[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Juno Meets Van Allen ジュノとヴァンアレンの出会い]

[Juno Meets Van Allen ジュノとヴァンアレンの出会い]
Stephen Smith May 19, 2014Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20201104095316p:plain
地球の電磁界を研究するツイン・ヴァンアレン・プローブのアーティストによる表現。

――――――――
May 20, 2014
2013年10月9日、ジュノー宇宙船は木星に向かう途中で地球を飛行し、電離層の通過が検出されました。


NASAは2011年8月5日に木星へのジュノー・ミッションを開始しました。

火星の軌道を通過した後、2013年10月9日に地球から重力アシストのために戻ってきた宇宙船は、深宇宙に向かった。

木星への到着は2016年7月に行われます。

ジュノは肉眼では見えませんでしたが、その到着は科学者達にユニークな機会を与えました。

地球からわずか600キロ上にあったので、NASAは、2012年8月30日に軌道に打ち上げられたヴァン・アレン探査機を使用して、地球の電場の通過を追跡することができました。

以前は放射線帯嵐探査機(RBSP)として知られていたヴァン・アレン人工衛星は、太陽と地球近傍天体がどのように相互作用するかを理解するために打ち上げられました。

彼らは地球の放射線帯の振る舞いを解釈することによってこれを行います、そして、プラズマとしても知られる高速電子とイオンのあり方は、磁場によって誘導または閉じ込められます。

2つの宇宙船は非常に偏心した軌道にあり、すれ違うとベルトに何度も出入りします、軌道上での自分の存在の影響を理解して無視することを可能にし、空間異常を除外します。

ヴァンアレン・ミッションが通過するのを見ることができたのは、ベルトに対するジュノ・プローブの小さな電気的影響でした。

プラズマはしばしば物質の第4の状態として説明されます。

しかしながら、観測により、それが宇宙の99%以上を占めることが確認されているので、それは最初の状態と見なされるべきです。

科学者たちが、私たちが電気が重要な役割を果たすダイナミックな太陽系に住むことができる可能性を確信したのは、まだたった過去100年間のことです。

太陽の電場が数十億キロメートルにわたって広がり、惑星の運動や相互作用に影響を与えていることは明らかです。

プラズマは帯電した物質であるため、運動すると電流が発生します。

プラズマを流れる電流は、その軸に沿って管状の磁気シース(鞘)を作成します。

十分な電流が回路を通過すると、プラズマ・シース(鞘)が発光し、その中に他の多くのシース(鞘)が作成されることがあります。

このシース(鞘)は「ダブル・レイヤー(二重層)」と呼ばれます。

地球はそのようなダブル・レイヤー(二重層)の鞘を通して太陽に直接接続されています。

荷電粒子の渦はそれらの鞘で加速されます、数百万アンペアを地球の電磁環境に運びます。

これらの電流は極域の先端に入り、そこでいくつかの粒子が極域のオーロラにエネルギーを与えます。

電気的太陽理論によれば、太陽に焦点を合わせた電場は荷電粒子を加速します:
それらが速く動くほど、フィールドは強くなります。

しかしながら、惑星間電場は非常に弱いです。

100メートルの電圧差を測定できる機器はまだありません、しかし、数千万キロメートルを超える太陽風の加速は、太陽系全体のドリフト電流を維持するのに十分な、太陽の電界を確認します。

ヴァンアレン検出器は、時間の経過とともに、将来のミッションの能力が向上することを示しています。

結局のところ、惑星間電場の詳細な測定を行うことはそれほど遠くないかもしれません。

ティーブン・スミス
――――――――
May 20, 2014
On October 9, 2013 the Juno spacecraft flew by Earth on its way to Jupiter, where its passage through the ionosphere was detected.
2013年10月9日、ジュノー宇宙船は木星に向かう途中で地球を飛行し、電離層の通過が検出されました。


NASA launched the Juno Mission to Jupiter on August 5, 2011.
NASAは2011年8月5日に木星へのジュノー・ミッションを開始しました。

After traveling out past the orbit of Mars, the spacecraft returned for a gravity assist from Earth on October 9, 2013, and then headed out to deep space.
火星の軌道を通過した後、2013年10月9日に地球から重力アシストのために戻ってきた宇宙船は、深宇宙に向かった。

Arrival at Jupiter should take place in July of 2016.
木星への到着は2016年7月に行われます。

Although Juno was invisible to the unaided eye, its arrival allowed scientists a unique opportunity.
ジュノは肉眼では見えませんでしたが、その到着は科学者達にユニークな機会を与えました。

Since it was only 600 kilometers above Earth, NASA was able to track its passage through Earth’s electric fields using the Van Allen probes, launched into orbit on August 30, 2012.
地球からわずか600キロ上にあったので、NASAは、2012年8月30日に軌道に打ち上げられたヴァン・アレン探査機を使用して、地球の電場の通過を追跡することができました。

Formerly known as the Radiation Belt Storm Probes (RBSP), the Van Allen satellites were launched in an effort to understand how the Sun and near-Earth space interact.
以前は放射線帯嵐探査機(RBSP)として知られていたヴァン・アレン人工衛星は、太陽と地球近傍天体がどのように相互作用するかを理解するために打ち上げられました。

They do this by interpreting the behavior of Earth’s radiation belts, and the way that high speed electrons and ions, otherwise known as plasma, are guided or confined by magnetic fields.
彼らは地球の放射線帯の振る舞いを解釈することによってこれを行います、そして、プラズマとしても知られる高速電子とイオンのあり方は、磁場によって誘導または閉じ込められます。

The two spacecraft are in highly eccentric orbits, passing each other and dipping in and out of the belts many times, allowing them to understand and disregard effects of their own presences in orbit, as well as filtering out spatial anomalies.
2つの宇宙船は非常に偏心した軌道にあり、すれ違うとベルトに何度も出入りします、軌道上での自分の存在の影響を理解して無視することを可能にし、空間異常を除外します。

It was the small electrical effects of the Juno probe on the belts that allowed the Van Allen mission to see it passing by.
ヴァンアレン・ミッションが通過するのを見ることができたのは、ベルトに対するジュノ・プローブの小さな電気的影響でした。

Plasma is often described as the fourth state of matter.
プラズマはしばしば物質の第4の状態として説明されます。

However, since observations confirm that it makes up more than 99% of the Universe, it should be reckoned the first state.
しかしながら、観測により、それが宇宙の99%以上を占めることが確認されているので、それは最初の状態と見なされるべきです。

It has only been in the last 100 years that scientists have given credence to the possibility that we could be living in a dynamic Solar System where electricity plays an important role.
科学者たちが、私たちが電気が重要な役割を果たすダイナミックな太陽系に住むことができる可能性を確信したのは、まだたった過去100年間のことです。

It is evident that the Sun’s electric field extends for billions of kilometers, influencing the planets in their motions, as well as how they interact with each other.
太陽の電場が数十億キロメートルにわたって広がり、惑星の運動や相互作用に影響を与えていることは明らかです。

Since plasma is a charged substance, in motion it generates an electric current.
プラズマは帯電した物質であるため、運動すると電流が発生します。

An electric current flowing through plasma creates a tube-like magnetic sheath along its axis.
プラズマを流れる電流は、その軸に沿って管状の磁気シース(鞘)を作成します。

If enough current passes through the circuit, the plasma sheath will glow, sometimes creating a number of other sheaths within it.
十分な電流が回路を通過すると、プラズマ・シース(鞘)が発光し、その中に他の多くのシース(鞘)が作成されることがあります。

The sheath is called a “double layer”.
このシース(鞘)は「ダブル・レイヤー(二重層)」と呼ばれます。

Earth is directly connected to the Sun through such double layer sheaths.
地球はそのようなダブル・レイヤー(二重層)の鞘を通して太陽に直接接続されています。

Vortices of charged particles are accelerated in those sheaths, carrying millions of amperes into Earth’s electromagnetic environment.
荷電粒子の渦はそれらの鞘で加速されます、数百万アンペアを地球の電磁環境に運びます。

Those currents enter the polar cusps, where some particles energize the polar aurorae.
これらの電流は極域の先端に入り、そこでいくつかの粒子が極域のオーロラにエネルギーを与えます。

According to the Electric Sun theory, an electric field focused on the Sun accelerates charged particles:
the faster they move, the stronger the field.
電気的太陽理論によれば、太陽に焦点を合わせた電場は荷電粒子を加速します:
それらが速く動くほど、フィールドは強くなります。

However, the interplanetary electric field is extremely weak.
しかしながら、惑星間電場は非常に弱いです。

No instrument is yet able to measure the voltage differential across 100 meters, but the solar wind acceleration over tens of millions of kilometers does confirm the Sun’s e-field, enough to sustain a drift current across the Solar System.
100メートルの電圧差を測定できる機器はまだありません、しかし、数千万キロメートルを超える太陽風の加速は、太陽系全体のドリフト電流を維持するのに十分な、太陽の電界を確認します。

The Van Allen detectors show that, over time, the capabilities of future missions will increase.
ヴァンアレン検出器は、時間の経過とともに、将来のミッションの能力が向上することを示しています。

Taking detailed measurements of interplanetary electric fields might not be so far off, after all.
結局のところ、惑星間電場の詳細な測定を行うことはそれほど遠くないかもしれません。

Stephen Smith
ティーブン・スミス