[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Electrodynamic Duo Part Two 電気力学デュオパート2]

[Electrodynamic Duo Part Two 電気力学デュオパート2]
f:id:TakaakiFukatsu:20200702110330p:plain
A phase to phase electric arc on a 138 kilovolt line in Duncan, Oklahoma.
オクラホマ州ダンカンの138キロボルト線の相間電気アーク。


Electrodynamic Duo Part Two
電気力学デュオパート2

―――――――――
Feb 10, 2011
ダスト・プラズマを流れる電気に関する先駆的な発見は、電気的宇宙理論の基盤を提供します。

アーヴィングラングミュアの科学的貢献は、高真空を引き出すことができるポンプを発明した当初は電気機械的であり、最終的には効率的な真空管(または「バルブ」)につながりました。

その後、ルイ・トンクスとともに、ガラスを不活性ガスで満たすと、電球内部のタングステンフィラメントがずっと長く続くことに気づきました、これは、電球開発の重要なステップです。

ラングミュアは、熱フィラメントからの熱放出により、さまざまなガスを通過する荷電粒子を考慮しました。

彼はそのような電離ガスに言及するときに「プラズマ」という用語を作り出した最初の人でした。

ガスの帯電領域は、環境から隔離される傾向があり、ガスの挙動の機械的理論に支配されない方法で作用するため、彼はそれらが細胞の有機血漿成分に似ているように思われた。

ラングミュアのプラズマ物理学への最も重要な貢献は、電圧バイアスを備えた静電チップを使用して、プラズマ内の温度と密度を測定するデバイスである、ラングミュアプローブかもしれません。

1999年、不運な日本の宇宙航空研究開発機構JAXA)の宇宙船「のぞみ(PLANET-B)」が、火星と太陽風の間の最初の測定値を得るために、ラングミュアプローブが取り付けられました。

しかし、いくつかのミッションの問題があり、のぞみが火星の軌道に乗ることはありませんでした。

プラズマ物理学を含む多くの科学分野への彼の貢献は広範囲でしたが、ラングミュアのノーベル賞は1932年に「表面化学における彼の発見と研究」に対して授与されました。

アーヴィングラングミュアによって示された洞察にもかかわらず、クリスチャン・バークランドはおそらく、空間がプラズマで満たされていると予測した最初の研究者でした:
「宇宙全体があらゆる種類の電子と飛行する電気イオンで満たされていると仮定することは、私たちの見解の自然な帰結のようです。

私たちは進化の各恒星系が電気小体を宇宙に投げ出すと仮定しました。

したがって、宇宙の物質の大部分が太陽系や星雲ではなく、「空っぽの」宇宙空間で発見されたと考えるのは不合理ではないようです。」

そして:
「物理的な観点から見ると、太陽光線は負の光線でも正の光線でもないが、両方の種類である可能性が最も高い。」

太陽風は負と正の両方に帯電したイオンで構成されていることを意味します。

明るいオーロラが見られると、電磁障害(地磁気嵐)が観測されます。

1903年、バークランドの北極探検隊は、オーロラ層に平行に流れるオーロラ・ボレアリスからの電流を発見しました。

これらの電流は回路を流れる必要があり、オーロラの輝きは宇宙での出来事から生じたように見えたので、彼は、それらがオーロラ・アークの一方の端の宇宙から流れ落ちて、もう一方の端の宇宙に戻ることを提案しました。

1973年に、アメリカ海軍の衛星トライアドに搭載された磁力計が、100万アンペア以上を運ぶ2つの巨大な電流シートを発見したとき、1つはオーロラの朝側から下降し、もう1つは夕方側から上昇しており、それらを予測したのは彼の研究であったため、「バークランド電流」と呼ばれていました。

ビルケランドの極電流は、現在「オーロラエレクトロジェット」として知られており、北極圏に出入りする地球の地磁気フィールドに従う電流に接続されています。

それらは、バークランドの研究を無視し続けているNASAの科学者によって「新しい」発見と呼ばれています。

NASAのプレスリリースでは、「プラズマ」と「電流」という言葉がよく使われますが、通常は「影響(衝撃)」、「衝突」、「ストリーム」と対になっています。

ビルケランドはオスロ大学で自分のアイデアをテストする実験を作成しました。

彼は、「テレラ」と呼ばれる磁化された金属ボールを置いた大きな部屋から空気を排出しました。

テレラは地球を表すためのものでした(「テレラ」は「小さな地球」を意味します)。

バークランドは、テレラと真空チャンバーの両方を異なる電圧と極性で充電し、それらの挙動を観察しました。

バークランドは、電流が磁場によって束縛されているフィラメントに沿って移動することを明らかにした。

彼の実験は、平行線形電流が重力よりも桁違いに長い長距離引力を経験することを確認しました。

しかし、プラズマフィラメントが互いに近づくと、それらは融合(結合)せず、らせん状に回転します。

短距離の磁気反発力が発生し、「短絡」を防ぎます。

代わりに、それらは互いに分離されたままです。

電気フィラメント(ビルケランド電流)が互いに近づくほど、スピンが速くなります。

「伝送線路」のペアは、ねじれた電気竜巻、つまりプラズマ・ボルテックス(渦)になり、数桁の大きさになります。

宇宙空間に存在するツイストペアは、磁場に沿って磁場に沿って流れる電流を生成し、電力が長距離を移動できるようにします。

ハンネス・オロフ・ゴスタ・アルフベンは、スウェーデンストックホルムにあるノーベル研究所で、荷電粒子の加速、特に宇宙線エネルギーでの加速に関心を示した。

バークランドによって説明された沿磁力線電流と組み合わせた、沿磁力線電場の彼の概念は、極オーロラにおける荷電粒子の加速に必要であると現在見られています。

アルフベンの提案する「二重層の爆発」というアイデアは、極度のエネルギーで宇宙線を生成するため、エレクトリックユニバースの支持者が信頼する基本原則の1つです。

宇宙線は電離粒子です。

宇宙線の大部分は単一陽子ですが、ウランと同じくらい重い原子核が検出されています。

コンセンサス理論が述べるように、重い粒子は未知の力によって相対論的な速度に加速され、その後、散弾銃の爆風のように銀河に吹き出され、あらゆる方向に散乱します。

HannesAlfvénは二重層を次のように説明しています。「...プラズマは、この言葉の物理的な意味で、プラズマを環境から保護するものです。

それは細胞壁に似ており、この言葉の生物学的意味において、血漿はそれを環境から保護します。」

二重層は銀河回路の電流を遮断し、壊滅的な電圧上昇を引き起こす可能性があります。

強力なエネルギー放出、つまり「爆発するダブル・レイヤー(二重層)」は、天文学者が時々「超新星」または「ガンマ線バースト」と呼ぶものです。

1986年にアルフベンは述べています(NASA CP 2469):
「宇宙のダブル・レイヤー(二重層)は、新しいタイプの天体オブジェクトとして分類する必要があります(1つの例は、二重電波源です)。

X線ガンマ線のバーストは、ダブル・レイヤー(二重層)の爆発が原因である可能性があることが暫定的に示唆されています。

太陽フレアでは、電圧が10 ^ 9ボルト以上のDL(ダブル・レイヤー)が発生する可能性があり、銀河現象では、数桁大きい電圧が発生する可能性があります。」

高温ガスではなくプラズマが空間を流れています。

風の物理学ではなく、電流の物理学が適用されます。

惑星状星雲の内部には、キャパシタコンデンサー)のように機能する1つまたは複数のプラズマシース、つまり「ダブル・レイヤー(二重層)」があり、電気エネルギーを交互に蓄積および放出します。

電流の流れは、シェルの内側と外側のシース内で交互に増減します。

実験室の実験でのプラズマは、反対の電荷(二重層)の薄い壁で分離された細胞構造を形成するため、同じことが星雲でも発生する可能性があります。

電気と磁気の「電気力学的デュオ」の理解に貢献した科学の男女はもっとたくさんいます。 将来の記事では、彼らの貢献に対するより多くの洞察が提供されます。

ティーブン・スミス



―――――――――
Feb 10, 2011
Pioneering discoveries about electricity flowing through dusty plasma provide the foundation for Electric Universe theory.
ダスト・プラズマを流れる電気に関する先駆的な発見は、Electric Universe理論の基盤を提供します。

Irving Langmuir's scientific contributions were originally electromechanical when he invented a pump capable of drawing a high vacuum, eventually leading to an efficient vacuum tube (or "valve").
アーヴィングラングミュアの科学的貢献は、高真空を引き出すことができるポンプを発明した当初は電気機械的であり、最終的には効率的な真空管(または「バルブ」)につながりました。

Later, along with Lewi Tonks, he realized that tungsten filaments inside lightbulbs would last much longer if he filled the glass with an inert gas, a crucial step in lightbulb development.
その後、ルイ・トンクスとともに、ガラスを不活性ガスで満たすと、電球内部のタングステンフィラメントがずっと長く続くことに気づきました、これは、電球開発の重要なステップです。

The thermal emissions from hot filaments led Langmuir to the consideration of charged particles moving through various gases.
ラングミュアは、熱フィラメントからの熱放出により、さまざまなガスを通過する荷電粒子を考慮しました。

He was the first to coin the term "plasma" when referring to such ionized gas.
彼はそのような電離ガスに言及するときに「プラズマ」という用語を作り出した最初の人でした。

Since charged regions in the gas tended to isolate themselves from the environment, as well as act in ways not governed by mechanical theories of gas behavior, he thought they appeared similar to the organic plasma component of cells.
ガスの帯電領域は、環境から隔離される傾向があり、ガスの挙動の機械的理論に支配されない方法で作用するため、彼はそれらが細胞の有機血漿成分に似ているように思われた。

Langmuir's most important contribution to plasma physics might be the Langmuir probe, a device that measures temperature and density within a plasma by using an electrostatic tip with a voltage bias.
ラングミュアのプラズマ物理学への最も重要な貢献は、電圧バイアスを備えた静電チップを使用して、プラズマ内の温度と密度を測定するデバイスである、ラングミュアプローブかもしれません。

In 1999, the ill-fated Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) spacecraft NOZOMI (PLANET-B) was fitted with a Langmuir probe in order to obtain the first set of measurements between Mars and the solar wind.
1999年、不運な日本の宇宙航空研究開発機構JAXA)の宇宙船「のぞみ(PLANET-B)」が、火星と太陽風の間の最初の測定値を得るために、ラングミュアプローブが取り付けられました。

There were several mission problems, however, and NOZOMI never made it into Mars orbit.
しかし、いくつかのミッションの問題があり、のぞみが火星の軌道に乗ることはありませんでした。

Although his contributions to many scientific fields, including plasma physics, were extensive, Langmuir's Nobel Prize was awarded in 1932 "for his discoveries and investigations in surface chemistry."
プラズマ物理学を含む多くの科学分野への彼の貢献は広範囲でしたが、ラングミュアのノーベル賞は1932年に「表面化学における彼の発見と研究」に対して授与されました。

Despite the insights demonstrated by Irving Langmuir, Kristian Birkeland was probably the first investigator to predict that space was filled with plasma:
"It seems to be a natural consequence of our points of view to assume that the whole of space is filled with electrons and flying electric ions of all kinds.
アーヴィングラングミュアによって示された洞察にもかかわらず、クリスチャン・バークランドはおそらく、空間がプラズマで満たされていると予測した最初の研究者でした:
「宇宙全体があらゆる種類の電子と飛行する電気イオンで満たされていると仮定することは、私たちの見解の自然な帰結のようです。

We have assumed that each stellar system in evolutions throws off electric corpuscles into space.
私たちは進化の各恒星系が電気小体を宇宙に投げ出すと仮定しました。

It does not seem unreasonable therefore to think that the greater part of the material masses in the universe is found, not in the solar systems or nebulae, but in 'empty' space."
したがって、宇宙の物質の大部分が太陽系や星雲ではなく、「空っぽの」宇宙空間で発見されたと考えるのは不合理ではないようです。」

And:
"From a physical point of view it is most probable that solar rays are neither exclusively negative nor positive rays, but of both kinds."
そして:
「物理的な観点から見ると、太陽光線は負の光線でも正の光線でもないが、両方の種類である可能性が最も高い。」

Meaning that the solar wind is composed of both negatively and positively charged ions.
太陽風は負と正の両方に帯電したイオンで構成されていることを意味します。

Electromagnetic disturbances (geomagnetic storms) are observed when bright aurorae are seen.
明るいオーロラが見られると、電磁障害(地磁気嵐)が観測されます。

In 1903, Birkeland's Arctic expedition found electric currents from the Aurora Borealis flowing parallel to the auroral formation.
1903年、バークランドの北極探検隊は、オーロラ層に平行に流れるオーロラ・ボレアリスからの電流を発見しました。

Because those electric currents must flow in a circuit, and the auroral glow appeared to result from events in space, he proposed that they flowed down from space at one end of the auroral arc and back out to space at the other.
これらの電流は回路を流れる必要があり、オーロラの輝きは宇宙での出来事から生じたように見えたので、彼は、それらがオーロラ・アークの一方の端の宇宙から流れ落ちて、もう一方の端の宇宙に戻ることを提案しました。

In 1973, when the magnetometer onboard the U.S. Navy satellite Triad found two gigantic electric current sheets carrying a million amperes or more, one descending from the aurora's morning side and the other ascending from the evening side, they were named "Birkeland currents," since it was his research that predicted them.
1973年に、アメリカ海軍の衛星トライアドに搭載された磁力計が、100万アンペア以上を運ぶ2つの巨大な電流シートを発見したとき、1つはオーロラの朝側から下降し、もう1つは夕方側から上昇しており、それらを予測したのは彼の研究であったため、「バークランド電流」と呼ばれていました。

Birkeland's polar electric currents are known today as "auroral electrojets" and are connected to electric currents that follow Earth's geomagnetic field into and away from the Arctic region.
ビルケランドの極電流は、現在「オーロラエレクトロジェット」として知られており、北極圏に出入りする地球の地磁気フィールドに従う電流に接続されています。

They have been called a "new" discovery by NASA scientists who continue to ignore Birkeland's work.
それらは、バークランドの研究を無視し続けているNASAの科学者によって「新しい」発見と呼ばれています。

The words "plasma" and "currents" are often used in NASA press releases, but they are usually paired with "impacts," "collisions," and "streams."
NASAのプレスリリースでは、「プラズマ」と「電流」という言葉がよく使われますが、通常は「影響(衝撃)」、「衝突」、「ストリーム」と対になっています。

Birkeland created an experiment to test his ideas at the University of Oslo.
ビルケランドはオスロ大学で自分のアイデアをテストする実験を作成しました。

He evacuated the air from a large chamber in which he placed a magnetized metal ball he called a "terrella."
彼は、「テレラ」と呼ばれる磁化された金属ボールを置いた大きな部屋から空気を排出しました。

The terrella was meant to represent Earth ("terrella" meaning "little Earth").
テレラは地球を表すためのものでした(「テレラ」は「小さな地球」を意味します)。

Birkeland charged up both the terrella and the vacuum chamber at different voltages and polarities, observing how they behaved.
バークランドは、テレラと真空チャンバーの両方を異なる電圧と極性で充電し、それらの挙動を観察しました。

Birkeland revealed that electric currents travel along filaments that are constrained by magnetic fields.
バークランドは、電流が磁場によって束縛されているフィラメントに沿って移動することを明らかにした。

His experiment confirmed that parallel linear currents experience a long-range attractive force that is orders of magnitude greater than gravity.
彼の実験は、平行線形電流が重力よりも桁違いに長い長距離引力を経験することを確認しました。

As plasma filaments get closer together, however, they do not coalesce, they rotate around each other in a helix.
しかし、プラズマフィラメントが互いに近づくと、それらは融合(結合)せず、らせん状に回転します。

A short-range magnetic repulsion occurs, preventing them from "shorting out."
短距離の磁気反発力が発生し、「短絡」を防ぎます。

Instead, they remain isolated from each other.
代わりに、それらは互いに分離されたままです。
The closer that electric filaments (Birkeland currents) get to one another, the faster they spin.
電気フィラメント(ビルケランド電流)が互いに近づくほど、スピンが速くなります。

The pairs of "transmission lines" become a twisted electrical tornado, or plasma vortex, that scales by several orders of magnitude.
「伝送線路」のペアは、ねじれた電気竜巻、つまりプラズマ・ボルテックス(渦)になり、数桁の大きさになります。

The twisted pairs that exist in space create a field-aligned current flow that follows the magnetic field, permitting electric power to travel vast distances.
宇宙空間に存在するツイストペアは、磁場に沿って磁場に沿って流れる電流を生成し、電力が長距離を移動できるようにします。

Hannes Olof Gösta Alfvén affirmed an interest in the acceleration of charged particles, especially those at cosmic ray energies, while at the Nobel Institute in Stockholm, Sweden.
ハンネス・オロフ・ゴスタ・アルフベンは、スウェーデンストックホルムにあるノーベル研究所で、荷電粒子の加速、特に宇宙線エネルギーでの加速に関心を示した。

His concepts of field-aligned electric fields, combined with the field-aligned currents described by Birkeland, are now seen as necessary for the acceleration of charged particles in the polar aurorae.
バークランドによって説明された沿磁力線電流と組み合わせた、沿磁力線電場の彼の概念は、極オーロラにおける荷電粒子の加速に必要であると現在見られています。

Alfvén's proposed idea of "exploding double layers" is one of the foundational principles relied upon by Electric Universe advocates because they generate cosmic rays at extreme energies.
アルフベンの提案する「二重層の爆発」というアイデアは、極度のエネルギーで宇宙線を生成するため、エレクトリックユニバースの支持者が信頼する基本原則の1つです。

Cosmic rays are ionized particles.
宇宙線は電離粒子です。

The majority of cosmic rays are single protons, but nuclei as heavy as uranium have been detected.
宇宙線の大部分は単一陽子ですが、ウランと同じくらい重い原子核が検出されています。

As consensus theories state, heavy particles are accelerated to relativistic velocities by unknown forces and then whipped out into the galaxy like a shotgun blast, scattering in every direction.
コンセンサス理論が述べるように、重い粒子は未知の力によって相対論的な速度に加速され、その後、散弾銃の爆風のように銀河に吹き出され、あらゆる方向に散乱します。

Hannes Alfvén described a double layer as, "...a plasma formation by which a plasma, in the physical meaning of this word, protects itself from the environment.
HannesAlfvénは二重層を次のように説明しています。「...プラズマは、この言葉の物理的な意味で、プラズマを環境から保護するものです。

It is analogous to a cell wall by which a plasma, in the biological meaning of this word, protects itself from the environment."
それは細胞壁に似ており、この言葉の生物学的意味において、血漿はそれを環境から保護します。」

Double layers might cutoff the current flow in a galactic circuit causing a catastrophic rise in voltage.
二重層は銀河回路の電流を遮断し、壊滅的な電圧上昇を引き起こす可能性があります。

The powerful energy release, or "exploding double layer" is what astronomers sometimes call a "supernova," or a "gamma ray burst."
強力なエネルギー放出、つまり「爆発するダブル・レイヤー(二重層)」は、天文学者が時々「超新星」または「ガンマ線バースト」と呼ぶものです。

Alfvén, said in 1986 (NASA CP 2469):
"Double layers in space should be classified as a new type of celestial object (one example is the double radio sources).
1986年にアルフベンは述べています(NASA CP 2469):
「宇宙のダブル・レイヤー(二重層)は、新しいタイプの天体オブジェクトとして分類する必要があります(1つの例は、二重電波源です)。

It is tentatively suggested that x-ray and gamma ray bursts may be due to exploding double layers.
X線ガンマ線のバーストは、ダブル・レイヤー(二重層)の爆発が原因である可能性があることが暫定的に示唆されています。

In solar flares, DLs with voltages of 10^9 Volts or even more may occur, and in galactic phenomena, we may have voltages that are several orders of magnitude larger."
太陽フレアでは、電圧が10 ^ 9ボルト以上のDL(ダブル・レイヤー)が発生する可能性があり、銀河現象では、数桁大きい電圧が発生する可能性があります。」

Plasma, not hot gas, is flowing through space.
高温ガスではなくプラズマが空間を流れています。

The physics of electric currents apply, not the physics of winds.
風の物理学ではなく、電流の物理学が適用されます。

Inside planetary nebulae are one or more plasma sheaths, or "double layers," that act like capacitors, alternately storing and releasing electrical energy.
惑星状星雲の内部には、キャパシタコンデンサー)のように機能する1つまたは複数のプラズマシース、つまり「ダブル・レイヤー(二重層)」があり、電気エネルギーを交互に蓄積および放出します。

The current flow alternately increases and decreases within the sheaths inside and outside the shell.
電流の流れは、シェルの内側と外側のシース内で交互に増減します。

Because plasma in laboratory experiments forms cellular structures separated by thin walls of opposite charge (double layers), it is probable that the same thing happens in nebulae.
実験室の実験でのプラズマは、反対の電荷(二重層)の薄い壁で分離された細胞構造を形成するため、同じことが星雲でも発生する可能性があります。

There are many more men and women of science who have contributed to understanding the "electrodynamic duo" of electricity and magnetism. In future articles, more insights into their contributions will be offered.
電気と磁気の「電気力学的デュオ」の理解に貢献した科学の男女はもっとたくさんいます。 将来の記事では、彼らの貢献に対するより多くの洞察が提供されます。

Stephen Smith
ティーブン・スミス