[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [On Donder! On Blitzar! ドンダー(サンダー)に! ブリッツァーに!]

[On Donder! On Blitzar! ドンダー(サンダー)に! ブリッツァーに!]
Stephen Smith October 15, 2014Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20201007224415p:plain
Location of 4 “blitzars” on a radio map of the sky.
空のラジオマップ上の4つの「ブリッツァー」の位置。

――――――――
Oct 15, 2014
銀河間空間からのラジオ波バースト。


「今日の写真」の記事のいくつかは、ガンマ・レイ・バースター(GRB)の問題に取り組んでいます。

ガンマ・レイ・バースター(GRB)は、中性子星の衝突、超新星の爆発、またはブラック・ホールの「誕生の苦痛」によって生成される信じられないほど強力な電磁放射であると言われています。

SWIFT衛星によって検出された最初のいくつかのガンマ・レイ・バースター(GRB)は、高赤方偏移銀河にあります:
幾人かは、120億光年離れていると言う人もいます。

それらがそれほど遠くにある場合、観測されたエネルギーは超新星を超えています、そのため、「ハイパー(極)超新星」として知られる架空の宇宙実体が呼び出され、赤方偏移-距離-規定理論が救われました。

天体物理学者が推測しているように、ハイパー超新星は太陽の何倍もの質量である恒星で発生します。

その極端な質量のために、従来の理論によると、融合コアが内方崩壊すると、それらの強い重力場はそれらを崩縮させ、ブラックホールを形成します。

ガスと塵の残りの殻は崩縮するコアから跳ね返り、ハイパー超新星を形成します。

プロセスに関係なく、ハイパー超新星の爆発とそれに続くブラックホールへの崩縮がどのようにガンマ・レイ・バースター(GRB)を生成するかはまだわかっていません。

6年前、電波天文学者は別の奇妙で強力なエネルギーバーストを発見しました:
高速ラジオ波バースト、またはFRB

その最初の5ミリ秒のイベントの電力は、太陽が1か月に放出するよりも多くのエネルギーを放出すると説明されていました。

何がそのような強力なラジオ波信号を引き起こす可能性がありますか?

皮肉なことに、高速ラジオ波バースト(FRB)はブラックホールの誕生の苦痛の代わりに、ブラックホールの死から来たと推測されました。

ブラックホールに関する現代の理論では、「ホーキング放射」として知られるプロセスを通じてブラックホールを「蒸発」させることができます。

スティーブン・ホーキングによれば、ブラックホールにM個の太陽質量が含まれている場合、6 X 10 ^ -8 / Mケルビンの黒体「グロー発光」が存在します。

これは、「無給」ブラックホールがその質量を放射し、最終的には水素爆弾のように爆発することを意味します。

しかしながら、M太陽質量ブラックホールは10 ^ 71(M ^ 3)秒続くはずなので、1つを検出することは「問題がある」。

そのアイデアを提案した天文学者達でさえ、それを「推定的」だと考えていました。


代わりに、より一般的な理論は、別の架空のエンティティである「ブリッツァー」の呼び出しに依存しています。

マンチェスター大学からの比較的最近の発表として、オーストラリアのパークスで64メートルの電波望遠鏡を使用してさらに4つの高速ラジオ波バースト(FRB)が発見されたため、総数は6つになりました。
https://www.scientificamerican.com/article/a-brilliant-flash-then-nothing-new-fast-radio-bursts-mystify-astronomers/

ブリツァーは中性子星であると考えられており、その質量によって通常はブラックホールに崩縮します、しかし、それは非常に速く回転しているので、その角運動量はそれが起こるのを防ぎます。

ラジオ波バーストは非常に強力で、110億光年を超えて遠く離れていると言われているため、赤方偏移理論を保存するために、ブリツァー、つまり「太りすぎの中性子星」が(再び)必要です。

レッドシフトは、オブジェクトを適切な距離で空間に配置するための一般的に受け入れられているアイデアです。

視差測定を使用して、近くの恒星までの距離を決定することが可能です、しかし、数光年を超えると、角度が非常に小さくなり、解像できなくなります。
http://cas.sdss.org/dr6/en/proj/advanced/hr/hipparcos1.asp

したがって、より多くの遠隔体までの距離を決定できるように、レッドシフトが導入され始めました。

レビューとして、エドウィン・ハッブルは、ウィルソン山天文台で100インチの望遠鏡を使用して、彼は銀河が天の川から後退するのを観察したと信じていました。

彼の記録されたデータの最も驚くべき部分は、後退そのものではなく、彼の測定に関連した高速でした。

彼の計算によると、いくつかの銀河は毎秒数千キロメートルで彼の天文台から遠ざかっていました。

ドップラー効果(1842年にアイデアを思いついたオーストリアの物理学者クリスチャン・ドップラーにちなんで名付けられました)をさまざまな銀河のスペクトルに適応させ、ハッブルは、フラウン・ホーファー線と呼ばれる特定の元素の特徴の位置の変化(ドイツの物理学者ヨゼフ・フォン・フラウンホーファーに因んで)は、光波が見かけの後退速度によってスペクトルの赤い端に向かってシフトしたことを示していると考えました。

フラウンホーファー線は、光を吸収している元素の種類によってスペクトルで識別される特定の周波数で発生すると想定されています。

それらが別の場所にある場合は、元素の加速のためにドップラー・シフトされています。

これは、銀河スケールの距離計算のバックボーンと、銀河が表示する想定される後退速度を形成します。

赤方偏移の問題とそれに関連するハルトン・アープ博士による解決策は、この論文のトピックではありません。

言うまでもなく、ドップラーのアイデアは、恒星の距離に不適切に適用した事に起因しています。

さて、高速ラジオ波バースト(FRB)についてのプレス・リリースとして述べている様に、ブリッツァーはその理論を救済する方法です、電波が宇宙空間内の電子で速度が遅くなるため、ですから、結論は、ラジオ波信号が数十億光年の旅行をしなければならないということです。

したがって、高速ラジオ波バースト(FRB)は、「太陽が100万年で放出するのと同じ量のエネルギーを数ミリ秒で放出します」。

しかし、電気的宇宙の宇宙論者が結論付けているように、高速ラジオ波バースト(FRB)強度の別の説明は、赤方偏移は実際には距離の指標ではないため、近くの銀河系の近隣で発生しているということです。

高速ラジオ波バースト(FRB)は想像を絶するほど強力ではなく、推定的に拡大する時空の連続体の端から来たものでもなく、ブラックホールの死の悲劇でもありません。

FRBが実際に近くにある場合、それらはあまりエネルギーがありません、ですから、爆発するダブル・レイヤー(二重層)の形でのプラズマ放電は、実験室での実験を通して探求できる方法でそれらを推進することができます。

ブラックホール、太りすぎの中性子星、そして、ブリッツァー、のような数学的ファントム(幻影)に頼るのではなく、むしろ、実際のテスト可能な仮説を作成し、実際の物理モデルでそれらを処理してみませんか?

標準的な宇宙論は、モデルを観測と一致させるのに苦労しています。

ラジオ波、イオン励起からのX線、およびエネルギー曲線の範囲は、稲妻の特性です。

コンピュータ・シミュレーションは、プラズマ現象が数桁にわたってスケーラブルであることを示しています:
それらは原子であろうと銀河であろうと、同じように動作し、基本的な前提を示しています。

別の皮肉なひねりで、「ブリッツァー」という言葉はドイツ語の稲妻から来ています。

おそらく、高速ラジオ波バースト(FRB)は、プラズマの帯電した雲から巨大な規模で噴出する宇宙の稲妻の閃光です。

ティーブン・スミス
――――――――
Oct 15, 2014
Radio bursts from intergalactic space.
銀河間空間からのラジオ波バースト。


Several Picture of the Day articles address the problems with Gamma Ray Bursters (GRB).
「今日の写真」の記事のいくつかは、ガンマ・レイ・バースター(GRB)の問題に取り組んでいます。

GRBs are said to be incredibly powerful electromagnetic emissions generated by neutron star collisions, supernova explosions, or black hole “birth pangs”.
ガンマ・レイ・バースター(GRB)は、中性子星の衝突、超新星の爆発、またはブラック・ホールの「誕生の苦痛」によって生成される信じられないほど強力な電磁放射であると言われています。

The first few GRBs detected by the SWIFT satellite are located in high redshift galaxies:
some said to be 12 billion light-years away.
SWIFT衛星によって検出された最初のいくつかのガンマ・レイ・バースター(GRB)は、高赤方偏移銀河にあります:
幾人かは、120億光年離れていると言う人もいます。

If they are that far away, the energies observed are beyond any supernova, so a hypothetical cosmic entity known as a “hypernova” was invoked, salvaging the redshift-indicates-distance theory.
それらがそれほど遠くにある場合、観測されたエネルギーは超新星を超えています、そのため、「ハイパー(極)超新星」として知られる架空の宇宙実体が呼び出され、赤方偏移-距離-規定理論が救われました。

As astrophysicists speculate, hypernovae occur in stars that are many times the mass of the Sun.
天体物理学者が推測しているように、ハイパー超新星は太陽の何倍もの質量である恒星で発生します。

Due to that extreme mass, conventional theories say that once their fusion cores implode, their intense gravity fields cause them to collapse, forming black holes.
その極端な質量のために、従来の理論によると、融合コアが内方崩壊すると、それらの強い重力場はそれらを崩縮させ、ブラックホールを形成します。

The remaining shell of gas and dust rebounds off the collapsing core, forming a hypernova.
ガスと塵の残りの殻は崩縮するコアから跳ね返り、ハイパー超新星を形成します。

Irrespective of the process, it is still not known how a hypernova explosion, and the subsequent collapse into a black hole, creates a GRB.
プロセスに関係なく、ハイパー超新星の爆発とそれに続くブラックホールへの崩縮がどのようにガンマ・レイ・バースター(GRB)を生成するかはまだわかっていません。

Six years ago, radio astronomers discovered another strange, powerful energy burst:
a Fast Radio Burst, or FRB.
6年前、電波天文学者は別の奇妙で強力なエネルギーバーストを発見しました:
高速ラジオ波バースト、またはFRB

The power in that first five millisecond event was described as releasing more energy than the Sun puts out in a month.
その最初の5ミリ秒のイベントの電力は、太陽が1か月に放出するよりも多くのエネルギーを放出すると説明されていました。

What can cause such a powerful radio signal?
何がそのような強力なラジオ波信号を引き起こす可能性がありますか?

Ironically, instead of a black hole’s birth pangs, the FRB was surmised to come from the death of a black hole.
皮肉なことに、高速ラジオ波バースト(FRB)はブラックホールの誕生の苦痛の代わりに、ブラックホールの死から来たと推測されました。

Modern theories about black holes now allow them to “evaporate” through a process known as “Hawking radiation”.
ブラックホールに関する現代の理論では、「ホーキング放射」として知られるプロセスを通じてブラックホールを「蒸発」させることができます。

According to Stephen Hawking, if a black hole contains M solar masses, a blackbody “glow” of 6 X 10^-8/M Kelvin will exist.
スティーブン・ホーキングによれば、ブラックホールにM個の太陽質量が含まれている場合、6 X 10 ^ -8 / Mケルビンの黒体「グロー発光」が存在します。

This means that an “unfed” black hole should radiate its mass away, eventually exploding like a hydrogen bomb.
これは、「無給」ブラックホールがその質量を放射し、最終的には水素爆弾のように爆発することを意味します。

However, an M solar mass black hole ought to last 10^71(M^3) seconds, so detecting one is “problematic”.
しかしながら、M太陽質量ブラックホールは10 ^ 71(M ^ 3)秒続くはずなので、1つを検出することは「問題がある」。

Even the astronomers who proposed the idea considered it “speculative”.
そのアイデアを提案した天文学者達でさえ、それを「推定的」だと考えていました。

Instead, the more popular theory relies on the invocation of another hypothetical entity, a “blitzar”.
代わりに、より一般的な理論は、別の架空のエンティティである「ブリッツァー」の呼び出しに依存しています。

As a relatively recent announcement from the University of Manchester reports, the discovery of four more FRBs using the 64 meter radio telescope in Parkes, Australia brings the total number to six.
マンチェスター大学からの比較的最近の発表として、オーストラリアのパークスで64メートルの電波望遠鏡を使用してさらに4つの高速ラジオ波バースト(FRB)が発見されたため、総数は6つになりました。
https://www.scientificamerican.com/article/a-brilliant-flash-then-nothing-new-fast-radio-bursts-mystify-astronomers/

A blitzar is supposed to be a neutron star whose mass would ordinarily cause it to collapse into a black hole, but it is spinning so rapidly that its angular momentum prevents that from happening.
ブリツァーは中性子星であると考えられており、その質量によって通常はブラックホールに崩縮します、しかし、それは非常に速く回転しているので、その角運動量はそれが起こるのを防ぎます。

Since the radio bursts are so powerful and said to be so far away, over 11 billion light-years, the blitzar, or “overweight neutron star”, is necessary (again) in order to save redshift theory.
ラジオ波バーストは非常に強力で、110億光年を超えて遠く離れていると言われているため、赤方偏移理論を保存するために、ブリツァー、つまり「太りすぎの中性子星」が(再び)必要です。

Redshift is the commonly accepted idea for placing objects in space at their proper distances.
レッドシフトは、オブジェクトを適切な距離で空間に配置するための一般的に受け入れられているアイデアです。

Using parallax measurements, the distance to nearby stars is possible to determine, but beyond a few light-years, the angles become so small that they cannot be resolved.
視差測定を使用して、近くの恒星までの距離を決定することが可能です、しかし、数光年を超えると、角度が非常に小さくなり、解像できなくなります。
http://cas.sdss.org/dr6/en/proj/advanced/hr/hipparcos1.asp

Therefore, redshift came into play so that the distance to more remote bodies could be determined.
したがって、より多くの遠隔体までの距離を決定できるように、レッドシフトが導入され始めました。

By way of review, Edwin Hubble, using the 100-inch telescope at Mt. Wilson observatory, believed that he had observed galaxies receding from the Milky Way.
レビューとして、エドウィン・ハッブルは、ウィルソン山天文台で100インチの望遠鏡を使用して、彼は銀河が天の川から後退するのを観察したと信じていました。

The most surprising piece of his recorded data was not the recession itself, but the high velocities associated with his measurements.
彼の記録されたデータの最も驚くべき部分は、後退そのものではなく、彼の測定に関連した高速でした。

According to his calculations, some galaxies were traveling away from his observatory at thousands of kilometers per second.
彼の計算によると、いくつかの銀河は毎秒数千キロメートルで彼の天文台から遠ざかっていました。

Adapting the Doppler effect (named for the Austrian physicist Christian Doppler, who came up with the idea in 1842) to the spectra of various galaxies, Hubble thought that the change in location of particular elemental signatures called Fraunhofer lines (for the German physicist Joseph von Fraunhofer) indicated that the lightwaves had been shifted toward the red end of the spectrum by an apparent recessional velocity.
ドップラー効果(1842年にアイデアを思いついたオーストリアの物理学者クリスチャン・ドップラーにちなんで名付けられました)をさまざまな銀河のスペクトルに適応させ、ハッブルは、フラウン・ホーファー線と呼ばれる特定の元素の特徴の位置の変化(ドイツの物理学者ヨゼフ・フォン・フラウンホーファーに因んで)は、光波が見かけの後退速度によってスペクトルの赤い端に向かってシフトしたことを示していると考えました。

Fraunhofer lines are supposed to occur at specific frequencies identified in the spectrum by the kind of element that is absorbing the light.
フラウンホーファー線は、光を吸収している元素の種類によってスペクトルで識別される特定の周波数で発生すると想定されています。

If they are in a different location, they have been Doppler-shifted because of the element’s acceleration.
それらが別の場所にある場合は、元素の加速のためにドップラー・シフトされています。

This forms the backbone of galactic-scale distance calculations and the supposed speed of recession that galaxies display.
これは、銀河スケールの距離計算のバックボーンと、銀河が表示する想定される後退速度を形成します。

The problems with redshift and their associated resolution by Dr. Halton Arp is not the topic of this paper.
赤方偏移の問題とそれに関連するハルトン・アープ博士による解決策は、この論文のトピックではありません。

Suffice to say, Doppler’s ideas are improperly attributed to stellar distance.
言うまでもなく、ドップラーのアイデアは、恒星の距離に不適切に適用した事に起因しています。
Now, the blitzar is supposed to be a way to salvage that theory because, as the press release about FRBs states, radio waves are slowed by electrons in space, so the conclusion is that the radio signals must have travelled billions of light-years.
さて、高速ラジオ波バースト(FRB)についてのプレス・リリースとして述べている様に、ブリッツァーはその理論を救済する方法です、電波が宇宙空間内の電子で速度が遅くなるため、ですから、結論は、ラジオ波信号が数十億光年の旅行をしなければならないということです。

Therefore, the FRBs “emit as much energy in a few milliseconds as the Sun does in a million years”.
したがって、高速ラジオ波バースト(FRB)は、「太陽が100万年で放出するのと同じ量のエネルギーを数ミリ秒で放出します」。

As Electric Universe cosmologists conclude, however, another explanation for FRB intensity is that redshift is not actually an indicator of distance, so they are occurring in nearby galactic neighborhoods.
しかし、電気的宇宙の宇宙論者が結論付けているように、高速ラジオ波バースト(FRB)強度の別の説明は、赤方偏移は実際には距離の指標ではないため、近くの銀河系の近隣で発生しているということです。

FRBs are not unimaginably powerful, not coming from the edge of a speculative expanding space-time continuum, and are not the death throes of black holes.
高速ラジオ波バースト(FRB)は想像を絶するほど強力ではなく、推定的に拡大する時空の連続体の端から来たものでもなく、ブラックホールの死の悲劇でもありません。

If FRBs are actually nearby, they are less energetic, so plasma discharges in the form of exploding double layers could impel them in ways that can be explored though laboratory experiments.
FRBが実際に近くにある場合、それらはあまりエネルギーがありません、ですから、爆発するダブル・レイヤー(二重層)の形でのプラズマ放電は、実験室での実験を通して探求できる方法でそれらを推進することができます。

Rather than relying on mathematical phantoms like black holes, overweight neutron stars and blitzars, why not create real, testable hypotheses and work them up with real, physical models?
ブラックホール、太りすぎの中性子星、そして、ブリッツァー、のような数学的ファントム(幻影)に頼るのではなく、むしろ、実際のテスト可能な仮説を作成し、実際の物理モデルでそれらを処理してみませんか?

Standard cosmological theories are hard-pressed to match models with observations.
標準的な宇宙論は、モデルを観測と一致させるのに苦労しています。

Radio waves, X-rays from ion excitation, and a range of energy curves are properties of lightning bolts.
ラジオ波、イオン励起からのX線、およびエネルギー曲線の範囲は、稲妻の特性です。

Computer simulations demonstrate that plasma phenomena are scalable over several orders of magnitude:
they behave in the same way and illustrate basic premises whether in atoms or galaxies.
コンピュータ・シミュレーションは、プラズマ現象が数桁にわたってスケーラブルであることを示しています:
それらは原子であろうと銀河であろうと、同じように動作し、基本的な前提を示しています。

In another ironic twist, the word “blitzar” comes from the German word for lightning.
別の皮肉なひねりで、「ブリッツァー」という言葉はドイツ語の稲妻から来ています。

Perhaps FRBs are really flashes of cosmic lightning erupting from electrified clouds of plasma on an immense scale.
おそらく、高速ラジオ波バースト(FRB)は、プラズマの帯電した雲から巨大な規模で噴出する宇宙の稲妻の閃光です。

Stephen Smith
ティーブン・スミス