[The Thunderbolts Project, Japan Division]公式ブログ Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division] エレクトリックユニバース  電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、 電気的観察物理学、解説、翻訳、 深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Redshifts and Microwaves赤方偏移とマイクロ波]

[Redshifts and Microwaves赤方偏移マイクロ波
Stephen Smith February 19, 2014Picture of the Day
f:id:TakaakiFukatsu:20200330224752p:plain
Galaxy NGC 7319. Arrow points to foreground high redshift quasar.
銀河NGC7319。矢印は前景の高赤方偏移クエーサーを指します。

Credit: NASA/Hubble Space Telescopeクレジット:NASA / ハッブル宇宙望遠鏡
――――――――――――――
現代の天文学は確かに一種の失明に苦しんでいます。


それは心の盲目か1つの慣れのいずれかです。

科学的知識の貯蔵量の増加に関与している人々の間でのビッグバン宇宙論の継続的な存在は、確かに何らかの形で盲目性があることを証明しています。

天文学者だけでなく、科学記者は事実と理論を区別する能力を失い、したがって、ビッグバンの永続化に役立っています。

メディアの報道は絶えず新しい発見がそれを確認すると断言します、そのような報告が観察的証拠に基づいていない場合でも。

2003年10月3日、ビッグバン理論は直接観測によって論破されました。

銀河NGC 7319の赤方偏移はz = 0.0225であると測定されました。

「近くの」銀河がz = 1未満の赤方偏移を持つことは珍しくありません。

しかしながら、クエーサーNGC 7319の不透明なガス雲の前にあり、赤方偏移はz = 2.114でした。

ビッグバン理論の2つの原則は、赤方偏移は距離に比例し、速度の指標であることです。

オブジェクトの赤方偏移が大きいほど、オブジェクトは遠ざかり、そして、観測者から遠ざかるにつれて速くなります。

これらの2つのアイデアは、宇宙が拡大しているという一般的な信念の背景を提供します。

ビッグバンによると、NGC 7319クエーサーは「銀河よりも数十億光年離れている必要があります」、赤方偏移が大きいためです。

それでも、銀河は不透明なので、クエーサーは銀河の塵の雲の前にあり、それらを通して輝いてはいけません。

赤方偏移が2.11で、活動銀河の中心に近いほど高い赤方偏移を持つクエーサーを発見した人はいません。」
当時、今は亡き天文学者ジェフリー・バービッジはその時に言った。

発見チームには、別の有名な天文学者である彼の配偶者であるE.マーガレットバービッジが含まれていました。

この発見は重要でした、これは、赤方偏移の少ない銀河の前にあるクエーサーの最も極端な例だからです。

従来の宇宙論は、重力によって支配される電気的に中立な宇宙に依存しています。

この独断的なコンセンサスがなければ、ビッグバンがそれほど支配的になることはなかったでしょう。

科学者は、毎年助成金を更新する必要があり、報告によると、それが信用を失ったとき、理論を「確認」します。

雑誌の出版社は、確立された機関との良好な関係を維持したい、そのため、バックグラウンドでの調査や批判的な分析をほとんど行わずに最新のニュースリリースを受け入れています。

2001年6月30日に、NASAウィルキンソンマイクロ波異方性プローブ(WMAP)を開始しました、1992年に宇宙背景放射探検(COBE)衛星によって返されたいくつかの異常なテレメトリを再調査するミッションについて。

温度変動データは、宇宙に質量密度の低い領域があることを示唆しているように見えました。

ビッグバン理論はそのような地域を考慮していないため—物質とエネルギーを均等に分配する—COBEの結果を確認するためにWMAP調査が送られました。

エレクトリックユニバースの支持者であるウォル・ソーンヒルは、COBEもWMAPも「宇宙」放射を検出しなかったと指摘しました。

むしろ、彼らは両方とも「太陽に局所的な恒星間プラズマ中の電流フィラメントからの自然なマイクロ波放射を発見しました。

宇宙マイクロ波背景(CMB)の代わりに、それは恒星間マイクロ波背景です。

それは事実の理にかなっています、それらは、CMBが滑らかすぎて、宇宙の銀河、そして、銀河団の塊を説明できません。」

エレクトリックユニバース理論には、これらの問題に対処するまったく異なる方法があります。

存在を推測することしかできない目に見えない検出不可能な力に依存しません。

イオン化されたガスとダストを流れる電流は、恒星達にエネルギーを供給し、難解な数学モデルに頼らずに、素直に、わかりやすい方法で自分自身を提示します。

赤方偏移マイクロ波は、宇宙がどのように機能するかを説明するには不十分であることが証明されています。

ティーブン・スミス



――――――――――――――
Feb 19, 2014
Modern astronomy surely suffers from a kind of blindness.
現代の天文学は確かに一種の失明に苦しんでいます。

It is either a blindness of mind or one of practice.
それは心の盲目か1つの慣れのいずれかです。

The continuing presence of Big Bang cosmology among those who are charged with increasing the store of scientific knowledge proves that there certainly is blindness in some form.
科学的知識の貯蔵量の増加に関与している人々の間でのビッグバン宇宙論の継続的な存在は、確かに何らかの形で盲目性があることを証明しています。

Not only astronomers, but science reporters have lost the ability to differentiate fact from theory, thus helping to perpetuate the Big Bang.
天文学者だけでなく、科学記者は事実と理論を区別する能力を失い、したがって、ビッグバンの永続化に役立っています。

Media reports constantly assert that new discoveries confirm it when such reports are not based on observational evidence.
メディアの報道は絶えず新しい発見がそれを確認すると断言します、そのような報告が観察的証拠に基づいていない場合でも。

On October 3, 2003, the Big Bang theory was falsified by direct observation.
2003年10月3日、ビッグバン理論は直接観測によって論破されました。

The galaxy NGC 7319 was measured to have a redshift of z = 0.0225.
銀河NGC 7319の赤方偏移はz = 0.0225であると測定されました。

It is not uncommon for “nearby” galaxies to have redshifts below z = 1.
「近くの」銀河がz = 1未満の赤方偏移を持つことは珍しくありません。

However, a quasar was located in front of NGC 7319’s opaque gas clouds with an observed redshift of z = 2.114.
しかしながら、クエーサーNGC 7319の不透明なガス雲の前にあり、赤方偏移はz = 2.114でした。

The two principle tenets of the Big Bang theory are that redshift is proportional to distance and that it is an indicator of velocity.
ビッグバン理論の2つの原則は、赤方偏移は距離に比例し、速度の指標であることです。

The larger an object’s redshift the farther away it is and the faster it is moving away from the observer.
オブジェクトの赤方偏移が大きいほど、オブジェクトは遠ざかり、そして、観測者から遠ざかるにつれて速くなります。

Those two ideas provide the backdrop for the commonly held belief that the Universe is expanding.
これらの2つのアイデアは、宇宙が拡大しているという一般的な信念の背景を提供します。

According to the Big Bang, the NGC 7319 quasar “must be billions of light years farther away than the galaxy” because it has a higher redshift.
ビッグバンによると、NGC 7319クエーサーは「銀河よりも数十億光年離れている必要があります」、赤方偏移が大きいためです。

Yet, since the galaxy is opaque, the quasar has to be in front of the galactic dust clouds and not shining through them.
それでも、銀河は不透明なので、クエーサーは銀河の塵の雲の前にあり、それらを通して輝いてはいけません。

“No one has found a quasar with such a high redshift, with a redshift of 2.11, so close to the center of an active galaxy,” said the late astronomer Geoffrey Burbidge at the time.
赤方偏移が2.11で、活動銀河の中心に近いほど高い赤方偏移を持つクエーサーを発見した人はいません。」
当時、今は亡き天文学者ジェフリー・バービッジはその時に言った。

The discovery team included his spouse, E. Margaret Burbidge, another noted astronomer.
発見チームには、別の有名な天文学者である彼の配偶者であるE.マーガレットバービッジが含まれていました。

The find was significant because it is the most extreme example of a quasar in front of a galaxy with a lower redshift.
この発見は重要でした、これは、赤方偏移の少ない銀河の前にあるクエーサーの最も極端な例だからです。

Conventional cosmology relies on an electrically neutral Universe ruled by gravity.
従来の宇宙論は、重力によって支配される電気的に中立な宇宙に依存しています。

Without this dogmatic consensus, the Big Bang would never have become so predominant.
この独断的なコンセンサスがなければ、ビッグバンがそれほど支配的になることはなかったでしょう。

Scientists, needing to renew their grants every year, “confirm” the theory when, according to reports, it has been discredited.
科学者は、毎年助成金を更新する必要があり、報告によると、それが信用を失ったとき、理論を「確認」します。

Magazine publishers desire to maintain good relationships with established institutions, so they accept the latest news releases with little background investigation or critical analysis.
雑誌の出版社は、確立された機関との良好な関係を維持したい、そのため、バックグラウンドでの調査や批判的な分析をほとんど行わずに最新のニュースリリースを受け入れています。

On June 30, 2001, NASA launched the Wilkinson Microwave Anisotropy Probe〈https://map.gsfc.nasa.gov/index.html〉 (WMAP) on a mission to reexamine some unusual telemetry returned by the Cosmic Background Explorerhttps://lambda.gsfc.nasa.gov/product/cobe/〉 (COBE) satellite in 1992.

2001年6月30日に、NASAウィルキンソンマイクロ波異方性プローブ(WMAP)を開始しました、1992年に宇宙背景放射探検(COBE)衛星によって返されたいくつかの異常なテレメトリを再調査するミッションについて。


Temperature fluctuations data seemed to suggest that there were regions of lower mass density in the Universe.
温度変動データは、宇宙に質量密度の低い領域があることを示唆しているように見えました。


Since the Big Bang theory does not account for such regions—matter and energy should be evenly distributed—the WMAP survey was sent to verify COBE’s results.
ビッグバン理論はそのような地域を考慮していないため—物質とエネルギーを均等に分配する—COBEの結果を確認するためにWMAP調査が送られました。

Electric Universe advocate Wal Thornhill〈https://www.holoscience.com/wp/nobel-prize-for-big-bang-is-a-fizzer/〉 pointed out that neither COBE or WMAP detected “cosmic” radiation.
エレクトリックユニバースの支持者であるウォル・ソーンヒルは、COBEもWMAPも「宇宙」放射を検出しなかったと指摘しました。

Rather, they both found the natural microwave radiation from “electric current filaments in interstellar plasma local to the Sun.
むしろ、彼らは両方とも「太陽に局所的な恒星間プラズマ中の電流フィラメントからの自然なマイクロ波放射を発見しました。

Instead of the Cosmic Microwave Background (CMB), it is the Interstellar Microwave Background.
宇宙マイクロ波背景(CMB)の代わりに、それは恒星間マイクロ波背景です。

That makes sense of the fact that the CMB is too smooth to account for the lumpiness of galaxies and galactic clusters in the Universe.”
それは事実の理にかなっています、それらは、CMBが滑らかすぎて、宇宙の銀河、そして、銀河団の塊を説明できません。」

The Electric Universe theory has an entirely different way of addressing these matters.
エレクトリックユニバース理論には、これらの問題に対処するまったく異なる方法があります。

It does not rely on unseen and undetectable forces whose existence can only be inferred.
存在を推測することしかできない目に見えない検出不可能な力に依存しません。

Electric currents flowing through ionized gas and dust provide the energy for the stars, presenting themselves in straightforward and understandable ways without resorting to esoteric mathematical models.
イオン化されたガスとダストを流れる電流は、恒星達にエネルギーを供給し、難解な数学モデルに頼らずに、素直に、わかりやすい方法で自分自身を提示します。

Redshifts and microwaves have proven themselves inadequate to explain how the Universe functions.
赤方偏移マイクロ波は、宇宙がどのように機能するかを説明するには不十分であることが証明されています。

Stephen Smith

ティーブン・スミス