[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [What on Earth …? 何が地球の上に…?]



――――――――
Feb 15, 2010
世界の創造神話の比較研究は、創造された「地球」が「神々の住居」として現れる、空のプラズマ形成を持っていたかもしれないことを示唆しています。

この地球は、世界の創造に関する人間の伝統の中で重要な位置を占めています。

神話は、その創造と称されるものについて多くの詳細を提供しますが、世界の宗教でおなじみのリフレインは、「神々」が地球上に住んでいたことです
–最終的に空に出発する前には。

たとえば、古代エジプトの神話によれば、太陽神であるラーは、もともと地球上で王として支配していました。

カラハリ砂漠のサン人は、「初期の頃は、太陽は茂みの部族の間に住んでいた」そして「他の人のようだった」と言っていました。

このテーマのバリエーションのスコアが記録されています。

そのような伝統の「地球」が文字通り私たちの惑星の表面を表すと仮定される場合、そのような伝統の解釈には計り知れない困難が生じます。

そうだとすれば、太陽、月、惑星、星などの天体がかつて地球に生息していたという世界的な信念が台無しになってしまうでしょう。

そして、地球の構造と形に関する創造神話で提供された多くの具体的な詳細は、意味のある説明を回避するでしょう
–地球は、単一の開始点からの半径方向の拡張によって形成された平らな円盤であったこと。 円形のヘビがその周囲を囲んでいたこと;
中央に穴が開いていること;
枢軸の地点で空を支えるために、そこから4本の柱が立ち上がった;
などなど。

同時に、そのような伝統の多くでは、伝統の守護者や年代記者自身が、実際の地球への言及であると正直に信じていたことは否定できません。

ここで何が起こっているのですか?

知的に怠惰な解決策は、地球に関するそのような神話は、単に想像力に富み、素朴で、芸術的であるか、または惑わされているということです。

しかし、この結論に達する前に、地球に関する多くの異常な伝統が、地質学としてランク付けするには遠すぎる、大気中の過去の過渡現象に本当に関係しているという考えを、しかし、十分に近づいて、検討する価値があります
–前科学的な観点から
–宇宙のこの「地上」部分と、星や惑星が住む空との対比を保証するため。

この仮説の利点は、この「地球」の起源と特徴の抽象的な物語が、完新世初期に発生した実際の出来事の潜在的に信頼できる目撃証言として適格であるということです
–そして地質時代や人生の始まりとは何の関係もありません。

神話的および初期の科学的記述における「地球」という用語のこの微妙な再解釈に対する最も強力な支持は、「地球」の神話と、神話上の存在の「土地」、「楽園」、または「住居」の神話との間の完全な類型的対称性です
–一度に亡くなった祖先の神と魂として説明されます

  • 空の中で。

神話上の「空の土地」と「地球」の間の構造的な類似性の豊富なタペストリーは、同じ場所が一貫して参照されていることを示唆しています。

非常に広く普及している伝統的な信念は、空は実際には地球上に広がる堅固な平面であり、それ自体が別の「土地」–または地球、
の表面を形成しているというものです。

多くの場合、空に届く木や山の頂点に神が存在していたことは、神話上、地球上の住居に存在するものとして表現されています。

古代ギリシャの神話家によると、オリンパス山の頂上にオリンポスの神々が集まる事で、オリンパスという言葉自体がオウラノスまたは「空」の同義語に発展しました。

アンダマン諸島の先住民が伝え持つ、創造者のPū•luga-は、地元のサドルピークの頂上に住んでいたが、この同じ場所は「空」と呼ばれていました。

ガーナのアシャンティ人は、至高の神に関して述べました、「ずっと昔、Onyankõpoṅは地球に住んでいたか、少なくとも私たちのすぐ近くにいました。」

物語は、地球上の神の住居が、地球に近接した大気中の神の存在であったことを明らかにしています。 等々。

場合によっては、同じ神話の異なるナレーションを比較すると、神話の「地球」が実際には天体の領域であることがわかります。

ニューヨーク州のイロコイの支部であるセネカは、次のように主張しました。
「地球は、宇宙に浮かぶ大きな島のインドの支配者の考えでした。 …

このイロコイの神話上の島は、永遠の平和の場所です。

その豊富さには、疲れる負担はありません;
その実り豊かさにおいて、すべてのニーズは際限なく提供されます。

その永遠の穏やかな死は決して来ず、その静けさには、欲望、悲しみも痛みもありません。」

この楽園には、「視界の範囲を超えて枝分かれした1本の風格のある木」があり、アクシス・ムンディ(世界軸)の一形態として解釈する必要があります。

物語は、この宇宙の木の根全体が、宇宙の「浮島」の下に、現在の地球であるオエダの創造にどのようにつながったかを物語っています。

言うまでもなく、タスカローラ族の人類学者、ハリエット・コンバースは、「宇宙の」元の土地を「地球」と表現していましたが、空タスカローラ族の人類学者であるジョン・ヒューイットは、この土地をより直接的に空に配置していました:

「これらの最初の偉大な原始生物の住居
…固体平面と見なされていた目に見える空の上面にあったと考えられていました。

ここにこれらの最初の存在を非常に長い間平和と満足で住まわせました;
静かな存在のこの最初の宇宙の期間の長さを誰も知らない、または知らなかった。」

同じイロコイ神話の他のバージョンは以下を提供します:
「昔、人間は今では天国と呼ばれている場所に住んでいました。」

そして:
「この地球が誕生する前は、上空の真ん中に住んでいた人間がいました。

空の村の真ん中に白い花で覆われた木が立っていました。」

これは物理的なレベルでどのように機能しますか?

有望な可能性は、放射光による視程のために、非常に高強度の地球に近いプラズマが、かつては地上のスカイウォッチャーに独特の特徴を備えた魔法のような活気のある風景の印象を与える半安定の形をとっていたことです。

今日のオーロラが、空の多数の「精神」によって制定された戦闘やスポーツのビジョンを刺激することができれば、より大きな規模のプラズマ活動は確かにそうなるでしょう。

ほとんどの場合、問題は実際には「地球」という言葉を誤訳した場合ではなく、地球近傍空間でもはや見えなくなった明確な外接領域を説明するのが難しい場合です。

興味深いことに、プラトンは、私たちが地球と見なしているものとは対照的に、「理想的な」地球についての彼の議論で同様の語彙の課題に直面しました。

彼の対話Phaedoで、彼は死の床にソクラテスを紹介し、最適な形式の地球の表面は、私たちが住んでいる地球と水の要素のレベルではなく、より高いレベル、空気の要素が火の要素に取って代わられるところにあると説明しました:

「…私たちは地球のくぼみに住んでいて、その上面に住んでいると思います;
そして、私たちが天国と呼ぶ空気、そしてそれが星が動く天国だと思います。

しかし、事実は同じです、弱さと鈍さのために、私たちは空気の上面に到達することができません;
…それが本当の天国であり、本当の光であり、本当の地球です。」

ソクラテスが今日住んでいたとしたら、彼はおそらく、地球の境界は、私たちが住んでいる球ではなく、その磁気圏によって定義されていると言ったでしょう。

そして、先史時代に、高められた電磁活動が神々と祖先の土地を示唆するオーロラのような形成を生み出したかもしれないのはまさにこの地域です。

この命題は、「以前は地球に住んでいた神と星」と「以前は空に住んでいた人々」に関する神話のエレガントな説明を提供します。

免責事項として、これらのいずれも、いくつかの神話上の資料が地球自体の地質学的歴史に関連していることを除外していません。

膨大な種類の伝統があります
–大洪水、化石、造山運動、河床の形成に関する神話など
–それは地質学的および大気の説明に等しく従順であるように思われます。

おそらく、大気中の特定のエネルギー力といくつかの地質学的イベントとの間の直接的な物理的接続を最終的に想定する必要があります。

情報源を注意深く無制限に調査することが、前進する唯一の方法です。

Contributed by Rens Van der Sluijs
レンズ・ファン・デル・スルージスによる寄稿


――――――――
Feb 15, 2010
A comparative study of the world's creation myths suggests that the created "earth" may have been a plasma formation in the sky, appearing as the "dwelling of the gods."
世界の創造神話の比較研究は、創造された「地球」が「神々の住居」として現れる、空のプラズマ形成を持っていたかもしれないことを示唆しています。

The earth occupies a prominent place in human traditions about the creation of the world.
この地球は、世界の創造に関する人間の伝統の中で重要な位置を占めています。

Myths supply many details about its purported creation, while a familiar refrain in the world’s religions is that the ‘gods’ used to dwell on earth
– before their eventual departure into the sky.
神話は、その創造と称されるものについて多くの詳細を提供しますが、世界の宗教でおなじみのリフレインは、「神々」が地球上に住んでいたことです
–最終的に空に出発する前には。

For example, according to an ancient Egyptian myth, the sun god, Rē‘, originally ruled on earth as a king.
たとえば、古代エジプトの神話によれば、太陽神であるラーは、もともと地球上で王として支配していました。

The San people, of the Kalahari Desert, had it that “In the earliest days the sun lived among the tribes of the bush” and “was like other men”.
カラハリ砂漠のサン人は、「初期の頃は、太陽は茂みの部族の間に住んでいた」そして「他の人のようだった」と言っていました。

Scores of variations on this theme are on record.
このテーマのバリエーションのスコアが記録されています。

Insuperable difficulties arise for the interpretation of such traditions if it is assumed that the ‘earth’ in such traditions literally represents the surface of our planet.
そのような伝統の「地球」が文字通り私たちの惑星の表面を表すと仮定される場合、そのような伝統の解釈には計り知れない困難が生じます。

Were that the case, the global belief that celestial bodies such as the sun, the moon, the planets or the stars formerly inhabited the earth would become risible.
そうだとすれば、太陽、月、惑星、星などの天体がかつて地球に生息していたという世界的な信念が台無しになってしまうでしょう。

And the numerous specific details supplied in creation mythology regarding the construction and shape of the earth would evade any meaningful explanation
– that the earth was a flat disc formed through radial expansion from a single starting point; that a circular snake surrounded its perimeter;
that it had a hole at its centre;
that four columns rose up from it to support the sky at the cardinal points;
and so forth.
そして、地球の構造と形に関する創造神話で提供された多くの具体的な詳細は、意味のある説明を回避するでしょう
–地球は、単一の開始点からの半径方向の拡張によって形成された平らな円盤であったこと。 円形のヘビがその周囲を囲んでいたこと;
中央に穴が開いていること;
枢軸の地点で空を支えるために、そこから4本の柱が立ち上がった;
などなど。

At the same time, it cannot be denied that, in many of such traditions, the tradition keepers and chroniclers themselves honestly believed the reference was to the actual earth.
同時に、そのような伝統の多くでは、伝統の守護者や年代記者自身が、実際の地球への言及であると正直に信じていたことは否定できません。

What is going on here?
ここで何が起こっているのですか?

An intellectually indolent solution is that such myths concerning the earth are simply imaginative, naïve, artistic or deluded.
知的に怠惰な解決策は、地球に関するそのような神話は、単に想像力に富み、素朴で、芸術的であるか、または惑わされているということです。

But before this conclusion is reached, it is worth contemplating the idea that numerous anomalous traditions about the earth are really concerned with past transient phenomena in the atmosphere, too distant to rank as geology, but close enough
– from a pre-scientific point of view
– to warrant a contrast between this ‘terrestrial’ part of space and the sky populated by stars and planets.
しかし、この結論に達する前に、地球に関する多くの異常な伝統が、地質学としてランク付けするには遠すぎる、大気中の過去の過渡現象に本当に関係しているという考えを、しかし、十分に近づいて、検討する価値があります
–前科学的な観点から
–宇宙のこの「地上」部分と、星や惑星が住む空との対比を保証するため。

The advantage of this hypothesis is that abstruse stories of the origin and the features of this ‘earth’ qualify as potentially reliable eye-witness accounts of real events, that transpired during the early Holocene
– and have nothing to do with the beginning of geological time or life.
この仮説の利点は、この「地球」の起源と特徴の抽象的な物語が、完新世初期に発生した実際の出来事の潜在的に信頼できる目撃証言として適格であるということです
–そして地質時代や人生の始まりとは何の関係もありません。

The strongest support for this subtle reinterpretation of the term ‘earth’ in mythological and early scientific descriptions is the complete typological symmetry between ‘earth’ mythology and the mythology of a ‘land’, a ‘paradise’ or an ‘abode’ of mythical beings
– at once described as gods and souls of deceased ancestors
– in the sky.
神話的および初期の科学的記述における「地球」という用語のこの微妙な再解釈に対する最も強力な支持は、「地球」の神話と、神話上の存在の「土地」、「楽園」、または「住居」の神話との間の完全な類型的対称性です
–一度に亡くなった祖先の神と魂として説明されます

  • 空の中で。

A rich tapestry of structural similarities between the mythical ‘sky land’ and the ‘earth’ suggests that one and the same place is being referred to consistently.
神話上の「空の土地」と「地球」の間の構造的な類似性の豊富なタペストリーは、同じ場所が一貫して参照されていることを示唆しています。

A very widespread traditional belief is that the sky is really a solid plane extended over the earth, which itself forms the surface of another ‘land’
– or earth.
非常に広く普及している伝統的な信念は、空は実際には地球上に広がる堅固な平面であり、それ自体が別の「土地」–または地球、
の表面を形成しているというものです。

In many cases, the former presence of a deity on the apex of a sky-reaching tree or mountain is expressed mythically as the being’s residence on the earth.
多くの場合、空に届く木や山の頂点に神が存在していたことは、神話上、地球上の住居に存在するものとして表現されています。

According to the ancient Greek mythographers, the gathering of the Olympian gods on the peak of Mount Olympus amounted to their dwelling in heaven and the very word Olympus itself developed into a synonym for ouranos or ‘sky’.
古代ギリシャの神話家によると、オリンパス山の頂上にオリンポスの神々が集まる事で、オリンパスという言葉自体がオウラノスまたは「空」の同義語に発展しました。

The indigenous people of the Andaman Islands held that the creator, Pū•luga-, used to live on the summit of the local Saddle Peak, yet this same location was described as “the sky”.
アンダマン諸島の先住民が伝え持つ、創造者のPū•luga-は、地元のサドルピークの頂上に住んでいたが、この同じ場所は「空」と呼ばれていました。

The Ashanti, of Ghana, stated with respect to the supreme god that “Long, long ago Onyankõpoṅ lived on earth, or at least was very near to us.”
ガーナのアシャンティ人は、至高の神に関して述べました、「ずっと昔、Onyankõpoṅは地球に住んでいたか、少なくとも私たちのすぐ近くにいました。」

The story makes it clear that the god’s dwelling on earth was really his existence in the atmosphere, in close proximity to the earth.
And so on.
物語は、地球上の神の住居が、地球に近接した大気中の神の存在であったことを明らかにしています。 等々。

In some cases, a comparison between different narrations of the same myth bears out that the mythical ‘earth’ was really a celestial region.
場合によっては、同じ神話の異なるナレーションを比較すると、神話の「地球」が実際には天体の領域であることがわかります。

The Seneca, a branch of the Iroquois from New York state, contended that “the earth was the thought of the Indian Ruler of a great island which floats in space. …
ニューヨーク州のイロコイの支部であるセネカは、次のように主張しました。
「地球は、宇宙に浮かぶ大きな島のインドの支配者の考えでした。 …

This mythical island of the Iroquois is a place of eternal peace.
このイロコイの神話上の島は、永遠の平和の場所です。

In its abundance there are no burdens to weary;
in its fruitfulness all needs are endlessly provided.
その豊富さには、疲れる負担はありません;
その実り豊かさにおいて、すべてのニーズは際限なく提供されます。

To its perpetual calm death never comes, and to its tranquillity, no desire, no sorrow nor pain.”
その永遠の穏やかな死は決して来ず、その静けさには、欲望、悲しみも痛みもありません。」

This paradise was home to “one stately tree that branched beyond the range of visions” and must be interpreted as a form of the axis mundi.
この楽園には、「視界の範囲を超えて枝分かれした1本の風格のある木」があり、世界軸の一形態として解釈する必要があります。

The story goes on to tell how the uprooting of this cosmic tree led to the creation of the oeh-da, the present earth, below the “floating island” in space.
物語は、この宇宙の木の根全体が、宇宙の「浮島」の下に、現在の地球であるオエダの創造にどのようにつながったかを物語っています。

Tellingly, whereas Harriet Converse, in her recording of this myth, had described the original land “in space” as the “earth”, John Hewitt, an anthropologist of the Tuscarora nation, had more directly situated this land in the sky:
言うまでもなく、タスカローラ族の人類学者、ハリエット・コンバースは、「宇宙の」元の土地を「地球」と表現していましたが、空タスカローラ族の人類学者であるジョン・ヒューイットは、この土地をより直接的に空に配置していました:

“The dwelling place of these first great primal beings
… was conceived to have been on the upper surface of the visible sky, which was regarded as a solid plane.
「これらの最初の偉大な原始生物の住居
…固体平面と見なされていた目に見える空の上面にあったと考えられていました。

Here dwelt these first beings in peace and contentment for a very long period of time;
no one knows or ever knew the length of this first cosmic period of tranquil existence.”
ここにこれらの最初の存在を非常に長い間平和と満足で住まわせました;
静かな存在のこの最初の宇宙の期間の長さを誰も知らない、または知らなかった。」

Other versions of the same Iroquois myth offer:
“A long time ago human beings lived high up in what is now called heaven.”
同じイロコイ神話の他のバージョンは以下を提供します:
「昔、人間は今では天国と呼ばれている場所に住んでいました。」

And:
“Before this earth came into existence there were human beings who dwelt in the center of the sky above.
そして:
「この地球が誕生する前は、上空の真ん中に住んでいた人間がいました。

In the middle of the village in the sky stood a tree which was covered with white blossoms.”
空の村の真ん中に白い花で覆われた木が立っていました。」

How does this work on a physical level?
これは物理的なレベルでどのように機能しますか?

A promising possibility is that near-earth plasmas of a very high intensity, owing visibility due to synchrotron radiation, once assumed semi-stable forms that gave terrestrial sky watchers the impression of a magical and lively landscape with distinct features.
有望な可能性は、放射光による視程のために、非常に高強度の地球に近いプラズマが、かつては地上のスカイウォッチャーに独特の特徴を備えた魔法のような活気のある風景の印象を与える半安定の形をとっていたことです。

If today’s aurorae are capable of inspiring visions of battles and sports enacted by multitudes of ‘spirits’ in the sky, plasma activities on a larger order of magnitude would certainly be so.
今日のオーロラが、空の多数の「精神」によって制定された戦闘やスポーツのビジョンを刺激することができれば、より大きな規模のプラズマ活動は確かにそうなるでしょう。


In most cases, the issue is not really a case of mistranslating the word for ‘earth’, but of the difficulty to describe a distinct circumscribed area in near-earth space that is no longer visible.
ほとんどの場合、問題は実際には「地球」という言葉を誤訳した場合ではなく、地球近傍空間でもはや見えなくなった明確な外接領域を説明するのが難しい場合です。

Interestingly, Plato faced a similar lexical challenge in his discussion of the ‘ideal’ earth as opposed to what we regard as the earth.
興味深いことに、プラトンは、私たちが地球と見なしているものとは対照的に、「理想的な」地球についての彼の議論で同様の語彙の課題に直面しました。

In his dialogue Phaedo, he introduced Socrates on his deathbed, explaining that the surface of the earth in optima forma is not at the level of the elements of earth and water, inhabited by us, but higher up, where the element of air gives way to that of fire:
彼の対話Phaedoで、彼は死の床にソクラテスを紹介し、最適な形式の地球の表面は、私たちが住んでいる地球と水の要素のレベルではなく、より高いレベル、空気の要素が火の要素に取って代わられるところにあると説明しました:

“… we dwell in a hollow of the earth and think we dwell on its upper surface;
and the air we call the heaven, and think that is the heaven in which the stars move.
「…私たちは地球のくぼみに住んでいて、その上面に住んでいると思います;
そして、私たちが天国と呼ぶ空気、そしてそれが星が動く天国だと思います。

But the fact is the same, that by reason of feebleness and sluggishness, we are unable to attain to the upper surface of the air;
… that is the real heaven and the real light and the real earth.”
しかし、事実は同じです、弱さと鈍さのために、私たちは空気の上面に到達することができません;
…それが本当の天国であり、本当の光であり、本当の地球です。」

Had Socrates lived today, he would probably have said that the earth’s boundary is defined by its magnetosphere, not by the orb on which we live.
ソクラテスが今日住んでいたとしたら、彼はおそらく、地球の境界は、私たちが住んでいる球ではなく、その磁気圏によって定義されていると言ったでしょう。

And it is precisely in this region that, in prehistoric times, heightened electromagnetic activity may have produced aurora-like formations suggestive of a land of gods and ancestors.
そして、先史時代に、高められた電磁活動が神々と祖先の土地を示唆するオーロラのような形成を生み出したかもしれないのはまさにこの地域です。

This proposition furnishes an elegant explanation of myths concerning ‘gods and stars that formerly lived on earth’ as well as concerning ‘people that formerly lived in the sky’.
この命題は、「以前は地球に住んでいた神と星」と「以前は空に住んでいた人々」に関する神話のエレガントな説明を提供します。

As a disclaimer, none of this rules out that some mythical materials relate to the geological history of the earth itself.
免責事項として、これらのいずれも、いくつかの神話上の資料が地球自体の地質学的歴史に関連していることを除外していません。

There are vast classes of traditions
– such as the myths about the deluge, fossils, orogenesis and the formation of river beds
– that seem equally amenable to geological and atmospheric explanations.
膨大な種類の伝統があります
–大洪水、化石、造山運動、河床の形成に関する神話など
–それは地質学的および大気の説明に等しく従順であるように思われます。

Perhaps a direct physical connection must eventually be assumed between certain energetic forces in the atmosphere and some geological events.
おそらく、大気中の特定のエネルギー力といくつかの地質学的イベントとの間の直接的な物理的接続を最終的に想定する必要があります。

A careful and uninhibited examination of the sources is the only way forward.
情報源を注意深く無制限に調査することが、前進する唯一の方法です。

Contributed by Rens Van der Sluijs
レンズ・ファン・デル・スルージスによる寄稿