[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Not If, But When: Cosmology in Crisis & The Coming Paradigm Shift, Part 2 by Dr. Ghada Chehade もし、今じゃないなら、じゃあ、何時になるの?: 危機の宇宙論 &今後のパラダイムシフト、パート2 byガダ・チェハデ博士]

Not If, But When: Cosmology in Crisis & The Coming Paradigm Shift, Part 2
もし、今じゃないなら、じゃあ、何時になるの?:危機の宇宙論と来るべきパラダイムシフト、パート2


Scott Douglass April 10, 2021 - 00:01Thunderblogs
*1
f:id:TakaakiFukatsu:20210411181437p:plain
[Not If, But When: Cosmology in Crisis
& The Coming Paradigm Shift, Part 2
by Dr. Ghada Chehade
もし、今じゃないなら、じゃあ、何時になるの?:
危機の宇宙論
&今後のパラダイムシフト、パート2
byガダ・チェハデ博士]

In the previous article, I discussed cosmology’s impact on the broader culture and briefly introduced Thomas Kuhn’s concept of paradigm shift (or scientific revolution.)
前回の記事では、宇宙論がより広い文化に与える影響について話し合い、トーマス・クーンのパラダイムシフト(または科学革命)の概念を簡単に紹介しました。

In this article, I explore his notion of paradigm shift in greater detail and look at how it applies to the present state of cosmology.
この記事では、彼のパラダイムシフトの概念をより詳細に調査し、それが宇宙論の現在の状態にどのように適用されるかを見ていきます。

In his book, The Structure of Scientific Revolutions, Thomas Kuhn defined a paradigm shift as a type of scientific revolution.
彼の本「科学革命の構造」では、トーマス・クーンは、パラダイムシフトを一種の科学革命と定義しました。

For Kuhn, science does not change gradually but is forced to change when a dominant model/theory in a given field is so broken that it cannot be fixed and a new model eventually supplants it.
クーンにとって、科学は徐々に変化することはありませんが、特定の分野の支配的なモデル/理論が壊れて修正できず、最終的に新しいモデルがそれに取って代わると、科学は変化を余儀なくされます。

For Kuhn, a paradigm shift is not a singular thing but a process or a cycle with distinct stages.
クーンにとって、パラダイムシフトは単一のものではなく、異なる段階を持つプロセスまたはサイクルです。

The stages1 are listed below, with my comments about how each pertains to cosmology in red bracketed font:
0.
Pre-science – This is a pre-stage, where the field/discipline has no workable paradigm to successfully guide its work.
ステージ1は以下にリストされており、それぞれが赤い括弧で囲まれたフォントで宇宙論にどのように関係しているかについての私のコメントがあります:
プレサイエンス
–これは前段階であり、フィールド/分野には、その作業を適切に導くための実行可能なパラダイムがありません。
1.
Normal Science
– The normal step, where the field has a scientifically based model of understanding that works
—(For Cosmology, for the past 100 or so years this model has been the Big Bang model, and its related features and concepts;
though whether it works is debatable.)
通常の科学
–通常のステップでは、フィールドに科学に基づいた理解モデルがあり、それが機能します
—(宇宙論の場合、過去100年ほどの間、このモデルはビッグバンモデルであり、それに関連する機能と概念です;
それが機能するかどうかは議論の余地がありますが。)

2.
Model Drift
– The model of understanding starts to drift, due to accumulation of anomalies and phenomenon the model cannot explain
—(To date concepts like dark matter, dark energy, and black holes are not fully understood, proven or explainable, even by scientists that coined them.) —
モデルドリフト
–このモデルが説明できない異常や現象の蓄積により、理解のモデルがドリフトし始めます
(これまで、暗黒物質、暗黒エネルギー、ブラックホールなどの概念は、それらを作り出した科学者によってさえ、完全には理解されておらず、証明されておらず、説明もできません。)

3.
Model Crisis
– The Model Drift becomes so excessive that the model is broken. It can no longer serve as a reliable guide to problem-solving. Attempts to patch the model up to make it work fail. The field is in anguish
—(I argue below that we are presently at this stage in the cycle. Even mainstream scientists are beginning to lament that the existing cosmological model is fraught with anomalies and contradictions and may be in trouble. I give examples below.)
モデルの危機
–モデルのドリフトが過剰になり、モデルが壊れます。 それはもはや問題解決への信頼できるガイドとして役立つことができません。 モデルを修正して動作させるように試みますが失敗します。 フィールドは苦しんでいます
—(私たちは現在、サイクルのこの段階にあると主張します。主流の科学者達でさえ、既存の宇宙モデルが異常と矛盾に満ちており、問題を抱えている可能性があることを嘆き始めています。以下に例を示します。)

4.
Model Revolution
– This begins when serious candidates for a new model emerge. It’s a revolution because the new model is so radically different from the old one
—(Some might argue that this stage has also already begun and that the new model is the Electric Universe Theory, a point I revisit briefly in article three of this series, and then in greater detail in the next series.)
モデル革命
–これは、新しいモデルの真剣な候補が出現したときに始まります。 新しいモデルは古いモデルとは根本的に異なるため、これは革命です
—(この段階もすでに始まっており、新しいモデルは電気宇宙理論であると主張する人もいるかもしれません。この点については、このシリーズの第3条で簡単に再検討し、次のシリーズでさらに詳しく説明します。)

5.
Paradigm Change
– A single new paradigm emerges and the field changes from the old to the new paradigm. When this step ends the new paradigm becomes the new Normal Science and the Kuhn Cycle is complete
—(With respect to current cosmology, this stage has yet to happen.)
パラダイムシフト
–単一の新しいパラダイムが出現し、フィールドが古いパラダイムから新しいパラダイムに変わります。 このステップが終了すると、新しいパラダイムが新しい通常の科学になり、Kuhn(クーン)・サイクルサイクルが完了します
—(現在の宇宙論に関しては、この段階はまだ起こっていません。)

Overall, the Kuhn cycle looks like this:
全体として、Kuhn(クーン)・サイクルは次のようになります:

pre-science
– normal science
– crisis
– revolution
– new normal science
– new crisis
—new revolution. 2
プレサイエンス
–通常の科学
–危機
- 革命
–新しい通常の科学
–新たな危機
—新しい革命。2

The Present Reality: A Cosmology In Crisis
現在の現実:危機に瀕した宇宙論
*2
f:id:TakaakiFukatsu:20210411181520p:plain
While Kuhn’s work redefined/revolutionized how we think about science and the nature of scientific change, it was also met with some criticism, both in his lifetime and till the present day.
クーンの作品は、科学と科学的変化の性質についての私たちの考え方を再定義/革命させましたが、それはまた、彼の生涯と現在までの両方で、いくつかの批判に直面しました。

However, looking at the present state of cosmology (and astrophysics), one can argue that Kuhn is being vindicated from beyond the grave.
しかしながら、宇宙論(および天体物理学)の現状を見てみると、クーンは墓の向こうから立証されていると主張することができます。


Kuhn’s supposition that science is forced to change and that a crisis or breakdown in the dominant model within a particular field makes way for the change
—and by extension a new model
—is presently playing out in our lifetime.
科学は変化を余儀なくされ、特定の分野における支配的なモデルの危機または崩壊が変化に道を譲るというクーンの仮定
—そしてひいては新しいモデルは
—現在、私たちのライフタイム(生涯の時間の中)で活躍しています。

While the change or paradigm shift has yet to fully happen, with respect to cosmology, it is becoming apparent that we are in the midst of the Kuhn cycle and are presently in the Model Crisis stage.
宇宙論に関しては、変化やパラダイムシフトはまだ完全には起こっていませんが、私たちがKuhn(クーン)・サイクルの真っ只中にあり、現在モデル危機の段階にあることが明らかになりつつあります。

If you follow cosmology and astrophysics, you may have noticed that the biggest topic and debate in cosmology at present seems to be cosmology itself.
宇宙論と天体物理学を追うと、現在の宇宙論の最大の話題と議論は宇宙論そのもののように思われることに気づいたかもしれません。

Over the last few years, there is a growing sense that something’s not quite right, with article after article pointing to a crisis in cosmology.
過去数年間で、宇宙論の危機を指摘する記事が次々と出てきて、何かが正しくないという感覚が高まっています。

Popular mainstream science magazines and websites are full of headlines suggesting that there is something unexpected or strange or mysterious going on in Big Bang cosmology and that cosmology is in a state of crisis.
人気のある主流の科学雑誌やウェブサイトは、ビッグバン宇宙論で予期しない、奇妙な、または神秘的なことが起こっていること、そして宇宙論が危機に瀕していることを示唆する見出しでいっぱいです。

I list some of these headlines below.
これらの見出しのいくつかを以下にリストします。

This is a truncated list
—in no particular order
—of selected article titles intended to give you a general idea of what has been said in recent years.
これは切り捨てられたリストです
—順不同ですが
―近年言われていることの一般的な考えをあなたに与えることを目的とした選択された記事のタイトルの。

Source of the articles can be found in the (Month/Year) link.
記事の出典は(月/年)リンクにあります。

o
“Do We Have the Big Bang Theory All Wrong?” (July 2014)
「ビッグバン理論はすべて間違っていますか?」
(2014年7月)
http://m.nautil.us/issue/15/turbulence/do-we-have-the-big-bang-theory-all-wrong

o
“The Paradoxes That Threaten To Tear Modern Cosmology Apart” (January 2015)
「現代の宇宙論を引き裂く恐れのあるパラドックス」(2015年1月)
https://medium.com/the-physics-arxiv-blog/the-paradoxes-that-threaten-to-tear-modern-cosmology-apart-d334a7fcfdb6

o
“No Big Bang? Quantum equation predicts universe has no beginning” (February 2015)
「ビッグバンはありませんか? 量子方程式は宇宙に始まりがないと予測している」(2015年2月)
https://phys.org/news/2015-02-big-quantum-equation-universe.html

o
“Cosmology Is in Crisis Over How to Measure the Universe” (November 2018)
宇宙論は宇宙をどのように測定するかについて危機に瀕している」(2018年11月)
https://www.wired.com/story/cosmology-is-in-crisis-over-how-to-measure-the-universe/

o
“The Crisis in Cosmology” (PBS video, January 2019)
宇宙論の危機」(PBSビデオ、2019年1月)

o
“Best-Yet Measurements Deepen Cosmological Crisis” (March 2019)
「最良の測定は宇宙論的危機を深める」(2019年3月)
https://www.scientificamerican.com/article/best-yet-measurements-deepen-cosmological-crisis/

o
“Could All Our Scientific Knowledge Come Tumbling Down Like A House of Cards?” (April 2019)
「私たちの科学的知識はカードの家のようにすべて崩壊する可能性がありますか?」(2019年4月)
https://www.forbes.com/sites/startswithabang/2019/04/12/could-all-our-scientific-knowledge-come-tumbling-down-like-a-house-of-cards/

o
“Could the Big Bang Be Wrong?” (June 2019)
「ビッグバンは間違っている可能性がありますか?」(2019年6月)
https://www.discovermagazine.com/the-sciences/could-the-big-bang-be-wrong

o
“A crisis in cosmology: New data suggests the universe expanding more rapidly than believed” (October 2019)
宇宙論の危機:
新しいデータは、宇宙が信じられているよりも急速に膨張していることを示唆しています。」(2019年10月)
https://phys.org/news/2019-10-crisis-cosmology-universe-rapidly-believed.html

o
“The universe is expanding faster than scientists thought, a study confirms — a ‘crisis in cosmology’ that could require a ‘new physics’” (October 2019)
『宇宙は科学者が思っていたよりも速く膨張している、と研究は確認しています
—「新しい物理学」を必要とする可能性のある「宇宙論の危機」』(2019年10月)
https://www.businessinsider.com/universe-expansion-crisis-cosmology-new-physics-hubble-constant-2019-10

o
“Cosmological crisis: We don’t know if the universe is round or flat” (November 2019)
宇宙論的危機:
宇宙が丸いのか平らなのかわかりません」(2019年11月)
https://www.newscientist.com/article/2222159-cosmological-crisis-we-dont-know-if-the-universe-is-round-or-flat/

o
“Our understanding of the universe could be fundamentally wrong, astronomers say” (November 2019)
「私たちの宇宙の理解は根本的に間違っている可能性がある、と天文学者は言います」(2019年11月)
https://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/universe-shape-expanding-planck-constant-a9184711.html

o
“Scientists are baffled: What’s up with the universe?” (November 2019)
「科学者は困惑しています:
宇宙はどうしたの?」(2019年11月)
https://www.washingtonpost.com/science/scientists-are-baffled-whats-up-with-the-universe/2019/10/31/31fc42e4-f353-11e9-8cf0-4cc99f74d127_story.html

o
“Astronomers Cast Doubt on the Cosmological Principle” (December 2019)
天文学者は宇宙原理に疑問を投げかける」(2019年12月)

o
“The Real Crisis in Cosmology.” YouTube Video (January 2020)
宇宙論における真の危機」。 YouTubeビデオ(2020年1月)

o
“Light elements add weighty burden to crisis in cosmology” (January 2020)
「軽い元素は宇宙論の危機に重い負担を加える」(2020年1月)
https://www.spacedaily.com/m/reports/Light_elements_add_weighty_burden_to_crisis_in_cosmology_999.html

o
“The Universe May Not Be Expanding Equally In Every Direction, New Study Suggests” (April 2020)
「宇宙はすべての方向に等しく拡大しているわけではないかもしれない、新しい研究は示唆している」(2020年4月)
https://www.iflscience.com/space/new-study-claims-that-the-universe-might-not-be-expanding-equally-in-every-direction/

o
“Strange Extragalactic Strands Mystify Astronomers” (April 2020)
「奇妙な銀河系外天体が天文学者を神秘化する」(2020年4月)
https://www.scientificamerican.com/article/strange-extragalactic-strands-mystify-astronomers/

o
Universe may actually have a ‘north’ and a ‘south’ as new tests tear holes in Einstein’s gravity theory” (April 2020)
「新しいテストがアインシュタインの重力理論に穴を開ける、宇宙には実際には「北」と「南」があるかもしれません」(2020年4月)
https://www.rt.com/news/487091-universe-north-south-shifting-constant/

o
“Mankind’s Existence Now Depends on the Establishment of a New Paradigm” (Conference Video, April 2020)
「人類の存在は今や新しいパラダイムの確立に依存している」(会議ビデオ、2020年4月)
https://schillerinstitute.com/blog/2020/03/29/conference-mankinds-existence-now-depends-on-the-establishment-of-a-new-paradigm/

o
“Is It Time To Dethrone The Big Bang Theory?” (May 2020)
「ビッグバン理論を廃止する時が来ましたか?」(2020年5月)
https://www.forbes.com/sites/jamiecartereurope/2020/05/14/is-it-time-to-dethrone-the-big-bang-theory-heres-how-you-overthrow-it/

o
“Is the Big Bang in crisis?” (May 2020)
「ビッグバンは危機に瀕していますか?」(2020年5月)
https://astronomy.com/magazine/news/2020/05/is-the-big-bang-in-crisis

o
“There Is Something Strange About Our Universe, Scientists Find After Mapping The Cosmos” (July 2020)
「私たちの宇宙には奇妙なことがあります。科学者は宇宙をマッピングした後に見つけます」(2020年7月)
https://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/universe-map-dark-matter-homogenous-kids-standard-model-einstein-a9647186.html

o
“Unique prediction of ‘modified gravity’ challenges dark matter theory” (December 2020)
「「重力を修正する」の独自の予測は暗黒物質理論に挑戦する」(2020年12月)
https://phys.org/news/2020-12-unique-gravity-dark-theory.html


You will notice that most of these articles are recent, dating from 2020 or 2019.
これらの記事のほとんどは、2020年または2019年にさかのぼる最近のものであることに気付くでしょう。

While scientists have been aware of a crisis in cosmology
—as variably defined
—since at least 1995, that awareness has increased exponentially in very recent years.3
科学者は宇宙論の危機に気づいていましたが
—さまざまに定義されている
—少なくとも1995年以来、その意識はごく最近、指数関数的に増加しています。3

Eric Lerner, chief scientist at LPP Fusion, conducted an unscientific study of Google listings to determine references to the crisis in cosmology.
LPPフュージョンのチーフサイエンティストであるエリックラーナーは、宇宙論の危機への言及を決定するために、Googleのリストの非科学的な研究を実施しました。

According to Lerner, back in 1995 there was about one reference every year to the crisis.
ラーナーによれば、1995年には、毎年約1件の危機への言及がありました。

By the beginning of the 2000s it had gone up to five references per year and then 12 references by the mid 2000s.
2000年代の初めまでに、それは年間5回の参照になり、2000年代半ばまでに年間12回の参照になりました。

By the latter part of the present decade it was about two dozen references per year and then in 2019 it shot up to a hundred and thirty references per year.4
現在の10年間の後半までに、それは年間約20の参照でしたが、2019年には、年間130の参照に達しました。

That is a drastic increase in just the last two years.
これは、過去2年間で劇的な増加です。

While scientists do not agree about the nature of the cosmological crisis, there is clearly an expanded awareness of a crisis or problem.
科学者達は宇宙論的危機の性質について同意していませんが、危機や問題に対する認識が明らかに広がっています。

As Lerner explains, there is presently “a general awareness; both in the field and in the popular media.”5
ラーナーが説明するように、現在「一般的な認識があります。 フィールドと人気のあるメディアの両方で。」5
*3
f:id:TakaakiFukatsu:20210411181651p:plain
In general, the articles deal with one or both of the following, as it relates to cosmology and the Big Bang model:
一般に、これらの記事は、宇宙論とビッグバンモデルに関連しているため、次のいずれかまたは両方を扱います:

I.
Anomaly
–something that deviates from what is standard, normal, or expected.
異常
―標準、通常、または期待されるものから逸脱するもの。


II.
Contradiction
–a combination of statements, ideas, or features/findings/observations of a situation that are opposed to one another;
and/or a situation in which inconsistent elements are present; and/or the statement of a position opposite to one already made.
矛盾
―互いに対立する状況のステートメント、アイデア、または機能/発見/観察の組み合わせ;
および/または一貫性のない要素が存在する状況;
および/またはすでに行われたものとは反対の立場の声明。

Most of the articles listed deal with new information, measurements or findings that undermine, contradict, or problematize the major principles, assumptions, and/or expectations of the Big Bang Theory in some way.
リストされている記事のほとんどは、および/または何らかの形でビッグバン理論への期待への、主要な原則、仮定を弱体化、矛盾、または問題化する新しい情報、測定値、または発見を扱っています。

According to the articles, these unexpected and unexplainable findings deviate from or contradict the Big Bang Theory and “mystify” scientists (i.e., are things the theory and its thinkers cannot explain or answer.)
記事によると、これらの予期せぬ説明のつかない発見は、ビッグバン理論から逸脱するか矛盾し、科学者を「神秘化」します(つまり、理論とその思想家が説明または答えることができないものです。)

Examples of some of the anomalies and contradictions discussed in the articles are:
記事で説明されているいくつかの異常と矛盾の例は次のとおりです:

o
The Hubble Constant is wrong (i.e., the universe not expanding as we thought or at all.)
ハッブル定数が間違っています(つまり、宇宙が思ったように拡大していないか、まったく拡大していません)。

o
Planck measurements suggest that the universe is round not flat.
プランクの測定値は、宇宙が平らではなく丸いことを示唆しています。

o
The cosmological principle is wrong or inconsistent (meaning the universe is more or less homogenous than we thought.)
宇宙原理が間違っているか、一貫性がありません(つまり、宇宙は私たちが思っていたよりも多かれ少なかれ均質です)。

o
Various bedrock predictions of the Big Bang theory that have been contradicted by abundant observations.
豊富な観測と矛盾するビッグバン理論のさまざまな基盤予測。

In Thomas Kuhn’s paradigm shift/scientific revolution stages, when there are a few anomalies and contradictions, then the dominant model or normal science can be said to be in a state of drift.
トーマス・クーンのパラダイムの、シフト/科学革命の段階では、いくつかの異常や矛盾がある場合、支配的なモデルまたは通常の科学はドリフトの状態にあると言えます。

When too many anomalies and contradictions accumulate, then the model is in a state of crisis.
異常や矛盾が多すぎると、モデルは危機的な状態になります。

To reiterate from above, in the Kuhn cycle, Model Crisis occurs when the Model Drift (i.e., anomalies) becomes so excessive that the model is broken and can no longer serve as a reliable guide to problem-solving.
上から繰り返しますが、クーンサイクルでは、モデルのドリフト(つまり、異常)が過度になりすぎてモデルが壊れ、問題解決の信頼できるガイドとして機能できなくなったときに、モデルの危機が発生します。

At the crisis stage, attempts to patch the model up and make it work fail, and the field is in anguish.
危機の段階で、モデルにパッチを当てて機能させる試みは失敗し、現場は苦しんでいます。

The mounting, unresolvable anomalies discuss in these articles suggest that the Big Bang model has reached Kuhn’s crisis stage and is unable to adequately address or solve the many anomalies and contradictions
—such as the observation or discovery of contradictory phenomenon and measurements
—that presently undermine the Big Bang Theory and its ideas about the universe.
これらの記事で議論されている、増大する解決不可能な異常は、ビッグバンモデルがクーンの危機段階に達し、多くの異常や矛盾に適切に対処または解決できないことを示唆しています
―矛盾する現象や測定値の観察や発見など
—それは現在、ビッグバン理論とその宇宙に関する考えを弱体化させています。
*4
f:id:TakaakiFukatsu:20210411181731p:plain
I am not qualified to address the scientific content of the articles.
私は記事の科学的内容に取り組む資格がありません。

But as a discourse analyst, I do wish to point out some things that I find interesting about the articles themselves.
しかし、談話分析者として、私が記事自体について興味深いと思ういくつかのことを指摘したいと思います。

While many of the article titles mention a crisis in Big Bang cosmology, the content and conclusions do not question and problematize the Big Bang model outright (though some do give lip service to the possible need for a new physics.)
記事のタイトルの多くはビッグバン宇宙論の危機について言及していますが、内容と結論は、ビッグバンモデルを完全に疑問視したり問題にしたりすることはありません(ただし、新しい物理学の必要性にリップサービスを提供するものもあります)。

In critical discourse analysis, this can be identified as a problematic discursive strategy wherein the tone of the articles’ titles does not match the tone of the articles’ content and conclusions.
批判的談話分析では、これは、記事のタイトルのトーンが記事の内容や結論のトーンと一致しないという問題のある談話戦略として識別できます。

In several of these articles, the tone of the title suggests or hints at an altogether different conclusion than what we end up with.
これらの記事のいくつかでは、タイトルのトーンは、私たちが最終的に得たものとはまったく異なる結論を示す、または示唆しています。

As previously stated, while many of the articles have bombastic and alarmist titles
—that might lead the reader to assume the article is about to call the entire big bang theory into question or doubt
—the conclusions are disproportionate at best and apologist at worst.
前に述べたように、記事の多くは大げさで警戒心の強いタイトルを持っていますが
—それは読者に記事がビッグバン理論全体を疑問視または疑念を抱かせようとしていると思い込ませるかもしれません
—結論はせいぜい不釣り合いであり、最悪の場合は謝罪者です。

In the latter case, a couple of the articles and videos actually conclude that the contradictions of the Big Bang model are actually strengths in that they open the door for new and exciting areas of research.
後者の場合、いくつかの記事とビデオは、ビッグバンモデルの矛盾が実際には新しいエキサイティングな研究分野への扉を開くという点で強みであると実際に結論付けています。

One example from the above list is the PBS program entitled “The Crisis in Cosmology.”
上記のリストからの一例は、「宇宙論の危機」と題されたPBSプログラムです。

While the video explains that expansion may not be happening as the Big Bang model first proposed, it implies at the end that this is actually a positive thing because it opens the door for new areas of discovery.
ビデオでは、ビッグバンモデルが最初に提案したように拡張が行われていない可能性があると説明していますが、最終的には、新しい発見領域への扉が開かれるため、これは実際には前向きなことです。

In other words, the video doubles down on the Big Bang model rather than calling it into question (as one might assume it would, given its title.)
言い換えれば、ビデオはそれを疑問視するのではなく、ビッグバンモデルを2倍にします(そのタイトルを考えると、そうなると思われるかもしれません)。
*5
f:id:TakaakiFukatsu:20210411181912p:plain
Overall, there is a type of rhetorical bait and switch at play here, where the reader is led to assume one thing from the title, only to end up with an altogether different
—and even contradictory
—conclusion at the article’s end.
全体として、ここでは一種の修辞的なおとり商法があり、読者はタイトルから1つのことを想定するように導かれますが、最終的にはまったく異なるものになります
—そして矛盾さえ
—記事の最後の結論になります。

To conclude that the crisis in Big Bang cosmology opens new and exciting doors for research in Big Bang theory is not a satisfactory or scientifically/empirically rigorous conclusion.
ビッグバン宇宙論の危機がビッグバン理論の研究のための新しく刺激的な扉を開くと結論付けることは、満足のいく、または科学的/経験的に厳密な結論ではありません。

Rather than address the crisis in Big Bang cosmology, this type of rhetoric doubles down on it and ultimately shields it;
not least by turning the anomalies and contradictions that underlie it into strengths rather than weaknesses.
ビッグバン宇宙論の危機に対処するのではなく、このタイプのレトリックはそれを倍増させ、最終的にそれを保護します;
特に、その根底にある異常や矛盾を弱点ではなく強みに変えることによって。

In the end, many of the mainstream articles about the crisis in cosmology serve to shield the crisis rather than address it in a meaningful or critical manner.
結局、宇宙論の危機に関する主流の記事の多くは、意味のある、または批判的な方法で危機に対処するのではなく、危機を保護するのに役立ちます。
―――――――
The Universe Is Stranger Than We Thought?
宇宙は私たちが思っていたよりも不思議なものですか?
*6
f:id:TakaakiFukatsu:20210411181940p:plain
Another popular claim made by mainstream cosmology is that the universe is far more strange or weird than we originally thought, and this is why there are so many anomalies and contradictions that the Big Bang cannot address.
主流の宇宙論によってなされたもう一つの人気のある主張は、宇宙は私たちが当初考えていたよりもはるかに奇妙で奇妙であり、これがビッグバンが対処できないほど多くの異常や矛盾がある理由です。

This type of deflection is especially interesting because it blames the failures/inadequacies of standard cosmology on the cosmos rather than the model or theory.
このタイプの偏向は、モデルや理論ではなく、宇宙の標準的な宇宙論の失敗/不十分さを非難するため、特に興味深いものです。


An internet search on this topic brings up numerous titles dealing with the strangeness or weirdness of the universe.
このトピックに関するインターネット検索では、宇宙の奇妙さや奇妙さを扱った多数のタイトルが表示されます。

Source of the articles can be found in the (Month/Year) link.
記事の出典は(月/年)リンクにあります。

o
“How Astronomers Revolutionized Our View of the Cosmos:
The universe turns out to be much bigger and weirder than anyone thought” (September 2020)
天文学者が宇宙に対する私たちの見方にどのように革命をもたらしたか:
宇宙は誰もが思っていたよりもはるかに大きくて奇妙であることが判明しました」(2020年9月)
https://www.scientificamerican.com/article/how-astronomers-revolutionized-our-view-of-the-cosmos/

o
“Our Solar System Is Even Stranger Than We Thought” (October 2018)
「私たちの太陽系は私たちが思っていたよりも不思議です」(2018年10月)
https://blogs.scientificamerican.com/observations/our-solar-system-is-even-stranger-than-we-thought/

o
“Astronomers Don’t Know What to Make of This Incredibly Bizarre Star” (July 2019)
天文学者はこの信じられないほど奇妙な恒星をどうすればいいのかわからない」(2019年7月)
https://www.scientificamerican.com/article/astronomers-dont-know-what-to-make-of-this-incredibly-bizarre-star/

o
“The Universe Is Stranger Than We Thought” (Summer 2014)
「宇宙は私たちが思っていたよりも不思議です」(2014年夏)

o
“New findings reveal universe is weirder than we thought” (April 2020)
「新しい発見は、宇宙が私たちが思っていたよりも奇妙であることを明らかにしました」(2020年4月)
https://www.miragenews.com/new-findings-reveal-universe-is-weirder-than-we-thought/

o
“Unexplained Phenomena Keep Suggesting the Universe Isn’t What We Thought” (May 2020)
「原因不明の現象は、宇宙が私たちが考えていたものではないことを示唆し続けています」(2020年5月)
https://www.vice.com/en/article/3azqq3/unexplained-phenomena-keep-suggesting-the-universe-isnt-what-we-thought

o
“Is the Universe OUT of TUNE?” (August 2005)
「宇宙はTUNEの外にありますか?」 (2005年8月)
https://www.jstor.org/stable/26061106?seq=1


The idea that the universe is stranger than we think (or can imagine) is not new.
宇宙が私たちが考える(または想像できる)よりも奇妙であるという考えは新しいものではありません。

It has been around for a long time and is as much a philosophical issue as it is scientific.
それは長い間存在しており、科学的であると同時に哲学的な問題でもあります。

For this article, however, I am only interested in it as it pertains to the present cosmological model.
しかし、この記事では、現在の宇宙論モデルに関係しているので、私はそれにのみ興味があります。

This rationalization
—that the universe is stranger than we thought
—is increasingly repeated in popular science magazines and websites.
この合理化
—宇宙は私たちが思っていたよりも奇妙だということは
—人気のある科学雑誌やウェブサイトでますます繰り返されています。

Repetition is another effective device in dominant discourse and texts and one that can create a false sense of authority and truthfulness.
繰り返しは、支配的な談話やテキストにおけるもう1つの効果的な手段であり、権威と真実性の誤った感覚を生み出す可能性があります。


If something is repeated enough times
—in this case, that the universe is stranger than we thought and this is why the Big Bang cannot adequately explain or describe it
—it takes on an air of truth that can mislead readers into agreeing with certain conclusions or smokescreens.
何かが十分な回数繰り返された場合
—この場合、宇宙は私たちが思っていたよりも奇妙であり、これがビッグバンがそれを適切に説明または説明できない理由だと言う事
—それは、読者を誤解させて特定の結論や煙幕に同意させる可能性のある真実の空気を帯びています。

In critical discourse analysis, repetition is identified as a discursive tool that is used to normalize and protect dominant discourse and dominant institutions6
批判的談話分析では、反復は、支配的な談話と支配的な制度を正規化して保護するために使用される談話ツールとして識別されます6

(in this case the dominant/mainstream cosmological theory or model.)
(この場合、支配的/主流の宇宙論またはモデルに対して。)

With repetition, there is always a degree of manipulation and power at work.
繰り返しを行うと、常にある程度の操作と力が働いています。

The idea that the universe is stranger than we thought or too strange to be understood can serve to reinforce the power, existence, and hegemony of the dominant cosmological model while manipulating the reader in a manner that prevents them from questioning the dominance of the model.
宇宙は私たちが思っていたよりも奇妙であるか、理解するにはあまりにも奇妙であるという考えは、モデルの優位性を疑うことを防ぐ方法で読者を操作しながら、支配的な宇宙論モデルの力、存在、および覇権を強化するのに役立つことができます。

The repetition of a false or speculative reality
—i.e., that the universe just keeps getting stranger
—stops the reader from entertaining an alternative reality:
That the Big Bang model is not adequately equipped to address the anomalies and contradictions of its field (and that other models may be better equipped to answer some of the questions of the universe.)
虚偽または推測的な現実の繰り返しは
―つまり、宇宙は見知らぬものになり続けているということです
—読者に別の現実を楽しませる事を防ぎます:
ビッグバンモデルがその分野の異常や矛盾に対処するために十分に装備されていないこと(そして他のモデルが宇宙のいくつかの質問に答えるためによりよく装備されているかもしれないこと)。

The ultimate effect of the aforementioned discursive techniques is to disguise or negate the crisis in cosmology and avoid deeper discussions of the implications of the crisis.
前述の談話技術の究極の効果は、宇宙論における危機を偽装または否定し、危機の影響についてのより深い議論を避けるためです。

If the universe keeps getting ‘weirder’ and if scientists keep finding measurements and discoveries that contradict the Big Bang Theory, and its guiding principles, is it not possible that the problem lies with the model and not the ‘strange and wacky universe.’
宇宙が「より奇妙」になり続け、科学者がビッグバン理論とその指導原理に矛盾する測定値と発見を見つけ続ける場合、問題がモデルにあり、「奇妙で奇抜な宇宙」にある可能性はありません。

Whatever the articles’ ultimate conclusions about the cosmological crisis, the very fact that every online outlet from The New Scientist, Astronomy.com, and Physics.org to non-science based magazines like Wired, The Independent, Business Insider, and Forbes are all talking about a crisis in cosmology drives home that there is indeed a cosmological crisis and that it is getting worse and more palpable by the day.

宇宙論的危機についての記事の最終的な結論が何であれ、ニューサイエンティスト、Astronomy.com、Physics.orgから、ワイアード、インデペンデント、ビジネスインサイダー、フォーブスなどの科学に基づかない雑誌まで、すべてのオンラインアウトレットが、宇宙論の危機について話しているすべての人は、実際に宇宙論の危機があり、それが日ごとに悪化し、より明白になっていることを思い起こさせます。

When analyzed through the lens of Kuhn’s groundbreaking work, this strongly suggests that we are on the cusp of an important cosmological paradigm shift or scientific revolution.
クーンの画期的な研究のレンズを通して分析すると、これは、私たちが重要な宇宙のパラダイムシフトまたは科学革命の最前線にいることを強く示唆しています。

―――――――
A Note on Cosmological ‘Weirdness’
宇宙の「奇妙さ」についてのメモ

Perhaps in past times a chorus saying that the universe was weirder than initially thought to be would have been automatically ridiculed and regarded as preposterous.
おそらく過去には、宇宙が当初考えられていたよりも奇妙だったという合唱は、自動的に嘲笑され、馬鹿げたものと見なされていたでしょう。

After all, the Prime Mover in an Age of Reason would never create a universe that was irrational.
結局のところ、「理由の時代」の「原動機」は、不合理な宇宙を作成することは決してありませんでした。

Then why is it not only tolerated today but exclaimed today?
では、なぜそれは今日許容されるだけでなく、今日叫ばれるのでしょうか?

In a self-reinforcing cycle, the universe’s weirdness or non-conformity is publicly casually accepted exactly because of the general culture and attitudes resulting from the cultural changes abstractly derived from Relativity and the Big Bang Theory in the 20th century as was explored in article one.
自己強化サイクルでは、宇宙の奇妙さや不適合は、第1話で探求されたように、20世紀の相対性理論とビッグバン理論から抽象的に導き出された文化的変化に起因する一般的な文化と態度のために、公に何気なく受け入れられました。


With these broader cultural changes, the relativity narrative creates its own perceptual environment within which the individual intrinsically accepts the paradoxical precepts of the original narrative itself, thereby preventing subsequent declarations and celebrations of weirdness and inconsistencies to be considered problematic.
これらのより広範な文化的変化により、相対性理論は、個人が元の物語自体の逆説的な教訓を本質的に受け入れる独自の知覚環境を作り出します、これにより、その後の奇妙さや矛盾の宣言や賛辞が問題と見なされるのを防ぎます。

Due to the cultural changes ushered in by the broader application of relativity to the non-sciences manifesting largely as cultural relativism, there appears to be an inability to consider weirdness and strangeness as critical warnings of fundamental theoretical errors or problems.
主に文化相対主義として現れる非科学への相対性理論のより広い適用によってもたらされた文化的変化のために、奇妙さとストレンジネスを基本的な理論上の誤りや問題の重大な警告と見なすことができないようです。

The relativity narrative creates an environment that espouses a counterintuitive defense mechanism.
相対性理論は、直感に反する防衛機制を支持する環境を作り出します。

It shields itself in paradoxical thinking, and the tolerance and espousal of ‘weirdness,’ becoming impervious to falsification and serious questioning.
それは逆説的な思考、そして「奇妙さ」の寛容と配偶者から身を守り、偽証(宣告)や深刻な質問に対して不浸透性になります。

Under Kuhn’s analysis, the acceptance and celebration of weirdness and paradoxical thinking are further indications of a model in crisis.
クーンの分析によれば、奇妙さと逆説的な思考の受容と祝福は、危機にあるモデルのさらなる兆候です。

―――――――

Model Revolution
モデル革命
*7
f:id:TakaakiFukatsu:20210411182033p:plain
Following Model Crisis, the next stage in Thomas Kuhn’s paradigm shift process is Model Revolution.
モデル危機に続いて、トーマス・クーンのパラダイムシフトプロセスの次の段階はモデル革命です。

To reiterate from above, the Model Revolution begins when serious candidates for a new model emerge.
上から繰り返すと、モデル革命は、新しいモデルの真剣な候補が出現したときに始まります。

For Kuhn, it is a revolution because the new model is so radically different from the old one.
クーンにとって、新しいモデルは古いモデルとは根本的に異なるため、これは革命です。

While we are not far into this stage of the Kuhn cycle, with respect to cosmology and astrophysics, we may be at the beginning of a Model Revolution, and one alternative theory, in particular, may be at the forefront of this revolution:
The Electric Universe Theory.
宇宙論と天体物理学に関して、私たちはクーンサイクルのこの段階にそれほど遠くはありませんが、モデル革命の始まりにある可能性があり、特に1つの代替理論がこの革命の最前線にある可能性があります:
電気的宇宙理論です。

This theory will be discussed in article three of the series.
この理論については、シリーズの第3話で説明します。

When the dominant cosmological model is in anguish and cannot sufficiently answer or describe the mysteries of the universe
—nor adequately address the mounting anomalies and contradictions that arise within, and from the application of, the dominant model
—then it is only natural that other models would arise that attempt to do just that.
支配的な宇宙論モデルが苦しんでいて、宇宙の謎に十分に答えたり説明したりできないばかりか
―また、優勢なモデルの内部および適用から生じる、増大する異常や矛盾に適切に対処することもできない場合
—それなら、まさにそれを行おうとする他のモデルが生まれるのは当然のことです。

Given that the Big Bang model is presently the dominant cosmological model and has been for many many years, it may be easy to forget that, to date, “The Big Bang model is not completely proven.” 7

ビッグバンモデルが現在支配的な宇宙論モデルであり、長年にわたって存在していることを考えると、今日まで、「ビッグバンモデルは完全には証明されていない」ことを忘れがちです。7

As previously stated, the key principle of the Big Bang model
—that of expansion
—remains problematic:

“Scientists have not been able to come up with consistent measurements on expansion.”
前述のように、ビッグバンモデルの主要な原則
―拡張のそれは
―問題が残っています:
「科学者たちは、膨張に関する一貫した測定を思い付くことができませんでした。」

This has caused astronomers “to question some of the most basic [Big Bang] assumptions about our universe.” 8
これにより、天文学者は「私たちの宇宙に関する最も基本的な[ビッグバン]の仮定のいくつかに疑問を投げかける」ようになりました。8

As one online science commentator notes with the standard model of cosmology:
“The more we learn the less we appear to understand.”
あるオンライン科学コメンテーターが宇宙論の標準モデルについて述べているように:
「私たちが学べば学ぶほど、理解しているようには見えなくなります。」

For instance, “we’ve never actually seen a black hole
. . . never actually conclusively found proof of one.”
たとえば、「実際にブラックホールを見たことがない
. . .実際に決定的に1つの証拠を見つけたことはありません。」

Furthermore, “Black holes don’t even explain much by themselves
. . . Dark matter and dark energy are said to account for over 90% of the universe’s energy and yet we know very little about its nature and are no closer to finding it now than when it was first hypothesized.” 9
さらに、「ブラックホールはそれ自体ではあまり説明しません
. . .暗黒物質と暗黒エネルギーは宇宙のエネルギーの90%以上を占めると言われていますが、それでも私たちはその性質についてほとんど知らず、それは、最初に仮説が立てられたときよりも今ではそれを見つけることに近づいていません。」9


The narrator of the video goes on to state that:
ビデオのナレーターはさらに次のように述べています:

“With over 90% of matter in the universe being completely inexplicable by our accepted models of cosmology, doesn’t that cast doubt over cosmology itself? Why do we know so much yet can explain so little with it? Perhaps the answers are not attainable by our current accepted theories and perhaps the truth lies within a wildly different approach. One such approach is the electric universe theory.” 10
「宇宙の物質の90%以上が、私たちが受け入れている宇宙論のモデルでは完全に説明できないので、それは宇宙論自体に疑問を投げかけませんか? なぜ私たちはそんなに多くを知っているのに、それでほとんど説明できないのですか? おそらく、現在受け入れられている理論では答えを得ることができず、おそらく真実は大きく異なるアプローチの中にあります。 そのようなアプローチの1つは、電気的宇宙理論です。」


I wish to close by stating that we should be open to the possibility that the present cosmology does not have all the answers.
最後に、現在の宇宙論がすべての答えを持っているわけではない可能性を受け入れるべきであると述べて締めくくりたいと思います。

Indeed, according to Thomas Kuhn’s understanding of science and scientific change, the present model appears to be in deep trouble.
確かに、トーマス・クーンの科学と科学的変化の理解によれば、現在のモデルは深刻な問題を抱えているように見えます。

For Kuhn, when there are too many anomalies and contradictions that a theory cannot adequately solve or address, then that theory must be said to be in a state of crisis.
クーンにとって、理論が適切に解決または対処できない異常や矛盾が多すぎる場合、その理論は危機的状況にあると言わなければなりません。

The mounting anomalies and contradictions suggest that, with respect to explaining and understanding the universe, the Big Bang Theory confounds more than it illuminates, and is presently in a state of crisis.
増大する異常と矛盾は、宇宙の説明と理解に関して、ビッグバン理論がそれが明らかにする以上に混乱し、現在危機の状態にあることを示唆しています。

As such, it may be time for a new model like the Electric Universe Theory, which I will begin to explore in the next article.
そのため、電気的宇宙理論のような新しいモデルの時期かもしれません、これについては、次の記事で説明します。(^-^)