[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Redshifts and Microwaves レッドシフトとマイクロ波]

[Redshifts and Microwaves レッドシフトとマイクロ波
Stephen Smith February 19, 2014Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20201121223122p:plain
Galaxy NGC 7319. Arrow points to foreground high redshift quasar.
銀河NGC 7319。
矢印は、高レッドシフト・クエーサーの前景を指しています。


――――――――
Feb 19, 2014
現代の天文学は、まさに盲目の悪感に苦しんでいる。それは心、または、実践の1つでの盲目です。

ビッグバン宇宙論の継続的な存在は、これらの中の人々が、科学知識を貯め込んでゆくにしたがって、何らかの形で盲目に成っていることを証明しています。

天文学者達だけでなく、科学記者達も、理論と事実を区別する能力を失っています、したがって、ビッグバンが永続する事を支援しています。

メディアは常にそのような報告が観測的な証拠に基づいていないのに新しい発見が確定したという主張をレポートしています。

2003年10月3日、ビッグバン理論は直接観察によって反証されました。

銀河NGC7319は、z = 0.0225の赤方偏移を持つと測定されました。

「近くの」銀河はZ = 1以下のレッドシフトを持っている事は珍しくありません。

しかしながら、クエーサーは、Z = 2.114と観測されたレッドシフトを有するNGC 7319の不透明ガス雲の前に位置していました。

ビッグ・バン理論の2つの原則は、レッドシフトが距離に比例し、速度の指標であることです。

オブジェクトの赤方偏移が大きいほど、オブジェクトは遠くなり、観測者から離れる速度が速くなります。

これらの2つのアイデアは、宇宙が膨張しているという一般的な信念の背景(幕)を提供します。

ビッグバンによると、NGC 7319クエーサー赤方偏移が大きいため、「銀河よりも数十億光年離れている必要があります」。

でもしかし、銀河は不透明であるため、クエーサーは銀河の塵の雲の前にあり、それらを通して輝いていない必要があります。

赤方偏移が2.11で、活動銀河の中心にとても近い、これほど高い赤方偏移を持つクエーサーは誰にも見つかりませんでした、」と当時の天文学者ジェフリー・バービッジは言った。

ディスカバリーチームには、彼の配偶者、E.・マーガレット・バービッジ、別の天文学者が含まれていました。

この発見は、より低いレッドシフトの銀河の前にクエーサーが有る最も極端な例であるため、重要でした。

従来の宇宙論は、重力によって支配された電気的に中性の宇宙に依存します。

このドグマティック・コンセンサスがなければ、ビッグバンは決して優勢になっていませんでした。

科学者達は、毎年、そのグラント(助成金)を更新する必要がある、「条件に応じて、報告書に応じて、妥当と評価しています。

雑誌の出版社は、確立された機関との良好な関係を維持することを望んでいるので、背景調査や重要な分析が伴った最新のニュース・リリースを受け入れます。

2001年6月30日、NASAは、1992年に宇宙背景エクスプローラ(Cobe)人工衛星によって返された一部の異常なテレメトリを再現するためのミッションでウィルキンソンマイクロ波異方性プローブ(WMAP)を打ち上げました。
https://map.gsfc.nasa.gov/index.html
https://lambda.gsfc.nasa.gov/product/cobe/

温度変動データは、宇宙における質量密度の低い領域があることを示唆しているようであった。

ビッグバン理論はそのような地域を占めるものではないので
―物質とエネルギーを均等に分散させる必要があります
―WMAP調査がCobeの結果を確認するために送られました。

ウォル・ソーンヒルは、CobeやWMAPが「宇宙」放射を検出しなかったと指摘しました。
https://www.holoscience.com/wp/nobel-prize-for-big-bang-is-a-fizzer/

むしろ、彼等は、双方とも自然のマイクロ波放射を見つけた、「太陽の局所の恒星間プラズマ中の電流フィラメントから。

宇宙線の宇宙マイクロ波背景(CMB)の代わりに、それは恒星間マイクロ波の背景です。

それは、CMBが宇宙における銀河と銀河集団の塊を考慮するためにムーブンがあまりにも滑らかであるという事実を意味付けします。」

電気的宇宙理論は、これらの事項に対処するための全く異なる方法を持ちます。

見えない、検出出来ない、その存在が推測されることが出来るだけの力には依存しません。

イオン化されたガスおよび塵埃を流れる電流は、恒星のためのエネルギーを提供し、難解な数学モデルに頼ることなく、直接的かつ理解しやすい方法で提示します。

赤方偏移マイクロ波は、宇宙がどのように機能するかを説明するには不十分であることが証明されています。

ティーブン・スミス
――――――――
Feb 19, 2014
Modern astronomy surely suffers from a kind of blindness. It is either a blindness of mind or one of practice.
現代の天文学は、まさに盲目の悪感に苦しんでいる。それは心、または、実践の1つでの盲目です。

The continuing presence of Big Bang cosmology among those who are charged with increasing the store of scientific knowledge proves that there certainly is blindness in some form.
ビッグバン宇宙論の継続的な存在は、これらの中の人々が、科学知識を貯め込んでゆくにしたがって、何らかの形で盲目に成っていることを証明しています。

Not only astronomers, but science reporters have lost the ability to differentiate fact from theory, thus helping to perpetuate the Big Bang.
天文学者達だけでなく、科学記者達も、理論と事実を区別する能力を失っています、したがって、ビッグバンが永続する事を支援しています。

Media reports constantly assert that new discoveries confirm it when such reports are not based on observational evidence.
メディアは常にそのような報告が観測的な証拠に基づいていないのに新しい発見が確定したという主張をレポートしています。

On October 3, 2003, the Big Bang theory was falsified by direct observation.
2003年10月3日、ビッグバン理論は直接観察によって反証されました。

The galaxy NGC 7319 was measured to have a redshift of z = 0.0225.
銀河NGC7319は、z = 0.0225の赤方偏移を持つと測定されました。

It is not uncommon for “nearby” galaxies to have redshifts below z = 1.
「近くの」銀河はZ = 1以下のレッドシフトを持っている事は珍しくありません。

However, a quasar was located in front of NGC 7319’s opaque gas clouds with an observed redshift of z = 2.114.
しかしながら、クエーサーは、Z = 2.114と観測されたレッドシフトを有するNGC 7319の不透明ガス雲の前に位置していました。

The two principle tenets of the Big Bang theory are that redshift is proportional to distance and that it is an indicator of velocity.
ビッグ・バン理論の2つの原則は、レッドシフトが距離に比例し、速度の指標であることです。

The larger an object’s redshift the farther away it is and the faster it is moving away from the observer.
オブジェクトの赤方偏移が大きいほど、オブジェクトは遠くなり、観測者から離れる速度が速くなります。

Those two ideas provide the backdrop for the commonly held belief that the Universe is expanding.
これらの2つのアイデアは、宇宙が膨張しているという一般的な信念の背景(幕)を提供します。

According to the Big Bang, the NGC 7319 quasar “must be billions of light years farther away than the galaxy” because it has a higher redshift.
ビッグバンによると、NGC 7319クエーサー赤方偏移が大きいため、「銀河よりも数十億光年離れている必要があります」。

Yet, since the galaxy is opaque, the quasar has to be in front of the galactic dust clouds and not shining through them.
でもしかし、銀河は不透明であるため、クエーサーは銀河の塵の雲の前にあり、それらを通して輝いていない必要があります。

“No one has found a quasar with such a high redshift, with a redshift of 2.11, so close to the center of an active galaxy,” said the late astronomer Geoffrey Burbidge at the time.
赤方偏移が2.11で、活動銀河の中心にとても近い、これほど高い赤方偏移を持つクエーサーは誰にも見つかりませんでした、」と当時の天文学者ジェフリー・バービッジは言った。

The discovery team included his spouse, E. Margaret Burbidge, another noted astronomer.
ディスカバリーチームには、彼の配偶者、E.・マーガレット・バービッジ、別の天文学者が含まれていました。

The find was significant because it is the most extreme example of a quasar in front of a galaxy with a lower redshift.
この発見は、より低いレッドシフトの銀河の前にクエーサーが有る最も極端な例であるため、重要でした。

Conventional cosmology relies on an electrically neutral Universe ruled by gravity.
従来の宇宙論は、重力によって支配された電気的に中性の宇宙に依存します。

Without this dogmatic consensus, the Big Bang would never have become so predominant.
このドグマティック・コンセンサスがなければ、ビッグバンは決して優勢になっていませんでした。

Scientists, needing to renew their grants every year, “confirm” the theory when, according to reports, it has been discredited.
科学者達は、毎年、そのグラント(助成金)を更新する必要がある、「条件に応じて、報告書に応じて、妥当と評価しています。

Magazine publishers desire to maintain good relationships with established institutions, so they accept the latest news releases with little background investigation or critical analysis.
雑誌の出版社は、確立された機関との良好な関係を維持することを望んでいるので、背景調査や重要な分析が伴った最新のニュース・リリースを受け入れます。

On June 30, 2001, NASA launched the Wilkinson Microwave Anisotropy Probe (WMAP) on a mission to reexamine some unusual telemetry returned by the Cosmic Background Explorer (COBE) satellite in 1992.
2001年6月30日、NASAは、1992年に宇宙背景エクスプローラ(Cobe)人工衛星によって返された一部の異常なテレメトリを再現するためのミッションでウィルキンソンマイクロ波異方性プローブ(WMAP)を打ち上げました。
https://map.gsfc.nasa.gov/index.html
https://lambda.gsfc.nasa.gov/product/cobe/

Temperature fluctuations data seemed to suggest that there were regions of lower mass density in the Universe.
温度変動データは、宇宙における質量密度の低い領域があることを示唆しているようであった。

Since the Big Bang theory does not account for such regions
—matter and energy should be evenly distributed
—the WMAP survey was sent to verify COBE’s results.
ビッグバン理論はそのような地域を占めるものではないので
―物質とエネルギーを均等に分散させる必要があります
―WMAP調査がCobeの結果を確認するために送られました。

Electric Universe advocate Wal Thornhill pointed out that neither COBE or WMAP detected “cosmic” radiation.
ウォル・ソーンヒルは、CobeやWMAPが「宇宙」放射を検出しなかったと指摘しました。
https://www.holoscience.com/wp/nobel-prize-for-big-bang-is-a-fizzer/

Rather, they both found the natural microwave radiation from “electric current filaments in interstellar plasma local to the Sun.
むしろ、彼等は、双方とも自然のマイクロ波放射を見つけた、「太陽の局所の恒星間プラズマ中の電流フィラメントから。

Instead of the Cosmic Microwave Background (CMB), it is the Interstellar Microwave Background.
宇宙線の宇宙マイクロ波背景(CMB)の代わりに、それは恒星間マイクロ波の背景です。

That makes sense of the fact that the CMB is too smooth to account for the lumpiness of galaxies and galactic clusters in the Universe.”
それは、CMBが宇宙における銀河と銀河集団の塊を考慮するためにムーブンがあまりにも滑らかであるという事実を意味付けします。」

The Electric Universe theory has an entirely different way of addressing these matters.
電気的宇宙理論は、これらの事項に対処するための全く異なる方法を持ちます。

It does not rely on unseen and undetectable forces whose existence can only be inferred.
見えない、検出出来ない、その存在が推測されることが出来るだけの力には依存しません。

Electric currents flowing through ionized gas and dust provide the energy for the stars, presenting themselves in straightforward and understandable ways without resorting to esoteric mathematical models.
イオン化されたガスおよび塵埃を流れる電流は、恒星のためのエネルギーを提供し、難解な数学モデルに頼ることなく、直接的かつ理解しやすい方法で提示します。

Redshifts and microwaves have proven themselves inadequate to explain how the Universe functions.
赤方偏移マイクロ波は、宇宙がどのように機能するかを説明するには不十分であることが証明されています。

Stephen Smith
ティーブン・スミス