[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

Squashed Star Flattens Solar Theory 押しつぶされた恒星は太陽理論を平らにする by Wal Thornhill

Squashed Star Flattens Solar Theory 押しつぶされた恒星は太陽理論を平らにする

by Wal Thornhill | June 24, 2003 9:36 pm

The following report appeared in New Scientist for 12 June 2003:
次のレポートは、2003 年 6 月 12 日の New Scientist に掲載されました:

[Flattest star puts astronomers in a spin][最も平らな恒星は天文学者を混乱させる]
Danny Penman
ダニー・ペンマン

The flattest star yet seen is forcing researchers to revise their ideas on the dynamics and structure of celestial bodies. 
これまでに見られた中で最も平らな恒星は、研究者らに天体の力学と構造に関する考えの修正を強いている。

The star, called Achernar, was observed by astronomers at the European Southern Observatory in Chile.
アケルナール(アチェルナール)と呼ばれるこの恒星は、チリのヨーロッパ南天天文台天文学者によって観察された。

According to standard celestial theories, the fast spinning star should be only 20 to 30 per cent wider across its equator than from pole to pole. 
標準的な天体の理論によれば、高速で回転するこの恒星の幅は、赤道全体の幅が極から極までの幅よりも 20 ~ 30 パーセントしかないはずです。

But Achernar, which spins at 225 km per second, has a colossal bulge around its equator and is 50 per cent wider.
しかし、秒速 225 km で自転するアケルナール(アチェルナール)には、赤道付近に巨大な膨らみがあり、その幅は 50% も広がっています。

133*


 Artist's impression of ACHERNAR (Alpha Eridani). 
アチェルナール(エリダニ・アルファ)のアーティストの印象。


Brilliant blue Achernar, the ninth brightest star in the sky, lies at the southern tip of the star-river Eridanus. 
鮮やかな青色のアケルナール(アチェルナール)は、全天で 9 番目に明るい恒星で、星の川エリダヌス座の南端にあります。


It has a belt of emitting gas circling its equator. 
赤道を周回するガスを放出する帯があります。

It is a member of a peculiar class of stars known as "Lambda Eridani" stars that show tiny but very regular periodic light variations.
それは、小さいながらも非常に規則的な周期的な光の変化を示す、「エリダニ座ラムダ恒星」として知られる奇妙な種類の恒星達の一員です。

All stars and planets that reach a critical spin velocity bulge slightly at the equator. 
臨界回転速度に達したすべての恒星と惑星は、赤道でわずかに膨らみます。

The Earth is 40 kilometres, or 0.3 per cent, wider from east to west than from north to south. 
地球は 40 キロメートル、つまり 0.3 パーセントあり、南北よりも東西の方が広いです。

Astronomers had been confident that their calculations of this oblateness were fairly accurate. 
天文学者たちは、この扁平率の計算が、かなり正確であると確信していました。

“But the new observation means that the model for fast rotating stars is not complete,” says astronomer Pierre Kervella, one of the team at the European Southern Observatory. 
「しかし、今回の新たな観測は、高速回転する恒星のモデルがまだ完成していないことを意味します」と、ヨーロッパ南天天文台のチームの一人である天文学者ピエール・ケルベラ氏は言う。

“We clearly do not know enough.” “Either the core is rotating faster than the surface or the star’s matter is circulating in an unexpected way. 
「私たちは明らかに十分な知識を持っていません。」  「核が表面より速く回転しているか、恒星の物質が予期せぬ方法で循環しているかのどちらかです。

We’re not sure which possibility is correct at the moment,” he told New Scientist.
現時点ではどの可能性が正しいのかわかりません」と彼はニュー・サイエンティスト誌に語った。

The discovery was made by astronomers using the Very Large Telescope Interferometer at ESO’s Paranal site in Chile. 
この発見は、チリにあるESOのパラナルサイトにある超大型望遠鏡干渉計を使用して天文学者によって行われました。

This uses two 40-centimetre reflecting telescopes to produce images which are then combined and passed through an interferometer. 
これは、2 つの 40 センチメートル反射望遠鏡を使用して画像を生成し、それらが結合されて干渉計を通過します。

This permits extremely accurate measurements
 – the instrument could spot a one euro coin at 2500 kilometres distance.
– この機器は 2500 キロメートル離れたところにある 1 ユーロ硬貨を見つけることができました、
これにより、非常に正確な測定が可能になります。

The astronomers now plan to gather even higher resolution images using a trio of 1.8 metre telescopes. 
天文学者らは現在、3台の1.8メートル望遠鏡を使用して、さらに高解像度の画像を収集することを計画しています。

“But our immediate task will be to re-design our computer models,” says Kervella. 
「しかし、私たちの当面の課題は、コンピューター・モデルを再設計することです」とカーベラ氏は言います。

The team hopes to use the models to distinguish between the two possible explanations for the star’s extraordinary flatness.
研究チームは、このモデルを使用して、この恒星の並外れた平坦性について考えられる 2 つの説明を区別したいと考えています。
 
Comment: 
コメント:

There is a third important alternative, notable for its absence from the discussion. 
3 番目の重要な代替案がありますが、議論に参加していないことが注目に値します。

Perhaps we don’t know how stars work! 
おそらく私たちは恒星の仕組みを知らないのでしょう!

The simplest way to explain stellar flattening due to swift rotation would be if the star were more homogeneous in density. 
素早い自転による恒星の平坦化を説明する最も簡単な方法は、恒星の密度がより均一であるかどうかということでしょう。

But that would require giving up the notion of a central thermonuclear fire.
しかしそれには中心部の熱核火災という概念を放棄する必要があるだろう。

Predictive success is a key indicator of the correctness of a theoretical model. 
予測の成功は、理論モデルの正しさを示す重要な指標です。

The above report demonstrates once more the predictive failure of present astrophysical models. 
上記の報告書は、現在の天体物理モデルの予測が失敗することをもう一度示しています。

The recommended scientific approach to such a dilemma is to question all of the assumptions that go into the failing model. 
このようなジレンマに対する推奨される科学的アプローチは、失敗したモデルに含まれるすべての仮定を疑うことです。

However, when it comes to the question of how stars work, embodied in the “standard solar model,” there is no question. 
しかし、「標準太陽モデル」に具体化された恒星達がどのように機能するかという問題に関しては、疑問の余地はありません。

Stars shine, so obviously something must be burning within the star.
恒星達は輝いているので、明らかに恒星の中で何かが燃えているはずです。

But electric lights shine without consuming themselves. 
しかし、電気の光は自身を消費することなく光ります。

In the above report, two ad hoc solutions are offered to complicate things. 
上記のレポートでは、状況を複雑にするために 2 つのアドホックなソリューションが提供されています。

But this is merely tinkering with a model that is already in deep trouble according to other fundamental observations. 
しかし、これは、他の基本的な観察によれば、すでに深刻な問題に陥っているモデルをいじっているだけです。

Unfortunately it seems scientists are encouraged by their training to indulge in “confirmatory bias.” 
残念ながら、科学者たちは訓練によって「確証バイアス」に陥るよう奨励されているようです。

That is, “the tendency for humans to seek out, attend to, and sometimes embellish experiences that support or ‘confirm’ their beliefs.”
それは、「人間が自分の信念を裏付ける、または『確証』する経験を探し求め、それに取り組み、時には美化する傾向」です。
 
“One study found that the vast majority of scientists drawn from a national sample showed a strong preference for “confirmatory” experiments. 
「ある研究では、全国サンプルから抽出された科学者の大多数が「確認」実験を強く好むことを示しました。

Over half of these scientists did not even recognize disconfirmation (modus tollens) as a valid reasoning form! 
In another study the logical reasoning skills of 30 scientists were compared to those of 15 relatively uneducated Protestant ministers. 
これらの科学者の半数以上は、否定(モーダス・トーレンス)が有効な推論形式であることさえ認識していませんでした! 
別の研究では、30人の科学者の論理的推論スキルが、比較的教育を受けていないプロテスタントの牧師15人の論理的推論スキルと比較されました。

Where there were performance differences, they tended to favor the ministers. 
そこでは、行動に差があり、それらは、牧師を擁護する傾向があった。

Confirmatory bias was prevalent in both groups, but the ministers used disconfirmatory logic almost twice as often as the scientists did.”
どちらのグループにも確証バイアスが蔓延していましたが、牧師たちは科学者よりも、ほぼ2倍の頻度で反証的な論理を使用していました。」

– Michael J. Mahoney, Publication Prejudices: An Experimental Study of Confirmatory Bias in the Peer Review System Cognitive Therapy and Research, Vol. 1, No. 2, 1977, pp. 161-175.
– マイケル・J・マホニー、出版上の偏見: ピアレビューシステムにおける確証バイアスの実験的研究、認知療法と研究、Vol.  1、No.2、1977年、161-175ページ。

 
Two fundamental observations about the Sun do not support the standard solar model but they have been minimised or ignored. 
太陽に関する 2 つの基本的な観測結果は標準的な太陽モデルをサポートしていませんが、それらは最小化されるか無視されてきました。

The first is the celebrated “neutrino problem” where the neutrinos arriving from the Sun are far too few to account for the Sun’s presumed thermonuclear energy output. 
1つ目は、太陽から到着するニュートリノが少なすぎて、太陽の推定熱核エネルギー出力を説明できないという有名な「ニュートリノ問題」です。

No scientist could contemplate trashing the standard solar model so the problem had to be with the neutrinos. 
標準的な太陽モデルを台無しにすることを考えている科学者はいないため、問題はニュートリノになければなりません。

After decades of expensive research it was shown by the “KamLAND” experiment [see below] that neutrinos can oscillate between different forms, known whimsically as ‘flavors.’ 
数十年に及ぶ費用のかかる研究の後、「カムランド」実験 [下記参照] によって、ニュートリノは気まぐれに「フレーバー」として知られる異なる形態間を振動できることが示されました。

Following the habit of confirmatory bias, this notion was seized upon as “proof” that the standard solar model was correct. 
確証バイアスの習慣に従って、この概念は標準的な太陽モデルが正しいという「証拠」として捉えられました。

A report in Physics Today, March 2003, put it this way: 
“After 36 years of solar neutrino experiments, the inescapable conclusion is that a large fraction of the electron neutrinos produced by nuclear processes in the Sun’s core are metamorphosing into other neutrino varieties somewhere en route to the detectors on Earth.” 
「今日の物理学」誌 2003 年 3 月号のレポートは次のように述べています:
「36年間にわたる太陽ニュートリノ実験を経て、太陽の核の核プロセスによって生成される電子ニュートリノの大部分が、地球上の検出器に到達する途中のどこかで他のニュートリノの種類に変態しているという避けられない結論が得られた。」

The report came to the conclusion that neutrinos were not undergoing any significant change of flavor in the vacuum of space between the Sun and Earth. 
この報告書は、太陽と地球の間の真空の宇宙空間ではニュートリノの性質に大きな変化は生じていないという結論に達した。

Instead they were performing “an irreversible flavor change that takes place in high-density regions of the Sun.” 
代わりに、それらは「太陽の高密度領域で起こる不可逆的な風味の変化」を実行していました。

So not only does the Sun need a hypothetical hot, high-density core to have any hope of generating thermonuclear energy, it now needs a hypothetical “critical-electron-density region” as well, to fudge the neutrino results. 
したがって、太陽は、熱核エネルギーを生成する希望を得るために、仮想の高温、高密度の核を必要とするだけでなく、ニュートリノの結果をごまかすために、仮想の「臨界電子密度領域」も必要としています。

No doubt this will give rise to a flurry of theoretical activity using neutrinos to probe the imagined interior of the Sun.
これにより、想像上の太陽の内部を調査するためにニュートリノを使用する一連の理論的活動が引き起こされることは疑いありません。

A widely viewed site[1] on the Internet reported the KamLAND experiment in triumphal terms:
インターネット上で広く閲覧されているサイト [1] は、カムランド実験を勝利の言葉で報告しました:

134*


 A large sphere beneath Japan has helped verify humanity's understanding of the inner workings of the Sun. 
日本の地下にある大きな球体は、太陽の内部の仕組みについての人類の理解を証明するのに役立ちました。

..leading astrophysicists now consider the long standing solar neutrino deficit problem as finally solved.
..主要な天体物理学者は現在、長年の太陽ニュートリノ欠乏問題がついに解決されたと考えています。

But neutrino metamorphosis is not an “inescapable conclusion.” 
しかし、ニュートリノ変態は「避けられない結論」ではありません。

It is confirmatory bias with bells on! 
ベルが鳴っているのは確証バイアスです!

Conflicting evidence about the source region of the neutrinos is being ignored. 
ニュートリノの発生源領域に関する矛盾する証拠は無視されています。

There have been several reports of a correlation between the neutrino count, the sunspot number and solar wind strength. 
ニュートリノ数、黒点数、太陽風の強さの間の相関関係については、いくつかの報告がなされています。

These are solar surface effects that should have no connection with what is going on in the Sun’s core, where the hidden energy of the nuclear furnace is supposed to take hundreds of thousands of years to “leak out” to the surface.
これらは太陽の表面効果であり、核炉の隠されたエネルギーが表面に「漏れ出す」には数十万年かかると考えられているので、太陽の中心部で起こっていることとは何の関係もないはずです。

The electric star model suggests a simpler explanation of solar neutrino observations. 
電気的恒星モデルは、太陽ニュートリノ観測のより簡単な説明を示唆しています。

The Sun produces all of the neutrino flavors on the surface in more complex nuclear reactions than mere heat and pressure allows. 
太陽は、単なる熱と圧力が許す以上に複雑な核反応によって、地表にあらゆるニュートリノ・フレーバーを生成します。

The nuclear reactions are ignited by the plasma pinch effect in the gigantic electrical discharges that cover the star and produce starlight. 
核反応は、この恒星を覆い恒星の光を生み出す巨大な放電におけるプラズマピンチ効果によって(表面で)点火されます。

Ironically, it is the same phenomenon as that employed in some laboratories attempting to mimic the Sun’s energy production! 
皮肉なことに、これは、太陽のエネルギー生成を模倣しようとする一部の研究室で採用されている現象と同じです!

In this model, the connection between neutrino count, sunspot number and solar wind is expected, because the driver for them all is the same – galactic electrical power.
このモデルでは、ニュートリノ数、黒点数、太陽風の間の関連性が期待されます、なぜなら、これらの要因はすべて同じ
– 銀河電力であるからです。

 
The second serious challenge to the standard solar model comes from solar oscillations. 
標準的な太陽モデルに対する 2 番目の深刻な課題は、太陽振動から生じます。

In the 1970’s, the Sun was unexpectedly found to ring like a bell. 
1970年代、太陽が鐘のように鳴っていることが思いがけず発見されました。  

In 1976 Severny, Kotov & Tsap discovered a dominant 160-minute ringing mode of the Sun. 
1976 年、セヴェルニー、コトフ、ツァップは、太陽の支配的な 160 分間の鳴動モードを発見しました。

They wrote, “The simplest interpretation is that we observed purely radial pulsations. 
彼らは次のように書いています、「最も単純な解釈は、我々が純粋に放射状の脈動を観察したということです。

The most striking fact is that the observed period is almost precisely
… the value if the Sun were to be an homogeneous sphere
最も驚くべき事実は、観測された周期が…太陽が均質な球体である場合の値にほぼ正確であることです。

… We have investigated two possible solutions to this dilemma. 
…私たちはこのジレンマに対する 2 つの解決策を検討しました。

The first alternative is that nuclear
… reactions are not responsible for energy generation in the Sun. 
最初の選択肢は、核
…反応は太陽のエネルギー生成に関与しません。

Such a conclusion, although rather extravagant, is quite consistent with the observed absence of appreciable neutrino flux from the Sun, and with the observed abundance of Li and Be in the solar atmosphere.”
このような結論は、かなり贅沢ではあるが、太陽からの顕著なニュートリノ束が観察されていないこと、および太陽大気中に観察された豊富なLiとBeの存在と完全に一致しています。」

The second alternative involved force fitting the data to the standard solar model by assuming that the oscillations were not simply radial but of a more complicated form. 
2 番目の代替案では、振動が単純に放射状ではなく、より複雑な形式であると仮定して、データを標準的な太陽モデルに強制フィッティングする必要がありました。

However, the implications were so disturbing for theorists that the work was repeated in various locations and all sources of error considered. 
しかしながら、その影響は理論家にとって非常に憂慮すべきものであったため、研究はさまざまな場所で繰り返され、あらゆる誤りの原因が考慮されました。

The result in 1981 was that the original oscillation was found to be the highest peak in the power spectrum, and “one may conclude that 160-min oscillation shows mostly radial motion.” 
1981 年の結果では、元の振動がパワー スペクトルの最高ピークであることが判明し、「160 分の振動は主に半径方向の動きを示していると結論付けることができる」ということでした。

In reporting the status of solar oscillation observations in 1991 in “Solar Interior and Atmosphere”, F. Hill et al mention the 160-minute oscillation without any reference to the implied homogeneous Sun. 
F. Hill らは、1991 年の「太陽内部と大気」の中で太陽振動観測の状況を報告する際、暗黙の均質な太陽については一切言及せずに 160 分間の振動について言及しました。

Rather, they spend half a page casting suspicion on the extensive observations and attempting to minimize its significance. 
むしろ、彼らは半ページを費やして広範な観察に疑惑を投げかけ、その重要性を最小限に抑えようとしています。

The reason is only thinly veiled; 
“Additional doubt comes from the difficulty of theoretically describing the nature of the oscillation. …”. 
その理由は薄くベールに包まれているだけです;
 「振動の性質を理論的に説明することが難しいことから、さらに疑問が生じます。  …」。

The authors were merely behaving with the usual confirmatory bias.
著者たちは、いつもの確証バイアスを持って行動しているだけでした。

The question of what is ringing the stellar bell has not been satisfactorily answered. 
何が恒星の鐘を鳴らしているのかという疑問にはまだ十分に答えられていません。

It should be noted that the size of an electric star is determined by the degree of electric stress it suffers. 
電気的恒星の大きさは、電気的恒星が受ける電気ストレスの程度によって決まることに注意してください。

And since the electric Sun forms part of a galactic circuit, it will exhibit resonant effects. 
そして、電気的太陽は銀河回路の一部を形成しているため、共鳴効果を示すことになります。

The Sun is an electric bell as well as an electric light! 
太陽は電灯であると同時に電動ベルでもあるのです!

It seems particularly significant that the 160-minute oscillation also appears with high statistical significance in the solar intensity, infra-red, radio and radio polarization (connected with the solar magnetic field). 
160 分間の振動が、太陽強度、赤外線、電波、および電波偏波 (太陽磁場に関連する) においても高い統計的有意性をもって現れることは、特に重要であると思われます。

All of these effects are to be expected in an electric star model because they are driven by the same resonant electrical power circuit.
これらの効果はすべて、同じ共振電力回路によって駆動されるため、電気的恒星モデルでは予期されます。

 
Kotov went on to publish a paper in 1985 that detailed a number of other significant astrophysical manifestations of this basic 160-minute resonance in the solar system, binary stars and RR-Lyrae variable stars in globular clusters. 
コトフは 1985 年に、太陽系、連星、球状星団内の RR-Lyrae 変光恒星におけるこの基本的な 160 分間の共鳴の他の多くの重要な天体物理学的現象を詳述する論文を発表しました。

He concluded, “beyond doubt, ..the nature of the 160-min oscillation, firstly found in the Sun and then in the solar system as a whole and then among the stars, does present a new challenging problem for astrophysics. 
彼はこう結論づけた、
「疑いの余地なく、...最初は太陽で、次に太陽系全体で、そして恒星間で発見された 160 分間の振動の性質は、天体物理学にとって新たな困難な問題を引き起こしています。

..the next thing to suggest is that a fundamental aspect of the physics of gravitation is not yet understood(?).” 
..次に示唆すべきことは、重力物理学の基本的な側面がまだ理解されていないということです(?)。」

I suggest that the problem has nothing to do with gravity. 
この問題は重力とは何の関係もないと思います。

Instead, problems arise because incorrect gravitational models are used in astrophysics. 
むしろ、天体物理学では誤った重力モデルが使用されているため、問題が発生します。

The correct electrical models are much simpler and can be verified by direct observations instead of inferences about the hidden interiors of stars.
正しい電気的モデルははるかに単純で、恒星の隠された内部についての推論ではなく直接観察によって検証できます。

As outlined in an earlier news item[2], an electric star is expected to be much the same density throughout. 
So the peculiar flattening of fast-spinning Achernar is easily understood. 
以前のニュース項目[2]で概説したように、電気的恒星は全体を通してほぼ同じ密度であると予想されます。 
したがって、高速回転するアケルナールの独特の平坦化は簡単に理解できます。

In the not-too-distant future we will look back on attempts to explain the Sun in terms of a central fire with the same dismissive humor that we use for earlier notions of the Sun as some sort of fire in the sky, steadily consuming itself. 
そう遠くない将来、私たちは太陽を中心の火という観点から説明する試みを、私たちは、太陽について、空にある一種の火のようなものとして、それ自体を着実に消費していくという初期の概念を使用している、と言って、同じ軽蔑的なユーモアで振り返ることになるでしょう。

What appears at first glance a perfectly natural and simple explanation fails to explain almost all of the strange solar phenomena we see. 
一見すると完全に自然で単純な説明のように見えますが、私たちが目にする奇妙な太陽現象のほとんどすべてを説明することができません。

Our old fiery model of the Sun, and consequently of all stars, has become a complicated theoretical nightmare.
私たちの太陽、ひいてはすべての恒星達の古いモデルは、理論的には複雑な悪夢になりました。

 
It seems that the leap from an old worldview to a new one is difficult for the human mind. 
古い世界観から新しい世界観へ飛躍することは人間の心にとって難しいようです。

But once achieved we can teach young children ideas that defeated the greatest minds for centuries. 
しかし、一度それを達成すれば、何世紀にもわたって偉大な知性を打ち負かしてきたアイデアを幼い子供たちに教えることができます。

Our grandchildren will view it as perfectly obvious that Nature should provide us with an electric light, the Sun, powered over galactic distances by a vast network of invisible transmission lines, humming at an ultra-low frequency. 
私たちの孫たちは、自然が私たちに電気の光、太陽を提供し、目に見えない送電線の広大なネットワークによって超低周波でうなり声をあげながら銀河の距離を超えて電力を供給することを完全に明白なこととして考えるでしょう。

Plasma physicists already know those transmission lines as Birkeland currents.
プラズマ物理学者は、これらの伝送線がバークランド電流であることをすでに知っています。

Wal Thornhill
ウォル・ソーンヒル

Endnotes:
1.    A widely viewed site: http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap030623.html
2.    earlier news item: http://www.holoscience.com/news.php?article=rbkq9dj2
Source URL: https://www.holoscience.com/wp/squashed-star-flattens-solar-theory/
 
Copyright ©2023 holoscience.com | The ELECTRIC UNIVERSE® unless otherwise noted.