[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [A Case for Mistaken Identity 誤ったアイデンティティの事例]

[A Case for Mistaken Identity 誤ったアイデンティティの事例]
Stephen Smith April 15, 2019picture of the day
f:id:TakaakiFukatsu:20200501120026p:plain
The Egyptian Sun God. Image thought to be circa 1200 BCE.
エジプトの太陽神。 紀元前1200年頃と思われる画像。
――――――――――――
エジプトの太陽神に名前を付けてくれるように、神話の控えめな知識を持っている人に尋ねてください、そして、それらは、おそらくRaを指しているでしょう。

何故違うのですか?

それは歴史家や考古学者から教えられたことではないでしょうか?

ドワルドゥ・カルドナ(1937 2016)氏は、比較神話に関する多くの本を執筆しました。

古代の神話を相関させる彼の能力、そして、「天国のしるし」の伝説、そして、地球の地質学的過去の記録は、エレクトリック・ユニバースのコンセプトを推進する重要な力でした。

文明の始まり、おそらく人間の意識の始まりへのリンク、それ自体を明らかにすることによって、彼は天文学とプラズマ物理学の発見に基づいて、過去の出来事について多くの妥当な説明を発展させました。

カルドナ氏、そして、その他の人々、などによって、明らかにされた情報を無視する理論は ―今日見られる天国を過去に投影する事により― 神話的データをナンセンスとして却下する傾向があります。

彼らは私たちの祖先を無知で野蛮なものとして平凡にし、軽率な印象を残し、不合理であったと思うことによって、合理的な人々が文化を形成することができなかったかのように暗く貶めて居る。

皮肉なことに、コンセンサスのアイデアに矛盾する、宇宙探査機と望遠鏡からのデータにも同じ棄却態度が適用されています。

カルドナ氏の洞察は、歴史を無関係な骨の乾燥したコレクションと見る人々の心に畏敬の念を取り戻すのを助けました。

彼は、私たちの惑星を傷めただけでなく、私たちの心を傷つけた、壊滅的な出来事の厳しい歴史を照らし出しました。

2016年の彼の死は、決して満たすことのできない空白を残しました。

ここには、ドワルドゥ・カルドナ氏から寄贈された「今日の写真」が含まれています。

ジェイムス・フレイザー氏は、この口述を繰り返したとき、はっきりと話した:
「ラーは物理的な太陽であり、太陽神はもちろん議論の余地がない。」

それでも、もしこのエジプトの「物理的な太陽」と「太陽神」の詳細な研究を行うなら、気づくのは、Raが空を明るく照らしたという事実を除いて、このエンティティ(実体)に起因する特性や動作でさえ、太陽の役割に適合しません。

例えば、ラーはしばしば「サークルの主」として賞賛されました、「円の中に、入る[または生きる]彼」として。

彼は記述されました、「光を自分の輪の中に送り出す」、そして、[彼の]サークルの統治者として。」

賛美歌が暗示するサークルとは何ですか?

エジプト学者は、賛美歌が話すサークルはエジプトのドゥアット(またはトゥアット)、つまり「アンダーワールド」を意味する言葉だとすぐに言うでしょう。

そうかもしれない、しかし、ウォリス・バッジ氏の時代からエジプト学者は認めていました、「ザ・ドゥアット」は地球を超えて空にいた。

天体を囲むリングとしてのドゥアットは、「ドゥアット」という名前の象形文字の決定要因に由来し、テキストでは、バンドまたは円に囲まれた星として描かれています。

したがって、Raが意味するものは何であれ、それは円やバンドやリングの中に存在する天体であったことは明らかです。

太陽は光線を円に放射しますか?

それはリングに存在(住んで)しますか?

特定の条件下で、パレリオン(サンドッグ)として知られるリングは、大気の屈折によって形成され、太陽を囲みます。

しかし、この幻影はあまりにも珍しいだけでなく、Raが「彼のサークルの統治者」や「サークルの主」の称号を獲得するにはあまりにもまれであるだけでなく、それはまた、1つの現象です、それは北部地域に限定されており、エジプトの緯度ではほとんど見られません。

エジプト人自身はラーを神アトゥムに帰した、そして、実際に、この神はしばしばエジプトの文書でAtum-Ra(アトゥム・ラー)と呼ばれます。

この神は、特定の奇妙な特性を持っていました、–アトゥムは夜の太陽として讃えられました。

エジプト神話の学生は長い間、アトゥムのこの奇妙な特徴の下に隠されている正確な意味に取り組んできました。

説明としてウォリス・バッジ氏が提供できる最高のものは、アトゥムは、沈んだ後の太陽でした。

これにより、彼は暗示するつもりでした、エジプト人は、太陽が空から欠けていたとしても、太陽を崇拝していました。

しかし、夜の太陽崇拝は違和感のある施設になります。

ページ上部の画像に見られるように、神ラーは、しばしば赤または金色のディスクで覆われています、太陽が本当に表現されている場合、それは不適切ではありません。

彼に捧げられた典礼では、しかしながら、Raは、金色の光ではなく、緑の光を放ったと説明されています:
「あなたはあなたの素晴らしさとともに来ました」とRaに賛美歌を述べ、「そして、あなたは純粋なエメラルド光のあなたの光線で天と地を明るくしました。」

別の賛美歌で私達は読みました:
「おお・Ra…天国の地平線に昇るエメラルドの光の世界のビームを当てます。」

この天体は緑色またはエメラルド色の光を放っただけでなく、緑色でした。

「ハイル・グリーン・ワン」は、エジプト人がRaを称賛した方法です。

Raと呼ばれる天体の動きをさらに検討してください。

コフィン(棺の)テキストの1つで見つかった声明では、神はこれらの言葉で扱われています:
「あなたは空の偉大な西側に上ります、そして、地球の偉大な東側に降りて行きます。」

これは、現在の太陽がしていることに反していませんか?

今日の太陽は西に「上がっていく」のでしょうか?

それは東に「下って行く」のですか?

また、この特定のコフィン(棺の)テキストが、Raの動きが現在の太陽の動きと逆になっている唯一のものではありません。

それ以上に、Raはボートで航海するとき、夜明けに下り、夜に「上流」に移動すると言われています、これは、再度、現在私たちが空で太陽がしているのを見るのとは反対です。

緑色であると表現された天体が緑色の光を流し、夜に輝き、リングや一連のリングに囲まれ、夜に西に「上がる」、夜明けに「東に降りる」ことが太陽であってはならないことに気づくために天文学者である必要はありません。

神話学者は、通常、彼らがそれらを完全に無視しないときにこれらの特性に光沢を与え、古代エジプトの太陽と太陽神としてRaを提示したことについて私たちに謝罪する必要があります。

エジプトのRaの他の属性も私たちの現在の太陽との識別と矛盾しますが、上記はポイントを作るのに十分なはずです。

もちろん、問題は次のとおりです:
太陽でなければ、古代エジプト人がRaとして崇拝してきた天体は何でしょうか?

ドワルドゥ・カルドナ氏、「ゴッド・スター」の著者

――――――――――――
April 16, 2019
Ask anyone who has even a modest knowledge of mythology to name the Egyptian sun god

and they will probably point to Ra.
エジプトの太陽神に名前を付けてくれるように、神話の控えめな知識を持っている人に尋ねてください、そして、それらは、おそらくRaを指しているでしょう。

And why not?
何故違うのですか?

Is that not what we have been taught by historians and archeologists?
それは歴史家や考古学者から教えられたことではないでしょうか?

Dwardu Cardona (1937 2016) authored many books about comparative mythology.
ドワルドゥ・カルドナ(1937 2016)氏は、比較神話に関する多くの本を執筆しました。

His ability to correlate ancient myths and legends with “signs in the heavens” and the record of Earth’s geological past was a significant force in driving Electric Universe concepts.
古代の神話を相関させる彼の能力、そして、「天国のしるし」の伝説、そして、地球の地質学的過去の記録は、エレクトリック・ユニバースのコンセプトを推進する重要な力でした。

By uncovering links to the beginning of civilization, perhaps to the beginning of human consciousness, itself, he developed many plausible explanations for past events based on discoveries in astronomy and plasma physics.
文明の始まり、おそらく人間の意識の始まりへのリンク、それ自体を明らかにすることによって、彼は天文学とプラズマ物理学の発見に基づいて、過去の出来事について多くの妥当な説明を発展させました。

Theories that ignore the information uncovered by Cardona and others
—that project the heavens as seen today onto the past—
tend to dismiss mythological data as nonsense.
カルドナ氏、そして、その他の人々、などによって、明らかにされた情報を無視する理論は ―今日見られる天国を過去に投影する事により― 神話的データをナンセンスとして却下する傾向があります。

They trivialize our ancestors as ignorant and barbaric, leaving an impression of condescension,
as if no rational people could have formed cultures darkened by so much that appears to be irrational.
彼らは私たちの祖先を無知で野蛮なものとして平凡にし、軽率な印象を残し、不合理であったと思うことによって、合理的な人々が文化を形成することができなかったかのように暗く貶めて居る。

Ironically, that same dismissive attitude is applied to the data from space probes and telescopes that contradict consensus ideas.
皮肉なことに、コンセンサスのアイデアに矛盾する、宇宙探査機と望遠鏡からのデータにも同じ棄却態度が適用されています。

Science, which is supposed to be a journey of discovery, from darkness to light, becomes nothing but apologetics.
科学、それは暗闇から光への発見の旅であるはずなのに、謝罪に過ぎません。

Cardona’s insights helped to restore awe in the minds of those who view history as a dry collection of irrelevant bones.
カルドナ氏の洞察は、歴史を無関係な骨の乾燥したコレクションと見る人々の心に畏敬の念を取り戻すのを助けました。

He illuminated a stark history of catastrophic events that not only scarred our planet, but our very minds.
彼は私たちの惑星を傷めただけでなく、私たちの心を傷つけた壊滅的な出来事の厳しい歴史を照らし出しました。

His death in 2016 left a void that can never be filled.
2016年の彼の死は、決して満たすことのできない空白を残しました。

Included here is a Picture of the Day contributed by Dwardu Cardona.
ここには、ドワルドゥ・カルドナ氏から寄贈された「今日の写真」が含まれています。

James Frazer
https://archive.org/details/adonisattisosiri025648mbp/page/n4/mode/2up
spoke plainly when he echoed this dictum:

“That Ra was both the physical sun and the sun-god is of course undisputed.”
ジェイムス・フレイザー氏は、この口述を繰り返したとき、はっきりと話した:
「ラーは物理的な太陽であり、太陽神はもちろん議論の余地がない。」

And yet, if one were to conduct an in-depth study of this Egyptian “physical Sun” and “sun-god” one comes to the realization that,
except for the fact that Ra shone brightly in the sky,
the characteristics and even motions attributed to this entity do not fit the role of the Sun.
それでも、もしこのエジプトの「物理的な太陽」と「太陽神」の詳細な研究を行うなら、気づくのは、Raが空を明るく照らしたという事実を除いて、このエンティティ(実体)に起因する特性や動作でさえ、太陽の役割に適合しません。

For example, Ra was often lauded as “Lord of the Circles”
and as “he who entereth [or liveth] in the circle.”
例えば、ラーはしばしば「サークルの主」として賞賛されました、「円の中に、入る[または生きる]彼」として。

He was described as “the sender forth of light into his circle” and as the “Governor of [his] circle.”
彼は記述されました、「光を自分の輪の中に送り出す」、そして、[彼の]サークルの統治者として。」

What is the Circle that the hymns allude to?
賛美歌が暗示するサークルとは何ですか?

Egyptologists will immediately say that the Circle of which the hymns speak was the Egyptian Duat
http://www.egyptianmyths.net/mythlanddead.htm
(or Tuat), a word that means “the Underworld.”
エジプト学者は、賛美歌が話すサークルはエジプトのドゥアット(またはトゥアット)、つまり「アンダーワールド」を意味する言葉だとすぐに言うでしょう。

That may be so,

but Egyptologists since the time of Wallis Budge have conceded that the Duat was away beyond Earth and in the sky.
そうかもしれない、しかし、ウォリス・バッジ氏の時代からエジプト学者は認めていました、「ザ・ドゥアット」は地球を超えて空にいた。

The Duat as a ring surrounding a celestial object comes from the hieroglyphic determinative of the name “Duat” itself,
depicted in the texts as a star surrounded by a band or circle.
天体を囲むリングとしてのドゥアットは、「ドゥアット」という名前の象形文字の決定要因に由来し、テキストでは、バンドまたは円に囲まれた星として描かれています。

It is thus obvious that whatever Ra signified it was a celestial body that resided within a circle or band or ring.
したがって、Raが意味するものは何であれ、それは円やバンドやリングの中に存在する天体であったことは明らかです。

Does the Sun send forth its rays into a circle?
太陽は光線を円に放射しますか?

Does it reside in a ring?
それはリングに存在(住んで)しますか?

Under certain conditions, a ring known as a parhelion (sundog), formed through atmospheric refraction, surrounds the Sun.
特定の条件下で、パレリオン(サンドッグ)として知られるリングは、大気の屈折によって形成され、太陽を囲みます。

But not only is this apparition too rare for Ra to have earned the title of “Governor of his circle” and/or “Lord of the Circles”
it is also a phenomenon that is restricted to northern regions and hardly, if ever, seen at the latitude of Egypt.
しかし、この幻影はあまりにも珍しいだけでなく、Raが「彼のサークルの統治者」や「サークルの主」の称号を獲得するにはあまりにもまれであるだけでなく、それはまた、1つの現象です、それは北部地域に限定されており、エジプトの緯度ではほとんど見られません。

The Egyptians themselves attributed Ra to the god Atum and in fact, this deity is often referred to in Egyptian documents as Atum-Ra.
エジプト人自身はラーを神アトゥムに帰した、そして、実際に、この神はしばしばエジプトの文書でAtum-Ra(アトゥム・ラー)と呼ばれます。

This god bore a specific and strange characteristic – Atum was honored as a sun of night.
この神は、特定の奇妙な特性を持っていました、–アトゥムは夜の太陽として讃えられました。

Students of Egyptian mythology have long grappled with the exact meaning that lies hidden beneath this strange characteristic of Atum.
エジプト神話の学生は長い間、アトゥムのこの奇妙な特徴の下に隠されている正確な意味に取り組んできました。

The best that Wallis Budge
http://www.gutenberg.org/etext/7145
could offer by way of an explanation was that Atum was the Sun after it had set.
説明としてウォリス・バッジ氏が提供できる最高のものは、アトゥムは、沈んだ後の太陽でした。

By this he meant to imply that the Egyptians worshipped the Sun even when it was absent from the sky.
これにより、彼はエジプト人が空から欠けていても太陽を崇拝したことを暗示するつもりでした。

Sun worship at night, however, makes for an incongruous institution.
しかし、夜の太陽崇拝は違和感のある施設になります。

As seen in the image at the top of the page,
the god Ra is often surmounted with a red or golden disc

that is not inappropriate if the Sun is truly being represented.
ページ上部の画像に見られるように、神ラーは、しばしば赤または金色のディスクで覆われています、太陽が本当に表現されている場合、それは不適切ではありません。

In the liturgies dedicated to him,
however, Ra is described as having shed a green, rather than a golden, light:
“Thou hast come with thy splendours,” states a hymn to Ra,
http://www.bibliotecapleyades.net/egipto/egypt_bookdead/bodead-plate01.htm
“and thou hast made heaven and earth bright with thy rays of pure emerald light.”
彼に捧げられた典礼では、しかしながら、Raは、金色の光ではなく、緑の光を放ったと説明されています:
「あなたはあなたの素晴らしさとともに来ました」とRaに賛美歌を述べ、「そして、あなたは純粋なエメラルド光のあなたの光線で天と地を明るくしました。」

In another hymn
http://www.sacred-texts.com/egy/ebod/ebod13.htm
we read:
“O Ra…thou dost rise in the horizon of heaven
and sheddest upon the world beams of emerald light.”
別の賛美歌で私達は読みました:
「おお・Ra…天国の地平線に昇るエメラルドの光の世界のビームを当てます。」

Not only did this celestial object shed a green or emerald light, it was green.
この天体は緑色またはエメラルド色の光を放っただけでなく、緑色でした。

“Hail Green One” was how the Egyptians lauded Ra.
「ハイル・グリーン・ワン」は、エジプト人がRaを称賛した方法です。

Consider further the motion of the celestial object called Ra.
Raと呼ばれる天体の動きをさらに検討してください。

In a statement found in one of the Coffin Texts,
http://www.crystalinks.com/coffintext.html
the deity is addressed with these words:

“You shall go up upon the great West side of the sky and go down upon the great East side of the earth.”
コフィン(棺の)テキストの1つで見つかった声明では、神はこれらの言葉で扱われています:
「あなたは空の偉大な西側に上ります、そして、地球の偉大な東側に降りて行きます。」

Is not this contrary to what the present Sun does?
これは、現在の太陽がしていることに反していませんか?

Does the Sun today “go up” in the west?
今日の太陽は西に「上がっていく」のでしょうか?

Does it “go down” in the east?
それは東に「下って行く」のですか?

Nor is this particular Coffin Text the only one in which the motion of Ra is in reverse to that of the present Sun.
また、この特定のコフィン(棺の)テキストが、Raの動きが現在の太陽の動きと逆になっている唯一のものではありません。

More than that, when sailing in his boat, Ra is said to move down at dawn and “upstream” at night,
which is again contrary to what we see the Sun doing in our sky at present.
それ以上に、Raはボートで航海するとき、夜明けに下り、夜に「上流」に移動すると言われています、これは、再度、現在私たちが空で太陽がしているのを見るのとは反対です。

One does not have to be an astronomer to realize that a celestial body described as being green, shedding a green light, shining at night, encircled in a ring or series of rings, “going up” in the west at night and “going down in the east” at dawn cannot have been the Sun.
緑色であると表現された天体が緑色の光を流し、夜に輝き、リングや一連のリングに囲まれ、夜に西に「上がる」、夜明けに「東に降りる」ことが太陽であってはならないことに気づくために天文学者である必要はありません。

Mythologists, who usually gloss over these characteristics when they do not ignore them altogether, owe us an apology for having presented Ra as the Sun and Sun-god of ancient Egypt.
神話学者は、通常、彼らがそれらを完全に無視しないときにこれらの特性に光沢を与え、古代エジプトの太陽と太陽神としてRaを提示したことについて私たちに謝罪する必要があります。

Other attributes of the Egyptian Ra also contradict identification with our present Sun, but the above should suffice to make the point.
エジプトのRaの他の属性も私たちの現在の太陽との識別と矛盾しますが、上記はポイントを作るのに十分なはずです。

The question, of course, is:
If not the Sun, what could the celestial object that the ancient Egyptians venerated as Ra have been?
もちろん、問題は次のとおりです:
太陽でなければ、古代エジプト人がRaとして崇拝してきた天体は何でしょうか?

Dwardu Cardona, author of “God Star“
https://thunderbolts.info/resources.htm#god_star
ドワルドゥ・カルドナ氏、「ゴッド・スター」の著者