[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [The Activities of NGC 1097 NGC1097の活動]

[The Activities of NGC 1097
NGC1097の活動]
f:id:TakaakiFukatsu:20210726063914p:plain
――――――――
Oct 28, 2005
活動銀河の最も内側の領域のビューは、強固な科学的視覚の慣習性を暴露します。

ヨーロッパ南天天文台からのこの画像は、棒渦巻銀河NGC1097の内側の5500光年の領域を示しています。

プレスリリースによると、中央の「超大質量ブラックホール」を取り巻く「塵とガスの輪」と、ブラックホールに向かって渦巻く「フィラメント状の構造」を示しています。

プレスリリースは、中央にあるこの活動銀河核(AGN)が他のほとんどの活動銀河よりも暗いことを示しており、「少量のガスと恒星達だけ」がブラックホールに落ちていることを示しています。

最新世代の望遠鏡は、これまでにない小さな視野でこれまで以上に詳細を見ることができます。

しかし、壊滅的な副作用は、これらの詳細をより大規模な現象と結び付ける視力の喪失です。

たとえば、AGNは、ブラックホールに落ちる「ガスと恒星達」によって定義されていません:
標準的な理論では、ほとんどすべての銀河が―
AGNかどうかに関わらず―
ガスと恒星達がブラックホールに落ちています。

AGNは、アクティブであるため、特徴的です:
恒星形成領域と見なされるイオン化水素の結び目(この「リング」の輝点など)があります。

そして、それは通常それから出現するジェットを持っています。

この銀河は「ドッグレッグ」ジェットで有名です―
一本の直角で終わる細いフィラメントは弧に変わります。

別のかすかなジェットが核芯から反対方向に伸びています。

さらに別のジェットとカウンタージェットは、ドッグレッグから20度程度の回転角で核芯を通って伸びます。

このドッグレッグはユニークではありません。

NGC 4651には、ジェットの端に「接線弧」があります。
https://search.cam.ac.uk/web?query=NGC+4651&x=17&y=8&inst=IOA&tag=publiceng

いくつかのX線クラスター達には同様の特徴があります。

多くの場合、これらは「重力レンズ」と呼ばれます。

しかし、放出する恒星達は同じ特徴を示します。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/05/15/114930

これは、ラボのプラズマ放電で頻繁に見られる特徴です。

NGC 1097のX線およびラジオ波(=電波)画像は、ジェットに沿った放射ローブを示しています。

特に北では、ローブは明るい光源のストリングに分解されます。

これらの多くはクエーサー銀河団として識別されており、オブジェクトは(標準的な理論では)この銀河のはるか彼方に在ると考えられています。

銀河周辺のすべてのクエーサークラスターの位置のプロットは、それらの数が銀河に向かって増加し、それらもジェットと整列していることを示しています。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/05/15/084719

(ハルトン・アープによる「Seeing Red(赤を見る)」の43〜47ページを参照してください。)

銀河と関係のない遠方の天体にとって、これは奇妙な振る舞いです。

しかし、現代の望遠鏡の狭い視野の外を見ることは、現代の理論の説明の狭い視野の外を見ることです。

AGNの周りの物質の輪がガスや塵(チリ)ではなくプラズマで構成されているとしたらどうでしょうか?

フィラメント状の構造がガスや恒星がブラックホールに落ちるのではなく、プラズマフォーカスを駆動するバークランド電流である場合はどうなりますか?
https://www.holoscience.com/wp/black-holes-tear-logic-apart/

クエーサー銀河団がAGNから放出された場合はどうなりますか?

プラズマの性質は、地球上の実験室で調べることができます。

ブラックホールの性質は、延び縮みする数学から予想される事でのみ推測することができます。

活動銀河核は、その経験的ルーツとの接触を失った科学の骨化したイデアリズム(理想主義、観念論)とは対照的です。

――――――――
Oct 28, 2005
A view of the innermost region of an active galaxy reveals a rigid conventionality of scientific vision. 活動銀河の最も内側の領域のビューは、強固な科学的視覚の慣習性を暴露します。

This image from the European Southern Observatory shows the inner 5500-light-year region of the barred spiral galaxy NGC 1097.
ヨーロッパ南天天文台からのこの画像は、棒渦巻銀河NGC1097の内側の5500光年の領域を示しています。

According to the press release, it shows a “ring of dust and gas” surrounding a “super-massive black hole” at the center and a “filamentary structure spiralling down” into the black hole.
プレスリリースによると、中央の「超大質量ブラックホール」を取り巻く「塵とガスの輪」と、ブラックホールに向かって渦巻く「フィラメント状の構造」を示しています。

The press release notes that this Active Galactic Nucleus (AGN) at the center is fainter than most, indicating that “only a small amount of gas and stars” are falling into the black hole.
プレスリリースは、中央にあるこの活動銀河核(AGN)が他のほとんどの活動銀河よりも暗いことを示しており、「少量のガスと恒星達だけ」がブラックホールに落ちていることを示しています。

The latest generations of telescopes can see ever more details in ever smaller fields of view.
最新世代の望遠鏡は、これまでにない小さな視野でこれまで以上に詳細を見ることができます。

A crippling side effect, however, is the loss of vision that connects these details with larger-scale phenomena.
しかし、壊滅的な副作用は、これらの詳細をより大規模な現象と結び付ける視力の喪失です。

An AGN, for instance, is not defined by “gas and stars” falling into a black hole:
In standard theory, almost every galaxy—AGN or not—
has gas and stars falling into a black hole.
たとえば、AGNは、ブラックホールに落ちる「ガスと恒星達」によって定義されていません:
標準的な理論では、ほとんどすべての銀河が―
AGNかどうかに関わらず―
ガスと恒星達がブラックホールに落ちています。

An AGN is distinctive because it is active: It has knots of ionized hydrogen (such as the bright spots in this “ring”) that are considered to be star-forming regions.
AGNは、アクティブであるため、特徴的です:
恒星形成領域と見なされるイオン化水素の結び目(この「リング」の輝点など)があります。

And it usually has a jet emerging from it.
そして、それは通常それから出現するジェットを持っています。

This galaxy is famous for its “dogleg” jet—
a narrow filament that ends with a right-angle turn into an arc.
この銀河は「ドッグレッグ」ジェットで有名です―
一本の直角で終わる細いフィラメントは弧に変わります。

Another fainter jet extends from the nucleus in the opposite direction.
別のかすかなジェットが核芯から反対方向に伸びています。

Still another jet and counter-jet extend through the nucleus with a 20-degree-or-so angle of rotation from the dogleg.
さらに別のジェットとカウンタージェットは、ドッグレッグから20度程度の回転角で核芯を通って伸びます。

The dogleg is not unique.
このドッグレッグはユニークではありません。

NGC 4651 has a “tangential arc” at the end of a jet.
NGC 4651には、ジェットの端に「接線弧」があります。
https://search.cam.ac.uk/web?query=NGC+4651&x=17&y=8&inst=IOA&tag=publiceng

Several x-ray clusters have similar features.
いくつかのX線クラスター達には同様の特徴があります。

Often these are called “gravitational lensing”.
多くの場合、これらは「重力レンズ」と呼ばれます。

But ejecting stars show the same feature.
しかし、放出する恒星達は同じ特徴を示します。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/05/15/114930

It is a feature seen frequently in lab plasma discharges.
これは、ラボのプラズマ放電で頻繁に見られる特徴です。

X-ray and radio images of NGC 1097 show lobes of emission in line with the jets.
NGC 1097のX線およびラジオ波(=電波)画像は、ジェットに沿った放射ローブを示しています。

Especially to the north, the lobes resolve into strings of bright sources.
特に北では、ローブは明るい光源のストリングに分解されます。

Many of these have been identified as quasars and galaxy clusters, objects considered (by standard theory) to be far beyond the galaxy.
これらの多くはクエーサー銀河団として識別されており、オブジェクトは(標準的な理論では)この銀河のはるか彼方に在ると考えられています。

A plot of all quasar and cluster locations in the area around the galaxy shows that their numbers increase toward the galaxy and that they, too, are aligned with the jets.
銀河周辺のすべてのクエーサークラスターの位置のプロットは、それらの数が銀河に向かって増加し、それらもジェットと整列していることを示しています。
https://takaakifukatsu.hatenablog.jp/entry/2021/05/15/084719

(See pp. 43-47 in Seeing Red by Halton Arp.)
(ハルトン・アープによる「Seeing Red(赤を見る)」の43〜47ページを参照してください。)

For distant objects that have no connection to the galaxy, this is strange behavior.
銀河と関係のない遠方の天体にとって、これは奇妙な振る舞いです。

But to look outside the narrow field of view of modern telescopes is to look outside the narrow field of explanation of modern theories.
しかし、現代の望遠鏡の狭い視野の外を見ることは、現代の理論の説明の狭い視野の外を見ることです。

What if the rings of material around AGNs are composed not of gas and dust but of plasma?
AGNの周りの物質の輪がガスや塵(チリ)ではなくプラズマで構成されているとしたらどうでしょうか?

What if the filamentary structure is not gas and stars falling into a black hole but Birkeland currents driving a plasma focus?
フィラメント状の構造がガスや恒星がブラックホールに落ちるのではなく、プラズマフォーカスを駆動するバークランド電流である場合はどうなりますか?
https://www.holoscience.com/wp/black-holes-tear-logic-apart/

What if quasars and galaxy clusters are ejected from AGNs?
クエーサー銀河団がAGNから放出された場合はどうなりますか?

The properties of plasma can be investigated in laboratories on Earth.
プラズマの性質は、地球上の実験室で調べることができます。

The properties of black holes can only be deduced from the malleable mathematics of conjecture.
ブラックホールの性質は、延び縮みする数学から予想される事でのみ推測することができます。

Active Galactic Nuclei stand in contrast to the ossified idealism of a science that has lost touch with its empirical roots.
活動銀河核は、その経験的ルーツとの接触を失った科学の骨化したイデアリズム(理想主義、観念論)とは対照的です。