[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Zero Mass Particles ゼロ質量粒子]

[Zero Mass Particles ゼロ質量粒子]
Stephen Smith May 23, 2012 - 23:39Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20210223211453p:plain
Gamma-ray sources in the sky.
空のガンマ線源。
―――――――
May 24, 2012
ガンマ線は、質量のない粒子でありながら、極端な運動量を持っていると言われています。


最近のプレスリリースによると、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡は、他の周波数では見られない強力なガンマ線放出のいくつかの未確認の発生源を検出しました。
https://www.nasa.gov/mission_pages/GLAST/news/gamma-ray-census.html

NASAは2008年6月11日に望遠鏡(旧称GLAST)を打ち上げました。
https://gammaray.nsstc.nasa.gov/gbm/

その主な使命は、ガンマ線を含む宇宙の高周波電磁波を観測することです。

ガンマ線は地球の大気を透過できないため、フェルミは高軌道に配置されました。

ガンマ線は、光子と呼ばれる理論上の「電磁粒子」です。

物質の想定される「二重性」のために、それらは波と粒子の両方として存在し、そして、天体物理学者達が質量を定義するように、それらは「質量がない」とされて居ます。

しかしながら、それらは非常に速い速度(最大2.993 x 10 ^ 10センチメートル/秒)で移動するため、いわゆる「相対論的効果」が作用します。

コンセンサス理論が述べるには、速度は光子にかなりの運動量を与え、通常の物質に影響を与えるのに十分です。

したがって、ガンマ線は、原子から電子をノックアウトすることができるため、「電離放射線」です。

3種類の自然放射能の中で、ガンマ線が最もエネルギーが高く、可視光の10 ^ 15倍の値を持っています。

また、場合によっては、0.1ナノメートル未満の短波長もあります。

フェルミの最近の発見の1つは、かに星雲に関するものです。

何年もの間、天文学者達は、かに星雲がよく知られていて、安定したX線の輝きがあると考えていました。

フェルミは、ガンマ線バーストが非常に強いことを発見しました、それは、彼らは彼らの理論を再考させています。

ガンマ線の「スーパーフレア」が星雲から爆発し、その強度は急速に上下します。

メリーランド州グリーンベルトにあるNASAゴダードスペースフライトセンターのアリスハーディングは次のように報告しました:
「これらのスーパーフレアは、これまでに見た中で最も激しい爆発であり、すべてが非常に不可解なイベントです。

それらは、中性子星からそれほど遠くない場所での磁場の突然の再配列によって引き起こされていると思いますが、それがどこで起こっているのかは謎のままです。」

荷電粒子が電場で加速されると、X線ガンマ線の形をとることが多いシンクロトロン放射を放出します。

実験室での実験により、それがそれらを作成するための「最も簡単な」方法であることが確認されています。

それらは重力場では作成されません。

いわゆる「パルサー」、「中性子星」、または微小体積に圧縮されたほぼ無限の質量は必要ありません。

超高密度の物体や他のエキゾチックなフィクションに頼る前に、宇宙からのデータを分析するときに考慮すべき、はるかにありふれた要因があります。

過去に指摘されたように、ハンス・アルヴェーンは、「爆発するダブル・レイヤー(二重層)」は新しいクラスの天体と見なされるべきだと考えました。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2011/arch11/110513supernatural.htm

私たちが目にする異常な構造のほとんどを形成するのは、宇宙プラズマのダブル・レイヤー(二重層)です。

プラズマフィラメントの圧縮ゾーン(Zピンチ)は、恒星や銀河に進化するプラズモイドを作成します。

電気は恒星の誕生の原因であり、電流密度が高くなりすぎると、回路内のダブル・レイヤー(二重層)が壊滅的に過剰なエネルギーを放出し、ガンマ線バーストX線、または紫外線のフレアとして現れます。

「言われていることから、天体物理学は、実験室の物理学との接触を維持しようと非常に懸命に努力しない限り、推測的になりすぎるリスクがあることは明らかです。

確かに、天体物理学は本質的に実験室で見られる自然法則の宇宙現象への応用であることを強調することが不可欠です。

このことから、実験物理学が特定の発展状態に達する前の、天体物理学の特定の分野が科学的アプローチに熟していないことがわかります。」
ハンス・アルヴェーン

ティーブン・スミス
―――――――
May 24, 2012
Gamma-rays are said to be particles with no mass, yet possessed of extreme momentum.
ガンマ線は、質量のない粒子でありながら、極端な運動量を持っていると言われています。


According to a recent press release, the Fermi Gamma-ray Space Telescope has detected several unidentified sources of intense gamma-ray emissions that are not seen in any other frequencies.
最近のプレスリリースによると、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡は、他の周波数では見られない強力なガンマ線放出のいくつかの未確認の発生源を検出しました。
https://www.nasa.gov/mission_pages/GLAST/news/gamma-ray-census.html

NASA launched the telescope (formerly known as GLAST) on June 11, 2008.
NASAは2008年6月11日に望遠鏡(旧称GLAST)を打ち上げました。
https://gammaray.nsstc.nasa.gov/gbm/

Its primary mission is observing high frequency electromagnetic waves in space, including gamma-rays.
その主な使命は、ガンマ線を含む宇宙の高周波電磁波を観測することです。

Since gamma-rays are unable to penetrate Earth’s atmosphere, Fermi was placed in high orbit.
ガンマ線は地球の大気を透過できないため、フェルミは高軌道に配置されました。

Gamma-rays are theoretical “electromagnetic particles” called photons.
ガンマ線は、光子と呼ばれる理論上の「電磁粒子」です。

Due to the supposed “duality” of matter, they exist as both waves and particles, and they are “massless,” as astrophysicists define mass.
物質の想定される「二重性」のために、それらは波と粒子の両方として存在し、そして、天体物理学者達が質量を定義するように、それらは「質量がない」とされて居ます。

However, since they travel at enormous velocity (up to 2.993 x 10^10 centimeters per second), so-called “relativistic effects” come into play.
しかしながら、それらは非常に速い速度(最大2.993 x 10 ^ 10センチメートル/秒)で移動するため、いわゆる「相対論的効果」が作用します。

As consensus theories state, the velocity imparts significant momentum to the photons, enough for them to have an impact on normal matter.
コンセンサス理論が述べるには、速度は光子にかなりの運動量を与え、通常の物質に影響を与えるのに十分です。

Thus, gamma-rays are “ionizing radiation,” since they are capable of knocking electrons out of an atom.
したがって、ガンマ線は、原子から電子をノックアウトすることができるため、「電離放射線」です。

Of the three types of natural radioactivity, gamma rays are the most energetic, with values 10^15 times greater than visible light.
3種類の自然放射能の中で、ガンマ線が最もエネルギーが高く、可視光の10 ^ 15倍の値を持っています。

They also have short wavelengths, less than 0.1 nanometers, in some instances.
また、場合によっては、0.1ナノメートル未満の短波長もあります。

One of Fermi’s recent discoveries concerns the Crab Nebula.
フェルミの最近の発見の1つは、かに星雲に関するものです。

For many years, astronomers thought that the Crab Nebula was well known, with a steady X-ray glow.
何年もの間、天文学者かに星雲がよく知られていて、安定したX線の輝きがあると考えていました。

Fermi found that it is emitting gamma-ray bursts so strong that they are reconsidering their theories.
フェルミは、ガンマ線バーストが非常に強いことを発見しました、それは、彼らは彼らの理論を再考させています。

“Super flares” of gamma radiation are blasting out from the nebula, their intensity rapidly rising and falling.
ガンマ線の「スーパーフレア」が星雲から爆発し、その強度は急速に上下します。

Alice Harding at NASA’s Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Maryland reported:
“These superflares are the most intense outbursts we’ve seen to date, and they are all extremely puzzling events.
メリーランド州グリーンベルトにあるNASAゴダードスペースフライトセンターのアリスハーディングは次のように報告しました:
「これらのスーパーフレアは、これまでに見た中で最も激しい爆発であり、すべてが非常に不可解なイベントです。

We think they are caused by sudden rearrangements of the magnetic field not far from the neutron star, but exactly where that’s happening remains a mystery.”
それらは、中性子星からそれほど遠くない場所での磁場の突然の再配列によって引き起こされていると思いますが、それがどこで起こっているのかは謎のままです。」

When charged particles are accelerated in an electric field, they emit synchrotron radiation that often takes the form of X-rays and gamma-rays.
荷電粒子が電場で加速されると、X線ガンマ線の形をとることが多いシンクロトロン放射を放出します。

Laboratory experiments have confirmed that that is the “easiest” way to create them.
実験室での実験により、それがそれらを作成するための「最も簡単な」方法であることが確認されています。

They are not created in gravity fields.
それらは重力場では作成されません。

No so-called “pulsars,” “neutron stars,” or near-infinite masses compressed into infinitesimal volumes are necessary.
いわゆる「パルサー」、「中性子星」、または微小体積に圧縮されたほぼ無限の質量は必要ありません。

There are far more mundane factors that should be considered when analyzing data from space before resorting to super-dense objects and other exotic fictions.
超高密度の物体や他のエキゾチックなフィクションに頼る前に、宇宙からのデータを分析するときに考慮すべき、はるかにありふれた要因があります。

As has been noted in the past, Hannes Alfvén thought that the “exploding double layer” should be considered a new class of celestial object.
過去に指摘されたように、ハンス・アルヴェーンは、「爆発するダブル・レイヤー(二重層)」は新しいクラスの天体と見なされるべきだと考えました。
http://www.thunderbolts.info/tpod/2011/arch11/110513supernatural.htm

It is double layers in space plasmas that form most of the unusual structures we see.
私たちが目にする異常な構造のほとんどを形成するのは、宇宙プラズマのダブル・レイヤー(二重層)です。

Compression zones (z-pinches) in plasma filaments create plasmoids that evolve into stars and galaxies.
プラズマフィラメントの圧縮ゾーン(Zピンチ)は、恒星や銀河に進化するプラズモイドを作成します。

Electricity is responsible for the birth of stars, and when the current density gets too high the double layers in the circuit catastrophically release their excess energy and appear as gamma-ray bursts, X-rays or flares of ultraviolet light.
電気は恒星の誕生の原因であり、電流密度が高くなりすぎると、回路内のダブル・レイヤー(二重層)が壊滅的に過剰なエネルギーを放出し、ガンマ線バーストX線、または紫外線のフレアとして現れます。

“From what has been said it is obvious that astrophysics runs the risk of getting too speculative, unless it tries very hard to keep contact with laboratory physics.
「言われていることから、天体物理学は、実験室の物理学との接触を維持しようと非常に懸命に努力しない限り、推測的になりすぎるリスクがあることは明らかです。

Indeed it is essential to stress that astrophysics is essentially an application to cosmic phenomena of the laws of nature found in the laboratory.
確かに、天体物理学は本質的に実験室で見られる自然法則の宇宙現象への応用であることを強調することが不可欠です。

a particular field of astrophysics is not ripe for a scientific approach before experimental physics has reached a certain state of development.”
fic approach before experimental physics has reached a certain state of development.”
Hannes Alfvén
このことから、実験物理学が特定の発展状態に達する前の、天体物理学の特定の分野が科学的アプローチに熟していないことがわかります。」
ハンス・アルヴェーン

Stephen Smith
ティーブン・スミス