[The Thunderbolts Project, Japan Division]Takaaki Fukatsu’s blog

[The Thunderbolts Project,Japan Division]エレクトリックユニバース 電気的宇宙論、プラズマ宇宙物理学、電気的観察物理学、解説、翻訳、深津 孝明

ザ・サンダーボルツ勝手連 [Electric Erosion電気的侵食]

[Electric Erosion電気的侵食]
f:id:TakaakiFukatsu:20200327080432p:plain

Stephen Smith November 5, 2019picture of the day
Asteroid Ryugu from 6 kilometers away.
6キロ離れた小惑星リュウグウ

Credit: JAXA, University of Tokyo, Kochi University, Rikkyo University, Nagoya University, Chiba Institute of Technology, Meiji University, University of Aizu, AIST.
クレジット:JAXA東京大学高知大学立教大学名古屋大学千葉工業大学明治大学会津大学産総研
―――――――――
太陽系の岩天体はプラズマ効果を示します。

「最初はプラズマだったからです。」
— ハンネス アウフベン氏の1970年ノーベル賞講演より。

天文地質学者達は、異常なクレーターに基づいて小惑星の組成と形成の推定値を決定します。

過去に書かれたように、小惑星253マチルド、243アイダ、および433エロスは、大小のクレーターを明らかにし、科学者達に、宇宙の大きな砂利の穴のようなものではなく、岩と土の本当に緩い集合体であると推測するよう促します。

それらは、衝突から破壊されなかったため、結論は、砂の山が石からの衝突を緩和するのと同じように、彼らがエネルギーを「吸収」したということです。

しかしながら、砂利理論は事実に適合していますか?

最近のプレスリリースによると、「はやぶさ2」は小惑星リュウグウから、わずか20kmのところにあります。

小惑星は回転しており、赤道付近に隆起があり、隆起した尾根があります、これは初めてではありません、深宇宙ミッションでは、ダイヤモンド型の小惑星が見られました。

2004年3月2日、欧州宇宙機関ESA)は、短周期彗星である67P / チュリュモフ・ゲラシメンコへのランデブーミッションでロゼッタ彗星探査機を打ち上げました。

その途中、ロゼッタは最大直径6キロメートルの小さな不規則な天体である2867スタインに遭遇しました。

ロゼッタオシリス・イメージングシステムからのデータは、小惑星の体積の20%以上に等しい直径のクレーターのペアを明らかにしました。

ミッションの専門家は、2キロメートルの「衝突部位」がシュタインを小さな破片に吹き飛ばさなかったことに「驚いた」。
太陽系の電気的歴史には、激しい惑星と月の間の、強烈な相互作用や暴力的な相互作用が含まれます。

VEMASAT 研究所のDr. C. J. Ransom(ランソム)氏が行った実験から明らかなように、電気アークは物質を簡単に除去できます。

プラズマ放電は、表面のくぼみを掘り起こし、物質をすくい取り、空間に爆発させて、きれいにカットされた特徴を残します。

プラズマアークは周囲の表面を乱しません。

実験室の分析に基づくと、それはリュウグウ、2867スタイン、および太陽系のすべての小惑星、月衛星、および惑星で起こったことです。

ただし、最初は、惑星科学者は電気的な説明を除外しています–それは、他の理論の異常を修正します–何故ならば、オウム返しをする以外には関係する力についてほとんど何も知らないからです:
「宇宙に電気がある場合でも、それは何もしません。」

電気が、今、理解するのに苦労しているものそのものを作り出すことが出来る、ということは、彼らには決して起こりませんでした。

ティーブン・スミス

ザ・サンダーボルツ「今日の写真」は、メインウォーリング アーカイブ 財団による寛大なサポートを受けて居ます。




―――――――――
Nov 5, 2019
Rocky bodies in the Solar System display plasma effects.
太陽系の岩天体はプラズマ効果を示します。

“Because in the beginning was the plasma.”
— From Hannes Alfvén’s 1970 Nobel Prize Lecture.
「最初はプラズマだったからです。」
— ハンネス アウフベン氏の1970年ノーベル賞講演より。

Astrogeologists determine asteroid composition and formation estimates based on their anomalous cratering.
天文地質学者達は、異常なクレーターに基づいて小惑星の組成と形成の推定値を決定します。

As written in the past, asteroids 253 Mathilde, 243 Ida, and 433 Eros reveal craters large and small, prompting scientists to speculate that they are really loose conglomerations of rocks and soil, rather like a big gravel pit in space.
過去に書かれたように、小惑星253マチルド、243アイダ、および433エロスは、大小のクレーターを明らかにし、科学者達に、宇宙の大きな砂利の穴のようなものではなく、岩と土の本当に緩い集合体であると推測するよう促します。

Since they were not destroyed from impacts, the conclusion is that they “absorbed” the energy in the same way as a pile of sand will cushion the shock from a stone.
それらは、衝突から破壊されなかったため、結論は、砂の山が石からの衝突を緩和するのと同じように、彼らがエネルギーを「吸収」したということです。

However, does the gravel theory fit the facts?
しかしながら、砂利理論は事実に適合していますか?

According to a recent press release, Hayabusa2 is now just 20 kilometers from asteroid Ryugu.
最近のプレスリリースによると、「はやぶさ2」は小惑星リュウグウから、わずか20kmのところにあります。

The asteroid is spinning, and has a bulge around its equator, along with raised ridges, although this is not the first time that deep space missions saw a diamond-shaped asteroid.
小惑星は回転しており、赤道付近に隆起があり、隆起した尾根があります、これは初めてではありません、深宇宙ミッションでは、ダイヤモンド型の小惑星が見られました。

On March 2, 2004, the European Space Agency (ESA) launched the Rosetta Cometary Probe on a rendezvous mission with 67 P/Churyumov-Gerasimenko, a short period comet.
2004年3月2日、欧州宇宙機関ESA)は、短周期彗星である67P / チュリュモフ・ゲラシメンコへのランデブーミッションでロゼッタ彗星探査機を打ち上げました。

On the way, Rosetta encountered 2867 Steins, a small, irregular body with a maximum diameter of six kilometers.
その途中、ロゼッタは最大直径6キロメートルの小さな不規則な天体である2867スタインに遭遇しました。

Data from Rosetta’s OSIRIS imaging system revealed a pair of craters with a combined diameter equal to more than 20% of the asteroid’s volume.
ロゼッタオシリス・イメージングシステムからのデータは、小惑星の体積の20%以上に等しい直径のクレーターのペアを明らかにしました。

Mission specialists were “amazed” that the 2-kilometer “impact site” did not blast Steins into tiny fragments.
ミッションの専門家は、2キロメートルの「衝突部位」がシュタインを小さな破片に吹き飛ばさなかったことに「驚いた」。

The electrical history of the solar system includes intensely energetic events and violent interactions between charged planets and moons.
太陽系の電気的歴史には、激しい惑星と月の間の、強烈な相互作用や暴力的な相互作用が含まれます。

Electric arcs can remove material with ease, as is evinced by the experiments conducted by Dr. C. J. Ransom of VEMASAT Laboratories.
VEMASAT 研究所のDr. C. J. Ransom(ランソム)氏が行った実験から明らかなように、電気アークは物質を簡単に除去できます。

Plasma discharges can excavate surface depressions, scoop out material, and explode it into space, leaving cleanly cut features.
プラズマ放電は、表面のくぼみを掘り起こし、物質をすくい取り、空間に爆発させて、きれいにカットされた特徴を残します。

Plasma arcs do not disturb the surrounding surfaces.
プラズマアークは周囲の表面を乱しません。

Based on laboratory analysis, that is what has occurred on Ryugu, 2867 Steins, and on all the asteroids, moons, and planets of the solar system.
実験室の分析に基づくと、それはリュウグウ、2867スタイン、および太陽系のすべての小惑星、月衛星、および惑星で起こったことです。

At the outset, however, planetary scientists exclude the electrical explanation – which rectifies the anomalies in other theories – because they know almost nothing about the forces involved except to parrot:
ただし、最初は、惑星科学者は電気的な説明を除外しています–それは、他の理論の異常を修正します–何故ならば、オウム返しをする以外には関係する力についてほとんど何も知らないからです:

“if there’s electricity in space it doesn’t do anything.”
「宇宙に電気がある場合でも、それは何もしません。」

It never occurs to them that electricity can create the very things they now struggle to understand.
電気が、今、理解するのに苦労しているものそのものを作り出すことが出来る、ということは、彼らには決して起こりませんでした。

Stephen Smith
ティーブン・スミス

The Thunderbolts Picture of the Day is generously supported by the Mainwaring Archive Foundation.
ザ・サンダーボルツ「今日の写真」は、メインウォーリング アーカイブ 財団による寛大なサポートを受けて居ます。