[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [A Sea of Charge チャージの海]

[A Sea of Charge チャージの海]
Stephen Smith November 23, 2015Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20200805085904p:plain
A nanoscale polysaccharide network.
ナノスケールの多糖類ネットワーク。

―――――――――
Nov 23, 2015
海洋の微細構造。


あなたがそれを見るとき、海水はそれほど刺激的ではありません。

それはおそらく、塩と他のミネラルを含む単なる水です。

地球の海の住人のほとんどにとって、海はまったく異なるものであり、ゲルの網です。

2000年11月に発行された「新しい科学者」誌の記事によると、スクリップス海洋研究所の微生物学者ファルーク・アザムは次のように述べています:
「このゲル構造は、海洋学が伝統的に考慮していないものです。
https://www.newscientist.com/article/mg16822664-500-meet-me-at-the-goo/

教科書や古典的な説明にはありません。

ジェルの存在は、海の生物が住んでいるミクロコスモスに対する私たちの考えを根本的に変えます。」

最小の規模では、海水は相互接続された長鎖多糖分子のメッシュであり、一種の懸濁液中に、より小さな分子、さらには生物さえも保持することができます;
それらの動きを制限し、それらを複雑な配列に整列させます。

クリップス研究所の研究では、これらの分子が海水をミリリットル規模で孤立した領域のマトリックスにする構造を提供することがわかりました。

細菌とプランクトンは、森林がさまざまな種類の生活にニッチを提供するのと同じ方法で、その構造を独特の生態学として使用します。

ほとんどの糖は極性分子です:
つまり、帯電しています。

それらの内部の酸素原子と水素原子間の原子価結合は、酸素にわずかな負の電荷を与え、水素にわずかな正の電荷を与えます。

次に、分極した水分子が糖のマイナス領域とプラス領域を引き付け、水に溶かします、たとえば、非極性分子が…油にならない場合などです。

新しい科学者の記事が述べているように、いくつかの一般的な現象は、海のゼラチンのような物質の例です。

アドリア海北部は、藻類の開花中に数年ごとにゼリーになります。

しかしながら、発生に伴う微視的な力は容易には理解されません、また、一般的にゲルが形成される方法でもありません。

1ミリリットルの海水には多数の多糖類分子が含まれています、それが「…絡まりがなく、端から端まで並んでいる場合、5600 km伸びます。」

DNA、タンパク質、その他の有機物質の鎖もあり、海に住む生物に栄養豊富な環境を提供します。

ただし、ゲルのウェブがどのように形成されるかについては回答していません。

細菌と藻類の糖排泄物が粘り気のあるスープに結合するため、ゲルが存在すると考えられています、しかしその答えは他の多くの質問を残します。

負に帯電した多糖類は、海水中のカルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどの正に帯電したイオンと相互作用する可能性が最も高いです。

この電気化学は、「エキソポリマー粒子」を「生物学的接着剤」に整列させ、細菌、タンパク質、および植物プランクトンのシートをゲルのストランドに結合します、それが、海水に微細構造を与えます。

細菌やタンパク質分子も電気的実体です。

一部のバクテリアは、電子だけで生き残ることができます、充電(電荷)の流れから必要なものすべてを合成します。

バクテリアは鉄を食べることもでき、電気モーターで鞭毛を動かすこともできます。

これらのアイデアをジェラルド・ポラックや他の人々が「排除ゾーン」の水(EZ 水)について行った研究と組み合わせると、水の疑問に答えることができます。

ティーブン・スミス



―――――――――
Nov 23, 2015
Oceanic microstructures.
海洋の微細構造。


Seawater is not very exciting when you look at it.
あなたがそれを見るとき、海水はそれほど刺激的ではありません。

It is, presumably, just water with salt and other minerals.
それはおそらく、塩と他のミネラルを含む単なる水です。

To most of the denizens of Earth’s oceans, the sea is something quite different, a web of gel.
地球の海の住人のほとんどにとって、海はまったく異なるものであり、ゲルの網です。

According to an article from New Scientist magazine, published in November 2000, Farooq Azam, a microbial oceanographer at Scripps Institution of Oceanography said:
“This gel structure is something that oceanography has traditionally not considered.
2000年11月に発行された「新しい科学者」誌の記事によると、スクリップス海洋研究所の微生物学者ファルーク・アザムは次のように述べています:
「このゲル構造は、海洋学が伝統的に考慮していないものです。
https://www.newscientist.com/article/mg16822664-500-meet-me-at-the-goo/

It’s not in the textbooks or in the classical explanations.
教科書や古典的な説明にはありません。

The gel’s existence fundamentally changes our ideas of the microcosmos in which sea organisms live.”
ジェルの存在は、海の生物が住んでいるミクロコスモスに対する私たちの考えを根本的に変えます。」

It has long been known that, at the smallest scale, seawater is a mesh of interconnected long-chain polysaccharide molecules that can hold smaller molecules, and even organisms, in a kind of suspension;
restricting their motions and aligning them in complex arrays.
最小の規模では、海水は相互接続された長鎖多糖分子のメッシュであり、一種の懸濁液中に、より小さな分子、さらには生物さえも保持することができます;
それらの動きを制限し、それらを複雑な配列に整列させます。

The Scripps Institute research found that these molecules provide a structure that makes seawater a matrix of isolated regions at the milliliter scale.
クリップス研究所の研究では、これらの分子が海水をミリリットル規模で孤立した領域のマトリックスにする構造を提供することがわかりました。

Bacteria and plankton use that structure as unique ecologies in the same way that a forest provides niches for different kinds of life.
細菌とプランクトンは、森林がさまざまな種類の生活にニッチを提供するのと同じ方法で、その構造を独特の生態学として使用します。

Most sugars are polar molecules:
meaning, they are electrically charged.
ほとんどの糖は極性分子です:
つまり、帯電しています。

The valence bonds inside them between oxygen and hydrogen atoms give the oxygen a slight negative charge and the hydrogen a slight positive charge.
それらの内部の酸素原子と水素原子間の原子価結合は、酸素にわずかな負の電荷を与え、水素にわずかな正の電荷を与えます。

In turn, polarized water molecules attract the negative and positive areas on the sugars, which makes them dissolve in water, where non-polar molecules will not…oil, for instance.
次に、分極した水分子が糖のマイナス領域とプラス領域を引き付け、水に溶かします、たとえば、非極性分子が…油にならない場合などです。

As the New Scientist article states, some common phenomena are examples of the ocean’s gelatin-like substance.
新しい科学者の記事が述べているように、いくつかの一般的な現象は、海のゼラチンのような物質の例です。

The northern Adriatic Sea turns to jelly every few years during algal blooms.
アドリア海北部は、藻類の開花中に数年ごとにゼリーになります。

However, the microscopic forces involved with the occurrence are not readily understood, nor is the way that the gel forms, in general.
しかしながら、発生に伴う微視的な力は容易には理解されません、また、一般的にゲルが形成される方法でもありません。

A milliliter of seawater contains huge numbers of polysaccharide molecules that if “…untangled and lined up end to end, would stretch 5600 kilometres.”
1ミリリットルの海水には多数の多糖類分子が含まれています、それが「…絡まりがなく、端から端まで並んでいる場合、5600 km伸びます。」

There are also chains of DNA, proteins, and other organic substances that provide a nutrient-rich environment for the organisms that live in the ocean.
DNA、タンパク質、その他の有機物質の鎖もあり、海に住む生物に栄養豊富な環境を提供します。

It does not answer how the web of gel forms, though.
ただし、ゲルのウェブがどのように形成されるかについては回答していません。

It is believed that the gel exists because bacterial and algal sugar excretions combine into a sticky soup, but that answer leaves many other questions.
細菌と藻類の糖排泄物が粘り気のあるスープに結合するため、ゲルが存在すると考えられています、しかしその答えは他の多くの質問を残します。

Negatively charged polysaccharides are most likely interacting with positively charged ions like calcium, magnesium, and sodium in the seawater.
負に帯電した多糖類は、海水中のカルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどの正に帯電したイオンと相互作用する可能性が最も高いです。

This electro-chemistry aligns “exopolymer particles” into a “biological glue”, binding bacteria, proteins, and sheets of phytoplankton into the strands of gel that give microstructure to ocean water.
この電気化学は、「エキソポリマー粒子」を「生物学的接着剤」に整列させ、細菌、タンパク質、および植物プランクトンのシートをゲルのストランドに結合します、それが、海水に微細構造を与えます。

Bacteria and protein molecules are also electrical entities.
細菌やタンパク質分子も電気的実体です。

Some bacteria can live off electrons, alone, synthesizing everything they need from the flow of charge.
一部のバクテリアは、電子だけで生き残ることができます、充電(電荷)の流れから必要なものすべてを合成します。

Bacteria can also eat iron, as well as drive their flagella with electric motors.
バクテリアは鉄を食べることもでき、電気モーターで鞭毛を動かすこともできます。

Coupling these ideas with the research done by Gerald Pollack and others about “exclusion zone” water could provide answers to the questions of water, electricity and the environment that supports life.
これらのアイデアをジェラルド・ポラックや他の人々が「排除ゾーン」の水(EZ 水)について行った研究と組み合わせると、水の疑問に答えることができます。

Stephen Smith
ティーブン・スミス