[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Eccentricity 偏心]

[Eccentricity 偏心]
Stephen Smith September 30, 2020Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20201001133741p:plain
“Artist’s impression of the distribution of long-period comets. The converging lines represent the paths of the comets. The ecliptic plane is shown in yellow and the empty ecliptic is shown in blue. The background grid represents the plane of the Galactic disk.”
「長周期彗星の分布に対するアーティストの印象。 収束線は彗星の進路を表しています。 黄道面は黄色で表示され、「虚空の黄道」は青で表示されます。 背景グリッドは銀河円盤の平面を表しています。」
――――――――
September 30, 2020
過去の太陽系の調整の証拠?


彗星は、電気的宇宙に関するデータの最良の情報源の1つです。

多くの記事やビデオ・プレゼンテーションでは、「汚れた雪玉」の仮説とは対照的に、熱い彗星について説明しています。

彗星は岩が多く、砂が多く、乾燥しています。

それらは、太陽の影響の中に落ち込むまで、恒星や重力密度の波が通過することによって時折「小突かれる」深宇宙からの凍った住人ではありません。

最近のプレスリリースによると、天文学者達は、彗星の動きの研究が「…太陽系が2番目の整列面を持っていることを示している」と報告しています。
https://www.nao.ac.jp/en/news/science/2020/20200929-rise.html


この発見により、天文学者達は、一部の小惑星が実際には「変装した汚れた雪玉」であると推測することを余儀なくされました。

小惑星の標準的な見方では、それらは塵、岩、金属で構成されており、火星と木星の間のゾーンを占めています。

対照的に、彗星は深宇宙から到着し、そのほとんどは太陽系の最も遠い範囲にある「オールトの雲」から来ていると考えられています。

オールトの雲は、太陽系の形成の残骸であると言われています、そこは、惑星の統合からのすべての「残り物」が巻き上げられたところです。

以前の「今日の写真」で報告されているように、多くの小惑星は、近日点に達すると、彗星のようにコマと尾を示します。

土星天王星の間を周回する小惑星カイロンは、1988年から1989年の間にコマと尾を発生するのが見られました。

現在、それは小惑星と彗星の両方として正式に分類されています。

日本国立分析天文台からの発表は、長周期彗星の整列が、惑星が移動する軌道面とは異なる、太陽系内の別の軌道面を指していることを示しています。

産業医科大学助教、樋口有香は、天の川からの重力を考慮に入れると(他の要因の中でも)、「…長周期のアフェリア(遠日点)の彗星は、2つの平面の周りに集まる傾向があることを示しました。

第一は、よく知られている黄道ですが、2番目は又、「虚空の黄道」です。

黄道は天の川の円盤に対して約60度傾いています。」
〈虚空の黄道も60度傾いていますが、反対方向です。〉

電気的な見方では、軌道パラメータは別として、彗星と小惑星の間にほとんど違いはありません。

彗星は、降着によって形成された原始的な物体(天体)ではありません。

多くの場合、最も簡単な説明が最適です:
小惑星、彗星、隕石はすべて惑星間電気的イベントから作成されました。

それらの特徴的な軌道のグループ化とスペクトルの特徴は、単に別々のイベントと、そして、異なる惑星天体の関与を示しています。



ティーブン・スミス



――――――――
September 30, 2020
Evidence for past Solar System alignment?
過去の太陽系の調整の証拠?


Comets are among the best sources for data about the electric Universe.
彗星は、電気的宇宙に関するデータの最良の情報源の1つです。

Many articles and video presentations discuss hot comets, as opposed to the “dirty snowball” hypothesis.
多くの記事やビデオ・プレゼンテーションでは、「汚れた雪玉」の仮説とは対照的に、熱い彗星について説明しています。

Comets are rocky, sandy, and dry.
彗星は岩が多く、砂が多く、乾燥しています。

They are not frozen denizens from deep space that are occasionally “nudged” by passing stars or gravitational density waves until they fall into the Sun’s influence.
それらは、太陽の影響の中に落ち込むまで、恒星や重力密度の波が通過することによって時折「小突かれる」深宇宙からの凍った住人ではありません。

According to a recent press release, astronomers report that a study of comet motions “…indicates that the Solar System has a second alignment plane”.
最近のプレスリリースによると、天文学者達は、彗星の動きの研究が「…太陽系が2番目の整列面を持っていることを示している」と報告しています。
https://www.nao.ac.jp/en/news/science/2020/20200929-rise.html

The discovery has forced astronomers to speculate that some asteroids are actually “dirty snowballs in disguise”.
この発見により、天文学者達は、一部の小惑星が実際には「変装した汚れた雪玉」であると推測することを余儀なくされました。

In the standard view of asteroids, they are composed of dust, rock, and metal and occupy a zone between Mars and Jupiter.
小惑星の標準的な見方では、それらは塵、岩、金属で構成されており、火星と木星の間のゾーンを占めています。

In contrast, comets are thought to arrive from deep space, most coming from the “Oort Cloud” at the farthest reaches of the Solar System.
対照的に、彗星は深宇宙から到着し、そのほとんどは太陽系の最も遠い範囲にある「オールトの雲」から来ていると考えられています。

The Oort Cloud is said to be a remnant of the Solar System’s formation, where all the “left overs” from planetary consolidation wound up.
オールトの雲は、太陽系の形成の残骸であると言われています、そこは、惑星の統合からのすべての「残り物」が巻き上げられたところです。

As reported in previous Pictures of the Day, many asteroids manifest a coma and a tail, just like comets, when they reach their perihelion.
以前の「今日の写真」で報告されているように、多くの小惑星は、近日点に達すると、彗星のようにコマと尾を示します。

The asteroid Chiron, orbiting between Saturn and Uranus, was seen to develop a coma and tail between 1988 and 1989.
土星天王星の間を周回する小惑星カイロンは、1988年から1989年の間にコマと尾を発生するのが見られました。

It is now officially classified as both an asteroid and a comet.
現在、それは小惑星と彗星の両方として正式に分類されています。

The announcement from the National Analytical Observatory of Japan shows that the alignment of long period comets indicates another orbital plane within the Solar System that is different from the one along which the planets move.
日本国立分析天文台からの発表は、長周期彗星の整列が、惑星が移動する軌道面とは異なる、太陽系内の別の軌道面を指していることを示しています。

Arika Higuchi, an assistant professor at the University of Occupational and Environmental Health in Japan showed that when gravity from the Milky Way is taken into account (among other factors), “…the aphelia of long-period comets tend to collect around two planes.
産業医科大学助教、樋口有香は、天の川からの重力を考慮に入れると(他の要因の中でも)、「…長周期のアフェリア(遠日点)の彗星は、2つの平面の周りに集まる傾向があることを示しました。

First the well-known ecliptic, but also a second ’empty ecliptic’.
第一は、よく知られている黄道ですが、2番目は又、「虚空の黄道」です。

The ecliptic is inclined with respect to the disk of the Milky Way by about 60 degrees.”
黄道は天の川の円盤に対して約60度傾いています。」
〈The empty ecliptic is also tilted 60 degrees but in the opposite direction.〉
〈虚空の黄道も60度傾いていますが、反対方向です。〉

In the electric view, there is little difference between a comet and an asteroid, apart from orbital parameters.
電気的な見方では、軌道パラメータは別として、彗星と小惑星の間にほとんど違いはありません。

Comets are not primordial objects formed by accretion.
彗星は、降着によって形成された原始的な物体(天体)ではありません。

The simplest explanation is often the best:
asteroids, comets and meteorites were all created from interplanetary electrical events.
多くの場合、最も簡単な説明が最適です:
小惑星、彗星、隕石はすべて惑星間電気的イベントから作成されました。

Their distinctive orbital groupings and spectral features simply point to separate events, and the involvement of different planetary bodies.
それらの特徴的な軌道のグループ化とスペクトルの特徴は、単に別々のイベントと、そして、異なる惑星天体の関与を示しています。


Stephen Smith
ティーブン・スミス