[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 Michael Clarage Function in the Cosmos Thunderbolts Japanese マイケル・クララージュ・・ 宇宙での機能・・サンダーボルツ

動画を見るにはコチラをクリック👇

 

翻訳文を見るにはコチラをクリック👇

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4gWBFKvYKvIRl74w

ザ・サンダーボルツ勝手連 Stuart Talbott・・ Electric Quakes on Mars・・ Thunderbolts スチュアート・タルボット・・火星の電気的地震・・サンダーボルツ

動画を見るにはコチラをクリック👇

翻訳文を見るにはコチラをクリック👇

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4f-G4s1p58Gd_qww

ザ・サンダーボルツ勝手連 Mel Acheson・・ What's the Deal with Matter? ・・ Thunderbolts メル・アチソン・・物質をどう扱うか?・・サンダーボルツ

動画を見るにはコチラをクリック👇

 

翻訳文を見るにはコチラをクリック👇

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4enti6QyDwlQPmGQ

ザ・サンダーボルツ勝手連   [Mel Acheson・・ Gravitating Toward Plasma ・・ Thunderbolts メル・アチソン・・プラズマへの引き寄せ・・サンダーボルツ]


―――――――
トーマス・クーンの 1962 年のエッセイ
「The Structure of Scientific Revolutions(科学革命の構造)」は、
科学理論における変化の性質を探究しました。



 

それ以来の膨大な解説は、
それは大きな問題であり、
そしてまた、やや神秘的であることも判明しました。

 

革命、パラダイムの非通約性、新世界、など。

 

その本質は、
単に異なる視点にあるように、私には思えます。

 

異なる場所から見たときに、
風景が異なって見えるのと同じように、
科学の事実と理論は、知的風景の異なる
概念的な場所から理解されたときに異なって見えます。

 

 

 

レミー(=プトレマイオス)は、
当時受け入れられていた概念を使用して、
地球から宇宙がどのように見えるかを描きました。

 

コペルニクスは、
太陽からどのように見えるかを、
当時の概念で描写しました。

10

 

ニュートンは、それを、
重力の新しい視点から説明しました。

11

 

地球、太陽、重力という用語に注意してください、
それらは、私たちの思考プロセスを超えたものではなく、
観察の選択を理解する、またはそこから意味を生み出す概念です。

12

 

13

 

たとえば、重力は、
落下するリンゴや回転する惑星を意味します。

14

 

他の視点は、リンゴと惑星の間に、
関連性を見ませんでした。

15

 

定義が変更されました。

16

 

かつて「惑星(惑わす星)」という用語で
重要と考えられていた観察結果、たとえば星座は、
太陽からの惑星の距離と角度に置き換えられました。

17

 

新しい数学的手法が開発されましたが、
これは古い視点を占めている人々には無意味に見えたでしょう。

18

 

重力宇宙の結果として得られた、ビュー(見方)は、
互いに周回する孤立したビリヤード・ボールのビューでした。

19

 

これは、ネスト(入れ子)された球のシステム、または、
周転円のアセンブリ(組み立て)の古い見方に取って代わりました。

20

 

そこには有形の球体やエピサイクル(周転円)が、
ないのと同じように、軌道も存在しません。

21

 

私達は、トレミープトレマイオス)と
コペルニクスが見た惑星の同じ動きを見ますが、
それらについて考えることは違いを生み出します。

22

 

さて、
エレクトリック・ユニバースは、1つの別の視点です。

23

 

たとえば、プラズマの定義は、
電離ガスの従来の定義、
ではないことに注意してください。

後者の定義は、
理想気体と熱イオン化について知っていることを元に戻すことで、
プラズマについて何かを理解できるという結論に飛びつきます。

24

 

理想気体の法則は、従来の見方では重要な洞察ですが、
電気的なビュー(見方)では目隠しになり、
目の前にあるものを見ることができなくなります。

25

 

26

 

むしろ、プラズマは、
気体だけでなく液体や固体にも現れる可能性のある、
複雑な電気力の高水準または統計水準の秩序の創発です。

27

 

そのような特性は、
フィラメント化、長距離の引力と短距離の反発、編組、二重層、
さまざまなスケールやさまざまな状態での特性の同一性、などです。

28

 

重力ビューを明確にし、
それに基づくテクノロジーを使用するために開発された
数学的簡略化は、プラズマ ビューでは機能しません。

29

 

新しい数学と新しいテクノロジーを、
組み込む必要があります。

30

 

プラズマの見晴らしの良い場所から見た宇宙は、
広範な共鳴効果を伴う持続的に相互作用する集合体の 1 つです。

31

 

1つの転がりで止まるまで、
というよりむしろ、駆動される宇宙です。

32

 

つまり、定義が異なり、事実も異なり、
数学も異なり、理論も異なります。

33

 

34

 

プラズマ物理学者は重力物理学者とは
異なる概念上の位置に立っているため、
この宇宙は異なって見えます。

35

 

そして、各パラダイムの内容を、
他のパラダイムと比較することはできませんが、
それぞれの視点とビュー(見方)を比較することはできます。

36

 

理解の性質に関するB.J.F.ロナーガンの、
1957 年の著作「インサイト(直観)」は、
さまざまな視点を比較できる1つの根拠を提供します。

37

 

38

 

理論は行き来しますが、理論の根底にある、
機能、目的、および構築は、認知の性質から生じます。

39

 

人々が宇宙に関係する方法の1つとして、認知は、
特定の目標 (選択された一連の観察を理解するなど) を、
達成するための知的ツール、理論を形成します。

40

 

41

 

したがって、選択した理論の中から、
その利用価値に基づいて1つを優先することができます。

42

 

これは、最大の効率で、
望ましい目標を達成する可能性が最も高いようです。

宇宙を理解するという目標を、
効率的に達成するための1つの基準は、包括性です。

43

 

繰り返しますが、知的景観を物理的なものと比較すると、
より高い視点であればあるほど、その範囲は大きくなります。

44

 

この意味で、
パラダイムシフトのエピソードによって分離された、
パラダイム内の、知識の蓄積の期間の、クーンのプロセスは、
より大きな範囲を提供する、より高い視点の、
漸進的な達成として、理解することができます。

45

 

この理解から、しばしば使用され、乱用されるものは、
パラダイムの外で適用された場合、
正しい/間違っている、正確/不正確、あるいは真実/偽の判断は、
無意味であることに注意してください。

46

 

47

 

48

 

観点を比較するという、
この根拠に基づいて、プラズマパラダイムは、
より大きな証拠領域を包含するという点で、
重力パラダイムよりも高いと言えます。

49

 

50

 

それは、より多くの現象を説明するだけでなく、
それらの現象を包括的かつ統一的な理論で説明します。

51

 

それは、より多くの風景、その風景のより多くの特徴、
および、それらの特徴間の、より多くの関係を認識します。

52

 

対照的に、重力はより少ない特徴しか認識せず、
それらを異なるイベントと見なし、
それぞれ個別のアドホックな説明が必要です。

53

 

54

 

たとえば、異なる惑星の、
同様の特徴には、独自の理論があります。

55

 

衝突クレーター、火山、潮の割れ目、
洪水の消えた水、上り坂を流れる溶岩、暴走する温室(効果)。

56

 

57

 

58

 

59

 

60

 

重力の一般性はその場しのぎの発明で覆い隠され、
それらの発明はプラズマの見解に内在する詳細を説明できません。

61

 

重力は、まったく新しい観測結果を説明できず、
現実を超えて虚構の中に外挿されています。

62

 

超大質量恒星が超高速で自転し、恒星達が爆発し、
その衝撃波が編組フィラメントを作り出します。

63

 

共食い銀河。

64

 

観測物質を圧倒する、
暗黒物質

65

 

写真は、銀河の間を切り取り、
接続されたクエーサーの、矛盾する赤方偏移を否定する。

66

 

赤方偏移量子化に直面して、沈黙。

67

 

ますます多くの証拠が無視されています。

68

 

ニュートンは、
プラズマに気付かなかった。

69

 

今日、彼の弟子たちは何年も訓練に費やし、
いつ、どのように目を閉じればよいかを学んでいます。

70

 

問題を抱えているのは、
ビッグバンと一般相対性理論だけではなく、
それらすべての基盤です。

71

 

重力は使い果たされ、
破産した概念です。

72

 

より高度で、
包括的な基盤が必要です。

技術の重力(引き付ける力)は、私たちを、
重力よりも大きな視点へと引き上げました。

73

 

新しいプラズマの展望を理解するには、
エレクトリック・ユニバース・モデルなどの
新しいアイデアと新しいツールが必要です。(^_^)

74


 

――――――― 
Thomas Kuhn's 1962 essay “The Structure of Scientific Revolutions” explored the nature of changes in scientific theories.
トーマス・クーンの 1962 年のエッセイ
「The Structure of Scientific Revolutions(科学革命の構造)」は、
科学理論における変化の性質を探究しました。

 

 

A plethora of commentary since then have made it out to be a big deal, and to also be somewhat mysterious. 
それ以来の膨大な解説は、
それは大きな問題であり、
そしてまた、やや神秘的であることも判明しました。
 3

 

Revolution, incommensurability of paradigms, New World, etc. 
革命、パラダイムの非通約性、新世界、など。
 4

 

It seems to me the essence of it is simply different viewpoints. 
その本質は、
単に異なる視点にあるように、私には思えます。
 5

 

Just as the landscape looks different, when viewed from different locations, the facts and theories of the sciences appear different when understood from different conceptual locations in the intellectual landscape.
異なる場所から見たときに、
風景が異なって見えるのと同じように、
科学の事実と理論は、知的風景の異なる
概念的な場所から理解されたときに異なって見えます。
 6
 

 

 

Ptolemy drew a picture of what the universe looked like from the earth with the concepts that were accepted at his time.
レミー(=プトレマイオス)は、
当時受け入れられていた概念を使用して、
地球から宇宙がどのように見えるかを描きました。
 9

 

Copernicus depicted how it looked from the Sun with the concepts of his time. 
コペルニクスは、
太陽からどのように見えるかを、
当時の概念で描写しました。
 10

 

Newton described it from the new viewpoint of gravity.
ニュートンは、それを、
重力の新しい視点から説明しました。
 11

 

Notice that the terms Earth, Sun and gravity are not something out there beyond our thinking processes, but are concepts that make sense of, or create meaning from, a selection of observations.
地球、太陽、重力という用語に注意してください、
それらは、私たちの思考プロセスを超えたものではなく、
観察の選択を理解する、またはそこから意味を生み出す概念です。
 12

 13

 

Gravity for example, made sense of falling apples and revolving planets. 
たとえば、重力は、
落下するリンゴや回転する惑星を意味します。
 14

 

The other viewpoints saw no connection between apples and planets. 
他の視点は、リンゴと惑星の間に、
関連性を見ませんでした。
 15

 

Definitions changed.
定義が変更されました。
 16

 

The observations once considered important in the term ’planet’, for example its zodiacal sign, were replaced with the planet's distance and angle from the Sun. 
かつて「惑星(惑わす星)」という用語で
重要と考えられていた観察結果、たとえば星座は、
太陽からの惑星の距離と角度に置き換えられました。
 17

 

New mathematical techniques were developed which would have seemed nonsensical to people occupying the old viewpoints. 
新しい数学的手法が開発されましたが、
これは古い視点を占めている人々には無意味に見えたでしょう。
 18

 

The resulting view of the Gravity Universe was that of isolated billiard balls orbiting each other.
重力宇宙の結果として得られた、ビュー(見方)は、
互いに周回する孤立したビリヤード・ボールのビューでした。
 19

 

This replaced the old views of a system of nested spheres or an assembly of epicycles. 
これは、ネスト(入れ子)された球のシステム、または、
周転円のアセンブリ(組み立て)の古い見方に取って代わりました。
 20

 

Just as there are no tangible spheres or epicycles out there, there are no orbits either. 
そこには有形の球体やエピサイクル(周転円)が、
ないのと同じように、軌道も存在しません。
 21

 

We see the same movements of the planets that Ptolemy and Copernicus saw, but thinking about them makes the difference.
私達は、トレミープトレマイオス)と
コペルニクスが見た惑星の同じ動きを見ますが、
それらについて考えることは違いを生み出します。
 22

 

Now, the Electric Universe is a different viewpoint
さて、
エレクトリック・ユニバースは、1つの別の視点です。
 23

 

Notice, for example, that its definition of plasma is not the conventional one of ionized gas.
たとえば、プラズマの定義は、
電離ガスの従来の定義、
ではないことに注意してください。

That latter definition jumps to the conclusion that you can understand something about plasma by falling back on what you know about ideal gases and thermal ionization. 
後者の定義は、
理想気体と熱イオン化について知っていることを元に戻すことで、
プラズマについて何かを理解できるという結論に飛びつきます。
 24

 

The ideal gas law is an important insight in the conventional view, but it becomes a blindfold in the electric view, preventing you from seeing what's before your eyes. 
理想気体の法則は、従来の見方では重要な洞察ですが、
電気的なビュー(見方)では目隠しになり、
目の前にあるものを見ることができなくなります。
25
 
26

 

Rather, plasma is an emergent that is higher-level or statistical-level orderliness of complex electrical forces that can appear in liquids and solids as well as in gases. 
むしろ、プラズマは、
気体だけでなく液体や固体にも現れる可能性のある、
複雑な電気力の高水準または統計水準の秩序の創発です。
 27

 

Such properties as filamentation, long-range attraction and short-range repulsion, braiding, double layers, and identity of properties at different scales and in different states.
そのような特性は、
フィラメント化、長距離の引力と短距離の反発、編組、二重層、
さまざまなスケールやさまざまな状態での特性の同一性、などです。
 28

 

The mathematical shorthand that was developed for articulating the gravity view, and for using the technologies based on it, doesn't work for the plasma view. 
重力ビューを明確にし、
それに基づくテクノロジーを使用するために開発された
数学的簡略化は、プラズマ ビューでは機能しません。
 29

 

A new mathematics and new technologies need to be embedded.
新しい数学と新しいテクノロジーを、
組み込む必要があります。
 30

 

The view of the universe from a plasma vantage point is one of persistently interacting aggregates with widespread resonance effects. 
プラズマの見晴らしの良い場所から見た宇宙は、
広範な共鳴効果を伴う持続的に相互作用する集合体の 1 つです。
 31

 

A driven universe, rather than one rolling to a stop. 
1つの転がりで止まるまで、
というよりむしろ、駆動される宇宙です。
 32

 

So the definitions are different, the facts are different, the math is different, the theories are different. 
つまり、定義が異なり、事実も異なり、
数学も異なり、理論も異なります。
33
 
34

 

The universe looks different, because the plasma physicist is standing in a different conceptual location from the gravity physicist. 
プラズマ物理学者は重力物理学者とは
異なる概念上の位置に立っているため、
この宇宙は異なって見えます。
 35

 

And although the content of each paradigm can't be compared with the other, the respective viewpoints and views can be compared.
そして、各パラダイムの内容を、
他のパラダイムと比較することはできませんが、
それぞれの視点とビュー(見方)を比較することはできます。
 36

 

B.J.F. Lonergan's 1957 work “Insight” on the nature of understanding, provides one ground upon which different viewpoints can be compared. 
理解の性質に関するB.J.F.ロナーガンの、
1957 年の著作「インサイト(直観)」は、
さまざまな視点を比較できる1つの根拠を提供します。
 37


 38

 

Theories come and go, but the underlying function, purpose and construction of theories, arise from the nature of cognition.
理論は行き来しますが、理論の根底にある、
機能、目的、および構築は、認知の性質から生じます。
 39

 

As one of the ways in which people relate to the universe, cognition fashions intellectual tools, theories, to accomplish particular goals, such as understanding selected sets of observations.
人々が宇宙に関係する方法の1つとして、認知は、
特定の目標 (選択された一連の観察を理解するなど) を、
達成するための知的ツール、理論を形成します。
40
 
41

 

Hence, from a selection of theories, one can be preferred on the basis of its utility value
したがって、選択した理論の中から、
その利用価値に基づいて1つを優先することができます。
 42

 

The one which seems most likely to achieve the desired goal with the greatest efficiency.
これは、最大の効率で、
望ましい目標を達成する可能性が最も高いようです。

One criterion for the efficient achievement of the goal of understanding the universe, is comprehensiveness. 
宇宙を理解するという目標を、
効率的に達成するための1つの基準は、包括性です。
 43

 

Again, comparing the intellectual landscape with the physical, the higher viewpoint, the greater the purview. 
繰り返しますが、知的景観を物理的なものと比較すると、
より高い視点であればあるほど、その範囲は大きくなります。
 44

 

In this sense Kuhn’s process of periods of cumulation of knowledge within a paradigm, separated by episodes of paradigm shifts, can be understood as the progressive achievement of higher viewpoints affording greater purviews. 
この意味で、
パラダイムシフトのエピソードによって分離された、
パラダイム内の、知識の蓄積の期間の、クーンのプロセスは、
より大きな範囲を提供する、より高い視点の、
漸進的な達成として、理解することができます。
 45

 

Notice that from this understanding, the often used, and abused, when applied outside a paradigm, judgments of right/wrong, correct/incorrect, or even true/ false, are meaningless. 
この理解から、しばしば使用され、乱用されるものは、
パラダイムの外で適用された場合、
正しい/間違っている、正確/不正確、あるいは真実/偽の判断は、
無意味であることに注意してください。
46
 
47
 
48

 

Upon this ground for comparing viewpoints, the case can be made that the plasma paradigm is higher than the gravity one in that it encompasses a larger domain of evidence. 
観点を比較するという、
この根拠に基づいて、プラズマパラダイムは、
より大きな証拠領域を包含するという点で、
重力パラダイムよりも高いと言えます。
49
 
50

 

Not only does it explain more phenomena, it explains those phenomena with a comprehensive and unitary theory. 
それは、より多くの現象を説明するだけでなく、
それらの現象を包括的かつ統一的な理論で説明します。
 51

 

It sees more landscape, more features of that landscape, and more relationships among those features.
それは、より多くの風景、その風景のより多くの特徴、
および、それらの特徴間の、より多くの関係を認識します。
 52

 

Gravity, in contrast, sees fewer features and sees them as disparate events, each requiring a separate ad hoc explanation.
対照的に、重力はより少ない特徴しか認識せず、
それらを異なるイベントと見なし、
それぞれ個別のアドホックな説明が必要です。
53
 
54

 

For example, similar features on different planets have their own theory. 
たとえば、異なる惑星の、
同様の特徴には、独自の理論があります。
 55

 

Impact craters, volcanoes, tidal cracks, floods of disappearing water, lava that runs uphill, and runaway greenhouses.
衝突クレーター、火山、潮の割れ目、
洪水の消えた水、上り坂を流れる溶岩、暴走する温室(効果)。
56
 
57
 
58
 
59
 
60

 

The generality of gravity is obscured with ad hoc inventions and those inventions fail to account for details that are intrinsic in the plasma view.
重力の一般性はその場しのぎの発明で覆い隠され、
それらの発明はプラズマの見解に内在する詳細を説明できません。
 61

 

Gravity fails to account for entire new observations, extrapolating itself beyond reality and into fabulation.
重力は、まったく新しい観測結果を説明できず、
現実を超えて虚構の中に外挿されています。
 62

 

Supermassive stars spinning super fast, exploding stars whose shock waves create braided filaments.
超大質量恒星が超高速で自転し、恒星達が爆発し、
その衝撃波が編組フィラメントを作り出します。
 63

 

Cannibalistic galaxies.
共食い銀河。
  64

 

Dark matter that overwhelms observed matter. 
観測物質を圧倒する、
暗黒物質
 65

 

Photos cropped between galaxies, and connected quasars in denial of discrepant redshifts.
写真は、銀河の間を切り取り、
接続されたクエーサーの、矛盾する赤方偏移を否定する。
 66

 

Silence in the face of the quantization of redshifts.
赤方偏移量子化に直面して、沈黙。
 67

 

More and more evidence is being ignored.
ますます多くの証拠が無視されています。
 68

 

Newton was unaware of plasma. 
ニュートンは、
プラズマに気付かなかった。
 69

 

Today his disciples spend years in training, learning when and how to shut their eyes to it. 
今日、彼の弟子たちは何年も訓練に費やし、
いつ、どのように目を閉じればよいかを学んでいます。
 70

 

It's not just the Big Bang and general relativity that are in trouble, but the foundation of them all.
問題を抱えているのは、
ビッグバンと一般相対性理論だけではなく、
それらすべての基盤です。
 71

 

Gravity is an exhausted and bankrupt concept.
重力は使い果たされ、
破産した概念です。
 72

 

A higher, more comprehensive foundation is needed.
より高度で、
包括的な基盤が必要です。

The technologies of gravity have lifted us to a viewpoint that's bigger than gravity.
技術の重力(引き付ける力)は、私たちを、
重力よりも大きな視点へと引き上げました。
 73

 

We need new ideas and new tools, such as the Electric Universe model, to make sense of the new plasma vistas.
新しいプラズマの展望を理解するには、
エレクトリック・ユニバース・モデルなどの
新しいアイデアと新しいツールが必要です。(^_^)
 74

 

―――― 

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 Ron Hatch Relativity in the Light of GPS EU2013 ロン・ハッチ・・GPSに照らされた相対性理論・・EU2013

動画を見るにはコチラをクリック👇

 

翻訳文を見るにはコチラをクリック👇

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4b-uV6A2V0EVvRdQ

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 Michael Armstrong Wings of a Butterfly Thunderbolts マイケル・アームストロング・・ 蝶の翼・・サンダーボルツ

 

動画を見るにはコチラをクリック👇

 

翻訳文はコチラをクリック👇

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4Zb2JNFLAyt1pX6A

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Mel Acheson・・ Deconstructing Stephan's Quintet ・・ Thunderbolts  メル・アチソン・・シュテファンの五つ子銀河の脱配置構成・・サンダーボルツ]

動画の翻訳文は、コチラ⬇

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4VPp-9Kl_fnLNzHg

ザ・サンダーボルツ勝手連 [BP Piscium・・ A Fish out of Water BP うお座・・水から出た魚]




 
Credit: UCO/Lick/STScI/M.Perrin et al

 
ーーーーー 
Oct 15, 2010
上記の BP うお座のような噴出恒星が発見される前は、数光年にわたってコヒーレントなままの高温のらせん状フィラメントが通されたリングを持つ恒星のアイデアは、不可能であるとして却下されていたでしょう。
 
重力とガスだけでは、暖かい水素のボール以上のものを手に入れることはできません.

 1つの恒星を作るには、圧力が実際に発生することが証明されていない核反応を開始するまで、弱い重力がガスを私たちが知っている自然の限界を超えて圧縮する必要があります。
(この仮想プロセスを再現し、核融合エネルギーを生成するための高価な機械を何十年も構築しなければなりません。)

それは、普通の出力で普通の恒星を手に入れるだけです。

新星やパルサーなどの恒星のはるかに大きなエネルギーを得るには、理論家は自然物理学の庭を離れ、超自然のダンジョンの奥深くまで足を踏み入れる必要があります: 
中性子星ブラックホール、恒星達の合体、銀河の衝突などの推測仮説の隠れ家に。
https://chandra.harvard.edu/photo/2010/bppsc/

 
ジェットスター達が大量に見つかりました。

銀河よりも大きな電波放射領域で終わる、数万光年または数十万光年の長さの糸を持つ、彼らの兄弟であるジェット銀河達も同様でした。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/11/18/200542


高温のガスは、強い重力場であっても散逸する傾向があります。

 これらのスレッドは消えませんでした。

「ドーナツ・オン・ア・スティック」恒星達はしばしば磁気の兆候を伴っていた-
重力とガスの少年たちが宇宙では不可能だと考えていた別の現象です。

磁気がどのように生成されたかについてあまり心配することなく、天文学者は磁力線がチューブにねじれ、観測されたフィラメントにガスを閉じ込めるのを喜んで許可しました。

もちろん、磁気はガスに影響を与えないので、ガスが磁気チューブ内に留まるのに十分な時間プラズマであったことを認めなければなりませんでした。
 
誰もがプラズマの電気的性質に言及する時間がないうちに、その承認は拒否されました。

電気は、重力とガスの要塞を打倒する恐れのある 5 番目の柱でした。

 それらは磁気を生成したものです
—私たちが知っている自然の物理学が説明しているように。

天のX線と電波(=ラジオ波)の地図は、恒星達と銀河達を結ぶ放射のレーンと磁気を追跡しました:
これは、恒星達や銀河達がこれらのバークランド電流に街灯の電線ように繋がれていたことの証拠でした。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/arch05/051101virgo.htm

 電気やプラズマは重力や気体の何倍ものエネルギーがあり、宇宙は重力や気体や超自然的な物理学ではなく、電気やプラズマ、そして実験室で研究できる自然物理学によって動力を与えられている可能性が生まれました。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=x49g6gsf&keywords=electric%20star#dest

BP魚座とその目に見えるバークランド電源ケーブルは、天文学における自然への回帰への指針です。 

Mel Acheson
メル・アチソン

ーーーーー 
Oct 15, 2010
Before the discovery of jetted stars, such as BP Piscium above, the idea of a star with a ring around it threaded by a hot helical filament that remained coherent for several light-years would have been dismissed as impossible. 
上記の BP うお座のような噴出恒星が発見される前は、数光年にわたってコヒーレントなままの高温のらせん状フィラメントが通されたリングを持つ恒星のアイデアは、不可能であるとして却下されていたでしょう。
 
With only gravity and gas, you can’t get much more than balls of warm hydrogen. 
重力とガスだけでは、暖かい水素のボール以上のものを手に入れることはできません.

To make a star, the weak force of gravity has to compress the gas beyond the natural limits that we know of until the pressure initiates a nuclear reaction that’s not been demonstrated actually to occur. 
(Decades of building expensive machinery to replicate this hypothetical process and to produce fusion power have still to do it.)
 1つの恒星を作るには、圧力が実際に発生することが証明されていない核反応を開始するまで、弱い重力がガスを私たちが知っている自然の限界を超えて圧縮する必要があります。
(この仮想プロセスを再現し、核融合エネルギーを生成するための高価な機械を何十年も構築しなければなりません。)

That’s just to get an ordinary star with an ordinary power output. 
それは、普通の出力で普通の恒星を手に入れるだけです。

To get the much greater energy of such stars as novas and pulsars, theorists must leave the garden of natural physics and trek deep into the dungeons of the supernatural: 
into the lairs of such speculative hypotheses as neutron stars and black holes, merging stars and colliding galaxies.
新星やパルサーなどの恒星のはるかに大きなエネルギーを得るには、理論家は自然物理学の庭を離れ、超自然のダンジョンの奥深くまで足を踏み入れる必要があります: 
中性子星ブラックホール、恒星達の合体、銀河の衝突などの推測仮説の隠れ家に。
https://chandra.harvard.edu/photo/2010/bppsc/

 
The jetted stars were found in abundance. 
ジェットスター達が大量に見つかりました。

So were their big brothers, jetted galaxies, with threads that were tens or hundreds of thousands of light-years long, ending in regions of radio emission larger than the galaxies. 
銀河よりも大きな電波放射領域で終わる、数万光年または数十万光年の長さの糸を持つ、彼らの兄弟であるジェット銀河達も同様でした。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/11/18/200542


Hot gas, even in a strong gravitational field, tends to dissipate. 
高温のガスは、強い重力場であっても散逸する傾向があります。

These threads didn’t dissipate.
 これらのスレッドは消えませんでした。

The “donut-on-a-stick” stars were often accompanied by signs of magnetism—another phenomenon that the gravity-and-gas boys had thought was impossible in space. 
「ドーナツ・オン・ア・スティック」恒星達はしばしば磁気の兆候を伴っていた-
重力とガスの少年たちが宇宙では不可能だと考えていた別の現象です。

Without worrying too much about how the magnetism was generated, astronomers were happy to let the magnetic field lines twist themselves into tubes that would confine the gas into the observed filaments. 
磁気がどのように生成されたかについてあまり心配することなく、天文学者は磁力線がチューブにねじれ、観測されたフィラメントにガスを閉じ込めるのを喜んで許可しました。

Of course, magnetism doesn’t affect gas, so they had to admit that the gas was plasma long enough to keep it in the magnetic tube.
もちろん、磁気はガスに影響を与えないので、ガスが磁気チューブ内に留まるのに十分な時間プラズマであったことを認めなければなりませんでした。
 
The admission was repudiated before anyone had time to mention the electrical properties of plasma. 
誰もがプラズマの電気的性質に言及する時間がないうちに、その承認は拒否されました。

Electricity was a fifth column that threatened to overthrow the gravity-and-gas citadel: 
The threads were Birkeland currents that carried electrical power. 
電気は、重力とガスの要塞を打倒する恐れのある 5 番目の柱でした。

They were what generated the magnetism—as the physics of nature as we know it describes.
 それらは磁気を生成したものです
—私たちが知っている自然の物理学が説明しているように。

X-ray and radio maps of the heavens traced out lanes of emission and magnetism connecting stars and galaxies: 
This was evidence that the stars and galaxies were strung like streetlights on these Birkeland currents. 
天のX線と電波(=ラジオ波)の地図は、恒星達と銀河達を結ぶ放射のレーンと磁気を追跡しました:
これは、恒星達や銀河達がこれらのバークランド電流に街灯の電線ように繋がれていたことの証拠でした。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/arch05/051101virgo.htm

Electricity and plasma can be many, many times more energetic that gravity and gas, and the possibility arose that the cosmos was powered, not by gravity and gas and supernatural physics, but by electricity and plasma and the natural physics that can be studied in a laboratory.
 電気やプラズマは重力や気体の何倍ものエネルギーがあり、宇宙は重力や気体や超自然的な物理学ではなく、電気やプラズマ、そして実験室で研究できる自然物理学によって動力を与えられている可能性が生まれました。
https://www.holoscience.com/wp/category/eu-views/?article=x49g6gsf&keywords=electric%20star#dest

BP Piscium and its visible Birkeland power cable are a pointer to a return to nature in astronomy.
BP魚座とその目に見えるバークランド電源ケーブルは、天文学における自然への回帰への指針です。 

Mel Acheson
メル・アチソン

 

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Ev Cochrane・・ EU Mythology – In the Beginning ・・ Thunderbolts   Evコクラン・・EU神話–はじめに・・サンダーボルツ]

 

動画を見る場合は、この下の画面をクリック。

絵入りの翻訳文を見る場合は、この下のアドレスをクリック。

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4SFFxFAeXkgz87RQ

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Gerald Pollack・・ Electrically Structured Water ・・ EU2013 ジェラルド・ポラック・・電気的構造水・・EU2013

 

第四相の水、電気的構造水、EZ水の解説動画。

 

動画を見る場合は、下の画面をクリック

 

翻訳文を見る場合は、下のアドレスをクリック。

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4JENtjMKo-lVyjgg

ザ・サンダーボルツ勝手連 Wal Thornhill・・ Reinterpreting the MAVEN Mission to Mars ・・ EU2014 ウォルソーンヒル・・MAVENの火星ミッションの再解釈・・・EU2014

動画を見る場合は下の画面をクリック

 

写真付き翻訳文を見る場合はこの下のアドレスをクリック

https://1drv.ms/w/s!AgTfW77zsJhPgd4Mip84pm3rSA1icw