[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Saturn's Plasma Ring 土星のプラズマリング]

[Saturn's Plasma Ring 土星のプラズマリング]

picture of the day archive subject index

f:id:TakaakiFukatsu:20200622231447p:plain

Thousands of sorted bands in Saturn's rings.
土星のリングの何千ものソートされたバンド。

Mar 06, 2007
土星の周りの荷電粒子のトロイドは、惑星からの放電を示している可能性があります。

カッシーニ土星探査における異常な発見についての最近のプレスリリースでは、NASAの当局者は、ドーナツ型またはドーナツ型のリングで惑星を取り巻く「ホット・パーティクル」の発見を発表しました。
https://www.space.com/4264-mysterious-twist-saturn-electric-ring.html

彼らの発見の最も特異な側面は、それが対称的ではないということでした。

土星の環電流が対称的でないのは不思議だ」とジョンズホプキンス大学の天体物理学者で地球に放射された画像の調査を手伝ったドン・ミッチェルは言った。

太陽風がリングカレントの太陽側を押しつぶしていると思います、風になびく靴下(防風袋)のようなものです。」

同様の粒子のトーラスが地球を取り囲み、電子は東に移動し、陽イオンは西に移動します。
http://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2000eaa..bookE2344W/abstract

これらの荷電粒子は、実際にはプラズマであり、地球の周りの動きが電流を構成します。
http://ds9.ssl.berkeley.edu/LWS_GEMS/6/secef_8.htm

土星の周りのプラズマの「ドーナツ」は同じ効果です。
https://solarsystem.nasa.gov/missions/cassini/overview/?imageID=2176

プレスリリースによれば、磁場を持つ惑星は熱い粒子を閉じ込めて、巨大な帯電した雲を形成することができます。

しかしながら、しかし、これらのページで述べたように、電気的宇宙の観点からは、土星の月エンケラドスの暖かいリルと熱極は電気的に加熱され、蒸気は電気的に「機械加工」され、そこから流れる電流は土星のシース回路に戻ります。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2007/arch07/070822hotpoles.htm

水蒸気中の酸素と水素は、おそらく荷電粒子を土星のプラズマ圏に供給するものです。

NASAの科学者たちは、大気粒子と土星の磁気圏との相互作用によって生成される電流による「エンケラドス周辺の土星の磁場の曲がり」に気づきました。

「しかし、プラズマの挙動に関する彼らの盲点は、電流が(何もしない)と主張するように彼らを導きます。」

太陽側のトーラスの歪みは、土星と太陽の間に電気的(機械的ではない)効果が発生していることを示しています。

それを「風の靴下」と呼ぶことで、カッシーニのミッションのスペシャリストは、宇宙での電気、特に宇宙搭載プラズマを流れる電流についての無知を裏切っています。

電気理論家のドンスコットは次のようにコメントしています:
「はい、彼らは移動する電荷が電流を構成することを認めることを拒否します(空間には「風の靴下」はありません)。

しかし、「空の」空間にはかなりの密度の電子とイオンがあります。

磁場は、コールド・パーティクルよりも「ホット」パーティクルをトラップしません。

たとえば、棒磁石がたばこの煙を引き寄せるのを見たことがありますか?

磁場は電荷(電流)の流れにのみ影響を与えることができます。」

データアナリストによって「神秘的」と考えられている独特な特徴のもう1つは、惑星の回転と同期した帯電粒子の塊です。

土星は大きな高速回転子です。

塊は惑星に緩く引っ掛かっているように見えますが、それと一緒に回転します」とミッチェルは言いました。

「それは土星の環流と関係があるかもしれないが、私たちは知らない。

これは、私たちが理解するために一生懸命取り組んでいることです。」

ドンスコットはもう一度コメントします:
「彼らが幸運である事を祈っています。もし彼らが「風の靴下」の考え方を落として、磁場と電場が電荷の流れとどのように相互作用するかを認識し始めるなら、彼らはより良いチャンスに立つだろうと思います。

近くの電流が磁場を歪める可能性があります。

電荷の混雑は、惑星から発散する特定の半径ベクトルに沿った集中した電界が原因である可能性があります。」

土星は、地球の3倍の大きさの「大きな白い点」の姿を頻繁に発生します。

土星の標準モデルと重力のみの宇宙はそのような周期的な爆発を説明できません、しかし、大気の深部での激しい雷放電は、地球の上層大気のスプライトと非常によく似た垂直ジェットを引き起こす可能性があります。

電気効果と太陽系の電流へのその接続は、カッシーニと他の科学パッケージが土星とその周辺で発見した影響のほとんどを説明できます。

以前のサンダーボルツ「今日の写真」で報告したように:
「太陽サイクルのつながりは、土星の雷パターンの変化だけでなく、拡大した磁気圏と(現在)失われたスポークも説明しています。

1980/1981の太陽系の全体の電気的ストレスは、圧縮された土星の磁気圏を持ち、暗いスポークを作り出した。

(重力の規則ではなく、土星の磁場に同調して回転し、彼らはリングを横切って放電されていることを示唆しています。
そして、それぞれの別々のスポークは、サターンニアの「夜明け」が長期持続的な赤道に伴う経度に達したときに始まりました。)

太陽光の最小ストレスを軽減することができ、磁気圏がリラックスし、スポークが消えることができます、そして、より高い緯度に向かって「嵐」が移行します。

ティーブン・スミス著
―――――――――
Mar 06, 2007
A toroid of charged particles around Saturn could indicate electrical discharges from the planet.
土星の周りの荷電粒子のトロイドは、惑星からの放電を示している可能性があります。

In a recent press release about Cassini's unusual findings in its exploration of Saturn, NASA officials announced the discovery of "hot particles" surrounding the planet in a toroid, or doughnut-shaped, ring.
カッシーニ土星探査における異常な発見についての最近のプレスリリースでは、NASAの当局者は、ドーナツ型またはドーナツ型のリングで惑星を取り巻く「ホット・パーティクル」の発見を発表しました。
https://www.space.com/4264-mysterious-twist-saturn-electric-ring.html

The most peculiar aspect to their findings was that it is not symmetrical.
彼らの発見の最も特異な側面は、それが対称的ではないということでした。

"It's curious that Saturn's ring current isn't symmetric," said Don Mitchell, an astrophysicist at Johns Hopkins University who helped examine the images beamed back to Earth.
土星の環電流が対称的でないのは不思議だ」とジョンズホプキンス大学の天体物理学者で地球に放射された画像の調査を手伝ったドン・ミッチェルは言った。

"We think the solar wind is squishing the sunward side of the ring current, kind of like a wind sock."
太陽風がリングカレントの太陽側を押しつぶしていると思います、風になびく靴下(防風袋)のようなものです。」

A similar torus of particles surrounds Earth with electrons moving eastward and positive ions moving to the west.
同様の粒子のトーラスが地球を取り囲み、電子は東に移動し、陽イオンは西に移動します。
http://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2000eaa..bookE2344W/abstract

These charged particles are, in reality, plasma and the motion around the Earth constitutes an electric current.
これらの荷電粒子は、実際にはプラズマであり、地球の周りの動きが電流を構成します。
http://ds9.ssl.berkeley.edu/LWS_GEMS/6/secef_8.htm

The 'doughnut' of plasma around Saturn is the same effect.
土星の周りのプラズマの「ドーナツ」は同じ効果です。
https://solarsystem.nasa.gov/missions/cassini/overview/?imageID=2176

According to the press release, planets with magnetic fields can trap hot particles to form giant electrified clouds.
プレスリリースによれば、磁場を持つ惑星は熱い粒子を閉じ込めて、巨大な帯電した雲を形成することができます。

However, as we have noted in these pages, from an electric universe perspective, the warm rilles and hot poles of Saturn's moon Enceladus are electrically heated and vapor is being electrically "machined" from where the current flowing through it returns to Saturn's sheath circuit.
しかしながら、しかし、これらのページで述べたように、電気的宇宙の観点からは、土星の月エンケラドスの暖かいリルと熱極は電気的に加熱され、蒸気は電気的に「機械加工」され、そこから流れる電流は土星のシース回路に戻ります。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2007/arch07/070822hotpoles.htm

The oxygen and hydrogen in the water vapor are probably what feeds charged particles into Saturn's plasmasphere.
水蒸気中の酸素と水素は、おそらく荷電粒子を土星のプラズマ圏に供給するものです。

NASA scientists have noticed the "bending" of Saturn's magnetic field around Enceladus "due to electric currents generated by the interaction of atmospheric particles and the magnetosphere of Saturn.
NASAの科学者たちは、大気粒子と土星の磁気圏との相互作用によって生成される電流による「エンケラドス周辺の土星の磁場の曲がり」に気づきました。

" But their blind spot with regard to plasma behavior leads them to insist that the electric currents "don't do anything."
「しかし、プラズマの挙動に関する彼らの盲点は、電流が(何もしない)と主張するように彼らを導きます。」

The distortion of the torus on the sunward side indicates that an electrical (not mechanical) effect is occurring between Saturn and the sun.
太陽側のトーラスの歪みは、土星と太陽の間に電気的(機械的ではない)効果が発生していることを示しています。

By referring to it as a "wind sock", Cassini mission specialists are betraying their ignorance of electricity in space – especially the currents that flow through space-borne plasma.
それを「風の靴下」と呼ぶことで、カッシーニのミッションのスペシャリストは、宇宙での電気、特に宇宙搭載プラズマを流れる電流についての無知を裏切っています。

Electrical theorist Don Scott comments:
"Yes they refuse to acknowledge that moving electrical charges constitute an electric current (there are no 'wind socks' in space).
電気理論家のドンスコットは次のようにコメントしています:
「はい、彼らは移動する電荷が電流を構成することを認めることを拒否します(空間には「風の靴下」はありません)。

There is a significant density of electrons and ions in 'empty' space however.
しかし、「空の」空間にはかなりの密度の電子とイオンがあります。

Magnetic fields do not trap 'hot' particles any better than they do cold particles.
磁場は、コールド・パーティクルよりも「ホット」パーティクルをトラップしません。

When did you ever see a bar magnet attract cigarette smoke, for example?
たとえば、棒磁石がたばこの煙を引き寄せるのを見たことがありますか?

Magnetic fields can only affect streams of electric charges (currents)"
磁場は電荷(電流)の流れにのみ影響を与えることができます。」

Another of the distinctive features thought to be "mysterious" by the data analysts is a clump of electrified particles synchronized with the planet's rotation.
データアナリストによって「神秘的」と考えられている独特な特徴のもう1つは、惑星の回転と同期した帯電粒子の塊です。

"Saturn is a big fast rotator.
土星は大きな高速回転子です。

The clump seems loosely hooked to the planet, yet rotates with it," Mitchell said.
塊は惑星に緩く引っ掛かっているように見えますが、それと一緒に回転します」とミッチェルは言いました。

"It may be connected with Saturn's ring current, but we just don't know.
「それは土星の環流と関係があるかもしれないが、私たちは知らない。

This is something we're working very hard to figure out."
これは、私たちが理解するために一生懸命取り組んでいることです。」

Don Scott comments once more:
"I wish them luck. I do feel they would stand a better chance of it if they would drop the 'wind sock' mindset and begin to recognize how magnetic and electric fields interact with streams of charge.
ドンスコットはもう一度コメントします:
「彼らが幸運である事を祈っています。もし彼らが「風の靴下」の考え方を落として、磁場と電場が電荷の流れとどのように相互作用するかを認識し始めるなら、彼らはより良いチャンスに立つだろうと思います。

Nearby electric current can distort a magnetic field.
近くの電流が磁場を歪める可能性があります。

A congestion of electric charge may be due to a concentrated electric field along some particular radius vector emanating up from the planet."
電荷の混雑は、惑星から発散する特定の半径ベクトルに沿った集中した電界が原因である可能性があります。」

Every so often Saturn breaks out with a 'great white spot' three times larger than Earth.
土星は、地球の3倍の大きさの「大きな白い点」の姿を頻繁に発生します。

Standard models of Saturn and a gravity-only cosmos cannot explain such a periodic outburst, but an intense lightning discharge deep in the atmosphere could cause vertical jets very similar to the sprites in Earth's upper atmosphere.
土星の標準モデルと重力のみの宇宙はそのような周期的な爆発を説明できません、しかし、大気の深部での激しい雷放電は、地球の上層大気のスプライトと非常によく似た垂直ジェットを引き起こす可能性があります。

Electrical effects and its connection to the current flow in the solar system can explain most of the effects that Cassini and other science packages have discovered on and around Saturn.
電気効果と太陽系の電流へのその接続は、カッシーニと他の科学パッケージが土星とその周辺で発見した影響のほとんどを説明できます。

As we reported in a previous Thunderbolts Picture of the Day:
"The solar cycle connection explains not only the changes in lightning patterns on Saturn, but also the expanded magnetosphere and the (now) missing spokes.
以前のThunderbolts ザ・サンダーボルツ「今日の写真」で報告したように:
「太陽サイクルのつながりは、土星の雷パターンの変化だけでなく、拡大した磁気圏と(現在)失われたスポークも説明しています。

The higher electrical stress throughout the solar system in 1980/1981 would have compressed Saturn's magnetosphere and created the dark spokes.
1980/1981の太陽系の全体の電気的ストレスは、圧縮された土星の磁気圏を持ち、暗いスポークを作り出した。

(The spokes revolved to the tune of Saturn's magnetic field rather than to gravity's rules, suggesting they were electrical discharges across the rings.
(重力の規則ではなく、土星の磁場に同調して回転し、彼らはリングを横切って放電されていることを示唆しています。

And each separate spoke began when Saturnian "dawn" reached the longitude associated with the long-lasting equatorial storm.)
そして、それぞれの別々のスポークは、サターンニアの「夜明け」が長期持続的な赤道に伴う経度に達したときに始まりました。)

The lower stress of solar minimum allows the magnetosphere to relax, the spokes to fade, and the "storms" to migrate toward higher latitudes."
太陽光の最小ストレスを軽減することができ、磁気圏がリラックスし、スポークが消えることができます、そして、より高い緯度に向かって「嵐」が移行します。

By Stephen Smith
ティーブン・スミス著