[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Moon Quakes? 月の地震?]

[Moon Quakes? 月の地震?]
Stephen Smith May 1, 2020Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20200502071116p:plain
Nearside of the Moon (L) compared with the farside.
月の表側(L)比較した裏側。
Credit: NASA.
―――――――――
コンセンサス科学理論は、月がその歴史の初期に極端なセレノロジカル(月学)的活動を経験したと仮定しています。

月は完全に死体ではないという報告があります;
構造プレートを含むセレノロジカル(月学)的プロセスがまだ起こっている可能性があること。

過去のある時期に激変の荒廃が起こったことは明らかです。

巨大なクレーター、広くて深い谷、数キロの長いリルがその表面を横切っています。

暗黙の含意は、月がおそらく何十億年以上も前に生まれたということであり、その後起こったことは凍結乾燥された荒廃に残っているため、それほど変わっていません。

ほとんどの科学理論は本質的に偏狭です。

彼らは地球で観測されたものから手がかりを取り、次に他の天体で観測された形成をモデル化します。

月の「地溝」は、地表地震を引き起こすものと同様のゆっくりとした地殻変動に起因すると言われています。

しかしながら、月がかつて構造運動にさらされたという証拠はありません:
「地殻プレート」がないので、プレートテクトニクスはありません。

2011年9月10日、NASAは、月へのミッションで重力回復および内部研究所(GRAIL)衛星を打ち上げました。

GRAIL-AとGRAIL-Bは、「Ebb」と「Flow」としても知られていますが、Flowが同じ軌道で月の周りのEbbを追跡するように設計されていたことを除いて、ほぼ同じ宇宙船です。

搭載された月の重力測距システムは、2つの宇宙船の間の距離を測定し、月面下の異常な質量集中または質量不足によって引き起こされる微小な偏向を監視しました。

月のGRAILミッションは2012年12月17日に終了しました。このとき、両方の衛星が燃料供給が枯渇したために意図的に月に衝突しました。

そのイベントの前に、GRAILデータを使用して重力異常マップを作成しました。

より興味深いマップの1つは、合計の長さが4800キロメートルを超える22の線形異常を示しています。

1つの特徴は500キロメートルを超える長さです。

月の電磁異常は、月面に刻印された地殻磁気の領域にも関連する高アルベド物質を示します。

磁気異常と質量異常が関連している可能性があります。

また、かんらん石などの特定の鉱物の濃度がいくつかの円形異常を囲んでいます。

ブラウン大学の研究者によると、「…月のマリアの内部と周囲の奇妙な裸のスポット」は、月の表面を覆う粉末状のレゴリスが「きれいに掃除されている」ことを示している可能性があります。

それらの領域で多かれ少なかれ質量密度を指す重力の読みを生成するものは何ですか?

それらの領域で多かれ少なかれ質量密度を指す重力の読みを生成するものは何ですか?

地殻の下に金属に富む小惑星の残骸がある場合、それははるかに少ない質量が検出される領域を説明しません。

月は全体的に均一ではありません。

その半球の間には大きな標高差があります。

月の表側は平らで、広大なマリアがありますが、裏側は山に支配されており、非常にクレーターが多くあります。

以前の「今日の写真」の記事に書かれているように、このかなりの二分法は、惑星火星を連想させます。

火星の南極は、約430,000平方キロメートルの塵と瓦礫で覆われています。

あらゆる規模で何千ものクレーターがあります:
太陽系の最大のクレーターであるヘラス・プラニティアから、高解像度のカメラで見るには小さすぎるクレーターまで。

火星の北極はクレーター自体と見なされる可能性があります。これは、軌道上の地形マッピング装置が示すように、北緯は惑星の平均標高より6キロ低いためです。

おそらく、極の高原は広大な円形の形成の「中央ピーク」でしょうか?

この月の特徴への対応は印象的です。

火星と月のどちらも、ある時期に同様の力を経験した可能性があります。

それらの力は岩の多い体または加硫作用による衝撃の結果でしたか?

それらは惑星の科学者によってめったに考慮されない源から来たかもしれません:
電気。

最近のある時点で、電荷の流れが月に衝突し、一方の半球(近く)から物質を取り除き、もう一方(反対側)に堆積させました。

それらの放電はまた、大きな光線状のクレーターを形成しました。

これらのイベントがどのくらい最近発生したかは、明るい光線の表面的な性質とその範囲によって測定できます。

光線は放射状ではなく接線方向にクレーターに結合するため、クレーターは衝撃によるものではありません。

別の場所にジャンプする前に残るプラズマ放電は、周囲の材料を溶かしながらクレーターを掘削します。

電子は放電チャネルの中心に向かって引き寄せられ、岩を引き裂き、中性物質を引きずります。

細かく分割されたダストは、その後渦チャネルに吸い上げられ、空間に排出されます。

これは、月の海底が爆風の破片がほとんどまたはまったくなく、滑らかで平らな理由を説明しています。
これは、月の海底が爆風の破片がほとんどまたはまったくなく、滑らかで平らな理由を説明しています。

地表下の電流は物質を溶かし、濃縮する傾向があるため、マリアに関連する大量の異常がある理由も説明できます。

他の場所で書かれているように、月の極ではなく半球が最も激しい電気的活動が発生しているように思われるので、月が地球に対してもはや元の向きになっていないことは考慮に値します。

私たちが月の表側と裏側を呼ぶのは、かつて2つの極域であったかもしれません。

ティーブン・スミス

ザ・サンダーボルツ「今日の写真」メインウォーリング アーカイブ 財団により寛大にサポートされています。


―――――――――
May 1, 2020
Consensus scientific theories postulate that the Moon experienced extreme selenological activity early in its history.
コンセンサス科学理論は、月がその歴史の初期に極端なセレノロジカル(月学)的活動を経験したと仮定しています。

There are reports
https://www.brown.edu/news/2020-04-30/tectonics
that the Moon is not a completely dead body;
that selenological processes involving tectonic plates might still be happening.
月は完全に死体ではないという報告があります;
構造プレートを含むセレノロジカル(月学)的プロセスがまだ起こっている可能性があること。

It is obvious that cataclysmic devastation occurred at some time in the past.
過去のある時期に激変の荒廃が起こったことは明らかです。

Giant craters, wide and deep valleys, and multi-kilometer long rilles crisscross its surface.
巨大なクレーター、広くて深い谷、数キロの長いリルがその表面を横切っています。

The tacit implication is that the Moon was born long ages ago, perhaps several billion years or more, and has not changed much, since what happened then remains in freeze-dried desolation.
暗黙の含意は、月がおそらく何十億年以上も前に生まれたということであり、その後起こったことは凍結乾燥された荒廃に残っているため、それほど変わっていません。

Most scientific theories are parochial in nature.
ほとんどの科学理論は本質的に偏狭です。

They take their cues from what is observed on Earth, and then model formations observed on other celestial bodies.
彼らは地球で観測されたものから手がかりを取り、次に他の天体で観測された形成をモデル化します。

Lunar “graben” are said to result from slow crustal movements similar to those that cause terrestrial earthquakes.
月の「地溝」は、地表地震を引き起こすものと同様のゆっくりとした地殻変動に起因すると言われています。

However, there is no evidence that the Moon was once subjected to tectonic activity:
it has no “crustal plates”, so no plate tectonics.
https://www.thunderbolts.info/wp/2012/06/08/serious-issues-with-plate-tectonics/
しかしながら、月がかつて構造運動にさらされたという証拠はありません:
「地殻プレート」がないので、プレートテクトニクスはありません。

On September 10, 2011 NASA launched the Gravity Recovery and Interior Laboratory (GRAIL) satellites on a mission to the Moon.
2011年9月10日、NASAは、月へのミッションで重力回復および内部研究所(GRAIL)衛星を打ち上げました。

GRAIL-A and GRAIL-B, otherwise known as “Ebb” and “Flow”, were nearly identical spacecraft, except that Flow was designed to follow Ebb around the Moon in the same orbit.
GRAIL-AとGRAIL-Bは、「Ebb」と「Flow」としても知られていますが、Flowが同じ軌道で月の周りのEbbを追跡するように設計されていたことを除いて、ほぼ同じ宇宙船です。

The onboard Lunar Gravity Ranging System measured the distance between the two spacecraft, watching for minute deflections caused by anomalous mass concentrations or mass deficits beneath the Moon’s surface.
搭載された月の重力測距システムは、2つの宇宙船の間の距離を測定し、月面下の異常な質量集中または質量不足によって引き起こされる微小な偏向を監視しました。

The Lunar GRAIL mission came to an end on December 17, 2012 when both satellites were deliberately crashed into the Moon because their fuel supplies were depleted.
月のGRAILミッションは2012年12月17日に終了しました。このとき、両方の衛星が燃料供給が枯渇したために意図的に月に衝突しました。


Before that event, GRAIL data was used to create gravitational anomaly maps.
そのイベントの前に、GRAILデータを使用して重力異常マップを作成しました。

One of the more interesting maps
https://www.nasa.gov/images/content/711400main_Andrews-Hanna-3-pia16580_full.jpeg
reveals 22 separate linear anomalies with a combined length greater than 4800 kilometers.
より興味深いマップの1つは、合計の長さが4800キロメートルを超える22の線形異常を示しています。

One feature is more than 500 kilometers long.
https://www.nasa.gov/images/content/711411main_Andrews-Hanna-4-pia16581_full.jpeg
1つの特徴は500キロメートルを超える長さです。

Electromagnetic anomalies
https://www.thunderbolts.info/tpod/2010/arch10/101115lunar.htm
on the Moon exhibit high albedo material also associated with areas of crustal magnetism imprinted on the lunar surface.
月の電磁異常は、月面に刻印された地殻磁気の領域にも関連する高アルベド物質を示します。

It is probable that the magnetic and mass anomalies are related.
磁気異常と質量異常が関連している可能性があります。

Also, concentrations of certain minerals, such as olivine, surround several of the circular anomalies.
https://www.nasa.gov/images/content/711755main_Wieczorek-4-pia16589-43_full.jpg
また、かんらん石などの特定の鉱物の濃度がいくつかの円形異常を囲んでいます。

According to researchers from Brown University, “…strange bare spots within and surrounding the lunar maria” could indicate something “sweeping clean” the powdery regolith that covers the lunar surface.
ブラウン大学の研究者によると、「…月のマリアの内部と周囲の奇妙な裸のスポット」は、月の表面を覆う粉末状のレゴリスが「きれいに掃除されている」ことを示している可能性があります。

What could generate the gravitational readings that point to more or less mass density in those regions?
それらの領域で多かれ少なかれ質量密度を指す重力の読みを生成するものは何ですか?

If there are the remains of metal-rich asteroids beneath the crust, that does not explain areas where much less mass is detected.
地殻の下に金属に富む小惑星の残骸がある場合、それははるかに少ない質量が検出される領域を説明しません。

Some of the low mass linear anomalies pass through
https://www.nasa.gov/images/content/711422main_Andrews-Hanna-5-pia16582_full.jpeg
large craters, for instance.
たとえば、一部の低質量線形異常は大きなクレーターを通過します。

The Moon is not uniform, overall.
月は全体的に均一ではありません。

There is a major elevation difference between its hemispheres.
その半球の間には大きな標高差があります。

The nearside of the Moon is flat, with vast maria, whereas the farside is dominated by mountains and is heavily cratered.
月の表側は平らで、広大なマリアがありますが、裏側は山に支配されており、非常にクレーターが多くあります。

As written in previous Picture of the Day articles, this considerable dichotomy is reminiscent of the planet Mars.
以前の「今日の写真」の記事に書かれているように、このかなりの二分法は、惑星火星を連想させます。

The south pole of Mars is covered with about 430,000 square kilometers of dust a debris.
火星の南極は、約430,000平方キロメートルの塵と瓦礫で覆われています。

There are thousands of craters at every scale:
from the largest crater in the Solar System, Hellas Planitia, to those too small to see with the highest resolution cameras.
あらゆる規模で何千ものクレーターがあります:
太陽系の最大のクレーターであるヘラス・プラニティアから、高解像度のカメラで見るには小さすぎるクレーターまで。

The north pole of Mars might be considered a crater itself, since, as terrain mapping
https://photojournal.jpl.nasa.gov/jpeg/PIA02993.jpg
instruments in orbit reveal, the northern latitudes are six kilometers below the mean elevation of the planet.
火星の北極はクレーター自体と見なされる可能性があります。これは、軌道上の地形マッピング装置が示すように、北緯は惑星の平均標高より6キロ低いためです。

Perhaps the plateau at the pole is the “central peak” of a vast circular formation?
おそらく、極の高原は広大な円形の形成の「中央ピーク」でしょうか?

This correspondence to features on the Moon is striking.
この月の特徴への対応は印象的です。

It could be that both Mars and the Moon experienced similar forces at some period.
火星と月のどちらも、ある時期に同様の力を経験した可能性があります。

Were those forces the result of impacts by rocky bodies or vulcanism?
それらの力は岩の多い体または加硫作用による衝撃の結果でしたか?

They might have come from a source that is rarely considered by planetary scientists:
electricity.
それらは惑星の科学者によってめったに考慮されない源から来たかもしれません:
電気。

At some time in the recent past, a flow of electric charge impinged upon the Moon, removing material from one hemisphere (nearside) and depositing it on the other (farside).
最近のある時点で、電荷の流れが月に衝突し、一方の半球(近く)から物質を取り除き、もう一方(反対側)に堆積させました。

Those electric discharges also formed the great rayed craters.
それらの放電はまた、大きな光線状のクレーターを形成しました。

How recently those events occurred can be gauged by the superficial nature of the bright rays and their extent.
これらのイベントがどのくらい最近発生したかは、明るい光線の表面的な性質とその範囲によって測定できます。

The craters are not due to impact because the rays join the craters tangentially and not radially.
光線は放射状ではなく接線方向にクレーターに結合するため、クレーターは衝撃によるものではありません。

Plasma discharges that linger before jumping to another location excavate craters while melting the surrounding material.
別の場所にジャンプする前に残るプラズマ放電は、周囲の材料を溶かしながらクレーターを掘削します。

Electrons are pulled toward the center of the discharge channel, ripping apart the rocks and dragging the neutral material along with them.
電子は放電チャネルの中心に向かって引き寄せられ、岩を引き裂き、中性物質を引きずります。

Finely divided dust is then sucked up into the vortex channel and ejected into space.
細かく分割されたダストは、その後渦チャネルに吸い上げられ、空間に排出されます。

This explains why the bottoms of the lunar maria are smooth and flat, with little or no blast debris.
これは、月の海底が爆風の破片がほとんどまたはまったくなく、滑らかで平らな理由を説明しています。

Subsurface electric currents tend to melt and concentrate matter, which may also explain why there are mass anomalies associated with the maria.

地表下の電流は物質を溶かし、濃縮する傾向があるため、マリアに関連する大量の異常がある理由も説明できます。

As has been written elsewhere, since the hemispheres and not the poles of the Moon are where the most intense electrical activity seems to have occurred, it is not beyond consideration that the Moon is no longer in its original orientation with respect to Earth.
他の場所で書かれているように、月の極ではなく半球が最も激しい電気的活動が発生しているように思われるので、月が地球に対してもはや元の向きになっていないことは考慮に値します。

What we call the near and far sides of the Moon might once have been the two polar regions.
私たちが月の表側と裏側を呼ぶのは、かつて2つの極域であったかもしれません。

Stephen Smith
ティーブン・スミス

The Thunderbolts Picture of the Day is generously supported by the Mainwaring Archive Foundation.
ザ・サンダーボルツ「今日の写真」メインウォーリング アーカイブ 財団により寛大にサポートされています。