring with them, but pretend to have found in or near the building.’
建物が落雷した後、ケビオソの司祭たちは…ほとんどの場合、フリントの矢じりまたは斧を生成します、これらはもちろん持ち運びますが、建物の中または近くで見つけたふりをします。」

For the Ashanti (Ghana), ‘primitive stone axes’ were thunderbolts known as ‘God’s axes’.
アシャンティ(ガーナ)にとって、「原始的な石の斧」は「神の斧」として知られるサンダーボルツでした。

The Cheyenne (North American Plains) occasionally found ‘one of the old stone arrowpoints, which some people think is the head of the Thunderbird’s arrow.’
シャイアン(北アメリカの平原)は、「サンダーバードの矢の頭(矢じり)であると考える人もいる、古い石の矢の1つ」をときどき見つけました。

And the Tewa (Arizona) similarly professed that ‘cloud arrow-points … fall where lightning strikes’ or are ‘thrown away by the clouds.’
また、テワ(アリゾナ州)も同様に、「雲の矢先は…落雷の場所に落ちる」または「雲に捨てられる」と公言しました。

This typology of ‘thunderstones’ may serve as a bedrock enabling a judicious discussion of theories to explain the origin of the incendiary idea that the lightning yields rocks.
この「サンダーストーン」の類型は、稲妻が岩を生み出すという熱狂的な考えの起源を説明するための理論の賢明な議論を可能にする基盤として役立つ可能性があります。

As the term ‘thunderstone’ was applied to such a diversity of objects, a variety of rationales may have conspired to produce the single notion.
「サンダーストーン」という用語がこのような多様なオブジェクトに適用されたため、さまざまな論理的根拠が共謀して単一の概念を生み出した可能性があります。

These will be explored next.
これらについては次に説明します。

Rens Van Der Sluijs
レンス・ファン・デル・スルージス
Mythopedia.info
Books by Rens Van Der Sluijs:
Traditional Cosmology: The Global Mythology of Cosmic Creation and Destruction
Volume One: Preliminaries Formation
Volume Two: Functions
Volume Three: Differentiation
Volume Four: Disintegration
The Mythology of the World Axis
The World Axis as an Atmospheric Phenomenon

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Touching Ground 地面に触れる]

[Touching Ground 地面に触れる]
Rens van der Sluijs January 13, 2014Picture of the Day

© Marinus Anthony van der Sluijs
Global distribution of cultures with traditions of a ‘low sky’. Additional examples continue to be registered.
「低い空」の伝統を持つ文化の世界的な分布。 追加の例は引き続き登録されます。
――――――――
Jan 13, 2014
ほとんどの研究者は「既知の」質問に取り組んでいます、
「氷河期の原因は何ですか?」
「月はどのくらい遠いですか?」
または「人類の祖先はどこに住んでいたのですか?」など。

比較神話学者は、そもそもほとんどの人がなじみのない問題への答えを探すという二重の課題に直面しています。

ギリシャ神話は、ほとんどすべての人が神話全体を把握するための試金石を提供します、しかし、多くの点で本当に非定型で代表的ではありません。

いわゆる「創造神話」の異文化間研究は、説明はもちろんのこと、認められてさえいない、しばしば当惑する何百もの「原型」を特定します。

これらの中で最も普及しているのは、「低い空」の奇妙なモチーフです
–誰も聞いたことのない知的パズル。

「空」が今日よりもはるかに低い位置にあり、人々に迷惑をかけていることは、ほとんどすべての創造神話において、スペードで(=確実に)遭遇するリフレインです。

ウラノスがかつてガイアに侵入したというギリシャ神話は、せいぜい痕跡を残していましたが、どの文化もその考えを抑制していませんでした。

次のランダムな例の選択は、表面をほとんど傷つけませんが、素材の風味を与えます、吐き気のすぐ手前で止まる:
カーシ族(メガラヤ、インド北東部)関連:
「昔、地球がとても若かったとき、彼らは天と地がとても近くにあったと言います…」

「空の原点」は、マントラ、ジャクン・グループ(マレー半島)、「最初は非常に低く、地球に近いので、最初の男性の1人であるブロがそれにぶつかったと信じています」。

ガジュダヤク(東カリマンタン)は、信じて居ます、「空は
…最初は地球のすぐ上にありました;
それは食用の油性物質で構成されており、人々に食事を提供しました。」

スマトラについて、バタク族は次のように述べています:
「以前は天国は地球に近かった…」
マノボ(ミンダナオ)とフィリピン北部のルソン島北部の人々は、「空はかつて地球のすぐ近くにあったという信念を維持しました…」

タガログ語(元々はルソン島南部)は次のように述べています:
「昔は空がとても低く、手で触れることができました;
男性が遊んでいるときは、上にジャンプするたびに頭をぶつけていました。」

タヒチのネイティブは同意した、それは「最初に天が土を結びつけた」... "

ツアモツ諸島では、創造の物語は始まります、「人類…が狭い空間に閉じ込められていた」「空が地球と海に低く垂れ下がった」時代。

マニヒキ(北クック諸島)では、「天と地はかつて団結していたはずだった。」

マンダルビング・グループ(オーストラリア、アーネムランド北部)のメンバーは、「ずっと昔、空は地球にとても近かった」と報告しました。

ウォトジョバルーク(オーストラリア、ビクトリア州中西部)は、「地球と空の間の空間を、かつては互いに接触した、つまり空が地球上にあると言って説明します」。

繰り返しになりますが、モラムビジー川(オーストラリア、ニューサウスウェールズ州中央部)の源流からのウィラジュリ族はそれを保持しました…

「…昔の空は今ほど高くはありませんでした。

それは地面まで非常に低く、人が直立して歩くことができなかった。

すると、生き物は立っていませんでした。

…空が低すぎて男は直立できなかったが、ウォンバットのように低くかがんだ
…空は
…たった1、2フィートでした…」

同様に、ベニンでは、「初期には、空は非常に近く、地球からわずか約2メートルだったと言われています…」

ヌバ(スーダン南部)は、「最初は空が低く、地球に近かった。実際、人が触れることができるほど近かった」と同意した。

ヤグア(ペルー北東部)は次のように主張しました:
「太陽が生まれる前は、空は低く、低く、ほとんど地球を撫でていました。

世界はほとんど互いに触れ合っていました。

したがって、ある宇宙ゾーンから別の宇宙ゾーンに移動するのは非常に簡単でした。」

シクアニ国民(コロンビア、オリノコ川流域)のメンバーは、「空はかなり低かった」、「大空は低かった」、「空はまだ低く垂れ下がっていた」、「空は今のようではなかった」、「以前は非常に低かった」という時代を思い出しました。

ヌーチャヌルス語(ブリティッシュコロンビア州バンクーバー島の西海岸)は、「空はまだ地球の近くにあった」時を思い出しました。

そして、オレイビのホピ族(アリゾナ州ナヴァホ郡)は、創造の初めに、「人々は
…この世界の天井である大空を地球の低いところに見つけた
–この世界の床に。」

これらのアカウントの多くで指定されている過度に低い高さは、不条理に接して居て、印象的です。

それでも、テーマは内部的に一貫したアイデアのウェブにしっかりと埋め込まれています。

垂れ下がった「天井」としての近接する空の概念は、伝統的な宇宙論のもう1つの定番に変わります
–空はかつては堅実な「大空」であったという概念に。

キリバスミクロネシア)の原住民がそれを持っていたように:
「…天国…は地球にくっついた固い岩のようでした。

そして、天と地は、闇と劈開(割れ目にくっ付いたもの)と呼ばれていました。

…天はまだ高くありませんでした
…初めに、天と地は一緒にクローブ(つぼみ)でした。

…天国は地球の上に横たわり、海の深い場所に根ざした岩でした。」

これの現在の状態への移行は、しばしばアクシス・ムンディまたは世界軸によって、「空の持ち上げ」または「空と地球の分離」の遍在する物語に関連しています。

極オーロラの現象学は、ゼロから新しい仮説を構築するのに役立つかもしれません。

光線の観察者は、現代のオーロラをドーム、テント、天蓋、天井、または床に例えていることが多く、「空」が低くなっていることを示唆しています。

たとえば、ネブラスカ州ドレクセルのハーバートチョートは、1921年5月14日の大オーロラについて次のように報告しました:
「午後11時。 m。 天は、地球に向かって伸びる光の鍾乳石(カーテン)を備えた巨大な金で裏打ちされた洞窟の屋根のように見えました。

繊細な色合いの光のストリーマーが地平線のあらゆる部分から飛び出しました。

あるオマハの新聞は、オーロラを「街を完全に覆う大きな光のテント」に例えました。

イリノイ州スプリングフィールドでは、同じオーロラが「地球上の巨大なドームまたは天蓋」と表現されていました。

そして、イコグムット(アラスカ州ユーコン下流)の「未婚のシャーマン」は、予想通り空に引き上げられなかった宇宙論的ビジョンを経験しましたが、「空」は彼に向かって降りてきました

–間違いなくオーロラルディスプレイでした:

「夜が来ると彼は眠りに落ちました、そして彼が眠ったとき、彼は流れ星で満たされた空気を見ました、そしてそれから彼は空が彼に向かって沈んでいるのを見ました、ついにそれが丘の頂上にとどまるまで、彼はその下を動き回るのにかろうじて十分なスペースを持っていました。」

もちろん、そのような偶発的な報告は、明確な「神話の時代」の間に蔓延している長期の状態に言及した「低空」の本来の神話を正当化することはできません。


それでも、それらは有望なソリューションへの重要な指針を提供します。

ローダウンとして、地磁気逆転とエクスカーションは、地球の磁気双極子場が崩壊し、磁気圏が収縮するイベントです;
一方が他方を引き起こすか、またはその逆かは、鶏が先か卵が先かという問題です。

いずれにせよ、磁気圏境界面は電離層に圧縮され、オーロラをより低い高度に押し下げます。

弱体化した磁気圏は、地球の大気からの太陽風から流入する粒子を偏向させる効率が低いため、オーロラ活動の強度が高まります。

そして、磁極が赤道に向かってドリフトし、マイナーなディップポールが強さを増すにつれて、結果は劇的に強化された、地球規模で現れる低高度のオーロラになります
–おそらく地磁気擾乱と同じくらい長く続く。

おそらく、磁気圏と双極子場の最終的な回復は、世界中の創造神話が証明しているように、「天国を盛り上げる」という印象を与えるでしょう。

神話から歴史的情報を抽出することは厄介な仕事ですが、上で概説したような一貫した証言では、地球への空の以前の隣接に関する民俗思想の結びつきを調査することは偏見のない学者の義務です。

地磁気エクスカーション(回遊)は過去15、000年以内に起こったことが知られており、そして、地球‐に‐下がる、抑圧的な空の謎に現実的な解決策を提供するようです。

Rens Van Der Sluijs
レンス・ファン・デル・スルージス

Mythopedia.info


――――――――
Jan 13, 2014
Most researchers address ‘known’ questions,
such as ‘what causes ice ages?’,
‘how far is the moon?’
or ‘where did the ancestors of the human species live?’.
ほとんどの研究者は「既知の」質問に取り組んでいます、
「氷河期の原因は何ですか?」
「月はどのくらい遠いですか?」
または「人類の祖先はどこに住んでいたのですか?」など。

Comparative mythologists face the double challenge of seeking answers to problems which most people are unfamiliar with in the first place.
比較神話学者は、そもそもほとんどの人がなじみのない問題への答えを探すという二重の課題に直面しています。

Greek mythology provides a touchstone for almost anyone’s grasp of mythology as a whole, but is really atypical and unrepresentative in many respects.
ギリシャ神話は、ほとんどすべての人が神話全体を把握するための試金石を提供します、しかし、多くの点で本当に非定型で代表的ではありません。

A cross-cultural study of so-called ‘creation myths’ identifies hundreds of ‘archetypes’, often bewildering, which have not even been acknowledged, let alone explained.
いわゆる「創造神話」の異文化間研究は、説明はもちろんのこと、認められてさえいない、しばしば当惑する何百もの「原型」を特定します。

Among the most widespread of these is the curious motif of the ‘low sky’
– an intellectual puzzle hardly anyone has even heard of.
これらの中で最も普及しているのは、「低い空」の奇妙なモチーフです
–誰も聞いたことのない知的パズル。

That the ‘sky’ used to rest much lower above the earth than it does today, inconveniencing people, is a refrain encountered in spades, in almost every creation myth.
「空」が今日よりもはるかに低い位置にあり、人々に迷惑をかけていることは、ほとんどすべての創造神話において、スペードで(確実に)遭遇するリフレインです。

Whereas the Greek myth of Ouranos’ former penetration of Gaia at best preserved a vestige, hardly any cultures suppressed the idea.
ウラノスがかつてガイアに侵入したというギリシャ神話は、せいぜい痕跡を残していましたが、どの文化もその考えを抑制していませんでした。

The following random selection of examples barely scratches the surface, but gives a flavour of the material, stopping just short of nausea:
The Khasi (Meghalaya, northeast India) related:
“In olden days, when the earth was very young, they say that heaven and earth were very near to one another …”
次のランダムな例の選択は、表面をほとんど傷つけませんが、素材の風味を与えます、吐き気のすぐ手前で止まる:
カーシ族(メガラヤ、インド北東部)関連:
「昔、地球がとても若かったとき、彼らは天と地がとても近くにあったと言います…」

As for “the origin of the sky”, the Mantra, a Jakun group (Malay Peninsula), “believe that at first it was very low and close to the earth, so much so that Blo, one of the first men, bumped against it”.
「空の原点」は、マントラ、ジャクン・グループ(マレー半島)、「最初は非常に低く、地球に近いので、最初の男性の1人であるブロがそれにぶつかったと信じています」。

The Ngaju Dayak (east Kalimantan) believed that ‘The sky was
… in the beginning close above the earth;
it consists of an edible, oily substance and served the people for food.’
ガジュダヤク(東カリマンタン)は、信じて居ます、「空は
…最初は地球のすぐ上にありました;
それは食用の油性物質で構成されており、人々に食事を提供しました。」

On Sumatra, the Batak stated:
“Formerly heaven was nearer the earth …” The Manóbo (Mindanao), as well as people in northern Luzon, both in the Philippines, sustained “the belief that the sky was once very near the earth …”
スマトラについて、バタク族は次のように述べています:
「以前は天国は地球に近かった…」
マノボ(ミンダナオ)とフィリピン北部のルソン島北部の人々は、「空はかつて地球のすぐ近くにあったという信念を維持しました…」

The Tagálog (originally southern Luzon) stated:
“In former times the sky was very low and could be touched with the hand;
when men were playing, they would strike their heads against it whenever they jumped upward.”
タガログ語(元々はルソン島南部)は次のように述べています:
「昔は空がとても低く、手で触れることができました;
男性が遊んでいるときは、上にジャンプするたびに頭をぶつけていました。」

The natives of Tahiti concurred that “at first the heavens joined the earth …”
タヒチのネイティブは同意した、それは「最初に天が土を結びつけた」... "

On Tuamotu, the narrative of creation began with a time when “mankind … was confined in narrow spaces” and “when the sky hung low over earth and sea”.
ツアモツ諸島では、創造の物語は始まります、「人類…が狭い空間に閉じ込められていた」「空が地球と海に低く垂れ下がった」時代。

On Manihiki (Northern Cook Islands), “The heavens and the earth were supposed to have been at one time united.”
マニヒキ(北クック諸島)では、「天と地はかつて団結していたはずだった。」

Members of the Mandalbingu group (northern Arnhem Land, Australia) reported that “long, long ago, the sky was so close to the earth”.
マンダルビング・グループ(オーストラリア、アーネムランド北部)のメンバーは、「ずっと昔、空は地球にとても近かった」と報告しました。

The Wotjobaluk (central-western Victoria, Australia) “account for the space between the earth and the sky by saying that at one time they touched each other, that is to say, the sky lay on the earth”.
ウォトジョバルーク(オーストラリア、ビクトリア州中西部)は、「地球と空の間の空間を、かつては互いに接触した、つまり空が地球上にあると言って説明します」。

Again, a tribe of the Wiradjuri from the headwaters of the Murrumbidgee River (central New South Wales, Australia) held that …
繰り返しになりますが、モラムビジー川(オーストラリア、ニューサウスウェールズ州中央部)の源流からのウィラジュリ族はそれを保持しました…

“… the sky at one time in the ages ago was not up high where it now is.
「…昔の空は今ほど高くはありませんでした。

It was down so low to the ground that a man could not walk upright.
それは地面まで非常に低く、人が直立して歩くことができなかった。

Then no living thing stood erect.
すると、生き物は立っていませんでした。

… the sky was so low that a man could not stand upright, but was stooped as low as a wombat
… the sky
… was only a foot or two …”
…空が低すぎて男は直立できなかったが、ウォンバットのように低くかがんだ
…空は
…たった1、2フィートでした…」

Similarly, in Benin it “is said that in early times the sky was quite close, only about two meters from the earth …”
同様に、ベニンでは、「初期には、空は非常に近く、地球からわずか約2メートルだったと言われています…」

The Nuba (southern Sudan) agreed that “in the beginning the sky was low down and close to the earth, in fact it was so near that man could touch it.”
ヌバ(スーダン南部)は、「最初は空が低く、地球に近かった。実際、人が触れることができるほど近かった」と同意した。

The Yagua (northeastern Perú) contended:
‘Before the birth of the sun, the sky was low, low, almost caressing the earth.
ヤグア(ペルー北東部)は次のように主張しました:
「太陽が生まれる前は、空は低く、低く、ほとんど地球を撫でていました。

The worlds almost touched each other.
世界はほとんど互いに触れ合っていました。

It was, therefore, very easy to pass from one cosmic zone to another.’
したがって、ある宇宙ゾーンから別の宇宙ゾーンに移動するのは非常に簡単でした。」

Members of the Sikuani nation (the Orinoco river basin, Colombia) recalled a time when “the sky was rather low”, “the firmament was low”, “the sky still hung low”, and “the sky was not as it is now”, for “previously it had been very low”.
シクアニ国民(コロンビア、オリノコ川流域)のメンバーは、「空はかなり低かった」、「大空は低かった」、「空はまだ低く垂れ下がっていた」、「空は今のようではなかった」、「以前は非常に低かった」という時代を思い出しました。

The Nuu-chah-nulth (west coast of Vancouver Island, British Columbia) recalled the time when ‘the sky was still near the earth’.
ヌーチャヌルス語(ブリティッシュコロンビア州バンクーバー島の西海岸)は、「空はまだ地球の近くにあった」時を思い出しました。

And the Hopi of Oraibi (Navajo County, Arizona) claimed that, at the beginning of creation, “the people
… found the firmament, the ceiling of this world, low down upon the earth
– the floor of this world.”
そして、オレイビのホピ族(アリゾナ州ナヴァホ郡)は、創造の初めに、「人々は
…この世界の天井である大空を地球の低いところに見つけた
–この世界の床に。」

The excessively low height specified in many of these accounts is striking, bordering on the absurd.
これらのアカウントの多くで指定されている過度に低い高さは、不条理に接して居て、印象的です。

Yet the theme is solidly embedded in a web of internally consistent ideas.
それでも、テーマは内部的に一貫したアイデアのウェブにしっかりと埋め込まれています。

The concept of the proximate sky as a low-hanging ‘ceiling’ morphs into another staple of traditional cosmologies
– the notion that the sky used to be a solid ‘firmament’.
垂れ下がった「天井」としての近接する空の概念は、伝統的な宇宙論のもう1つの定番に変わります
–空はかつては堅実な「大空」であったという概念に。

As the natives of Kiribati (Micronesia) had it:
“… heaven … was like hard rock that stuck to the earth.
キリバスミクロネシア)の原住民がそれを持っていたように:
「…天国…は地球にくっついた固い岩のようでした。

And heaven and earth were called the Darkness and the Cleaving Together.
そして、天と地は、闇と劈開(割れ目にくっ付いたもの)と呼ばれていました。

… the heavens were not yet high
… In the beginning Heaven and Earth clove together.
…天はまだ高くありませんでした
…初めに、天と地は一緒にクローブ(つぼみ)でした。

… Heaven was a rock lying over Earth and rooted in the deep places of the Sea.”
…天国は地球の上に横たわり、海の深い場所に根ざした岩でした。」

The transition of this to the present condition is related in the ubiquitous tales of the ‘lifting of the sky’ or the ‘separation of sky and earth’, often by means of the axis mundi or world axis.
これの現在の状態への移行は、しばしばアクシス・ムンディまたは世界軸によって、「空の持ち上げ」または「空と地球の分離」の遍在する物語に関連しています。

The phenomenology of the polar aurora may help to build a new hypothesis from the ground up.
極オーロラの現象学は、ゼロから新しい仮説を構築するのに役立つかもしれません。

Lay observers have often likened contemporary aurorae to domes, tents, canopies, ceilings or floors, suggestive of a lowered ‘sky’.
光線の観察者は、現代のオーロラをドーム、テント、天蓋、天井、または床に例えていることが多く、「空」が低くなっていることを示唆しています。

For example, a Herbert Choate of Drexel, Nebraska, reported as follows on the great aurora of 14 May 1921:
“At 11 p. m. the heavens appeared like the roof of an immense gold-lined cave with stalactites (curtains) of light extending toward the earth.
たとえば、ネブラスカ州ドレクセルのハーバートチョートは、1921年5月14日の大オーロラについて次のように報告しました:
「午後11時。 m。 天は、地球に向かって伸びる光の鍾乳石(カーテン)を備えた巨大な金で裏打ちされた洞窟の屋根のように見えました。

Streamers of delicately tinted light shot up from every part of the horizon.
繊細な色合いの光のストリーマーが地平線のあらゆる部分から飛び出しました。

One Omaha newspaper likened the aurora to ‘a great tent of light that completely covered the city’.”
あるオマハの新聞は、オーロラを「街を完全に覆う大きな光のテント」に例えました。

At Springfield, Illinois, the same aurora was described as “a huge dome or canopy over the earth”.
イリノイ州スプリングフィールドでは、同じオーロラが「地球上の巨大なドームまたは天蓋」と表現されていました。

And an “unmarried shaman” from Ikogmut (lower Yukon, Alaska) experienced a cosmological vision in which he was not taken up into the sky, as one would expect, but the “sky” came down towards him
そして、イコグムット(アラスカ州ユーコン下流)の「未婚のシャーマン」は、予想通り空に引き上げられなかった宇宙論的ビジョンを経験しましたが、「空」は彼に向かって降りてきました

– in what was doubtless an auroral display:
–間違いなくオーロラルディスプレイでした:

“As night came on he fell asleep, and as he slept he saw the air filled with falling stars, and then that the sky was sinking toward him until finally it rested upon the hilltop so close that he had barely enough room to move about below it.”
「夜が来ると彼は眠りに落ちました、そして彼が眠ったとき、彼は流れ星で満たされた空気を見ました、そしてそれから彼は空が彼に向かって沈んでいるのを見ました、ついにそれが丘の頂上にとどまるまで、彼はその下を動き回るのにかろうじて十分なスペースを持っていました。」

Of course, such incidental reports cannot do justice to the mythology proper of the ‘low sky’, which referred to a prolonged condition prevailing during a distinct ‘age of myth’.
もちろん、そのような偶発的な報告は、明確な「神話の時代」の間に蔓延している長期の状態に言及した「低空」の本来の神話を正当化することはできません。


Even so, they do provide an important pointer to a promising solution.
それでも、それらは有望なソリューションへの重要な指針を提供します。

As a low-down, geomagnetic reversals and excursions are events during which the earth’s magnetic dipole field collapses and the magnetosphere contracts;
whether the one causes the other or vice versa is a chicken-and-egg problem.
ローダウンとして、地磁気逆転とエクスカーションは、地球の磁気双極子場が崩壊し、磁気圏が収縮するイベントです;
一方が他方を引き起こすか、またはその逆かは、鶏が先か卵が先かという問題です。

At any rate, the magnetopause is compressed onto the ionosphere, driving the aurora down to lower altitudes.
いずれにせよ、磁気圏境界面は電離層に圧縮され、オーロラをより低い高度に押し下げます。

Because the enfeebled magnetosphere is less efficient in deflecting in-flowing particles from the solar wind from the earth’s atmosphere, the intensity of auroral activity increases.
弱体化した磁気圏は、地球の大気からの太陽風から流入する粒子を偏向させる効率が低いため、オーロラ活動の強度が高まります。

And as the magnetic poles drift towards the equator and minor dip poles gain strength, the outcome is a dramatically enhanced, low-altitude aurora manifesting on a global scale
– lasting perhaps as long as the geomagnetic disturbance.
そして、磁極が赤道に向かってドリフトし、マイナーなディップポールが強さを増すにつれて、結果は劇的に強化された、地球規模で現れる低高度のオーロラになります
–おそらく地磁気擾乱と同じくらい長く続く。

Presumably, the eventual recovery of the magnetosphere and the dipole field would give the impression of a ‘heaving heaven’, just as creation myths worldwide attest to.
おそらく、磁気圏と双極子場の最終的な回復は、世界中の創造神話が証明しているように、「天国を盛り上げる」という印象を与えるでしょう。

Extracting historical information from myth is a touchy undertaking, but with such consistent testimony as outlined above it is simply incumbent on unbiased scholars to investigate the nexus of folk ideas concerning the former adjacency of the sky to the earth.
神話から歴史的情報を抽出することは厄介な仕事ですが、上で概説したような一貫した証言では、地球への空の以前の隣接に関する民俗思想の結びつきを調査することは偏見のない学者の義務です。

Geomagnetic excursions are known to have happened within the past 15,000 years and seem to provide a down-to-earth solution to the enigma of the oppressive sky.
地磁気エクスカーション(回遊)は過去15、000年以内に起こったことが知られており、そして、地球‐に‐下がる、抑圧的な空の謎に現実的な解決策を提供するようです。

Rens Van Der Sluijs
レンス・ファン・デル・スルージス

Mythopedia.info

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Troy: Homer’s Plasma Holocaust トロイ:ホーマーのプラズマホロコースト]

[Troy: Homer’s Plasma Holocaust トロイ:ホーマーのプラズマホロコースト
Peter Mungo Jupp September 16, 2013Picture of the Day

Detail of an Attic red-figure krater, c. 450–440 BCE. (Louvre)
Menelaus confronts Helen of Troy.
メネラーオスはトロイのヘレネーと対峙する。
――――――――
Sep 16, 2013
Part 1 “The Iliad”
パート1「イーリアス

トロイ戦争は、ハンサムなパリによる、魅惑的な(性欲をそそる)ヘレネー(ヘレン)の誘拐から始まりました。

私たちの物語は、かつて栄光に満ちたトロイの粉々になった燃える廃墟から始まります。

ゼウスの信じられないほどの宇宙の落雷によって荒廃し、ポセイドンの地震と洪水によって平らになり、アポロの天の火と致命的な疫病によって燃やされたトロイ。

ミケーネ時代の地中海沿岸の一部であり、執拗な戦争、壊滅的な疫病、干ばつ、飢饉、放棄を繰り返し受けたトロイ。

簡単に言えば、フランスの考古学者クロード・シェーファーの先駆的な足跡をたどり、電気的宇宙のパラダイムから古代のトロイ戦争を再解釈します。

シェーファーの研究は、大陸規模での一連の古代の大変動の危機が3000年から5000年前に起こったことを確認しました。

多数の中東の遺跡を調べたところ、ダーダネルス海峡(トルコ)のトロイからロシア、イラン、エジプトまで、古代中東全体が激しい地震によって少なくとも6回揺れ動いたことがわかりました。

層序は厳格でした;
最大10メートルの灰で隔てられています!

それらの文明は突然終了しました。

交通、商業、芸術の追求は終わり、すべての国の人口は間引きされました。

生存者は、疫病と飢饉で彼らの壊滅的な犠牲を払って、浮浪者と海賊になりました!

信じられないほど劇的な気候変動がその出来事と平行していた。

最近、エール大学のハーベイ・ワイスが「テル・レイラン」プロジェクトで確認しました。

ある例では、彼は300年の干ばつとそれに続く大規模な大陸全体の洪水を挙げています。

地震津波、気候変動、その他の自然の壊滅的な要因は、現代では見られない規模で大混乱を引き起こしました。

彼らは繁栄している文明を形作り、形を変え、破壊しました。

シェーファーの有名な結論は、当時は非常にファッショナブルではありませんでしたが、それ以来、彼は完全に立証されています:
「これらの大きな危機は、最も古代の文明の歴史的発展とそのメカニズムを以前よりもよく説明するでしょう、そして彼らは間違いなく人間の手から彼が持っていると思った偉大な歴史的出来事の指揮を奪うでしょう。」

それでも、彼は引き起こしたエージェント(原因)に戸惑いました。

それらの地震と洪水を引き起こしたのは何ですか?

不可解な事に、彼はそれらが最近観察されたものよりも10倍強力であることに気づきましたか?

私たちはこの謎を解こうとします。

歴史的な観点から、ホーマーのイーリアスは、高度に文明化されたミケーネ文明のギリシャ人を、素晴らしいサイロプ式の都市、繁栄する文明、そして誇り高い船の洗練されたコレクションで説明しています。

彼らは強力な国会議事堂トロイと共に恐るべきプリアモス王に対して配列され、ボスポラス海峡への今日のトルコの入り口を支配しました。

その戦略的な岬は、第一次世界大戦ガリポリの大失敗と同じシーンです。

好戦的なモードで、これらの2つの王国は、その周りで巨大な宇宙の戦いが天で激怒している間、10年間戦いました。

彼らは恐れの中で、彼らは神の介入を、戦う天空神に懇願しました、そして、彼らが介入して壊滅的な結果をもたらしました。

ギリシャの指導者アガメムノンは、彼が強烈な天国の主人を制御できると信じて、娘のイフィゲニアを犠牲にしました。

天空神のアレス、ゼウス、アポロ、アテナ、アフロディーテは、その混沌とした天体のドラマで、ギリシャ人かトロイの木馬のどちらかを味方しているようでした。

結局、トロイは浪費され、軍閥によってではなく、主に自然の力によって放棄されました。

トロイは、火事、地震、嵐、洪水によって何度も壊滅的な打撃を受けました!

トロイ戦争はほんの一話でした。

イーリアスからホーマーを引用する:
「ゼウスは地面を磨く。」

「ゼウスから排出(放電)されるメテオラ(流星)」

「ゼウスは高塔からもたらされ、他を破壊するだろう」

「ゼウス、都市の破壊者。」

「ゼウスは、軍隊の中に雷のフラッシュを送った。」

「致命的な疫病のアポロ」

「アポロ
― 9日神の矢印が雨が降った。」

「アテナ、町の聖人。」

「殺人師アレス、男性の肉屋、町の荒廃者。」

電気的宇宙の観点から、それらの記述は、彼の縮小されたプラズマ実験室実験でアンソニー・ペラットによって記載されているように、プラズマ放電事象を描写するように見える。

一例として、ゼウスの稲妻は古典的な実験室の不安定性を並行しています。

ペラットの主張は次の様なものでした、初期の世界のエピソードでは、「プラズマの不安定性」が人類によって目撃されていました。

X線、放射光、プラズモイド、局所的な磁気逆転、および多数の地球物理学的、天候、および放射効果を生成する放電は、人類に深刻な影響をもたらしたでしょう。

宇宙稲妻、泥、隕石、天体間の放電は、不安定なプラズマ放電事象を明確に示しています。

ウォル・ソーンヒルの主張は次の様なものです、地震とそれに伴う津波も、地下の地電流放電に起因する電気的事象であり、理論を同様に支持しています。

私の主張は、プラハ、飢饉、戦争がその電磁的ドラマの一部であることです。

何らかの方法で、新しいカオス的な電磁的パラダイムがそれらを引き起こす!

神話はこれを多くの方法でサポートしています。

1つの例はホーマーによってサポートされています、アポロを「致命的な疫病の彼」と引用している。

その時代の惑星がフレアモードであり、新しい高調波に予期せずに再調整されたことを証明できるでしょうか?

おそらく、これらのイベントは、彗星、コロナ質量放出、または私たちがもはや目撃していない他の宇宙効果に起因する可能性がありませんか?

率直に言って、私達には、絶対にわかりませんが、しかし、ホメロスヘロドトス、ヘシオドス、ストラボンによって書かれた神話と歴史の明快さは、ほんの数例を挙げると、荒廃です!

進行中の壊滅的なイベントは、長期間にわたって発生していました。

シェファ、イーモス・ニューア、ハーベイ・ウェイズ、マリー・アグネス・クーストなど多くの他の人たちが、黙示的な致命的なイベントを検証しました。

電気的ユニバースモデルは、今、原因に光を当てることができます!

だから、私たちは、ほとんどの現代の歴史家の主張、トロイア戦争は単なる神話または象徴性に満ちた誇張された絵だった事を受け入れません、考古学者を困惑させ続けてきた書面による歴史的証拠を調べてみましょう。

「トゥキュディデス」 「ペロポネスン・ウォーズ 」は、トロイの崩壊後の政治的混沌と経済欠乏の期間を伝えます。

ホーマーのその他の叙事詩「オデシーズ」は、「この戦争の余波」に関係している(第2章に記載されている)。

その恐ろしい期間は、人類の間の浪費、移住、混乱の時間でした!

ほぼ半世代の事象で、カーテンは地中海の盆地に降りていました。

エチオピア人、フリギア人、キンメリア人、リュディア人、スキタイ人イオニア人、カリア人、アマゾン人が地中海をさまよった、失われた部族として。

ストロボ引用したデモクレスでは、「トローアスのはるか北にあるリディアとイオニアで起こった特定の大地震を思い出します、彼らの行動によって、村が飲み込まれただけでなく、タンタロスの治世にスピル山が破壊されました。

そして、湖沼は沼地から生まれ、そして、潮汐波がトロードを飲み込んだ。

困惑した考古学者、リース・カーペンターは、彼の研究をうまくまとめた:
「後期ミケーネ文明が人間の介入によって追い出されたという兆候がないという事実にもかかわらず、"彼らは中央ペロポネソス半島を捨てたにもかかわらず、同様に南エーゲの島々をも放棄しました。

何らかの理由で、そして彼らがコントロールできなかった何らかの原因で、彼らはギリシャと南エーゲでの生活が耐えられず、彼らがとどまることができないことに気づきました。

何が彼らに彼らの町や村を避難させたのか。

それは疫病なのか飢饉なのか、それとも気候の変化なのか?」

答えは、ペラット不安定性からの致命的なシンクロトロン放射にありませんか?

パート2「オデッセイ」では、好奇心旺盛な脳が電磁気の続編に影響を与えている奇妙な時代を調べます。

Peter Mungo Jupp
ピーター・マンゴ・ジュップ

このエピソードの無料長編ビデオは、「今日の写真」の読者のための専用です。下のリンクをクリックし、パスワード:「walisgod」を入力します。
http://www.mungoflix.com/mungoflix/free-video-troy-iliad-ep1-d17/


――――――――
Sep 16, 2013
Part 1 “The Iliad”
パート1「イーリアス

The Trojan War began with the abduction of the tantalizing Helen by the handsome Paris.
トロイ戦争は、ハンサムなパリによる、魅惑的な(性欲をそそる)ヘレネー(ヘレン)の誘拐から始まりました。

Our saga begins in the shattered, burning ruins of a once glorious Troy.
私たちの物語は、かつて栄光に満ちたトロイの粉々になった燃える廃墟から始まります。

A Troy devastated by Zeus’s incredible cosmic thunderbolts, flattened by Poseidon’s earthquakes and floods, and burned by Apollo’s heavenly fire and deadly plagues.
ゼウスの信じられないほどの宇宙の落雷によって荒廃し、ポセイドンの地震と洪水によって平らになり、アポロの天の火と致命的な疫病によって燃やされたトロイ。

A Troy that was part of a Mycenaean Age Mediterranean basin that repeatedly suffered relentless war, devastating plague, drought, famine and abandonment.
ミケーネ時代の地中海沿岸の一部であり、執拗な戦争、壊滅的な疫病、干ばつ、飢饉、放棄を繰り返し受けたトロイ。

In brief we are to follow in French archaeologist Claude Schaeffer’s pioneering footsteps and reinterpret the ancient Trojan War from an Electric Universe paradigm.
簡単に言えば、フランスの考古学者クロード・シェーファーの先駆的な足跡をたどり、電気的宇宙のパラダイムから古代のトロイ戦争を再解釈します。

Schaeffer’s work confirmed that a series of ancient cataclysmic crises on a continental scale took place three to five thousand years ago.
シェーファーの研究は、大陸規模での一連の古代の大変動の危機が3000年から5000年前に起こったことを確認しました。

In his examination of numerous Middle Eastern sites, he found violent earthquakes had shaken the entire ancient Middle East, from Troy at the Dardanelles (Turkey), to Russia, Iran and Egypt at least six times!
多数の中東の遺跡を調べたところ、ダーダネルス海峡(トルコ)のトロイからロシア、イラン、エジプトまで、古代中東全体が激しい地震によって少なくとも6回揺れ動いたことがわかりました。

The stratigraphy was stark;
separated by up to ten meters of ash!
層序は厳格でした;
最大10メートルの灰で隔てられています!

Those civilizations were suddenly terminated.
それらの文明は突然終了しました。

Traffic, commerce, and pursuit of the arts ceased, and populations of all countries were decimated.
交通、商業、芸術の追求は終わり、すべての国の人口は間引きされました。

The survivors became vagrants and pirates with plagues and famine taking their devastating toll!
生存者は、疫病と飢饉で彼らの壊滅的な犠牲を払って、浮浪者と海賊になりました!

Incredibly dramatic climate change paralleled that event.
信じられないほど劇的な気候変動がその出来事と平行していた。

It has recently been confirmed by Yale’s Harvey Weiss in the “Tell Leilan” project.
最近、エール大学のハーベイ・ワイスが「テル・レイラン」プロジェクトで確認しました。

In one instance he cites three hundred years of drought followed by massive continent wide flooding.
ある例では、彼は300年の干ばつとそれに続く大規模な大陸全体の洪水を挙げています。

Earthquakes, tsunamis, climatic changes and other natural catastrophic agents wreaked havoc on a scale unseen in modern times.
地震津波、気候変動、その他の自然の壊滅的な要因は、現代では見られない規模で大混乱を引き起こしました。

They moulded, reshaped and destroyed thriving civilizations.
彼らは繁栄している文明を形作り、形を変え、破壊しました。

Schaeffer’s famous conclusion was very unfashionable at the time but he has since been totally vindicated:
“Those great crises will explain better than before, the historical development of the most ancient civilizations and its mechanism, and they will definitely take out of the hands of man the command of the great historical happenings we thought he possessed.”
シェーファーの有名な結論は、当時は非常にファッショナブルではありませんでしたが、それ以来、彼は完全に立証されています:
「これらの大きな危機は、最も古代の文明の歴史的発展とそのメカニズムを以前よりもよく説明するでしょう、そして彼らは間違いなく人間の手から彼が持っていると思った偉大な歴史的出来事の指揮を奪うでしょう。」

Yet, he puzzled over the causative agent.
それでも、彼は引き起こしたエージェント(原因)に戸惑いました。

What evoked those earthquakes and floods?
それらの地震と洪水を引き起こしたのは何ですか?

As puzzling, he observed they were ten times more powerful than any observed in recent times?
不可解な事に、彼はそれらが最近観察されたものよりも10倍強力であることに気づきましたか?

We will try to solve this mystery.
私たちはこの謎を解こうとします。

From an historical perspective, Homer’s Iliad describes the highly civilized Mycenaean Greeks with their fabulous Cyclopean cities, flourishing civilization and sophisticated collection of proud ships.
歴史的な観点から、ホーマーのイーリアスは、高度に文明化されたミケーネ文明のギリシャ人を、素晴らしいサイロプ式の都市、繁栄する文明、そして誇り高い船の洗練されたコレクションで説明しています。

They were arrayed against the formidable King Priam with his powerful capitol Troy, dominating what is today’s Turkish entrance to the Bosporus Sea.
彼らは強力な国会議事堂トロイと共に恐るべきプリアモス王に対して配列され、ボスポラス海峡への今日のトルコの入り口を支配しました。

That strategic headland is the same scene as the First World War’s Gallipoli debacle.
その戦略的な岬は、第一次世界大戦ガリポリの大失敗と同じシーンです。

In warlike mode, those two kingdoms battled for ten years while around them a huge cosmic battle raged in the heavens.
好戦的なモードで、これらの2つの王国は、その周りで巨大な宇宙の戦いが天で激怒している間、10年間戦いました。

In their fear they pleaded to the battling sky gods for divine intervention, and intervene they did with devastating results.
彼らは恐れの中で、彼らは神の介入を、戦う天空神に懇願しました、そして、彼らが介入して壊滅的な結果をもたらしました。

The Greek leader Agamemnon even sacrificed his daughter, Iphigenia, in the belief he could control the feisty heavenly host.
ギリシャの指導者アガメムノンは、彼が強烈な天国の主人を制御できると信じて、娘のイフィゲニアを犠牲にしました。

The sky gods Ares, Zeus, Apollo, Athena and Aphrodite seemed to take sides with either the Greeks or Trojans in that chaotic celestial drama.
天空神のアレス、ゼウス、アポロ、アテナ、アフロディーテは、その混沌とした天体のドラマで、ギリシャ人かトロイの木馬のどちらかを味方しているようでした。

In the end Troy was laid waste and abandoned not by warlords but primarily by the forces of nature.
結局、トロイは浪費され、軍閥によってではなく、主に自然の力によって放棄されました。

More than once Troy was devastated by fire, earthquakes, storms and floods!
トロイは、火事、地震、嵐、洪水によって何度も壊滅的な打撃を受けました!

The Trojan War was but one episode.
トロイ戦争はほんの一話でした。

Quoting Homer from the Iliad:
“Zeus lashes the ground.”
イーリアスからホーマーを引用する:
「ゼウスは地面を磨く。」

“A meteor that is discharged from Zeus.”
「ゼウスから排出(放電)されるメテオラ(流星)」

“Zeus bought down high towers and will destroy others.”
「ゼウスは高塔からもたらされ、他を破壊するだろう」

“Zeus destroyer of cities.”
「ゼウス、都市の破壊者。」

“Zeus sent a flash of lightning amongst the troops.”
「ゼウスは、軍隊の中に雷のフラッシュを送った。」

Apollo of the deadly plague.”
「致命的な疫病のアポロ」

Apollo
– nine days the god’s arrows rained.”
「アポロ
― 9日神の矢印が雨が降った。」

“Athena sacker of towns.”
「アテナ、町の聖人。」

“Murderous Ares, butcher of men sacker of towns.”
「殺人師アレス、男性の肉屋、町の荒廃者。」

From an Electric Universe perspective, those descriptions seem to portray plasma discharge events as described by Anthony Peratt in his scaled down plasma laboratory experiments.
電気的宇宙の観点から、それらの記述は、彼の縮小されたプラズマ実験室実験でアンソニー・ペラットによって記載されているように、プラズマ放電事象を描写するように見える。

As an example, Zeus’s thunderbolt parallels a classic laboratory instability.
一例として、ゼウスの稲妻は古典的な実験室の不安定性を並行しています。

Peratt’s contention was, that in earlier world episodes, “plasma instabilities” had been witnessed by mankind.
ペラットの主張は次の様なものでした、初期の世界のエピソードでは、「プラズマの不安定性」が人類によって目撃されていました。

Discharges generating X-rays, synchrotron radiation, plasmoids, local magnetic reversals and a host of geophysical, weather and radiation effects would have led to serious repercussions for mankind.
X線、放射光、プラズモイド、局所的な磁気逆転、および多数の地球物理学的、天候、および放射効果を生成する放電は、人類に深刻な影響をもたらしたでしょう。

Allusions to cosmic thunderbolts, darts, meteorites and discharges between heavenly bodies clearly demonstrate unstable plasma discharge events.
宇宙稲妻、泥、隕石、天体間の放電は、不安定なプラズマ放電事象を明確に示しています。

Wal Thornhill’s contention that earthquakes and resultant tsunamis are also electrical events resulting from underground telluric current discharges is equally supportive of the theory.
ウォルソーンヒルの主張は次の様なものです、地震とそれに伴う津波も、地下の地電流放電に起因する電気的事象であり、理論を同様に支持しています。

My contention is that plague, famine and war were part of that electromagnetic drama.
私の主張は、プラハ、飢饉、戦争がその電磁的ドラマの一部であることです。

In some way a new chaotic electromagnetic paradigm causes them!
何らかの方法で、新しいカオス的な電磁的パラダイムがそれらを引き起こす!

Mythology supports this in many ways.
神話はこれを多くの方法でサポートしています。

An example is supported by Homer, citing Apollo as, “He of the deadly plague.”
1つの例はホーマーによってサポートされています、アポロを「致命的な疫病の彼」と引用している。

Can we prove that the planets of that era were in flare mode and unpredictably readjusting to a new harmonic?
その時代の惑星がフレアモードであり、新しい高調波に予期せずに再調整されたことを証明できるでしょうか?

Perhaps those events could be ascribed to comets, coronal mass ejections or other cosmic effects to which we are no longer witness?
おそらく、これらのイベントは、彗星、コロナ質量放出、または私たちがもはや目撃していない他の宇宙効果に起因する可能性がありませんか?

Bluntly, we don’t know absolutely, but the clarity of the mythology and history as written by Homer, Herodotus, Hesiod and Strabo, to name only a few is stark!
率直に言って、私達には、絶対にわかりませんが、しかし、ホメロスヘロドトス、ヘシオドス、ストラボンによって書かれた神話と歴史の明快さは、ほんの数例を挙げると、荒廃です!

Ongoing catastrophic events were occurring over an extended period of time.
進行中の壊滅的なイベントは、長期間にわたって発生していました。

Modern scholars such as Schaeffer, Amos Nur, Harvey Weiss, Marie Agnes Courty and many others have verified those inexplicable catastrophic events.
シェファ、イーモス・ニューア、ハーベイ・ウェイズ、マリー・アグネス・クーストなど多くの他の人たちが、黙示的な致命的なイベントを検証しました。

The Electric Universe model can now shed light on the cause!
電気的ユニバースモデルは、今、原因に光を当てることができます!

So, lest we accept most modern historians claim that the Trojan War was merely myth or an exaggerated picture full of symbolism, let’s examine the written historical evidence that has continued to puzzle archaeologists.
だから、私たちは、ほとんどの現代の歴史家の主張、トロイア戦争は単なる神話または象徴性に満ちた誇張された絵だった事を受け入れません、考古学者を困惑させ続けてきた書面による歴史的証拠を調べてみましょう。

Thucydides’ “Peloponnesian Wars” tells of a period of political chaos and economic deprivation after the fall of Troy.
「トゥキュディデス」 「ペロポネスン・ウォーズ 」は、トロイの崩壊後の政治的混沌と経済欠乏の期間を伝えます。

Homer’s other epic the “Odyssey” relates to the “aftermath of this war” (to be described in part 2).
ホーマーのその他の叙事詩「オデシーズ」は、「この戦争の余波」に関係している(第2章に記載されている)。

That dizzy period was a time of wandering, migration and confusion amongst humanity!
その恐ろしい期間は、人類の間の浪費、移住、混乱の時間でした!

In a matter of hardly half a generation, a curtain descended on the Mediterranean basin.
ほぼ半世代の事象で、カーテンは地中海の盆地に降りていました。

Ethiopians, Phrygians, Cimmerians, Lydians, Scythians, Ionians, Carians and Amazons wandered the Mediterranean as lost tribes.
エチオピア人、フリギア人、キンメリア人、リュディア人、スキタイ人イオニア人、カリア人、アマゾン人が地中海をさまよった、失われた部族として。

Strabo cited Democles,“who recalls certain great earthquakes some of which long ago took place about Lydia and Ionia as far north as the Troad, and by their action not only were villages swallowed up, but Mount Sipylus was shattered, in the reign of Tantalus.
ストロボ引用したデモクレスでは、「トローアスのはるか北にあるリディアとイオニアで起こった特定の大地震を思い出します、彼らの行動によって、村が飲み込まれただけでなく、タンタロスの治世にスピル山が破壊されました。

And lakes arose from swamps, and a tidal wave submerged the Troad.”
そして、湖沼は沼地から生まれ、そして、潮汐波がトロードを飲み込んだ。

The puzzled archaeologist, Rhys Carpenter, summed-up his research nicely:
“Despite the fact that there is no indication that the late Mycenaean’s were driven out by any human intervention, they abandoned the south Aegean islands even as they deserted the central Peloponnese.
困惑した考古学者、リース・カーペンターは、彼の研究をうまくまとめた:
「後期ミケーネ文明が人間の介入によって追い出されたという兆候がないという事実にもかかわらず、"彼らは中央ペロポネソス半島を捨てたにもかかわらず、同様に南エーゲの島々をも放棄しました。

For some reason and for some cause over which they had no control they found life in Greece and in the southern Aegean so unendurable that they could not remain.
何らかの理由で、そして彼らがコントロールできなかった何らかの原因で、彼らはギリシャと南エーゲでの生活が耐えられず、彼らがとどまることができないことに気づきました。

What caused them to evacuate their towns and villages.
何が彼らに彼らの町や村を避難させたのか。

Was it a pestilence or a famine, was it a change of climate?”
それは疫病なのか飢饉なのか、それとも気候の変化なのか?」

Does the answer lie in deadly synchrotron radiation from a Peratt instability?
答えは、ペラット不安定性からの致命的なシンクロトロン放射にありませんか?

In part 2, “The Odyssey,” we will examine that strange era with its curious brain affecting electromagnetic sequel.
パート2「オデッセイ」では、好奇心旺盛な脳が電磁気の続編に影響を与えている奇妙な時代を調べます。

Peter Mungo Jupp
ピーター・マンゴ・ジュップ

FREE full length video of this episode exclusively for Thunderbolts Picture of the Day readers. Click on the link below and enter the password walisgod.
このエピソードの無料長編ビデオは、「今日の写真」の読者のための専用です。下のリンクをクリックし、パスワード:「walisgod」を入力します。
http://www.mungoflix.com/mungoflix/free-video-troy-iliad-ep1-d17/


――――――――
Sep 16, 2013
Part 1 “The Iliad”
パート1「イーリアス

The Trojan War began with the abduction of the tantalizing Helen by the handsome Paris.
トロイ戦争は、ハンサムなパリによる、魅惑的な(性欲をそそる)ヘレネー(ヘレン)の誘拐から始まりました。

Our saga begins in the shattered, burning ruins of a once glorious Troy.
私たちの物語は、かつて栄光に満ちたトロイの粉々になった燃える廃墟から始まります。

A Troy devastated by Zeus’s incredible cosmic thunderbolts, flattened by Poseidon’s earthquakes and floods, and burned by Apollo’s heavenly fire and deadly plagues.
ゼウスの信じられないほどの宇宙の落雷によって荒廃し、ポセイドンの地震と洪水によって平らになり、アポロの天の火と致命的な疫病によって燃やされたトロイ。

A Troy that was part of a Mycenaean Age Mediterranean basin that repeatedly suffered relentless war, devastating plague, drought, famine and abandonment.
ミケーネ時代の地中海沿岸の一部であり、執拗な戦争、壊滅的な疫病、干ばつ、飢饉、放棄を繰り返し受けたトロイ。

In brief we are to follow in French archaeologist Claude Schaeffer’s pioneering footsteps and reinterpret the ancient Trojan War from an Electric Universe paradigm.
簡単に言えば、フランスの考古学者クロード・シェーファーの先駆的な足跡をたどり、電気的宇宙のパラダイムから古代のトロイ戦争を再解釈します。

Schaeffer’s work confirmed that a series of ancient cataclysmic crises on a continental scale took place three to five thousand years ago.
シェーファーの研究は、大陸規模での一連の古代の大変動の危機が3000年から5000年前に起こったことを確認しました。

In his examination of numerous Middle Eastern sites, he found violent earthquakes had shaken the entire ancient Middle East, from Troy at the Dardanelles (Turkey), to Russia, Iran and Egypt at least six times!
多数の中東の遺跡を調べたところ、ダーダネルス海峡(トルコ)のトロイからロシア、イラン、エジプトまで、古代中東全体が激しい地震によって少なくとも6回揺れ動いたことがわかりました。

The stratigraphy was stark;
separated by up to ten meters of ash!
層序は厳格でした;
最大10メートルの灰で隔てられています!

Those civilizations were suddenly terminated.
それらの文明は突然終了しました。

Traffic, commerce, and pursuit of the arts ceased, and populations of all countries were decimated.
交通、商業、芸術の追求は終わり、すべての国の人口は間引きされました。

The survivors became vagrants and pirates with plagues and famine taking their devastating toll!
生存者は、疫病と飢饉で彼らの壊滅的な犠牲を払って、浮浪者と海賊になりました!

Incredibly dramatic climate change paralleled that event.
信じられないほど劇的な気候変動がその出来事と平行していた。

It has recently been confirmed by Yale’s Harvey Weiss in the “Tell Leilan” project.
最近、エール大学のハーベイ・ワイスが「テル・レイラン」プロジェクトで確認しました。

In one instance he cites three hundred years of drought followed by massive continent wide flooding.
ある例では、彼は300年の干ばつとそれに続く大規模な大陸全体の洪水を挙げています。

Earthquakes, tsunamis, climatic changes and other natural catastrophic agents wreaked havoc on a scale unseen in modern times.
地震津波、気候変動、その他の自然の壊滅的な要因は、現代では見られない規模で大混乱を引き起こしました。

They moulded, reshaped and destroyed thriving civilizations.
彼らは繁栄している文明を形作り、形を変え、破壊しました。

Schaeffer’s famous conclusion was very unfashionable at the time but he has since been totally vindicated:
“Those great crises will explain better than before, the historical development of the most ancient civilizations and its mechanism, and they will definitely take out of the hands of man the command of the great historical happenings we thought he possessed.”
シェーファーの有名な結論は、当時は非常にファッショナブルではありませんでしたが、それ以来、彼は完全に立証されています:
「これらの大きな危機は、最も古代の文明の歴史的発展とそのメカニズムを以前よりもよく説明するでしょう、そして彼らは間違いなく人間の手から彼が持っていると思った偉大な歴史的出来事の指揮を奪うでしょう。」

Yet, he puzzled over the causative agent.
それでも、彼は引き起こしたエージェント(原因)に戸惑いました。

What evoked those earthquakes and floods?
それらの地震と洪水を引き起こしたのは何ですか?

As puzzling, he observed they were ten times more powerful than any observed in recent times?
不可解な事に、彼はそれらが最近観察されたものよりも10倍強力であることに気づきましたか?

We will try to solve this mystery.
私たちはこの謎を解こうとします。

From an historical perspective, Homer’s Iliad describes the highly civilized Mycenaean Greeks with their fabulous Cyclopean cities, flourishing civilization and sophisticated collection of proud ships.
歴史的な観点から、ホーマーのイーリアスは、高度に文明化されたミケーネ文明のギリシャ人を、素晴らしいサイロプ式の都市、繁栄する文明、そして誇り高い船の洗練されたコレクションで説明しています。

They were arrayed against the formidable King Priam with his powerful capitol Troy, dominating what is today’s Turkish entrance to the Bosporus Sea.
彼らは強力な国会議事堂トロイと共に恐るべきプリアモス王に対して配列され、ボスポラス海峡への今日のトルコの入り口を支配しました。

That strategic headland is the same scene as the First World War’s Gallipoli debacle.
その戦略的な岬は、第一次世界大戦ガリポリの大失敗と同じシーンです。

In warlike mode, those two kingdoms battled for ten years while around them a huge cosmic battle raged in the heavens.
好戦的なモードで、これらの2つの王国は、その周りで巨大な宇宙の戦いが天で激怒している間、10年間戦いました。

In their fear they pleaded to the battling sky gods for divine intervention, and intervene they did with devastating results.
彼らは恐れの中で、彼らは神の介入を、戦う天空神に懇願しました、そして、彼らが介入して壊滅的な結果をもたらしました。

The Greek leader Agamemnon even sacrificed his daughter, Iphigenia, in the belief he could control the feisty heavenly host.
ギリシャの指導者アガメムノンは、彼が強烈な天国の主人を制御できると信じて、娘のイフィゲニアを犠牲にしました。

The sky gods Ares, Zeus, Apollo, Athena and Aphrodite seemed to take sides with either the Greeks or Trojans in that chaotic celestial drama.
天空神のアレス、ゼウス、アポロ、アテナ、アフロディーテは、その混沌とした天体のドラマで、ギリシャ人かトロイの木馬のどちらかを味方しているようでした。

In the end Troy was laid waste and abandoned not by warlords but primarily by the forces of nature.
結局、トロイは浪費され、軍閥によってではなく、主に自然の力によって放棄されました。

More than once Troy was devastated by fire, earthquakes, storms and floods!
トロイは、火事、地震、嵐、洪水によって何度も壊滅的な打撃を受けました!

The Trojan War was but one episode.
トロイ戦争はほんの一話でした。

Quoting Homer from the Iliad:
“Zeus lashes the ground.”
イーリアスからホーマーを引用する:
「ゼウスは地面を磨く。」

“A meteor that is discharged from Zeus.”
「ゼウスから排出(放電)されるメテオラ(流星)」

“Zeus bought down high towers and will destroy others.”
「ゼウスは高塔からもたらされ、他を破壊するだろう」

“Zeus destroyer of cities.”
「ゼウス、都市の破壊者。」

“Zeus sent a flash of lightning amongst the troops.”
「ゼウスは、軍隊の中に雷のフラッシュを送った。」

Apollo of the deadly plague.”
「致命的な疫病のアポロ」

Apollo
– nine days the god’s arrows rained.”
「アポロ
― 9日神の矢印が雨が降った。」

“Athena sacker of towns.”
「アテナ、町の聖人。」

“Murderous Ares, butcher of men sacker of towns.”
「殺人師アレス、男性の肉屋、町の荒廃者。」

From an Electric Universe perspective, those descriptions seem to portray plasma discharge events as described by Anthony Peratt in his scaled down plasma laboratory experiments.
電気的宇宙の観点から、それらの記述は、彼の縮小されたプラズマ実験室実験でアンソニー・ペラットによって記載されているように、プラズマ放電事象を描写するように見える。

As an example, Zeus’s thunderbolt parallels a classic laboratory instability.
一例として、ゼウスの稲妻は古典的な実験室の不安定性を並行しています。

Peratt’s contention was, that in earlier world episodes, “plasma instabilities” had been witnessed by mankind.
ペラットの主張は次の様なものでした、初期の世界のエピソードでは、「プラズマの不安定性」が人類によって目撃されていました。

Discharges generating X-rays, synchrotron radiation, plasmoids, local magnetic reversals and a host of geophysical, weather and radiation effects would have led to serious repercussions for mankind.
X線、放射光、プラズモイド、局所的な磁気逆転、および多数の地球物理学的、天候、および放射効果を生成する放電は、人類に深刻な影響をもたらしたでしょう。

Allusions to cosmic thunderbolts, darts, meteorites and discharges between heavenly bodies clearly demonstrate unstable plasma discharge events.
宇宙稲妻、泥、隕石、天体間の放電は、不安定なプラズマ放電事象を明確に示しています。

Wal Thornhill’s contention that earthquakes and resultant tsunamis are also electrical events resulting from underground telluric current discharges is equally supportive of the theory.
ウォルソーンヒルの主張は次の様なものです、地震とそれに伴う津波も、地下の地電流放電に起因する電気的事象であり、理論を同様に支持しています。

My contention is that plague, famine and war were part of that electromagnetic drama.
私の主張は、プラハ、飢饉、戦争がその電磁的ドラマの一部であることです。

In some way a new chaotic electromagnetic paradigm causes them!
何らかの方法で、新しいカオス的な電磁的パラダイムがそれらを引き起こす!

Mythology supports this in many ways.
神話はこれを多くの方法でサポートしています。

An example is supported by Homer, citing Apollo as, “He of the deadly plague.”
1つの例はホーマーによってサポートされています、アポロを「致命的な疫病の彼」と引用している。

Can we prove that the planets of that era were in flare mode and unpredictably readjusting to a new harmonic?
その時代の惑星がフレアモードであり、新しい高調波に予期せずに再調整されたことを証明できるでしょうか?

Perhaps those events could be ascribed to comets, coronal mass ejections or other cosmic effects to which we are no longer witness?
おそらく、これらのイベントは、彗星、コロナ質量放出、または私たちがもはや目撃していない他の宇宙効果に起因する可能性がありませんか?

Bluntly, we don’t know absolutely, but the clarity of the mythology and history as written by Homer, Herodotus, Hesiod and Strabo, to name only a few is stark!
率直に言って、私達には、絶対にわかりませんが、しかし、ホメロスヘロドトス、ヘシオドス、ストラボンによって書かれた神話と歴史の明快さは、ほんの数例を挙げると、荒廃です!

Ongoing catastrophic events were occurring over an extended period of time.
進行中の壊滅的なイベントは、長期間にわたって発生していました。

Modern scholars such as Schaeffer, Amos Nur, Harvey Weiss, Marie Agnes Courty and many others have verified those inexplicable catastrophic events.
シェファ、イーモス・ニューア、ハーベイ・ウェイズ、マリー・アグネス・クーストなど多くの他の人たちが、黙示的な致命的なイベントを検証しました。

The Electric Universe model can now shed light on the cause!
電気的ユニバースモデルは、今、原因に光を当てることができます!

So, lest we accept most modern historians claim that the Trojan War was merely myth or an exaggerated picture full of symbolism, let’s examine the written historical evidence that has continued to puzzle archaeologists.
だから、私たちは、ほとんどの現代の歴史家の主張、トロイア戦争は単なる神話または象徴性に満ちた誇張された絵だった事を受け入れません、考古学者を困惑させ続けてきた書面による歴史的証拠を調べてみましょう。

Thucydides’ “Peloponnesian Wars” tells of a period of political chaos and economic deprivation after the fall of Troy.
「トゥキュディデス」 「ペロポネスン・ウォーズ 」は、トロイの崩壊後の政治的混沌と経済欠乏の期間を伝えます。

Homer’s other epic the “Odyssey” relates to the “aftermath of this war” (to be described in part 2).
ホーマーのその他の叙事詩「オデシーズ」は、「この戦争の余波」に関係している(第2章に記載されている)。

That dizzy period was a time of wandering, migration and confusion amongst humanity!
その恐ろしい期間は、人類の間の浪費、移住、混乱の時間でした!

In a matter of hardly half a generation, a curtain descended on the Mediterranean basin.
ほぼ半世代の事象で、カーテンは地中海の盆地に降りていました。

Ethiopians, Phrygians, Cimmerians, Lydians, Scythians, Ionians, Carians and Amazons wandered the Mediterranean as lost tribes.
エチオピア人、フリギア人、キンメリア人、リュディア人、スキタイ人イオニア人、カリア人、アマゾン人が地中海をさまよった、失われた部族として。

Strabo cited Democles,“who recalls certain great earthquakes some of which long ago took place about Lydia and Ionia as far north as the Troad, and by their action not only were villages swallowed up, but Mount Sipylus was shattered, in the reign of Tantalus.
ストロボ引用したデモクレスでは、「トローアスのはるか北にあるリディアとイオニアで起こった特定の大地震を思い出します、彼らの行動によって、村が飲み込まれただけでなく、タンタロスの治世にスピル山が破壊されました。

And lakes arose from swamps, and a tidal wave submerged the Troad.”
そして、湖沼は沼地から生まれ、そして、潮汐波がトロードを飲み込んだ。

The puzzled archaeologist, Rhys Carpenter, summed-up his research nicely:
“Despite the fact that there is no indication that the late Mycenaean’s were driven out by any human intervention, they abandoned the south Aegean islands even as they deserted the central Peloponnese.
困惑した考古学者、リース・カーペンターは、彼の研究をうまくまとめた:
「後期ミケーネ文明が人間の介入によって追い出されたという兆候がないという事実にもかかわらず、"彼らは中央ペロポネソス半島を捨てたにもかかわらず、同様に南エーゲの島々をも放棄しました。

For some reason and for some cause over which they had no control they found life in Greece and in the southern Aegean so unendurable that they could not remain.
何らかの理由で、そして彼らがコントロールできなかった何らかの原因で、彼らはギリシャと南エーゲでの生活が耐えられず、彼らがとどまることができないことに気づきました。

What caused them to evacuate their towns and villages.
何が彼らに彼らの町や村を避難させたのか。

Was it a pestilence or a famine, was it a change of climate?”
それは疫病なのか飢饉なのか、それとも気候の変化なのか?」

Does the answer lie in deadly synchrotron radiation from a Peratt instability?
答えは、ペラット不安定性からの致命的なシンクロトロン放射にありませんか?

In part 2, “The Odyssey,” we will examine that strange era with its curious brain affecting electromagnetic sequel.
パート2「オデッセイ」では、好奇心旺盛な脳が電磁気の続編に影響を与えている奇妙な時代を調べます。

Peter Mungo Jupp
ピーター・マンゴ・ジュップ

FREE full length video of this episode exclusively for Thunderbolts Picture of the Day readers. Click on the link below and enter the password walisgod.
このエピソードの無料長編ビデオは、「今日の写真」の読者のための専用です。下のリンクをクリックし、パスワード:「walisgod」を入力します。
http://www.mungoflix.com/mungoflix/free-video-troy-iliad-ep1-d17/


――――――――
Sep 16, 2013
Part 1 “The Iliad”
パート1「イーリアス

The Trojan War began with the abduction of the tantalizing Helen by the handsome Paris.
トロイ戦争は、ハンサムなパリによる、魅惑的な(性欲をそそる)ヘレネー(ヘレン)の誘拐から始まりました。

Our saga begins in the shattered, burning ruins of a once glorious Troy.
私たちの物語は、かつて栄光に満ちたトロイの粉々になった燃える廃墟から始まります。

A Troy devastated by Zeus’s incredible cosmic thunderbolts, flattened by Poseidon’s earthquakes and floods, and burned by Apollo’s heavenly fire and deadly plagues.
ゼウスの信じられないほどの宇宙の落雷によって荒廃し、ポセイドンの地震と洪水によって平らになり、アポロの天の火と致命的な疫病によって燃やされたトロイ。

A Troy that was part of a Mycenaean Age Mediterranean basin that repeatedly suffered relentless war, devastating plague, drought, famine and abandonment.
ミケーネ時代の地中海沿岸の一部であり、執拗な戦争、壊滅的な疫病、干ばつ、飢饉、放棄を繰り返し受けたトロイ。

In brief we are to follow in French archaeologist Claude Schaeffer’s pioneering footsteps and reinterpret the ancient Trojan War from an Electric Universe paradigm.
簡単に言えば、フランスの考古学者クロード・シェーファーの先駆的な足跡をたどり、電気的宇宙のパラダイムから古代のトロイ戦争を再解釈します。

Schaeffer’s work confirmed that a series of ancient cataclysmic crises on a continental scale took place three to five thousand years ago.
シェーファーの研究は、大陸規模での一連の古代の大変動の危機が3000年から5000年前に起こったことを確認しました。

In his examination of numerous Middle Eastern sites, he found violent earthquakes had shaken the entire ancient Middle East, from Troy at the Dardanelles (Turkey), to Russia, Iran and Egypt at least six times!
多数の中東の遺跡を調べたところ、ダーダネルス海峡(トルコ)のトロイからロシア、イラン、エジプトまで、古代中東全体が激しい地震によって少なくとも6回揺れ動いたことがわかりました。

The stratigraphy was stark;
separated by up to ten meters of ash!
層序は厳格でした;
最大10メートルの灰で隔てられています!

Those civilizations were suddenly terminated.
それらの文明は突然終了しました。

Traffic, commerce, and pursuit of the arts ceased, and populations of all countries were decimated.
交通、商業、芸術の追求は終わり、すべての国の人口は間引きされました。

The survivors became vagrants and pirates with plagues and famine taking their devastating toll!
生存者は、疫病と飢饉で彼らの壊滅的な犠牲を払って、浮浪者と海賊になりました!

Incredibly dramatic climate change paralleled that event.
信じられないほど劇的な気候変動がその出来事と平行していた。

It has recently been confirmed by Yale’s Harvey Weiss in the “Tell Leilan” project.
最近、エール大学のハーベイ・ワイスが「テル・レイラン」プロジェクトで確認しました。

In one instance he cites three hundred years of drought followed by massive continent wide flooding.
ある例では、彼は300年の干ばつとそれに続く大規模な大陸全体の洪水を挙げています。

Earthquakes, tsunamis, climatic changes and other natural catastrophic agents wreaked havoc on a scale unseen in modern times.
地震津波、気候変動、その他の自然の壊滅的な要因は、現代では見られない規模で大混乱を引き起こしました。

They moulded, reshaped and destroyed thriving civilizations.
彼らは繁栄している文明を形作り、形を変え、破壊しました。

Schaeffer’s famous conclusion was very unfashionable at the time but he has since been totally vindicated:
“Those great crises will explain better than before, the historical development of the most ancient civilizations and its mechanism, and they will definitely take out of the hands of man the command of the great historical happenings we thought he possessed.”
シェーファーの有名な結論は、当時は非常にファッショナブルではありませんでしたが、それ以来、彼は完全に立証されています:
「これらの大きな危機は、最も古代の文明の歴史的発展とそのメカニズムを以前よりもよく説明するでしょう、そして彼らは間違いなく人間の手から彼が持っていると思った偉大な歴史的出来事の指揮を奪うでしょう。」

Yet, he puzzled over the causative agent.
それでも、彼は引き起こしたエージェント(原因)に戸惑いました。

What evoked those earthquakes and floods?
それらの地震と洪水を引き起こしたのは何ですか?

As puzzling, he observed they were ten times more powerful than any observed in recent times?
不可解な事に、彼はそれらが最近観察されたものよりも10倍強力であることに気づきましたか?

We will try to solve this mystery.
私たちはこの謎を解こうとします。

From an historical perspective, Homer’s Iliad describes the highly civilized Mycenaean Greeks with their fabulous Cyclopean cities, flourishing civilization and sophisticated collection of proud ships.
歴史的な観点から、ホーマーのイーリアスは、高度に文明化されたミケーネ文明のギリシャ人を、素晴らしいサイロプ式の都市、繁栄する文明、そして誇り高い船の洗練されたコレクションで説明しています。

They were arrayed against the formidable King Priam with his powerful capitol Troy, dominating what is today’s Turkish entrance to the Bosporus Sea.
彼らは強力な国会議事堂トロイと共に恐るべきプリアモス王に対して配列され、ボスポラス海峡への今日のトルコの入り口を支配しました。

That strategic headland is the same scene as the First World War’s Gallipoli debacle.
その戦略的な岬は、第一次世界大戦ガリポリの大失敗と同じシーンです。

In warlike mode, those two kingdoms battled for ten years while around them a huge cosmic battle raged in the heavens.
好戦的なモードで、これらの2つの王国は、その周りで巨大な宇宙の戦いが天で激怒している間、10年間戦いました。

In their fear they pleaded to the battling sky gods for divine intervention, and intervene they did with devastating results.
彼らは恐れの中で、彼らは神の介入を、戦う天空神に懇願しました、そして、彼らが介入して壊滅的な結果をもたらしました。

The Greek leader Agamemnon even sacrificed his daughter, Iphigenia, in the belief he could control the feisty heavenly host.
ギリシャの指導者アガメムノンは、彼が強烈な天国の主人を制御できると信じて、娘のイフィゲニアを犠牲にしました。

The sky gods Ares, Zeus, Apollo, Athena and Aphrodite seemed to take sides with either the Greeks or Trojans in that chaotic celestial drama.
天空神のアレス、ゼウス、アポロ、アテナ、アフロディーテは、その混沌とした天体のドラマで、ギリシャ人かトロイの木馬のどちらかを味方しているようでした。

In the end Troy was laid waste and abandoned not by warlords but primarily by the forces of nature.
結局、トロイは浪費され、軍閥によってではなく、主に自然の力によって放棄されました。

More than once Troy was devastated by fire, earthquakes, storms and floods!
トロイは、火事、地震、嵐、洪水によって何度も壊滅的な打撃を受けました!

The Trojan War was but one episode.
トロイ戦争はほんの一話でした。

Quoting Homer from the Iliad:
“Zeus lashes the ground.”
イーリアスからホーマーを引用する:
「ゼウスは地面を磨く。」

“A meteor that is discharged from Zeus.”
「ゼウスから排出(放電)されるメテオラ(流星)」

“Zeus bought down high towers and will destroy others.”
「ゼウスは高塔からもたらされ、他を破壊するだろう」

“Zeus destroyer of cities.”
「ゼウス、都市の破壊者。」

“Zeus sent a flash of lightning amongst the troops.”
「ゼウスは、軍隊の中に雷のフラッシュを送った。」

Apollo of the deadly plague.”
「致命的な疫病のアポロ」

Apollo
– nine days the god’s arrows rained.”
「アポロ
― 9日神の矢印が雨が降った。」

“Athena sacker of towns.”
「アテナ、町の聖人。」

“Murderous Ares, butcher of men sacker of towns.”
「殺人師アレス、男性の肉屋、町の荒廃者。」

From an Electric Universe perspective, those descriptions seem to portray plasma discharge events as described by Anthony Peratt in his scaled down plasma laboratory experiments.
電気的宇宙の観点から、それらの記述は、彼の縮小されたプラズマ実験室実験でアンソニー・ペラットによって記載されているように、プラズマ放電事象を描写するように見える。

As an example, Zeus’s thunderbolt parallels a classic laboratory instability.
一例として、ゼウスの稲妻は古典的な実験室の不安定性を並行しています。

Peratt’s contention was, that in earlier world episodes, “plasma instabilities” had been witnessed by mankind.
ペラットの主張は次の様なものでした、初期の世界のエピソードでは、「プラズマの不安定性」が人類によって目撃されていました。

Discharges generating X-rays, synchrotron radiation, plasmoids, local magnetic reversals and a host of geophysical, weather and radiation effects would have led to serious repercussions for mankind.
X線、放射光、プラズモイド、局所的な磁気逆転、および多数の地球物理学的、天候、および放射効果を生成する放電は、人類に深刻な影響をもたらしたでしょう。

Allusions to cosmic thunderbolts, darts, meteorites and discharges between heavenly bodies clearly demonstrate unstable plasma discharge events.
宇宙稲妻、泥、隕石、天体間の放電は、不安定なプラズマ放電事象を明確に示しています。

Wal Thornhill’s contention that earthquakes and resultant tsunamis are also electrical events resulting from underground telluric current discharges is equally supportive of the theory.
ウォルソーンヒルの主張は次の様なものです、地震とそれに伴う津波も、地下の地電流放電に起因する電気的事象であり、理論を同様に支持しています。

My contention is that plague, famine and war were part of that electromagnetic drama.
私の主張は、プラハ、飢饉、戦争がその電磁的ドラマの一部であることです。

In some way a new chaotic electromagnetic paradigm causes them!
何らかの方法で、新しいカオス的な電磁的パラダイムがそれらを引き起こす!

Mythology supports this in many ways.
神話はこれを多くの方法でサポートしています。

An example is supported by Homer, citing Apollo as, “He of the deadly plague.”
1つの例はホーマーによってサポートされています、アポロを「致命的な疫病の彼」と引用している。

Can we prove that the planets of that era were in flare mode and unpredictably readjusting to a new harmonic?
その時代の惑星がフレアモードであり、新しい高調波に予期せずに再調整されたことを証明できるでしょうか?

Perhaps those events could be ascribed to comets, coronal mass ejections or other cosmic effects to which we are no longer witness?
おそらく、これらのイベントは、彗星、コロナ質量放出、または私たちがもはや目撃していない他の宇宙効果に起因する可能性がありませんか?

Bluntly, we don’t know absolutely, but the clarity of the mythology and history as written by Homer, Herodotus, Hesiod and Strabo, to name only a few is stark!
率直に言って、私達には、絶対にわかりませんが、しかし、ホメロスヘロドトス、ヘシオドス、ストラボンによって書かれた神話と歴史の明快さは、ほんの数例を挙げると、荒廃です!

Ongoing catastrophic events were occurring over an extended period of time.
進行中の壊滅的なイベントは、長期間にわたって発生していました。

Modern scholars such as Schaeffer, Amos Nur, Harvey Weiss, Marie Agnes Courty and many others have verified those inexplicable catastrophic events.
シェファ、イーモス・ニューア、ハーベイ・ウェイズ、マリー・アグネス・クーストなど多くの他の人たちが、黙示的な致命的なイベントを検証しました。

The Electric Universe model can now shed light on the cause!
電気的ユニバースモデルは、今、原因に光を当てることができます!

So, lest we accept most modern historians claim that the Trojan War was merely myth or an exaggerated picture full of symbolism, let’s examine the written historical evidence that has continued to puzzle archaeologists.
だから、私たちは、ほとんどの現代の歴史家の主張、トロイア戦争は単なる神話または象徴性に満ちた誇張された絵だった事を受け入れません、考古学者を困惑させ続けてきた書面による歴史的証拠を調べてみましょう。

Thucydides’ “Peloponnesian Wars” tells of a period of political chaos and economic deprivation after the fall of Troy.
「トゥキュディデス」 「ペロポネスン・ウォーズ 」は、トロイの崩壊後の政治的混沌と経済欠乏の期間を伝えます。

Homer’s other epic the “Odyssey” relates to the “aftermath of this war” (to be described in part 2).
ホーマーのその他の叙事詩「オデシーズ」は、「この戦争の余波」に関係している(第2章に記載されている)。

That dizzy period was a time of wandering, migration and confusion amongst humanity!
その恐ろしい期間は、人類の間の浪費、移住、混乱の時間でした!

In a matter of hardly half a generation, a curtain descended on the Mediterranean basin.
ほぼ半世代の事象で、カーテンは地中海の盆地に降りていました。

Ethiopians, Phrygians, Cimmerians, Lydians, Scythians, Ionians, Carians and Amazons wandered the Mediterranean as lost tribes.
エチオピア人、フリギア人、キンメリア人、リュディア人、スキタイ人イオニア人、カリア人、アマゾン人が地中海をさまよった、失われた部族として。

Strabo cited Democles,“who recalls certain great earthquakes some of which long ago took place about Lydia and Ionia as far north as the Troad, and by their action not only were villages swallowed up, but Mount Sipylus was shattered, in the reign of Tantalus.
ストロボ引用したデモクレスでは、「トローアスのはるか北にあるリディアとイオニアで起こった特定の大地震を思い出します、彼らの行動によって、村が飲み込まれただけでなく、タンタロスの治世にスピル山が破壊されました。

And lakes arose from swamps, and a tidal wave submerged the Troad.”
そして、湖沼は沼地から生まれ、そして、潮汐波がトロードを飲み込んだ。

The puzzled archaeologist, Rhys Carpenter, summed-up his research nicely:
“Despite the fact that there is no indication that the late Mycenaean’s were driven out by any human intervention, they abandoned the south Aegean islands even as they deserted the central Peloponnese.
困惑した考古学者、リース・カーペンターは、彼の研究をうまくまとめた:
「後期ミケーネ文明が人間の介入によって追い出されたという兆候がないという事実にもかかわらず、"彼らは中央ペロポネソス半島を捨てたにもかかわらず、同様に南エーゲの島々をも放棄しました。

For some reason and for some cause over which they had no control they found life in Greece and in the southern Aegean so unendurable that they could not remain.
何らかの理由で、そして彼らがコントロールできなかった何らかの原因で、彼らはギリシャと南エーゲでの生活が耐えられず、彼らがとどまることができないことに気づきました。

What caused them to evacuate their towns and villages.
何が彼らに彼らの町や村を避難させたのか。

Was it a pestilence or a famine, was it a change of climate?”
それは疫病なのか飢饉なのか、それとも気候の変化なのか?」

Does the answer lie in deadly synchrotron radiation from a Peratt instability?
答えは、ペラット不安定性からの致命的なシンクロトロン放射にありませんか?

In part 2, “The Odyssey,” we will examine that strange era with its curious brain affecting electromagnetic sequel.
パート2「オデッセイ」では、好奇心旺盛な脳が電磁気の続編に影響を与えている奇妙な時代を調べます。

Peter Mungo Jupp
ピーター・マンゴ・ジュップ

FREE full length video of this episode exclusively for Thunderbolts Picture of the Day readers. Click on the link below and enter the password walisgod.
このエピソードの無料長編ビデオは、「今日の写真」の読者のための専用です。下のリンクをクリックし、パスワード:「walisgod」を入力します。
http://www.mungoflix.com/mungoflix/free-video-troy-iliad-ep1-d17/

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Gareth Samuel・・ Milky Way’s Plasma Bubble Network ・・ Thunderbolts ガレス・サミュエル・・天の川銀河のプラズマバブルネットワーク・・ サンダーボルツ]

[Gareth Samuel・・ Milky Way’s Plasma Bubble Network ・・ Thunderbolts
ガレス・サミュエル・・天の川銀河のプラズマバブルネットワーク・・ サンダーボルツ]


―――――――――
主流の天文学者達は、宇宙を形作る
主要な力として重力に依存しているため、
死にゆく恒星達によって作成された球形の爆発やボイド(虚空)、
またはバブルの観点から考えることに制限されています。

これらの想定されるボイド(虚空)の周りに、ガスフィラメントが弧を描いて離れていくのを見ることができます。

私たちの太陽は、「ローカル・バブル」と呼ばれる巨大な空間の真ん中に座っています。

彼らは、これが、
より冷たく、より密度の高い、
中性ガスの壁に囲まれた、百万度の
イオン化水素ガスを含んでいると言います。

この熱い泡の中では、ガス密度ははるかにまばらです。

最初、彼らは局所泡が直径330から490光年の非対称の空洞であると考えました。

これは、2つのバブルが衝突してマージ(結合)した可能性があることを意味します。

注意すべき最も重要な点は、局所泡が中性ガスを欠いていると彼らが信じているということです。

すべての文献で、彼らはそれが高度にイオン化されていると単に述べるのではなく、「中性ガス不足」と説明し続けています。

さらなるマッピングは、
イオン化されたポケットが
実際にトンネルを形成するが、
ウルサ・メジャーに向かって
少なくとも1000光年延びていることを明らかにし、
それが銀河ハローに少なくとも千光年
接続している可能性があることを示唆しています。

研究が進むにつれて、私たちの「局所泡」は実際には「局所煙突」と呼ばれる銀河の円盤を貫通するより大きな円筒形の空洞の一部であることが明らかになり始めています。

では、彼らはどのように泡の形成を説明し、どのように局所の煙突の構造を説明することができますか?

彼らは、超新星爆発がこれらのボイド(虚空)の作成に関与していると信じています。

局地の煙突の場合、彼らは、
エネルギーのある超新星爆発が、
動きの速い膨張する熱いガスの泡を作り出し、
恒星間空間の周囲の冷たいガスと衝突した、
それが次に圧縮されて薄い殻になったと推測しています。

最終的に、これらの冷たいガスの殻は、他の膨張する高温の空洞と出会い、崩壊して、膨張するボイド(虚空)の間に小さなトンネルまたは経路を形成します。

局地の煙突の中心に向かってプレアデス星団が見つかります、そして、天文学者達が超新星の可能な源を探すのはここです。

これらから少し離れたところに、グールド・ベルトと呼ばれる恒星達のベルトがあります。

これらは巨大な
ホットOB-タイプ(MK分類)の恒星達です。

これらは、何が起こっているのかについての手がかりを提供します。

想定される若い恒星達は、プレアデス星団を中心にリングを形成しているように見え、この点の周りを周回していることを示唆する動きをしています。

しかし、これを可能にするのに十分な質量はありません。

ここから少し戻ってみましょう。

私たちの太陽がイオン化された水素の泡の中に座っていることに驚いていますか?

いいえ、これはまさに私たちが期待するものです。

私たちの太陽は私たちの恒星に動力を与えるフィラメントの上に座っています。

この構造が円筒形の外観をしているように見えるという事実も、驚くべきことではありません。

では、この構造を取り巻く、
より冷たいガスの境界層を
どう理解すればよいのでしょうか?

フィラメントが単純なバークランド電流構造をとると仮定すると、再結合が発生すると予想されます。

マークランドはこのプロセスを特定し、元素がイオン化エネルギーに従って優先的に分類されることを示しました。

これは、水素とヘリウムが常にフィラメントの外縁に向かって見つかることを意味します。

したがって、フィラメント内の水素の密度を外縁と比較すると、密度の急激な増加と壁の外観が見られるはずです。

この画像を調べると、白い領域が低密度で、おそらく高温のイオン化ガスであることがわかります。

つまり、プラズマです。

暗い色の領域は、おそらく本質的に分子である、冷たい高密度ガスであると考えられています。

多くのエリアが相互に接続し、一種のネットワークを形成しているように見えることがはっきりとわかります。

ここで重要なのは、多くの小さなフィラメントが接続して重なり合って、画像のこのぼやけた白い部分を作成する可能性があることを指摘することです。

ジム・ウェニンガーのアークトゥルスに関する研究から、恒星達の動きが私たちの近くのこの構造の一部を明らかにし、私たちが局地のアークトゥルス・フィラメントの周りを回っていることがわかります。

一部の天文学者達は、局所泡、または連動するガス状空洞の煙突システムが天の川全体の特徴であるかどうか疑問に思いました。

銀河面の冷たい局所恒星間ガスの
更新された地図を見ている天文学者達は、
周囲の壁を突き抜けて銀河の近くの領域に到達する、
指のような延長またはトンネルを持つ
内側の空の領域を見ています。

これらの領域には、ラジオと紫外線の波長で検出できる高温のイオン化された低密度ガスが大量に含まれていることが知られています。

私たちのローカル・バブル(局所泡)のすぐ隣で、天文学者はPer-Tau・シェルと呼ばれる新しいバブル(泡)を特定しました。

それは約500光年に及ぶと考えられており、おうし座とペルセウスと呼ばれる、よく研究された2つの分子雲にまたがっています。

特別な技術を使用して、彼らはローカル・クラウド(局所雲)構造の3次元マップを作成することができました。

カメレオンの分子雲を調べると、ハブのような構造を介して接続しているように見える一連のフィラメントを見ることができます。

中央にボイド(虚空)があり、「ムスカの暗い雲」にも物理的につながっています。

おうし座分子雲は131から168パーセクの間に広がっています。

上から見ると、約10〜15パーセク離れた2つのレイヤーで構成されていることに気付くかもしれません。

この階層化は、以前のいくつかの研究と一致しています。

ムスカは、2次元画像と3次元画像の両方のフィラメントの明確な例です。

それは暗い雲と呼ばれ、銀河間塵粒と呼ばれることが多い、無数のサブミクロンサイズの固体粒子を含んでいることを意味します。

それらは可視光を遮断する傾向があり、暗く見えます。

それらは、イオン化された物質を含むのではなく、主に分子ガスで構成されていると考えられています。

紫外線・スターライト(恒星の光)は、H2領域での主なイオン化源と見なされており、H1領域では、イオン化ポテンシャルの低い元素をイオン化します。

これは、それが唯一のイオナイザーであり、恒星の光が吸収される暗い雲では、イオン化がゼロになる可能性があるという信念につながっています。

これは、
必ずしも正しいとは限りません、
多くの場合、
宇宙プラズマのほとんどのイオン化は、
イオン化する電流への運動エネルギーの
流体磁気伝達によって生成されるためです。

彼らが特定した共通のテーマの1つは、
私が以前に触れたポイント
–つまり分子雲の周りの
水素原子エンベロープ(包み)の作成でした。

彼らはまた、外側と内側のエンベロープ(包み)間の幅が3.4の一貫した比率を持っていることを発見しました。

彼らが半径方向密度プロファイルを特定したとき、
彼らはそれが重力によってのみ駆動される
フィラメントと矛盾していることを発見しました、
フィラメントが磁化されているほうが、
はるかに適していました。

太陽近傍雲の磁場の構造に関する以前の研究では、ガス柱密度と磁場配向の間に強い結合があることを発見しました:
これは、磁場が恒星間物質の中と周辺のローカル(局所)分子雲の構造化に重要な役割を果たしているという考えと一致しています。

これらすべてにもかかわらず、彼らは依然として超新星による泡の形成を支持しています。

銀河がゆっくりと動くイオンを運ぶフィラメントのネットワークで構成されている場合、これらは構造を一緒に保持する磁場を形成します。

ハンス・アルヴェーンは、これらの構造は長距離にわたってエネルギーを伝達し、電圧降下によってダブル・レイヤー(二重層)全体にエネルギーを放散させることができると指摘しました。

これを達成するために必要な電流は、低エネルギー粒子で構成されている可能性があることを理解することが重要です。

これらの領域のプラズマと物質は、ランダムな衝突によって単純に混合されるわけではありません。

プラズマは、化学組成に大きな変動をもたらす傾向があります。

1つのメカニズムは、磁化プラズマの非イオン化成分とイオン化成分の運動の法則が異なるためです。

この不揮発性物質の粒子への凝縮は、別の分離メカニズムを構成します。

如何なる帯電したチリやイオンの粒子も、フィラメントへの引力を感じます。

それらがフィラメントに向かって移動するとき、それらが十分な速度を得る場合、それらは非イオン化物質をイオン化させる可能性があります。

これは、ピンチ・(現象)が、発生する領域で特に当てはまります。

これにより、低密度の大きな領域が作成される可能性があります。

同時に、マークランド対流は物質を放射状のシェルに分類します。

同時に、これらは私たちが私たちの近傍全体で見る局所泡のネットワークを説明することができます。(^_^)

―――――――――
Mainstream astronomers’ reliance on gravity as the primal force shaping the Universe, has restricted them to thinking in terms of spherical explosions and voids or bubbles, created by dying stars.
主流の天文学者達は、宇宙を形作る
主要な力として重力に依存しているため、
死にゆく恒星達によって作成された球形の爆発やボイド(虚空)、
またはバブルの観点から考えることに制限されています。

Around these supposed voids, gas filaments can be seen arcing away.
これらの想定される
ボイド(虚空)の周りに、
ガスフィラメントが弧を描いて
離れていくのを見ることができます。

Our Sun sits in the middle of an enormous void called the ‘local bubble’.
私たちの太陽は、
「ローカル・バブル」と呼ばれる
巨大な空間の真ん中に座っています。

They say this contains million-degree ionized hydrogen gas surrounded by a wall of colder, denser neutral gas.
彼らは、これが、
より冷たく、より密度の高い、
中性ガスの壁に囲まれた、百万度の、
イオン化水素ガスを含んでいると言います。

Within this hot bubble, gas density is much sparser.
この熱い泡の中では、
ガス密度ははるかにまばらです。

At first, they thought that the local bubble was an asymmetric cavity of 330 to 490 light years in diameter.
最初、彼らは局所泡が、
直径330から490光年の
非対称の空洞であると考えました。

This implied that two bubbles might have collided and merged.
これは、2つのバブルが衝突して
マージ(結合)した可能性があることを意味します。

The most important point to note is that they believe the local bubble is deficient in neutral gas.
注意すべき最も重要な点は、
局所泡が中性ガスを欠いていると
彼らが信じているということです。

In all the literature they keep describing it as ‘neutral gas deficient’, rather than simply stating that it is highly ionized.
すべての文献で、彼らはそれが、
高度にイオン化されていると単に述べるのではなく、
「中性ガス不足」と説明し続けています。

Further mappings reveal that the ionized pockets actually form a tunnel but extends at least a thousand light years towards Ursa Major, suggesting that it might connect at least a thousand light years into the galactic halo.
さらなるマッピングは、
イオン化されたポケットが
実際にトンネルを形成するが、
ウルサ・メジャーに向かって
少なくとも1000光年延びていることを明らかにし、
それが銀河ハローに少なくとも千光年
接続している可能性があることを示唆しています。

As the research continues, it starts to become clear that our ‘local bubble’ was actually part of a larger cylindrical cavity that pierces through the disk of the galaxy, dubbed the ‘local chimney’.
研究が進むにつれて、
私たちの「局所泡」は、
実際には「局所煙突」と呼ばれる、
銀河の円盤を貫通する
より大きな円筒形の空洞の一部である
ことが明らかになり始めています。

So how do they explain the formation of the bubbles, and how can they explain the structure of the local chimney?
では、彼らはどのように泡の形成を説明し、
どのように局所の煙突の構造を説明することができますか?

They believe supernova explosions are responsible for creating these voids.
彼らは、超新星爆発が、
これらのボイド(虚空)の
作成に関与していると信じています。

In the case of the local chimney, they speculate that energetic supernova explosions created fast-moving expanding bubbles of hot gas that collided with surrounding cold gas of the interstellar space, which in turn became compressed into thin shells.
局地の煙突の場合、彼らは、
エネルギーのある超新星爆発が、
動きの速い膨張する熱いガスの泡を作り出し、
恒星間空間の周囲の冷たいガスと衝突した、
それが次に圧縮されて薄い殻になったと推測しています。

Eventually these shells of cold gas meet other expanding hot cavities and break up, forming small tunnels or path-ways between the expanding voids.
最終的に、これらの冷たいガスの殻は、
他の膨張する高温の空洞と出会い、
崩壊して、膨張するボイド(虚空)の間に
小さなトンネルまたは経路を形成します。

Towards the center of the local chimney we find the Pleiades, and it is here that astronomers search for the possible source of a supernovae.
局地の煙突の中心に向かって
プレアデス星団が見つかります、
そして、天文学者達が
超新星の可能な源を探すのはここです。

A little further out from these are a belt of stars, called the Gould belt.
これらから少し離れたところに、
グールド・ベルトと呼ばれる
恒星達のベルトがあります。

These are massive hot OB-type stars.
これらは巨大な
ホットOB-タイプ(MK分類)の恒星達です。

These provide a clue as to what might be going on.
これらは、何が起こっているのか
についての手がかりを提供します。

The supposed young stars appear to form a ring, centered on the Pleiades and have motions that appear to imply that they are also orbiting around this point.
想定される若い恒星達は、
プレアデス星団を中心にリングを形成しているように見え、
この点の周りを周回していることを示唆する動きをしています。

Yet, there is not enough mass for this to be possible.
しかし、
これを可能にするのに十分な質量はありません。

Let's just take a little step back here.
ここから
少し戻ってみましょう。

Are we surprised that our Sun sits in a bubble of ionized hydrogen?
私たちの太陽が、
イオン化された水素の泡の中に
座っていることに驚いていますか?

No, this is exactly what we would expect to find.
いいえ、
これはまさに私たちが期待するものです。

Our Sun sits on a filament which powers our star.
私たちの太陽は私たちの恒星に
動力を与えるフィラメントの上に座っています。

The fact that this structure seems to take on a cylindrical appearance, should also not come as a surprise.
この構造が円筒形の外観を
しているように見えるという事実も、
驚くべきことではありません。

So what are we to make of the boundary layer of cooler gas surrounding this structure?
では、この構造を取り巻く、
より冷たいガスの境界層を
どう理解すればよいのでしょうか?

Assuming that the filament takes on a simple Birkeland Current structure, we would expect recombination to occur.
フィラメントが、
単純なバークランド電流構造をとると仮定すると、
再結合が発生すると予想されます。

Marklund identified this process and showed that the elements will become preferentially sorted according to their ionization energy.
マークランドはこのプロセスを特定し、
元素がイオン化エネルギーに従って
優先的に分類されることを示しました。

This means that hydrogen and helium would always be found towards the outer edge of the filament.
これは、水素とヘリウムが
常にフィラメントの外縁に向かって
見つかることを意味します。

So comparing the density of hydrogen inside the filament to the outer edges, you should see a sharp increase in the density, and the appearance of a wall.
したがって、フィラメント内の
水素の密度を外縁と比較すると、
密度の急激な増加と壁の外観が見られるはずです。

If we examine this image, then we see that the areas in white are low density, probably hot, ionized gas.
この画像を調べると、
白い領域が低密度で、おそらく高温の
イオン化ガスであることがわかります。

So in other words, plasma.
つまり、
プラズマです。

The darker colored areas are thought to be cold dense gas, possibly largely molecular in nature.
暗い色の領域は、
おそらく本質的に分子である、冷たい高密度ガス
であると考えられています。

We can clearly see that many areas seem to connect to each other, forming a sort of network.
多くのエリアが相互に接続し、
一種のネットワークを形成しているように
見えることがはっきりとわかります。

Now it is important to point out that there is likely to be many smaller filaments connecting and overlapping, creating this blurred white part of the image.
ここで重要なのは、多くの小さなフィラメントが
接続して重なり合って、画像のこのぼやけた白い部分を
作成する可能性があることを指摘することです。

From Jim Wenninger’s work on Arcturus, we can see that the motion of the stars may reveal parts of this structure nearby us, with us circling around the local Arcturus filament.
ジム・ウェニンガーの
アークトゥルスに関する研究から、
恒星達の動きが
私たちの近くのこの構造の一部を明らかにし、
私たちと共に局地のアークトゥルス・フィラメントの
周りを回っていることがわかります。

Some astronomers have wondered if the local bubble, or chimney system of the interlocking gaseous cavities is characteristic of the entire Milky Way.
一部の天文学者達は、局所泡、
または連動するガス状空洞の煙突システムが
天の川全体の特徴であるかどうか疑問に思いました。

Astronomers looking at an updated map of cold local interstellar gas in the galactic plane, see an inner empty region with finger-like extensions or tunnels that poke through the surrounding wall and reach into the nearby regions of the galaxy.
銀河面の冷たい局所恒星間ガスの
更新された地図を見ている天文学者達は、
周囲の壁を突き抜けて銀河の近くの領域に到達する、
指のような延長またはトンネルを持つ
内側の空の領域を見ています。

These regions are known to contain large amounts of hot, ionized, low- density gas that can be detected at radio and ultraviolet wavelengths.
これらの領域には、
ラジオと紫外線の波長で検出できる
高温のイオン化された低密度ガスが
大量に含まれていることが知られています。

Right next to our local bubble, astronomers have identified a new bubble called the Per-Tau shell.
私たちのローカル・バブル(局所泡)のすぐ隣で、
天文学者はPer-Tau・シェルと呼ばれる
新しいバブル(泡)を特定しました。

It is thought to extend for about 500 light years and spans two well-studied molecular clouds, called Taurus and Perseus.
それは約500光年に及ぶと考えられており、
おうし座とペルセウスと呼ばれる、
よく研究された2つの分子雲にまたがっています。

Using a special technique, they were able to create three-dimensional maps of the local cloud structures.
特別な技術を使用して、
彼らはローカル・クラウド(局所雲)構造の
3次元マップを作成することができました。

If we examine the Chameleon molecular cloud, we can see a series of filaments that seem to connect via a hub-like structure.
カメレオンの分子雲を調べると、
ハブのような構造を介して接続しているように見える
一連のフィラメントを見ることができます。

With a void in the center, it is also physically connected to the Musca dark cloud.
中央にボイド(虚空)があり、
ムスカの暗い雲」にも物理的につながっています。

The Taurus cloud extends between 131 and 168 parsecs.
おうし座分子雲は、
131から168パーセクの間に広がっています。

When viewed from the top, you might be able to notice that it consists of two layers, separated by about 10 to 15 parsecs.
上から見ると、
約10〜15パーセク離れた2つのレイヤーで、
構成されていることに気付くかもしれません。

This layering is consistent with several previous studies.
この階層化は、
以前のいくつかの研究と一致しています。

Musca is a clear example of a filament on both the two-dimensional and three-dimensional image.
ムスカは、2次元画像と3次元画像の
両方のフィラメントの明確な例です。

It is termed a dark cloud, meaning that it contains a myriad of sub-micron sized solid particles, often referred to as intergalactic dust grains.
それは暗い雲と呼ばれ、
銀河間塵粒と呼ばれることが多い、
無数のサブミクロンサイズの
固体粒子を含んでいることを意味します。

They tend to block out visible light, making them appear dark.
それらは
可視光を遮断する傾向があり、暗く見えます。

They are thought to be composed of largely molecular gas, rather than containing ionized material.
それらは、イオン化された物質を含むのではなく、
主に分子ガスで構成されていると考えられています。

Ultraviolet starlight is considered the main source of ionization in H2 regions, and in H1 regions it ionizes elements with low ionization potentials.
紫外線・スターライト(恒星の光)は、
H2領域での主なイオン化源と見なされており、
H1領域では、イオン化ポテンシャルの低い元素をイオン化します。

This has led to the belief that it is the only ionizer and that in dark clouds, where starlight is absorbed, the ionization may go down to zero.
これは、それが唯一のイオナイザーであり、
恒星の光が吸収される暗い雲では、イオン化が
ゼロになる可能性があるという信念につながっています。

This is not necessarily correct, because in many cases, most ionization of cosmic plasma is produced by hydromagnetic transfer of kinetic energy into electrical currents which ionize.
これは、
必ずしも正しいとは限りません、
多くの場合、
宇宙プラズマのほとんどのイオン化は、
イオン化する電流への運動エネルギーの
流体磁気伝達によって生成されるためです。

One common theme that they identified, was a point I touched on earlier – the creation of the atomic hydrogen envelopes around the molecular clouds.
彼らが特定した共通のテーマの1つは、
私が以前に触れたポイント
–つまり分子雲の周りの
水素原子エンベロープ(包み)の作成でした。

They also discovered that the widths between the outer and inner envelopes had a consistent ratio of 3.4.
彼らはまた、外側と内側のエンベロープ(包み)間の幅が、
3.4の一貫した比率を持っていることを発見しました。

When they identified the radial density profiles, they found that it was inconsistent with a filament driven only by gravity, and was much better suited to one where the filaments were magnetized.
彼らが半径方向密度プロファイルを特定したとき、
彼らはそれが重力によってのみ駆動される
フィラメントと矛盾していることを発見しました、
フィラメントが磁化されているほうが、
はるかに適していました。

Previous studies of the structures of magnetic fields in the solar neighborhood cloud, have found strong coupling between the gas column density and the magnetic field orientation;
which is consistent with the idea that magnetic fields play an important role in structuring the interstellar medium in and around, the local molecular cloud.
太陽近傍雲の磁場の構造に関する以前の研究では、
ガス柱密度と磁場配向の間に強い結合があることを発見しました:
これは、磁場が恒星間物質の中と周辺のローカル(局所)分子雲の
構造化に重要な役割を果たしているという考えと一致しています。

Despite all of this, they still favor the formation of bubbles through supernovae.
これらすべてにもかかわらず、
彼らは依然として超新星による泡の形成を支持しています。

If the galaxy is composed of a network of filaments that carry slow moving ions these form magnetic fields that hold the structure together.
銀河がゆっくりと動くイオンを運ぶ
フィラメントのネットワークで構成されている場合、
これらは構造を一緒に保持する磁場を形成します。

Hannes Alfven pointed out that these structures are capable of transferring energy over vast distances, and dissipating the energy across the double layer with a voltage drop.
ハンス・アルヴェーンは、
これらの構造は長距離にわたってエネルギーを伝達し、
電圧降下によってダブル・レイヤー(二重層)全体に
エネルギーを放散させることができると指摘しました。

It is important to understand that the current required to accomplish this, may very well consist of low energy particles.
これを達成するために必要な電流は、
低エネルギー粒子で構成されている
可能性があることを理解することが重要です。

The plasma and material in these areas is not simply mixed together through random collisions.
これらの領域のプラズマと物質は、
ランダムな衝突によって
単純に混合されるわけではありません。

Plasmas have a tendency to produce large variations in the chemical composition.
プラズマは、化学組成に
大きな変動をもたらす傾向があります。

One mechanism is due to the different laws of motion of the non-ionized and ionized components of a magnetized plasma.
1つのメカニズムは、
磁化プラズマの非イオン化成分と
イオン化成分の運動の法則が異なるためです。

The condensation of non-volatile substances to grains, constitutes another separation mechanism.
この不揮発性物質の粒子への凝縮は、
別の分離メカニズムを構成します。

Any charged grains of dust, or ions, will feel an attraction towards the filament.
如何なる帯電したチリやイオンの粒子も、
フィラメントへの引力を感じます。

As they move towards the filament, if they gain enough speed, they can cause non-ionized material to become ionized.
それらがフィラメントに向かって移動するとき、
それらが十分な速度を得る場合、それらは
非イオン化物質をイオン化させる可能性があります。

This is particularly so in areas where a pinch occurs.
これは、ピンチ・(現象)が、
発生する領域で特に当てはまります。

This can cause large areas of low density to be created.
これにより、
低密度の大きな領域が
作成される可能性があります。

At the same time Marklund convection will sort material into radial shells.
同時に、マークランド対流は、
物質を放射状のシェルに分類します。

Together, these could explain the network of bubbles we see throughout our local neighborhood.
同時に、これらは私たちが私たちの近傍全体で見る
局所泡のネットワークを説明することができます。(^_^)

―――――――――

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Mel Acheson・・ Playing with Dogmatic Thinking ・・Thunderbolts メル・アチソン・・独断的思考と遊ぶ ・・サンダーボルツ]

[Mel Acheson・・ Playing with Dogmatic Thinking ・・Thunderbolts メル・アチソン・・独断的思考と遊ぶ ・・サンダーボルツ]


――――――――――――――
この7アークシリーズの
以前のエピソードでは、
新しい機器の開発が科学的思考の根本的な変化に、
どのように伴ったか、または生み出したかをカバーしました。

これらの機器は、
見過ごされた不一致を測定し、
想像を絶する質を検出します。

以前の説明的なアイデアは、
パッチを当てない新しい証拠に及ばないでしょう、
そして、パッチは厄介で恣意的になります。

ある時点で、科学者達は、
パッチを当てた古いアイデア
あまりにも厄介であると判断し、
よりよく適合する新しいアイデアを思いつきます。

ブラーエのより正確な機器は、
間違いなく、プトレマイオスの惑星運動の運動学的モデルを
ニュートンの動的モデルに置き換えることにつながりました。

プトレマイオスの完全な円に
楕円をパッチすること、
特に、彼の線形エカント要素に対して
強い反対がすでに提起されていた時、
独断的な思考で遊んでいました。

18世紀と19世紀の計装の大幅な増加により、
20世紀にはニュートンの動的モデルが
アインシュタイン
ゴム製時空モデルに置き換えられました。

力としての重力は放棄され、
歪んだ座標系としての重力が優先されました。

しかし、両方の条件に
同じ用語を使用すると、混乱が生じました。

人々はまだ重力を
力として話していました。

電子機器の発明とそれらを宇宙に送る能力は、
アインシュタインの時空に適合しない
新しいデータの洪水をもたらしました。

しかし、より明確な説明を探す代わりに、
理論家達は独断的な思考で遊んでいます。

20世紀初頭、天文学者達は、
電気が宇宙の力として重力と競合する
可能性を断固として否定しました。

その決定は、彼らがプラズマ実験を
見ることさえできないという教義になりました。

プラズマの実際の
振る舞いについての知識がほとんどなく、
彼らは崩縮した物質、検出できない暗黒物質
そして説明のつかない暗黒エネルギーの
その場限りの言い訳の背後に新しいデータを隠しました。

彼らはアインシュタインのゴムのアイデアに、
数学を機能させるために発明された幻想で
パッチを当て、そして理論を救いました。

しかし、理論は
ステッチによって曖昧になっています。

たとえば、中性子星のアイデアは、
従来の重力およびガス理論への
パッチとして始まりました。

一部の恒星達は小さすぎて、
観測された重力の影響と光出力を生成するのに
十分な従来の物質を含むことができないように見えました。

そのため、天文学者達は
テスト不可能な形の
崩縮した物質を発明しました。

彼らは、収縮するその恒星は
重力の増加に伴っても抵抗がなく、
原子の電子を原子核に押し付ける事が
出来るだろうと想像しました。

これにより、より多くの原子を
一緒に詰め込むことができ、
重力と放射出力が向上しました。

彼らが中性子星の容量を超える
動きとエネルギーの爆発を見つけたとき、
彼らは今や魅力的な重力の曲がりが、
数学的なゼロの点まで、
崩縮の方程式に従ったと推定しました。

彼らは、自分たちが経験的境界を越えて形而上学
ナンセンスになっていることに気付いていないようです、
何故ならば、重力は時空を非常に強く曲げるので、
光でさえも崩縮した恒星から逃れることはできないからです。

ですから、それは
観察できないでしょう。

したがって、この2番目のパッチは、
ブラックホール」、と名付けられました。

ビッグバンの初めに爆発した地点は
ブラックホールの母であり、
したがってビッグバンは起こり得なかった、
クラックポット(風変わりな人)達が述べているだけです。

しかし、ブラックホールからでは、
ないにしても、少なくとも近くからは、
多くのことが逃げていたことが判明しました。

ブラックホールは、
近くの現象と同様に、
数学的なポイントとして、
再考されました。

それは、結局、
最終的には観察できました。

実際、ブラックホールは、
すべてを引き込むだけでなく、
すべてを吹き飛ばすために現れることがよくありました。

それらは魔法の数学で
ホワイトホールに変身しました。

天文学者達は、近くの現象が、
ブラックホール以外の何かによって
引き起こされるかもしれないと
決して考えませんでした。

小さすぎる空間でのエネルギーが
多すぎるという同様の困難は、
銀河の動きの観測でも明らかになりました。

銀河と銀河団は、
それらの相互重力が銀河団
一緒に保持するには速すぎました。

ほとんどのクラスターは、
ずっと前に消滅しているはずであり、
渦巻銀河の腕の中の恒星達は、
中心から離れるほどゆっくりと動くはずです。

しかし、それらは距離に関係なく、
ほぼ同じ速度で動いているように見えました。

実際、宇宙全体は、
計算された質量の重力によって
説明できるよりもエネルギッシュでした。

したがって、
暗黒物質と暗黒エネルギーは、
重力の理論を完全な反証から
救うために想像(創造)されました。

これらのパッチにより、結果として
得られた理論の世界の96%が観察不能になりました。

天文学は科学の原理を放棄し、
暗い幻想についての暗い憶測に沈みました。

ブラックホールと崩縮した物質は、
説明ではなく、言い訳です。

彼らは、観測され、
電気的に活性なプラズマ
で利用可能な豊富なエネルギーを
圧縮して絞り出そうとします、
それは重力とガスが
供給できるすべての理論です。

暗黒物質と暗黒エネルギーは、
不可視性とテスト不能性の経験的に不誠実な
主張の背後にある、肥大化した重力の偽装を隠します。

天文学者達は、プラズマが発見される前に
19世紀の重力とガスの宇宙を信じていたため、
彼らが想像していた空の空間では
電気は不可能であると信じていました。

古い理論は、1つの信念体系、
絶対に真実で疑う余地のない教義になりました。

他に何ができるのかと、
信者たちは叫び、
質問を当然の結論に変えました。

多くの観察が、
相対性理論を確認している、
と彼らは宣言しました。

しかし、確認は、信者が、
すでに知っていることを確認するだけです。

新しい証拠と新しいアイデアは、
彼らが知らないことに直面させます。

発見は、
不確認、異常の中にあります。

発見は、代替の説明を
検索してテストする中にあります。

伝統主義者達が
暗いドグマに後退したときでさえ、
後に「プラズマ」と改名した放射物質の先駆者のラングミュア、
そして、バークランドのテレラは、宇宙で電気を探求していました。

縞模様と気泡である、プラズマ
(ガスではない)は、二重層で結合され、
さまざまな特性で分類され、
重力よりもはるかに重い(=強い)
可能性のある手段で移動します。

理論家たちは、新しい実験的発見を、
権威ある数学的一般性では
表現できないので、避けました、
そこから実際の観測の世界を
推測することができたのに。

初期のプラズマ実験者であり、
プラズマ宇宙論の創設者の1人である
ハンス・アルヴェーンは、
この状況について、この様に書いています。

「今日の宇宙プラズマ物理学は、
実験室でプラズマを見たことがない理論家の遊び場です。
彼らの多くは、実験室での実験から間違っている、
と私たちが知っている公式を今でも信じています。
宇宙プラズマの理論が基礎となる
基本的な概念のいくつかは、(彼らの考える)
宇宙に蔓延する条件には当てはまりません。」

「それらはほとんどの理論家に
一般的に受け入れられており、
最も洗練された数学的方法で開発されています;
そして、理論がどれほど美しいかを
〈理解〉せず、それらに従うことを絶対に
拒否するのは〈プラズマ〉自体だけです。」

概念的な暗闇に隠れて、
想像上のオブジェクトで
数理ゲームをプレイすることは、
科学的思考の基本的な仮定を否定します。

調査の対象は、
感知可能であり、(実際に)感知でき、
検出できるものでなければなりません。

彼らは実験に、
従順でなければなりません。

それらは、単に、
予測可能であるだけでなく、
説明可能でなければなりません。

理論家は数学に従うだけでなく、
言語にも従わなければなりません、
理論は何かを意味しなければなりません。

科学者達は、
代替の説明を検索し、選択された証拠を、
代替の解釈との一貫性と対応について
それらをテストする必要があります。

アドホックパッチは、
理論を複雑にします。

標準模型は、
その任意のパッチの下で、
それ自体を窒息させています。

プラズマは、
多くの機器で検出可能です。

それは、
実験室で生成することができ、
その特性が観察されます。

その動作の説明を提案し、
テストすることができます。

その観測された性質は、
宇宙現象の観測された振る舞いに対応しており、
簡単でわかりやすい説明を提供します。

しかし、その電気的特性は、
標準モデルでは許可されていません。

機械の発明と神秘的な数学は、
電気的な活動に立脚しなければなりません。

パッチ適用の代替手段は、
新しい基礎の開発です。

古い理論と古い考え方は、
私たちが今いる場所に、
たどり着くのに役立ちましたが、
それらは障害になりつつあります。

それらは、
独断的な思考によって
曖昧になりつつあります。

宇宙時代の証拠は、
驚くべきものであり、予想外です。

古い理論からの
予測は見つかりません。

それらを反証する
反対の証拠が見つかりました。

古い重力とガスの考え方が、
私たちのニーズに適しているという
「ふり」をするのをやめるべきです。

しかし、そのような考え方の、
変化の革命的な影響は、
1つの分野に限定されることはありません。

均一で、漸進的な変化の、
以前の形而上学は、
すべての思考に影響を及ぼしました。

今、自然界における、
より大きくより速い変化の可能性は、
すべての分野に革命をもたらすでしょう。

この経験的世界は、
新しい概念空間に移動しました。

宇宙論では重力だけが重要であるという
崇拝的な信念を拒否する新しい考え方が出現しています。

宇宙における電気的活動とプラズマシステムの
より大きなエネルギーとパワーの認識は、
私たちの思考と世界観を、
より大きく、より速く働く説明の可能性に開きます。

宇宙論の電気的宇宙モデルは、
そのような可能性の1つです。(^-^)

                        • -

In previous episodes of this seven-arc series, we covered how the development of new instruments has accompanied, or generated, fundamental shifts in scientific thinking.
この7アークシリーズの
以前のエピソードでは、
新しい機器の開発が科学的思考の根本的な変化に、
どのように伴ったか、または生み出したかをカバーしました。

The instruments measure overlooked discrepancies and detect, unimagined qualities.
これらの機器は、
見過ごされた不一致を測定し、
想像を絶する質を検出します。

The previous explanatory ideas won't stretch over the new evidence without patching, and the patches become awkward and arbitrary.
以前の説明的なアイデアは、
パッチを当てない新しい証拠に及ばないでしょう、
そして、パッチは厄介で恣意的になります。

At some point scientists decide that the old patched ideas are too much of a nuisance and they come up with new ideas that fit better.
ある時点で、科学者達は、
パッチを当てた古いアイデア
あまりにも厄介であると判断し、
よりよく適合する新しいアイデアを思いつきます。

Brahe’s more precise instruments arguably led to the replacement of Ptolemy's kinematic model of planetary motions with Newton's dynamic model.
ブラーエのより正確な機器は、
間違いなく、プトレマイオスの惑星運動の運動学的モデルを
ニュートンの動的モデルに置き換えることにつながりました。

Patching Ptolemy's perfect circles with ellipses, especially when strong objections were already raised against his linear equant element, would have been playing with dogmatic thinking.
プトレマイオスの完全な円に
楕円をパッチすること、
特に、彼の線形エカント要素に対して
強い反対がすでに提起されていた時、
独断的な思考で遊んでいました。

The great increase of instrumentation in the 18th and 19th centuries, led to the replacement of Newton's dynamic model with Einstein's rubber space-time model in the 20th century.
18世紀と19世紀の計装の大幅な増加により、
20世紀にはニュートンの動的モデルが
アインシュタイン
ゴム製時空モデルに置き換えられました。

Gravity as a force was abandoned in favor of gravity as a warped coordinate system.
力としての重力は放棄され、
歪んだ座標系としての重力が優先されました。

But the use of the same term for both conditions caused confusion.
しかし、両方の条件に
同じ用語を使用すると、混乱が生じました。

People still talked about gravity as a force.
人々はまだ重力を
力として話していました。

The invention of electronic instruments and the ability to send them into space, has now brought a flood of new data that doesn't fit Einstein's space-time.
電子機器の発明とそれらを宇宙に送る能力は、
アインシュタインの時空に適合しない
新しいデータの洪水をもたらしました。

But instead of looking for clearer explanations, theoreticians are playing with dogmatic thinking.
しかし、より明確な説明を探す代わりに、
理論家達は独断的な思考で遊んでいます。

Early in the 20th century, astronomers categorically ruled out the possibility that electricity might compete with gravity as a cosmic force.
20世紀初頭、天文学者達は、
電気が宇宙の力として重力と競合する
可能性を断固として否定しました。

That decision became a dogma that prevented them from even looking at plasma experiments.
その決定は、彼らがプラズマ実験を
見ることさえできないという教義になりました。

With little knowledge of the actual behavior of plasma, they hid the new data behind ad-hoc excuses of collapsed matter, and undetectable dark matter, and unexplained dark energy.
プラズマの実際の
振る舞いについての知識がほとんどなく、
彼らは崩縮した物質、検出できない暗黒物質
そして説明のつかない暗黒エネルギーの
その場限りの言い訳の背後に新しいデータを隠しました。

They patched Einstein's rubber idea with fantasies that were invented to make the math work and to save the theory.
彼らはアインシュタインのゴムのアイデアに、
数学を機能させるために発明された幻想で
パッチを当て、そして理論を救いました。

But the theory is obscured by the stitches.
しかし、理論は
ステッチによって曖昧になっています。

For example, the idea of neutron stars began as a patch to conventional gravity and gas theories.
たとえば、中性子星のアイデアは、
従来の重力およびガス理論への
パッチとして始まりました。

Some stars appeared to be too small to contain enough conventional matter to produce their observed gravitational influence and light output.
一部の恒星達は小さすぎて、
観測された重力の影響と光出力を生成するのに
十分な従来の物質を含むことができないように見えました。

So astronomers invented an untestable form of collapsed matter.
そのため、天文学者達は
テスト不可能な形の
崩縮した物質を発明しました。

They imagined that the increasing and unresisting gravity of a shrinking star would squeeze the electrons of atoms onto their nuclei.
彼らは、収縮するその恒星は
重力の増加に伴っても抵抗がなく、
原子の電子を原子核に押し付ける事が
出来るだろうと想像しました。

This allowed many more atoms to be packed together, enhancing gravity and radiant output.
これにより、より多くの原子を
一緒に詰め込むことができ、
重力と放射出力が向上しました。

When they found motions and energetic outbursts that exceeded the neutron star's capacities, they presumed that the now irresistible bending of gravity followed their equations of collapse to the mathematical point of zero.
彼らが中性子星の容量を超える
動きとエネルギーの爆発を見つけたとき、
彼らは今や魅力的な重力の曲がりが、
数学的なゼロの点まで、
崩縮の方程式に従ったと推定しました。

They didn't seem to realize that they were crossing the empirical border into metaphysical nonsense, because gravity would bend space-time so strongly nothing - not even light – could escape the collapsed star.
彼らは、自分たちが経験的境界を越えて形而上学
ナンセンスになっていることに気付いていないようです、
何故ならば、重力は時空を非常に強く曲げるので、
光でさえも崩縮した恒星から逃れることはできないからです。

So it would be unobservable.
ですから、それは
観察できないでしょう。

Hence this second patch was named a black hole.
したがって、この2番目のパッチは、
ブラックホール」、と名付けられました。

Only crackpots remarked that the point that exploded at the beginning of the Big Bang would have been the mother of black holes, and therefore the Big Bang couldn't have happened.
ビッグバンの初めに爆発した地点は
ブラックホールの母であり、
したがってビッグバンは起こり得なかった、
クラックポット(風変わりな人)達が述べているだけです。

But it turned out that much was escaping, if not from the black hole, at least from nearby.
しかし、ブラックホールからでは、
ないにしても、少なくとも近くからは、
多くのことが逃げていたことが判明しました。

The black hole was reconceived as the mathematical point, as well as the nearby phenomena.
ブラックホールは、
近くの現象と同様に、
数学的なポイントとして、
再考されました。

It could be observed after all.
それは、結局、
最終的には観察できました。

In fact, black holes often appeared not just to pull everything in, but to blow everything out.
実際、ブラックホールは、
すべてを引き込むだけでなく、
すべてを吹き飛ばすために現れることがよくありました。

They were transformed into white holes with magical mathematics.
それらは魔法の数学で
ホワイトホールに変身しました。

Astronomers never considered that the nearby phenomena might be caused by something other than a black hole.
天文学者達は、近くの現象が、
ブラックホール以外の何かによって
引き起こされるかもしれないと
決して考えませんでした。

Similar difficulties of too much energy in too small a space, also turned up in observations of galactic motions.
小さすぎる空間でのエネルギーが
多すぎるという同様の困難は、
銀河の動きの観測でも明らかになりました。

Galaxies and clusters were moving too fast for their mutual gravity to hold the cluster together.
銀河と銀河団は、
それらの相互重力が銀河団
一緒に保持するには速すぎました。

Most clusters should have dissipated long ago, and stars in the arms of spiral galaxies should move slower, the farther they were from the center.
ほとんどのクラスターは、
ずっと前に消滅しているはずであり、
渦巻銀河の腕の中の恒星達は、
中心から離れるほどゆっくりと動くはずです。

But they appeared to be moving at about the same speed, regardless of their distance.
しかし、それらは距離に関係なく、
ほぼ同じ速度で動いているように見えました。

In fact, the entire universe was more energetic than could be explained by the gravity of its calculated mass.
実際、宇宙全体は、
計算された質量の重力によって
説明できるよりもエネルギッシュでした。

So dark matter and dark energy were imagined to save the theory of gravity from complete falsification.
したがって、
暗黒物質と暗黒エネルギーは、
重力の理論を完全な反証から
救うために想像(創造)されました。

Those patches made 96 percent of the resulting universe of theory unobservable.
これらのパッチにより、結果として
得られた理論の世界の96%が観察不能になりました。

Astronomy abandoned scientific principles and sank into dark speculations about dark phantasms.
天文学は科学の原理を放棄し、
暗い幻想についての暗い憶測に沈みました。

Black holes and collapsed matter are not explanations, they're excuses.
ブラックホールと崩縮した物質は、
説明ではなく、言い訳です。

They try to squeeze the abundance of energy that's observed and that's available in electrically active plasma, out of the dearth of energy that is all theories of gravity and gas can supply.
彼らは、観測され、
電気的に活性なプラズマ
で利用可能な豊富なエネルギーを
圧縮して絞り出そうとします、
それは重力とガスが
供給できるすべての理論です。

Dark matter and dark energy hide a pretense of bloated gravity behind an empirically dishonest claim of invisibility and untestability.
暗黒物質と暗黒エネルギーは、
不可視性とテスト不能性の経験的に不誠実な
主張の背後にある、肥大化した重力の偽装を隠します。

Because astronomers believed in the 19th century gravity and gas universe before plasma was discovered, they believed that electricity, in what they imagined to be empty space, was impossible.
天文学者達は、プラズマが発見される前に
19世紀の重力とガスの宇宙を信じていたため、
彼らが想像していた空の空間では
電気は不可能であると信じていました。

The old theories became a belief system, a dogma that was absolutely true and unquestionable.
古い理論は、1つの信念体系、
絶対に真実で疑う余地のない教義になりました。

What else could it be, believers exclaimed, transforming the question into a foregone conclusion.
他に何ができるのかと、
信者たちは叫び、
質問を当然の結論に変えました。

Many observations confirm relativity, they declared.
多くの観察が、
相対性理論を確認している、
と彼らは宣言しました。

But confirmation only confirms what the believers already know.
しかし、確認は、信者が、
すでに知っていることを確認するだけです。

The new evidence and new ideas confront them with what they don't know.
新しい証拠と新しいアイデアは、
彼らが知らないことに直面させます。

Discovery lies in the dis-confirmations, the anomalies.
発見は、
不確認、異常の中にあります。

Discovery lies in searching for and testing alternative explanations.
発見は、代替の説明を
検索してテストする中にあります。

Even as the traditionalists retreated into dark dogma, the pioneers of radiant matter that Langmuir later renamed plasma, and Birkeland's Terella, were exploring electricity in space.
伝統主義者達が
暗いドグマに後退したときでさえ、
後に「プラズマ」と改名した放射物質の先駆者のラングミュア、
そして、バークランドのテレラは、宇宙で電気を探求していました。

Striations and bubbles, plasma - not gas - bound by double layers and sorted by its various characteristics, and moving by a hand that could be much heavier than gravity.
縞模様と気泡である、プラズマ
(ガスではない)は、二重層で結合され、
さまざまな特性で分類され、
重力よりもはるかに重い(=強い)
可能性のある手段で移動します。

Theoreticians shunned the new experimental findings, because they couldn't be expressed in prestigious mathematical generalities, from which the real universe of observation could be deduced.
理論家たちは、新しい実験的発見を、
権威ある数学的一般性では
表現できないので、避けました、
そこから実際の観測の世界を
推測することができたのに。

Hannes Alfven, an early plasma experimenter and one of the founders of plasma cosmology, wrote this about the situation.
初期のプラズマ実験者であり、
プラズマ宇宙論の創設者の1人である
ハンス・アルヴェーンは、
この状況について、この様に書いています。

”The cosmical plasma physics of today is to some extent the playground of theoreticians who have never seen a plasma in a laboratory.
Many of them still believe in formulas which we know from laboratory experiments to be wrong.
Several of the basic concepts on which theories of cosmical plasmas are founded are not applicable to the condition prevailing in the cosmos.”
「今日の宇宙プラズマ物理学は、
実験室でプラズマを見たことがない理論家の遊び場です。
彼らの多くは、実験室での実験から間違っている、
と私たちが知っている公式を今でも信じています。
宇宙プラズマの理論が基礎となる
基本的な概念のいくつかは、(彼らの考える)
宇宙に蔓延する条件には当てはまりません。」

”They are generally accepted by most theoreticians, they are developed with the most sophisticated mathematical methods;
and it is only the plasma itself which does not ‘understand’ how beautiful the theories are and absolutely refuses to obey them.”
「それらはほとんどの理論家に
一般的に受け入れられており、
最も洗練された数学的方法で開発されています;
そして、理論がどれほど美しいかを
〈理解〉せず、それらに従うことを絶対に
拒否するのは〈プラズマ〉自体だけです。」

Hiding in conceptual darkness and playing mathematical games with imaginary objects negates the foundational assumptions of scientific thinking.
概念的な暗闇に隠れて、
想像上のオブジェクトで
数理ゲームをプレイすることは、
科学的思考の基本的な仮定を否定します。

The objects of investigation must be sensible, that is able to be sensed, able to be detected.
調査の対象は、
感知可能であり、(実際に)感知でき、
検出できるものでなければなりません。

They must be amenable to experimentation.
彼らは実験に、
従順でなければなりません。

They must be explainable, not solely predictable.
それらは、単に、
予測可能であるだけでなく、
説明可能でなければなりません。

Theoreticians must not only follow the math, but also follow the language, theories must mean something.
理論家は数学に従うだけでなく、
言語にも従わなければなりません、
理論は何かを意味しなければなりません。

Scientists must search for alternative explanations and test them for coherence and correspondence with the alternative interpretations of the selected evidence.
科学者達は、
代替の説明を検索し、選択された証拠を、
代替の解釈との一貫性と対応について
それらをテストする必要があります。

Ad-hoc patches complicate theories.
アドホックパッチは、
理論を複雑にします。

The Standard Model is suffocating itself under its arbitrary patches.
標準模型は、
その任意のパッチの下で、
それ自体を窒息させています。

Plasma is detectable with many instruments.
プラズマは、
多くの機器で検出可能です。

It can be generated in laboratories and its properties observed.
それは、
実験室で生成することができ、
その特性が観察されます。

Explanations of its behavior can be proposed and tested.
その動作の説明を提案し、
テストすることができます。

Its observed properties correspond with the observed behaviors of cosmic phenomena, and provides simple and straightforward explanations.
その観測された性質は、
宇宙現象の観測された振る舞いに対応しており、
簡単でわかりやすい説明を提供します。

But its electrical properties are not allowed in the Standard Model.
しかし、その電気的特性は、
標準モデルでは許可されていません。

Mechanical inventions and the mysterious mathematics must stand in for electrical activity.
機械の発明と神秘的な数学は、
電気的な活動に立脚しなければなりません。

The alternative to patching is the development of new fundamentals.
パッチ適用の代替手段は、
新しい基礎の開発です。

The old theories and the old thinking served well to get us where we now are, but they're becoming a hindrance.
古い理論と古い考え方は、
私たちが今いる場所に、
たどり着くのに役立ちましたが、
それらは障害になりつつあります。

They're becoming obscured by dogmatic thinking.
それらは、
独断的な思考によって
曖昧になりつつあります。

Space age evidence is surprising and unexpected.
宇宙時代の証拠は、
驚くべきものであり、予想外です。

Predictions from the old theories are not found.
古い理論からの
予測は見つかりません。

Contrary evidence that falsifies them is found.
それらを反証する
反対の証拠が見つかりました。

We should stop pretending that the old gravity- and-gas thinking is adequate for our needs.
古い重力とガスの考え方が、
私たちのニーズに適しているという
「ふり」をするのをやめるべきです。

But the revolutionary effects of such a change in thinking will not be limited to one discipline.
しかし、そのような考え方の、
変化の革命的な影響は、
1つの分野に限定されることはありません。

The previous metaphysics of uniform and gradual change affected all of thinking.
均一で、漸進的な変化の、
以前の形而上学は、
すべての思考に影響を及ぼしました。

Now the possibilities of larger and faster changes in the natural world will revolutionize all disciplines.
今、自然界における、
より大きくより速い変化の可能性は、
すべての分野に革命をもたらすでしょう。

The empirical world has moved into a new conceptual space.
この経験的世界は、
新しい概念空間に移動しました。

A new way of thinking is emerging, one that rejects the worshipful belief that only gravity is of importance in cosmology.
宇宙論では重力だけが重要であるという
崇拝的な信念を拒否する新しい考え方が出現しています。

An awareness of the greater energy and power of electrical activity and plasma systems in space opens our thinking and our worldview to larger and faster working explanatory possibilities.
宇宙における電気的活動とプラズマシステムの
より大きなエネルギーとパワーの認識は、
私たちの思考と世界観を、
より大きく、より速く働く説明の可能性に開きます。

The Electric Universe model of cosmology is one such possibility.
宇宙論の電気的宇宙モデルは、
そのような可能性の1つです。(^-^)

                      • -

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Michael Clarage・・ The Light of Life ・・ Thunderbolts マイケル・クララージュ・・いのちの光・・サンダーボルツ]

[Michael Clarage・・ The Light of Life ・・ Thunderbolts マイケル・クララージュ・・いのちの光・・サンダーボルツ]


―――――― 
1920年代初頭、
ロシアのアレクサンドル・グルウィッチは
実験的にこのアイデアを探求していました、
すべての生命が形態形成場を放出し、
その場に埋め込まれていることを。

ある時点で、
彼は根の先端を保つように注意して
地面から2つのタマネギを取り出しました。

根の先端は有糸分裂の割合が最も高いため、
細胞は先端で最も速く分裂しています。

彼は1つの根の先端を
2番目の根の中央部分に向けました。

この2番目の根の中央部分の細胞は、
その後、はるかに速く分裂し始めました。

彼はさらに、
効果を遮断する実験を行い、
2つの間に障壁を置いて、
障壁が紫外線の波長の光を遮断すれば、
効果を止めることができることを発見しました。

これは、生きた細胞が光を発し、
この光が他の細胞の行動を直接変えることが
できることを示した最初の近代的な実験でした。

今日では、浜松光電子増倍管を購入し、
真っ暗な部屋に入り、
光電子増倍管をあなたの目に向けて、
あなたの目が発光していることを確認することができます。

生命系は紫外線から
低周波の電波(=ラジオ波)までを放射します。

異なる組織は、異なる時間、
および、異なる強度で、
異なる波長を放出する。

なぜこれは、
もっと明白ではないのですか?

ええ、私たちは皆、
誰かの目の光に気づいた事が有るので、
明白であると、私は主張します。

あるいは、あなたは、
「彼女の目は、自身で輝いている。」とか、
「あなたの目は、なんて輝いているのだろう。」
などと言った事が有ります。

もし、私たち全員が、
自分の経験をもっと信頼するなら、
科学はもっと早く進歩するでしょう。

生物が放つ光の量は、
毎秒数光子から毎秒数万、
または数十万光子まで、かなり異なります。

それは、本当に暗い夜に
鬱蒼とした森の中を歩く強度の範囲です。

しかし、どういうわけか
多くの夜行性の動物は普通に行動します。

このバイオライト
何をしているのですか?

次に、
いくつかの例を示します。

冬の間、
種は光を発しません。

雨が降り、気温が上昇すると、
土壌の静かな暗闇の中で、種子は緑色の光、
毎秒最大1万光子の光を放ち始めます。

別の例。

誰かを
暗い部屋に入れてください。

頭皮の髪の毛を少し剃り落とし、
視覚野の領域に対して光検出器を置きます。

ベースラインの
読み取り値を取得します。

その人に明るい光を想像してもらいます

あなたが光を想像するとき、
あなたの脳はより多くの光を放ちます。

人体全体からの発光は、
1年間にわたって定期的に記録されました。

夏は全身が明るくなり、
冬は最も暗くなります。

一日のうちでは、
太陽が天頂に達するにつれて
体は明るくなり、
昼が夜に移動するにつれて、
体は徐々に暗くなります。

体の中心から発せられる光は
最も一定に保たれ、
手と頭は最も変化を示します。

放出される色は、
緑を中心としていますが、
青と黄色にもなります。

しかし、手のひらの中心からの光は
もう少し青にシフトしています。

私たちの血液は
常に光を放っています。

より高い免疫応答を有する血液、
この場合、より多くの好中球を運ぶ血液は、
測定可能に高い光子数を有していました。

生物医学の視聴者に私たちの警告:
これはおそらく、
新しい診断技術を探すのに最適な領域です、
なぜならあなたは私たちの血によって放たれる色の複雑な虹が
私たちの有機体の絶え間なく変化する身体的および感情的な状態を
完全に反映していることを絶対に確信することができるからです。

個々の細胞に飛び込むと、
バイオフォトン
ミトコンドリアから微小管を通って移動します。

私が大学院にいた頃、
微小管が細胞によって、
細胞内で必要とされる場所に
物質を積極的に輸送するための高速道路として
使用されていることが観察されました。

そして今、私たちはそれらの細管は
光をも運んでいることを知っています。

また、単一のニューロン
可視光子の導波路として
機能することも発見しました。

ニューロンは電線として振る舞うだけでなく、
光ファイバーケーブルのようにも機能します。

光と電気は、
実は同じコインの両面なので、
私達は、おそらくそのコインが、
1つとして来るのを見るべきだったでしょう。

古い見方では、
生物学的システムに存在する光は、
単なるランダムな熱エネルギーでした。

そして、はい、
それはたくさんあります。

しかし今、私たちは、
特定の生物学的プロセスが、
特定の時間と場所で放出される
特定の周波数の光によって
開始されることがわかります。

光の生物学は、
分子の生物学と同じように
標準化されています。

我々は、
最後の 2つの実験までやってきました。

私の次点のお気に入りは、
あなたが明るい光の中にいるとき、
あなたの脳はより多くの光子を
放出するという事実に基づいています。

人を二人
連れてきます。

彼らを、弱い振動磁場を放射する
アンテナと一緒に同じ部屋に置きます。

その後、1人目は部屋にとどまります、
一方、2人目は真っ暗な2番目の部屋に行きます。

一人目に、
明るい光を当てます。

2人目の人の脳は、直ぐに
より多くのバイオフォトンを放出します。

これは、2人が
最初に同じ振動磁場の中にいるという
経験を共有した場合にのみ機能しました。

私は6ヶ月以上前にこの論文を読んで、
私はまだそれが何を意味するのか疑問に思っています。

私の最も好きな実験を見る前に、
少し議論しましょう。

生命は光を放つ。

場合によっては、
光が有糸分裂を開始するなどの
特定の作業を行っているのがわかります。

もし人間が夜行性の生き物だったら、
これはすべて明らかでしょう、
明るさは、月のない夜の
森の明るさとほぼ同じだからです。

私たちは目から光を放ちます;
私たちの下の地面は、
根の有糸分裂の紫外線で輝いています。

古典的な曲がり(嗜好)を持つ人にとっては、
「またもや、プラトンは正しかった?」
と言うかもしれません。

プラトンは、人間の視覚では、
光は私たちの目から出て、
物体から来る光と混ざり合い、その組み合わせは
私たちが見るものをもたらすと言いました。

今、私たちは、
私たちの目が光を放つ、
という証拠を持っています。

物理学者にとって、
これはすべての受信機も送信機であるため、
常に明白な可能性でした。

ラジオ波(=無線)アンテナは、
信号を送信したり、
同じ信号を受信したりできます。

それは両方の方法で
働かなければなりません。

網膜細胞内のロドプシン分子は
可視光を吸収することができる。

したがって、それらはまた、
同じ可視光を放出することができなければならない。

わたしたちの目から出てくる光が、
入ってくる光と混ざり合うのはなぜでしょうか?

これに答えるために、私たちは
耳がどのように機能するかを見ることができます。

何十年も前、私たちの耳は
音を発することがわかりました。

これは興味深い奇妙さ
として棚上げされました、
誰かがそれには、
何らかの目的もきっと無い、
ということを疑問に思うまで。

その結果、耳は、
信号のキャンセルと信号増強を
積極的に生み出す目的で
音を発することを発見しました。

混雑した部屋で、
1つの会話に集中できるのがどうしてなのか
か疑問に思ったことはありませんか?

数フィート離れている、
他の誰かの会話でさえも?

これは、ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンと
同じ原理ですが、聴覚系は、聞きたい声が、
どこにあるかを何らかの形で知っているため、
(ヘッドフォンよりも)数光年進んでいます。

どのくらい離れているかは;
音があなたの2つの耳の間の距離を
移動するのにどれくらいの時間がかかるか?です。

そしてリアルタイムで、
部屋の音が変化し続けるにつれて、
あなたの鼓膜は他のすべてを減らし、
あなたが聞きたい特定の声を強化する音信号を発します。

同じことが、
あなたのビジョンでも起こっています。

私はまだ研究を見つけていませんが、
それはすぐに来るでしょう。

光の生物学は、
学校で学んだ生物学とどう違うのですか?

100年前、人々は生物学を
化学的なプロセスとして
あまり考えていませんでした。

しかし、この講義を聞いているすべての人は、
生化学のパラダイムの中で教育を受けました。

私達は、生物学は、
化学的なプロセスにすぎないと教えられました。

バイオ・ケミストリー(生化学)とは、
どういう意味でしょうか?

新しいリボソームなど、
その機械の新しいビットを
構築する必要がある細胞の例を考えてみましょう。

リボソームは、
細胞が必要とする他のすべてのタンパク質を
構築するために細胞が使用する主要な機械です。

これには、原料、酵素
エネルギー源が必要です。

新しいリボソームがほぼ完成し、
最後のビットだけを取り付ける
必要があると想像してください。

最後に必要なタンパク質がそこにあり、
ぶら下がっています。

この最終的な付着に必要な
正確な酵素もたまたまそこにあり、
そして、ATP分子もぶら下がっていて、
それからそれらはすべて一緒になります。

エネルギーは、
ATP分子から放出され、
酵素を通って移動し、
リボソームの最後のビットが加えられる。

生化学が素晴らしいのは、
生化学者がこの建設ストーリーのすべてのプレーヤーと、
他の1000人のプレーヤーを解明し、それぞれのケースで、
必要なエネルギー量を測定したからです。

さて、光と電気を加えた話を
もう一度お話ししましょう。

ATPから
「エネルギーが解放される」とは、
どういう意味ですか?

電子軌道が壊れ、
再配置されます。

これは、
電流の変化です。

この電流の変化は、
光を放ちます、
ちょうどラジオ波(=無線)アンテナが
電流の変化に応じて光を発するように。

ATPから放出されたこの光のビットは、
酵素と呼ばれる光伝導体を通過し、
そして、ほぼ完成したリボソーム上の
電流を再調整するために使用されます。

アーク溶接を
考えてみてください。

これらの変化は、
私たちがそれを見る目を持っていたら、
火花と波打つ虹のように見えるでしょう。

光なしに化学変化を
起こすことはできません。

電流が変化すると、
光が生まれます。

光が吸収されると、
電流が変化します。

光電流と電流は同じコインの両面です:
それらは互いに対応するエネルギーと物質です。

有機生命を、よりよく理解するためには、
それを世界の中の世界の階層として見る必要があります。

光のかけらは、
分子と同じではありません。

分子は、
細胞と同じではありません。

細胞は、
人体と同じではありません。

これらはすべて、
サイズと特性が大きく異なる世界です。

しかし、これらすべての世界は、
相互に浸透し、互いに影響し合っています。

細胞や化学物質、光や電気が、
なければ有機生命はあり得ず、
細胞は、生態系や地球全体と
太陽なしでは生きていけません。

この階層は、すべてのレベルが通信し、
エネルギーと情報を交換するため、
一緒に保持されます。

タマネギから始めて、
はしごを降りてみましょう。

タマネギは、
生きています。

生きているタマネギの中では、
根が成長しています。

成長する根の中では、
細胞が分裂しています。

分裂する細胞の中では、
大量の化学変化が起こっています。

それらの化学変化には、
電流があり、
そして、電流を変化させるものからは
紫外光が放射される。

この紫外光が第2の根に吸収されると、
プロセス全体を逆に回転させ、
急速な細胞分裂に必要な、
急速な化学再構成に必要な、
急速に変化する電流を引き起こし、
そして第2のタマネギの根が成長し始めます。

根細胞はあらゆるものの
伝達者と受け手の両方であり、
根は行うことができます。

一般に、
いずれかのレベルで問題が発生した場合、
すべてのレベルに影響します。

私の細胞内の分子プロセスで
何かがうまくいかない場合、
私はそれを病気として経験します。

分子の世界は、
自分自身を人に知らしめる。

あるいは、人全体が、
しつこいネガティブな考えや、
無駄な恐怖などの
不健康な行動をとっているかも知れません、
これは必然的にトリクルダウンして(流れ落ちて行き)、
一部の細胞で分子活性の乱れを引き起こします。

はしごを上下する
相互接続のこの見方で、
私たちは今、視野を広げ、
規模をさらに見上げましょう、
もし多くの人々が
不健康な活動に従事しているなら、
これは、病気を引き起こすために、
それぞれの方法で動作する必要があります、
どんな大きなグループが存在するにせよ、
それが家族であろうと、
ひとつの国であろうと、
あるいはすべて一緒になった
地球上のすべての生命であろうとも。

惑星レベルで何かが間違っているのではないかと、
もし私たちがそれを想像できるなら、
別の道を進んで行きます、
そうすれば、それは人類に
降り注ぐ道を見つけなければなりません。

必ずしも、一人一人を
病気にするわけではありませんが、
世界中で現れたり消えたりする病気の傾向の
変化を引き起こすことは間違いありません。

私たちの、
はしごは今、地球全体から
個々の光子まで伸びています、
そして、DNAのバイオフォトンを含む、
私のナンバーワンの
お気に入りの実験の準備ができています。

ルーク・モンタニエの研究室は、
DNAから放射されるラジオ波(=無線)周波数を研究していました。

本当に気の遠くなるような
一連の実験の最後に、
彼らはDNAの文字列を
水の入ったバイアルに入れ、
バイアルを様々なラジオ波(=無線)周波数で刺激しました。

次に、DNAを
フィルタリングします。

これは水だけを残しますが、
水は現在、ラジオ波(=無線)周波数を放射しています、
それはどういうわけかDNAから得たものです。

水の入ったバイアルの周りにアンテナを置き、
その信号を数マイル離れた別の研究室に送ります。

この別のラボでは、
水とDNAのすべての個々の
ビルディングブロックを含む
2番目の試験管があります。

信号を2番目のバイアルに
ブロードキャストします。

数時間で、元のDNA鎖が
2番目のバイアルに構築されます。

魔法のように聞こえますし、
私もそうだと思いますが、
しかし、それはまた、実験データでもあります。

水は、
ラジオ波(=無線)周波数信号を保持することができ、
これは原料からDNA配列を
再構築するために使用することができる。

これらの結果をさらに探求するために、
まったく新しい研究所が設置される事を願っています。

ルーク・モンタニエには、
多くの崇拝者と、
多くの敵がいます。

人生で多くのことを成し遂げる
人々によく起こるように、
昨年の彼の死の直前に、
彼は世界中で展開されていた新しい治療法の
いくつかの明白な問題をあえて指摘したために
キャンセルされるという仕打ちがありました。

したがって、彼と関係のあるものは、
すべて将来の歴史から消去される可能性があります。

この実験で、
最も効果があった周波数はどれですか?

結果は、最初のストランドが、
7ヘルツ、14ヘルツ、または28ヘルツの
ラジオ波(=無線)信号で通電されたとき、最も明確でした。

もちろん、これらは
シューマン共鳴として知られる
地球の電気体全体の共振周波数です。

それは、
もう一度言う価値があります:
地球の電気体全体が
7、14、28ヘルツで最も大きく振動します。

これらは、実験中のDNAが、
水を通してその情報を最もよく伝えて、
自分自身を再構築することを
可能にするのと同じ周波数です。

これが事故だと
考えるのは馬鹿げている。

地球の電気体と、
私たち一人一人のDNAとの間の、
この明白なつながりは、
私をさせます....静かに。

教会や圧倒的に美しい風景の中で
静かになることがある様に。

この時点で、詩は、
実験科学と出会う。

この両者の架け橋は、
長いように思えるが、否定できない。

アンテナは
両方の方法で機能します。

地球の電気体全体は、
すべてのDNAの中のすべての振動、
すべての生き物、彼女の中で展開された
すべての永遠にわたるすべての振動の
発信者と受信者の両方です。

あなたの内側には、
送信者と受信者の両方である
1兆個のアンテナがあります、
私たちの母なる地球の
長い全体に含まれるすべての愛と知恵の。

これで十分ですが、
まだ終わっていません。

単純な物理学では、アンテナの長さは、
アンテナが吸収して放出する
波の大きさに匹敵します。

あなたの車のAMラジオアンテナは、
ラジオ局から発信されている
AM電波の4分の1の大きさです。

私たちのDNAが吸収と放出の
両方を行うアンテナであることを
すでに実験的に検証しているので、
私たちはDNAの長さはどれくらいか、
その波長を放送する局は
あるのかと尋ねるかもしれません。

あなたの細胞の1つのDNAは、
おおよそあなた自身の身長に展開しますが、
これは注目すべきつながりです、
人間ほどの大きさの生物は、
受胎から死に至るまで、
一生に必要なすべての情報を
適切に送受信するために、
ほぼ同じ大きさのアンテナを必要とします。

しかし、すべての細胞内の、
すべてのDNAの合計の長さ
についてはどうでしょうか?

その合計の長さは、
私たちの太陽系全体のサイズです。

私たちの中に、結合された長さが、
たまたま正しいサイズのアンテナがあります、
太陽の全身、惑星、すべての彗星、
さらにはヘリオポーズ(太陽圏)に共鳴する。

誰がそんなことを
信じることができるでしょうか?

太陽系全体の中で、人の生命が、
どの様にして関係が持てるのでしょうか?

しかし、はしごは壊れていないので、
つながりはそこになければなりません。

私たちの誰かが意識的に、
これらの信号を受け取ることができるかどうか、
または意図的に太陽系全体に
放送することができるかどうか。

それは良い質問です、私はそれが、
非常に重要な質問だとあえて言います。(^-^)
―――――――――― 
In the early 1920s, Alexander Gurwitch in Russia was experimentally exploring the idea that all life emits, and is embedded in, a morphogenic field.
1920年代初頭、
ロシアのアレクサンドル・グルウィッチは
実験的にこのアイデアを探求していました、
すべての生命が形態形成場を放出し、
その場に埋め込まれていることを。

At one point he took two onions out of the ground careful to preserve their root tips.
ある時点で、
彼は根の先端を保つように注意して
地面から2つのタマネギを取り出しました。

Because the root tip has the highest rate of mitosis, the cells are dividing fastest at the tip.
根の先端は有糸分裂の割合が最も高いため、
細胞は先端で最も速く分裂しています。

He pointed the tip of one root at the middle section of a second root.
彼は1つの根の先端を
2番目の根の中央部分に向けました。

The cells in that middle section of the second root then started to divide much faster.
この2番目の根の中央部分の細胞は、
その後、はるかに速く分裂し始めました。

He further experimented with blocking the effect and found that if he put a barrier between the two, he could stop the effect, if the barrier blocked ultraviolet wavelengths of light.
彼はさらに、
効果を遮断する実験を行い、
2つの間に障壁を置いて、
障壁が紫外線の波長の光を遮断すれば、
効果を止めることができることを発見しました。

Here was the first modern experiment, showing that living cells emit light, and that this light can directly change the behavior of other cells.
これは、生きた細胞が光を発し、
この光が他の細胞の行動を直接変えることが
できることを示した最初の近代的な実験でした。

Today you can verify that your eyes emit light, by purchasing a Hamamatsu photo-multiplier and going into a completely dark room and pointing the photomultiplier at your eye.
今日では、浜松光電子増倍管を購入し、
真っ暗な部屋に入り、
光電子増倍管をあなたの目に向けて、
あなたの目が発光していることを確認することができます。

Living systems emit light from ultraviolet to very low frequency radio waves.
生命系は紫外線から
低周波の電波(=ラジオ波)までを放射します。

Different tissues emit different wavelengths at different times and at varying intensities.
異なる組織は、異なる時間、
および、異なる強度で、
異なる波長を放出する。

Why is this not more obvious?
なぜこれは、
もっと明白ではないのですか?

Well, I would argue that it is, since we've all noticed the light in someone's eyes.
ええ、私たちは皆、
誰かの目の光に気づいた事が有るので、
明白であると、私は主張します。

Or have said things like, ‘she has a glow about her’, or ’you were simply radiant’.
あるいは、あなたは、
「彼女の目は、自身で輝いている。」とか、
「あなたの目は、なんて輝いているのだろう。」
などと言った事が有ります。

If we would all trust our own experience more, then science could progress much faster.
もし、私たち全員が、
自分の経験をもっと信頼するなら、
科学はもっと早く進歩するでしょう。

The amount of light given off by creatures varies quite a bit - from a few photons per second to tens of thousands or hundreds of thousands per second.
生物が放つ光の量は、
毎秒数光子から毎秒数万、
または数十万光子まで、かなり異なります。

That places the intensity in the range of walking in a dense forest at night when things are really dark.
それは、本当に暗い夜に
鬱蒼とした森の中を歩く強度の範囲です。

But somehow plenty of nocturnal animals do just fine.
しかし、どういうわけか
多くの夜行性の動物は普通に行動します。

What is this bio light doing?
このバイオライト
何をしているのですか?

Here are a few examples.
次に、
いくつかの例を示します。

Over the winter a seed will not emit any light.
冬の間、
種は光を発しません。

As the rain falls and the temperatures rise, in the quiet darkness of the soil the seeds start emitting light, green light, up to ten thousand photons per second.
雨が降り、気温が上昇すると、
土壌の静かな暗闇の中で、種子は緑色の光、
毎秒最大1万光子の光を放ち始めます。

Another example.
別の例。

Put someone in a dark room.
誰かを
暗い部屋に入れてください。

Shave off a bit of the hair on the scalp, and place a photo detector against the area of the visual cortex.
頭皮の髪の毛を少し剃り落とし、
視覚野の領域に対して光検出器を置きます。

Take a baseline reading.
ベースラインの
読み取り値を取得します。

Ask the person to imagine a bright light

  • the photon count will immediately shoot up.

その人に明るい光を想像してもらいます

Your brain gives off more light, when you imagine light.
あなたが光を想像するとき、
あなたの脳はより多くの光を放ちます。

The light emissions from the entire human body were recorded periodically over the course of a year.
人体全体からの発光は、
1年間にわたって定期的に記録されました。

The entire body brightens in the summer and is darkest in the winter.
夏は全身が明るくなり、
冬は最も暗くなります。

Within a single day the body brightens as the Sun goes to its zenith, then the body gradually dims, as the day moves to night.
一日のうちでは、
太陽が天頂に達するにつれて
体は明るくなり、
昼が夜に移動するにつれて、
体は徐々に暗くなります。

The light emitted from the center of the body stays the most constant, while the hands and the head show the most variation.
体の中心から発せられる光は
最も一定に保たれ、
手と頭は最も変化を示します。

The colors emitted are centered around green, but go to blue and yellow.
放出される色は、
緑を中心としていますが、
青と黄色にもなります。

But the light from the center of the palms is shifted slightly more to the blue.
しかし、手のひらの中心からの光は
もう少し青にシフトしています。

Our blood is constantly emitting light.
私たちの血液は
常に光を放っています。

Blood that had a higher immune response, in this case carrying more neutrophils, had a measurably higher photon count.
より高い免疫応答を有する血液、
この場合、より多くの好中球を運ぶ血液は、
測定可能に高い光子数を有していました。

To our alert biomedical viewers:
this is probably the best area to look for new diagnostic techniques, as you can be absolutely certain that the complex rainbow of colors given off by our blood perfectly reflects the ever-changing physical and emotional state of our organism.
生物医学の視聴者に私たちの警告:
これはおそらく、
新しい診断技術を探すのに最適な領域です、
なぜならあなたは私たちの血によって放たれる色の複雑な虹が
私たちの有機体の絶え間なく変化する身体的および感情的な状態を
完全に反映していることを絶対に確信することができるからです。

Diving into individual cells, biophotons travel from mitochondria through microtubules.
個々の細胞に飛び込むと、
バイオフォトン
ミトコンドリアから微小管を通って移動します。

When I was in graduate school, it was just observed that microtubules were used by cells as highways to actively transport materials to where they were needed in the cell.
私が大学院にいた頃、
微小管が細胞によって、
細胞内で必要とされる場所に
物質を積極的に輸送するための高速道路として
使用されていることが観察されました。

And now we know that those tubules are also carrying light.
そして今、私たちはそれらの細管は
光をも運んでいることを知っています。

We've also found that single neurons act as wave guides for visible light photons.
また、単一のニューロン
可視光子の導波路として
機能することも発見しました。

Neurons not only behave as electrical wires, but also act like fiber optic cables.
ニューロンは電線として振る舞うだけでなく、
光ファイバーケーブルのようにも機能します。

Light and electricity are really two sides of the same coin, so we probably should have seen that one coming.
光と電気は、
実は同じコインの両面なので、
私達は、おそらくそのコインが、
1つとして来るのを見るべきだったでしょう。

In the old picture, any light present in biological systems was just the random thermal energy.
古い見方では、
生物学的システムに存在する光は、
単なるランダムな熱エネルギーでした。

And yes, there's plenty of that.
そして、はい、
それはたくさんあります。

But now we see that specific biological processes are initiated by specific frequencies of light which are emitted at specific times and places.
しかし今、私たちは、
特定の生物学的プロセスが、
特定の時間と場所で放出される
特定の周波数の光によって
開始されることがわかります。

The biology of light is just as regulated as the biology of molecules.
光の生物学は、
分子の生物学と同じように
標準化されています。

We're down to the final two experiments.
我々は、
最後の 2つの実験までやってきました。

My runner-up favorite is based upon the fact that when you are in bright light, your brain emits more photons.
私の次点のお気に入りは、
あなたが明るい光の中にいるとき、
あなたの脳はより多くの光子を
放出するという事実に基づいています。

Take two people.
人を二人
連れてきます。

Place them in the same room along with an antenna which emits a weak oscillating magnetic field.
彼らを、弱い振動磁場を放射する
アンテナと一緒に同じ部屋に置きます。

Person One then stays in the room while Person Two goes to a second room which is completely dark.
その後、1人目は部屋にとどまります、
一方、2人目は真っ暗な2番目の部屋に行きます。

Shine a bright light on the first person.
一人目に、
明るい光を当てます。

The second person's brain will immediately emit more biophotons.
2人目の人の脳は、直ぐに
より多くのバイオフォトンを放出します。

This only worked if the two people first shared the experience of being in the same oscillating magnetic field.
これは、2人が
最初に同じ振動磁場の中にいるという
経験を共有した場合にのみ機能しました。

I read this paper over six months ago and I'm still wondering what it means.
私は6ヶ月以上前にこの論文を読んで、
私はまだそれが何を意味するのか疑問に思っています。

Before looking at my favorite experiment, let's discuss things a little.
私の最も好きな実験を見る前に、
少し議論しましょう。

Life emits light.
生命は光を放つ。

In some cases, we see the light is doing specific work, such as initiating mitosis.
場合によっては、
光が有糸分裂を開始するなどの
特定の作業を行っているのがわかります。

If humans were nocturnal creatures this would all be obvious, as the luminosities are roughly that of a forest on a moonless night.
もし人間が夜行性の生き物だったら、
これはすべて明らかでしょう、
明るさは、月のない夜の
森の明るさとほぼ同じだからです。

We have light shooting out of our eyes; the ground below us is radiant with the ultraviolet light of root mitosis.
私たちは目から光を放ちます;
私たちの下の地面は、
根の有糸分裂の紫外線で輝いています。

For those with a classical bent, you might be saying, ”Plato was right, once again?”
古典的な曲がり(嗜好)を持つ人にとっては、
「またもや、プラトンは正しかった?」
と言うかもしれません。

Plato said that in human vision light goes out from our eyes and blends with the light coming from objects and the combination results in what we see.
プラトンは、人間の視覚では、
光は私たちの目から出て、
物体から来る光と混ざり合い、その組み合わせは
私たちが見るものをもたらすと言いました。

Now we have proof that our eyes emit light.
今、私たちは、
私たちの目が光を放つ、
という証拠を持っています。

To a physicist this was always an obvious possibility since all receivers are also transmitters.
物理学者にとって、
これはすべての受信機も送信機であるため、
常に明白な可能性でした。

A radio antenna can send a signal, or receive the same signal.
ラジオ波(=無線)アンテナは、
信号を送信したり、
同じ信号を受信したりできます。

It has to work both ways.
それは両方の方法で
働かなければなりません。

The rhodopsin molecules in the retinal cells can absorb visible light.
網膜細胞内のロドプシン分子は
可視光を吸収することができる。

Therefore, they must also be able to emit the same visible light.
したがって、それらはまた、
同じ可視光を放出することができなければならない。

Why might the light coming from our eyes blend with the light coming in?
わたしたちの目から出てくる光が、
入ってくる光と混ざり合うのはなぜでしょうか?

To answer this, we can look at how the ears work.
これに答えるために、私たちは
耳がどのように機能するかを見ることができます。

Decades ago, it was found that our ears emit sound.
何十年も前、私たちの耳は
音を発することがわかりました。

This was shelved as an interesting oddity, until someone wondered if there might not be some purpose to it.
これは興味深い奇妙さ
として棚上げされました、
誰かがそれには、
何らかの目的もきっと無い、
ということを疑問に思うまで。

They found that the ears emit sound for the purpose of actively producing signal canceling and signal enhancement.
その結果、耳は、
信号のキャンセルと信号増強を
積極的に生み出す目的で
音を発することを発見しました。

Ever wonder how it is in a crowded room you are capable of focusing in on one conversation?
混雑した部屋で、
1つの会話に集中できるのがどうしてなのか
か疑問に思ったことはありませんか?

Even someone else's conversation, several feet away?
数フィート離れている、
他の誰かの会話でさえも?

It's the same principle as the noise-cancelling headphones but several light years more advanced, as your auditory system somehow knows where is the voice you want to hear.
これは、ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンと
同じ原理ですが、聴覚系は、聞きたい声が、
どこにあるかを何らかの形で知っているため、
(ヘッドフォンよりも)数光年進んでいます。

How far away is it;
how long does it take for the sound to travel the distance between your two ears.
どのくらい離れているかは;
音があなたの2つの耳の間の距離を
移動するのにどれくらいの時間がかかるか?です。

And then in real time, as the sounds in the room keep changing, your eardrums emit a sound signal that will reduce everything else and enhance the particular voice you want to hear.
そしてリアルタイムで、
部屋の音が変化し続けるにつれて、
あなたの鼓膜は他のすべてを減らし、
あなたが聞きたい特定の声を強化する音信号を発します。

The same is happening with your vision.
同じことが、
あなたのビジョンでも起こっています。

I've not found the research yet, but it will come along soon enough.
私はまだ研究を見つけていませんが、
それはすぐに来るでしょう。

How is the biology of light different from the biology we learned in school?
光の生物学は、
学校で学んだ生物学とどう違うのですか?

One hundred years ago, people did not much think of biology as a chemical process.
100年前、人々は生物学を
化学的なプロセスとして
あまり考えていませんでした。

Yet everyone listening to this lecture was educated inside the biochemistry paradigm.
しかし、この講義を聞いているすべての人は、
生化学のパラダイムの中で教育を受けました。

We were taught that biology is only a chemical process.
私達は、生物学は、
化学的なプロセスにすぎないと教えられました。

What do we mean by biochemistry?
バイオ・ケミストリー(生化学)とは、
どういう意味でしょうか?

Take the example of a cell needing to build out some new bits of its machinery, such as a new ribosome.
新しいリボソームなど、
その機械の新しいビットを
構築する必要がある細胞の例を考えてみましょう。

Ribosomes are the primary machinery that cells use to build all the other proteins the cell needs.
リボソームは、
細胞が必要とする他のすべてのタンパク質を
構築するために細胞が使用する主要な機械です。

This requires raw material, enzymes and an energy source.
これには、原料、酵素
エネルギー源が必要です。

Imagine the new ribosome is almost completed and just a final bit needs to be attached.
新しいリボソームがほぼ完成し、
最後のビットだけを取り付ける
必要があると想像してください。

The final required bit of protein is there, hanging around.
最後に必要なタンパク質がそこにあり、
ぶら下がっています。

The precise enzyme needed for just this final attachment also happens to be there, and the ATP molecule is also hanging around, and then they all come together.
この最終的な付着に必要な
正確な酵素もたまたまそこにあり、
そして、ATP分子もぶら下がっていて、
それからそれらはすべて一緒になります。

Energy is released from the ATP molecule, travels through the enzyme and the final bit of ribosome is added.
エネルギーは、
ATP分子から放出され、
酵素を通って移動し、
リボソームの最後のビットが加えられる。

Biochemistry is great because biochemists have worked out all the players in this construction story and a thousand others, and have measured the amount of energy needed in each case.
生化学が素晴らしいのは、
生化学者がこの建設ストーリーのすべてのプレーヤーと、
他の1000人のプレーヤーを解明し、それぞれのケースで、
必要なエネルギー量を測定したからです。

Now, let's retell the story adding light and electricity.
さて、光と電気を加えた話を
もう一度お話ししましょう。

What do we mean by ’energy is released’ from the ATP?
ATPから
「エネルギーが解放される」とは、
どういう意味ですか?

Electron orbits are broken, rearranged.
電子軌道が壊れ、
再配置されます。

This is a change in electric currents.
これは、
電流の変化です。

This change in electric currents emits light, just as the radio antenna emits light as the electric current is changed.
この電流の変化は、
光を放ちます、
ちょうどラジオ波(=無線)アンテナが
電流の変化に応じて光を発するように。

This bit of light emitted by the ATP travels through the optical conductor called enzyme, and is used to rearrange electric currents on the almost finished ribosome.
ATPから放出されたこの光のビットは、
酵素と呼ばれる光伝導体を通過し、
そして、ほぼ完成したリボソーム上の
電流を再調整するために使用されます。

Think arc welding.
アーク溶接を
考えてみてください。

These changes would look like sparks and rippling rainbows, if we had the eyes to see it.
これらの変化は、
私たちがそれを見る目を持っていたら、
火花と波打つ虹のように見えるでしょう。

You cannot have chemical changes without light.
光なしに化学変化を
起こすことはできません。

When electric currents change, light is produced.
電流が変化すると、
光が生まれます。

When light is absorbed, electric currents change.
光が吸収されると、
電流が変化します。

Light and electric currents are two sides of the same coin:
they are the energy and the matter corresponding to each other.
光電流と電流は同じコインの両面です:
それらは互いに対応するエネルギーと物質です。

To better understand organic life, we need to see it as a hierarchy of worlds within worlds.
有機生命を、よりよく理解するためには、
それを世界の中の世界の階層として見る必要があります。

A piece of light is not the same as a molecule.
光のかけらは、
分子と同じではありません。

A molecule is not the same as a cell.
分子は、
細胞と同じではありません。

A cell is not the same as a human body.
細胞は、
人体と同じではありません。

These are all worlds of vastly different sizes and properties.
これらはすべて、
サイズと特性が大きく異なる世界です。

Yet, all these worlds interpenetrate one another and influence each other.
しかし、これらすべての世界は、
相互に浸透し、互いに影響し合っています。

We could not have organic life without cells, or without chemicals, or without light and electricity, nor could cells live without ecosystems, and the whole earth and the Sun.
細胞や化学物質、光や電気が、
なければ有機生命はあり得ず、
細胞は、生態系や地球全体と
太陽なしでは生きていけません。

This hierarchy holds together because all the levels communicate, and exchange energy and information.
この階層は、すべてのレベルが通信し、
エネルギーと情報を交換するため、
一緒に保持されます。

Starting with the onion, let's step our way down the ladder.
タマネギから始めて、
はしごを降りてみましょう。

An onion is living.
タマネギは、
生きています。

Inside the living onion, the root is growing.
生きているタマネギの中では、
根が成長しています。

Inside the growing root, cells are dividing.
成長する根の中では、
細胞が分裂しています。

Inside the dividing cells, loads of chemical changes are happening.
分裂する細胞の中では、
大量の化学変化が起こっています。

In those chemical changes are electric currents, and from those changing electric currents, ultraviolet light is emitted.
それらの化学変化には、
電流があり、
そして、電流を変化させるものからは
紫外光が放射される。

When this ultraviolet light is absorbed by a second root, this initiates the whole process in reverse, causing rapidly changing electric currents, needed for rapid chemical rearrangements, needed for rapid cell division, and the root of the second onion begins to grow.
この紫外光が第2の根に吸収されると、
プロセス全体を逆に回転させ、
急速な細胞分裂に必要な、
急速な化学再構成に必要な、
急速に変化する電流を引き起こし、
そして第2のタマネギの根が成長し始めます。

Root cells are both transmitters and receivers of everything, roots are capable of doing.
根細胞はあらゆるものの
伝達者と受け手の両方であり、
根は行うことができます。

In general, if there's a problem at any one level, it affects all the levels.
一般に、
いずれかのレベルで問題が発生した場合、
すべてのレベルに影響します。

If some- thing goes wrong with a molecular process in my cells, I experience that as ill health.
私の細胞内の分子プロセスで
何かがうまくいかない場合、
私はそれを病気として経験します。

The molecular world makes itself known to a person.
分子の世界は、
自分自身を人に知らしめる。

Or the whole person might engage in unhealthy behavior such as persistent negative thoughts, or useless fears, which will inevitably trickle down to cause disordered molecular activity in some cells.
あるいは、人全体が、
しつこいネガティブな考えや、
無駄な恐怖などの
不健康な行動をとっているかも知れません、
これは必然的にトリクルダウンして(流れ落ちて行き)、
一部の細胞で分子活性の乱れを引き起こします。

With this picture of interconnection up and down the ladder, we now widen our view and look further up the scale, If a large number of people are engaged in unhealthy activity, this must work its way up to cause ill health in whatever larger groupings exist, be they families or countries, or even all life on earth taken all together.
はしごを上下する
相互接続のこの見方で、
私たちは今、視野を広げ、
規模をさらに見上げましょう、
もし多くの人々が
不健康な活動に従事しているなら、
これは、病気を引き起こすために、
それぞれの方法で動作する必要があります、
どんな大きなグループが存在するにせよ、
それが家族であろうと、
ひとつの国であろうと、
あるいはすべて一緒になった
地球上のすべての生命であろうとも。

Going the other way, if we can imagine it, if there were something gone wrong at a planetary level, then this must find its way down to humanity.
惑星レベルで何かが間違っているのではないかと、
もし私たちがそれを想像できるなら、
別の道を進んで行きます、
そうすれば、それは人類に
降り注ぐ道を見つけなければなりません。

Not necessarily to make each person sick, but certainly cause changing trends of illness that appear and disappear across the globe.
必ずしも、一人一人を
病気にするわけではありませんが、
世界中で現れたり消えたりする病気の傾向の
変化を引き起こすことは間違いありません。

Our ladder now stretches from the entire earth down to individual photons, and we are ready for my number one favorite experiment involving the biophotons of DNA.
私たちの、
はしごは今、地球全体から
個々の光子まで伸びています、
そして、DNAのバイオフォトンを含む、
私のナンバーワンの
お気に入りの実験の準備ができています。

The lab of Luke Montagnier was studying radio frequencies emitted by DNA.
ルーク・モンタニエの研究室は、
DNAから放射されるラジオ波(=無線)周波数を研究していました。

In the last of a series of truly boggling experiments, they placed a string of DNA into a vial of water and stimulated the vial with various radio frequencies.
本当に気の遠くなるような
一連の実験の最後に、
彼らはDNAの文字列を
水の入ったバイアルに入れ、
バイアルを様々なラジオ波(=無線)周波数で刺激しました。

Then filter out the DNA.
次に、DNAを
フィルタリングします。

This leaves just water, but the water is now emitting radio frequencies, which it somehow got from the DNA.
これは水だけを残しますが、
水は現在、ラジオ波(=無線)周波数を放射しています、
それはどういうわけかDNAから得たものです。

Place an antenna around the vial of water and send that signal to a second lab, several miles away.
水の入ったバイアルの周りにアンテナを置き、
その信号を数マイル離れた別の研究室に送ります。

In this other lab, you have a second test tube that contains water and all the individual building blocks of DNA.
この別のラボでは、
水とDNAのすべての個々の
ビルディングブロックを含む
2番目の試験管があります。

Broadcast our signal into the second vial.
信号を2番目のバイアルに
ブロードキャストします。

In a few hours, the original DNA strand will be constructed in the second vial.
数時間で、元のDNA鎖が
2番目のバイアルに構築されます。

Sounds like magic and I guess it is, but it is also experimental data.
魔法のように聞こえますし、
私もそうだと思いますが、
しかし、それはまた、実験データでもあります。

Water can hold the radio frequency signal, which can be used to rebuild the DNA sequence from raw materials.
水は、
ラジオ波(=無線)周波数信号を保持することができ、
これは原料からDNA配列を
再構築するために使用することができる。

I would hope that entire new research labs will be set up to further explore these results.
これらの結果をさらに探求するために、
まったく新しい研究所が設置される事を願っています。

Luke Montagnier has many admirers and many enemies.
ルーク・モンタニエには、
多くの崇拝者と、
多くの敵がいます。

As often happens with people who achieve a great deal in life, shortly before his death last year, he had the distinction of being canceled for daring to point out some obvious problems with a novel medical treatment that was being rolled out around the world.
人生で多くのことを成し遂げる
人々によく起こるように、
昨年の彼の死の直前に、
彼は世界中で展開されていた新しい治療法の
いくつかの明白な問題をあえて指摘したために
キャンセルされるという仕打ちがありました。

Hence it is possible that anything connected with him will be erased from future history.
したがって、彼と関係のあるものは、
すべて将来の歴史から消去される可能性があります。

What frequencies worked best in this experiment?
この実験で、
最も効果があった周波数はどれですか?

The results were clearest when the initial strand was energized with 7 Hertz, 14 Hertz, or 28 Hertz radio signals.
結果は、最初のストランドが、
7ヘルツ、14ヘルツ、または28ヘルツの
ラジオ波(=無線)信号で通電されたとき、最も明確でした。

Of course, these are the resonant frequencies of the entire electrical body of the earth known as the Schumann resonances.
もちろん、これらは
シューマン共鳴として知られる
地球の電気体全体の共振周波数です。

That is worth saying a second time:
the entire electrical body of the earth vibrates loudest at 7, 14 and 28 Hertz.
それは、
もう一度言う価値があります:
地球の電気体全体が
7、14、28ヘルツで最も大きく振動します。

These are the same frequencies that allow DNA in the experiment to best convey its information through water to rebuild itself.
これらは、実験中のDNAが、
水を通してその情報を最もよく伝えて、
自分自身を再構築することを
可能にするのと同じ周波数です。

It is absurd to think this is an accident.
これが事故だと
考えるのは馬鹿げている。

This obvious connection between the electrical body of the earth and the DNA in each of us makes me.... quiet.
地球の電気体と、
私たち一人一人のDNAとの間の、
この明白なつながりは、
私をさせます....静かに。

Like, I sometimes get quiet in church, or in an overwhelmingly beautiful landscape.
教会や圧倒的に美しい風景の中で
静かになることがある様に。

At this point poetry meets experimental science.
この時点で、詩は、
実験科学と出会う。

The bridge between the two seems long but is also undeniable.
この両者の架け橋は、
長いように思えるが、否定できない。

Antennas work both ways.
アンテナは
両方の方法で機能します。

The entire electrical body of the earth is both the sender and the receiver of all the vibrations in all the DNA, in all the living creatures, over all the eons that have unfolded within her.
地球の電気体全体は、
すべてのDNAの中のすべての振動、
すべての生き物、彼女の中で展開された
すべての永遠にわたるすべての振動の
発信者と受信者の両方です。


Inside you, are a trillion antennae that are both the senders and receivers of all the love and wisdom contained in the long body of our Mother Earth.
あなたの内側には、
送信者と受信者の両方である
1兆個のアンテナがあります、
私たちの母なる地球の
長い全体に含まれるすべての愛と知恵の。

This would be enough, but we're not done yet.
これで十分ですが、
まだ終わっていません。

In simple physics, the length of an antenna is comparable to the size of the wave it absorbs and emits.
単純な物理学では、アンテナの長さは、
アンテナが吸収して放出する
波の大きさに匹敵します。

The AM radio antenna on your car is one-fourth the size of the AM radio waves that are being sent out from the radio stations.
あなたの車のAMラジオアンテナは、
ラジオ局から発信されている
AM電波の4分の1の大きさです。

Since we have already verified experimentally that our DNA is an antenna that both absorbs and emits, we might ask what is the length of our DNA and is there any station broadcasting that wavelength.
私たちのDNAが吸収と放出の
両方を行うアンテナであることを
すでに実験的に検証しているので、
私たちはDNAの長さはどれくらいか、
その波長を放送する局は
あるのかと尋ねるかもしれません。

The DNA in one of your cells unrolls to roughly your own height that's a notable connection, an organism the size of a person needs an antenna roughly its own size to adequately send and receive all the information required for an entire life, from conception to death.
あなたの細胞の1つのDNAは、
おおよそあなた自身の身長に展開しますが、
これは注目すべきつながりです、
人間ほどの大きさの生物は、
受胎から死に至るまで、
一生に必要なすべての情報を
適切に送受信するために、
ほぼ同じ大きさのアンテナを必要とします。

But what about the combined length of all the DNA in all your cells?
しかし、すべての細胞内の、
すべてのDNAの合計の長さ
についてはどうでしょうか?

That combined length is the size of our entire solar system.
その合計の長さは、
私たちの太陽系全体のサイズです。

We have within us antennas whose combined length happens to be the right size, to resonate with the entire body of the Sun, the planets, all the comets, even out to the heliopause.
私たちの中に、結合された長さが、
たまたま正しいサイズのアンテナがあります、
太陽の全身、惑星、すべての彗星、
さらにはヘリオポーズ(太陽圏)に共鳴する。

Who could believe such a thing?
誰がそんなことを
信じることができるでしょうか?

How could there be a connection with the life of a person, in the entire solar system?
太陽系全体の中で、人の生命が、
どの様にして関係が持てるのでしょうか?

Yet the connection must be there, because the ladder is unbroken.
しかし、はしごは壊れていないので、
つながりはそこになければなりません。

Whether or not any one of us can knowingly receive these signals, or is capable of intentionally broadcasting up to the whole solar system.
私たちの誰かが意識的に、
これらの信号を受け取ることができるかどうか、
または意図的に太陽系全体に
放送することができるかどうか。

It's a good question, I dare say it's a very important question.
それは良い質問です、私はそれが、
非常に重要な質問だとあえて言います。(^-^)
―――――――――――――

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Eye of the Storm, Part 9 嵐の目、パート9]

[Eye of the Storm, Part 9 嵐の目、パート9]
Scott Douglass December 19, 2020Thunderblogs


Ground Currents
by Andrew Hall
地電流
アンドリュー・ホール著
In the past few chapters of Eye of the Storm, we’ve looked at surface conductive discharge and the landforms it creates.
「嵐の目」の過去の数章では、表面の導電性放電とそれが作り出す地形について見てきました。

Ground-to-ground, surface conductive discharges formed river channels, fractured the land with arc blast, built mountains, ripped them apart, and induced electric winds that competed in a global plasma storm on our ancient planet.
地面から地面へ、表面導電性放電は、川の水路を形成し、アークブラストで土地を破壊し、山を作り、それらを引き裂き、そして、私たちの古代の惑星で地球規模のプラズマ嵐に対抗する電気風を誘発しました。

We’ve discussed how surface conductive discharges match the description of dragons in myth.
表面の導電性放電が神話のドラゴンの説明とどのように一致するかについて説明しました。

How they must be discharges from an alternating current superimposed with a direct current bias that forces its path across Earth’s surface-electric field, blasting its way in fits and starts as resonant frequencies built and relaxed, bifurcating the current in reactive power surges.
地球の表面電界を横切る経路を強制する直流バイアスと重ね合わされた交流電流からどのように放電する必要があるか、共振周波数が構築されて緩和されると、その方法が適合して開始され、無効電力(=反応性電力)サージ(急上昇)の電流が分岐します。

The electric field is from a build-up of charge on continental surfaces due to capacitance in the continental plates.
電界は、大陸プレートの静電容量による大陸表面の電荷の蓄積によるものです。

We’ve discussed how such discharges emanate from beneath Earth’s crust through a continental fringing field.
このような放電が、地球の地殻の下から大陸のフリンジ・フィールドを介してどのように発生するかについて説明しました。

Capacitance dictates there must also be a charge built on the opposite side of the plate which creates the potential difference.
静電容量は、電位差を生み出すプレートの反対側にも電荷が蓄積されている必要があることを示しています。

This does not mean one side of the continental plate is all positive and one side negative.
これは、大陸プレートの片側がすべて正で片側が負であることを意味するものではありません。

Ionization of native materials generates plasma, which by definition is a mixture of positive and negative charge.
天然物質のイオン化はプラズマを生成します、プラズマは、定義上、正電荷負電荷の混合物です。

But plasma self organizes, producing regions of high intensity, positive or negative bias, surrounded by shells of weaker plasma.
しかし、プラズマは自己組織化し、弱いプラズマの殻に囲まれた、高強度、正または負のバイアスの領域を生成します。

Coherent structures evolve as waves of energy pass through at varying frequencies, forming patterns of compression and rarefaction in the fashion that sonic vibrations produce cymatics.
コヒーレント構造は、エネルギーの波がさまざまな周波数で通過するにつれて進化します、音の振動がサイマティクスを生成する方法で、圧縮と希薄化のパターンを形成します。


Potentials oscillate between regions of high intensity, sometimes spiking to extreme levels from harmonic feedback and constructive interference in the manner of circuits commonly referred to as RLC circuits in electronics.
ポテンシャルは高強度の領域間で振動し、電子機器で一般にRLC回路と呼ばれる回路のように、高調波フィードバックや建設的な干渉から極端なレベルに急上昇することがあります。

It’s the spikey surges that send sparks flying.
火花を飛ばすのはスパイク状のサージ(急上昇)です。

We’ll now discuss the underbelly of North America from where these sparks originated and what we can infer about its features.
これらの火花が発信された場所とその特徴について推測できるものから、北米のアンダーベリーについて議論します。

In keeping with Eye of the Storm protocol, we’ll use Earth’s geology, the planet Jupiter, and the fractal self-similarities of charge diffusion as our living laboratory for evidence.

「嵐の目」プロトコルに沿って、地球の地質、惑星木星、および電荷拡散のフラクタル自己類似性を、証拠の為の生きた実験室として使用します。

It’s San Andreas’ Fault
それはサン・アンドレアス・フォールト(断層)です

As discussed in the previous chapters, river channels align with faults that are cracks in the Earth caused by the intense heat, pressure, and charge depletion of an arc blast from surface conductive discharges.
前の章で説明したように、川の水路は、地表の導電性放電によるアーク爆発の激しい熱、圧力、および電荷の枯渇によって引き起こされる地球の亀裂である断層と一致します。

They are literally the dragon’s footprint.
それらは文字通りドラゴンの足跡です。

But not all dragon prints result in river channels.
しかし、すべてのドラゴン・プリントが川の水路になるわけではありません。

In some places, surface conductive discharges created faults that were later buried, or somehow isolated from a watershed, so no river resulted.
いくつかの場所では、表面の導電性放電は断層を作り、それは後で埋められるか、何らかの形で流域から隔離されたので、川は生じませんでした。

The San Andreas Fault is one such beast.
サンアンドレアス断層はそのような獣の1つです。

It was created in the same discharge event that created the Colorado River:
a resonant frequency reactive discharge that sent a filament of induced current northwest, while the main line current of the Colorado filament turned 90 degrees east to the Colorado Plateau.
これは、コロラド川を作成したのと同じ放電イベントで作成されました:
コロラドフィラメントのメインライン電流がコロラド高原に向かって東に90度回転している間に、誘導電流のフィラメントを北西に送る共振周波数の無効放電(=反応性放電)です。


This filament is the San Andreas fault system, extending from the Gulf of California along the western fringe of the continent to the Juan de Fuca Plate.
このフィラメントはサン・アンドレアス断層系であり、カリフォルニア湾から大陸の西端に沿ってファンデフカ・プレートまで伸びています。

The fault follows precisely a portion of continental plate boundaries surrounding the Pacific known as the “Ring of Fire.”
断層は、「環太平洋火山帯」として知られる太平洋を取り巻く大陸プレート境界の一部に正確に沿っています。


What this means is the San Andreas fault is the result of a surface conductive, branch filament of the Colorado discharge, induced along the plate boundary.
これが意味するのは、サン・アンドレアス断層は、プレート境界に沿って誘発されたコロラド放電の表面伝導性の分岐フィラメントの結果です。

This branch formed a parallel circuit with the Colorado River branch, thus forming a parallel RLC circuit.
このブランチは、コロラド川支流と並列回路を形成し、並列RLC回路を形成しました。

The parallel RLC circuit has the characteristic ability to amplify frequency to the point of producing resonant frequency, reactive power discharges, which is what we see along the Colorado River.
並列RLC回路は、コロラド川に沿って見られる、共振周波数、無効電力放電を生成するポイントまで周波数を増幅する特徴的な能力があります。

Not all dragons are parallel circuits, so the Colorado/San Andreas system has some exceptional features and may be unique, at least on Earth.
すべてのドラゴンが並列回路であるわけではありません、したがって、コロラド/サン・アンドレアス・システムにはいくつかの例外的な特徴があり、少なくとも地球上ではユニークである可能性があります。

The fact that the San Andreas is a filament of current discharging along this path can be demonstrated by looking at a real-life dragon in action.
サン・アンドレアスがこの経路に沿って放電する電流のフィラメントであるという事実は、実際のドラゴンが動いているのを見ると証明できます。

Of course, this means looking to Jupiter where a similar circuit is in action right now.
もちろん、これは、同様の回路が現在動作している木星に目を向けることを意味します。


Capacitance forces a mirror response to sub-surface charge accumulation on the continental surface and in the atmosphere.
静電容量は、大陸表面および大気中の表面下の電荷蓄積に対してミラー応答を強制します。

So the landscape and atmosphere reflect the ground currents.
したがって、風景と大気は地電流を反映しています。

This image of a long oval storm system on Jupiter has been presented before, in Chapter 7, as an analog for the storm that created the San Joaquin Valley in California, and its ring of mountains including the Sierra Nevada range.
木星の長い楕円形の嵐システムのこの画像は、前の第7章で紹介されています、カリフォルニアのサンホアキン・バレーとシエラネバダ山脈を含むその山脈の輪を作った嵐のアナログとして。

The red line traces (approximately) the San Andreas fault analog that exists beneath Jupiter’s clouds in the same geometry.
赤い線は、同じジオメトリで木星の雲の下に存在するサンアンドレアス断層の類似物を(おおよそ)トレースしています。

It rides next to long, thin, dark filaments making “French curves” in the clouds.
それは、雲の中で「フレンチ・カーブ(雲形定規)」を作る長くて細い、暗いフィラメントの隣に乗っています。

These dark filaments are where low-level winds dive beneath higher shelf clouds to feed the jet stream that follows the discharge creating the fault.
これらの暗いフィラメントは、低レベルの風がより高い棚の雲の下に潜り、断層を作り出す放電に続くジェット気流を供給する場所です。

Where it meets the branching Garloc fault, it created a triangle of Venturi winds.
分岐するギャロック断層と出会う場所で、ベンチュリ風の三角形を作成しました。

Similar faults or currents are embedded in the Sierra Range (not highlighted) where you can see dark filaments in the clouds).
同様の断層または電流は, 雲の中に暗いフィラメントが見えるシエラ・レンジ(強調表示されていません)に埋め込まれています)。


In other words, you are seeing a dragon from above, the jet-stream being a charged plasma wind generated by induction along the path of the ground current.
言い換えれば、あなたは上からドラゴンを見ています,ジェット気流は、地電流の経路に沿った誘導によって生成された帯電プラズマ風です。

It takes an identical path through the storm system that the San Andreas does due to the fractal symmetry of charge diffusion in similar circuits.
同様の回路での電荷拡散のフラクタル対称性により、サン・アンドレアスが行うのと同じ経路をストーム・システムに通します。

Two similar circuits will create similar patterns of charge diffusion.
2つの同様の回路は、同様の電荷拡散パターンを作成します。

Never exact, but similar, like fingerprints and snowflakes.
正確ではありませんが、指紋や雪片(の結晶)のように似ています。

Both circuits create paths of current with capacitance and inductance that forms self-similar diffusion patterns in the form of weather and discharge.
どちらの回路も、静電容量とインダクタンスを備えた電流経路を作成し、天候と放電の形で自己相似拡散パターンを形成します。

The difference in size between Earth and Jupiter doesn’t matter.
地球と木星のサイズの違いは関係ありません。

The processes are all scalable.
このプロセスはすべてスケーラブルです。

And the difference in chemistry matters little because the patterns are formed by charge diffusion that is regulated by the circuit.
また、回路によって制御される電荷拡散によってパターンが形成されるため、化学的性質の違いはほとんど問題になりません。

The circuit dictates the plasma behavior and arranges the chemistry to suit.
この回路はプラズマの振る舞いを決定し、それに合うように化学を調整します。

One could say the circuit creates itself, like Escher’s hand that draws a hand that draws itself.
回路は、自分自身を描く手を引くエッシャーの手と同じように、自分自身を作成すると言うことができます。


As far as Jupiter is concerned, what this means is that there are crustal ground currents on Jupiter that form circuits geometrically similar to certain ground currents on Earth.
木星に関する限り、これが意味するのは、木星には地殻の接地電流があり、地球上の特定の地電流と幾何学的に類似した回路を形成しているということです。

We have zero direct evidence for what constitutes “ground” on Jupiter, but the evidence that ground currents are there is in the shape and actions of the clouds.
木星の「地面」を構成するものについての直接的な証拠はありませんが、地電流は雲の形と作用にあります。
Capacitance between ground and atmosphere dictates the presence of ground currents, producing self-similar storms in feedback with currents in the atmosphere.
地面と大気の間の静電容量は、地電流の存在を決定し、大気中の流れとのフィードバックで自己相似嵐を生成します。

Why Earth and Jupiter should have geometrically similar electrical circuits within their crusts may seem a ridiculous coincidence if you accept the consensus views on planetary formation.
地球と木星が地殻内に幾何学的に類似した電気回路を持つべきである理由は、惑星形成に関するコンセンサスの見解を受け入れるならば、ばかげた偶然のように思えるかもしれません。

So don’t.
でもそうでは有りません。

Planets are formed as drops and bubbles spit out of bigger planets, or stars.
惑星は、より大きな惑星または恒星達から滴や泡が吐き出されるときに形成されます。

Drops and bubbles are fractal entities shaped by electrical bonding
surface tension, that is, or spherical capacitance.
液滴と気泡は、電気的結合によって形作られたフラクタルなエンティティ(実体)です
—表面張力、つまり、球形キャパシタンス(コンデンサ性・静電容量)です。

It should be no surprise that complex fractal bubbles will also have complex fractal surface features.
複雑なフラクタル・バブルにも複雑なフラクタル表面の特徴があることは驚くべきことではありません。

Fractals being self-similar and planets everywhere being drops and bubbles, they should all display similar features.
フラクタルは自己相似であり、惑星はどこでも滴や泡になり、それらはすべて同様の特徴を示すはずです。

But you will not see the similarities if you categorize and analyze them as solid or gaseous structures, or as thermodynamic or chemical entities, or as gravitational bodies caused by wiggly space-time.
しかし、それらを固体または気体の構造として、または熱力学的または化学的実体として、あるいは波状の時空によって引き起こされる重力天体として分類および分析した場合、類似性はわかりません。

They only make sense if you analyze them as circuits.
それらを回路として分析する場合にのみ意味があります。

Then, it not only makes sense, it yields real, useful knowledge to see Earth and Jupiter with nearly exact fractal symmetries.
そうすれば、それは理にかなっているだけでなく、ほぼ正確なフラクタル対称性で地球と木星を見るのに実際の有用な知識をもたらします。

Ground Current Loops
地電流ループ

The presence of the San Andreas Fault also betrays that the plate boundary hides a Telluric, or sub-surface current, formed by charge accumulation beneath the plate in the fringing field along the plate’s edge.
サン・アンドレアス断層の存在はまた、プレートの境界が、プレートのエッジに沿ったフリンジフィールドのプレートの下に電荷が蓄積することによって形成されるテルリック電流または潜電流を隠すことを裏切っています。

We’ll now look at the evidence for this sub-surface current.
次に、この潜(電)流の証拠を見ていきます。

We can’t see what’s beneath the crust, but we can make some assumptions based on surface features.
地殻の下に何があるかはわかりませんが、表面の特徴に基づいていくつかの仮定を立てることはできます。

We know sub-surface currents must generate heat given resistance in the ground, so we can expect to find volcanoes and seismic activity concentrated along these currents.
潜(電)流は地面の抵抗を与えられて熱を発生させなければならないことを私たちは知っています、したがって、これらの電流に沿って集中している火山と地震活動を見つけることが期待できます。

And so we do:
そして、私たちはそうします:


Charge collects within and beneath the continental plates because they present a sheet of dielectric matter to energy flowing in and out of the Earth.
電荷は、地球に出入りするエネルギーに誘電体のシートを提示するため、大陸プレートの内部と下部に集まります。

As charge collects beneath the plates, it migrates and concentrates at the plate boundaries.
電荷がプレートの下に集まると、電荷は移動してプレートの境界に集中します。

The fringing field at the plate boundary is the reason.
プレート境界のフリンジ(辺縁)・フィールドが理由です。

The transition from thick continental plate to thinner oceanic plate, or any cracks in the plate, creates a fringing field that provides better conduction for the pent-up charge beneath the plates to escape.
厚い大陸プレートから薄い海洋プレートへの移行、またはプレートの亀裂は、プレートの下に溜まった電荷を逃がすためのより良い伝導を提供するフリンジ(辺縁)・フィールドを作成します。

But the potential still has to be large enough to make a spark to close the gap across the fringing field.
しかし、ポテンシャル(可能性・電位)は、フリンジ(辺縁)・フィールド全体のギャップを埋めるために火花を出すのに十分な大きさでなければなりません。

And in the meantime, the fringing field accumulates charge.
そしてその間に、フリンジ(辺縁)・フィールドは電荷を蓄積します。

Filaments of current are induced along the length of the fringing fields at the plate boundaries by Earth’s magnetic and electric fields, forming circuits.
電流のフィラメントは、プレート境界のフリンジ(辺縁)・フィールドの長さに沿って、地球の磁場と電場によって誘導され、回路を形成します。

You should notice that the plate boundaries connect in continuous, looping circuits.
プレート境界が連続的なループ回路で接続されていることに注意してください。

To illustrate, one of the better examples is the Caribbean Plate, or more precisely, the Caribbean Current Loop.
説明のために、より良い例の1つは、カリビアン・プレート、より正確にはカリブ海のカレント(電流)・ループです。
――――――――
The Caribbean Loop
カリブ海のループ

The Caribbean seafloor displays deep trenches aligned with island arcs, which run parallel to each other
— even around bends.
カリブ海の海底は、互いに平行に走る島弧に沿った深い海溝を表示します
—曲がり角の周辺でも。

Volcanic island chains and oceanic trenches are magnetic expressions of a sub-surface current.
火山島の鎖と海溝は、潜(電)流の磁気的表現です。

Volcanic islands appear to one side of the current, and deep trenches appear on the other.
火山島は流れの片側に現れ、深い海溝は反対側に現れます。

The sub-surface current does not produce trench and volcano chains directly.
潜(電)流は海溝と火山の連鎖を直接生成しません。

They are formed by eddy currents in the solenoid-like, coaxial magnetic field surrounding the current.
それらは、電流を取り巻くソレノイドのような同軸磁場内のエディ(渦)電流によって形成されます。

Think of a subsurface Birkeland Current, with the added effect of iron in the ground magnifying the magnetic field and its eddy currents.
磁場とそのエディ(渦)電流を拡大する地面の鉄の追加効果を伴う、地下のバークランド電流について考えてみてください。

The effect is described by Lenz’s Law, which is a special case of Faraday’s Law of Induction.
この効果は、ファラデーの誘導法則の特殊なケースであるレンツの法則によって説明されます。


Surface evidence of a ring current beneath the Caribbean Sea.
カリブ海の下のリング(環)電流の表面証拠。

To induce eddy currents, according to Lenz’ Law the conductor itself had to be in motion across the Earth’s magnetic field, generating helical eddy currents in the coaxial magnetic field around the moving conductor.
エディ(渦)電流を誘導するには、レンツの法則によれば、導体自体が地球の磁場を横切って運動し、移動する導体の周りの同軸磁場にらせん状のエディ(渦)電流を生成する必要がありました。

Eddy currents generate heat due to resistance in the material where the currents form.
エディ(渦)電流は、電流が形成される物質の抵抗により熱を発生します。

Eddy currents form around the moving conductor, melting the surrounding rock and creating magma chambers.
エディ(渦)電流は、移動する導体の周りに形成され、周囲の岩を溶かし、マグマ溜りを作ります。

Lorentz Force, or the drag effect of a moving conductor through a magnetic field, which is a magnetic reaction in the opposing direction, pushes volcanoes up on one side and depresses the crust into the molten chamber on the other, creating a trench at the trailing edge of the moving conductor.
ローレンツ力、または磁場を介して移動する導体の抗力効果は、これは反対方向の磁気反応であり、一方の側で火山を押し上げ、もう一方の側で地殻を溶融チャンバーに押し下げ、移動する導体の後縁に溝を作成します。

There is no actual conductor, like a copper wire, but it’s the movement of a filament of current, which is moving in reaction to electromagnetic forces, that burns and melts its way through the crust.
銅線のような実際の導体はありませんが、電磁力に反応して移動する電流のフィラメントの動きが、地殻を燃やして溶かします。

Given that islands are to the inside of the trench, the right-hand rule indicates the Caribbean Loop Current ran counter-clockwise during formation of the Caribbean plate.
島々が海溝の内側にあることを考えると、右手の法則は、カリブ海プレートの形成中にカリブ海ループ電流が反時計回りに流れたことを示しています。

The movement of the current also dredged seafloor, piling it into non-volcanic islands along its path, aided by incomprehensible tsunamis.
この電流の動きも海底を浚渫し、理解できない津波に助けられて、その経路に沿って非火山島にそれを積み上げました。

The violence of this event cannot be overstated.
この出来事の暴力(危険性)は誇張することはできません。

Similar current loops can be found at the horn of South America and the Indonesian archipelago.
同様の電流ループは、南アメリカの角とインドネシア列島で見つけることができます。
****




Evidence the current moved is also displayed in the sinuous curvatures of the trench and island chains.
電流が移動している証拠は、トレンチとアイランド・チェーンの曲がりくねった曲率にも表示されます。

Note the image, where the filament dragged south, its momentum amplified the eddy currents, heating the crust to build the Cuban island chain along an “S” shaped curve, before locking its position in a straight line at Jamaica.
フィラメントが南に引きずられる画像に注目してください、その運動量はエディ(渦)電流を増幅し、地殻を加熱して「S」字型の曲線に沿ってキューバの島の鎖を構築してから、ジャマイカでその位置を直線に固定します。


One of the likely reasons current loops make these lateral moves is because the sides of the loop flow in opposite directions, and the magnetic polarity of the coaxial eddy currents are opposite and attract, narrowing the loop like a hangman’s noose.
カレント(電流)・ループがこれらの横方向の動きをする可能性のある理由の1つは、ループの側面が反対方向に流れ、同軸エディ(渦)電流の磁気極性が反対で引き付けられ、絞首刑執行人の縄のようにループが狭くなるためです。

The magnetic field attraction eventually meets electric field repulsion from the opposing current vectors, which snaps the current into balance in parallel lines.
磁場の引力は、最終的には反対の電流ベクトルからの電場の反発と出会い、電流を平行線でバランスさせます。

The tip of the loop accumulates the highest charge density, so even though it’s the region that moves the least, its high potential burns neat little arcs of volcanoes.
ループの先端は最高の電荷密度を蓄積します、そのため、移動が最も少ない地域であるにもかかわらず、その高いポテンシャル(電位・可能性)により、きちんとした小さな火山の弧が燃えます。


The sinuous pattern shows how charge density spread in longitudinal waves through the moving filament as it met resistance.
曲がりくねったパターンは、電荷密度が抵抗に遭遇したときに、移動するフィラメントを介して縦波でどのように広がるかを示しています。

It’s similar to how tension and compression travel in waves through a steel spring.
これは、張力と圧縮が鋼のばねを介して波のように伝わる方法に似ています。

It forms a sine curve, with the greatest amount of volcanism, trenching and dredging at the inflections, where momentum changed greatest, amplifying the magnetic induction of eddy currents.
それは正弦曲線を形成し、最大量の火山活動、屈曲部での溝掘りと浚渫を伴います、運動量が最も大きく変化し、エディ(渦)電流の磁気誘導を増幅しました。

The deepest trenches show where the current came to rest, and momentum suddenly decelerated to zero, as an electromagnetic balance was achieved across the loop structure.
最も深い海溝は、電流が止まった場所を示し、ループ構造全体で電磁バランスが達成されたため、運動量は突然ゼロに減速しました。

Lateral current movements of this type can be found all over the world.
このタイプの横方向の電流の動きは、世界中で見つけることができます。

The momentum change in the current produces distinctive arcs of deep depressions and volcanic island chains in the oceans.
この電流の勢いの変化は、海に深い窪みと火山島の連鎖の独特の弧を生み出します。

On land, tell-tale lakes, mountains chains, rivers, volcanoes and maar craters align themselves in the same patterns.
陸地では、物語の湖、山の鎖、川、火山、マールのクレーターが同じパターンで並んでいます。
********








Where the Caribbean Loop joins the Ring of Fire, the juncture is called a “triple junction.”
カリブ海のループが環太平洋火山帯に合流する場所では、その合流点は「トリプル・ジャンクション(三重会合点)」と呼ばれます。

Triple junctions occur at the plate boundaries.
トリプル・ジャンクション(三重会合点)はプレート境界で発生します。

For instance, the Rivera Triple Junction is where the Rivera Plate meets the Eastern Pacific Rise.
たとえば、リベラ・トリプル・ジャンクション(三重会合点)は、リベラ・プレートが東太平洋海嶺と出会う場所です。

Triple junctions are known hot spots for volcanic and seismic activity and magnetic anomalies.
トリプル・ジャンクション(三重会合点)は、火山活動や地震活動、磁気異常のホットスポットとして知られています。

Since there are triple junctions along the North American plate, it begs the question:
are there current loops connected to these junctions beneath the continental plate?
北米プレートに沿ってトリプル・ジャンクション(三重会合点)があるので、それは疑問を投げかけます:
大陸プレートの下のこれらの接合部に接続された電流ループはありますか?

The North American Current Loop
北米のカレント(電流)・ループ


Let’s examine North America.
北米を調べてみましょう。

The Ring of Fire is the obvious path of a subsurface current because it forms a lineament of volcanoes from Alaska to Central America.
環太平洋火山帯は、アラスカから中央アメリカまでの火山のリニアメントを形成しているため、潜(電)流の明らかな経路です。


There are three other major lineaments in North America’s interior.
北米の内部には、他に3つの主要なリニアメントがあります。

Yellowstone super-volcano is one end of a curving lineament of volcanoes in a trend that forms a part of the Snake River Valley across southern Idaho.
イエローストーン超火山は、アイダホ州南部のスネーク・リバー・バレーの一部を形成する傾向にある、湾曲した火山のリニアメントの一端です。


To the south is a string of volcanic fields called the Jemez Lineament.
南には、ジェメズ・リニアメントと呼ばれる一連の火山地帯があります。

The Jemez Lineament extends diagonally from the Pinacate Volcanic field in Sonora, Mexico, northeast across Arizona, to the border between Colorado and New Mexico.
ジェメズ・リニアメントは、メキシコのソノラにあるピナカテ火山地帯から、アリゾナ州を越えて北東に、コロラド州ニューメキシコ州の国境まで斜めに伸びています。


It’s bisected by a northwest-to-southeast lineament of volcanoes that include the San Francisco Peaks and the Uinkaret volcanoes on the North Rim of Grand Canyon.
北西から南東への火山のリニアメントによって二分されています、


With all of these plotted together on one map, a pattern begins to emerge that implies there is a current loop beneath North America.
これらすべてが1つのマップに一緒にプロットされると、北米の下に電流のループがあることを意味するパターンが現れ始めます。

Plotted, the Jemez and San Francisco Peak volcanic lineaments produce an almost perpendicular cross pattern, juxtaposed symmetrically across the Colorado Plateau from the volcanoes of the Yellowstone complex and aligned with the Ring of Fire.
プロットされた、ジェメスとサンフランシスコピークの火山リニアメントは、ほぼ垂直な十字パターンを生成し、イエローストーン複合体の火山からコロラド高原を横切って対称的に並置され、環太平洋火山帯と整列します。
**


The Jemez lineament aims directly to the Guadalupe Micro-plate to the southwest and to the arc of the Great Lakes to the Northeast.
ジェメス・リニアメント(血統)は、南西のグアダルーペマイクロプレートと北東の五大湖の弧を直接目指しています。

The loop appears to circle the Great Lakes and points back to the Black Hills in South Dakota, which appears to be an inflection point.
このループは、五大湖を一周し、サウスダコタ州のブラックヒルズを指し示しているように見えます、これは変曲点のようです。

From there it points to the Juan de Fuca plate in a direct line through Yellowstone.
そこから、イエロー・ストーンを通る直線でファン・デ・フカ・プレートを指しています。

It has a similar shape and size to the Caribbean current loop, with the base of the loop wider than the tip.
カリブ海の電流ループと同様の形状とサイズで、ループの基部が先端よりも広くなっています。

Similar to the Caribbean Loop, there is a significant depression at the tip.
カリブ海のループと同様に、先端に大きな窪みがあります。

In this case the Great Lakes, but they reside on the inside of the loop, whereas ocean trenches are outside of the Caribbean Loop.
この場合、五大湖ですが、それらはループの内側にありますが、海溝はカリブ海ループの外側にあります。


And where the Caribbean Loop has volcanic islands inside the curve of the loop, the North American Loop has maar craters (see “The Maars of Pinacate“), which is a type of volcanic action forming a series of circular lakes outside the arc of the Great Lakes.
そして、カリブ海のループがループの曲線の内側に火山島を持っているところ、北アメリカのループはマールクレーターを持っています(「ピナカテのマール」を参照)、これは、五大湖の弧の外側に一連の円形の湖を形成する一種の火山活動です。
https://thedailyplasma.blog/2017/02/20/the-maars-of-pinacate/


Maars are volcanoes created by steam and other gases exploding instead of spewing ash and lava.
マールは、火山灰や溶岩を噴出する代わりに、蒸気やその他のガスが爆発することによって生成された火山です。

Smaller such expressions are known as karsts and breccia pipes.
より小さなそのような表現は、カルストとベレッカ(角礫岩)パイプとして知られています。

They are all forms of diatremes and are often mined for uranium and precious metals, which the eruption leaves behind in the throat of the tube.
それらはすべてダイアトリームの形態であり、噴火が管の喉に残すウランと貴金属のためにしばしば採掘されます。

The surface result is a crater instead of a cinder cone and is typically filled with water.
表面の結果は、噴石丘の代わりにクレーターであり、通常は水で満たされています。

The implication is that the loop current lies below aquifers that erupted in steam, creating the maars.
その意味するところは、ループ電流が蒸気で噴出した帯水層の下にあり、マールを作り出しているということです。

And that the volcanic expression is to the outside of the loop, depressions to the inside, so current circulates north-to-south in this loop
— opposite to the Caribbean Loop.
そして、火山の表現はループの外側にあり、窪みは内側にあるので、電流はこのループを南北に循環します
カリブ海ループと反対です。


The shape of the Great Lakes, especially Lake Superior, show the sinuous shape of ground current movement.
五大湖、特にスペリオル湖の形は、地電流の動きの曲がりくねった形状を示します。

It appears the loop narrowed or swung to the south until the southern leg aligned to the Jemez Lineament.
南の脚がジェメス・リニアメントに揃うまで、ループが狭くなるか、南に振られたように見えます。


The Yellowstone volcano lineament is a half-circle and also appears to be from ground current movement.
イエロー・ストーン火山のリニアメントは、半円であり、これも地電流の動きによるもののようです。

In this case, the movement appears to be north from the Monterrey Micro-plate to the Juan de Fuca triple junction.
この場合、その動きはモンテレー・マイクロ・プレートからファン・デ・フカ・トリプル・ジャンクションまでの北にあるように見えます。

If so, this widened the base of the loop, with the pivot point of the shift at the Black Hills of South Dakota.
もしそうなら、これはサウスダコタ州のブラック・ヒルズでのシフトのピボット・ポイントで、ループのベース(基底)を広げました。


How the Earth Thinks
地球の考え方

The electrical structure of these small loop currents, and the junctions with large polar loops like the Ring of Fire, forms a circuit called an Operational Amplifier, commonly called an Op-Amp.
これらの小さなループ電流の電気的構造、および環太平洋火山帯のような大きな極性ループとの接合部は、一般にオペレーション・アンプと云う、回路を形成します、オペ-アンプと呼ばれます。
An Op-Amp is a type of current loop.
オペ-アンプは、電流ループの一種です。

However, there is one key ingredient to an Op-Amp that makes it special:
a direct current (DC) connection to the loop, which amplifies the gain of output to input current by as much as one-hundred-thousand.
しかしながら、オペ-アンプを特別なものにする重要な要素が1つあります:
ループへの直流(DC)接続、これにより、入力電流に対する出力のゲインが最大10万倍増幅されます。

It can then be manipulated with additional circuitry
— resistance, inductance and capacitance in various configurations
— to perform all kinds of tricks.
それは、その後、追加の回路で操作できます
—さまざまな構成での抵抗、インダクタンス(静電容量蓄積)、および、キャパシタンス(静電容量放電)が
—あらゆる種類のトリックを実行します。


They can be made to oscillate, amplify, or invert.
それらは、振動、増幅、または反転させることができます。

Op-Amps are at the heart of circuitry such as the old Hewlett-Packard calculator used in college to perform complex math.
オペ-アンプは、大学で複雑な数学を実行するために使用されていた古いヒューレット-パッカード電算機などの回路の中心にあります。

Op-Amps did the adding, subtracting, multiplying, and dividing of inputs to give outputs needed to get a grade.
オペ-アンプは、入力の加算、減算、乗算、除算を行って、成績を取得するために必要な出力を提供しました。

So, how does Nature insert this DC current into the loop?
では、自然はこのDC電流をどのようにループに挿入するのでしょうか?

Lightning.
ライトニング(稲妻)です。

Lightning strikes DC pulses into the ground.
雷がDCパルスを地面に落とします。

In the environment we’re exploring, lightning struck continuously.
私たちが調査している環境では、雷が絶えず発生しました。

Long enough and powerful enough to draw supersonic winds and matter to build mountains, like the Black Hills of South Dakota, which is an inflection point in the loop.
超音速の風と物質を引いて山を作るのに十分な長さと強力さは、サウスダコタ州のブラック・ヒルズのように、ループの変曲点です。


From that inflection point, the Yellowstone volcano aligns with lightning generated mountains of Sacajawea Peak and the Black Hills along the sub-surface current path.
その変曲点から、このイエローストーン火山は、サカジャウィアピークの雷が発生した山々と、潜(電)流経路に沿ったブラック・ヒルズと一致しています。


If the Op-Amp needs a shot of DC current, Nature organizes itself to provide by stirring a storm that spits lightning in the appropriate place, thereby fulfilling its fractal pattern requirements.
オペアンプがDC電流のショットを必要とする場合、自然は、適切な場所に稲妻を吐き出す嵐をかき混ぜることによって提供するように組織化され、それによってそのフラクタルパターンの要件を満たします。

Escher’s hands.
エッシャーの手。

I won’t go into detail about how Op-Amps work.
オペ-アンプの仕組みについては詳しく説明しません。

There are plenty of books about them.
それらについての本はたくさんあります。

There is one attribute certain Op-Amps have that I want to point out.
私が指摘したい特定のオペ-アンプの属性が1つあります。

Properly configured, the bridge between the triple junctions experiences a low, almost zero current relative to the current outside the junctions and in the loop.
適切に構成されていると、トリプル・ジャンクション間のブリッジは、ジャンクションの外側とループ内の電流に比べて、電流がほとんどゼロになります。

This corresponds to the “bridge” region of the Ring of Fire between the Mendocino Triple Junction and the Guadelupe Micro-plate, where there are but a few sparsely spread volcanoes.
これは、メンドシノ・トリプル・ジャンクションとグアド・ループ・マイクロ・プレートの間の環太平洋火山帯の「橋」領域に対応します、ここには、まばらに広がった火山がいくつかあります。

Compared to the Cascades and Olympics, or the profusion of large volcanoes in Mexico, only Mt. Shasta, Lassen, Mammoth and a few anemic lava flows fill out the bridge section.
カスケードやオリンピック、またはメキシコの大規模な火山の豊富さと比較して、シャスタ、ラッセン、マンモス山だけで、そして、いくつかの貧血の溶岩流が橋のセクションを埋めます。

The relatively low density and magnitude of volcanoes is evidence that current was restricted along the bridge, just like an Op-Amp.
比較的、低密度で、火山の大きさは、オペ-アンプのように、電流が橋に沿って制限されていたという証拠です。

Rupert Sheldrake, are you listening?
ルパート・シェルドレイク、聞いていますか?


But the bigger take on all this is that the Earth is a computer.
しかし、これらすべてに対するより大きな見方は、地球がコンピューターであるということです。

There is no other conclusion to draw when there are op-amps all over the circuit, clicking and switching currents around.
回路全体にオペアンプがあり、クリックして電流を切り替えている場合、他に結論を出すことはできません。

The Earth works as a coherent circuit.
地球はコヒーレント回路として機能します。

It’s a circuit within a bigger circuit centered on the Sun.
それは太陽を中心としたより大きな回路内の回路です。

And it has circuits within it, shaping the continents and weather.
そしてそれはその中に回路を持っており、大陸と天気を形作っています。

There is no “butterfly effect.
バタフライ効果」はありません。

A butterfly doesn’t stir 300 mph tornadoes.
蝶は時速300マイルの竜巻をかき混ぜません。

It’s one of the fallacies of modern science that leads to accepting abstract and frivolous ideas.
これは、抽象的で軽薄なアイデアを受け入れることにつながる現代科学の誤謬の1つです。

There are fluctuations in signal strength Earth receives from the solar system.
地球が太陽系から受け取る信号強度には変動があります。

Earth is a ball of energy and matter, and when it gets extra energy it stores some in the matter.
地球はエネルギーと物質の球であり、余分なエネルギーを得ると、地球は物質にいくらかを蓄えます。

As Earth’s balance with the solar system oscillates, as it must, skin effects take place as Earth’s matter absorbs and releases energy.
地球と太陽系のバランスが振動するとき、必要に応じて、地球の物質がエネルギーを吸収して放出するときに「皮膚現象」が起こります。

Those skin effects are geology and weather, and they are driven by capacitance as energy flows between Earth’s layers of matter.
これらの「皮膚現象」は地質学と天候であり、エネルギーが地球の物質の層の間を流れるときのキャパシタンス(静電容量放電)によって駆動されます。

Ionization and induced currents are the natural result.
イオン化と誘導(静電蓄積)電流は自然な結果です。

We have been looking at the physical evidence.
私たちは物理的な証拠を見てきました。

There is nothing described in these chapters that is implausible, or unscientific.
これらの章で説明されているものは、信じがたい、または非科学的なものは何もありません。

It is what is expected on a planet.
それは惑星に期待されていることです。

It’s what physics predicts if the inquiry begins with the proper framework.
調査が適切なフレームワークで始まるかどうかは、物理学が予測するものです。

The next chapter will be the last one for the Eye of the Storm project.
次の章は、「嵐の目」プロジェクトの最後の章になります。

We’ll summarize and draw some final conclusions.
いくつかの最終的な結論を要約して導きます。


Additional Resources by Andrew Hall:
Surface Conductive Faults | Thunderblog
Arc Blast — Part One | Thunderblog
Arc Blast — Part Two | Thunderblog
Arc Blast — Part Three | Thunderblog
The Monocline | Thunderblog
The Maars of Pinacate, Part One | Thunderblog
The Maars of Pinacate, Part Two | Thunderblog
Nature’s Electrode | Thunderblog
The Summer Thermopile | Thunderblog
Tornado — The Electric Model | Thunderblog
Lightning-Scarred Earth, Part 1 | Thunderblog
Lightning-Scarred Earth, Part 2 | Thunderblog
Sputtering Canyons, Part 1 | Thunderblog
Sputtering Canyons, Part 2 | Thunderblog
Sputtering Canyons, Part 3 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 1 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 2 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 3 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 4 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 5 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 6 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 7 | Thunderblog
Eye of the Storm, Part 8 | Thunderblog


Andrew Hall is a natural philosopher, engineer, and writer. A graduate of the University of Arizona’s Aerospace and Mechanical Engineering College, he spent thirty years in the energy industry. He has designed, consulted, managed, and directed the construction and operation of over two and a half gigawatts of power generation and transmission, including solar, gasification, and natural gas power systems. From his home in Arizona, he explores the mountains, canyons, volcanoes, and deserts of the American Southwest to understand and rewrite an interpretation of Earth’s form in its proper electrical context. Andrew was a speaker at EU2016, EU2017 and the EUUK2019 conferences. He can be reached at hallad1257@gmail.com or thedailyplasma.blog
Disclosure: The proposed theories are the sole ideas of the author, as a result of observation, experience in shock and hydrodynamic effects, and deductive reasoning. The author makes no claims that this method is the only way mountains or other geological features are created.
Ideas expressed in Thunderblogs do not necessarily express the views of The Thunderbolts Project or T-Bolts Group Inc.
アンドリュー・ホールは自然哲学者、エンジニア、そして作家です。 アリゾナ大学の航空宇宙機械工学大学を卒業し、エネルギー業界で30年間過ごしました。 彼は、太陽光、ガス化、天然ガスの電力システムを含む、2.5ギガワットを超える発電と送電の建設と運用の設計、コンサルティング、管理、および指揮を行ってきました。 アリゾナの自宅から、アメリカ南西部の山、峡谷、火山、砂漠を探索して、適切な電気的状況での地球の形の解釈を理解し、書き直します。 アンドリューは、EU2016、EU2017、およびEUUK2019の会議で講演を行いました。 彼はhallad1257@gmail.comまたはthedailyplasma.blogで連絡することができます。
開示:提案された理論は、観察、衝撃および流体力学的効果の経験、演繹的推論の結果として、著者の唯一のアイデアです。 著者は、この方法が山やその他の地質学的特徴を作成する唯一の方法であるとは主張していません。
Thunderblogsで表現されたアイデアは、必ずしもThunderbolts ProjectまたはT-Bolts Group Inc.の見解を表現しているわけではありません。