[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Electric Lights 電灯]

[Electric Lights 電灯]
Stephen Smith April 12, 2017Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20200722054733p:plain
Aurorae on Uranus.
天王星のオーロラ。


―――――――――
Apr 12, 2017
明るいオーロラが太陽系全体に見られます。


太陽のシステムのように、惑星や彗星は重力の力で動き、その一部は動き続けます。そのため、より小さな天体のシステムは、他の力によって動かされ、それらの粒子が互いに関連して、特に電気力によってさまざまに動かされるように見えます。
アイザック・ニュートン

天王星が太陽の周りを公転するのに84.3地球年かかるので、望遠鏡では、その表面と周囲を調査する時間はあまりありませんでした。

ハワイのケック望遠鏡は1990年11月にオンラインになり、補償光学の最初の使用は2003年10月まで行われませんでした、そのため、地球の詳細な画像は大気の歪みのため利用できませんでした。

天王星は、赤道で直径50,724 kmです、赤道は、太陽系の他の惑星と比較すると、水平からほぼ90度傾いています。

それらのほとんどは、垂直から24度を超えて傾けられていません、つまり、天王星は、その側(方向)で回転します。

ハッブル宇宙望遠鏡は1998年頃に天王星の観測を開始し、最終的に天王星のオーロラを明らかにし―惑星科学者達を驚かせました。
https://www.nasa.gov/images/content/640801main_uranus-aurora-.jpg

天王星の磁場はそのスピン軸から59度傾いているので、オーロラは惑星の極の近くにありません。

木星土星は明るいオーロラで噴火することが知られていますが、しかし天王星のそれらはその距離のためによく研究されていません。

ハッブルは2011年に天王星のオーロラの画像を最初に収集しました、そして分光器を使用して、2012年、2014年に紫外線特性を分析しました。

コンセンサス天文学コミュニティのすべての人にとっての驚きは、太陽風がガスの巨星の電磁極に激しいオーロラを引き起こした事です。

最近のプレスリリースはそれらの観察を確認します。
https://www.nasa.gov/image-feature/goddard/2017/hubble-spots-auroras-on-uranus

天王星はどこからともなく現れる巨大な嵐の影響を受けます。

惑星科学者達は、なぜそれらが起こるのか知りません、しかし、それらは木星土星で見られる嵐に似ています。

その姉妹ガス巨星達のように、天王星は太陽から受け取るよりも多くのエネルギーを放射します:
それが受け取るより1.1倍多い放射をします。

土星の「神秘的な」ドラゴン・ストームは、定期的に全球全体に広がります。

木星の大赤斑は、周囲より熱い、そして、300年以上にわたって回転しています。

いずれの場合も、これらの現象を駆動するために必要な力は電気から供給されます。

天王星は平均して–摂氏214度なので、それで毎時585キロの風速を説明することは困難です。

異常な風、オーロラ、そしてかすかなリングシステムは、おそらく宇宙全体に見られる電気的プロセスが原因です。

土星木星のように天王星は、ラングミュア・チャージ・シース(プラズマ圏)を備えており、太陽自身のチャージ・シースから隔離します。

次に、太陽は順番に、帯電した恒星間から隔離されています。

太陽系における電荷の流れと太陽の相互作用は、天王星天文学者が発見した現象を説明することができます。

その姉妹のように、天王星の周りの環境は、非常に充電(荷電)されています。

大きな月のように、その周辺を移動する天体が、サングレイザー彗星と同じ方法で実質的な電気イベントを開始するのでしょうか?
https://www.thunderbolts.info/wp/2017/02/10/sun-triggers/

天王星は、動的平衡状態にある多価天体です、そのため、1つ以上の月が、イオが強力な「フラックス・ロープ」で木星に接続されているのと同じ方法でそれに接続されている可能性が最も高いです。

それらの接続は、太陽風が各天体に電荷密度を加えると強くなります。

より長期にわたる観察は、太陽系の電気的宇宙モデルを確認する筈です。

ティーブン・スミス



―――――――――
Apr 12, 2017
Bright aurorae are found throughout the Solar System.
明るいオーロラが太陽系全体に見られます。


Just as the system of the sun, planets and comets is put in motion by the forces of gravity, and its parts persist in their motions, so the smaller systems of bodies also seem to be set in motion by other forces and their particles to be variously moved in relation to each other and, especially, by the electric force.
—Isaac Newton
太陽のシステムのように、惑星や彗星は重力の力で動き、その一部は動き続けます。そのため、より小さな天体のシステムは、他の力によって動かされ、それらの粒子が互いに関連して、特に電気力によってさまざまに動かされるように見えます。
アイザック・ニュートン

Since Uranus takes 84.3 Earth years to revolve around the Sun, telescopes have not had much time to investigate its surface and surroundings.
天王星が太陽の周りを公転するのに84.3地球年かかるので、望遠鏡では、その表面と周囲を調査する時間はあまりありませんでした。

The Keck telescope in Hawaii came on line in November 1990 and its first use of adaptive optics did not take place until October 2003, so detailed images from Earth were not available due to atmospheric distortion.
ハワイのケック望遠鏡は1990年11月にオンラインになり、補償光学の最初の使用は2003年10月まで行われませんでした、そのため、地球の詳細な画像は大気の歪みのため利用できませんでした。

Uranus is 50,724 kilometers in diameter at the equator, although its equator is tilted almost 90 degrees past horizontal when compared to other planets in the Solar System.
天王星は、赤道で直径50,724 kmです、赤道は、太陽系の他の惑星と比較すると、水平からほぼ90度傾いています。

Most of them are tilted no more than 24 degrees past vertical, meaning that Uranus rotates on its side.
それらのほとんどは、垂直から24度を超えて傾けられていません、つまり、天王星は、その側(方向)で回転します。

The Hubble Space Telescope began observations of Uranus around 1998, eventually revealing aurorae on Uranus—a surprise to planetary scientists.
ハッブル宇宙望遠鏡は1998年頃に天王星の観測を開始し、最終的に天王星のオーロラを明らかにし―惑星科学者達を驚かせました。
https://www.nasa.gov/images/content/640801main_uranus-aurora-.jpg

Since the magnetic field on Uranus is inclined by 59 degrees from its spin axis, aurorae are not near the planet’s poles.
天王星の磁場はそのスピン軸から59度傾いているので、オーロラは惑星の極の近くにありません。

Jupiter and Saturn are known to erupt with bright aurorae, but those on Uranus are not well studied because of its distance.
木星土星は明るいオーロラで噴火することが知られていますが、しかし天王星のそれらはその距離のためによく研究されていません。

Hubble was the first to gather an image of the aurorae on Uranus in 2011 and used a spectrograph to analyze their ultraviolet characteristics in 2012 and 2014.
ハッブルは2011年に天王星のオーロラの画像を最初に収集しました、そして分光器を使用して、2012年、2014年に紫外線特性を分析しました。

To everyone in the consensus astronomical community’s surprise, the solar wind instigated intense aurorae at the gas giant’s electromagnetic poles.
コンセンサス天文学コミュニティのすべての人にとっての驚きは、太陽風がガスの巨星の電磁極に激しいオーロラを引き起こした事です。

A recent press release confirms those observations.
最近のプレスリリースはそれらの観察を確認します。
https://www.nasa.gov/image-feature/goddard/2017/hubble-spots-auroras-on-uranus

Uranus is subject to gigantic electrical storms that seem to appear from nowhere.
天王星はどこからともなく現れる巨大な嵐の影響を受けます。

Planetary scientists do not know why they occur, but they look similar to storms that are seen on Jupiter and Saturn.
惑星科学者達は、なぜそれらが起こるのか知りません、しかし、それらは木星土星で見られる嵐に似ています。

Like its sister gas giants, Uranus radiates more energy than it receives from the Sun: 1.1 times more radiation than it receives.
その姉妹ガス巨星達のように、天王星は太陽から受け取るよりも多くのエネルギーを放射します:
それが受け取るより1.1倍多い放射をします。

Saturn’s “mysterious” dragon storm periodically makes its way around the entire planet.
土星の「神秘的な」ドラゴン・ストームは、定期的に全球全体に広がります。

Jupiter’s Great Red Spot is hotter than its surroundings and has been spinning for more than 300 years.
木星の大赤斑は、周囲より熱い、そして、300年以上にわたって回転しています。

In each case, the power needed to drive those phenomena comes from electricity.
いずれの場合も、これらの現象を駆動するために必要な力は電気から供給されます。

Since Uranus averages – 214 Celsius, it is difficult to account for its 585 kilometer per hour wind speeds.
天王星は平均して–摂氏214度なので、それで毎時585キロの風速を説明することは困難です。

The anomalous winds, the aurorae, and the faint ring system are probably caused by electrical processes found throughout the cosmos.
異常な風、オーロラ、そしてかすかなリングシステムは、おそらく宇宙全体に見られる電気的プロセスが原因です。

Uranus, like Saturn and Jupiter, possesses a Langmuir charge sheath (plasmasphere) that isolates it from the Sun’s own charge sheath.
土星木星のように天王星は、ラングミュア・チャージ・シース(プラズマ圏)を備えており、太陽自身のチャージ・シースから隔離します。

The Sun, in turn, is isolated from the charged interstellar medium.
次に、太陽は順番に、帯電した恒星間から隔離されています。

The Sun’s interaction with the flow of electric charge in the Solar System can explain the effects discovered by astronomers on Uranus.
太陽系における電荷の流れと太陽の相互作用は、天王星天文学者が発見した現象を説明することができます。

Like its sisters, the environment around Uranus is highly charged.
その姉妹のように、天王星の周りの環境は、非常に充電(荷電)されています。

Could objects traveling through its vicinity, like its larger moons, initiate substantial electrical events in the same way that sungrazer comets do?
大きな月のように、その周辺を移動する天体が、サングレイザー彗星と同じ方法で実質的な電気イベントを開始するのでしょうか?
https://www.thunderbolts.info/wp/2017/02/10/sun-triggers/

Uranus is a highly charged object in a state of dynamic equilibrium, so one or more of its moons are most likely connected to it in the same way that Io is connected to Jupiter with powerful “flux ropes”.
天王星は、動的平衡状態にある多価天体です、そのため、1つ以上の月が、イオが強力な「フラックス・ロープ」で木星に接続されているのと同じ方法でそれに接続されている可能性が最も高いです。

Those connections get stronger when the solar wind adds charge density to each body.
それらの接続は、太陽風が各天体に電荷密度を加えると強くなります。

More prolonged observations should confirm an Electric Universe model of the Solar System.
より長期にわたる観察は、太陽系の電気的宇宙モデルを確認する筈です。

Stephen Smith
ティーブン・スミス